「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ベルガーとサポーター

ベルガー監督が解雇された。言葉的に刺激的である。日本人の何事も当り障りのない、「隠そう精神」からするとストレートである。しかし、事実は何も変わらないからこれもサッカー文化として受け入れるしかない。
トリニータサポーターは、というと、「何故続投しないのか?監督が悪いわけではない。去年よりも良くなった。見ていて楽しいサッカーだ。クラブ側の考えがおかしい」といった感じ。
さて、トリニータサポーターが最高であると持ち上げた以上、それほど評価を下げたくはないが、ここは、みんな冷静になって欲しい。心情的にはわかるが、強いチームを作るためには、致しかたないかなと思うよ。これもひとつのステップとして、受け止める必要がある。
浪花節が好きなのは判る。しかし気持ちにおぼれてはいけない。必要以上に肩入れすることは、都会から来た下手な芝居を賛美する田舎の観客に似て、見苦しい。楽しい思い出をお互いに抱いて、快く送り出してあげよう。ベルガーを明治時代のお雇外国人として見てはいけない。ビジネスなのだから、結果が全てなのだ。費用対効果で考えるべきなのだ。経営するということは、赤字を出してはいけない。毎年利益を出して、母体を大きくし、効果的に投資していく。人気先行の新潟、実力先行の市原。どちらも問題がある。今年のJ1は、都市型の横浜、浦和が優勝した。かたや元日本代表監督、かたや助っ人外国人選手監督。二人とも守備出身の監督だ。結局、何だかんだ言っても、守備を征するチームが覇権を獲るということだ。攻撃は、選手の組み合わせで自由にさせることがいいのだろうか。基本のルールを決めて、後は自在にやらせる。有効な攻撃はイマジネーションと連携から生まれる。前にも言ったが、ベルガーの攻撃サッカーの弱点は、その創造性の決如だったのかもしれない。
[PR]
by worsyu | 2004-11-30 17:39 | サッカー | Comments(0)

最高のサポーター

来年の去就がわからず、解雇の可能性が高い、ベルガー監督。最終戦、柏戦は2対2の引き分けに終わった。できれば勝って欲しかったが、まず、まず、許せる範囲だったと思う。エキサイティングではあった。
試合終了後、監督の挨拶では「大分のサポーターは最高だった」と讃えた。これはお世辞ではないと思う。私も大分トリニータのサポーターは最高のサポーターだと思っているからだ。
浦和レッズが日本一のサポーターのごとき表現をされるが、全く違う。あんな、煽り、選手に圧力をかけ、相手チームを侮辱する日本唯一のフーリガンサポを抱え、それを容認しているサポーターなどを日本一などとは、チャンチャラおかしい。
今のような純粋で暖かく、選手にやさしいトリニータサポーターがいつまで維持できるかどうか不安な気持ちもある。でも、もしこのままビッグクラブまで行けたらものすごいことだ。
他チームの多くのサポーターが節度を欠いたヤクザまがいの暴走行為をする族に引っ張られていることを考えると、やはり、この先が不安になる。
しかし、地方都市ならではの、企業の商業主義に縛られないサポーターからのボトムアップと経営者やそれを支える人々との距離が近いという利点から可能となる、支えあい、育て上げるという地元密着から世界発信という一村一品のブランド作成術。まさに大分ならではの芸当と言えなくもない。これはどこにもまねできない、大分県人ならではのものだろう。
子供と老人、若者と主婦とサラリーマン、フリーター、会社経営者等々、老若男女、社会的地位も経済的格差も度外視して一つの想いになれることは、本当に素晴らしいことである。
この世界でも有数の綺麗なスタジアム-ビッグアイ。大分のみならず九州のシンボルとなる日を願う。また、その可能性は大いにある。(ネックは芝問題)
マスコミも審判も関東寄りであり、試合の移動もきつく、あらゆる意味で不利な状況でありながら、戦わざるを得ない選手たち。我々は、もっともっと支援する必要があるね。移動する交通手段の待遇を少しでもいい物にしてあげたいね。
ラブトリニータの輪を広げよう。たとえば、小室氏、KEIKO、マークらグローブがトリニータを応援してくれることは嬉しい。なぜなら、彼らにとっては愛することができなければ何のメリットもないからだ。その感動をサポーターと選手は与え続けている。だから素晴らしいのだ。
[PR]
by worsyu | 2004-11-29 01:51 | サッカー | Comments(0)

