<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懲りないリンチ殺人

時津風部屋で起きたリンチ殺人事件について。
やっと刑事事件になった、といった感想。
かなり以前に書いたが、もう一度書く。
昔、千代の富士(九重部屋)の部屋で若手力士の自殺事件が起きた。
原因は、力士たちのいたずら。千代の富士の高級時計を預かっていた付き人の子から盗み出し、隠したことでこの子はパニックになり、責任を感じて翌朝首をつったのである。(背景を想像して欲しい。なぜ、この子は狙われたのか。なぜ、こんな陰湿ないじめが行われたのか。なぜ、首を吊るところまで追い込まれたのか。)
しかし、この事件は表には出なかった。マスコミも相撲界に対しては古くからある日本の芸能ということで、深く追求できないのだ。なぜなのか。それは、圧力が掛かるから、としか言えない。
他にも、けいこと称したいじめが繰り返され、命の危険を察した子が逃げるケースが少なく無い。逃げ出した子は幸いで、戻されてリンチされ、死んでいった子供たちは多い。
マスコミは今回の事件で封印が解かれたとして、ようやく、恐る恐る記事にするのだろう。しかし、時が経てばまた、うやむやになるのだろうか。
これが相撲界の実態なのだ。これまで多くの子供たちの死を闇に葬ってきた相撲界。糾弾すべき時が来たと言える。力士に人権はないのか?
相撲というスポーツが世界中で広がりを見せている、というのに。肥満の子供たちにスポーツとしての楽しさを与えている。
相撲のワールドカップに権威と人気が移っていけば、体質も変わるのだろうが。
それとも、集団リンチ殺人は、日本人の精神的特質-集団の意志を尊重することからくるものなのかも知れない。
[PR]
by worsyu | 2007-09-27 10:29 | 時事ネタ | Comments(0)

感謝の歌

ナショナルの液晶TVビエラのCMに使われているケルティック・ウーマンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」が流れると浦和を思い出す。去年、NHKのスポーツニュースで使われたため、そのイメージが付いてしまった。
前にも書いたが、私は試合に勝つとシャルロット・チャーチの「ピエ・イエズ」を聴いていた。戦いが終わって、体と心をクールダウンさせるために。勝利を喜び、静かに天に感謝するために。
NHKが使った荒川静香がエキシビションで使われるこの曲-「ユー・レイズミー・アップ」を浦和優勝のシーンに使われたがために嫌いになってしまった。
そこで、もし、大分が優勝した時に使って欲しい曲を探した。そして、見つけた。私の中ではシャルロット・チャーチの「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」だ。ぜひ、使って欲しい。みなさんも視聴してみてはどうだろうか。とても美しい曲ですよ。(大阪では競艇のCMに使われているようだが・・・)
個人的には、試合後、帰る前にスタジアムに流れると、心が洗われる気がする。ゴミでも拾おうかという気持になる。相手サポーターに対しても優しい気持になれるし、優越感にも浸れる。われわれはサッカーを愛しているし、少しでも高めていきたいという意志を示すことができる。
試合前に楽しんで、試合で戦って、終わったら、静かに心をクールダウンさせて、感謝する。
どうですか?

エジがキャプテンマークを付けた時、うっすらと涙が出てきました。
[PR]
by worsyu | 2007-09-24 21:38 | ひまネタ | Comments(0)

依頼心を超えろ

川崎戦、笑った一言。
「15位の大分が先制しました」
NHKアナのこの実況には、ムカついた。解説は、眠たくなる解説で有名な加茂氏。
「どちらが上位かわかりませんね」という言葉を待っていたがその言葉は聞かれなかった。
でも、下位を争うチームではないことは証明できた。ただ、なぜ、下位に低迷しているかを示したのも事実。それは、失点シーンにある。

2失点とも、何だかつまんない失点だった。あれだけ苦労して入れた2点に対して、失点の2点は、もったいなかった。1点目は、飛び込んだのが間違い。シュートコースを押さえながら、パスコースも見る、しかし、あそこは、シュートコースを押さえておけばよかった。2点目は、マークが外れたと言うが、球を見ていないのか?球と相手の間に入るか、できなければ早めに跳んで抑えるとか、できたはず。飛び込んでくる相手への対処はわかっているはず。DFの基本だ。セットプレイでやられるのは、意識が低いから。抑えてやるという意識が低いからやられる。外へはじき出せばいいのだから。球をつないで攻撃に移る必要もないし。いったい何を考えているんだか。

