「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

西川と梅崎

梅崎司(うめさき つかさ)の前には常に西川周作という存在が居た。長崎からプロを目指すために大分トリニータU-18ヘ。クラブにはすでに西川がいた。同学年ではあったが、西川はU-15からの持ち上がりですでにチームの大黒柱として君臨していた。彼らは同じ高校に通い、お互い刺激しあいながら高い目標に向かって精進していく。同じチームで戦う信頼しあえる戦友であり、またライバルでもあった。そして同じ情熱を共有し合える友としても。
その後、西川は、U-18に所属しながらも高校在学中についにトップチームにデビューする。梅崎も高校卒業とともにトップチームに。しかし、彼の意識の中では、まだ西川との差を感じていた。昇格時に彼が言った言葉が忘れられない。
「自分は西川とは違う。早く追いつきたい」
自分に足りないものが何かを意識している。プロとしての自覚と自分に対する厳しさ、そして誠実さを見た。それは、西川という手本であり、壁があったからだろう。
今回、2人同時に日本代表に召集されたわけだが、梅崎はまだ西川に追いついたとは思っていないだろう。まだ、追いついていない。でも、確実に進化している自分も感じているはずだ。
まじめで妥協を許さない西川に引っ張られるように、梅崎もサッカーに集中して大願を成就して欲しいものである。

浦和との勝点差:
[PR]
by worsyu | 2006-08-31 17:42 | サッカー | Comments(0)

また会おう

勝者に対してはトコトンこき下ろして欲しいところだが。それをやっているのはギドくらいで、多くの浦和サポはチームをネガっているみたい。これが浦和スタイル。でも「与野」(浦和と大宮の中間)は選手を気遣っている。「ハードな日程で無理も無い」というわけだ。ふ~ん。まっ、どうでもいいけど。
浦和はきれいなサッカーをしようとしていたよ。でも、気持ちで負けていたね。大分は高松の1点目の泥臭さがすばらしかった。形ではない、結果を求めて攻め続ける姿勢が良かった。前回の問題点も修正できていた。監督、選手、そして、サポ(私)の考えは同じだった。2-1も妥当な結果。(多少はこのブログも勝利に貢献できたか、な?んなこたぁない。)
浦和サポは思いのほか大挙して「地獄」にいらしてくれた。相変わらずあの声出しはすごいね。残念ながら、数が足らなかったせいか、いつもの思いは選手たちにはつたわらなかったみたいだけど。試合後選手たちにブーイングしていたね。「俺たちはここまで応援しているのになんだそのざまは!」とでも言いたいのだろうか。がんばってたよ。彼らなりに。
トリサポも浦和ニートのようにはできないけど、もう少し力が欲しいね。そのためには、あのファミリー席がじゃまかな。というか、子供多すぎ?仕方ないか。
しかしまあ、今回は一般ピープルが多かった。その人たちの感想は「浦和の声援はやはりすごい」「大分って結構強い」だろうか。
浦和はもう大部分の人はわかっているだろうが、小野がいるかぎり昔の鋭さは生まれないよ。上手いけど、いっそ磐田にでも行ってしまった方が彼のサッカースタイルに合っているのでは?それとも浦和のサッカーって・・・・横浜の後でも追っているのか?・・・・小野を外せば再生できるかもよ。(塩送っちゃったかな・・・)

まあ、人気があって収益が上がればいいじゃん。巨人みたいに。ぶくぶくに太っていけばぁ~(半分やっかみ)

とにかく、来年、また会おう。浦和サポよ。

浦和との勝点差:
[PR]
by worsyu | 2006-08-31 10:28 | サッカー | Comments(3)

吹けよ風呼べよ嵐

チャレンジ&チャレンジ。われわれは挑戦者である。挑戦者は攻撃するしかない。王者はしたたかに守ればよい。浦和に守り勝つ姿勢が出てきたことは、まさに王者への階段を上っている感がある。
この壁を破るには、走るしかない。そして身体を張るしかない。たとえば、サイドの崩し。松橋や梅崎が裏のスペースをついてディフェンスラインを引かせるのも良いが、決定機を作るにはおとり(つぶれ役)が必要。高橋や高松がその役目を果たせば、マークが外れる。その時、身体を張って球をつなぐ必要がある。ただし、そこからのカウンターは気をつけないといけない。同じ轍(てつ)は踏まないように。前回たりなかったもの=守備の意識-重要性。身体を張ったプレイ。そして、最後の最後まで戦い抜く心。
われわれは決して強くない。だからチャレンジするしかないのだ。全力を尽くすのだ。そしてそこから進化していくのだ。
サッカーを楽しもうぜ。楽しんだほうが勝ちだ。

PS.後で「十勝の甘納豆」でもつまみながらじっくり録画を見たい。そんな試合を期待している。


浦和との勝点差:11
and
浦和戦当日
[PR]
by worsyu | 2006-08-30 11:38 | サッカー | Comments(0)

セイリングを歌おうってか?

