「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

test and patient(試練と忍耐)

開始早々の失点で、まず、この試合の勝敗は決してしまった。
集中力という言葉で片付けていいのか。
2点目もマグノにスピードで抜かれてそのまま電車道。誰か体を寄せて欲しい。
後半の失点では3点目。サイドを抜かれる。それは仕方ないとしても、中の播戸に寄せが甘い。
4点目は、マグノにノーマーク。左右に振られて、上げる球への寄せも甘い。
結果は4失点だが、そんなに悪いわけではない。ガチガチに守って負けたわけではないから。しかし、攻撃の形が見えてこない。
パスは相手に読まれている。1対1で勝負しないからパスコースを狙われる。勝負する人間だけをケアすればよい。(吉武氏に臨時コーチでもしてもらいたい。ドリブルの重要性。そして、パスすることの意味を再認識させて欲しい!)スペースへ走りこむ松橋が入った後半から、少しGも手を焼いたが、それも予測できる動きなのでケアできた。
G大阪は最初っからプレスを掛けて点を取りに行き、大勢を決めた上で、リスクを犯さず、相手がミスするタイミングを狙って得点を狙うという強者の戦い方ができた試合。草サッカー並み。
まず、守りから建て直さないと無理だろう。
サッカーは、ミスした方が負けなのだ。しっかり攻撃してしっかり守っていても、ミスが起きるとそこから失点につながる。攻撃も守備の一環(その逆も真なり)。相手のサイド奥深く攻め込んでいけば、そして、オフサイドを何度やってもいいから相手DFを後ろに走らせ、疲れさせた方がミスを起こしやすくなる。だからサイドを攻めろと言っているし、ラインの上下をやらせろ、と言っているのに。
中盤でタメができないから、前は動けない。アウグストの前線へのパスは安定性がない。時折魅せるプレイはあるが・・・
昨日の試合で、やはり梅崎待望論が出てきても仕方ないな、とも思った。もちろん、ボランチの不在は深刻なのだが、育成プラン上のムーや小手川は、まだまだプレイが軽い。繋がなければならないところで盗られる。梅崎がいれば、攻撃陣が機能しはじめ、ボランチが守備的でも戦えるようになるはず。(・・・鹿島病か・・・いかんいかん・・・)
ただ、現状では、攻撃的に行って負け続けるよりも、守備の確認をしながら、ミスをしない戦い方をしていく方が良い気がする。バランスを崩し、リスクを犯して攻撃するよりも、守備の中から攻撃の糸口を見つけ出し、流れを呼び込む。カウンターサッカーを追及していけばよいのではないか。前線で仕掛ければラインが引っ張られ、スペースが生まれる。そこから、また道は開けるはずだ。後ろにパスするのも時には必要だが、攻撃の流れの中でならいいのだが、消極的なバックパスは攻撃する心さえつぐんでしまう。
現状のメンバーでは4-4-2の方が機能しそうにも思えた。失点に関しては、自滅しただけで、修正はできると思う。ただ、得点することについてはまだ見えてこない部分がある。できることから始めよう。
[PR]
by worsyu | 2007-04-29 10:35 | サッカー | Comments(0)

Football'98

(Disc-1)
1.Copa De La VIda
2.To Be Number One
3.Superboy
4.The Fight!!
5.Maria
6.Hot Stuff - Arsenal F.C.
7.Hand In Hand
8.The Name Of The Game
9.To Brazil
10.Go West
11.Tubthumping
12.One Moment In Time
13.Stand Up
14.Do You Mind If I Play

(Disc-2)
1.Sing Up For The Champions!
2.The Cup Of Life
3.To France
4.Da Samba
5.We Are The Champions
6.Batucada #1
7.Samba De Janeiro
8.Parada de Tettas
9.Goal,Ole.Ole
10.Centrefold
11.Ole! Ole! We Are The Champs
12.Esta E La Vida
13.Salsa House
14.Tsubasa Wo Kudasai

これは、昔、香港で買ったCDなのだが、最近、再び聴くようになった。とても楽しい。この楽しさを分けてあげたい・・・・なあ・・・
当時、フランスW杯で、香港チャートではNO.1だった。
日本では売られていないかもしれない。
エイベックスアジアだから。


worsyu@aol.com
[PR]
by worsyu | 2007-04-25 01:19 | ひまネタ | Comments(0)

We Will Rock You

2003年。ウィルが2ndシーズンに帰ってきた。なかなか結果は出せなかったが、神戸戦でついに点を決めた。
彼はホームゴール裏側に駆け寄り、腕をたくし上げて何かアピールした。そこには青い字で「うぃる」と書かれていた、と思う。
刺青だったのだろうか?
今思うと、あれは、彼の大分への愛だったと思いたいし、戦う心を我々に呼び起こしてくれたようにも思える。
2003年は苦しいシーズンだった。昇格はしたものの、どこにも勝てない試合が続き、降格レースの真っ只中で、我々はサポートするとは、どういうことかを考え、また、当時、試行錯誤の中から、ラブトリニータしかないことを確認した。
今、我々の置かれている立場は、降格レースに巻き込まれた当時ほど悲観する必要はない。ただ、危機感は開幕当初からある。このままではいけない、という思いは、選手、監督、サポーターみんな持っているはずだ。


