<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

中国では許されること

最近の週刊誌の中吊から。中国では「日本人にはゴキブリでも食べさせておけ」というのが当たり前の話だとか。

そういえば、思い当たることがある。

今から13年前、GWに会社の慰安旅行で中国へ行った。この時は2班に分け、出発日時をずらした。仕事に支障をきたさないためである。私は先発だったのだが、後発隊の話。北京に行った時、同僚の料理の中に何とゴキブリが入っていたのである。ガイドの中国人女性は、泣き出しそうな顔をして謝った。もちろん、彼女に何の罪もない。みんなは逆になだめてその場を取り繕ったと言う。前にもあって関西の客が猛烈に抗議し、弁償問題になったという。
その時は、まあ、中国の衛生状態は悪いから仕方ないか。そんなこともあるのかも知れないと思ったのだが、それは、日本人は信用しすぎるということなのだったのかもしれない。
本当は、調理場では、日本人が客とわかると、つばや痰、ゴミやゴキブリなどを入れて出していたのかも知れない。今もそうしているのかも知れない。関西人の神経は正しい。中国人に対する接し方は彼らの方が勝っている。
中国へはその後行っていない。中国へ行けばおいしい中国料理が出てくる。昔、アメリカやオーストラリア、カナダなど外国へ行けば私は中国料理店へ行った。日本の中国料理よりも安いし、おいしい。韓国料理もそうだ。外国の日本料理は高いし、おいしくない。
しかし、彼らの心の中はわからない。日本人は人を信用しすぎる。世界の中では田舎ものだ。それが裏切られると逆切れするあたりがまさに田舎もの。世の中、善人ばかりではない。特に中国、韓国、北朝鮮は日本人に悪意を持っていると考えて良い。日本に留学してきた人は違うだろうけど。信用するよりは疑っていた方が痛い目に合わない。泥棒の前にバッグを置いていれば置くほうが悪い。それは悪いことではない。隙があれば誰でも泥棒になる。しかも、相手が悪意を持っている日本人であればそれは誉められこそすれけなされることはない。
しかし、それはそれとして、自民党とマスコミは煽り過ぎである。あらゆる手を使い恐怖心を煽ってCMを流し続ける。
やがて、こんなTVばかり見ていると恐怖から逃れようとして娯楽を求め、消費に向う。これは考えることを辞めた人間どものやることだ。日中問題も正しく見ようとしない人は闇雲に感情的になり、国の利益すら損なうようになる。
[PR]
by worsyu | 2005-04-30 19:03 | 時事ネタ | Comments(0)

モラルというやつとの危うい関係

尼崎で起きた列車脱線事故は、日本の安全神話が幻想であったことを思い知らされた。
しかし、あのマスコミというか記者の正義漢ぶった、まるで国民の声を代弁しているかのような高圧的なイジメに近いいちゃもんつけには辟易する。最近の日本の記者どものレベルの低さには驚く。あんたらは芸能レポーター以下だよ。モラルがない。節度がない。弱者のエゴを悪用しているだけだ。
あの和歌山幼女殺人事件の時の遺族によるマスコミ批判は記憶に新しいが、大分でも、野津町で起きた一家6人殺傷事件での中央から来たマスコミの振る舞いは関係者の間で話題になった。死者の顔写真を撮らせろと迫ったり、遺族に対する容赦ない質問、タバコの吸殻なんて当たり前、地域の人たちは中央のマスコミの「国民の知る権利」とやらをまるで錦の御旗のように振りかざして振舞うやり方に憤りを持っただろう。多くの国民が、この権力を振り回すマスコミたちにうんざりしている。取材拒否をすることを奨励したい。いっそ、ネットで公開した方が遺族の気持ちは伝わるだろう。そこに映像をはさむことは難しいかも知れないので、ネットとTVの住み分けは必要だが。
北朝鮮や中国などの国に我々の求める人権はない。しかし、日本だって、せちがらい出来事で心が傷つくこともある。人の心を無視したやり方が横行している。
柏で起きたサポーターによる乱闘事件もそうだ。情けない限りだ。大分ではまだここまではいかない。でも、大分のサポーターの中にも無神経なやつがいる。駐車場への帰り道に相手チームの悪口を言いながら歩いている輩である。私が見たのは女どもだった。情けない。そういうことは言うべきではない。品性が下劣だ。
田舎ならではの、嫌な部分である。無神経というやつだ。
大分市だけかも知れないが、車の割り込み方が強引過ぎて神経を疑ってしまう時がある。東京だったら間違いなく殴られるか車のボディーをへこまされる。
買い物のレジに並んでいて、知り合いの人間を呼び込んで列に入れる人が居る。驚きだ。これも間違いなくモラル違反だ。
特売などで朝から並ぶ行列も交替で番をして大量に割り込む連中がいる。東京だったら間違いなく袋叩きだ。これをやっているのが学生たちだから情けない。大分では、学生は特権階級として保護されているのか。
都会は人が多いから自然と公衆モラルが形成されている。それに順応しない輩は田舎者として馬鹿にされるか非難される。
田舎は人が少ないから公衆というものが存在しない。弱肉強食社会。強い者がモラルを作る。弱者はそれに従う。
田舎で強い者とは?くだらん連中ばかりだ。
ただ、トリニータサポは良き指導の下育って欲しい。サッカーの公衆モラルを大分で作って欲しいのだ。
[PR]
by worsyu | 2005-04-26 11:18 | 時事ネタ | Comments(0)

