「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

監督の役割

指導者には、いろんなタイプがある。
日本人は、指導者と選手たちとの関係をほとんど主従関係に近いものに感じている。野球はもちろん、サッカーも未だにそうした傾向が残っている。
ジーコが日本に来た当時、選手たちは、一言も逃すまいとノートに取っていたという。ジーコは、それを日本人の素晴さと評価し、順応性の高さに驚嘆している。しかし、反面、試合直前にそのノートを読み返している姿をみて、これはちょっと、と思ったらしい。ジーコが日本の可能性とその限界を見た瞬間だ。(ベルガーが大分に与えたものもこれに近いものかも知れない。)
サッカーは自由な発想やひらめきで相手の陣形を崩し、チームがそのプレイに反応することで強くなっていく。
がむしゃらなプレイをする選手を枠にはめてプレイを制限したり、決め事を守らない選手を使わないというのはおかしい。選手たちにプレイの選択肢を与えなくてはいけない。なぜ、ここはこの選択をすべきなのかその理由を教えると共に、彼のパーソナリティーを尊重しなくては選手は潰れてしまう。
ファンボ監督の更迭は、仕方ないことだろう。彼は2点、3点取れる攻撃的なチームにしたかったのだろうが、実際は、中盤の組立ができず、3ー4-3構想は早々にあきらめ、4バックの採用とドド、マグノのコンビに攻撃を任せるという戦法に変わった。しかし、マークが厳しくなり機能しなくなると、ドドをはずし、高松を使うが機能せず、攻撃の組立ができなくなってしまう。また、守備では、GKに西川を抜擢し、若手の育成を図ったが、時期尚早の感が強い。結果的には西川がGKになってからの勝利はない。新潟に屈辱の3失点を与えても西川を使い続ける姿勢は、まるで「西川を育てたのは俺だ」という置き土産を残すかのように見えた。
スカンズに求めるのは、雰囲気を変えて欲しいということ。バランスが崩れている所を修正してほしい。そして、何度も言うが、守備の意識を再確認させてほしい。ゴール前で相手選手をフリーにさせるなどもっての他。失点をなくすことが残留に繋がる早道だ。
GK:江角
DF:三木、深谷、柴小屋、(有村)上本
MF:西山、エジミウソン、トゥーリオ、吉田
Fw:山崎、マグノ
控え:西川、吉村、松橋、梅田、高松
[PR]
by worsyu | 2005-08-30 01:51 | サッカー | Comments(0)

明日への第一歩

悪くなかった。攻めていた。崩しかけていた。シュートしていた。
でも、決定機を次々とはずす。
柏は無理して捕りに来ようとしない。DFラインはしっかり引いている。
攻めてはいるが、何となく攻めさせられているような雰囲気を感じた。さすがは早野。横浜マリノス伝統の守って勝つ戦法を踏襲している。
と思っていたら、やっぱりやられた。ミスがらみの失点。こうしたミスを無くしていかないと、ミスしてもそれを他の選手がカバーしていかないと失点は防げないよ。
失点後、動揺しているのがわかった。負け犬根性がちらほら。
山崎が後半から投入された。アグレッシブに球にからんでいっていた。こうしたがむしゃらなプレイが必要なのだ。やがて、その努力が実を結ぶ。マグノの振りぬいたシュートが南の脇をすり抜けた。
攻めて攻めてやっと取れた。もっと早く決めなきゃだめだね。
両ボランチが機能しはじめた。山崎もいい流れを呼び込んだ。引き分けは残念だったが、今後の戦いに期待したい。
マグノが戦う姿勢を選手に求めたことは納得できる。プロ根性とはそういうものだ。一流の選手は勝利のために努力を惜しまない。監督もそれを求めている。山崎もトゥーリオも、エジも奮起を促している。表にもっと闘志を出して相手を圧倒してほしい、と。
一瞬のミスや油断が失点につながる。そして、自分たちを信じて球をつなぎ、攻める姿勢を変えないで欲しい。吉田もキャプテンシーを見せてくれた。チーム再生まで、後少し。
ゴール裏サポの「大分からの使者」は胸を打った。太鼓の刻む音が痛々しいほどに気持ちが込められている。
われわれの愛する、信じるトリニータが早く復活するように望む。勝負はまだまだ始まったばかり。チーム全体が上を目指して、コミュニケーションを取り、熟成を増していけば必ず道が開ける。
[PR]
by worsyu | 2005-08-25 21:16 | サッカー | Comments(0)

