カテゴリ:時事ネタ( 143 )

東から西へ

またまた毎度ばかばかしい話でお付き合いください。

茨城の学園都市であるつくば市で転入手続きに来た福島県民に対して放射能検査済証の提示を求めたとか・・
テレ朝の報道ステーションでやっていた。
キタキタ・・

無知が原因で起きる風評被害。人間にも・・・
役所の先回りで起きた不手際?果たしてそうだろうか。
つくば市は筑波大学を中心にした学術・研究を中心に作られた都市という側面があり、少なからず選民意識があると思う。そこに入ろうというのだから当然チェックは必要か、という意識があったと思う。
実際、住民の中には不安に思う人が多かったのではないか?知識があるとか無いということとは関係なく、気持ち悪いという意識。調和が乱されるというムラ意識もあるのではないか?
おまけに、首都圏の市民の意識は、クレームがあって成り立っているような社会である。ほんのちょっとしたことでもクレームをつける。
例えて言えば、自分が落としたフォークは拾わない。手を上げて給仕を呼ぶ。遅ければ怒る。そんな気質がある。
「日本はひとつ」なんてきれいごとを言っても、都会と田舎の流儀も感覚も意識も全く異次元のものだ。そこで面食らってしまうのも無理は無い。

千葉に福島から転入してきた子供が公園で遊んでいたら「ワー放射能が移る~」ってからかわれたとか・・・
これはたわいの無い子供の遊びなのか?それとも差別なのか?
おそらく、これは周りの子供に受けたと思う。この差別による笑いの根底には、首都圏独特のものがある。悪気は無い。しかし、笑われた方は傷つくだろう。中華思想というか、中心地至上主義的とでも言うようなものがある。

西日本では、身内をけなすことは大いにやるし、強者をけなすこともよくやって笑う。しかし、弱者をけなしたら、差別として非難されるだろう。それは陰口となる。

今回の出来事で思うのは、精神文化も「笑い」を中心に東から西へとシフトしているような気がする、ということだ。
[PR]
by worsyu | 2011-04-20 13:48 | 時事ネタ | Comments(0)

あぶない道

栃木県鹿沼市(鹿沼土で有名なところか・・)で起きたクレーン車が小学生の列に突っ込んだ事故について。
実は、私も過去に似たような経験を持っている。
その時は車ではなく、原付バイクだったが、横断中の幼稚園の列に突っ込みそうになったのだ。何故か?
眠かったのだろうとしか言いようが無い。原付バイクで運転していて、風を受けながらもそのざまだ。
赤信号で幼稚園のこどもたちは横断していた。それは何となくわかっていたのだが、回りに車がなく、フッと何も判らなくなっていた。ああ、いけない、と思い、スピードを緩めて止まったが、完全なる信号無視だった。
今思うと危なかった。
若い頃の朝方というのは、たとえ酒を飲んでいなくても眠いものだ。意識が半分眠っていることがよくあった。

片側一車線で、直線のあまり通行の激しくない道は、やはり危ないと思うよ。
子供を歩いて通学させる道ではないよ。朝だけでも、できたらバスで迎えに行くことが望ましい。もしくは、ルートを変えるべきだと思う。

大分でも、子供に限らず、老若男女、朝方は気をつけるべき。できたら、歩かないほうが望ましい。つまり、直線で通行の激しくない、しかも片側一車線のあぶない道はいっぱいある。そういう道を朝方歩くのは避けるべきだろう。

あぶない道というものがどういう道なのか、という認識がない。おそらく勘違いをしているのだろう。もう少し頭を使って合理的に考えればわかることだ。
[PR]
by worsyu | 2011-04-19 09:22 | 時事ネタ | Comments(0)

きれいごとは聞き飽きた

「韓国政府が工場移転を打診」ときた。
そりゃあそうだ。私が前々から言っていたように東日本が麻痺していることで日本全体が麻痺しているかのような誤解を生んでしまった。
そこへもってきて経済音痴なのか日本のこわし屋なのか知らないがどこかのエライ知事が自粛の大宣伝をおっぱじめたもんだから、世界中が震えだした。
だから、早いところ、西日本へ工場を移転し、人も金も材料も移動して24時間体勢でフル操業しないと、日本経済は沈没するんだよ。現状の東日本の非効率的な体制の中で物を作れば、コストが高くなる。それじゃ動かしても無駄なのだ。競争に勝てない。だったら、東京から脱出しろよ。節電したければ勝手にしろ。でもそれじゃあ工場は動かないよ。

