「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

声無き声

参院選は民主党大勝、自民党大敗という結果になった。
しかし、安倍総理は続投するという。
選挙後の記者会見で、同氏は、記者からの質問にまともに答えない。問われたことに答えず、話をはぐらかす。
これでは、一国の宰相の器として疑問である。選んだ自民党の感覚も疑問だ。
イギリスの報道を見ると、冷静に見ているね。「中産階級の逆襲」というタイトルだ。
まあ、小泉さんの改革嵐の後の焼き場の栗拾いくらいしかできない人なんだね。所詮そういう役回りだったわけだ。

「この結果は国民が民主党にだまされた結果」
「私たちは責任与党としての使命を果たす」
「参院は所詮衆院のおまけ」
という本音が聞こえてくる。

これが、「この結果を謙虚に受け止め、反省すべき点は反省する。死ぬ気で理解を求めていく。」
「われわれは政権に固執するつもりは無い。再び国民に信を問うこともありえないことではない。」
「参院と衆院の2つが機能しあって国会は成り立っている。参院を軽視することはない。」
と言える人材が自民党にはいないのか?

不思議なもので、周りの人間はわかっているのに、当事者たちには、それがわからない。どう立ち回ればいいかがわからない。舞台の上でいかに見得を切っていいのかがわからない。一生懸命やればやるほど、周りの思いや気持ちと反対のことを進めていってしまう。役不足。

昔、「私には声無き声が聞こえる」と言っていた政治家がいた。その人は、「政界の妖怪」と呼ばれ、引退後も政界に影響を持ち続けた。戦前、戦中、戦後を知る大物政治家であり、フィクサーとも呼ばれた。
1960年、6月。国会周辺は安保条約改訂に反対するデモ隊が連日取り巻き、異様な雰囲気となっていた。そのデモ隊を右翼、暴力団らが襲撃し、多くのけが人が出た。また、警察との衝突で学生が死亡し、その後、反政府運動へと変化していった。
その時の首相が、記者からの質問に答えて言った言葉が前述の言葉。
「国会周辺は騒がしいが、後楽園ではいつも通り野球をしている。私には声無き声が聞こえている」と語ったのだ。
その首相とは岸信介氏-安倍総理の祖父である。

ちなみに、当時、事態の収拾のため、自衛隊の出動を岸から打診されたが、それを拒否した防衛庁長官が赤城宗徳氏である。
赤城?そうです、今話題の赤城農水大臣の祖父なのです。

これも因果なのか?誰かがシナリオでも書いているのか?
日本にとっては不幸なことだね。
安倍総理もイラク特措法を延長させて退陣するのかな?・・・・
[PR]
by worsyu | 2007-07-31 14:27 | 時事ネタ | Comments(0)

パワー不足の露呈

やっぱり、モチベーションの差が出たかな。片や豪州との死闘でリベンジを果たしてほっとしたチームと、片や日本に勝つことに焦点を合わせて調整してきたチームじゃ、ね。
それでも、前半は押していたし、球廻しに余裕が感じられた。DF陣もしっかりとケアしていたし。つないでつないで、後は決まるのを待つだけだった。
ところが、先制点はサウジの方だった。一瞬のタイミングのズレ。そこに集中し、対応して蹴ったFWが見事。サウジに先制点が転がり込んだことで、日本は、攻めることに比重を置かざるを得なくなった。結果、中盤に余裕がなくなった。すぐに同点に追いついたが、後半、早々にサイドを崩されて、中央で待つFWに飛び込まれた。流れの中での失点は、大きい。時間の経過とともにあせりから疲労が出てきた。追いつけなくなってきた。
まあ、今回失点した3点全て、阿部絡み。ここにはちゃんとした人材が必要か・・・
中澤にも衰えが見えるし・・・というか、サウジのFWがすばらしかったね。このハイスピードFWにどう対応するつもりだったのだろうか。FWvsDFでは明らかに力負けだね。ハードコンタクトをするFWとDFのところで勝負できない、という日本の問題点の解決に、確かにオシムの「日本人に合ったサッカー」-を追求するのは必要と思うが、一方で世界標準以下の能力しかない選手を使っても、無理がある、ということか。