「We Will Rock You」
この意味は深い。Rockは、音楽のロックという意味と同時に心を揺り動かすという意味がある。つまり、今に見ていろ、そのうち、お前らをびっくりさせてやるぞ、という意味。
ちなみに、ボーカルのフレディー・マーキュリーは1991年にエイズで死んでしまった。彼はアフリカ生まれのイラン人だった。

刺青サイトを紹介したが、別に刺青を入れろと言っているわけではない。入れたいやつは勝手に入れればいいが。それは、東京あたりの連中にやれせておけ。粋だの、いなせだの言っているやつらにやらせておけばよい。
でも、格好いいよね。いろいろ見て回ったが、ここが一番クールだった。他の所はちょっとダサイ・・・
ファッションとして楽しめる範囲で私は好きなのだ。トライバルタトゥーデザインが。
[PR]
by worsyu | 2007-04-24 14:16 | ひまネタ | Comments(0)

トライバルで戦う

トライバルという言葉はご存知だろうか。あの小室氏が立ち上げ、一時、胸スポにもなった「トライバルキックス」を思い出す人も多いだろう。
その語源とは、「民族」から来ているらしい。
もともと東南アジアなどの南の島で伝わっているタトゥー(いれずみ)のこと。
それぞれの部族や集団を区別するために異なるデザインを持ち、個性を表現していたみたい。
デザインは悪霊を寄せつけない聖なる炎を表し、魔よけの力を持つとも言われているらしい。

最近思うのは、大分トリニータには、若者文化が無いということだ。大人の文化と子供の文化の中間にある文化とトリニータが結びついてない。
カウンターカルチャーという言葉がある。これは今から40年前に起きた若者文化を指している。団塊の世代と呼ばれる人たちに支持され、反体制的な文化を生み出した。そして、これが、ポップカルチャー、現在の若者文化へと繋がっていく。

私は、このトライバルデザインに最近はまっている。これこそ、捜し求めていたトリニータの青い炎だと思った。
心ある人は、共感する人は、このデザインを身につけて戦って欲しい。
腕や頬に書いてもいいし、シャツに書いてもいい。ペンダントにしてもいいし、小物につけてもいい。
関東中心のサッカーに対するカウンター、マスゴミに対するカウンター、特に浦和レッズに対するカウンター。

トライバルタトゥーで戦ってみてはどうだろうか・・・

小室氏の気まぐれな一粒の種から、もし芽が出て花を開いたら。

以下、参考にして、想像してみてください。

http://www.tattooseek.com/


ちなみに私が一番気に入ったデザインはこれですが。もちろん、ここからデザインを膨らませて行くわけですけど・・・ね。

b0019549_1816956.gif

[PR]
by worsyu | 2007-04-23 18:10 | サッカー | Comments(0)

F鞠(日産)の屈辱

皆さんご愁傷さまです。

たまにはこんな時もあるさ。試練だ。

しかし、まあ、F鞠相手に受けて試合しちゃあだめだよね。というか、どこに対しても挑戦者の意識を忘れちゃいかんよね。
ショック大きいよね。

F鞠はFWの2人が走り回る。田中隼も追い回す。早めのチェックが入る。大分は受けていたら何時まで経ってもリズムは生まれない。ズタズタにパスを切られて苦し紛れに最前線にフィード。それでもかわしながら球をつなげればいいが、また、そこを狙われた。もっと、サイドを使った方が良かったのでは?そのためにも、中で溜めができる人間がいないとね。

リズムができない。一週間何をしていたのだ?と言いたくもなる。

流れを変えることはできなかった。
大量失点につながったのは、この流れを止める努力を怠ったからだろう。誰が悪いということは敢えて言うまい。

今のスタイルだと、選手が成長するのを待つしかない。実力が上がれば、相手を押し込むことができるだろうが。

F鞠は中盤で組み立てて、FWがスピードがあるので、ラインを上げすぎると痛い目に逢う。その典型的な試合だった。

浦和はワシが鈍足なので、ラインを上げるのは正解なのだが、F鞠はその逆。三木は足が速いが深谷も上本もそれほど速いわけではない。おまけにラインが高いから、カウンターになると、ボランチは戻りきれない。先制、追加点を取られたことでますます前掛かりになってしまい、前線に大きなスペースができてしまった。