大阪城が燃え出したら白旗揚げるメンタリティしか持って居ないのか?情けない。400年前と変わりないのか日本人は。
東北にフリーターや経済難民をいっぱい抱えてやっていけるのか?半年?1年?5年?10年?その間国民の税金で養うわけ?
きれいごと言うのはもうよそうよ。日経も9500円から上に行かない。1万円どころか、この先、夏にかけて9000円~8000まで落ちそうだ。このままだと。世界の失望が起きたら7000円以下になる可能性すらあるよ。

日本が持っている最先端技術や設備、マニュアルなどを狙っているんだよ。火事場泥棒とはよく言ったもので、この際に一気に追いつこうとしている。
経済は戦争なんだよ。隙を見せたら一気にやられる。
早く工場を西日本に移転させろよ。本社機能を大阪や神戸、広島、福岡などに移転しろよ。たとえ一時的であったにせよだ。
復興事業にあまり肩入れしすぎると世界経済が止まってしまう。多分、東北の工場を復興させようとしたら、世界から非難を受けるだろう。
そんな時間はない。それだったら、韓国でも中国でも移転させろ、と。
当たり前の話だ。
それでいいのか?・・・

マスコミに踊らされて感傷的になる時期はもう終わりだよ。自分たちが世界経済に関与(寄与)している責任を果たせないのならその座を韓国でも中国にでも譲るしかないではないか。

冷静になって頭を使おうよ。

そろそろ、マスコミは日本の体たらくを世界の名の下にこき下ろすだろう。そして、その先は皆さんのご想像の通りになる。それを選んだのも日本人なのだから仕方ないんだけど。気付いた人からマスコミを糾弾していかねば。
(本来ならばマスコミがジャーナリストの役目を果たすべきなのだがそれをしていない。いっしょになってはしゃいでいる。程度が低い。自分たちが火を起し、風を起し、燃え広がっていく様に手を叩いて喜んでいるのだからどうしようもない。騒ぎが大きくなったら消化作業だ。話題を変える。騒ぎのオチをつけるために生贄を作り出す。こんな茶番を何度もやっているマスコミ。地に落ちたといっていい。
まともなことを言おうものなら袋叩きにされてしまう。おかしな世の中になったものだ。)
[PR]
by worsyu | 2011-04-18 12:20 | 時事ネタ | Comments(0)

日本人は自虐大好き

特に何も書いていないわけなのだが、ここを訪れて来ている方、ありがとうございます。何の思慮もなく、エネルギーもないのですが、まあ、つぶやきですのでご勘弁願うということで、エンタとして読んでください、ね。

政府-原子力委員会はようやくレベル7を発表した。私のブログを読んでいる人、又は、大前研一氏のブログで映像や意見を聞いている人は、別に驚きはしなかっただろう。笑っちゃいます。

残念ながら、こうした意見はマスコミは伝えないし、少数意見として抹殺される。当初、事故が起きた段階で「レベル5は低すぎないか」「東電関係者や、金を貰っている御用学者の言いなりでいいのか」という意見をぶつけない時点でマスコミは既に腐っている。
幸い、日本では少数ではあっても、真実を知っている人はいる。ネットではマスコミとは違った論調で議論されているし、正確な情報ではないが、推察できる範囲で今後のパースペクティブを展開している人もいる。
マスコミは死んだと言っていいと思う。政府を叩くことで自分たちの無力さや罪をスケープゴートしているに過ぎない。

福島県の方々は本当にかわいそうである。彼らは流浪の民と化す。共同体を解散するか、移住せざるを得ない。彼らを追い込んだ原発の責任はどこに求められるのか?第一義的には東京電力だと首相は言った。それでは第2義的にはどこなのか?それは東京都及び首都圏だと思う。それから、第3義的には国、という順序なのではないだろうか?
ここで東京が出てくるのはおかしいという人もいるだろう。しかし、あの原発の恩恵を一番受けているは、福島県民ではなく、東京都を中心とした首都圏なのではないか?そうした意味では自然災害に対して国の税金をつぎ込むのはわかるが、今回の原発事故は半分人災である。
もし、この考えがおかしいというのなら、やっぱり、東京のど真ん中に原発を作ることでこの矛盾-差別は解消されるだろう。それならば、国の税金を投入して東京に原発を作れば多くの日本人は納得するのではないか?
だって、東電って東京のための電力会社なんでしょ?ってか、せめて福島県の原発被害に遭った地域の復興の支援と補償に東京都及び首都圏の各県は大幅な予算を当てて欲しい。それが人の道だよ。石原さん。新銀行東京の資金を全部使って、足りない部分は都の債券で補ってやりゃあいいじゃん。新銀行東京が初めて役に立つことになるよ。他に使い道無いし。

