<   2004年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

9.26熊本KKウィング

トリニータサポにとっては、貴重な経験となった。半分笑い話のような感じで、9.26の体験をお互いに語り合うだろう。
とにかく、暑かった。日差しが強くて、日向に出ると痛かった。こんな中で生活している熊本県人ってすごいなあ、と思った。
そして、あの集中豪雨。臨時駐車場に停めていた車は冠水したらしい。動かなくなった車もあったらしく、臨時バスで大分に帰った人もいるそうだ。
返す返す、ビッグアイがある大分は素晴らしい。
しかし、今回、もし大分のビッグアイで行われていたら、どうなっていただろう。
天気予報では、夕方から雨という情報もあったが、こういった突発的な雨の場合、判断が難しい。なにせ、入道雲がもくもくと出ていたとはいえ、その前までは、青空が一面に広がって、灼熱地獄さながらだったわけだから。
しかし、万が一、屋根を開いたままで始まっても、たとえ、開始30分前までに閉めるか開くか決定するとは言っても、この雨ならば、やはり閉めるだろう。選手、観客の安全を考えれば、閉めるだろう。去年の磐田戦でも、屋根が閉められ、外は大雨だったが、無事に観戦できた。ドームの恩恵を受けた。
大分スタジアム-ビッグアイは素晴らしい施設である。再認識した。われわれ、大分県人(トリニータサポは特に)は幸せ者である、駐車場も完備されているし。
平松前知事の功罪の中でも、この施設を建てたこと(建設費が適切であったかどうかは別として)、大分トリニータを作ったこと、W杯を誘致できたこと、は評価できるね。
熊本がうらやましがるのも無理はない。
熊本も遅まきながらJリーグをめざすチームを立ち上げようとしているが、道は険しい。
大分には、ビッグアイ、トリニータ、サポ、そして、それを支えるサッカー文化が花開いたと言える。根付いたね。我々サッカーに携わる末端の人間としては、盛り上げるよう努力を惜しまず、この先も支え続けていかねば。
[PR]
by worsyu | 2004-09-27 10:40 | サッカー | Comments(0)

市原戦を前にして

浦和に負け、清水に勝った。そして、浦本はトリニータから去った。
浦和戦は、中盤でのプレスが弱く、スピードで粉砕された。
清水戦は、その中盤のプレスが効き、得点を許さなかった。
しかし、その分、攻撃の厚みがなかった。
浦本の退団は、仕方ないだろう。
さて、市原である。
前節、C大阪に3-0の完敗。しかし、実力はある、おまけに、大分
とは分がいい。大量点を入れられて負けることが多い。
清水戦のような戦い方をすれば失点は1点くらいで抑えられるだろう。
しかし、それでは勝てない。点を入れるために、攻撃に人数をかけ、
チャンスメイクをしなければだめだ。
C大阪は、大久保がハットトリックをした。彼のような爆発的なFWは
大分にはいない。高松、マグノ、吉田、西山、木島といるが、1点勝負
に持ち込むしかない。
MFの原田と小森田が走り回り、つないで、前線にパスを出しつづけれ
ば、いつか、相手も隙を見せる。後半、疲れたら、瀬戸を入れればよい。
2-0の勝利を期待している。
市原の走り回る、カウンターの高速サッカーに勝って欲しい。
最後に、松橋が決めるという奥の手もあるが。
[PR]
by worsyu | 2004-09-22 11:58 | サッカー | Comments(0)

トリニータサテライト

先日、大分陸上競技場でセレッソ大阪対大分トリニータのサテライトの試合を見に行った。台風接近の影響で、時折激しい雨が降ったが、試合開始前になるとその雨も止んだ。観客は、2千人から3千人くらいだったろうか、よく集まったものだ。大分トリニータの人気ぶりを示している。おそらく、セレッソ大阪側は驚いていただろう。「こういう温かい声援の中でサッカーをやりたいものだ。お前たち、恵まれているよ」と思ったかどうか知らないが。心の中で「いいだろ?」と微笑んでいた。
さて、試合の方は0-2で完敗。情けないというか、攻めの形が作れない。この中で、上に上げられそうな選手は、松橋、瀬戸、山崎、三上ぐらいか。何よりも、大分県出身者の倉本、内村、浦本がだめだったのがちょっとショックだった。
来年、契約更新が危ない選手は、伊藤、金守、浦本、吉田智、江角だろうか。
噂によると、宇佐にできたスポーツ専門学校に来年、大分トリニータからGKコーチが就任するらしい。ということは、江角なのか?それとも、高崎?
彼は、どうも、球に対する反応がGKのそれではない。判断が遅い。無謀な飛び出しは最近は控えているようだが、最初の一歩が遅い。読みがことごとく外れる。キャッチングが悪い。それよりも、U-18の西川のできが良かったのに驚いた。キャチングもいいし、ポジション取りもいい。安心して見ていられる。失点したら、仕方ないかなとあきらめる。だから、尚更思ったわけなのだが。
とにかく、層の薄さを痛感した。この選手層で戦っているというのは、奇蹟だね。
MFの人材が欲しいね。フランスに行っちゃった元京都の松井みたいなのが入ると、わくわくするんだけどね。浦本は痩せろよ!!5キロ減らせばもう少しスピードが上がるのになあ。
[PR]
by worsyu | 2004-09-07 13:58 | サッカー | Comments(1)