この悩みはラグビー界とも共通する。結局外国人頼みのパワープレイと組織力による戦術、そして、瞬間的なスピード。最後はキックによる得点。しかし、そのスピードは後半から衰えてくる。ラグビー界ではもう何年も前からわかっていることだが。
[PR]
by worsyu | 2007-07-26 15:33 | サッカー | Comments(0)

それでも日本は生きている

野口悠紀雄教授の「資本開国論」というのが面白い。
大筋は、日本経済が「ものづくり」に固執しすぎて、資本の自由化が遅れ、世界経済の流れから取り残されてしまったと指摘。
外資を積極的に取り入れ、自由化する。低金利政策、円安誘導政策を辞める。そして、対外資産運用の効率化を唱える。
ケーススタディとして同氏はイギリスを例に出している。
「ウインブルドン現象」という言葉を使って、金融自由化や規制緩和の必要性を述べる。つまり、テニスが行われている場所はイギリスだが、プレイしているのは一流の外国人プレイヤーばかり。つまり、場所や人材は提供して一流の競争力のある外国企業を歓迎する。そして経済は潤うというのだ。

戦後陥った経済不況は当時、「イギリス病」と呼ばれた。70年代、「ゆりかごから墓場まで」をうたい文句にした高福祉国家の実現は、もろくも崩壊した。そして、イギリス経済はどん底に陥った。
イギリス経済の復活では、マーガレット・サッチャーが登場する。
今では、当たり前のように言われる「小さな政府」を政策として始めた人だ。公的分野への市場原理主義の積極的導入と国営企業の民営化。規制緩和と緊縮財政、法人税の緩和、消費税導入、高金利政策など、マネタリズムの経済政策をおおよそ実践した。「鉄の女」と呼ばれ、新保守主義、新自由主義の代弁者となった。
レーガンは同調し、中曽根首相も国鉄民営化や行政改革などで、政策を踏襲したのだが・・・

さて、小泉さんは何だったんだろう、と、今、考えると、やはり、サッチャーとレーガンのリメイク版だったのでは、という気がする。落ち込んだ経済にショック療法を行い、パフォーマンスでナショナリズムをうまく利用した点も似ている。ドン底の経済を立て直すには適任であったし、うまく演じた。彼らの登場と退場は、また、歴史の必然だったのだろう。

先日、「党首走る」という番組をNHKがやっていた。
安倍さんの語る言葉には魅力がない。動員された信者が手をたたいているだけだ。多くの自民党を支持する人も鼻白んでいるようだ。一方、小沢さんの語る言葉には熱がある。聞いている人は手をたたいたりしない。みんな耳をそばだてて聞いている。真剣な目をしていた。言葉が腹の底まで届いている感じがした。

選挙はたしかに重要であるし、歴史の一部にもなる。しかし、世界経済の流れはしっかりと認識しておく必要はあるだろう。
最後にサッチャーの言葉を添えておこう
「社会というものはない。あるのは個人と家庭だけだ。」
社会、社会と簡単に言うな、ということか。政治家の戒めの言葉として欲しい。
[PR]
by worsyu | 2007-07-24 13:54 | 時事ネタ | Comments(0)

意外と強いぞ日本代表

日本代表とオーストラリア代表との試合は面白かったね。
日本は、中盤で球が持てるのが大きいね。中村、遠藤、鈴木、中村憲剛、阿部も入れて。駒野や加地も無理をしないで球をつなぐ。
球を支配することで、試合そのものをコントロールしていたね。それでも、オーストラリアに先制されたのは、豪州の気持ちの強さを感じたね。巻のあの動きは何なんだ・・・よく走り回っているけど、肝心なところでポカをするねえ。
しかし、追いつくだろうと思っていたら、案の定すぐに追いついた。相手のクリアミス絡みだったが、冷静に高原が決めたね。動きが速いね。相手が遅すぎたけど。トロ過ぎ。GKもちょっと反応にぶいし。DFも飛び込んじゃうし・・・
同点に追いついた後、相手に赤紙が出ちゃったけど、ちょっとかわいそう。一人少なくてもPK戦まで持っていったオーストラリアの精神力に脱帽だ。
日本の攻撃の組み立て方を見ながら、なるほど、と勉強になる。うまい。1対1の勝負にこだわらない。組織で戦うことが徹底されている。アジアレベルの中では、抜群の連携を見せている。ミスが出にくいだろう。それでも、最後のフィニッシュ、点を取る場面では、高原、中村に頼らざるを得ないあたりが、問題といえるかもしれないが。一人少ないオーストラリアに対して最後の最後に決める強いフィジカルとスピード、そして精神力を持ったFWが出てこないかなあ。
高松にスピードとフィジカルがつけばなあ・・・
松橋に精神力があればなあ・・・・