極論ではあるが、なぜ、こうした意見が出てこないのだろうか・・・
もうお気づきの方もいるだろうが、この問題は沖縄の米軍基地と似ているということ。
自分さえよければいいという日本人のエゴが生み出したひずみ。だったら、お前のところに作れといった無責任な意見。何もかもいっしょだ。
子供のけんかみたいなもの。それを煽って喜んで、商売にしているマスコミという構図も。
読者である大衆に受け入れられるように、政府を批判する。無責任に。国民も政府が民主的に選ばれた自分たちの代表であるということを忘れ、自虐的に非難して喜んでいる。これほど自虐趣味の国民も珍しい。
結局はここに至る。
だから、自虐的な政策をしていけばみんな納得するのだ。答えはそこにあるよ。論理を超えたものがある。だから、日本人はすごいんだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-04-13 10:51 | 時事ネタ | Comments(0)

原発事故後の選挙

大人になるのは大変だなあ、という思いが最近している。と、これは、国の成長度の度合いのことなのだが。
サンデル教授の正義についての本が売れたのも、民主党が政権をとったのも、日本が大人の国家に向かう一里塚のようなもののように思えてくる。

以前、電車のブレーキが利かず、目の前の10人を殺してしまうか、路線を切り替えてそちらにいる3人を殺すことにするか、という究極の選択をしなければならないとしたら、あなたはどうするか?という命題を言った。
正しい答えというものはあるのかどうかわからないが、近代の民主主義国家では、10人を救うために3人に犠牲になってもらうという判断が正しいと考える。これが最大多数の最大幸福を目指すという国家の考え方なのだ。
たとえば、隣の線路にいた3人が金持ちだとか、エライ先生方だとか。または、目の前の10人が外国人だったとか、老人だったとかいう理由が付くとどうだろうか。
人の命の重さに違いはあるのだろうか?これをすれば差別になるだろう。
放射能に汚染されたものを海に流したことと空中にばら撒くこととどちらが正しかったのか。

世の中選挙である。盛り上がらない中でも、民主的な方法で権力者を選ばなければならない。どんなに彼らが頭を下げたにしても、当選すれば数千万円が保証されるわけだし、権力も握ることになる。
たとえば、大分に原発を作りたいと言われたら、作ってしまうような人を選んだらどうしようか、とか思ったりする。大分に原発が無いと言うことは本当に幸せなことだ。そのために生活レベルを落としても、仕方ないのではないか?とさえ最近は思う。
なぜなら、リスクを計算すると、一切の利益が吹っ飛んでしまうからだ。利益どころの話ではない。子々孫々に渡ってけなされることになる。

石原氏は「天罰だ」と言ったが、前後の話を聞くとそれほど間違ったことを言っているわけでもない。しかしながら、東京の電力を引き受けてくれている地域に対して言う言葉とは思えない。まるで福島県の利益のためだけに作られた施設のような感覚でいるらしい。

以前、そんなに安全だというのなら東京に原発を作ればいいという運動があったが、つまるところ、そういうことだ。

計画停電の実施にしても、なぜか足立区だけに行われる。これは差別以外の何物でもない。ピークダウンの方法はいろいろあるはずだ。東京以外でできるものは西日本に移してしまえばいいのだ。工場など、大量に電力を使うものは、復興工事を行うのではなく、西日本に移住、移設することで関東の人々の生活も安定するし、日本経済も復活する。そんな当たり前のことを誰も言わないのが不思議でならない。
今のままだと、10人が殺され3人が生き残ることになりそうだ。

今回の震災、原発事故により日本はもう以前の日本ではなくなったのだ。その変化に早く気付くべきだ。
[PR]
by worsyu | 2011-04-08 11:52 | 時事ネタ | Comments(0)