チーム再編の近道

試合の入り方、ゲームプランが曖昧だったのではないか。
マグノ、有村を欠き、故障明けの吉田を控えにし、エジ、トゥーリオの新戦力のテストも兼ねたスタート。
先制点は欲しいけど、とにかく、セーフティーに行くべき。絶対やってはいけないことは、開始10分間はがまんすること。
三木は、あそこは、セーフティーに相手を前に向かせず、外に球を出せばよかった。それを、何だか競り合って球を捕ろうとした。あろうことか相手に背を向けて体を一瞬離した。ペナルティーエリアでやるプレイではない。自信が慢心になっているプレイだ。というか、久しぶりの先発に流れがつかめなかったのだろうか。浮き足立っていた。彼のミスはこのワンプレイだけであったが、これが決定的なミスとなり、失点につながった。キャプテンのするプレイではない。試合の行方も左右する失態だった。
2点目は、誰もマークに付いていない。信じられない。体を寄せていれば防げていた。マンマークの徹底は常識中の常識。FWにしか付かないのだろうか。
まず、三木の先発に驚いた。柴小屋の方が安定しているからだ。何故なんだろうか。深谷-芝小屋の連携の方がうまく行っているのに。
トゥーリオはボランチだろう。
残念ながら形ができていなかった。だから、何度も言うが当分は、トリは1-0の試合を目指すべきなのだ。形ができるまで連携を深め、2点目が取れるよう、相手を押し込む体勢を作り上げて欲しい。
ああ、そうそう、最後の高松のはずした場面は、右足だったら決まっていたかな。というよりも、からだで押し込む意識があれば、自然と前に球は転んだはずだ。形にこだわらないいつもの高松が見られなかったのが残念。
エジ、トゥーリオが底で機能するように周りが声をかけて、動いて欲しい。
チームは、今、不安定な状態にある。サポーターができることは後押しの声援であろう。
「自信を持って、そして、守備の意識を高く持って」
この2点を忘れずに戦っていけば必ず今よりは上に上がれるはずだ。残念ながら、16位にとどまるだけでも至難の業である。そのためには、この2つが必要なのだ。つまり、「攻撃でびびるな」「失点を無くせ」ということだ。くれぐれも忘れずに。
[PR]
by worsyu | 2005-08-21 19:22 | サッカー | Comments(0)

E氏の指摘は正しい

どうゆうわけだか、あの偏向思想のサッカールポライターのE氏も、事、トリニータのこととなると、マトモに語る。不思議なものだ。良心が咎めるのだろうか。というか、何で彼はサッカー以外の政治話になるとあんなに冷静さを失うのだろうか。
彼のルポを読むと、フロント、サポの大分県人ぶりが見えてくる。権力におもねる姿。いわゆるエライ人、自分よりも上だと思ったら、自尊心を捨ててヘイコラする姿は、田舎者そのものだ。ビジネス-人の付き合いは対等なもの。ギブ&テイクでなければ長続きしない。そこに、民族、男女、年齢、貧富、容姿など様々な差別を持ち込んで、必要以上に頭を下げたり、必要以上に相手を見下したりする行為は、あの中国と変わりない。人権を無視した行為-民度の低いことを表すんだよ。E氏もそのことを指摘しているではないか。その辺りのことはよく考えて行動し、言葉を選んで発して欲しい。

