「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

シャムスカの真髄

NHKの「大分人物録」-シャムスカ編もとうとう最終回を迎えた。
同氏の監督歴は、30代早々からスタートしている。この若くして監督業を始められたことがとても恵まれていたと語る。
この経験は貴重なもので、歳を取って始めるのとでは全然違うというのである。同氏の特徴は確かにこの点にあると言えよう。
ブラジル2部のチームを率いて1部のチームに勝ち、優勝に導いたその手腕は、一長一短にできるものではない。早くから選手と同じ目線で考え、指導し、修正し、結果を積み重ねてきた結果得られたものだ。その指導方法は、他の監督とは大きく異なる。
以前、私は、カルロス・ゴーン氏と同じタイプの指導者であると指摘したが、そうは言えないだろうか。

最終回は、梅崎に代表される若手の育成方法について語っていた。まず、梅崎を3ヶ月間見てきて、攻撃を組み立てるセンスに優れているのを見出し、サイドで使うよりもトップ下の方が良いパフォーマンスを発揮できると判断する。そして、その起用するタイミングを見ていたという。自信を付けさせるのが目的だからだ。そして、梅崎の場合はナビスコカップの鹿島戦(九石)であったわけだ。
若い選手は成長過程のため、ミスをする。しかし、それは経験不足からくるものであり、怒ってはいけない。若い選手がミスをするのは当たり前だという考えだ。そして、褒めて伸ばす育成法だと言う。
また、梅崎が活躍するにつれてチームの中での位置付けも違ってくる。チームの主力となるにつれて相手側のチェックも厳しくなってくる。ここで重要なのが、責任の持たせ方。必要以上に責任を負わせると成長過程にある選手はつぶれてしまう。同氏はそのあたりも経験から十分わかっており、成長に合わせて少しずつステップアップさせることが大切だと言う。

大分は同じポジションに有名選手を控えに揃えるほどの選手層があるわけではない。そうした有名選手を獲得するだけの資金があるわけでもない。限られた選手と限られた資金という状況。しかし、それでも戦わなければならない。現状に満足することなく、目標を常に上に掲げて進み続ければ可能なことだという。

選手もサポも上を目指して行こう。上昇志向があれば、選手も上手く、強くなるし、サポも同様に戦う集団になっていく。必ず夢はかなう。諦めたら終わりだ。
実現させる。強い気持ちと愛を持ってわれわれは進もう!

(私は、シャムスカ氏に出会えて感謝している。それは、サッカーだけではなく、人間として尊敬できるからだ。今後どういう形になったにせよ、同氏が大分に灯した希望の炎は大分の宝となるだろう。)
[PR]
by worsyu | 2006-10-31 15:50 | サッカー | Comments(0)

気持の勝利


結果は、勝利。
高松はいいねえ。すごい。そして松橋の華麗なる復活。
戦術の修正が成功したということか?このチームは先制することで勝利の確率が高くなる。それは、松橋のスピードがあるからだ。うまくカウンターが決まれば松橋のスピードについて来れる選手はそういない。後は、決めるか決めないかだけ。鹿島は両センターバックが高い。強い。しかし、スピードはない。だからラインを高く上げてプレスを前からかけてオフサイドトラップで防ごうとしたのだろう。しかし、大分もそう単純には裏を狙わない。
松橋にいかに裏にうまく走りこませるか。今日の試合では、その一点が機能して勝利に結びついたといえる。山崎はうまく走り回って松橋のにおいを消していた。いい仕事をした。
高松のサイドや下がった位置からの溜めは、中盤の選手の飛び出しを可能にしていた。鹿島は前半15分で終わったようだった。ゴール前で組み立てようとしているだけでそこから先にはなかなか進めなかった。
後半、高橋が入ってからますます鹿島は混乱した。そして、2点目は、サイドを抜いた松橋から中央の高松へ。松橋の左足の折り返しもうまかった。高松の右足アウトも巧み。きれいだった。

