<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ようこそ地獄へ2

日本最大で最強のアンチレッズサポのいる大分へようこそ。
本物のアウェイ体験をどうぞ堪能してください。もっとも、鹿島のように身に危険を感じることはありませんのでどうぞご安心を。みんな優しいし、親切だから。
日曜の夕方というマッチアップのため、試合後、ゆっくりする時間は無いかもしれませんが、試合前でも、時間があれば、大分市内に温泉浴場はいっぱいありますので、そちらでおくつろぎください。もちろん、翌日まで休みの取れている方は、ゆっくりと足を延ばして九重連山、そして、夢大つり橋見物をして帰るのも一興かと。

さて、シャムスカ監督にとって、相手がチャンピオンチームだろうが、最下位チームだろうかは関係ない。勝ち点3を取りに最大限の努力をするだろう。我々も最大限の応援でチームを後押ししたい。

20%の勝率は低いかもしれないが、0ではない。あきらめるのは簡単だがそれは今ではない。チャレンジする気持ちがあるのなら20%あれば十分だ。闘う気持ちを忘れず、老若男女の勝ちたいという想いをぶつければ、また、道は開かれるだろう。

中盤へのプレスを速く、強くしてリズムをつけさせない。と同時に相手を疲れさせることで次第に中盤にスペースが生まれる。そのためには効果的な球廻しが必要。ワシントン対策-浦和対策としては、やはり、最終ラインを上げて彼が走る距離を長くさせる。そのことで、サイド攻撃に偏るからワシントンにマンマークをつけさせる必要はない。ポイントさえ抑えれば怖くない。彼のためにお膳立てしてくれるMFを押さえることが重要。それは去年戦ってわかっているはず。ワシントンを無視することが重要だ。+αの阿部対策だけは重要なので、ケアすべき。
それから、レフェリーは闘リヲの反則をちゃんと取って欲しい。浦和のDFの堅さは、密集での反則ぎりぎりのプレイで凌いでいることが多い。Jリーグでは通用しても海外では通用しなかったようだが・・・それを促すためにも高松は頭を使ったプレイが奏効するかもしれない。もちろん我々の応援も必要だ。

浦和血祭り前日
[PR]
by worsyu | 2007-03-31 11:50 | サッカー | Comments(0)

いい歌だよね

シドニーでは歌ったそうだが、大分では歌うのだろうか。鹿島で歌っていたのは見たけど。
地の果て大分で歌うべきでしょう。去年は歌わなかったみたいだけど・・・・
いっしょに口ずさみたいね。
ロッド・スチュワートのセイリング-シドニーの観客同様、大分の人たちも拍手するだろう。
よかったら覚えてみて・・・去年、ここを見ていた人は覚えているかな?


♪上は大分(だいぶん)
  上は大分(だいぶん)
  家はあばら家 ボーイ淫乱(いんらん)
  上すさんだビルサイドで  掘ればおるで
  イエス レッドダイヤモンド 
  ユーアーザベスト

♪上は大分(だいぶん)
  上は大分(だいぶん)
  怒ると下衆(げす) 犯人半
  俺いる金浦(きんぽ) しんけん豪遊(ごうゆう)
  イエス レッドダイヤモンド 
  ユーアーザベスト



浦和戦まで2日
[PR]
by worsyu | 2007-03-30 10:44 | サッカー | Comments(0)

