<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小田の歌声

あまり好きじゃなかった小田和正の「クリスマスの夜2006」をたまたま見た。途中から。
ハイトーンの声がよく延びる。1947年生まれの59歳。来年は還暦。東北大学建築科から早稲田の大学院へ。学生時代、ヤマハのコンテストで2位になってしまい、辞めるきっかけを失ってしまう。1位は確か「赤い鳥」だったかな?
途中、ゲストが現れる。まず、斉藤哲夫。その風貌の変化に驚き。歌は多少うまくなったんじゃないか?宮崎美子のCMからもう20年も経っちゃったんだね。
そして、スキマスイッチ。3人でオリジナルの曲を作る模様をVTRで会場に流していた。ナレーションと字幕に思わず笑ってしまう。そして演奏。見事な高音のハーモニー。スキマも上手い。
改めて今回、小田のすばらしさを実感した。

ところで、トリニータ選手入場の時にアレオ・トリニータをみんなで歌うのだが、私はハモるようにしている。というか、音階をあわせにくいだけなのだが。面倒くさいだけ。絶対多数対個なのでハモれていないが、同じ考えの人が増えればそのうちいつか「ハモれるサポーター」になれるのでは?というかすかな期待がある。もし、万が一そうなったら、俺が言いだしっぺってこと?名誉だね。
自分の歌いやすい音階で歌うほうが楽しいし、音の厚みも出る。老若男女が集まって歌っているので、バラバラでいいじゃないか。揃っていないほうが美しくなることもあるんだよ。妙な統一感と盛り上がりが出るはず、なんだけどなあ。
[PR]
by worsyu | 2006-12-29 15:04 | ひまネタ | Comments(0)

青島だあ

青島幸男が死んだ。青島と言っても湾岸署の刑事の方が知られているだろうが、作者は青島幸男をイメージして作っている。
青島と石原慎太郎は、昔からよく比較されていた。二人は同い年。1932年生まれだ。テレビ、映画を席巻した後、政界に進出し、やがて都知事を経験する。直木賞作家というのも同じ。ただ、文才は石原の方が上か。都知事は青島が先にやり、作家デビュー(直木賞)は石原が先だった。青島は世界都市博開催をつぶしたことで有名となる。
この二人は、ベビーブームの世代(-団塊の世代)が青春を謳歌する頃に若者文化をリードしたという点で昭和の高度経済成長期のシンボル的存在だ。周りが持ち上げたというのもあるが。
そのうち、フジあたりが一代記を作るだろうか。日本橋の弁当屋の息子が成り上がっていく様はまさに平和な昭和そのものだ。彼の言葉には、どこか東京の下町-江戸の長屋風情を思わせるところがある。人が良くて、気風(きっぷ)がいい。曲がったことが嫌いで筋を通すとなったら意固地になる。それでいてやっていることはでたらめで、傍から見ていると面白い。でもどこか憎めない。
石原はその点違う。父親はそもそも愛媛の出。母親は広島の宮島。造船会社の重役の息子として神戸で生まれ父親は小樽に転勤、そして逗子へ再転勤。彼の言葉には、どこかキザなところがある。銀座の商人たちが使う言葉だ。それは、商売に成功した連中が一等地に進出してくるから気取りがある。明治後期以降、そうした鼻持ちならない連中が使っていたのが銀座弁なのだ。今で言えば六本木ヒルズ族みたいなもの。石原が意識しているかどうかは知らないが、それが庶民エリートとしての演出なのかも知れない。愛媛の成り上がりサラリーマンの息子なのだが、都民に受けるのはそのせいなのかも?(青島よりも上だと見せているのかも知れない。低レベルだが。都民が?石原が?)
「青島だあ~」がなぜ面白いのか。それは、1960年代を知っている人間しかわからないだろう。そして、このギャグは彼の死で永遠に封印された。
[PR]
by worsyu | 2006-12-28 13:53 | ひまネタ | Comments(0)