市原もそろそろ爆発してほしいなあ・・・・トリのFW争いに参加してほしいなあ・・・・
[PR]
by worsyu | 2007-07-23 14:43 | サッカー | Comments(0)

平山あや

「ウォーターボーイズ」をちょっと見た。この映画は面白い。よくできている。主人公の2人のさわやかさとその魅力がそのまま作品の魅力になっている。この後の2人の物語を想像してしまう。そういうのが見たかったなあ、と思わせる映画だ。
それにしても平山あやはかわゆいねえ。整形なしのかわゆさは貴重。当時、17歳の現役高校生のままで出演しているわけだ。堂々としていてすばらしいね。これが石原さとみとかだったら、また違ったものになっただろうね。天真爛漫さ(作り物でない笑顔)が魅力だ。しかし、女優さんはイメージを引きずっちゃうから難しいよね。伸び悩んでいるのもそのあたりか。タレント業に入り込んだのも演技力がなかったからだろうか。バラエティー番組に出させすぎて、結局、彼女の魅力を消してしまった。大成していない。ホリプロに問題大。

その点、沢尻エリカは、うまく売り出した。アルジェ系フランス人とのハーフなのだが、きれいだねえ。こちらは、「出すぎたくいは打たれない」でやっているようだ。生意気で嫌いだという同性の意見も聞くが・・
半分日本人という特徴をうまく利用している。
安室もそうだが、ハーフ系の芸能人は、こうした秀でた部分をうまく使えばトップにいける。(そういう意味では、加藤ローサは危ない)

平山は純粋の日本人なのだが、どこかハーフっぽい。というよりも、アニメっぽい顔だ。もっとうまく売り出せたはずなのに。もったいない。
[PR]
by worsyu | 2007-07-21 16:03 | 芸能ネタ | Comments(0)

エジ第3幕

KBCのドォーモで斉藤ふみがオリジナルジーンズを作り上げて感激のあまり泣いていた。しかし、まあ、よく泣くなあ。以前、インドのドブ川(インダス)に浸かって感激して泣いていたのを思い出した。この人は感激屋なのだろう。ちょっと、引いてしまった。

TBSの「1週間の花嫁」で私の奥さんは泣いていた。末期がんの花嫁。わずか24歳で生涯を閉じてしまった。乳がんの転移で肺に侵食したらしい。死ぬ間際まできれいなままだったのが、逆に痛々しかったが。人間の最後は物質に戻ることなのだね。

エジが今日、大分に戻ってくる。私としては、彼のコメントを読み返すだけで涙腺がウルウルしてくる。彼の姿を見たとたん流れ出すかも知れない。

これってやっぱりおかしい?
[PR]
by worsyu | 2007-07-19 10:45 | サッカー | Comments(0)

サッカーマスゴミのヲタ芸

エジが帰ってくるそうで、とりあえず去年の好調時の大分を知る選手が入ることで、気分的には多少楽になるか。
走れるか?といった不安が多少ある。
ホベルトと共にブラジル人のボランチということで連携面では今までよりも安定するだろう。
これで、3-5-2の形が維持できる。トップ下が機能するだろう。サイドも活かすことができる。最後のフィニッシュは、まだ不安。
しかし、どちらかというと、鈴木の方が心配だが、うまくはまると面白い存在になる。

さて、アジアカップのベトナム戦を見ながら、ベトナムの戦い方が、トリニータとダブって見えた。局面局面では、突破することはあっても、基本はカウンターなので、無理がある。スピード勝負で抜けても、囲まれる。単発なので、プレシャーを受けながらシュートしてもコントロールされた球は飛んでいかない。
逆に、日本は、無理をせず、ゴール近く、相手の懐まで攻めて、穴を見つけて攻める。スピードを緩めても球を繋ぎながら、リズムを刻む。球を支配することで、相手を疲れさせることにも成功。やがて集中力がなくなったベトナムにはミスが出始めた。

