<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最後はGK、そしてストライカー

代表戦は、何だかちょっと違うどきどき感がある。トリニータの試合も怖いのだが、代表も大丈夫かなあという不安と期待が錯綜する、複雑な感情だ。まあ、負けてもショックは少ない分、気分が楽といえば楽なのだが。
ブラジル代表の生い立ちなどをTVでやられると、サッカーの重さがまるで違うと痛感。こんな奴らとやってるのかと改めて驚く。しかし、まあ、だからどうした、という気もするが。つまり、貧乏人がピアノをやろうが、逆に金持ちがサッカーをやろうが、それは日本人にとっては「自由だ~」ってこと。日本 イズ フリーダム・・・・・

雑感-
目覚ましを掛けるわけでもなく、何となく起きて見た。既に前半20分。中田のなぜか蹴りたがる下手な方の足ー左足シュートと、柳沢のキーパーへのパスを見損ねたが。ドイツのプレスは厳しく、日本はなかなかパスが繋がらない。シンプルに形を作り、シュートを繰り出すドイツ。しかし、DF陣は集中していて、何とかクリア。前半終わって0-0。
ドイツはこのまま押し込んでいけばその内点は取れるかも、と思わせた。しかし、ドイツのこの飛ばしようは、後半、止まることも判っていた。日本にもチャンスは来る。お互いに、そこで決め切れるかどうかだ。
高原の1点目は中村のドリブルから生まれた。そして、柳沢の絶妙の前線へのパス。高原は落ち着いて決めた。「これを決めなきゃいつ決めるシュート」だったが。
2点目は、気落ちしたドイツの心の隙間が現れたみたいだった。高原の個人技だが、ドイツDFは重なり、しかも足だけで止めようとしたため、高原に抜かれた。高原は今度も落ち着いて、強烈に決めた。高原はやはり日本人の中では一番バランスの取れたストライカーであることを今回、証明した。
その後、ドイツは頭で決めてくるのはほぼわかっていたはずだ。体がでかいから、高さで、しかも、確実な頭で押し込む。昔からここはそうだ。困った時はヘッド。失点はセットプレイからだった。

こんなもんだろうか。ジーコの言う通り、ドイツ寄りの判定を繰り返す審判のジャッジの下では、引き分けは上出来かも知れない。しかも、日本はある程度抜いていたし、対するドイツはガチンコできていた。その上で、最後の3点目は大黒で決まりのはずだった。大黒、巻もそうだが、本番では気持ちを入れて決めて欲しい。いつもの大黒なら決めていた。そうした余裕を見せられた点でも現在のチーム状況は日本の方が上であることがわかった。

今回のW杯では、ヨーロッパ組は当然、上位進出確実と思われている。しかし、審判が正確で公平なジャジをしっかりすれば必ずしもヨーロッパ有利とまでは言えない。日本は組織力-華麗な連携プレイをドイツ人に見せつけた。DFに関しては、宮本の言うように、MFが下がって守ることで流れからの失点は防げる。また、中田が言うように、ボランチが攻撃参加することにより、相手を押し込み、攻撃に厚みが出る。この相矛盾する戦術をケースbyケースで使い分ける。先取点を取り、追加点を狙いながらも流れ次第で守り重視に切り替える。
後は、川口が覚醒してくれるのを待つだけだ。川口次第で上位も狙えるだろう。か?
[PR]
by worsyu | 2006-05-31 12:54 | サッカー | Comments(0)