浦和サポはハーフタイムにあのロッドスチュアートの歌を歌うのだろうか。
ならば、いっしょに歌いましょう。人数少ないからかわいそうだし。
敬意を持っていっしょに歌いましょう(これ本当)。みんなで歌ったほうが絶対きれいだよ。ホームもアウェイもないよ。いっしょに歌えたことがお互いのいい記念になるしね。
そして、「遠いところよく来たねえ~」と終わった後、拍手しようよ。いい曲なので、いっしょに歌うときれいだよ。ドーム全体があの曲で満たされる光景はさぞかし美しいだろうね。
歌詞は英語なので難しいです。ですが、覚えやすいように日本語(大分バージョン)に意訳しましたので皆さんよかったら覚えてください。原詩のままで歌うことができる人はどうぞ。歌えない人で何歌っているのかなあと思ったら以下の歌詞で納得してください。
あっ、余計なお世話ですが、浦和ファンのみなさんもこれで覚えたら歌いやすいですよ。

♪上は大分(だいぶん)
  上は大分(だいぶん)
  家はあばら家 ボーイ淫乱(いんらん)
  上すさんだビルサイドで  掘ればおるで
  イエス レッドダイヤモンド 
  ユーアーザベスト

♪上は大分(だいぶん)
  上は大分(だいぶん)
  怒ると下衆(げす) 犯人半
  俺いる金浦(きんぽ) しんけん豪遊(ごうゆう)
  イエス レッドダイヤモンド 
  ユーアーザベスト

まっ、歌わないか。どうでもいいや。ちょっと遊んでみました。

浦和との勝点差:11
and
浦和戦まで:1日
[PR]
by worsyu | 2006-08-29 10:05 | サッカー | Comments(0)

ようこそ地獄へ

新潟の鈴木監督は「2点損した気分だ」と言ったそうで、はあ、そうですか、としか言えないが。決定機は大分の方が作れていた。松橋の何も慌てる必要のないところでのループの選択ミス。深谷の何故か左足でのシュート。いずれも慌てすぎ。心の問題だ。そして、それは、ハードスケジュールから来る身体の疲労感から来ているのだろう。そして、何といっても4万人の新潟サポの存在は大きい。その中での引き分けをシャムスカ監督は評価しているのに・・・。新潟の問題点は大きいね。
三木が「今度の浦和戦は負けられない試合だ」と言ってくれた。以前なら、そして、多くのマスゴミなら「一泡吹かせる」ぐらいの感覚でいるのかも知れないが。われわれは今回は勝つことを渇望している。善戦では満足できない。最低でも引き分け。トリサポなら清水、新潟と引き分けに終わったことで、浦和戦に集中している、といった期待も込めてみたい。
浦和は負けてもいいではないか。今年の浦和は最後まで優勝争いができるチームになっている。大崩れしない。守備の安定が原動力となっている。怖いのはとぅーりおが攻めあがった後の穴ぐらい。また、浦和サポの強力な声援が彼らを後押ししているようだ。(いいじゃん、今回は。「やっぱ、俺たちがいねえとだめなんだべなあ」と思えるし・・・・)
その浦和サポの数が少ないのだから、地の利はあり、と見たい。そして、それを確かなものにするため、いつもは座って見ていただけの人は時々立ち上がって声援をし、手拍子だけだった人は声を上げ、ブーイングはしたことの無い人はチャレンジして欲しい。絶対その方が楽しいよ。それがサッカーの楽しみ方-醍醐味だからだ。
今年の浦和戦で大分のサポーターに質的変化が起きることを期待したい。もし、それができたなら、そして結果がついてきたら、浦和様々、と言わなければなるまい。

浦和サポよ、「ようこそ地獄へ!」。
国内唯一の完全アウェイ体験コースを存分に味わってください。疲れた身体は、温泉につかって癒してください。アフターまでバッチリご用意させていただいています。



浦和との勝点差:11
and
浦和戦まで:2日
[PR]
by worsyu | 2006-08-28 11:12 | サッカー | Comments(0)

