「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

未来に向って叫べ-それが必要悪の時もある。

マリリン・マンソンというグループを知っているだろうか。MTVのLIVEでその勇姿を見た。昔のキッスのゾンビ化したバンドというか、とにかく、アンチモラルの権化である。彼らの存在は、8年くらい前から知っていた。気持ち悪い死霊趣味のバンドというくらいのビジュアルのインパクトが強かった。
彼らが2月6日に東京でライブをやった。「ソニックマニア05」の大トリでやったわけだが、会場は大興奮に包まれ、失神者も出た模様。とにかくインパクトがすごいね。さっそく、CDを買ってみよう。なかなかいい。乗れる曲が多い。

さて、トリニータのサポーターたちも、このくらい過激になれば満足するのだろうか。アンチモラルを標榜すると、その存在感はとてつもなく大きくなる。しかし、それは反社会的存在となる。遊戯(ごっこ)のままで留まれば、悪趣味、もしくは、過激となる。この際がむずかしい。指導者が必要だ。
コアサポの暴走がやがて来るかもしれない。それがいいのか悪いのか、わからない。その時、ブレーキを掛けられるかどうか。加藤氏なき後のトリニスタの統率力には疑問である。正直危うい。

トリニータが日本でも有数のクラブになり、世界的にも名が通ること。サポーターも特質あるサポとして認められること。これを目指したいね。
ベルガー前監督が「トリニータのサポーターは最高のサポーターだ。日本一、いや、世界一かもしれない。」とまで言わしめたものは何だったのか。それを誇りと見るか、単なる引き際の外交辞令と取るか。
開幕は近い。盛り上がろうぜ!!
[PR]
by worsyu | 2005-02-25 19:12 | サッカー | Comments(0)

楽しみなこと

グアムキャンプの最終日の練習試合で東京ヴェルディーに1-0で勝った、という話は、みんな知っていると思う。
決勝点は、右サイドを破った松橋からのクロスを内村がスルーし、高松が右足で決めた、ということらしい。
そのシーンが目に浮かぶ。何よりも嬉しいのは、内村がスルーしたということだ。この判断の素晴らしさ。こうした頭を使ったプレイがリーグ戦でもできれば、彼の将来は明るい。内村の成長を見る思いだ。
松橋がスピードを生かしたチャンスメイクをした。彼のスピードを生かすには、やはり右サイドがいいのではないか。そして、早めのクロスが今回功を奏したと言える。この判断、感覚を掴んで欲しい。
高松が冷静に決めたということだが、この落ち着きと決定力、感覚は大事にして欲しいね。
若手選手が経験を積み、リーグ戦で活躍することは、チーム全体のレベルを上げ、層を厚くする。
今回、内村選手の活躍を聞き、とても嬉しく思った。今年のトリニータは、去年よりも底上げができたと言える。まだまだ、気が早いが、攻撃陣は去年よりは得点力は付いたと言えるのではないだろうか。中盤の大切さは十分知った上で、それでも、この層の厚さは期待できる。
心配なのは、競り合った時の守備陣。特にGK。今期は、猫の目のようにGKが変わる可能性がある。まあ、現状では高嵜が中心になるだろうけど、計算できないと判断すれば、次から次に。岡中、江角、西川と、皆にチャンスがある。
後、中で中盤を組み立てる選手が誰なのか。小森田なのか、それとも、原田なのか。
まあ、明日はウルサン戦だ。いよいよトリニータ戦士たちの勇士が拝める。新バージョンのサポーターも楽しみ。
選手のみんなはけがしないようにね。
[PR]
by worsyu | 2005-02-18 17:22 | サッカー | Comments(0)