キリストと「ダヴィンチコード」

まんがのような映画だった。というか、最近はこういう手が多い。日本映画も漫画を題材にしたものが多いし、逆にアニメの方が真面目だったりもするが。発想が奇抜でないと商業ベースに乗らないからなのか。中高生あたりに受ける程度を狙うのがメジャーとなるからなのか。でも、うまいねえ。厭かせないように丁寧に作られている。
キリスト教圏ではない日本人の感覚だと結構楽しめるかも。でも、ちょっと、幼稚だとも言える。この題材は本当ならタブーものだろう。日本で考えれば、天皇に近い。(井澤さんが確か書いていたか、文学の上では結構やっている人もいる。)この世界でも稀な父方の直系を受け継いできた血路はすごい。これを女系もありなんとしようとする小泉首相の試みが果たして成功するかどうか。(天皇のDNAを調べれば、その経路がわかるだろう。この一族がどこからやって来て、今の日本人に受け継がれているDNAは何なのかがわかる。)
キリストとは、一体何者だったのか。現代の下劣な大衆誌記者から見るとこうなる。父親がいない子供(認知されなかった子供、ローマ人との間に生まれたのかもしれない。)が30才を過ぎてもぶらぶらしていたが、ある時、「神から啓示を受けた」として、突然、新しい宗教を始めだした。彼は奇蹟と呼ばれるものを示し、また、周りの信者が尾ひれをつけ、その評判が国中に広まった。ローマの支配下にあったため、為政者は彼の処遇に悩んだが、現地の実力者他の多くの民衆側の意見を組み入れ、罪人として磔刑に処した。彼の死後、弟子たちは、各地を廻り、布教活動を始めた。
これが、現代人が割と真実に近いと思える2000年前のイエス像なのだ。それ以上のものは学術的に見れば全て後から付け足された作り物だとも言える。
イエスキリストは神ではない。天皇も神ではない。その子孫が居たとしても、本当に子孫かどうかはわからない。系譜の信憑性を信じる者はその先に行けばよい。
我々は聖書を読まなくともイエスキリストの姿を知っている。絵の力は凄い。この映画をバチカンが恐れるのも無理は無い。こんなデマのような話を流されてはたまったものではない。笑い事ではないのだ。現にこの作り話を信じる人もいるかもしれないから。
[PR]
by worsyu | 2006-05-26 18:14 | 時事ネタ | Comments(0)

勝率30%なら勝てる!

小笠原の言葉:アピールよりもチームが機能することが大切。
宮本が中田に:あまり上がらないでくれ。
クロアチア監督がW杯期間中のSEX容認発言。
ブラジル:日本戦は基本的に控え選手を予定。

何だかんだで、そろそろW杯。次第に日本国内のJサポたちも戦闘モードに突入。
日本が一次予選を突破する確率は、日本リサーチによると、45%。敗退する確率は20%らしい。(一般人の感覚)
それに対し、韓国は、89%が予選突破、敗退すると予想する人はわずか4%だという。

韓国が予選を突破するには、たとえフランスに負けても、スイス、トーゴに対し、最低でも1勝、1分け、できれば2勝したいところだ。
韓国のフランス、スイスを日本の対戦相手と置き換えると、ブラジル、クロアチア、となる。誰が考えても厳しい相手だ。多くの日本人が悲観的な予測を立てるのも当然の話である。(それにしても韓国は超ポジティヴ)

今から8年前、フランス大会に初めて出場した日本。そして、前回の日本と比べて、今回の日本代表は数段上である。幸いにも、前回の日本代表はU-23を主体としていたため、今回へそのまま熟成された形となってレベルアップしている。組織力としては万全の状態である。得点力不足とか言われるFWに問題はあるが、黄金の中盤の力は世界レベルと言っていいだろう。もう、このレベルまでくるのはいつのことかわからない。
相手を大いに油断させて、勝って欲しい。情報戦で相手より上に行っておくこと。最後は気持ちだ。巻を選んだジーコの選択は正しいと思う。彼が日本を救うキーマンとなりうる。何と言っても欲が無いところが好い。

勝率7%でも勝てる。トリニータはそれを実際やっている。残念ながら、日本代表には、去年のマグノ、今年の松橋のような選手はいない。ジーコの腕というよりも、中田、中村の腕の見せ所となるだろうか。しかし、この2人が同じイメージで動くかどうか?まるでセットプレイみたいに機械仕掛けのように決まると綺麗だけどね。これが今の日本の特徴か。
[PR]
by worsyu | 2006-05-23 17:26 | サッカー | Comments(0)