Urawa funs in sydney

日本のサカマスゴミは、浦和に脅かされているのかどうか知らないが、「浦和サポがシドニーを感動の渦に・・・」なんて言っている。実際は、彼らの組織化(オーガナイズ)された応援に驚いた-というのが本当のところだ。「彼らのようなサポーター(最後まで諦めない)の存在がチームに0-2から2-2に追いつくタフさをもたらしている」と言っている。「我々も勉強する部分」が多いと。日本のサカマスゴミとは違ってAリーグをよりよいものに育てたいという意識の高さを感じさせられる。日本のマスゴミも浦和サポも、彼らが数年前までクラブ間抗争で暴力行為に明け暮れて、その反省の上から今のリーグになったということすら知らないだろう。
その記事に貼られているurawa funsの写真は、我々日本人から見てもみっとも良いものではない。どちらかというとキモイ。ああはなりたくないなあと思わせるものだ。
オシム爺さんに「大分は日本ではないのですか?」とサカマスゴミはからかわれていたが、所詮その程度なんだから。レベルが低い。
その「日本ではない大分」にそろそろ浦和サポが来ているみたいだ。おそらく、赤いレプユニを着た浦和サポと思しき人たちを見つけたら多くの大分県民は指を指して笑ってしまうと思うが。あまり刺激させない方がいい。特に集団で移動している塊を見かけたら逃げたほうがいいだろう。
あの赤と黒の配色は、悪名高きナチスを連想させる。私の耳には「ウラワレッズ」が「ハイルヒットラー」の連呼にダブる。正直言って気持ち悪い。本人たちは気づいていないかもしれないが赤い色を身につけると色の効用で興奮状態になる。しかも黒色が入ることで威圧感が出る。周りに不快感を与える場合がある。だから危険なのだ。

浦和戦まで3日



b0019549_1413218.jpg








[PR]
by worsyu | 2007-03-29 13:51 | サッカー | Comments(2)

小野スンジのファン

実を言うと、娘が小野スンジのファンで、浦和が来るということでいっしょに見に行くということになった。
お前なんか向こうに行ってろ!!
俺たち(夫婦)は小野に対して猛烈にブーイングしてやるぞ!!
彼女は本当は向こうに行きたいけどがまんするとのこと。
まあ、去年も居たっけかな?あまり印象にないが・・・

そもそも、彼女が小野スンジにはまったのは、『六月の勝利の歌を忘れない/日本代表、真実の30日間ドキュメント』岩井俊二監督を見せたあたりからだった。それ以来、小野がTVに出てくると「格好いい」といい、NOBODYKNOWS+の小野似のボーカルを冷やかすと、「似ていない」と否定する。どうして、こんな不良娘が出来てしまったのか。勉強もそこそこ出来るし、顔も夏川純似?ノリカ似?だというのに・・・。礼儀正しいし、年寄りにも優しいし。気立てのいい子なんだけどねえ。おしい。
お前は騙されている・・・

というわけで、小野に大ブーイングしている脇でニコニコしている娘がいたら、それがわてらです・・・・ってどうでもいいことですけど・・・・

浦和戦まで4日
[PR]
by worsyu | 2007-03-28 14:46 | サッカー | Comments(0)

40%+α

今回の浦和戦は、トリサポから怒られそうだが、勝率はやはり40%あたりだと思う。それは、やはりU-22で西川が取られたことが大きい。それに、中盤も2プラトンで急場しのぎの体制。セルジの調子も上がらない。アウグストとの連携もまだまだ不安。個人技に頼って孤立しないか心配だ。みんな、TK戦で勘違いしているとしたら怖い。

浦和側も坪井が肉離れで離脱。相馬、ネネ、平川も故障中である。しかし、選手層の厚さはJリーグ1。特に守備と中盤においては殆どレベルダウンはしない陣容である。つまり負けにくいチームなのだ。
そんな浦和から得点するのは至難の業であろうか。先取点を取られると巻き返すのは難しいと思われる。逆に先取点を取らないと試合の流れを引き寄せるのは難しいだろう。押し込むことができないと思われる中、松橋や高橋の裏への仕掛けでスペースを空け、そこに飛び込む動きをしていくことになるだろうか。逆に押し込まれても守備の意識をしっかり持っていれば、いつかはチャンスが巡ってくる。
今回の戦いはシーズン序盤とあって、お互いにまだチームとしてしっくりといっていない。新加入の選手らもまだなじんだとはいえない。浦和では阿部、大分では宮沢。特に阿部はそろそろ自己アピールの場を求めているであろうから要注意だ。
そういうことで、大分側の強力な応援なくしては負けてしまうであろう試合と言っていいだろう。でも、勝率が40%ならばまだましだ。去年は確か20%もあったかなあ。それでも、チーム力を信じていたし、状況が違う。トリサポの強い気持ちと想いを選手たちに届けることができれば、10%くらいは上がるだろう。期待したい。
私個人としては、今のうちに白旗を揚げて試合を楽しみたい。たとえ負けたにしても大分の方向性を確かめたい。せめて応援で楽しみたいね。
あっ、言い忘れたけど私の今年の目標は浦和よりも上に行くことです!!