柏との戦い

柏戦である。ホームで最終戦である。去年、おととしと、それなりに結果を出してきた最終戦。今回も我々の期待を裏切らないことを祈る。
しかし、来期の契約をしない戦力外通知を受けた選手たちを使うのだろうか。それでは、勝利は二の次になってしまう。メンタリティーの面で、柏との差は大きい。しかし、使わざるを得ないかもね。そうしないと、ここは埋まらない。できれば、そうした選手を使うのではなく、来期に向って一歩でも進む意味で、勝利を掴みに行って欲しいだが。戦力外通知を受けた選手たちは、天皇杯での出場が本当はいいのだけれどね。
吉村、原田が出場停止なのだ。そこには誰を使う?有村、そして、根本もしくは、倉本?難しいね。やっぱり、山崎であり、サンドロであろうか。
玉田のスピードを抑えるためには、サンドロでは無理だろう。サイドも波戸が上がってくる。明神のミドルシュートもある。柏が何故この位置なのか不思議である。外人が活躍しなかった、故障者が多かったということに尽きるのだろうか。とにかく、個人的には優れた選手がいっぱいいるが、チームとしては機能しなかったということだろう。
トリニータは、前回の広島戦のように、慎重にバランスを崩さないように有利に試合を進めて欲しい。飛ばし過ぎないように。玉田のマークは絶対外さないように。そうすれば、穴が出てくる。前に出てくる。つないで、崩して、裏に出して、数を掛けて分厚く攻めれば良い。きっちりとした戦いをして欲しい。小林さん云々は関係ない。我々の明日のための戦いなのだ。今期の総決算だ。みんなの力で戦おう。
サポーター諸氏は、大分スタジアムの雰囲気を最高潮にし、選手を盛り上げていこう。神戸戦と同じくらいの想いをぶつけよう。おちゃらけを見にきているのではない。柏に勝つことで来期が見えてくる。負けてはだめだ。みんなで試合後を楽しみたい。
すばらしき選手たちが温かいサポーターの歓喜の歌声が響く中、スタジアムが感動に包まれることを期待したい。
[PR]
by worsyu | 2004-11-27 17:49 | サッカー | Comments(0)

解雇の季節

サンドロ、山崎、伊藤、三上、そして、永井がトリニータを去ることとなった。当然といえば当然の結果であろう。
まず、サンドロは、高さ(ヘッド)は強いが、足が遅い。だから、浅いDFラインという戦術に機能しない。裏を取られると反則して止めるしかなくなる。
山崎は、体を張ったディフェンスでよくやっていた。しかし、故障が多く、計算できない。しかも、攻撃参加も少ないし緩慢な動作が気になる。伊藤は故障者のまま終わったという感じ。何だったんだろうか。このあたり、強化部の判断がおかしい。三上は、もう、いいだろう。判断力のないプレイが目立った。
永井、心意気に感じるものはあるが、所詮、シーズンを通して使える選手ではない。ポイントで投入すればそれなりに機能するかもしれんが、そんな余裕はトリニータにはないだろう。
三浦淳宏がヴェルディーを出たいそうだ。だからといって、大分に来る確率は低いだろうが、話をしてみても良いのでは?もし、彼が入れば、いや、彼でなくても、中盤できちんと球をキープでき、キックの精度もあり、組立てのできる選手が欲しいなあ。
2年前のロドリゴのような選手が欲しいね。結局、期待倒れだったが、即得点力を求めた首脳陣とのギャップが大きすぎたのかな。
GKが4人もいるのもどうかと思うけどね。
DFでは、左効きの選手が欲しいね。現在、原田のみである。有村は左右のサイドバックの控え(ユーティリティープレイヤー)で良し。CDFは、柴小屋を戻して、育成させる。一回り大きくなったプレイを見てみたいね。
愛媛に出している吉田智も戻して左サイドで使いたいね。西山、金守、江角は、契約されるのかなあ。よくわからん。
[PR]
by worsyu | 2004-11-27 12:38 | サッカー | Comments(0)