気になったこと

ヒデ-中田ヒデのスーツは決まりすぎ。隙がない。すごい。スタイリストがいる、絶対。あのストライプのスーツを着こなし、合わせるネクタイの色も同系にまとめるも、ゴージャスでシック。しかも、ネクタイの締め方もびったし。カズの成金ファッションとは違う。

巻のサプライズ選出。その後のインタビューで彼の口から出た言葉は父親と母親から言われたことをそのまま言っていた。親の言うことを素直に聞くいい子だね。結婚大変かも?
父親、若いねえ。悪乗りでTVに出てきそうな明るいキャラ、ちょっと心配だ。

鹿島がらみの3選手。全て使い物にならない控え組?ジーコの鹿島への最後の恩返しか。
私はジーコを悪くは思っていない。彼の言葉にはサッカーの深淵を窺わせる何かがある。日本サッカー界にとってはクラマー、オフト。それ以上の恩師となることに間違いはないのだから。だから尚更、鹿島ごときに肩入れしなくても十分功績は評価されるのに、と思っている人は少なくないと思うのだが。

W杯はお祭りではない。TVの悪のりバラエティーには辟易だ。そのうち、日本代表そのものがバラエティーになってしまう。ヒデの動向に注視したい。そして、彼の後に続くカリスマ性を持った人間が誰なのかも見てみたい。小野なのか?中村なのか?見渡す限りそんな奴はいない。そんな人間はもう必要ないのだ。実力で世界に行って欲しい。
[PR]
by worsyu | 2006-05-16 11:32 | サッカー | Comments(0)

我慢くらべ

不思議な試合だった。まず、駐車場に車の数が少ない。しかし、最終的には14000人も入った。シャトルバスの中、思ったのは、「大事な試合なのに、何か盛り上がらないなあ。何なんだろう、この気持ち。ナビスコだからか。」
試合は、川崎の速いプレスにパスの出しどころがなくなる。激しい当たりに耐えてキープできるのはトゥーリオくらい(高松がいたら)。もっとサイドを使っていけば打開できるのに。とにかく我慢だ。
20分を過ぎたあたりから押し込まれるようになった。再三のピンチを何とか凌ぐ展開。そしてあの失点は、相手を誉めるべきだろうか。確かにフリーにさせるのは問題だが、あのシュートは凄い。(でもやはり、もったいない。今まで我慢していたのは何だったんだ)前半、0-0で行けば後半、川崎の足が止まり、チャンスが出てくると思ったが。高松は後半頭から入ると思ったが・・・。(2点目を入れられた後)
後半、攻めの形を作り、惜しい場面が何度かあったが、この流れの中で点が取れないと流れが向こうに行ってしまう。相手は時間の経過とともにカウンター狙いになっていくのは明らかだった。そして、その通りになった。
まあ、そんなに悪いとは思わなかったけど、何だかちぐはぐさは感じた。オズマールは、何度か球を繋ぎ、チャンスを作ったり、ミスをしてピンチを招いたり。そのカバーに最終ラインまで下がっていったり。やはり、どこか悪いのではないか。万全ではないね。
相手の守備は堅牢で、なかなか中に入れてもらえなかった。これを崩すには、カウンターか、個人技だっただろう。それがまったくできなかったことに問題がある。それでも、がまんくらべで辛抱強くチャンスを待ち、確実に球を繋いでいけば勝算もあったのに。
カウンターを掛けても相手の戻りが速く、結局後に戻さざるを得なかった。それでも抜いていってサイドを攻めれば押し込めただろうに。もったいない。(松橋はどうなっているんだ)
修正すればもっと僅差の勝負に持ち込める。水曜日は、監督も言っているように気持ちで負けないように、勝負して欲しい。
まず、オズマールはハーフタイムで使って欲しい。交替はFW中心で攻撃的に行って欲しい。失うものは何もないのだから、前線にもっと飛び込んで欲しい。マークがきつくても動くことでスペースが生まれる。動いて球をもらえ。体を使ってキープしろ。チャレンジする気持ちをもっと強く持とう。必ず穴はあくよ。
[PR]
by worsyu | 2006-05-15 18:31 | サッカー | Comments(0)