私も含め、多くのトリニータファン、サポーターはがっかりしていることだろう。トリサポのネチズンたちが郷土の誇りと言われたトリニータに無責任な批判の嵐を投げつける。そのブランドを汚す行為は、そのままファン離れ、サポーター離れとなってしまった。もちろん、その責任は、暴走したサポ自身にもある。もし、加藤雅也氏が生きていたならこんなことにはなっていなかっただろう。調整できる人材がいないということだ。フロントとチームとサポーターの間で調整できる人なんて、そうそういない。
今ごろ、トリニスタの諸君は悔やんでいることだろう。新興サポの煽りに載せられて、自らの軸がぶれてしまったわけだから。

さて、トゥーリオに続き、あのエジミウソンが帰ってくる。これで、中盤の底が落ち着くだろう。ここを固めれば、そうそう失点はしないし、高い位置で球を取ってから素早く攻撃への切り替えもできるようになるだろう。見てみないと判らないけどね。
くだらんサポカン騒動など早々に忘れて、試合に集中しよう。チームの力が上がることが明日へと繋がる。最初から劇的に変わるわけではないだろうが、1-0の試合ができるようになるはずだ。最後まで諦めないチームになるはずだ。中盤に外国人助っ人を獲得できたことで、バランスがよくなるものと信じたい。周りが見える選手が欲しかったのだ。
後は、吉田の復活を望む。4週間では、まだ、無理をするとうずくと思う。私も少し筋を伸ばしたくらいなのだが、ひざを曲げる屈伸運動をすると未だに痛い。彼の痛さはこの数倍だろうと思うと心が痛む。
[PR]
by worsyu | 2005-08-10 18:01 | サッカー | Comments(0)

大分府内戦紙

ぱっちん-大分府内戦紙(おおいたふないぱっちん)に行って来た。大体毎年、見に行っている。
今年は、太鼓のお囃子が変わった。以前よりも迫力が出た。POPになった。
鉄砲隊の音がショボかった。できればド~ンと抱え大筒でやって欲しいなあ。ちょっと危険?でも迫力が違う。どうせ日本中の祭りの良いトコ取りをしているんだから、いいんじゃないかな。
この祭りは年々進化していくのを感じる。神様のいない祭りは、阿波踊り、土佐のよさこい、青森のねぶた、とある。この「ぱっちん」も都市の商工会が作り出したコミュニティーの一環なのだ。
ねずみは過密状態が続くとストレスで死ぬが、人間は、逆に人ごみや高密さを楽しむという性格を持っている。満員電車を苦痛と感じる人もいれば、快感に感じる人もいるわけだ。
しかし、魅せる演出が多いオープニングが終わると、見ている方としては少し退屈になる。このあたりは、「ぱっちん」は参加する方が楽しい祭りだと言える。
ちなみに、今年の全国商工会議所青年部の「YEG大賞」のグランプリに輝いたみたいだ。20年続いたわけだから、まあ、祭りが定着したと言えるだろうし、祭り文化になろうとしているといえなくも無い。ただ、これがこの先50年、100年続いていくかというと、都市の生命がどこまで続くかにかかっていると言えよう。村の祭りに引き込まれることは苦痛だが、都市の祭りを見、または参加することは苦にならないという若者は多いと思う。そこには楽しめるという要素がいっぱいあるからだ。
この何とも騒がしく、でも、暴走しない、整然と行われる青年と婦女子らを見ていると、不思議な気分になる。多くの都市部の祭りで問題になる若者と年配者との間のいざこざが起きない。それは、企業が主体となっているからだろう。祭りを支えるものは地域のコミュニティーではなく、地域で活動する企業のコミュニティーが先導しているのだ。だから、モラルがあり、洗練され、スタイルが進歩する。魅せる要素がどんどん出てくる。
面白い祭りだ。
[PR]
by worsyu | 2005-08-06 17:49 | 地域ネタ | Comments(0)