大前研一

大前研一第2弾

ちょっと、調子乗ってしゃべっているので、話、半分でもいいかと思うが、納得できる部分が多い。
参考にしてもらいたい。

「東電の体質は腐っている!」
「自衛隊へりからの注水作業はセミのション便に等しい」等々・・・・
ジョークも交えながら余裕で話している。自分に理があるという自信があるからだろう。
(どうでもいいけど、石原都知事が泣いて感謝をしている姿は異様。選挙に向けてのパフォーマンスだとは思うが・・・・・)

今後のことについてもビジョンを示している。
安定した冷却を行う。燃料棒を搬出。コンクリートで永久封印。周辺を永久立ち入り禁止区域にする。

マスコミはさかんに風評被害を恐れて大丈夫だと宣伝しているが、それならば、キャスターはそこに行って牛乳が飲めるか?ほうれん草を料理して食べるか?若手芸人を使ってバラエティーでもするか?
生産者の方は放射能の恐ろしさを認識していない。体内に取り込まれたら、半永久的に消えないんだよ。チェルノブイリ事故では、ロシア、ウクライナでは乳がんや甲状腺がんで、今、27、8歳の女性が死んでいっているらしい。これは、日本では広島長崎で経験済みのこと。つまり、25年後くらいに発症するから、今は何を言っても大丈夫と思っているのだろうか。
放射能の恐ろしさを一番知っているのは日本人だよ。世界中にその恐ろしさを発信したのは日本なんだよ。
早くふたをしないと、漏れ続けるんだよ。

エゴとエゴがぶつかり合う時、どちらを救うか。より多くの人命と安全を守るのが国の責任だ。そして、その判断を下すのが政治家だ。サンデル教授の正義の授業で学んだでしょう?それをポリシーというんだよ。

安全を確保するためには、過剰に行動してもおかしくない。あまりにも危機感が無い。マスコミにだまされちゃいけない。

日本の隠蔽体質は政府、マスコミによって形成されている。(いや、もっと言うと、沖縄の元米軍司令官が言った問題発言は、そのまま当てはまる。彼の奥さんは福岡県人。本音と建前を使い分ける。責任逃れができるから。だって、今回の東電の上層部は原子力のゲの字も知らない素人集団。謝ることしか出来ない人たち。原子力関係の上層部は事故が起きるたびに粛清された結果、現場にまかせっきりの体質になってしまった。これでは、コントロールしようもないよね。丸投げ体質というのは、日本のいたるところの企業に見られることではないか?現場のことが或る程度わかっている上層部を維持できているところは、方向性を間違うことは無いだろうが・・・・問題をはっきり正直に言うと首が飛ぶ。だから、ごまかして時間稼ぎをして頑張っているという姿勢を示す。その問題点を指摘し、指示できる人間がいない。エキスパートたちは現場にしかいないから。結果、隠蔽ともとれる結果となる。しかし、想定外の大きな事故になると、白旗を揚げる。首が飛ぶどころの騒ぎではなくなる。レベル5だとか言っている連中の頭の中はお花畑だということだ。体裁を繕うために福島県民を犠牲にすることは避けなければならない。)

大前研一氏の言動を聞きながら、つまみ食い、半分ぐらいでいいから理解すれば、目の前が開ける。霧が晴れるだろう。
目の前に現実の将来像が現れる。さて、それをどう克服するか?ということを前向きに考えられる。

今や、ネットでは時の人となった観もある大前氏。そのうち、地上波に現れるのだろうか?
以前、「大ぼら研一」と揶揄された時期もあったが、今回の出来事で失地回復か。俄然、求心力を持つようになったようだ。

うのみにするのは危険だが、そのくらいでないと、この国は動きそうに無い。維新はまだまだ先のことのようだ。

福島、茨城、栃木、群馬、宮城、千葉、埼玉、岩手。とにかく、今後、東日本、および北関東地区の経済は停滞および縮小して行かざるを得ないだろう。
民族の大移動が起きる可能性がある。
地震、津波だけだったら、復興はできるだろうが、原発事故と処理の過程での放射能汚染で、広範囲に及ぶ経済停滞地区がおきる。たとえば、東北自動車道、新幹線にしても、つながることは当分ないだろう。常磐自動車道に至っては繋がるめどもたっていないだろう。
東京が首都機能を取り戻すのを待つよりも、機能を分散するほうが合理的だと思うのだが・・・
もう、昨日までの日本ではないのだ。2011年3月11日。この日を境に日本は変わったのだ。さあ、みんなで考えよう。