アピールの場

いやあ、まあ、ひどい試合だったね。日本代表の話になると、Jリーグ他サポとも和やかに話せる。代表は、まあ、女、子供らに任せて、大の大人の男どもが語るべき必要もない。
まあ、中村俊輔に対して、あんな質問する記者がいるようじゃ、情けないね。日本のサッカーを取り巻くマスコミ関係者どもの低レベルさを痛感した。あれは答える必要のない愚問だ。

ブルガリアは弱くなかった。これに尽きる。戦前から厳しいだろうと予想はしていた。ヨーロッパ予選を見る限り、彼らの実力は日本よりも上と思われたからだ。対する日本は、「俺が俺が」でアピールすることに徹してしまった当落線上にいる選手と調整程度にしか考えていない選手が混在し、チームとしてのモチベーションは最低だった。しかし、そうした中でも失点をしない、得点を狙うということはできていただろうか。

そろそろ、日本が一次予選を突破する確率が表示されてもいいのでは?
私の中では現在30%だ。つまり敗退。昨日の試合が物語っているのは、W杯をアピールの場として考える選手が出てきては困る、ということだ。海外移籍を狙っている小野や小笠原、福西。中田(浩二)、高原、稲本、大黒の評価が定まっていない海外組。大体、海外、国内組という呼び方がすでに彼らを追い込んでいる。金、ステイタスを求めて彼らがプレイしたら絶対負ける。他の国の連中はそんなこと考えていないよ。戦いの場なのだよ。

追伸:玉田を見て、「司の方が決められるな。」、川口を見て、「西川の方が良くない?」と思わず口に出てしまった。まあ、そんなことはないのだろうが、レベル低っ!!
[PR]
by worsyu | 2006-05-10 12:38 | サッカー | Comments(0)

地蔵さん

文化の違いがあるんだと思う。東京あたりだと「都会のモラル」-ルールが暗黙のうちにあって、それを守らないとみんなの迷惑になってしまう。自由なんだが、みんなそれを守る。整然とした秩序ができている。長年の智恵なのだろう。

解決策のひとつとしては、やはり、コ-ル集団、及び援軍、その取り巻きの席を確保するべく、4、5人でエリアを確保する人員を配置するべき。もし、そこに座ろうとする一般人(見分けるのは難しいが、エリアを分けていつも見ていれば顔を覚えるはず。)を見かけたら排除するべきだろう。もちろん、低姿勢で理由を話し、納得して動いてもらうこと。失礼のないように。この努力をしていない。コアサポのエリアだけ確保していさえすればいいのであれば、当然、一般人が紛れ込む。彼らは何も悪いことをしているという意識はない。できるだけ近くで祭りを体験したいという欲求のまま行動している。
もう一度整理しよう。
ゴール裏のパフォーマンスは、すでにチームと一体化され、貴重な戦力となっている。そのパフォーマンスを維持、拡大していくためには、統率されたコール集団をつくらなけらばならない。これを阻害するものは、排除される。そして、それを作り上げるためには、努力が必要。席の誘導、応援のやり方を教え、盛り上げるため、ディズニーランドとかにいる説明員が各所に配置されることが必要かと思う。この面倒くさいことをやってはじめて理想のゴール裏が出来上がる、と思うのだが。如何?少しずつでいいから、やっていった方が良いと思う。
[PR]
by worsyu | 2006-05-09 12:07 | サッカー | Comments(0)

鹿島騒動

鹿島戦に行かれた方から「鹿島騒動」の内容を教えていただきました。ありがとうございました。真実を知ることができて、これは、役得ですね。ブログをやってきて良かったと実感しています。それから、読んでくれているみなさんに改めて感謝します。