日本の埼玉では、浦和とマンUが親善試合をしたらしい。2-2。マスゴミが「小野のプレイをファーガソン監督が絶賛した」と書きなぐっている。

あのねえ・・・
いい加減浦和のおべんちゃらは辞めたら?情けない。○○もおだてりゃ木に上る?
しかも、小野と山田を取り上げている。ということは、2人とも、海外へ行くことはまず無い選手。終わった選手を捕まえている点にも注目したい。まさか、この言葉をまともに信じる輩などいないだろうが・・・

おべんちゃらして何とか食いつないでいるサッカーマスゴミライターたちに我々が言えることは、お前らはサッカー界の品位を著しく汚している。目を覚まして真実を見ろ。ということだ。所詮、関東近辺の田舎者たちが騒いでいるだけなのだろうが。

トルシエの時は「フラット3」、ジーコの時は「黄金のカルテット」と名づけて、話題性と人気を煽り続けた。おかげで多くの勘違い男を作り出してしまった。中田、小野、稲本、・・・・(中村が伸びたのはトルシエのおかげかも知れないが・・)
最近では、「ポリバレント」。何なんだ、この言葉。化学用語らしいが、日本のサッカー界だけで使われている言葉。しかも、右向け右で猫も杓子も「ポリバレント」。ユーティリティーで十分じゃないか。
[PR]
by worsyu | 2007-07-18 17:56 | サッカー | Comments(0)

そんな「ライター」なら

私は、黒幕がいったい誰なのか知らない。しかし、明らかに政治的な圧力(政治家という意味ではない)が掛かり、それに乗っかって、または、それを利用してある方向に動かそうとしている意図が見てとれる。
今回のasahiの記事は、一見正論のように見えるが、明らかな事実誤認の上から展開されている。ジャーナリズムの名を汚す下劣な記事だ。だから、私は彼らをサッカーマスゴミと呼ぶしかないのだ。だから、彼らを世界の中の田舎モノと呼ぶのだ。

まず、大分トリニータは、巨大企業スポンサーからの支援を受けていない、母体を持たないゼロから出発したクラブ。少ない資金をかき集めて経営している地域密着型の地方のチームだ。しかも、クラブ理念として、企業、県民、行政との三位一体を基にしている。おそらく、Jリーグの中でも理念的には一番理想的な形でできたクラブだ。そのため、選手と県民をはじめ、地域密着度は非常に高い。育成型クラブを基本としているので、磐田の菊地のような選手も出ない。サッカーに集中できる環境を地域全体が作り上げている。
大分のサポーターは家族連れ、老人や障害者なども多く、他クラブと比べても、比較的温厚な性格でファミリー的だ。
少しはクラブの歴史や性格などを調べてから書いて欲しい。薄っぺらな記事だ。

今回の出来事の中で、コアサポが何をして、何をしなかったか。そして、その真意がどこにあるのかを調べれば自ずとわかること。

シャムスカ監督が何度も口にする、就任直前の磐田戦。大分は下位に低迷していたが、まるで優勝を争っているような熱い応援をし、負けた選手たちに対しても暖かい言葉を投げかけるサポの姿に感動したと言う。「ブラジルではありえないこと。美しい行為」と語った。
それは、コアサポたちの「結果じゃないんだ。気持ちを見せてくれ。そうすれば、負けたっていっしょに戦っていける」という言葉に表れている。

関東サポのフーリガンまがいの暴挙とは全く違う。同列に扱っている時点でこの記者は大分を知らないことがわかる。

この状態を打開するためには、サポーターは声を上げて真実を語る必要がある。また、シャムスカ監督にも多少協力してもらいたい。

マスゴミの影響力は大きい。これを跳ね除けるには、逆にマスゴミを利用するしかないのだ。
失礼な言葉を発したなら、社長に謝ればいい。話し合えば理解できるはず。マスゴミを通じて握手する姿が流れれば、大分がマスゴミを通じて黒幕たちに抵抗したことになるのだが。

マスゴミを甘く見たら大変なことになる。彼らは、今や一国の宰相の座さえ簡単に引きずり降ろしてしまう力を持つ。利用した方が勝ちなのだ。無視すれば泣き寝入りになってしまう。勇気を出してアクションしないと、本当につぶされてしまう。コアサポもそれは本意ではないだろう。マスゴミとの戦いはこれからもずっと続く。(みんな騙されないように!!)