まあ、こんな試合、相手が阿呆だからできたようなもので、進化と見るべきではない。もちろん、気持はみんな入っていたが。もっと、球の支配率を高くして、いろんな攻めのバリエーションを作っていって欲しい。
松橋は何かを掴んだんじゃないか?それが収穫かな。

あっと、それから、1点目のVTRが流れてみんな納得。それまで、「入った~」、「えっ入ったの?」、「いや入ったみたい」、「いやだめか?」。
だから、今やVTRは大切なんだって!線審はよく見ていたね。草サッカーだったら外野から「入ったぞ~」とか声が上がるし、守っている方も皆紳士だから認めるんだけどね。
[PR]
by worsyu | 2006-10-29 22:20 | サッカー | Comments(0)

車椅子マラソンを見る

鹿島戦に行く前に「第26回大分国際車椅子マラソン」を応援というか、見物がてら沿道に出た。10月も終わろうというのにまだまだ日差しは強い。先導する白バイが過ぎたかと思うとすぐ、先頭集団はあっと言う間に通り過ぎていった。速い。すげー速い。後続は後ろに行くにつれてゆっくりになっていく。沿道からは「がんばれ~」という声援。
この「がんばれ」という言葉に多少違和感を感じないでもなかったが、難しく考える必要もないのかも。素直な気持でいいと思う。過ぎ去る選手たちのほとんどは交通事故などで下半身が動かなくなった人だ。(もちろん、障害の度合いが違う人もいる。生まれつき足が未発達な人もいるし、小児麻痺の人もいる。)
彼らが行き去る姿を眺めつつ、不思議な感動を覚えた。何と言うか、格好いいのだ。アスリートなのだ。敬意を感じる。そして、次に思いを馳せたのは、中学校でいじめを苦にして自殺した子供たちのこと。
この車椅子マラソンを見せてあげたい。もしかして何も感じないかもしれないが、何かが残る。映像として無意識の中にでも残る。
「生きるって素晴らしいことなんだよ」
「苦しみを乗越えて得られたものは素晴らしいものなんだよ」
彼らにとっては、一瞬でも耐えられなかった出来事だったのだろうけど。そんな狭い社会なんか過ぎてしまえば、いくらでも人生は開ける。捨てたものじゃない。
嫌なら逃げればいい。
「愛せなければその場を去れ」(ニーチェの言葉)
何だか悔しくて涙が一筋流れた。

(大分で続けられているこの大会をもっともっと皆に知ってもらいたい。支えている県民を誇りに思うよ。ぜひ見に来て欲しい。面白いよ。格好いいし。一村一品の精神はここにもある。)

いざ、鹿島戦に向かう。
[PR]
by worsyu | 2006-10-29 22:07 | 地域ネタ | Comments(0)

その先にあるもの

残り6試合。そのうち、ホームは4試合ある。大分のホームの勝率はそれほど高くない。浦和や新潟と比べると歴然。われわれの思いが伝わらないのか、それともわれわれの思いの温度が低いのか。おそらく、その両方なのだろう。
毎年、降格争いをしてきたチームには、負け犬根性というか、「こんなもの」といったどこか諦観じみたところがあり、サポーターやファンもその思いでいた。残留で喜んでいたわれわれサポの責任も大きい。
しかし、である。「来年、優勝を争う」と言うためには、戦力の充実も大切だが、サポの力で選手に「まだまだ、こんなものじゃだめ」と言わせなきゃだめだ。プレッシャーを与えよと言っているのではない。「楽しいサッカー」で「魅せるサッカー」で相手を圧倒するくらいの強さで勝てるように、レベルアップしてくれることを望む。
まずは、明日の鹿島戦。ここしばらく、勝利を見ていない。磐田にアウェイで勝ったのが最後。ホームでは浦和以来勝てていない。燃焼するには早すぎる。鹿島に2勝することは簡単なことではない。勝率をみても相手の方が上である。しかし、サポの力を今こそ見せる時がやってきた。2万5千人以上は入るだろうスタジアムで勝利の歌を歌いたい!!
栄光ヘの架け橋となるためにも欲しい1勝だ。
心を込めて応援したい。ブーイングも今までで一番のものを出したい。勝利を演出するために。
[PR]
by worsyu | 2006-10-28 13:22 | サッカー | Comments(0)