つつましく生きる

須藤元気の言葉がすごく良くて、彼のパーソナリティーもすごく好きになった。前から好きなほうだったが、女から見たらとんでもないバカか、すごくかわいく思えるだろう。同姓から見ても、格好良くて、頭が切れる。それに気の利いたことを言う。
本を出しているだけあって、エッセイは楽しい。文章もうまい。
彼の持論は、「世界は自分の鏡」。より楽しく、楽に生きたいのなら、まず、人の悪口を言わないこと。そうすれば、周りから自分への悪口がなくなるし、見えないところでも言われなくなるから、気分は楽になる。勿論、噂話を信じない。陰口をしない。この3つを守れたら幸福になれる、と。
単純すぎるけど、こういうのに今の世の中は飢えているのかもしれない。
しかし、これって、2チャンネル文化を捨てよということなのだ。できねえ。
凡人にはとてもできないよね。せいぜい純な人で取り残されていると感じている人にとっては恵みの言葉なのかもしれないが。
人の悪口を言わずに済むところなら田舎に行けばいい。都会では、大なり小なり派閥、徒党を組んで相手をおとしめようとする。生きていくために、正論をかざす。

藤原紀香と陣内の記者会見を見ながら、微笑ましく思えるのは、やっぱり、関西人の開けっぴろげな演出に共感するからだろうか。うそがないように聞こえる。方言ってすごいと思う。
ちなみに、どうでもいいことだが、私と奥さんも同郷で彼女は学年がひとつ下である。美人だと思う。
[PR]
by worsyu | 2006-12-27 17:42 | ひまネタ | Comments(0)

夢を見る力

テレ朝の「北の零年」を見た。何の知識もないまま、あまり期待していなかったが、結構面白かった。感想は、悪くない。結構、丁寧に作っている。好感が持てる。吉永小百合は御年61歳(1945年生まれだから)。無理があるかとも思えたが、最後の方は、吉永で良かったのかも、と思えてきた。他にできる奴がいるのか。渡辺の相手ができる奴がいるのか。
後で原作は船山馨と知る。NHK金曜時代劇で2001年に放送された「お登勢」がベースになっているようだ。しかも、監督は行定勲。「世界の中心で愛をさけぶ」で一躍有名に。彼の映像に対する感性に、日本人的な繊細さ、美しさを感じる。音楽は大島ミチル。これじゃあ、変なものはできない。どんなに役者が大根でもそれなりのものはできるわ。

明治維新後、淡路から北海道の未開の大地へ移住させられた人々の話だ。これには淡路の特殊な事情がベースにある。徳島藩と洲本との間には蜂須賀家と稲田家との特殊な関係があり、2重権力構造がその元となる。隠然たる反目がお互いにあったらしい。
新政府はこれまでの武士を士族と卒族(足軽と同等の身分)に分ける。それが元で分藩運動が起き、「庚午事変(こうごじへん)」と呼ばれる騒動が起きてしまう。徳島藩の首謀者らには厳刑が処せられたが、ほとんど無抵抗だったとされる稲田家の人々も、北海道への移住を命ぜられる。
厳しい北の自然、そして、信用していた人間の裏切り等、何度も打ちひしがれながらも、彼らは、開拓者精神で乗り越えていく。

脚本家の那須真知子が書き、言いたかったこと。
愛する夫も馬も去った後、耕地に立ち、吉永がつぶやく。
「夢を見る力があるかぎり、すべて失ってもきっと何かが起きる、きっと何かができる」
開拓者精神-フロンティア-風とともに去りぬ-か?
この言葉で生きていける人はすごいし、実際に生きている人はすばらしい。

翻ってトリニータサポもそうではないか。周りから見れば笑われることかもしれない。しかし、夢がある。見る力もある。あきらめない限り何かが起きる。私たちの力でも何かができるはずだ。われわれはフロンティアなのだから。誇りを持って進もう。
[PR]
by worsyu | 2006-12-25 13:32 | ひまネタ | Comments(0)

油の話

つまらない話で申し訳ないが、ちょっと、石油の話でもしようかと・・・。

資産運用の手段として、株をやる人も最近多くなってきましたが、それと似たようなやつで、商品先物取引というやつがある。これは、海外で大量に取引される商品には、天候や作柄の出来・不出来、流通段階での価格変動や政治的な動きなどで思わぬ損失が生まれる場合があります。それをリスクヘッジで干渉し、価格変動(プライスリスク)を管理する方法として、この取引があるのですが・・・