当たり前のことを確かなものに

4バックになって確かに3バックの時の最終ラインの不安定さがなくなった。3から4の変更は容易である。3バックの経験は視野を広めることになっただろう。
しかし、清水戦を思い起こして欲しい。ようやくの1点。しかもPK。清水にとってみたら事故にあったようなものと思っているかもしれない。(ハセガワの「あの大分から一点も取れないなんて情けない」という発言には参った。そこまで言うか。あんまりじゃん。まあ、謙虚に行こう。)もっとも、全体の流れでは押していたし、大分が有利に進んでいたのは確かなのだが。
神戸をホームに迎える。セレッソ大阪の時もそうだったが、勝てるだろうというどこかに油断があった。しかし、今、J1を見回して必ず勝てる相手などあるだろうか。ほんのわずかな差で勝ったり負けたりしている。その差をいかに詰めていくか。確かなものにしていくかが大切なのだ。監督が言う精神力もそのあたりだろう。
前節はサイドバックが上がって攻撃参加という形は見られなかった。それが良かったという面もある。しかし、今回はリスクを負って攻めあがるだろう。それが吉と出るか凶と出るか。流れを見極めて、DF陣の攻撃参加は慎重にしてもらいたい。
まだまだ中盤の繋ぎも不安定。トラップミスや判断ミスなどのイージーミスも多い。きちっとした形を作り上げて欲しい。結果はもちろん大切だ。
4-4-2システムと現在のレギュラー固定という点で確信が欲しい。負ければまた混迷が続く。
油断はくれぐれも禁物。
クラブ側は、GWに向け、タダ券を配りまくっているが、タダ券で来る人たちは所詮、価値を感じていない人たちだ。物見遊山気分で来ているだけだ。リピーターにするべく、サポーターは声を上げて応援して欲しい。プロスポーツ観戦を生活の中に組み入れられるということは素晴らしいことなんだよ。

小泉首相も中国ならびにアジア諸国に対して日本人を代表して謝るという。素晴らしいことである、というか、当たり前のこと。戦後の日本人は皆反省しているのだから。村山首相が謝ったことを国辱という輩は当然、小泉首相に対してはいっそうの非難をするのだろうか。おそらくしないだろう。小泉は国粋主義者で村山は売国奴だなどと見ている者は、見識を疑う。村山氏の精神は評価できる部分があると見るべきだと思うよ。というか、当たり前のことをしただけなんだけどね。
[PR]
by worsyu | 2005-04-22 17:00 | サッカー | Comments(0)