もっと楽しみたい

スポーツナビで元トリニータ監督で、現在柏レイソル監督である石崎監督のインタビュー記事を読んだ。
江藤氏との付き合いの長さからか、石崎さんの人柄が出ていて楽しい。飾らない言葉で語られているが戦術などもわかりやすく解説していてとても興味深かった。
その中でも特に興味を引いたのは、2000年、大分が勝ち点差1で3位に終わり、悲願のJ1昇格が果たせなかった時のことを思い出して、「あの時は強かった。40試合で得点が80点、失点が38。それでも昇格できなかったんだ。」と語っている部分。
ちなみに、その年、大分と最終戦まで昇格争いをしたのは、現在、首位を走る浦和である。

大分市陸上競技場に浦和を迎えたゲームで、あのレッズの応援を初めて見た。その時の憤りは怒りの炎となって心に燈った。何時の日か、浦和に勝って、優勝する日が来ることを願った。
最終戦で勝ち点差1で3位に終わり、昇格できなかったことは忘れようにも忘れられない。延長に入り、佐賀に一縷の願いを託したことを後悔した。ちなみにその時のGKが高碕なのだが・・・・・

残念ながら今年、浦和は優勝しそうである。J2で昇格争いをしていた頃から6年が過ぎた。大分は2002年にJ2で優勝し、翌年、2003年にようやくJ1昇格を果たす。苦労した甲斐があり、昇格してから4年を経るが、何とか残留し続け、今年は、ようやく上位がうかがえる位置まで力がついてきた。浦和との距離は少しは縮まっただろうか。J1に上がってからのリーグ戦の戦績は3勝5敗である。まだ追いついていない。来年2勝してようやく五分と成る。
戦力的には、来年は楽しみである。24歳~26歳の主力が多いトリニータはこの2~3年でピークを迎える。しかも、18歳~20歳のゴールデン世代がそれに続く。優勝するためには、我々サポーターが力を付けることも大切。戦う集団になることが大切。選手と心を共にできる関係を作り上げ、いっしょにレベルアップしていこう。
シーズンシート継続の誘いが家に着いたが、料金アップに少し戸惑っている自分がいる。心を強く持って前に進もうと思う。
これは祭りであり、大分からの挑戦であり、戦いでもあるのだ。一人一人が知恵を出して盛り上げる。優勝すれば終わりではない。この地に根付かせるためには、10年、20年先を見越して目標を掲げ、着実に目標を達成していくことが大切。時には後退することもあろう、しかし、苦労を乗り越え、その分たくましく育つことを信じる。
楽しまなきゃ損だ。共にもっと楽しめる空間と時間にしたい。もっとワクワクしたい。
[PR]
by worsyu | 2006-10-27 18:21 | サッカー | Comments(0)

奴隷貿易

高校で大学入試のために世界史を教えない学校が結構あるらしい。単位不足が文科省から指摘を受け、全国で問題になっている。大分でもあるのではないか?
しかし、たとえば、18世紀から19世紀に掛けて、産業革命時のヨーロッパの栄光と影の歴史を教えないと歴史としての現代は見えてこない。責任放棄もはなはだしい。
ヨーロッパの海外進出はアフリカ大陸から奴隷貿易でアメリカ大陸へ大量の労働力を送り出したことから始まる。鎖に繋がれた黒人たちは船底に押し込められ、アメリカに着くまでに病気などでその半分は死んだと言う。(70日ほどかかるらしいが)こうした差別が当たり前のように一般に広まったのは、学者たちが理論として、「彼らは我々とは違った人間-家畜と同様である」としたことにある。実際はアフリカ土着の人間を通じて間接支配をしたわけだが、システムの根本はヨーロッパ人による支配だったわけで、その非人間的行為の責任を逃れることはできない。そして、産業革命が始まるとともに、奴隷貿易よりもアフリカ大陸の資源を巡って植民地争奪が始まる。アフリカの徹底的な収奪が行われる。
「ひどいことしたんですねえ」と大抵の女の子は眉をひそめるが・・・・