スポーツビジネス

レアルマドリードのロナウドが再婚した。といっても、2人とも離婚が成立していないので、ただの披露パーティーなのだが。それでも、パリ郊外の古城で総勢250人を集めて盛大にやったそうだ。ラウル、ベッカム、ジダン、ロナウジーニョらは、チャリティーマッチ参加のため欠席となったが、フィーゴ、F1のシューマッハ、カフー、カカらが出席。
しかも、2ショット撮影は禁止。理由は、スペインの芸能専門誌が約5千400万円で独占掲載権を獲得したためだとか。
ヨーロッパサッカーのとりわけスーパー選手たちを巡る金の乱舞は少しおかしいね。というかすごすぎるね。これがスポーツビジネス、しかも、世界を魅了するサッカーの凄さなのかも知れない。
トリニータの選手に限らず、Jリーグにいる選手たちもダイヤモンドの鉱石(金の成る木)で、ビジネスのやり方次第では、やがて莫大な富を産むこととなる。たとえば、中国がこのまま発展していけば、アジアリーグがヨーッロッパリーグと並ぶかそれ以上のスポーツ市場になる。そしてそこに君臨するのは、ベースボールではない。サッカーなのである。
われわれサポーターもトリニータの選手に対して、もっともっとVIPとしての価値を与えてやれば、きっと価値があがるはずだ。そうすれば、そういった選手がいる大分トリニータは素晴らしいとなる。大いなる勘違いなのだが、それもやがて真実となる。
市原というチームは、素晴らしい実力と実績を持ちながら、人気がない。1試合平均5千人しか入らない。選手がいくらがんばっても試合を見に来ない。サポーターが増えない。文化ができない。千葉になれば多少は変わるのだろうか。
[PR]
by worsyu | 2005-02-15 18:35 | サッカー | Comments(0)

層の厚さで何とか勝った、かな?

サッカーの日本代表と北朝鮮代表戦は、普段サッカーを見ない人も見たようで、視聴率もかなり良かったようだ。これまで興味を持たなかった人たちがサッカーに感心を持ってくれたら嬉しいね。野球と違い、サッカーには、政治ではできないことができる。友好ムードを作り出した日本サポの素晴らしさ。日本サッカーの素晴らしさでもある。

ところで、長嶋一茂氏が宮崎小学校の6年生(132人)を前に講演をしたそうだ。そこで、緊急アンケートをしたところ、巨人ファンはわずか10人だったそうだ。ちなみに、野球をやっている児童は5人、サッカーは30人ぐらいいたそうだ。
宮崎から大分のビッグアイに小学生たちをサッカー観戦に呼びたいね。もちろん、大分を応援するかどうかはわからないが、サッカーの素晴らしさ、トリニータサポの素晴らしさを見て欲しいね。何かを感じるだろう。熊本はロッソができたから、この先、あまり見込みないね。大分の子供に再三ばら撒くのも考え物だし。

さて、話を戻して、日朝戦だが、まあ、私の中では予想の範囲内だった。まあ、負けることはないと思っていた。引き分けの線もまず大丈夫だろうと思っていた。ゲームプランとして、高原、俊輔をはずして、バランスを重視して試合を進めた。間違いではないと思う。確かに、中西氏が言うように、交代が遅すぎるという指摘は確かに言える。しかし、先発をはずした以上、投入の時間帯はあんなものだろう。もし、先発させて点が取れなかったら、取れていても、同点にされていたら、尻すぼみで、本当に引き分けていたかもしれない。選手のコンディションから考えても納得できる。
中西氏は、ちょっと言いすぎ。結果論である。
誤算として数え上げれば、玉田の不出来。アレックスの攻めが封じられたこと。田中の裏がゆるかったこと。川口のあいかわらずの読みはずれ。などなど。また、相手のGKの未熟さに助けられた面もある。1点目は、キックのタイミングを見落とし、初動作が遅れた。2点目は、パンチングを正面に返すという愚挙。お粗末だった。
しかし、これらは、全て相手があってのこと。予想の範囲内であった。
次回のイラン戦では、選手のコンディションを調整し、中田をはじめとする海外組を集め、総力戦でいって欲しい。
今回の収穫は、やはり、大黒のFWとしての能力の高さが見れたことかな。その身体能力の高さと動きのすばやさ、瞬間の判断力の凄さは素晴らしいね。鈴木、玉田、高原以上の決定力を見た。
FWは今後、大黒を中心に作られるかもしれない。高松がもう一つ伸びたら、チャンスなんだけどね。日本人FWで180センチ以上となると、そんなにいないんだよね。それだけレベルが低いということもいえるのだが。いっそ、誰もいなければ電柱平山という手も浮上してくるかもしれんが。
[PR]
by worsyu | 2005-02-12 00:40 | サッカー | Comments(0)