エリートの狂気と危うさ

日本を目の敵にする中国の若者たちを見て、みなさんはどう感じるだろう。まあ、マスコミは、センセーションさを喜ぶから、特集を組んで煽りまくる。しかし、我々は民主主義に慣れている。国家というものの危うさと意味の無い共同体意識の幻想に囚われることは少ない。
中国も韓国も、北朝鮮もそうだが、エリートというものが存在する。日本では本当のエリートはいるのかも知れないが、あまり必要性はない。もし、東大の学生が存在しなくなったと仮定しても、他に人材はいっぱいいる。それが、中国や韓国ではできない。特に中国では法律よりも権力者によって国がころころ変わる部分が大きい。民度が低いということはそういうことを指す。
小学校教育を比べてみれば一目瞭然。日本の小学校教育のレベルの質は高い。たとえば、中国ならば、学級委員になるのは親が中国共産党の幹部であるとか、その地域の権力者だとか、医者であるだとかいうのがほとんどだ。というか、当たり前のことだ。それ以外の子供がいくら勉強ができるとか、クラスのみんなからの信頼が厚いとか言っても、学級委員長になることはない。日本では、東京都(差別主義者の石原都知事のいる)などの大都市では中国人や韓国人の子が委員長になることも珍しくない。外国の子供が編入してきたら、日本の小学校だったらみんな仲良くするだろう。なじめない子供がいたら、先生が彼らの国の文化を尊重するようなカリキュラムを作って、彼らの人権を尊重するだろう。違いを認めて、その上でも仲良くする知恵を現に今全国の子供たちに教えている。
中国や韓国の小学校の授業を見れば、彼らが小さい頃から差別教育を受けていることを感じるだろう。そんなかわいそうな世界の中で認められていない教育で育てられたエリートのやることは、戦前の日本の学生レベルであるといって過言ではない。頭がよく、弁も立つかも知れないが一番大切な部分が抜け落ちている。自分が国家を動かしていると勘違いする。そしてやがて、自分が国家そのものだと錯覚する。
人を差別しているとその差別している人とは仲良くなれない。その必要がない人はそれでいいかもしれないが、それはかわいそうなことだ。
石原都知事を例に出して申し訳ないが彼の友達も偏っているだろう。そんな人間を長として認めている東京都も危ういものだ。しかし、だからと言って東京が変な方向に行くことは無い。民主主義の国、日本はそんな人間がトップにいても修正可能なシステムを持っているからだ。
図らずも石原都知事がよく使う民度の高さとは東京都そのものを例に取ればよくわかる。民主主義の達成されている共同体とは、そういうことを指しているのだ。
[PR]
by worsyu | 2005-04-18 02:27 | 時事ネタ | Comments(0)

4バック○おばちゃんに啓蒙を

まずは、勝った。良かった。清水はどうやら苦手意識を持っているらしい。それから、4バックに戻した点は評価したい。上本のミスで失点になりかけた場面も、4バックだからこそ凌げた。上本が戻ってきてシュートコースを消した。ただ、相手が落ち着いて切り返していたら労せずして入れていただろうけど。助かった。
全体的に良く攻めの形ができていたと思う。マグノ、安部、吉田まで球が回っていた。しかも、ゴール前のパフォーマンスも相手を上回っていた。流れの中で1点欲しかったね。また、セットプレイでも1点入れると自信になるのだが、まあ、形ができていたし、流れが良くなった。

それから、ここでちょっと苦言を。このブログ見ている人であまり素人はいないと思うけど、おばちゃん連中といっしょになってバックパスで展開しようとすると非難する輩がいる。相手がラインを引いて守っていて、前線にパスの出しどころがなければバックに戻すのは当然のこと。廻しながら崩していくのはパスサッカーの基本中の基本である。
バスケットを見たことがある人なら理解できるだろう。おばちゃんの「何で下げるのを~」という言葉を聴くと。「少しはサッカー勉強しなさい」といいたくなる。おばちゃんの保護者はちゃんと指導して欲しい。恥をかくぞ。
大分のサッカー文化はまだまだだ。おばちゃんレベルで言えば福岡よりはサッカーを知ってる人が多いと思うけど。みんな、もっとサッカーを知ろうよ。そうすれば楽しみかたも広がるよ。お母さんが子供の運動会を見に来て応援しているような、そんな雰囲気が大分サポにはある。これではいけない。もっと、サッカーを知っている人は啓蒙に励んで欲しい。
[PR]
by worsyu | 2005-04-16 18:01 | サッカー | Comments(0)