信は力なり

大分が新潟に勝つ確率は30%らしい。或る新聞の予想ではそうなっている。これは、新潟がホームでは絶対のアドバンテージをもっているということと、対戦成績、そして、トリニータの知名度などからはじき出されたものだろうか。
4万人の新潟サポに囲まれた中での試合。新潟は前節浦和に完敗し、大分との試合の後はアウェイ3連戦となり、ぜひとも勝って勢いをつけたいところ。
大分は4位以内を目指す上でも、この4万人の壁という試練を克服しなければならない。この壁は結構強力だ。新潟サポの底力を過小評価してはいけない。過酷な日程の中、地方の九州、大分の地からの参戦というハンディキャップは、マスゴミはなぜかあまり言わないがわれわれは知っている。選手たちを誇りに思うよ。
NHKBSで放送されるが、今度はちゃんと言い間違えもなく、きちんとトリニータのことを言ってくれるだろうか。少しは勉強しただろう。抗議もあっただろうし。
トリニータは、たとえ浦和に勝っても、上位陣と勝ち点が並んだとしてもマスコミの取り上げられかたは、過小であろう。万が一、何年か後に優勝したとしても同じ扱いだろう。それは、今の首都圏中心の政治、経済、文化の状況の中では仕方の無いこと。われわれは、或る意味地方の代表となって戦っている。東京中心の文化にも戦っている。「2ちゃんねる」と戦っている、とも言える。みんな、時には「大分賢人はスルー」の意思表示も必要だよ。暴言の掛け合いは虚しくないかい?やりすぎは下劣になる。ほどほどに。みんなを傷つけることになるから。
ならば、地道に広めるしかない。大分以外にもファンを広げられるよう努力しなければならない。他県に行くことがあったら、立ち寄った先で、トリニータの旗か何かをプレゼントして、店に掲げてもらうとか、親戚、縁者にグッズをプレゼントするとか。われわれ個人でもできることがある。
マスコミの商業主義に相手にされないのなら、それ以外の手法で情報を広める努力も必要だ。そして、一人でも多くの人が「ビッグアイに一回は行かなければ」と思わせるよう、われわれでもできることはある。
「想いは通じる」
「信は力なり」


浦和との勝点差:
and
浦和戦まで:4日
[PR]
by worsyu | 2006-08-26 10:11 | サッカー | Comments(0)

前へ

ついに今期の目標をシャムスカ監督が発表した。
「4位以内を目指す。」
勝ち点、得失点差でみると、上位3チームとはかなりの差がある。もちろん、追いつくことが不可能というわけではないが。その次のグループの鹿島、清水、千葉とは、ほとんど同列の内容だ。上位チームとの対戦成績もほぼ互角。ただし、下位チームとの対戦やホームでの勝率で大分は取りこぼしがある。
ホームアドバンテージという意味では、新潟サポの数の多さ、浦和の質の高さ(威圧感)に学ぶ面は多い。まだ、われわれはチームを強力にサポートしているとは言いがたい。何かが足りない。清水は強かったが、勝つチャンスも多かった。勝ちきれなかったのはサポの責任でもある。反省して浦和戦に向けて修正したい。圧倒する力が欲しいね。(TVのマイクボリュームはアウェイ側有利に設置してあるからね。実際よりもアウェイの声を拾ってしまうからTVを見ている人は勘違いする。)身内の観客の力をいかに取り込めるかだ。大分がひとつになれるか、だ。
清水戦の帰り道、子供といっしょに母親が「九州の誇り」を口ずさんでいた。この歌はトリサポの心の歌になったと実感した。


浦和との勝点差:
and
浦和戦まで:6日
[PR]
by worsyu | 2006-08-24 15:03 | サッカー | Comments(0)

一言

さて、試合前になって、何を言っても同じだが、今日は、三木が欠場ということもあり、ホームサポの力が試される試合といっていい。
サッカー報道陣たちが、松橋や西川の招集を興味本位で取り上げる向きもあるが、本人たちもわれわれもおごることなく、まじめにサッカーに集中したいものだ。
広島の佐藤寿人のコメントや試合中の態度には、何か勘違いしている彼の姿があった。がっかりである。ああなってはおしまいだ。
謙虚にやってほしい。実力をつけていけば、無駄なパフォーマンスをしなくてもいい。わかる人はわかってくれる。まだまだ自信から確信へと変わるには時間が必要だ。そして、進化している自分を実感できなければ本当の強さにはならない。
今日の試合もそうだが、これからますます厳しい戦いが続く。シャムスカ監督が「戦う集団となってきた」と言った意味をわれわれも重く受け止めたい。そして、われわれが戦う姿勢を見せなければ選手たちを後押しすることにはならないだろう。われわれトリサポにも試練の時が始まろうとしているのだ。


浦和との勝点差:
and
浦和戦まで:7日
[PR]
by worsyu | 2006-08-23 17:12 | サッカー | Comments(0)