やっぱ遠かった。

広島は遠かった。疲れた。もう若くないってことか。眠くて、最後の方は幻影を見たよ。ハンドル切り損ねかけた。
広島のビッグアーチは、街中にあって、交通の便は良い。アストラムラインという電車がある。高架になっていて、近未来的。大分にも、こんなの欲しいなあと思いつつ、経営が大変だろうから、安上がりが一番ということで。(第3セクターでやっているらしい。大丈夫なのか?)
スタジアムは、大分ビッグアイの方が断然良い。まず、シートが熊本同様、ベンチだった。背もたれがない。これは本当に「金返せ」っていいたくなる。カラービジョンが見づらい。これじゃあ、大きなイベントには使えないな。屋根はメイン側だけある。お粗末なのだが、ただ、一番大切な芝生は良い。これは完全に負け、だ。
DJは、大分のいつものTOMGの方がいいね。何しゃべってるのか判らんかった。でも、我々大分から来たサポーターに対する感謝の言葉と共に、西日本の代表として今シーズン戦ったことに対し敬意を払ってくれた。とても好印象を持った。「広島はヤクザっぽくて怖い」といった印象はなかった。サポーターも総じて静か。サッカーをじっくり見ているといった感じ。あまりぎゃあぎゃあ騒がない。大人?
我がトリニータサポは、決して応援では負けていなかったと思うよ。広島の人たちも大分からこんなに来るとは思っていなかっただろう。試合は、0-0だったが、想いは選手にある程度伝わったのではないかな。
広島のGKの下田がやはり素晴らしい。落ち着いているし。高崎もPK止めたり、決定機を止めたりと、がんばったが・・・。大分側のMVPは文句なく高崎だろう。
点が取れない。これは、もう、4-4-2に戻して、スピード勝負で行った方がいいのでは、と思うけどね。中盤の両サイドに大きな穴が出来るのが凄く気になる。
個人的に言うと、松橋は、ボレーキックの練習をしていた。
マグノは、少し疲れていた。
吉田は、あそこは、前なら決めていたがなあ。切れがなかった。
中盤が目立たない。組立てができていない。相手を崩していない。機能していない。溜めが無い。
有村が持ち込む場面があったが、その後が続かない。有村も冷静に、つなぐことを意識してプレイして欲しい。
審判の判定は、細かいところはよく見えなかったが、吉村の場面は、なぜ、あれがレッドなのかわからなかった。悪質と見たのだろう。サンドロの場面は、挟み込んだだけなのでは?という感じだったが手で押したかひっぱったか何かしたのかもしれない。
広島の毎度のワンツー壁パスが何回も通る。それしかないのに、誰も止めない。ゾーンに縛られすぎ。止められないのではない、止めないのだ。広島はマンツーマンで中には入れなかったというのに。寄せが甘い。小林さん、守備コーチで戻ってきてくれ?
[PR]
by worsyu | 2004-11-24 12:52 | サッカー | Comments(0)

やっぱ広島行くべ

体調あまり良くない。日曜にサッカーやって、体ぼろぼろ。でも、行くのだ。
行くことにした。
原田が戻ってくるので、彼の活躍と全体のバランスが戻ることを期待する。
今や、左サイドは原田がいないと不安である。
岡中を見てみたい気もするが、まあ、これは、コーチの決めることだから。
間隔が空いていないので使ってもいいとは思うが。それほど差もないし。
今度の戦いはもう少し慎重に試合に入ってほしいね。行け行けだけじゃなく、守りも考えてほしいね。バランスを取るボランチに吉村が復活するのかな。神戸戦ではよく機能したよね。
松橋は、先発ではなく、サブの方がいいと思うが。後半から、松橋、高松コンビでマグノと3トップがいいと思うよ。
失点しないで欲しい。「攻撃的に行く」というのが失点の免罪符のように言われるが、違うよ。得点力不足というのもあるが、それよりも守備の崩壊の方が気になるね。チームとして失点を少なくすることがやがては勝利のパターンを生み出す早道である。今は、異常な状態である。
三木、岡中、わかっているだろう。おかしいよ。修正して欲しい。
[PR]
by worsyu | 2004-11-22 23:00 | サッカー | Comments(0)