最低の試合から何を学ぶか

最悪の状態の中でも、そこから抜け出すために、何かを掴み、前に進もう。
負け続ける中でも、何が良くて、何が悪かったのかの見極めをしていかなければだめだ。ナビスコ杯予選を含めると、もう、7回も試合をやっている。
消去法でいくなら、何人か消える選手がいるはずだ。その選手に再びチャンスを与えるという暴挙は、即、負けに繋がる。J1のレベルではない選手は、サテライトで技を磨いて欲しい。
多くの人がそろそろ4バックにしてみたらどうかと思っていることだろう。私もその方がやり慣れているし、守備は取り合えず落ち着くと思う。どうせ今までだめなんだから、一回戻してみてもいいんじゃないかな。システムの問題ではないという意見もあるが、最終ラインが3枚と4枚とでは全然違う。現に3枚でサイドを崩されている。前半は持っても後半になると雪崩状態だ。守備の負担が大きく、MFが疲れきっている。攻めるどころではない。前で止められないからDFラインが引っ張られる。陣形がズレる。穴ができる。マークが外れる。
崩れだしても、監督は攻めだるま。守りの補強(交替)をしない。そこまで信頼しているのか?違うね。
小林さんは老獪だったね。山崎を引っ込め、ラインの修正をし、次にボランチを代え、西澤に代えてスピードのある黒部にした。
「未熟なチーム」とオシムに揶揄されたが、確かにそうかも知れない。

GK岡中
DF深谷、柴小屋、パトリック、三木
MF梅田、西山、吉田、根本
FW阿部、マグノ

SUB江角、高松、有村、原田、松橋

とにかく、中盤を落ち着かせて欲しい。細かいパスで繋ぐのもいいが、球をドリブルで前線まで繋ぐことをやって欲しい。無責任ないちかばちかのパスで易々と相手に球を渡すことは危険すぎる。それをやるのはゴール前20メートルに入ってからだ。
次節の清水はプレスサッカーだ。プレスされる前にパスで凌ぐのも大切だが、どこかで勝負しなければ点は取れないよ。1対1で勝てばスペースが広がる。
諦めずに、最後まで戦って欲しい。
[PR]
by worsyu | 2005-04-14 16:56 | サッカー | Comments(0)

球を繋ごう!前に進もう!!

あまり語りたくはないのだが。
ホームでのC大阪戦、アウェイでの清水戦は、今後の戦い方を見る上でとても重要である。
去年は、この2チームに勝ったから尚更なのだ。しかし、ここまでの戦い方を見てくると、まだ、レギュラーの固定ができていない。攻めも守りの形ができていない。不安定だ。下位チームとならある程度通用すると思われる攻撃力。それはお互い様で、相手チームも同じだろう。後はバランス。戦術の戦い。流れを引き寄せる上手さ。
接戦の中で勝ちを拾う精神力が欲しい。負けくせをつけないで欲しい。浦和、千葉戦で学んだものを見せて欲しい。
勝つために必要なもの-それは冷静な判断力と勇気と労を惜しまない勝利へのひたむきさだ。
その場しのぎの戦術でも勝利への道が見えればそこからチームがまとまってくる。選手同士が話し合っていくしか無い気がする。
成功体験への埋没はよくないが、そこから何かを見つけないとチームとしての前進はない。
意味のわからん、感情的な選手の個人批判はやめよう。読んでいて腹が立つ。
吉田批判は意味がわからん。彼のおかげでなんとか試合になっているではないか。数少ないキープできる選手なのに。彼はミスタートリニータ。大分の宝だ。浮木やサンドロみたいに放出なんてしたらおしまいだよ。

GK岡中
DF深谷、パトリック、三木
MF有村、吉村、梅田、根本、吉田
FWドド、マグノ

SUB江角、柴小屋、原田、松橋、高松
[PR]
by worsyu | 2005-04-12 18:31 | サッカー | Comments(0)