弱者をいじめて面白がる、そんな「ライター」なんかいらない。
心を入れ替えて、少なくともきちんと調べてから記事を書いて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2007-07-13 11:40 | サッカー | Comments(0)

ギャンブルするには早すぎる

開幕前まで時間を戻したい気分だ。

去年まではエジ、トゥーリオに球を預けて、周りが動いていたため、そこで球を奪われたり、攻め込まれたりすると、全てが狂ってしまう。逆にかばおうとすると、本来の動きができなくなり、機能不全に陥ってしまった。ためが作れないため、ドーナツ化現象が起きてしまった。

原氏は、予想もできなかった事態。責任を感じる。100年、200年続くクラブ。と言葉をつなげたが、どこか嘘っぽい。でも、嘘でも何でもいい。良い方向に向かっているのなら、それも良いだろうが。
シャムスカ氏は、その人間性で多くのサポーターが”信者”となり、また、ファンも多い。彼が目指すサッカーは、基本的には球をつないで押し込むポゼッションサッカーを志向している。現在は、その過渡期にあるとも言える。けが人が多く出たため、過渡期の状態として、とても不安定な状態に陥ってしまった。

とにかく、ここが決まらないと、多臓器不全状態になってしまう。コンビが組めないのなら、ワンボランチで4バックでもいいかもしれない。
いまさら、去年の形に戻すのも無理だろう。
私を信じてくれますか。と言われたら、信じたいけど今はまだ信じられない、としか言えないだろう。
高松、松橋が居なくても代わりに活躍できるFWが居て、タメができる攻撃的ボランチが居て、時に汚れ役もできる守備、攻撃に精力的なボランチも欲しい。この3人が揃ってチームが機能し始めれば・・・

将来的には、ムーか森重のどちらかが、ボランチとして大成してくれれば、このチームは伸びる。でも、それには時間がかかりすぎるし、今はギャンブルだ。
三浦アツという選択肢もあるにはあるが・・・微妙・・・というよりも、彼の真意がどこにあるのか、よくわからん。これもギャンブル的要素が高い。

千葉と大分はチームの支柱的存在だったボランチが抜けて苦労している見本になった。
[PR]
by worsyu | 2007-07-10 13:09 | サッカー | Comments(0)

U-20の選手たち

U-20W杯の選手たちの活躍と屈託の無い笑顔を見ながら、何だか、こちらも微笑んでしまう。
試合後の選手たちのコメントはとてもストレート。
福元は「世界との差を感じに来たわけではない。結果を残すために来ている。」と言った。キャプテンらしい言葉だ。
梅崎は得点にからむ活躍。切れのあるプレイをしている。冷静に試合状況を見ている。相手をいかに崩していくかの戦略も彼の頭の中にあるのだろう。
今回のチームはバランスが良いと思う。GK、DF、MF、FW。4-4-2のオーソドックなシステムだ。
意思の疎通も取れているようだ。ラインの上げ下げ、プレスの掛け方、カバーリング。そして、戦術の修正。
次戦のナイジェリアは、今までのようにうまくいかないと思うが。
槙野の「自分たちは24番目の実力。一番弱いと思っている」というコメントは、点を入れてはしゃぐ姿からはわからない、彼らの試合に対する必死さを感じた。決して奢らず、個人プレイに頼らない。チャンスメイクとミスをしないことに徹することから、勝負に集中していることが伺える。
この中で未来の代表にまで上がりきるのは、1人か2人だろうか。

今のトリニータは球をつなげない。攻撃的にいけない。2対1の状況を作れない。マラの代わりに球を繋げる選手が入れば変わる。藤田も荷が重い。今は意思の疎通が無いから、ドーナツ状態にすぐなってしまう。球のルートが見えないから、動きようが無い。球も人も動かないサッカー。スペースを作れないし、そこに動こうとしない。動いても球が来ない。球をやると奪われる。つまり信頼関係がない。あそこに出したら球を相手に獲られる。だから出さない。安全なところに出すか、前線に放り込むか。

ポゼッションは重要。しかし、その手前でつまずいている。戦う前に自分たちに負けている。千葉もマリも甲府も横浜Cも浦和も川崎も決してかなわない相手ではない。戦える。自分たちが弱いことはわかっていても、勝負はできる。逆に強くても負けることがある。

U-20に学ぶ面はいっぱいある。
[PR]
by worsyu | 2007-07-06 15:22 | サッカー | Comments(0)