大分も手を上げて日本の再興に貢献しようよ。萎縮しちゃだめなんだよ。
トリニータも同じことだった。諦めたらそこで終わり。カラ元気でいいから、イベントだらけでいいじゃないか!経済を活性化させるためには使える方の体を今まで以上に動かさないとだめ。いっしょになって休んでいたら本当の病人になってしまう。

どんどん、受け入れて欲しい。手をあげて欲しい。今まで以上に働き、遊び、考える。それが日本のためになるんだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-03-22 02:56 | 時事ネタ | Comments(0)

原子力発電

大前研一氏の福島原発事故に対する所見を見た。
長い番組なので興味のある方は見て欲しい。細かすぎる技術的な説明が多いので、ついていけないだろうが・・・面白いと感じる人もいるだろう。冷たく感じるのは、基本、理系の人だから。断言する。気持ちいいくらい。
まあ、よくしゃべる。よどみなく。
この人は原子力発電所のエンジニアから経営コンサルタント、そして、現在に至っているわけだが、なかなか、相変わらず切れ味鋭い。残念ながら政治家には向いていないのは見ての通りだが。
同氏が断言していることのいくつか。
1)日本の発表は独自なので世界は驚いた。死者数百人ということはないだろう。2万人は行くと思う。誤解を招いた。
2)原発の設計思想が悪い。甘い。何が起ころうとも最後の最後に食い止めることができなければ意味がない。
3)もう、日本の原子力発電事業の発展は終わった。今後数十年は世界で相手にされないだろう。
4)今後、賠償問題が出てくる。農業被害は莫大なものになる。
5)秩序ある行動をしているのは唖然としているからで、これから数週間後かに批判が出てくるはず。隣人の多くが波にさらわれたことを実感する。これから心のケアが必要。
6)枝野官房長官はうまく立ち回った。よくやっている。株が上がった。死に体の菅総理もリーダーシップを発揮するチャンスとなる。この機を生かせるかどうか。
7)消費税を1%UPして1年間限定で徴収するべき。赤字国債を発行することはできない。
8)今後の日本は25%~35%節電を目指していけばいい。
9)ツイッターが威力を発揮した。私は携帯を2機常備している。バッテリーも長時間用のものを持っている。

彼の専門分野なので達観している観もある。今後何が起きるのか。どうすればよいのか。マスコミでは報じられないことをここで語っている。

すべての電源が落ちた状態で放射能汚染の中、バルブをあけようとする職員の方はまさに決死の覚悟が必要。全国からOBの方々らが、自分の命を犠牲にしてでもこの困難な局面を打開しようとしている姿には感銘を受ける。
しかしながら、この原子力発電というものの意味は、地上に太陽を降ろしたようなもので、これを絶対悪とした故湯川秀樹博士の言葉が脳裏をよぎった。
これから再評価されるだろうか・・・

ちなみに、世界中の原子力関係の人々が技術援助の名目で日本の最先端技術を盗もうと躍起になっている。アメリカもロシアも中国もフランスも。ロシアの技術力なんか数十年前のものだから、技術を盗む以外の何ものでもないわけで、チャンチャラおかしいのだが。この件に関しては、日本政府は各国の支援を受け入れる必要はない。ハイエナどもが吼えている。門外不出の技術をやすやすと公開しては本当に日本の原子力事業は破綻し、これまで積み上げてきた財産は水泡に帰してしてしまうだろう。

冷静になることが必要。感情に流されたら損をするぞ。

世界が日本を救おうとしている?そのどさくさに紛れて盗まれようとしているんだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-03-17 02:11 | 時事ネタ | Comments(0)

春近し

別大マラソンが60回。よく続くものだ。季節の風物詩になっている。また1年が経ったことを知る。そして、黄砂と花粉とインフルと受験の季節が春の足音として感じるのだ。

NHKで地域で守りながら使っている別府の温泉が紹介されていた。きれいな、というか、やわらかい大分弁を使う。関西(や関東)の影響からか、人当たりのやわらかい大分弁だった。棘がない。大分市よりも洗練されている。

指原はこのままだと井森になってしまう。それでも、彼女はイジラれキャラで生き残ったが・・・よくぞ生き残ったものだ。これも事務所の力だろう。
RGがクイズ番組に出てくる。これも事務所の力?そして、彼ら偏差値の比較的高い大学出身の芸人たちが、今までの変に面白いだけの人たちを駆逐していく。学歴や学閥によるコネ繋がりも多少はあるのだろうか。しかしそれは芸ではない。一種のサロンが形成されていく。おかしな話だ。長続きしないだろうが。