前にも書いたが、現在26点。次節のFC横浜戦に勝っても30点に届かない。しかし、これを勝たないと降格争いに巻き込まれてしまう。後半を4試合ずつ区切ると、2区切り目になる。2勝2敗ペースでいけば何とか降格からは逃れられると思うが、J1残留は最低条件だ。力からいけば当然、残るはずだろう。しかし、その先が見えているのか。引き分けで満足しているようだと、結果は残留できたにしても、得るものは何もないだろう。梅崎が言うように、試合をコントロールする力がまだない。流れを読む力がない。それは、勝ち続けることによって会得していくもの。できないならば、流れが向いている時に一生懸命のプレイをする。がむしゃらさが欲しい。チームは、まだこのレベルだ。

千葉に負けて悔しくなかったのか?千葉より上に行きたくないのか?それで満足できるのか?プライドを見せてくれ!
トリサポは大分魂を見せて欲しい!
[PR]
by worsyu | 2007-09-18 11:13 | サッカー | Comments(0)

省エネサッカー

スイス戦の感想。スイスの勢いはすごかった。速いし、うまいし、強いし。2点先制されて、後、何点入るのか、といった勢いだった。しかし、そうはならなかった。
オシムが言うように、「しょぼい失点」だったわけで、球は繋げていたから、完全に相手に流れを渡したわけではなかった。気落ちさえしなければ、点は入る。親善試合だから、相手も守りに入らない。審判も調整してくれるから、追いつけるかもしれない。
結果としては4-3で勝ったわけだが、問題点は多い。
いきなり2点を献上してはいかんだろう。
壁の作り方はまずい。川口の反応も鈍い。
とぅーりおのいつもの反則が見逃されるのは国内だけ。
松井のPK奪取はシミュレーション。
巻は、うまく体を入れたね。あそこだけは、すごいと思った。彼の存在意義を見た。しかし、先発には?
きしょいはよく反応したね。あの体で、ゴールの嗅覚があるんだね。
前半早々の2失点を抑えられれば・・・と考えがちだが、それは結果論だ。相手が全力で攻めてきたのだから失点した。それを防ぐ力は無いということ。流れからして、失点は時間の問題だった。
でも、収穫は、やはり、流れを呼び寄せたという点。余裕を持ちながら試合ができた点。チームとしてまとまってきた観があるね。組み立ては悪くない。90分を通しての省エネサッカー(日本人に合った)の姿が見えてきたね。相手をいかに疲れさせるか、やる気を削ぐか、ここに日本サッカー躍進の素を見た。勉強になった。

スタンドの観衆がサッカーを楽しんでいるのがよくわかった。すごいね。こっちの方が驚いた。世界中で太鼓ドンドン鳴らしている日本も考え物だ。韓国や中国と変わりないではないか?さすがに銅鑼(ドラ)は鳴らさないか?
トリニータもいつの日か太鼓の音が無くなっても、盛り上がり、みんながサッカーを楽しんでいるようになれば良いのにね。

最後に安倍総理が辞任したそうで。結局、「矢部総理」になっちゃたみたいで・・・。「めちゃいけ」はすごいね。
[PR]
by worsyu | 2007-09-14 14:41 | サッカー | Comments(0)

梶原音美(カジワラネミ)

RKB「九州青春銀行」という番組がある。何気なく見ていたら、女優発掘プロジェクトで日田市出身の梶原音美さん(12歳)がグランプリを獲得した。そして、彼女はavexと契約。東京でレッスンしているらしい。
成海璃子みたいな雰囲気を持っている子。ただ、本当にものになるかどうかは未知数。
じっと、見ていると、12歳ということを忘れてしまう。
表情が大人っぽくて、落ち着いていて、でも、どこか純で、まっすぐ見ている目と意志の強そうな眉毛。媚びていない。笑うとどういう感じなのだろうか。
たとえれば、バラやランの花のように目が釘付けになるような強烈な個性はない。多くの人が通り過ぎてしまうけど、見つけた人は気になってしょうがなくなる。高山植物のような感じ。売り出し方が難しいだろうね。
12歳で見出されたわけだから、才能はあるんだろうね。でも、本当に本人はその道を歩んでいいのか、判断したのだろうか。
そのうち、彼女にお目にかかれることを楽しみにしたい。
日田と福岡はやっぱり近いなあ。文化圏としても非常に近いと感じる。福岡に、どこか日田に対して文化的に一目置くようなところがある。それは、歴史からくるものだろうか。
[PR]
by worsyu | 2007-09-09 17:59 | ひまネタ | Comments(1)