それにしても、もったいないことをした。

すべてをプラスに。相手によって戦術を変える工夫も必要か。その前に選手たちのパフォーマンスが発揮できるような環境と体制を早く作り上げて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2007-04-22 18:57 | サッカー | Comments(0)

銃社会と和の心

米バージニア工科大銃乱射事件の犯人は韓国出身のチョ・スンヒ容疑者(23)であったと発表された。それまではアジア系という表現が使われており、一事、中国、上海の留学生という報道に、中国のネットは大騒ぎになったらしい。中国ネチズンの反応は、逆恨みというか、アメリカを非難したそうだ。そして、韓国とわかると、「やっぱりね」と胸をなでおろしたそうだ。
一方、韓国ネチズンたちは大変。これで韓国に対する信用がなくなった、とか、在米韓国人街の人たちは報復を恐れて外に出られないとか、過剰反応をしている。失望感が漂う。おそらく、国を挙げて全力で彼が韓国人としては特殊な人間であったことをあげつらって、大多数の韓国人はいい人たちだ、というキャンペーンを張るのだろうか。朝、鏡に映った顔に驚き、化粧をするみたいに。

我々日本人にしても、戦々恐々と犯人の発表を待っていたわけで、他人事ではない。しかし、彼らと違う点は、やはり、アメリカ人とは友達であるということだ。太平洋戦争後、アメリカの占領政策を受け入れ、しかも民主化、自由化を進んで受け入れた。感謝すらして、文化的な憧れを持って、今では友人としてお互い認め合う関係になったと言えるのではないか。それは、日本人が群れを作らず、アメリカ社会に溶け込もうとすることでその信用を勝ち取っていった歴史があるからだ。
おそらく、この学生も自分の価値を社会に認めさせるために、破壊行動に移ったのだろう。そこに銃が無ければ、刀や自動車で他者を傷つける。また、日本人のように内に篭れば自殺する。自分でコントロールできる破壊は自分自身だから。
だから、この事件は他人事ではない。ただ、中国、韓国とは違い、日本人には他者を認める寛容力がある。曖昧さを容認しても成り立つ精神構造がある。聖徳太子の「和の心」とはそういうグローバルなものなのだ。
[PR]
by worsyu | 2007-04-18 11:15 | 時事ネタ | Comments(0)

伊勢正三のカリスマ

先日、ドライブ中に、伊勢正三氏作詞作曲による、「なごり雪」「22歳の別れ」の歌詞が突然頭の中で流れた。
隣にいる妻に「あの歌詞はすごいなあ」とつぶやく。

タイガーリーではないが、想像してください!!と言いたくなる。

汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしている・・・・・・

季節はずれの雪が降ってる・・・・・
・・・・・・

動き始めた汽車の窓に顔をつけて・・・・・

君は何か言おうとしている・・・・・・
・・・・・・

妻はけげんそうな顔をする。「あなた、フォークには興味なかったんじゃないの?」
確かにあまり興味はなかった。あの湿った空気が嫌で、ダンスミュージックの方に傾いていったから。だから、AW&Fはいつも聴いているし、最近でもダンス系が好きだ。
だが、伊勢氏のこの曲の圧倒的な存在感はすごいね。日本的~で、抒情感が素晴らしい。映像がふわっと浮かぶのだ。物語がそこにあるのだ。
受けを狙った歌詞ではない。造りが無いからすごく自然で美しい。我々はメロディーに乗せて覚えているが、改めて歌詞だけを追うと、鮮やかにその場面が浮かび上がってくる。

この曲に思い入れのある人は、みんな自分なりの映像を持っているだろう。いったい、この2人はどういう人たちで、この後どうなっていくのか。

大林宣彦監督が「22歳の別れ」という映画を作ったようだが・・・
見てみたいような、見たくないような。
[PR]
by worsyu | 2007-04-17 17:51 | ひまネタ | Comments(0)

日中友好

先日、緒方町のチューリップフェスタに行ってきた。年々、人が多くなっている気がする。何といってもタダというのがすごい。シャトルバス代の100円は仕方ないでしょう。ボランティアでやっているみなさんのためにも、ここは気前よく100円寄付してください。会場に行くと、それでも車を路肩に止めていたり、違法駐車をしている輩を散見。やれやれ。
ここは、おじいちゃんおばあちゃんたちの湯布院か?温泉はないけど、必要ないし。
実際、長崎のハウステンボスよりもチューリップの数と規模は大きいらしい。おまけに向こうは金取るし。(長崎から来た人の話)
ここは、祖母傾山からの吹き降ろしの風が吹く。大分市よりも寒い。おまけに空気が乾燥している。そのせいか、エアダストがない。空気が澄んでいる。自分の視力が突然回復したかのような錯覚を覚える。滝の周辺はマイナスイオンが発生しているのか癒される。何気ない家屋の佇まいもどこか風情がある。
昔は、1時間40分は掛かっていたが、今は道が良くなり、1時間で着くようになった(三重町を通らなければ)。父が生きていたら驚いただろうなあ。