やっぱ負けたか鹿島戦

どうしても仕事が抜けられず、ビッグアイに行けなかった。結果を見ると行かなくて正解だったかなとも言えるが。
J’Sゴールの速報を見ながら、前半0-0。う~ん、まずまず。飛ばしすぎが心配。後半の入り方に注意かな。
と、いきなり失点。基本の基じゃないか。ん~もう。
大分早く動けよ。と思っていたら、鹿島は温存していた小笠原、本山を投入。それにあわせるように大分は高松投入。
試合はこう着状態。試合も最終盤、と、画面がいきなり変わる。しかも、2、3。ほとんど病気の大分名物の連続失点。
私が言うのもなんだけど、ライン浅くして守りの時は、誘うぐらいの意識で、絶対対面の位置の確認、そして、中央のケアに回らないと。攻撃的というのは、前がかりという意味ではないはず。
夜、NHKでの録画を深夜放送で途中まで観る(眠くて眠った)。
あの松橋のダイビングヘッド。決まれば男になっていただろうにね。いい走りで裏まで出るには出るんだけどね。直線だけじゃ、走り勝っても、その後のシュートまではいかないよね。オーウェンのような切れと上手さはないね。まあ、和製オーウェンはやはり浦和の田中かな。今のままじゃ途中出場の引っ掻き回し役のままだよ。でも、まあ、先発で、いい働きしてたよね。使い続けていけば、結果が出てくるかも。期待しよう。
マグノは気負いすぎかな。あれほど、ふかすな、と言っていたのに(勝手に言っていただけだが)。鹿島も上手く付いていたし、コースは消されていたかな。
やっぱ、鹿島、上手いなあ。強いというよりも上手いといった感じかな。試合の流れをみんなわかっているね。修正できるよね。
前半0-0というスコアで喜んでいたのは、鹿島だろう。主力を温存していたので、後半勝負という戦術通りに進んだわけだから。しかも、大分は飛ばしてきたから、後半に落ちるのはわかっていたはず。後半開始早々の1失点。リスタートのFKから。セットプレイの失点は、前節名古屋の教訓が生かされていない。「あんなに苦労して、走り回って、アグレッシブに攻めたのに点が取れなかった。それが、こんなに簡単に失点かよ」と選手たちは思うだろう。ガクンと気がなえるよねえ。精神的な弱さというよりも、それが普通だろう。「セットプレイからの失点は絶対止めよう」と言っていたかどうかしらないが、言っていたら、みんなショックだったろうね。
大分が勝つには、1-0しかなかった。そういう意味では、流れを寄せる意味で攻め続けるのはわからないでもないが、それが通用するのは、下位チーム相手の場合。ここは、攻めながらもバランスを考え、飛ばしすぎないことが大切だったのでは?相手を疲れさせ、力を温存し、相手のバランスが崩れるのを待って勝負しても良かったのでは?小笠原、本山、中田が出てくる直前での得点を目指すべきだった。結果的に、0-1で負けていたにしても、それが本来、勝負にこだわる戦術だと思うが。(日本代表と戦ったシンガポールのように-まあ、それ以上のことはできると思うが)
勝負抜きで松橋のテストや小森田の経験を積ませたというのなら、仕方ないとは思うが。まあ、後2試合を考えての戦術なのかも知れないけどね。
う~ん。
みんな、広島行くのぉ?正直迷っている。
でも、やってくれそうな気もするよね。広島も磐田を破って好調だけどね。
[PR]
by worsyu | 2004-11-22 02:33 | サッカー | Comments(0)

2004韓流ブーム

今年は韓流-韓国ブーム(主に韓国ドラマ-冬のソナタに代表される男優)によって日本の特に40才以上の女性を中心に韓国ブームが広がった。
大分の高校サッカーの話ではない(大分高校は2人、柳ヶ浦は3人の留学生がいる)。
兵役逃れで再入隊することになった人気俳優の宋承憲(ソン・スンホン)(28)を目当てに16日午後、江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)市に日本からも大勢のファンが押しかけたそうだ。
彼をはじめ、韓国の美形俳優を見ていると、どこか懐かしく、とげとげしくない顔立ちで、純血種のイメージがある。本当のところは整形によるものなのかもしれないが。我々日本人は、どこか雑種のようなイメージがある。実際、多くの移民の掛け合わせにより、日本人が形成されたこともあり、人それぞれ。顔立ちは、ユーラシア全体の香りがそこここにあり、面白い。インターナショナルである。
なぜ、韓国ドラマなのかというと、いろんなことが言えると思うが、とにかく、ストーリー、演技が素晴らしい。丁寧に作っている。ストーリー的には、昔の「赤いシリーズ」の山口百恵、三浦友和みたいなものなのだが、音楽、そして演技が自然で素晴らしい。そして、何よりすごいと思うのは、泣く演技なのである。よく泣く。男も女も。泣きながら、でも、演技をするというのが難しい。それをいとも簡単にこなす。どういう人生経験がこの若い俳優たちにあったのだろうか。人間の深みを感じる。
それにしても、感情をストレートに表現できる韓国人ってすごいよね。「愛している」なんて、なかなか日本人は口にできないよね。だからだめなんだね。
みんながんばろうね。
まあ、韓国と仲良くなり(一方的なのかも知れないが)、日本人と韓国人が結婚する比率が高まっていけば、今までの差別や偏見が一気に無くなる可能性がある。すでに、その傾向が強まっている。どこかの右の民族主義に凝り固まっている諸君には悪いが、日本人は、柔軟で繊細で、文化の融合を良しと考える民族なのだ。だから素晴らしいんだよ。
ちなみに、韓国の男性で外国人と結婚するならどこの国の女性がいいかというアンケートでは、ダントツで日本が一番だったそうだ。
それから、以前、外国人が「日本女性は素晴らしい。でも男は食えない」というのを聞いたことがある。つまり、受け入れる度量があることが大切なんだね。
[PR]
by worsyu | 2004-11-18 17:49 | 芸能ネタ | Comments(0)