まず、石油といっても、原油、灯油、ガソリンと3つの段階があります。値段は、季節変動性や、政治状況(特に中東情勢)、事故やテロなどに左右されることが多いです。しかし、ヘッジファンドと呼ばれる大量に仕掛ける企業が存在し、値段を吊り上げたり、落としたりすることが多いのです。ここに、計算によって比率を求め、波動を見極める手法が有効とされる面があるのです。

今年の石油の値段は1月のOPEC総会で追加増産を見送ったことで、実質減産と市場からみられたこと、また、イランがアメリカに対して敵対的行動をとったことなどから中東情勢が不安定になり、大幅に高騰しました。その後、落ち着いたと思われた6月を過ぎ、7月に入ると、今度はイスラエルがヒズボラに対する空爆を始めました。これでまた上がります。しかし、8月の停戦と同時に石油の値段は下がり始めます。9月、10月と大幅に下がっていきました。現在、ガソリンの値段が一頃に比べ落ち着いているのはそのせいです。しかし、11月に入ると再び上がり始めました。先週、OPEC総会が開かれましたが、先月に決めた減産に続き、追加減産を決めました。これは、原産国が市場の値段が安すぎるから供給量を削減して値段を吊り上げようと思ったからです。しかし、各国の思惑が交錯する中、足並みが本当にそろうのかどうかがまだ未知数な面があります。しかし、当面の方向としては、65ドル以上を目指しそうです。したがって、日本では、来月のガソリンの値段は今月以上になることは確かだと思います。(ついでに言うと、北朝鮮で核実験とかありましたが、全く値段に反映されませんでした。つまり、世界市場(アメリカ)にとっては、どうでもいいことなのです。)

ちなみに、ボストンレッドソックスの筆頭オーナーは、投資ファンドのジョン・ヘンリー氏です(トレンドフォロワー主義として有名)。大富豪ですし、計算高い人ですから、今回の120億円の松坂買いも十分採算が取れる値段で落ちついたとみるべきですよ。
ついでに、アメリカでは3文字以内で愛称を言いますから、「マツザカ」は言いにくいですね。「マッズ」かな?「マツイ」とかぶるなあ。ここは、「ダイズ-K」かな?
ここのファンは激しいですから、成績が悪いとものすごいブーイングをされます。どこかのサポと似ていますね。レッズみたい。
それから、NYに対する恨みにも似た敵愾心はものすごいですね。松坂が例えた「阪神-巨人」なんか問題外。
[PR]
by worsyu | 2006-12-19 14:14 | ひまネタ | Comments(0)

浦和優勝の陰に

今年のJリーグは浦和の優勝となったわけだが、MVPは、やっぱり田中・マルクス・トゥーリオだと思うよ。
そして、ギドの情熱と冷静な判断力も欠かせない。山岸の貢献度も高い。アレックスは質の高いプレイを見せてくれた。
しかし、後ひとつ言わせてもらえるならば、俺の一言が効いたかも・・・?

つまり、「小野を外せ」と指摘してしまったこと。
大分戦後の論評で、「小野を外すことでチームが機能するはずだ」と核心を言ってしまったのだ。それを聞いたサポや関係者がいたのかもしれない。そんなわけないとは思うけど、「塩を与えたかも」とその時、後悔した。(すいません、これは冗談半分ですので)というか、誰が見ても外すべきだと思ったはず。
実際、大分戦後、控えに廻っている。最終戦までの13試合中、先発は2試合、控えが9試合、ベンチの外が2試合となっている。このあたりは、ギドの冷静さに唸ってしまう。勝ちを優先させる戦い方をし始めた。そして、最後は手堅く進めるようになり、優勝したわけだ。
さて、それではこのチームの次のステップとは何か?千葉の阿部を狙っているようだが、これは手堅い。日本人ボランチ-しかも、現状では最強の守備的で献身的な選手である。阿部が入ればこれまで不安定だった中盤の守備力が増し、しかも、FKでの得点力も増す。小野、山田、鈴木、長谷部、ついでに坪井までの選手をフォローして余りあるマルチぶりも持っている。今年の強さの中でもいくつかの取りこぼしがあったわけで、その弱点である守備のムラがなくなるのである。いくら金や選手を積み上げても欲しい選手であろう。もちろん、大分も欲しいが、大分は育成型チームだし、今のところ、ブラジル人ボランチがいるので、そこを分厚くする必要はない。でも、金があれば欲しいよね、絶対。