浦和戦まで5日
[PR]
by worsyu | 2007-03-27 12:27 | サッカー | Comments(1)

赤船来襲?

味スタ1万1千人の中でトリニータオーレがTVから聞こえたようで、良かったですね。アウェイでこのトリニータオーレが歌えるのはすごいですね。試合後、TKサポらはブーイングを選手たちに浴びせたようで・・・

代表戦は、俊輔のFK-特に1点目は素晴らしかったですね。ガチャピンの俺が決めてやるキックではなく、ググッとブレーキが掛かった落ちてくる球を蹴っていましたね。ああいう球蹴りたいなあ~。
巻もヘッドは強いねえ。身体の入れ方もゴリイ。私なら後半からパワープレイで使いたい選手だね。高原はFWとしての基本的な能力がすべての面で高いねえ。まあ、それでも物足りない部分はあるけど。上手いわ。

ところで、「赤船」がやって来るらしい。去年は、勝ったし、最高のゲームだったわけだが、あの時、浦和サポのあの声出しに威圧され、劣等感を持った方々が少なくなくいるらしい。「今回は負けたくない」という危機意識があるらしい。まあ、危機意識は人間を行動的にさせるけどね。
しかし、歌を歌っている最中にあの大声をやられたら旋律が崩れてしまうし、リズムも合わなくなる。そこで張り合おうとしたって無理だと思うけど。それよりも歌に専念すれば彼らの声出しがただの雑音に聞こえるはずだ。どちらが美しいかは初めからわかっていることなのだが。

ロッテの応援を見てすごいなあと思う人は、また違った考え方をするだろう。阪神の応援でもなく、福岡の応援でもない。どこに魅力があるのかみんな考えた方がいい。
多くのプロ野球の他チーム応援が、笛や太鼓、トランペット、メガホンなどの鳴り物に頼っているのとは違い、声を出すために皆起立し、メガホンを使う代わりに手拍子をしたり指で天を指差したりしながら応援する。 ある意味サッカーの応援形式とよく似ている。ただ、何事もやりすぎは嫌われ、厭きられる運命にあるのも事実で、応援の形は応援する側とそれを取り巻くファン、そして、部外者の目も考えながら育て上げていかなければ、やがては廃れてしまう。付け焼刃的な対処法では方向性を誤ることもありうる。
浦和にしても、今までいろんな掟破りの手で相手を威嚇していたのに、今頃になって品格を重視しようとしている。慣れないことをやり出すとおかしくなっていく。満たされない思いはやがて内部に向かうだろう。
我々は元から品格重視なので、敢えて下劣なまねをする必要はないと思うが。

佛狼機(フランキ)-「国崩し」は必要ない。
[PR]
by worsyu | 2007-03-26 14:20 | サッカー | Comments(0)

