<   2005年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

税金を大切に使おう

アルビレックス新潟は元気いいなあというか、良く入るなあと感心する。もう、シーズンチケットは売り切れだそうである。それと、浦和レッズも。席だけ確保して来なかったらウエイティング(キャンセル待ち)に廻されるそうだ。すごい人気である。なぜなんだろうか。
1、娯楽が無かったので飛びついた。
2、勤務時間を比較的自由に調整できる。
3、金と時間の余裕がある。

正直言って、新潟はあまり好きではない。どうも、故人ではあるが田中角栄氏の地元への利益誘導というイメージが強くて嫌いなのだ。(調べて見ると、同氏が閣僚にいた期間-10年間で毎年平均400億円の政府補助金が流れている。それは全国3位~4位なのだ。)とにかく、莫大な政府系資金が投入されて、新潟ワールドを作ったのは確かなことなのだ。それ以来、個人としては好きになるし、尊敬する人も多いのだが、全体としての印象は良くない。
今回の地震災害に際し、同県は、政府に対し特別立法による大幅な援助金を要請している。知事は涙ながらに訴えたそうだ。
なぜなら、このままいくと、新潟県は2007年度に赤字財政再建団体に転落確定だからだ。(因みに大分県は2019年度転落予定)特別立法が実現すると、補助率が100億円くらい増えるのだそうだ。
しかし、政府の方は、阪神大震災と比較して公共財に対する保証はしても、それ以外には金は出せないと突っぱねているようで。
確かに、今回の死亡者は40人ぐらい。これは、山村で起きたためで、比較的都市部での被害は少なかったといえる。神戸の惨状とは明らかに違う。
今回の災害に対する復興費用は、ある専門家によると約数千億円と言われている。
一方、新潟県によると、3兆円必要だと言う。
この金額がどこからはじき出されたのかよく知らないが、神戸、兵庫県に対して政府が行った支援よりも多くの補助金は出せないと思うのが普通であろうか。
政府が金を出すのは当然といった態度で、一気に財政再建の息つなぎをしようとしているかのようだ。
これはちょっといじわるな見方かも知れんが、政府の金と言ってもそれは我々の税金なのだ。打ち出の小槌ではない。
[PR]
by worsyu | 2005-01-28 18:03 | 時事ネタ | Comments(0)

府内戦紙とトリニータサポ

大分市には府内戦紙(ふないぱっちん)という祭りがある。
この祭りはそう古くない。始まって20年くらいだ。神とのつながりを持たない、新興の商工祭なのだ。しかし、これほどまでに大きくなり、また青年層を巻き込んだ祭りというのも珍しい。そこには、アイディアと発想の豊かさ、夢に向う熱意があったからだろう。

この祭りは、男性の威勢の良さもさることながら、女性の活躍が目立つ。戦基に上がるのも厭わず、踊り隊の存在は今や府内戦紙の一番の目玉となった。女性がこれほどまでに積極的に参加し、またメインを占める祭りというのも珍しい。まつりごとは男のものという慣習にとらわれない新しい文化が根付いていることは本当に素晴らしいことだ。中央のメディアはなかなか取り上げないが、大分の文化の創出力はずば抜けている。

さて、大分トリニータのサポーター文化についてこれまでいろいろと述べているが、私は、今後、日本一のサポーターになれるかどうかは、女性がいかに参加できるかにかかっていると思っている。どうか、男たちは、女性を盛り上げる努力をして欲しい。排除しないで欲しい。もっと前面に出る場を作って欲しい。
腕まくりしてハンマタに白たび、鉢巻の「トリニータ踊り隊」ができれば、もっともっと盛り上がるのになあ、と思うのだが。妄想か。
でもそろそろ出てきてもいいのでは?
[PR]
by worsyu | 2005-01-25 11:31 | 地域ネタ | Comments(0)

千代大海勝ち越し・・たっ

昔の千代大海は勢いがあったんだけどなあ。朝青龍に「ごっつぁんです」とかいわれちゃあおしまいだね。
相撲というのは、柔道なんかも同じだと思うけど、頭じゃなくて体で反応するもので、こうすれば良いとかああすればよいとか瞬間で判断できるものではない。長い間の練習で掴んだ技が型になり、それが武器になる。しかし、だ。
もう、あの若い頃の勢いが無い以上、型を変えることを考えていいんじゃないか。
突っ張っていくのは良いとして、その後、前褌を掴んで相手のあごの下に頭をつけ、一気に押していく。これが一番だと思うけどなあ。千代の富士だって、関脇の頃はこの形で押していた。軽量力士が取る戦法だが、当たりの強さがなければ取れないし、技術も勇気も必要だ。ここまで来た戦法を変えることは無理かも知れないが、大関の地位にしがみつく姿は見苦しい。突っ張りの延長に押し出し、引き落としではなく、この前褌取りを練習してみてはどうだろうか、ともう随分前から思っているのだが。
全くもう歯がゆいねえ。
[PR]
by worsyu | 2005-01-24 17:01 | 時事ネタ | Comments(0)