「ガンバレ~」で萎えた

日本の女性のスポーツ解説者はどうしてもひいきで解説してしまう。昨日のサッカーの「なでしこ」JAPAN対中国を見ながらそう思った。
彼女は特にひどかった。マラソンや柔道も最初はこんな感じだった。次第に客観的に解説するような兆しも出てきたが、まだまだ甘いね。バレーにしても甘い解説をするしね。選手と同化し、身内であることを強調することに価値を見出しているようだ。否定することで上からモノを言う解説が出てこない。
所詮、女の子のお遊び程度しか見ていないからそういう解説になってしまうのだろうか。残念だ。
みんなそこそこ上手いし、一生懸命やっている。中国に対してはモチベーションの高さを見せた。しかし、スピードが無い。強さが無い。高さが無い。これでは世界には通用しないだろう。北朝鮮はすごかった。鍛えられていると感じた。
今のJapan女子は、男の高校生とやってもたぶん勝てないだろう。中学生とやって良い勝負だろう。バレーと比べればそのレベルがわかる。そんなものだ。
ただ、女子サッカーには可能性がある。世界のトップに行ける可能性があるのだ。女子スポーツが盛んなのは、先進国である。それは、資金があり、女性が自立して活きていける環境があり、底辺が広がることで層が厚くなるからだ。5年後、10年後には日本の女子サッカーが世界を征することになるかも知れない。その中にトリニータジュニア出身の選手がいたらすばらしいだろうね。
[PR]
by worsyu | 2005-08-04 18:21 | サッカー | Comments(1)

本物のトゥーリオがやってくる

モノホンのトゥーリオがやってくる。トリに。
「私がトゥーリオだが何か?」
「日本では「とぅーりお」というまがい物が出回っているのですが」
「(笑)」

本物の力を見せて欲しいものだ。偽者との決戦も楽しみになってきた。
さて、これでやっとチームの筋が通った。あまり彼に期待しすぎても、周りがサポートしてあげないと、孤立してしてしまうし、チーム力のアップに結びつかない。彼とコンビを組むであろう梅田、小森田は、汚れ役をするくらいの気持ちでやってほしい。川田は控えでいい。
見てみないとわからないが、良い補強をしたのではないか。彼がゲームメイクし、攻撃の基点になれれば、中盤で溜めができる。そして、本当に機能すれば、2点、3点が取れるチームへと変貌するかも知れない。
まあ、そうは言っても、地道に1-0で勝つスタイルを通した方がいいかもね。当分は。
日本代表対北朝鮮戦を見て思ったのは、トリニータも北朝鮮の戦い方をしていたら、新潟に1-0か引き分けで終わっていただろうに、ということだ。2点目を取りに行くのではなく、守りきる。そして、隙を狙うという戦術を取っていたら・・・・
それにしても、北朝鮮はよく走る。諦めない。積極的にシュートを打つ。すごい体力だ。モチベーションが違う。まあ、あの小笠原と中澤、川口のプレイはひどかったけどね。有り得ないプレイだ。(小笠原の弱気、中澤のほとんど頭空っぽ、川口の諦め飛び)
トリニータは韓国合宿で、トゥーリオを入れた新システムを実戦で試し、再開に向けて調整していくだろう。各選手は積極的に彼とコミュニケーションを取り、プレイもトゥーリオと絡み合って欲しい。自分たちがより高いステージに上がるために、彼のプレイに触発されて自分の殻を破って一歩でも前に進んで欲しい。仮に彼が出場停止になってもいいように、中盤の流れ、スピリッツを他の選手が把握し、形成してもらいたい。
スタイルの確立が彼に掛かっている。よ~く話し合ってお互いに理解し合って欲しい。
[PR]
by worsyu | 2005-08-02 14:41 | サッカー | Comments(0)