盛り上がらないキリン

今晩は日本代表対ペルーの親善試合があるそうで、高原、俊輔と、オシム監督になって海外組が初めて召集された。彼らのパフォーマンス見たさに果たして何人集まるだろうか?でも、あまり盛り上がらないと思う。サッカーバブルはもう終わっているからだ。
代表戦を最後に見たのは、2003年11月19日(水)のカメルーンとの親善試合だった。あの時は中田人気もあり、その他の2002年の日韓W杯で生まれたサッカーアイドルもビッグアイに集まった。2006年にサッカーバブルが弾ける3年前だった。会場の熱気はものすごかった。全国から代表フリークたちが九州大分に集結していた。代表のレプユニに包まれ、首には代表タオル他代表グッズに身を固めたサッカーバブルっ娘たちがわんさかいた。誇らしげで、まぶしかった。
まず、GKは楢崎。DFは、坪井、宮本、アレックス、山田(懐かしい)。MFは小野、稲本、藤田、中田。すごい!!そしてFWは高原と柳沢だ!!みんなアイドルしてるねえ~。
選手名が呼ばれるたびに歓声が上がった。もちろん、中田の時が最高だった。このメンバーで試合前に球回しをしていたが、上手い上手い。惚れ惚れしたね。みんな試合の結果なんてどうでもよかった。でも、やっぱり勝って欲しかった。価値を低めたくなかった。だからみんな弱いのはジーコのせいにした。
4年経って残ったのは坪井と高原。2人ともよく走るし、速い。ここら辺りにもオシムサッカーの考え方が現れている。

さて、今日の先発FWは誰だろうか。前日練習からは高原、巻が大方の予想である。2人ともよく走るしガツガツ行く。しかし、コンビとなると果たして機能するだろうか。少なくとも巻に自信をつけさせるには松橋の方がいいと思うが。まあ、松橋と高松のコンビが機能するのも高松が上手いからであって、巻では難しいか。
私が見たいのはDF陣がどこまで整備されてきたか。4バックで挑む形で中沢と闘リヲは中央を固めることができるか?だ。松橋は後半途中から使われる可能性が高い。勝っていたにせよ負けていたにせよ、中村や遠藤、鈴木らの裏へのフィードやスルーに応えられるスピードを持っているのは松橋しかいないからである。


浦和戦まで8日
[PR]
by worsyu | 2007-03-24 17:31 | サッカー | Comments(0)

代表FWを持つ幸せ

松橋が代表に選ばれましたね。ようやく、といった感じですね。トリサポの中ではすでに準候補であったので「遅い」という感じですね。彼のスピードは既に世界レベルだったし、最近の彼の成長ぶりには目を見張るものがあったし、当然だよね。特に心の成長が素晴らしい。

ナビスコはまあまあの戦い方でしたね。追加点が欲しかったですが、できませんでしたね。先制、中押し、だめ押し、という形がベストなんですけどね。点は入らなくても、流れをそういった形に持って行けていたかどうかが大切です。試合全般を通して押し込んでいたから、まあ、狙い通りに進んでいったのではないですか?2-0の試合でしたね。敢えて問題点を言うならば、山崎の動きに切れが無かったこと。小手川は無難にやっていたが、あと一押しの積極性が欲しい。藤田も無難にプレイしていた。マラニョンとの連携も問題なし。ただ、全体的に攻撃性が欠けていた。まあ、それでも、かなりチームとして落ち着いてきた感じがした。次のFC東京戦で今回以上に中盤が機能すれば、もっとパフォーマンスが見られるでしょう。

浦和は2-2の引き分け。私の予想は外れた?2-1で負けると思っていたのに。もしかしたら1-1で引き分けかもと言いましたが。まあ、それでも大体予想通りだったけど・・・PKも当たったし・・・

ナビスコを見る限り、トリサポはなかなかなものだ。浦和サポの声を過大に恐れている人もいるが、彼らはただの声出しをしているに過ぎない。大分の応援を妨害する大声を出しているに過ぎない。大分側はおそらく去年以上に声が出るだろうし、自信を持てた大分側からすると、シドニーサポが感じたように浦和は「ただのうるさい集団」に映るだろう。

今回、松橋が代表に選出されたことで、彼とサポが自信を持てたことは大きい(もちろん、代表=オシムのチームでしかないわけだが)。浦和の大声も笑って受ける余裕ができたし、我々は我々の応援をしていれば選手に必ず想いは届くと思う。決して負けていないよ。浦和のまねをする必要はない。
トリサポも誇りを失わず戦って欲しい。
[PR]
by worsyu | 2007-03-22 00:46 | サッカー | Comments(0)