というわけで、今年後半の浦和の戦い方を評価したいと思う。小野信者にとっては不愉快だったらしく、私への批判も多く寄せられたが、今回の優勝でその批判もなくなることだろう。納得するしか無いよね。ね。
[PR]
by worsyu | 2006-12-12 15:23 | サッカー | Comments(0)

食文化のブランド化

日本政府は、海外で日本料理を騙って偽日本料理店を出している人々に対し、正しい日本文化を損なう恐れがあるとして、和食の認証制度を導入することを決めたらしい。
これを受けて、アメリカのワシントンポストは「民族主義の復活」という表現を用いて批判している。「食は文化である」と思う意識はヨーロッパ人と比べて低いのだろう。ご存知のようにワシントンポストは保守性の強い新聞である。そのWPが叩くのも珍しい。裏には何かあるのかも知れない。ただ、需要と供給が合えばそれで良いと考えるのもアメリカらしい。わざわざ政府がしゃしゃり出て規制する動きを嫌うのだろうか。

東京や大阪で、「大分」を騙る店を出しているのも結構多い。聞いてみると、「いやあ、全然関係ないんだけど・・・」とがっかりしたことが昔、あった。大分ブランド作戦は、80年代からすでに始まっている。地方の高級料理で、割と手頃な値段で楽しめる。しかも良心的な雰囲気、なのだろうか。これに便乗しない手は無い。片言の九州弁を弄して大分風を吹かす輩がいる。これは喜ぶべきことなのか?それとも、目くじらを立てて批判するべきか。客が満足すればそれでいいじゃないか?客のクオリティー次第。

東京にある高級大分料理店を以下に紹介しておく。もちろん、本物であることは保証するが、費用対効果の方は補償できないことは最初に断っておく。



「坐来 大分」(銀座2-2-2)
http://www.zarai.jp/index.html
「大分春日亭」(有楽町1-7-1)
http://www.kasugatei.com/
「竹の子」(日本橋3-2-16)
http://www.takenoko.to/
「良の家」(銀座8-7-9)
http://www.yosinoya.co.jp/


「銀座 八鹿」(銀座8-8-7)
7000円~
「お晩菜 くにさき」(赤坂3-12-10)
家庭料理 5000円~
「いざかや 天海」(八重洲1-6-17)
5000円~
「大分郷土料理 とど」(新宿5-17-14)
5000円位~
「季節料理 みうら」(赤坂2-10-16)
5000円~
「居酒屋 国東」(西池袋3-29-4)
3500円~
「とんかつ厨房 洞門」(内神田1-18-13)
2500円~
[PR]
by worsyu | 2006-12-12 12:34 | ひまネタ | Comments(0)

弱ぇ~気持ちが~

多くのトリサポ同様、U-21の対北朝鮮戦は、途中で眠ってしまいました。前半、ゴールエリア前でFKを献上。
「ありゃあ、やっちゃったよ」
この位置は上手い奴なら絶対入れる位置だと思った。案の定、入れられた。おまけに松井はかすりもしない。おそらく、蹴る瞬間を見ていない。壁の位置を修正して見えるようにしないと反応が遅れる。この先制点は大きかった。
一番悪いのは、DFのファウル。体を入れられただけでファウルしていたら大変だ。安易。付いていってコースを消せば良かった。GKを信じてシュートを打たせれば助かったかもしれないのに。
その後、同点になったが、前半1-1のまま折り返し。その後の記憶が定かではない。後半の途中から眠ってしまった。気づいたときには2-1だった。
まあ、前にも書いたが、西川がいなきゃ勝てないチームだから、仕方ない。平山や松井や反町を批判してもしょうがない。初めっからわかっていたことだったから。このチームは、「西川のチームだ」っていうこと。西川が何とか守りきってリズムと流れを呼び寄せて勝つチーム。2点、3点と点を重ねて突き放す爆発力も圧倒的に相手を押し込む力強さもない。その要がいなけりゃ何も怖くないからだ。