フジTV「人間の証明」に思う

リメイクすることに酔っているのかフジテレビ。
名作はやはりいいねえ。脚本も厭きさせないように良くできていると思う。
しかし、気になる俳優がいる。というか、質を落とさせている奴がいる。
まず、ジョニーヘイワード役の池内博之。顔にドウラン塗ってもやはり日本人には変わりない。ここは、やはり、混血の俳優が欲しかった。無理である。彼の演技には、こちらが恥ずかしくなった。まあ、なぜだか、こういう変な役が多いけどね。
次に、主人公の刑事に何かと立てつく刑事役の佐藤二郎。へぼい芝居は止めてくれ。ここは舞台じゃないんだよ。抑えたリアリティーのある演技をしてくれ。
主人公の竹之内豊は、良い。クールな役が似合う。廻りの演技者が固めてくれているから。でも、こういう役、つまり、押さえ気味の、演技しなくてもいい役だからこそ彼が生きているのだ。つまり、まだ、役者としての幅はない。でも、それでも、こういう役はこなす。いい味を出している。いける。
原作がいいから、まだ、興味ある人は読んで欲しいね。まあ、ちょっと、出来すぎなストーリーとやらせ的な展開にちょっとついて行けないところがあるが、主題がしっかりしていたことが救われるところだろうか。そういった演出過剰な点もカバーしている作品だと思う。
とにかく、70年代当時の日本とアメリカの微妙な感じ方、接し方を感じる。
音楽がいいねえ。最近のフジは音楽で引き込む。上手い。
[PR]
by worsyu | 2004-09-03 18:53 | 芸能ネタ | Comments(0)

田舎もん

サガン鳥栖の横断幕に、「正直田舎者VSニセ都会人」というのがある。
よくわからない。何を主張したいのか。
「俺たちは田舎者で正直者である」と、それで?
鳥栖ってそんなに田舎じゃないよ。大分よりも、場合によっちゃあ都会の部分もあるし、他のJリーグのチームの中にも田舎がある。何か劣等感があるのだろうか?思っていても、プライドがあるのなら、言うべきことではない。
大分トリニータのサポとの違いが、そのまま、サガン鳥栖の致命的な欠点になっている。
まず、コアサポの年齢層は、20代が主体。それ以上に広がる魅力を持っていない。応援が青い。大人の洗練された応援ではない。学生の匂いがする。
とにかく、ダサい。子供は、遠くから覚めた目で見ている。
30代~40代が主流の大分とは随分ちがう。大分は、しかも、50代~60代までも広がる。サポーターの年齢層は、広いよ。
大分トリニータは、地方だけど、田舎だけど、世界を目指している。我々にとって、大都市の大企業にぶらさがりのチームこそ、古臭く見える。それこそ、「田舎者はそっちじゃないの?」と思えるくらい、大分トリニータのサポは素晴らしいよ。かっこいいしね。大分だけじゃなく、九州や、その他、日本中でトリニータファンが増える可能性を秘めている。
私は、そう思っているよ。
応援していて楽しいんだもん。負けてもね。
洗練されたサポーターができたのは、加藤雅也がいたからだ。
彼の功績は、今後、大分トリニータがある限り語り継がれるだろう。
[PR]
by worsyu | 2004-09-02 12:43 | サッカー | Comments(0)

伊東美咲とマツダデミオ

もう、伊東美咲はヤラナイのかと思っていた。しかし、また、新マツダデミオで、ピンクのデミオで登場。
実際、この車を間近で見ると、振り返ってしまう。いいなあと思う。
でも、事故した時には、やはり怖い。軽は所詮軽だ。
「もしもの時は、死」を覚悟して購入するということだ。
この娘、きれいだねえ。ちょっと、鼻が変という人もいるが、あごが細くて、口がちっちゃくて、それでいて、唇は厚く、目がどきりとさせる。背も高いし、モデルとしては最高だね。
さて、彼女の出演する映画は、見ようかどうか、迷う。まあ、見ない。DVDでも出たら見ようか。それもないか。
まあ、きれいだけなら、もっともっと、いっぱいいるよね。演技ができて、魅力があって。
女優として生きていくのなら、やはり、画面の中で輝いて欲しいね。
[PR]
by worsyu | 2004-09-01 11:59 | 芸能ネタ | Comments(0)