明日は、ナビスコがある。それから、大分トリニータと業務提携を結んでいる上海申花がさいたまでACLをやる。首都圏で見に行く方がいたら、上海を応援してやって欲しい・・・大分の闘魂を上海サポに注入してやってくれ!!
日中友好-大分三神
[PR]
by worsyu | 2007-04-10 17:02 | 地域ネタ | Comments(0)

いつもここから

清水に完敗。
大分のサッカーはドーナツか?ここには、本来、体力、技術、戦術に優れた人材が欲しいところ。現状では、森重、夢生の活きの良さ。それから、マラニョン、宮沢の経験。西山、藤田の安定感。があるにはある。帯に短し・・・・
でも、どれも満足できるものではない。去年、トゥーリオが球を持つと、前線、サイドが動き出していた。タイミングが取れず、供給できなくても、持ち上がって、チャンスを広げていた。冷静で、チームに落ち着きを与えていた。ここで攻撃のリズムを生み出していたのだ。トゥーリオの存在なくして去年の好成績はなかっただろう。エジは、縦の動きに秀でていて、攻撃参加と、守備に献身的に動き回っていた。
この2人の動きができる人間は現在いない。だから、2プラトンでやりくりするしかないのだ。行けるところまで行って、パフォーマンスが落ちたら交代する。しかし、これでは、ハンベルガー時代のトリニータだ。
変わったところで、小手川を使うという手もあるが・・・。とりあえず、動く人間-走れる人間ということで藤田を使っているわけだが、そろそろ限界か。高橋が活躍できていないのもここが機能していないからだろう。少なくとも、ここには共通認識が保てる関係の人間が入らないとチームが機能しないだろうに。
まあ、みんなわかっていることだろうし、何よりもシャムスカ自身がよくわかっているだろう。信じて見守るしかない。
確かに萎えたね。今回。

ここから、ここから。我々にできることは応援することだけ。背中を押してやるだけ。我々の力でチームを再生させることってできるのだろうか?
[PR]
by worsyu | 2007-04-09 11:34 | サッカー | Comments(0)

サッカーを楽しむ力

FREEDOM2を観た。このシリーズは好きだね。大友さんのキャラがいいのかなあ。ストーリーもわかりやすいし、変に演出の小細工をしていない。きめ台詞がないからすがすがしい。
丁寧に作っていることに好感。日本を代表するアニメ作品になる予感大。

昨日の磐田には失望した。決める力がない。守る気力もない。浦和に負けず劣らずうまいのに。もったいない。1点目にワシに決められるなんて、最低。その前に小野への寄せの甘さ。コースを消していないし。

浦和の応援を見ながら、つまんねえ応援だなあ、と思う。でも、これを観ている人はすごいと思い、参加はしないが、その群れの中にいたいと思うのだ。
あまりに統率されすぎた応援は、楽しくない。相手も、選手も威圧して勝利だけが目的化している。サッカーを楽しんでいない。おそらく、ゴール裏のコアサポの力が強大なので、その力が波及されてあの応援ができているのだろうが・・・

やっぱりFREEDOM-自由がいいなあ。コアサポ-特にゴール裏が統率していないと強力な応援はできない。確かに規模が小さくてバラバラに思い思いに応援していた頃から、統率されていくことで気持のいい応援に変わっていった。でも、その後はどうするの?
応援の形もいろんな形があっていいと思う。団体、集団もいろいろできてきていいと思うし、応援の調和を壊さないで、幅を広げる形であればどんどんやってほしい。応援している方が楽しくなければ応援を見ている観客も面白くないだろう。そして、一人一人がどんどん主体的にコミットしてくれることでもっと楽しいものになるだろう。その受け皿は探せばある。無ければ作ればいい。
一人でもできることはある。2人、3人集まればそれだけで力になる。そうした小さな組織に横のつながりができたら1つのムーブメントができる。それが活性化につながるはずだ。

ゴール裏論議で思うのは、応援していて面白くないと思う人がいるという事実。それは、浦和の声力に押されたからの危機感だろう。それとも、応援のマンネリ化への警鐘だろうか。

すべてをプラスに!!

夢を見る力がある限りその夢は実現する。
今回の九石での浦和戦は、サポーター力では、浦和の対抗になりうる存在であることを証明できたのではないか?力はまだ及ばないが、年々、成長している。育てようよ。全国にトリニータファンを広げ、いつの日か拮抗できる存在になりたいものだ。

サッカーを楽しむ力があれば、必ずできる。(サッカー王国清水に学ぶ面は多い)

われわれはフリーダムだ。
[PR]
by worsyu | 2007-04-08 10:10 | ひまネタ | Comments(0)