神戸と福岡は、辛くも福岡が引き分けに持ち込んだみたい。神戸も決める力無いねえ。次の博多の森では、三浦淳宏が仕事してくれるだろう。福岡は0点に終わったことで、精神的にやや不利か。監督があんな感じなので、選手はよっぽど強い気持ちを持たないと押し切られてしまいそう。精神力の勝負になりそうだ。ここまでくるとカード次第といった展開も考えておくべきか。冷静に試合を進めることも大切になってくる。
福岡は前回、J2に転落した際は守りに執着しすぎて、自滅してしまった。今回も消極的な戦い方をしてしのげると思っているのだろうか。サッカーの神様はリスクを犯しても攻撃しようとするチームにこそ微笑んでくれるのだよ。それがわからなきゃ何度でも行ったり来たりのエレベーターだ。
U-21戦で、攻める心の意識の大切さを痛感した。
明日は吹っ切れた福岡を見てみたい。できるかな?
それにしてもガチンコはつらいねえ。
[PR]
by worsyu | 2006-12-08 14:21 | サッカー | Comments(0)

神戸VS福岡

福岡は神戸と入替戦である。まずアウエー神戸で第1戦。
リーグ戦を振り返ってみると、まず、福岡は30点取れば入替戦にいけるだろうと予想したが、27点で残った。これは執念というか運がある。勝ち点3が3試合程度欲しいと前に書いたが、実際、その通りになった。しかも、鹿島、磐田から勝ち点3を取っている。対する神戸は今回は柱である三浦淳宏が出場停止である。これは痛い。しかも、最近の試合では、横浜FC、柏と負けている。この上位2チームに負けたことが最終的に3位になった原因であろうか。
去年を思い出してみると、柏が落ちたのは、バレーの力によるところが大きい。今年の神戸にそういった選手が居るかというといない。J1から流れてきた連中の寄り合い所帯だ。
もし、神戸が福岡に勝つためには、キーパーの荻の力に頼るしかないだろう。J1のスピードになれる前に失点してしまうと挽回するのは難しい。なぜなら、福岡は守りに入ると堅いから。前半0-0で終わって得をするのは神戸の方だろう。福岡はそれでもいいと考えているのかも知れんが、それは間違いだ。前半で格下相手に0点ならば、攻撃の形が機能していないということになる。逆に神戸は、守りの確認をして、攻撃に集中していけば良い。福岡が勝つためにはぜひとも先取点が欲しい。

とにかく、神戸は化ける可能性のある朴に期待するしかないかも。それから、有村、小森田がもし出場したらがんばって欲しいね。

でも、なぜ福岡はTV中継しないのかね?というか、われわれも見たいのだ。こういう魂のこもった試合が見たい。他人事だから楽しめるというのもあるのだが・・・
U-21の北朝鮮戦よりも見たいね。
[PR]
by worsyu | 2006-12-06 18:18 | サッカー | Comments(0)

継続は力なり

最終戦である。
ホームで迎える。
ご苦労さま。そして、ありがとう。
サポのみんなもご苦労さまでした。
忙しい中、又、遠くから来てくれた人たちには、ただただ感謝。

継続は力です。
小さなことでも続ければやがて大きな結実となります。

浦和のような威圧感は無い、新潟のような量も無い、磐田や鹿島のような王者風吹かす気概も無いが、われわれには愛がある。
大分という名は、Jリーグでその存在感を次第に示しつつある。
さわやかで、スピード感があふれ、楽しくて、暖かくて、感動できる。
そんなチームであって欲しいし、支えるサポであり続けたい。

やがて、全国や世界に大分ファンができてくることを期待しようではないか。それは、今よりもっともっとうれしいことだよ。いっしょに作り上げよう。
[PR]
by worsyu | 2006-12-02 10:31 | サッカー | Comments(0)