2プラトン

大宮戦では、ボランチを前半と後半で入れ替えるという2プラトン形式で乗り切った。
今日のレモネードはいかがだったかな?・・・

さて、この形を今後続けるのであろうか。
今後のことはわからないが、現状のパフォーマンスを最大限引き出す方法として採られた策であろう。守備と攻撃のバランスを考えた結果。そして、中盤の安定をチーム活性化の最重要課題とした結果だろう。そして、結果を出した。
しかし、問題はある。まだまだだ。これでは浦和と戦えない。なぜなら、浦和のようなリーグを代表する質の高い選手を取り揃えたトップチームは、ミスを逃さない。そこから得点してくるからだ。
大宮のように中盤からプレスしてくるチームは先制しないと苦しい。大分は前半を終え、ギアチェンジをしてきた。そして先制点を奪った。大宮は動揺した。やがて、DFラインを上げ、前半の疲れが出てきたことでスペースが生まれたし、焦りから前掛かりになり始めた。
松橋のゴールは良かったね。あんなことできるようになったんだ、と驚き。あのタイミングで蹴られたらGKは反応できないね。たまたまか?
高松は貫禄だね。きっちり落ち着いて決めたね。
アウグストは結果2アシストだが、まだまだだ。決めた2人が見事だった。GKの荒谷にも問題あり。
シャムスカが言うように失点1の方が気になる。2点目、3点目とたたみ込んで得点できたこと、そして、FWが得点したことで流れが出来たことは評価していい。しかし、あそこで失点するようでは上位にいけない。ほんのちょっとした心の隙なのだろうが、マークが甘くなり、遅れた結果が失点につながった。
来るべき浦和戦、今回の2プラトン方式を使うにしてもさらに質を上げていかないと機能しないだろう。そのセレクションがナビスコで行われると思う。
浮かれている場合じゃない。

浦和戦まで13日
[PR]
by worsyu | 2007-03-19 11:30 | サッカー | Comments(0)

藤田の成長

藤田をボランチで使うようで。フム・・・
磐田戦での決勝点の印象が悪かったのか。中盤の寄せが甘いのでやられてしまったしね。藤田を抜擢するのもわかるような気がする。
藤田の印象は、よく走る。入ってきた頃は特に自分の特徴というか、千葉仕込の走りを見せたかったのか、果敢に攻撃参加していた。しかし、周りとは合わず、逆にプレイに雑さが見えたりもした。もっと、落ち着けばいいのに。
今回、藤田が起用されれば、彼は守備的に、相手の攻撃の芽を摘む役割を担う。彼の成長を見たい。

攻撃には緩急が必要だ。相手DFを上下に動かし、疲れさせることもスペースを作るためには必要となる。裏やサイドを攻めていくことでやがてほころびが現れる。松橋、高松、高橋らは、余裕を持って攻撃ができるように、余力を残しながら前半を戦って欲しい。アウグストも自分が自分がではなく、自らスペースに飛び込む動きをすることでより高い位置で攻撃が組み立てられる。そうすれば相手も少なくなり、個人技で抜くこともできるだろう。消えることも重要だ。

藤田を使う意味は、中盤の守備の重要性を再認識する意味がある。また、彼の攻撃的な気持ちがチームに勢いを促す意味も込められているのだろう。戦う気持ちが前面に出ている藤田は必ずやチームを活性化させてくれるだろう。藤田はおそらく何度かミスをするだろう。しかし、それを周りがカバーすることでチームのまとまりも生まれる。また、たとえ結果が良くても彼がそこに定着できるとは思えないが、長いシーズンを戦っていく上で、彼のためにも成功は大きな意味を持っているだろう。

きたるべき浦和戦に向けて。
16日
[PR]
by worsyu | 2007-03-16 15:03 | サッカー | Comments(0)