名古屋市長選で河村氏が再選された。議員報酬を1600万円から800万円に半減させようとして、議会から全会一致で否決された。しかしながら、これだけの高報酬が得られるのなら党派だとか思想信条などどうでもよくなる。
ちなみに大分は1200万円だ。高い。高すぎる。彼らは特権階級か?選挙の時だけ頭を下げ、声を嗄らし、「お願い」をする。その屈辱的行為の代償が1200万円なら安いよ。
それじゃあ、誰を選べばいいんでしょうね。せめて、みんなで報酬額を下げましょうと言い出して欲しいね。良識があるのなら。
学歴も信用ならず、身だしなみも信用ならず、顔の良し悪しも信用ならず、弁舌の上手下手も信用ならず、最後の残ったものは腰の低さ?これも信用ならない。
心が見えたら支持できるのだろうか?

イソップ童話の金の斧、銀の斧の話ではないが、あんたの資質はどれくらいのものか?と尋ねてみたい。
それでも、私は1200万円ですと言うのだろうか。
私は代償を求めているわけではありません。と言える人がいるのだろうか・・・
たとえ言ったとしても、それを信じるかどうかはわからないわけではあるが・・・
少なくとも、そんなことを言ったら周りの議員から袋叩きにされてしまうだろう。前長野県知事の田中氏がそうであったように・・・・
多勢に無勢。多数を得なければ正論とはならない。この1200万円に群がっている連中が居なくならなければ多数意見にはならないわけだ。
おかしい?でも、これが現実だ。正義とは、そういうものだ。名古屋は一歩前に出たわけだ。

これもめぐりめぐってトリニータの話に繋がりそう?それはそれとして、つまり、周りが大切だってことなんだよね。
[PR]
by worsyu | 2011-02-07 14:30 | 時事ネタ | Comments(0)

キ・ソンヨン

昔、筑紫氏とタモリ氏と武田氏の3人が北部九州の集いっぽくトークしていた番組があった。
九州と言えば九州男児、女性蔑視という偏見があるが、それは、鹿児島や熊本などの南九州であって、北部九州はもっと繊細である、というやむに已まれぬ思いから?そういう妙な企画ができたわけだ。

筑紫氏は大分と言っても日田であり、しかも小学校3年から6年までの3年間しかいなかったわけなんだが、まあ、タモリと武田鉄矢の2人がしゃべっている傍らで笑っているだけなんだが・・・
まあ、タモリと鉄矢も博多人なので、北九州や筑豊、そして久留米、大牟田とはまた違うわけなんだが・・・

筑紫氏が口火を切る。我々には身内を徹底的にけなすことが他人へのもてなしであるという文化がある。とにかく、子供の頃、親から誉められたことがない。結構、勉強が出来たほうなんだが・・・
ここから、タモリと鉄矢のかけあいが始まる。
結納の時なんか、博多では父親は自分の息子のことをけなします。「ビンボーで育ったので何でも食います。食わないのは馬の糞と壁の土ぐらいのものです。頭はバカです。走ると必ずこけます。」と。
すると、相手の嫁側の父親も負けていません。「うちの娘は全く教養がない。箸の使い方しか教えていない。」
母親がそこでフォロー「身体だけは清かですけん。」
必要以上にへりくだった反動は相手方が去った後に噴出する。相手をボロクソにけなすわけです。延々と・・・それが楽しい。

こうした文化というのは、多少、大分にもあるにはありますが、ここまでひどくない。博多商人やなあ~と思います。自分をへりくだることを何とも思っていない。むしろ、どこまでも下になることでスムーズに物事が進む。商売が上手く通る。というわけだ。博多弁-福岡弁の何ともアホっぽい話し方にも意味があるわけです。相手を安心させ、和ませる手段でもあり、油断させる手段でもあるのです。クレームが起きても対処できる。下手に出ていればそう無茶は言わないだろうという商人気質がある。