北朝鮮戦近づく

いよいよ北朝鮮と日本代表の試合が近づいてきた。明日である。
北朝鮮側は、日本のマスコミを通じて自信たっぷりであるようなポーズをしているが、内心は決してそうではない。実力差は明らかであるからだ。
実力差があっても、サッカーの場合、それなりに戦える。その戦法とは、カウンターである。
マークするのは、アレックス(サントス)。俊輔が出ないなら彼だけでいいだろう。後は、マンツーマンで最終ラインを固めれば、そんなに崩されない。
日本サポは、親善試合を観て、楽観的な考えをする人が多いが、決してそんなことはない。北朝鮮がホームでの勝ちを優先するならば、ここは、引き分けで十分なのだ。0-0か1-1でいいのだ。
もし前半、0-0で終わったら、プレッシャーが掛かって日本の方がおかしくなるかもしれない。そのためにも、先取点が前半欲しい。
日本が勝つためには、遅攻と速攻とのバランスを付けて、一本調子にならないようにする。シュートコースは必ずつぶす。遠目からでも打ってくるので注意。2点以上取るためには、お家芸のセットプレイがポイント。そして、高原、俊輔の個人技が必要。国内組だけで戦ったら、1点は取れるが、それ以上は無理かも知れない。
まあ、しかし、豪快に勝ってくれることを期待したいね。
北朝鮮のスピードと当たりのサッカーがどれだけのものかを見てみたいね。いずれにしても楽しみだ。
[PR]
by worsyu | 2005-02-08 17:45 | サッカー | Comments(0)

選挙という名のみそぎ(儀式)

選挙が始まった。何人か候補者の話を聴いた。くだらない内容がほとんどだった。こいつらが本当に権力を持って政治の力で税金を使うのかと考えるとゾッとする。もっとも、実際はお役所の人たちがやることに口をはさむ程度なので、大勢に影響はないはずであるが。
しかし、今はそういう時期ではない。逆にこの狸野郎どもを切っていかなけりゃならんというのに。本当につまらん政治屋どもだ。少しは自分の考えを言えよ。ただ、お願いしますじゃねえよ。頭下げてもなんぼにもならねえよ。お前らは乞食かよ。右でも左でもいいから、一度くらい、自分が感じ、思う考えをしゃべってみろよ。
はっきりいって、これからは、行財政改革だから、右だの左だのは関係ないよ。イラクでは、命をかけて投票しているというのに。それだけ、平和であるということでもあるのだが、何とも政治の程度が低すぎる。みんな仲良くやろうというのは、政治の不毛を意味するよ。いっしょなわけがないじゃないか。みんな考え違うよ。それを議論して擦り寄って、修正していくのが本当の民主主義なのにね。
[PR]
by worsyu | 2005-02-04 16:01 | 地域ネタ | Comments(0)

ソニーと友達になりたい

先月、こんなことがあった。福岡から業者のお偉いさんが年始のあいさつに来た。隣で聞いていただけだが、「大分はまだJ2でしたっけ?」と世間話で切り出した。相手をした上司は「J1ですよ。何言ってるんですか、福岡とは違いますよ」と言ってくれた。
怒りも湧いたが、悲しい思いだった。
トリニータのユニフォームの胸スポンサーが決まらないらしい。「大分」、「トリニータ」というブランドの力が無いのは仕方ない。Jリーグのチームを見渡してもほとんどが関東中心であり、マスコミ自体も東京中心であるからである。あの草津温泉のチームの方がメディアに取り上げられることが多いくらいだからだ。
スポンサー名が入っていないレプリカユニフォームの方がサポーターとしては好きなのだ。あのレアルマドリードのように、チームそのものがブランドとなっているのはうらやましいね。すべて放送権収入による。
本当に世界クラブを目指すのなら、やはり世界企業のスポンサーとのフレンドリーシップが必要だな。我々が支えられるのには限界がある。
私は、ソニーに一度話を持ちかけてもいいのでは、と思う。トリニータの理念とソニーの生い立ちと理念とは似たものがある。話せばわかってもらえる部分はあると思う。もちろん、ソニーにもメリットはある。創業時の熱い思いを再び思い起こす意味(ソニーの歴史をHPで調べるとわかるよ)でも、トリニータの熱い思いに共感し、友愛を持って世界を目指すことを、内外に示すことになる。
胸にSONYのマークが入ると格好良すぎるなあ。こんな素晴らしいことはないんだけどなあ。

そして、改めて、初めて、宿敵-浦和レッズと対等に戦えるようになるんだがなあ。

っと。最近、夢を見ることが多くなった。でも、夢を持ち、あきらめずそれを実現させるのが溝畑社長の信念。ならば、と期待したい。祈りにも似た気持ちだ。
[PR]
by worsyu | 2005-02-02 12:22 | 地域ネタ | Comments(0)