鹿島の穴をつけ

鹿島戦が近づいてきた。大分トリニータは何としても勝ち点が欲しい。ここは、引き分けでもいいから結果を残して欲しい。
鹿島アントラーズは、前節、神戸に負けている。前半を終えて退場者を出している。神戸戦ではベストメンバーが組めていない。選手層も以前の厚みがなくなったといえる。その前の横浜戦では本山が終了間際、退場となっているが、セットプレイで得点を重ね、横浜に勝利している。このあたり、小笠原のFKの精度の高さ、そして、鈴木の勝負にかける執念を感じる。
このチームもジュビロ同様、往年の輝きはない。世代交代に苦しんでいるのか、穴は結構ある。たぶん、FWは鈴木、深井が出てくるだろう。彼らに気をつけることは、FKやコーナーキックを安易に与えないということだ。最近の得点パターンは小笠原のキックから生まれる。2人とも倒れ方が上手い。職人芸だ。
冷静になって試合を運べば、必ず点は取れるはず。過度に攻め込まず、バランスを考えて、守るべきところは守る。バランスを崩した方が穴を作る。点が取れなくて、小笠原や中田が前に上がってきたところで、しっかり防ぎ、逆にその穴をついていけば良い。守備は、両サイドとゴールエリア前は特に集中して欲しい。活路は開けるはず。スピードで勝負していけばいいと思う。
マグノは、最近、好調だが、ふかし過ぎないように、冷静に周りとの連携を考えてプレイして欲しい。また、逆に、吉田、梅田、小森田は、自分の身を殺してでも、マグノにいい球を供給して欲しい。信頼関係が求められる。
後は、審判しだいかな。
[PR]
by worsyu | 2004-11-17 17:39 | サッカー | Comments(0)

天皇杯での活躍

マグノの2点で逆転勝ち。やはりマグノは素晴らしい。彼がいたから、今年のトリニータがあったと言える。
天皇杯にそれほど重きを置かないチームがある。リーグ戦の方が大切だからだ。せいぜい、調整程度や若手選手の経験のためにやっている場合が多い。今回、J1チームが敗退している原因はその辺にあると思う。モチベーションの違い、かな。
そういう意味では、大分トリニータは今回チャンスかも知れない。上手くすれば決勝までいけるかも知れないのだ。
ただ、多くの人が言うように、天皇杯で活躍すると次シーズンでは不振するチームが多い。それは、チームが消滅したり、J2に落ちたり、主力選手が抜けることが決まっていたりすると、最後の力が出るからなのだろうか。
たとえば、もし、マグノが抜けたら、来年のトリニータは、降格争いすることは必至だろう。彼は今までの助っ人の中では抜群に素晴らしい。彼を失ったら、得点力が低くなることは間違いない。たとえ、別の助っ人が入ったとしても、彼ほどまでには行かないだろう。
その、ジンクスっぽい「天皇杯の呪い」から行くと、マグノ退団の見返りとしての天皇杯活躍というのは、ありうる話なのだ。
とにかく、全国に大分県人以外でトリニータファン(サポーターではない)が増えることは素晴らしいことだ。実際、トリニータはその魅力を持っていると思うよ。サポーターも含めたトリニータ伝説-旋風を吹かせる意味で天皇杯の活躍を見守りたいね。
[PR]
by worsyu | 2004-11-15 10:12 | サッカー | Comments(0)