明治以降、日本は、ヨーロッパを真似てアジアをその支配下に置こうとする。明治維新、殖産興業、征韓論、大東亜共栄圏など、それら全ての流れは、ヨーロッパのたどった跡をなぞっている。赤信号をみんなで通っているだけなのだが。盗人猛々しいというか、今、この歴史認識を忘れている日本人が少なくない。過去の歴史を見れば、どんな言葉を弄しても幼稚な考えだと気づくのに、それがわからない人が多い。(もちろん、時間のずれがあるので同等ではないが、根底に流れる考えには似たものがある。)
世界史を学ぶことは、日本を学ぶことと思って、高校を出た後でもいいから知る努力は必要だと思うよ。特に世界に出て行く人は知っておいた方がいいかもね。逆に日本にいる分にはいいのかも?
[PR]
by worsyu | 2006-10-26 14:29 | ひまネタ | Comments(0)

湯布院とプロヴァンス

木村尚三郎氏の「わが心の旅」がNHKで再放送されていた。翌日、新聞で同氏が亡くなったのを知る。追悼番組であったのだ。76歳。東京生まれ。東大名誉教授。歴史学者。フランス中世の研究で知られる。
同氏は、南フランスに中世の名残を残す城や町並みを歩いていく。30歳を過ぎて留学した地でもあり、懐かしさと中世に思いを馳せる場面が続く。緯度は北海道と同じでありながら、気温はそんなに寒くない。しかし、時折吹く山おろしの風は乾燥していて突き刺すように痛い。そして、日差しも違うという。空は青く、対象物の色がくっきりと分かれている。肌を突き刺すような光の矢を感じる。これはアメリカの西海岸でもそうなのだが、湿度が無いことは物がとてもきれいに見える。しかし、湿気がないから肌を傷める。印象派のセザンヌが愛した白い山が映ったが、太陽の光の矢を浴びて輪郭がキラキラ光っていた。いつかは行ってみたいなあ。

旅の途中、ある田舎町のレストランに立ち寄る。そこにフランスを代表するシェフがいるというのだ。シェフは最近、自分の著書が日本語に訳された、と言って自慢していた。日本では考えられないことだ。しかし、これがフランスなのだという。フランス人にとって、料理に対する尊厳の気持ちは、芸術の域にまで達しているということだ。最高の場所で作りたいからそこにいるのであって、食べたいのなら来ればよい。来るだけの価値がある。それがわからないのなら来なくて良い、都会で似たようなものを食べていれば良いというわけだ。

大分には湧き水が出ることで有名な場所がいっぱいある。湯布院、庄内、竹田、宇目・・・。しかし、そこに有名な料理人が店を出していると聞いたことはない。本当に美味しいものを食べたいのだったらそういう場所に食事処ができるはずなのに。日本の食文化はまだまだ低いと言わざるを得ない。ただし、湯布院は、可能性を感じる。まだまだなのだが。
[PR]
by worsyu | 2006-10-24 13:46 | ひまネタ | Comments(0)