練習

清水戦は、前回同様厳しい戦いになると思う。前回は4-1で負けた。藤本のきれいなループシュートを魅せつけられた。ただ、今回は、高橋、梅崎、松橋、ラファエルが入り、戦力的にはアップしたと思われる。連携プレイが上手くいけば。そして、守りでミスした方が失点する。上位陣の中では今一番怖いチームであろう。若手が多く起用され、読めないところがあり、ハマルととんでもない力を出すチームという印象がある。モチベーションもトリニータと似通っておりライバル関係にあるといっていい。

トリサポは、来週の浦和戦にむけた予行演習の意味もある。声出しの練習をしよう。
まずはブーイング。お腹に力を入れて、お腹から息を吐くように、のどを広げて、腹式呼吸で野太く「ヴゥ~」。子供も女性も恥ずかしがらずにやってほしい。決してブタの泣き声の「ブー」ではだめですよ。口先だけの、のどを締め付けて音を出すかわいいやつじゃだめ。子供にもきちんと教えてくださいね。
練習しなきゃできないよ。さあ、憎しみをこめて、腹に力を込めて、口に手を当てて、口を尖らせて、低く音を出しましょう。自分がチューバか何かの楽器になった気分になりましょう。恥じらいは禁物です。
それから、バックスタンド側の人も入場時はスタンディングして選手を迎えて欲しいな。試合中もずっと座ったままではなく、時々は腰を上げて応援して欲しいですね。声出しもよろしくお願いします。全部やる必要はありません。各曲の最初のところだけでも一緒に声を出してくれたらすごい圧力になります。協力をお願いします。手拍子も暖かくていいですが、声の方が相手を威圧できますから。
大分は浦和にとって、国内唯一の完全アウェーが体験できるところです。500人から多くて1000人くるでしょうか?ウィークデイですから2000人もくることはないでしょう。とにかく、全国放送されますから、TV観戦している浦和サポ控え組に初めての完全アウェイ全国生中継を見せつけてあげましょう。「何なんだここは。レッズの声援がかき消されているぞ」と。
そのためには、声出し、そして最初の一声が必要です。どうしても上手くできない人は試合前に腹筋運動をして腹を硬くしておきましょう!



浦和との勝点差:
and
浦和戦まで:8日
[PR]
by worsyu | 2006-08-22 13:46 | 地域ネタ | Comments(0)

まじめに行けばいい

まず、鹿諸君に一言。まじめにやれば勝てていたのに。弱くなったもんだなあ。
2点とも完璧な入れ方で、ビューティフル。対して、失点は、1点目は小野のいつものダイレクト。華麗だけど安易なプレイ。体を寄せていたら何でもないのに。2点目は、ミストラップからワシにラストパス。もっとまじめにやろうね。

それはそうと、浦和のあのカントリーロードっぽい「アイアムセーリング」初めて聞いた。何だかかわいくなっちゃって。浦和も一時期の硬派一辺倒からの脱却を目指しているみたい?上半身裸になって「思えば遠くへきたもんだべさ」と歌っているのかと思うと笑える。

トリニータはよくがんばりました。後半はず~っと攻められっぱなしだったけど、こういう試合を耐え抜いて勝ち点3が取れたことに価値がある。浦和の強さに少しだけ近づいたかな。開始早々にカウンターからラファエルのスルーパスに斜めに走りこんだ松橋がGK含めて3人を置き去りにしてかわしてゴールへ流し込む。速い。その後、松橋のノーオフサイド、トゥーリオの逆イエローと三木のレッド判定という審判の判断で一気にハンディキャップマッチに。前半の出来からすると敵は佐藤でもウェズレイでも森崎でもなく、審判だけという漫画みたいな設定がそのまま現実になった。ここで、シャムスカは藤田を投入し、ラファエルを下げた。納得。前線からプレスを掛けるのにラファエルは不要。守備重視でカウンター狙いへの戦術転換。そして、時間経過とともに攻守に走り回った松橋、梅崎を下げて代わりを入れる。相手にシュート20本打たれながらも、決定的な危ないシーンはなかった。集中力は途切れなかった。

千葉はやっぱりおかしくなっちゃったね。重しが取れた漬物みたいで、味がなくなっちゃったね。粘りと修正ができなくなった。じいさんがいないと自発的な修正はできないみたい。
ところで、オシムjrはじいさんから毎日言われていたことをアホだからポンポン言っているようだ。要は日本サッカーを馬鹿にしているね。だから、子供扱いするんだ。じいさんのようなカリスマは無いから選手は反発するわなあ。つまり差別主義者ということだ。いくら有能であったにせよだ。そういえばブッフバルトも差別主義者だったわ。


浦和との勝点差:
and
浦和戦まで:10日
[PR]
by worsyu | 2006-08-20 22:01 | サッカー | Comments(0)