ゆすり、たかり、いちゃもんつけに負けるな日本

このところ、中国、韓国で日本バッシングがニュースで何度も取り上げられる。
中国のやっていることは、ゆすり、たかりの部類で、何度も言うが、民度の低い国のやること。「テロに屈しない」と宣言したのなら、尚のこと。
韓国は、これとは少し違う。いちゃもん付けである。となりの意地悪ばあさんがやっていることだ。
二つの国に共通することは、日本がいち早く西洋の扉を開けたのに対し、遅れて世界に出てきたハンデを持っているということ。世界が帝国主義(\軍隊の力)で市場を獲得し合っていた頃、支配されていた両国に権利はなかった。
彼らは、結局、そこまで。つまり、1870年頃まで遡って、「日本はズルをした。フライングだ」とでも言いたいのだろうか。そんなことしたら、今ある国家のほとんどが何なのか判らなくなってしまうけどね。
日本が戦争でアジア諸国に対し迷惑を掛けたことは、周知の事実。謝れと言われれば謝ればいい。実際、何度も謝っている。誇りを持って頭を下げればいい。しかし、それ以外のことは別である。
たとえば、小泉総理が「アジア諸国に迷惑を掛けたことに対しては、深く反省し、これまで日本政府ならびに日本人民は、真摯に皆さんと接してきたことは世界中に知られている。それをわかっていながらどうこう言うというのは、おかしい論理が働いている、とかんぐられてもおかしくないのではないか。」ぐらい言ってもいいのでは?
逆に意固地になって、煽ることは大人ではないな。右翼ならそうするだろうけど。
謝れと言われれば謝ればいい。そして、ODAなどの政府開発援助の縮小を粛々と進めればよい。自衛隊もはっきりと自衛軍とすればよい。変に気を使う必要はない。
[PR]
by worsyu | 2005-04-11 12:49 | 時事ネタ | Comments(0)

ため息。

ため息。深いため息が出る。
何で2点先制しながら、負けるのか。それも4点も取られて。シュート数が全然違う。打たれ放題だ。前回のナビスコではほとんど変わらないシュート数だったのに。少なくとも千葉は修正してきた。
チームが機能していない。守備の意識が低い。中盤でプレスが効いていない。DF陣の交代をなぜしない。ラインを破られ始めたら修正してほしい。
攻撃の形ができていない。このまま行くと、攻撃陣が空中分解してしまう。中盤をきっちりと決めないと、FWの駒数だけ多くても使えない。使っても機能しない。
ゲームプランがはっきりしない。前半手堅く行っていれば流れが来ていたはず。相手が縦に来たとき、縦への流れを止めるMFがいないとだめだ。
ドドとパットの使い方に苦労しているみたいだ。サッカーはチームが機能しなければいくら個人が優れていても総合力で負けてしまう。
監督のやりたいサッカーがわからない。というのは、浦和に勝ち、千葉に負けたことでますますわからなくなっただろう。
攻めれば守りに穴が出てくるし、守れば攻めれなくなってしまう。それは、まさしく、中盤に問題があるからだ。
まあ、それでも、スペースに走る努力をすることで打開の道も出るのだが、去年学んだ走らないオランダサッカーを引きずっている。
[PR]
by worsyu | 2005-04-11 02:07 | サッカー | Comments(0)

勝つだけの理由

さて、浦和に勝った感激もそこそこにして、明日は千葉戦である。
前節、1点先制しながら、逆転で3-1で負けてしまった。その反省と修正はできるのだろうか。
まず、GKは岡中だと思うので、江角、高嵜よりは安定している。読み外れは少ないと思う。
DF陣も、柴小屋のセンター定着のテストとして興味深い。上がりすぎて、裏を取られるということはないと思う。楔から下げてそこから裏へ上げてラインを崩すというワンパターンだから、位置取りと抑えていれば大丈夫だと思う。念のために吉村のカバーリングがポイントになるか。後半疲れてきたら交替も必要。引き分けで十分なのだから。
守備のめどが立ったら、攻撃は辛抱強く球を繋いでサイドまで押し込む攻撃を。批判の多い遅攻だが、私は、まず、繋ぐことの方が大切だと思う。センターを過ぎてから勝負した方がいい。
ドドが先発で使われるなら、前節以上に高い位置での球さばきを期待したい。マグノ、阿部に供給して、ミドルも狙って欲しい。
繰り返し言うが、大分は弱いんだから、確実に勝つ戦法を取って、勝ち点を積み上げて欲しい。相手をつぶすことを考えよう。まず、前半の入りはセーフティーに。流れを掴んで欲しい。
頭を使えばいい。
オシムに「大分の戦術にはまってしまった。球を奪ってから攻める形を作るイマジネーションが足りなかった。ただ、打ってるだけだった。」と言わせて見たい。
そして、我々はオシムに「サッカーにもしもは無い。勝つには勝つだけの理由があるのさ。頭を使えば弱者が強者に勝つこともある。」と言ってやりたいね。
[PR]
by worsyu | 2005-04-08 19:21 | サッカー | Comments(0)