アジア杯での日本VS韓国戦で、キ・ソンヨン選手が猿真似をするパフォーマンスをしたとかでちょっと物議になっていますね。
現在の若者にも戦争でいじめられた傷があるのでしょうか?ちょっと理解できないですね。このパフォーマンスは、白人が黒人に対して行うものなんですが、ねえ。朝鮮族から見たら日本人は猿っぽく見えるのでしょうか?わからないでもないかな・・・本田を始めとして日本代表の顔と韓国の顔を比べてみると、朝鮮族は肌が白く、鼻筋が通っていて、目が細く、眉毛が薄い。平坦で細面が多いですね。でも、それをもって差別と受け止める日本人は少ないと思いますね。ただ、侮蔑しているのだと言われたら、その時点で不愉快になりますけどね。
パク・チソンが止めに入っていることで、彼の繊細さとキャプテンとしての良識を見る思いがしますね。
日本人を侮蔑したいという欲求は、南北朝鮮、中国に顕著に見られます。これは国策であり、教育、マスゴミのなせる業でしょう。
アジアはまだ、人種の壁を克服できていない。ツチ族とフン族の争いのように見えるでしょうね。

博多商人の自虐思考でいけば、「小さい時から猿といっしょに遊んでましたから、猿そのものですわ。鼻は低いし、色は小黒いし、背も小さかでしょう。そりゃあ、間違うのも無理なかですわ・・・ハッハッハ・・・・」
そして、居なくなって、後からボロクソに言うわけです。

もっとも、それは仲良くしたいということが前提にあるわけで、それがなければ成立しませんね。日本人がみんな商人だったらそうするでしょうけどね。
まあ、あまり騒いでいないということは、韓国と仲良くしたい人が多いということでしょうね。

ちなみに、指原は既にこのゴリラ芸(自虐芸)をやっている(すごい!!手本!!)。今なら一般人がインタビューを受けてやってみるのも粋かもしれない・・・シチュエーション次第だけどね・・・
[PR]
by worsyu | 2011-01-28 12:58 | 時事ネタ | Comments(0)

3万人越えが続く

警察庁が昨年の自殺者数を発表した。3万1560人。13年連続で3万人を越えたそうだ。
都道府県別に見ると、1位は東京、以下、2位大阪、3位神奈川、4位埼玉、5位愛知、6位北海道、7位千葉、8位兵庫、9位福岡、10位静岡、11位茨城、12位新潟となる。
九州では、1位福岡、2位鹿児島、3位熊本、4位長崎、5位沖縄、6位宮崎、7位大分、8位佐賀となる。
逆に、低い順から並べると、1位福島、2位鳥取、3位福井、4位島根、5位高知、6位香川、7位佐賀となる。
大分は低いほうだと思う。

厚労省の資料を見ると、平成10年(1998年)に急増している。1万5901人から2万3396人と6448人増加しているのだ。主な原因は多重債務、長時間労働、失業などの社会的な要因が問題視された時代だった。確かに、失業率と自殺死亡率とは連動している。だから、菅総理が「最小不幸社会(でしたっけ?)を目指す」というのは、自殺者を軽減させることに繋がるとは思う。
自殺者の年齢は、男性で見ると45歳~64歳で41.7%を占める。原因・動機は経済・生活問題が多い。手段は首吊りが多い。月別だと、3月。曜日は月曜。時間は深夜0時か朝の5時~6時。場所は自宅。

国際比較すると、日本は9位である。1位リトアニア、2位ベラルーシ、3位ロシア、4位カザフスタン、5位ハンガリー、6位ガイアナ、7位スロベニア、8位ラトビアである。日本より下位の国では、10位韓国、19位フランス、27位中国、33位ドイツ、43位アメリカとなる。これを見ても、日本(韓国)は異常なほど自殺者が多いということがわかる。これは文化的なものもあるのだろう・・・

フィンランドは、自殺者を減らす取組を国が推し進め、成果を上げている。まず、自殺者にうつとアルコール依存との関係を問題にし、それに対して組織的に活動を行った結果、10年後、大きく減少したという。

自殺は個人の問題という意識は払拭してもらいたい。大分が佐賀以下の自殺者数に抑えられるように!
取り合えず身の回りのお年寄りに声を掛けてあげることも大切なこと。トリニータをネタにすれば、話が盛り上がる。そういう意味でも大分トリニータは大切だよ。年代や職業、性別、人種も越えて話し合えるネタって重要ですよ。
例を出すと阪神タイガースが強くても弱くても支持されているのは、そうした繋がりがあるからなんだと思う。群れることの欲求というのはあって、そこを上手くくすぐってくれる良質のコンテンツがあれば、繋がることに快感を覚えるはずだ。

ちなみに、大分県の自殺者数は301人です。
[PR]
by worsyu | 2011-01-08 10:28 | 時事ネタ | Comments(0)