土曜ワイド劇場-九重町と佐賀関

1月15日放送のテレ朝の土曜ワイド。温泉(秘)大作戦2-「大分佐賀関で海の奇跡関サバをゲットせよ」をちょっとだけ見た。ほとんど終わりの方だったが。 これ見た人、九重町と佐賀関と竹田とがどれだけ離れているか誤解するのではと思った。犯人の中村由真が若おかみの生稲晃子を岡城の上で包丁持って追い詰める場面で、九重から森口瑤子、佐賀関から村田雄浩らが集まってくるのだが、わずか10分~20分程度で来てしまうのだ。いくら何でもと思うのだが。裏山じゃあるまいし。まあ、この手のドラマってこんなもんなのかも。1時間はかかるよね。しかも、竹田の岡城跡なんて、山城だから登るの大変だったろうね。皆さんご苦労さんでした。
結局、悠々亭の宣番だったんだけど。エンジェルちゃんが吠えると怖いねえ。まあ、それはどうでもいいけど。筋湯なら打たせ湯のある湯があるから、そこがお薦めかな。

主な出演:森口瑤子(中途半端にきれいだね)、東幹久(おとぼけ役-最近の傾向)、中村由真(ああ、がんばってるんだなあ、もう少し演技のお勉強が必要)、高松しげお(地味にがんばっているねえ)、ジェリー藤尾(生きていたんだ)、誠直也(ありゃあ、特捜最前線)草村礼子(たまあに見るね品の良いばあさん役で)、生稲晃子(あれまあ、でもまあなかなかなもんだ、舞台やっているから)、村田雄浩(ワンパターンの演技なんだけど個性はあるね)、野際陽子 だとか、朝丘雪路なんてのは、本当に長い演技はできないけど、チョイ出で存在感はあるね。
結局、この手のドラマはワンパターン演技の組み合わせの妙だけなんだなあ。
安心して見られるサスペンス。なんだこりゃ。おばさんの暇つぶしなんだよ。
[PR]
by worsyu | 2005-01-17 16:11 | 芸能ネタ | Comments(0)

ナチズムと浦和レッズ

アドルフ・ヒトラーの映画を見ながら、浦和レッズを連想した。浦和レッズのチームカラーは不思議とナチに似ていることに気づいた。たとえばユニフォーム。赤地に白丸。中に黒字のハーケンクロイツ。色使いがそっくり。おまけに、現監督のブッフバルトが大のナチ好きで差別主義者。サポーターが連呼する「We are REDS」もどこか「We will win」の連呼に似ている。サポーターの暴力的性格、排他的性向(相手を愚弄し、威嚇する行為)、国家主義者が多いことや、若年層主体の組織など、連想させることが多い。
あんなナチ趣味のチームなんかに負けたくないね。トリニータサポの中には、「レッズサポが羨ましい」という人が結構いる。理由は、強いのが一番。権力への強い志向かな。盛り上がり度が凄いし、連帯していても楽しいし。勝つことで連帯する喜びを感じるからなのだろうか。
さて、このレッズに張り合うことはできるのだろうか。確かに今、浦和レッズは日本のJ1のサッカー界では一番の人気チームになったと思う。しかし、そのサッカー文化に対抗できるチームは、その対極になければならない。価値観が違うチームでなければならない。
1、関東ではない。2、赤ではない。排他的性向ではない。3、ナチ的趣味を持たないファミリー主体で暴力的ではない。等々、なんだ、大分トリニータそのものではないか。違うか?
我々が志向する排他的ではない愛に溢れたエンターテイメントを作り出せる素敵なスタジアム、選手、サポーター、ファンであれば、必ず対抗できる。
サポーターのトリニータ愛の力を日本中に、世界中に発信しよう。そして、浦和レッズを上回りたいね。文化の内容で勝ちたいね。
[PR]
by worsyu | 2005-01-17 02:48 | サッカー | Comments(0)