きっかけは、試合後のコールを強制的に止めさせた警備員とのいさかい。良く考えれば警備員は大分サポの安全を確保するためにやった行為。しかし、警備員があまりに高圧的に制止しようとする態度に驚き、憤慨し、抗議したのだろう。その騒ぎに乗じて流言が飛び、鹿島サポが威嚇し始めた。幸い、皆さん怪我無く無事だったそうで安心しました。(詳しい内容は、他のブログなどで聞いてください。どうしても知りたい人は個人的にメールで教えますが。)
まるで、去年、中国で起きたアジア大会みたいですね。まあ、まるっきりいっしょにしてはかわいそうですが。愛ゆえに、プライドゆえに狂うサポ-えせフーリガンというやつなのでしょうか。

大分サポの多くは、例えチームがホームで惨敗しようが、相手チームのサポを煽ったり、威嚇したりはしないでしょう。わざわざ遠いところまで来てくれたというのもあるし、人間として報復は最低の行為であるということの意味を我々は知っているから。逆にチームを苦しめることになることを知っている。
レポをくれた方も、「逆に鹿島サポに対して、大分サポは親切に接して欲しい」と語っていました。過剰反応が怖いとも。(この想いは重いよ。言葉から染み出る想いが熱くて、愛を感じる。涙が出ます。)もし、試合が終わった後の帰り道で、相手サポに嫌がらせの言葉を吐いている奴を見たら、たとえ子供であっても大人であっても、「ばかやろう。みっともねえまねすんな。」と言ってやります。
それが大分魂だ。それが本当の誇りだからだ。
(今回の出来事の真実を鹿島サポは知らないだろう。それは、ある意味幸せであるとも言えるし、かわいそうなことだとも思えてきた。)
最後に鹿島サポのおばちゃんから「ごめんなさいね。負けるといつもこれなのよ。懲りずにまた来てね」と言われたとのこと。救われた思いがした。
[PR]
by worsyu | 2006-05-08 02:20 | サッカー | Comments(0)

どういたしまして

鹿島戦勝利の後、大分サポと係員?との間でいさかいが起きたとか?
何が起きたのでしょうか。知っている人は正直に教えて欲しい。

鹿島のブログからは、「試合が終わったら早く帰ろうね」と書かれていた。
まあ、贔屓の贔屓倒しというか、鹿島の選手もかわいそうに思うね。こんな変なサポに応援されて。

一方、梅崎の「日本一のサポに負けないよう、日本一を目指します」というCMにはちょっと面映い想いがあるが、なんともうれしいね。われわれは、決して、相手サポを必要以上に煽ったり、人間的に劣った行為をしないよ。選手を育てるのはサポの精神だ。「誇りと夢が抱ける」チームであり続けるためにも、われわれの意識は常に高いところにあるべきだということを今度の鹿島騒動の件で痛感した。関東の田舎者ら(精神的に)は本当にどうしようもないよ。

鹿島の監督も言っていたが、選手たちは何か勘違いをしているのだろう。それを助長しているのが偏見サポなのだ。ジーコのお墨付きもすでに期限切れ。まあ、これ以上言うこともあるまい。せいぜい、J2に落ちないようにがんばってくれ。

大分は今回の京都に対し、決して勝てるという確証は無い。前回の戦いを見てもそれは明らか。基本に忠実に。約束事をしっかり守って。結果も大切だが、次のステップに上がって欲しい。何か掴みかけたものはしっかりと物にして欲しい。まだ、自信から確信にまでは行かない。謙虚にサッカーに取り組んで欲しい。

監督の「どういたしまして」という言葉に感動した人は多い。この言葉が大分の精神。忘るべからず
[PR]
by worsyu | 2006-05-06 11:41 | サッカー | Comments(8)

九州の誇りを示せたぜ!

♪ラララーラ ララララーラ ラララーラ ララララーラ
ラララーラ ララララーラ ラララー ラララララー♪


一緒に戦おうぜ 誇りと夢を抱いて
僕らは僕たちは大分トリニータ
必ず勝利する最強のチームなんだ
最高で最愛の大分トリニータ♪

<大分よりの使者>

もう、涙で声が出ないよ~
[PR]
by worsyu | 2006-05-03 17:28 | サッカー | Comments(0)