負け組の歌

9月23日、吉田拓郎とかぐや姫がつま恋でコンサートを開いた。1975年以来31年ぶりということになる。NHKでその模様を拓郎中心にやっていた。最後の曲は「今日まで、そして明日から」。この曲には思い出がある。初めて聞いて心に残った曲だからだ。NHK広島放送局は、当時まだ無名だった新人の拓郎を紹介するドキュメント番組を制作した。そのタイトルが、この「今日まで、そして明日から」だったはず。そして再びNHKは同名タイトルで吉田拓郎を描いた。
この曲は拓郎が24歳の時に作った曲である。最初に断っておくが、私は拓郎のファンでも何でもない。どちらかというと嫌いな方だ。しかし、この曲だけは好きで頭から離れない。インパクトが強烈だったからだろう。今聞くと人生半ばにしてこれから第2の人生を迎えようとしてるおじさん、おばさんに贈るエールのようにも聞えるが、実際はそうではない。
1974年あたりの時代といえば、石油ショックによる狂乱物価と田中角栄総理の逮捕に代表されるように、政治、経済の混乱期だ。高度経済成長を終え、この後に続く未来図が描けない混沌とした世に、厭世観が若者に蔓延し、このような曲が生まれたわけだ。それは、暗い世相を現した裏の面にしか過ぎない。当時の若者特有の甘えの歌、「負け組」の歌だ。でも、それは「勝ち組」になる人間も感情的に共有できた不思議な時代。フォークブームが起きたのは、そんな時代の過渡期に湧き上がってきた不思議なモニュメント。日本人が感情を共有できた最後の時代だったのかも知れない。
今、笑って歌える「負け組」の歌はない。
[PR]
by worsyu | 2006-10-24 02:00 | ひまネタ | Comments(0)

50点越え

滝川二高の金崎の仮契約が決まった。ゴールデンルーキーに近いかな?C大阪、磐田などの他球団との競り合いに勝って交渉が成立した。決め手は、若手育成に実績があること。シャムスカ監督の指導が受けられること?。温泉が好きなこと。サッカーに集中できる環境であること。など・・・・。
なるほど。温泉なんて当たり前だと思っている人が多い大分県人にとって、この理由は驚き。しかし、これは大いにアピールできる点だね。行きたくっても行けない人も多いしね。練習が終わって、「さあ温泉でも行こうか」なんていうところないよね。車飛ばせば40分で別府まで行けるしね。大分市内なら10分で行ける。たとえば、さいたまなんかにいたら、いくら金があっても毎日温泉なんか行けないよね。せいぜい人工温泉に1時間以上かけて行くぐらいで却ってストレス溜まっちゃうよね。
また、サッカーに集中できるのは確かで、くだらないマスゴミに追い回されることはない。逆に仲良し関係が築けるよ。サポもプレッシャーを掛けることはしないしネ。実力をつけていくことが重要なこと。試合に出ることも早いだろうし。金は後から付いてくる。若手育成には大分はいいと思うよ。
そこから優勝争いができるチームへステップアップするために、今年、勝ち点50点越えをして欲しいなあ。
[PR]
by worsyu | 2006-10-23 15:01 | サッカー | Comments(0)

引き分け

引き分けが続く。下位チームに負けはしなかったが引き分けで終わっていることは、上位に食い込む芽を自ら摘んでいると言われても仕方が無い。この取りこぼしがある以上、4位以内は難しい。浦和が福岡に2-1で勝ったのと大きく異なる。先制点が欲しい。入り方が守備的過ぎるのではないか?控え選手の力からしてシフトアップはできないところか。
ここは思い切ってラファエルと高松の2トップで行っても面白いのではないか?ポジションチェンジで高橋や梅崎が出てくれば裏のスペースにも放り込めるし。松橋を途中から使うと足が球になじむのに時間が足りないかもしれないが、一度ツインタワーを見てみたい。

レッズも引き分けたね。川崎は前半20分まではダメだったが、それ以降は押していたね。レッズもワシントン他上手いなあと感心する場面が多かった。しかし、まあ、ジュニーニョが鈴木に引っ張られた場面はPKだろう。思いっきり背後からユニを引っ張られ、空振りした。普通に考えれば空振りしたくらいで肩から落ちるか?というか、見えないから仕方ないのか。第4の審判がVTR見ながらジャッジを下すように出来ないのか。ローカルルールでもいいから実施できないものかなあ。ゴール前は特に密集の中でのプレイがわからない。それもサッカーなのか。大分だったら大騒動になっていただろう。勝てばよいのか、勝たずとも負けなければ何やってもいいのか。審判抱き込んでいるとは思いたくないが、これじゃあ相手は勝てないわ。というか、審判の心が弱すぎて最後の審判ができていないのではないか?
やっぱり今年はレッズの優勝で決まりだな。
つまんねえの。
[PR]
by worsyu | 2006-10-22 10:55 | サッカー | Comments(0)