韓国をばかにする中国

007ダイアナザーデイをTVで見た。北朝鮮を扱っているということでちょっとだけ面白い。ただ、あのイギリス英語のぶち切れの早口が聞き取りにくい。ハリウッドのアメリカ英語の巻き舌英語の~エイ~とか~Rの方が聞きなじんでいるので心地いいんだが。
北朝鮮、キューバ、イギリス、アイスランドと廻り、テロリストと戦う構図なのだが、CGを駆使したアクションで更にグレードアップ。暇つぶしならちょっとおすすめの娯楽映画かな。
ところで、最近、お隣の韓国と中国が仲が悪いのはご存知だろうか。
中国の一部HPや教科書は、「昔、朝鮮半島に存在した高句麗政権は、わが国(中国)の東北地方の少数民族政権」だと言い切っていたのだ。つまり、昔は朝鮮は中国の一部であったというのだ。これを拡大解釈すれば、「もともと朝鮮は中国なんだからいっしょになるのが当然」という論理に飛躍する。韓国側は歴史の歪曲であると猛反発していた。
と、これは去年の話。今回は、野党ハンナラ党が中国を訪問し、北京の某ホテルで記者会見しようとしたら、突然電源が切れ、室内の照明がすべて消えたそうだ。そして、これに続き、会見場に乱入した中国の公安要員たちが、内外の記者30人余を乱暴にドアの外に押し出した。理由は、「事前に許可を得なければ記者会見を行うことはできない。」ということだそうで、中国に馬鹿にされたとして韓国メディアが騒ぎ出している。現在、外交問題に発展しそうな勢い。中国側は、釈明どころか韓国ハンナラ党側に謝罪を求めているという。
この国は何ともはや、とんでもない国で、政治体制は、官僚が支配する国家社会主義そのものだ。感覚を疑う。さすが、人権蹂躙国家ではあるかな。
この一連の騒動もそうだが、もし、今の北朝鮮の金政権が崩壊したら、おそらく中国に吸収される公算が大きいという考え方がある。だからなのか、すでに国家戦略があるのか、平和友好というカードを振りながら、突然、強硬な態度で押してくるのだ。はっきり言って、今の東アジアを不安定にさせているのは、中国の覇権主義であるといっていいだろう。
キヤノンが大分に留まったのも一理あるかも。
みんなも、危険なマネーゲームにつられてやけどしないようにね。
[PR]
by worsyu | 2005-01-14 18:01 | 時事ネタ | Comments(0)

細眉よりも薄眉

これは個人的な意見なのだが、私は細眉よりも、ナチュラルな薄眉の方が好きだ。高校サッカーの決勝戦の市立船橋の選手と鹿児島実業の選手を見比べて、鹿実の方が細眉が多く、市船の方に薄眉がちらほらといた。
細眉については、なぜこんなもんが流行ったのか、まあ、昔からヤンキーの定番ではあったが、その後、アムロやツンクといった軟派系へと流れ出し、今や、病気のように中学、高校と眉毛をいじりだす始末。
困ったもので、それをみんなやりだすから、格好いいというよりも仲間はずれになるのが怖くて義務のように手入れする。
鹿実の主将の岩下もくっきりと気持ち悪いくらいに細眉だった。清水エスパルスに入るそうだが、まあ、直すんだろうか。さすがにJリーガーなんだから。
と、西川も梅崎も、せめて薄眉にしてほしいね。見苦しいから。濃いとマジックでいたずら書きされた犬のように見えてくる。というか、とにかくホモセクシャルみたいで気モイからやめてくれないかなあ。
薄眉の方がまだ洗練された感じでいいよね。ナチュラルにして欲しいよね。高校サッカーではドアップされると引いてしまった。大体、日テレというか日本のカメラマン寄り過ぎ。
[PR]
by worsyu | 2005-01-13 16:25 | サッカー | Comments(0)

E氏の田舎発言

中津市出身のサッカールポライターのE氏がトリニータサポのサイト「アズッロジャッロ」の掲示板で批判されている。
ルポ記事の中に大分トリニータに対すると思われる批判記事があったからなのだが、内容はともかく、「田舎クラブ」という蔑称をつけて批判していることに問題があると言えようか。

去年、横浜Fマリノスが大分ビッグアイに来た時、「大分遠すぎ」という垂れ幕を見た。私は、これを決して許さない。これは、侮辱した言葉だからだ。おそらく、横浜もそうだし、浦和もそうかも知れないが、関東中心にサッカーが廻っていて、それ以外の地方でサッカーをやっている連中に対しては、「辞めて欲しい、やる資格がない」といった気持ちがこめられている。
だから、私は、このブログでも何度も言っている。みんなはどうかわからないが、田舎者と言われて決してひるんではいけない。大分のサッカーに対する熱い思いは決して田舎ではない。トリニータは田舎ではない大分の象徴なのだ。そんなことを言う者がいたら決して許してはいけない。
E氏がそういう言葉を発したのは、おそらく、そうした関東中心のサッカー文化(2ちゃんねる文化-切れる文化)に染まってしまったからだろう。かわいそうに。
話はそれるが、大分から戦力外を通知されて他チームに行った選手も、大分に来た時は温かく拍手や声援で迎え入れる大分サポの温かさは素晴らしいと思う。ブーイングをされて喜ぶ選手などいない。我々と同じ日本人だからだ。相手の心を無視することは、思いやりのない行為だ。大人ではない。
大分で温かく迎え入れられた選手とサポーターの交流は見ていてとても素敵だった。これを田舎文化だとか、甘いとか言うのは間違っている。自分が選手でそれをやられたらとても悲しい気分になるだろう。けんかではないんだから。K-1やボクシングを見ていてもわかるだろう。

E氏の「田舎チーム」発言は、関東文化の匂いがぷんぷんする「蔑み文化」に拠っている。あの辛口の福沢諭吉翁も批判する相手は権力者であり、弱者を蔑むことはしなかった。大分県人だったら、そのあたりは重要である。
まあ、大した問題ではないと言えばそれまでだが、「田舎」という言葉には注意して使ってもらいたい。
権力の走狗になっているE氏の復活を期待したい。
[PR]
by worsyu | 2005-01-12 11:25 | サッカー | Comments(0)

荒川静香に魅せられる

荒川静香というフィギュアスケートのシングル女子世界チャンピオンがいる。最近よく取り上げられる。決して美人というわけではない。あごがすこし出ていて、しゃくれで、目も細く吊り上っている。しかし、一旦、氷上に上がると、そのスケーティングの美しさに圧倒される。流れるように曲にあわせてスケートが展開される。スタイルがいい。体が柔らかい。指先まで神経が行き届いている。3回転半ジャンプできたとか、4回転だとか、そういった曲芸のような、体操のようなものではなく、吸い込まれるような魅力をもっている。大人を満足させてくれる素敵なスケートだ。その演技は繊細で饒舌。しかし、顔は氷のように寡黙で無表情。まさにプロ向き。

尊敬するスケーターがクリスティ・ヤマグチというのも彼女らしくて素敵である。
彼女がすべると、まさにオリエンタルビューティー。凛とした清らかさと、情熱を感じる。女王の貫禄さえ最近は出てきた。何が起きても動じない。見ていて楽しいし、安心して見ていられる。今24歳。世界を魅了する日本女性である。
安藤美姫もかわいいが、まだ17歳。これからだ。少女趣味の日本人なら安藤かもしれん。顔もかわいいし、若いし。
でも、女性が24歳を過ぎても綺麗な人というのは、本当に綺麗な人なんだよね。CMに出ている吉永小百合も、30代半ばの頃が一番美しい。艶ややかな美しさがある。それを過ぎたら、戦いだね、女性は。油断すると一気に落ちてしまうからね。
と、何を書いているのやら。
[PR]
by worsyu | 2005-01-11 18:12 | 芸能ネタ | Comments(0)

やっぱりゴール裏がいい?

ゴール裏に陣取るサポーターたち。
「その熱い応援の輪の中に入りたい。あんなに大きな声や歌いっ放しはできないし、飛び跳ねもできないけど、あそこで応援したい。おまけに安いし。」
こう思う人は多いと思う。

一方、「俺たち力いっぱい応援しているのに、隣のおばちゃんや子供連れが座って観戦している。座りたいならバックスタンドに行けよ。じゃまなんだよね。ここにくるならそれなりの覚悟を持って応援して欲しい。」
と思っているコアサポも多いと思う。

さて、この問題は、かなり前から指摘されてきた。つまるところ、解決策は早い者勝ちになると思うけどね。つまり、コアサポが早く行って、中央のコアを確保するために縄を張り、エリアを確保することで解決すると思うよ。できればやりたくないと思うだろうが、それしか解決する策はないよ。指定席にしてあるわけではないので、それしかないね。ただ、問題は、そのエリアがどんどん広くなり、ほとんど一般客を排除しかねない人気シートになりつつあることだ。
バックスタンド側も同様の支店を設ければ、またゴール裏と同じ応援ができ、興奮が得られることになるのだけどね。トリニータシートを購入した人は、ゴール裏に殺到する。それにあぶれると2階席に追いやられてしまうのだ。今年はバックスタンドで観戦することも一考かと思うがいかに。
ただ、軍資金がないのだ。貧乏サポよ、ここはひとつ、辛抱して工面するしかないぞ。それとも、早く行って隅っこの席を確保するか。まあ、家族連れはできれば、バックスタンドに行って欲しいよねえ。頼むからさあ。
[PR]
by worsyu | 2005-01-11 17:47 | サッカー | Comments(0)