「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

私の予想はほぼ当たり

勝ち点38。最低の合格ラインか。私の予想は37点だったので、+1。新潟戦に勝てば41点となり、がんばったと評価できる。リベンジと銘打った意味があったとフロント、クラブ、選手たち、そして、われわれトリサポにおいても納得できる結果となるのだろうが。
それにしても、広島が入れ替え戦に回るとは・・・なぜなんだろうか。FWは佐藤寿人、ウェズレイ。若手もU-22代表の柏木、青山を抱えているし。ただ、やっぱりDF力が足りなかったかな、と。でも、残留できれば、16位も14位も関係ない。それだけ残留する意味は大きいのだ。

今年のトリニータは、苦労した。この苦労が来季に繋がることを願いたい。
「失敗は成功の基」
子供でも知っている言葉だ。今年、何が良くて何がだめだったのか。その評価の上で、今年のチームを土台として再構築して欲しい。そうすることで、今年の苦労が無駄にならない。過渡期という言葉でごまかさないで欲しい。
得点力のないFW陣にブラジル人を当てはめることの難しさ。来季、J1に上がってくるヴェルディは、なぜJ2に落ちたのだろうか?あのワシントンをしても降格してしまったのはなぜなんだろうか。
去年一年でマグノ中心のチームから脱皮したとは言えなかったということか。突出したFWを中心にチームを作ると、シーズン終盤に失速するということなのか。
松橋の不調から、攻撃の形ができず、攻守のバランスが崩れた。最後までFWで点を取る形は作れなかった。
エジ、ホベルトが来季も残留するらしい。ひとまず今年の形を引き継いで行けるみたいだ。今年前半のような混乱は避けられそうだ。ただ、レベルアップするためには、ここに割り込んでくる人材が欲しい。それから、DF陣も合格点とは言えない。今年、引退した秋田の言葉で重要なことを言っていた。「ただ、戦う気持だけでここまでやってきた・・・」この強い気持がDFには必要だ。上手さ、速さ、強さ、高さは重要。しかし、何よりもFWとぶつかって戦って勝たなければならない。打たせてはだめだ、という強い気持がないDFではだめなのだ。
MF陣もパスの精度が悪く、また、コンビがギクシャクして、繋いで押し込むサッカーができなかった。相手のプレスにリズムを崩され、無駄走りを繰り返し、後半には動きが止まり、機能しなくなった。
トリサポは、アウェイでのトリサポにとにかく感謝すべきだろう。特に関東のトリサポには頭が上がらない。感謝の一言だ。大宮戦で勝てたのは関東サポのお陰といっていいだろう。(ついでながら、大宮U-12には、ホームステイさせてもらい、大分U-12との交流ができたみたいで、とても素晴らしい出来事でした。試合は残念だったけど、いい思い出となったことでしょう。感謝。リアル埼玉。)
今年は、応援の方も残念ながらヒートダウンしたと言えるだろう。ただ、新たな試みもいくつか見られ、これから楽しみな部分もある。
考えてみて欲しい。試合が始まってから、ぞろぞろと入ってくる人がいる。客の多くは、選手が練習する前には着席したいと思っているみたいだ。つまり、30分前くらい(つまり、2時間30分しか持たないのだ)。選手入場前のMCによる余興もそれなりにファミリー層に祭りの雰囲気を作り出しているが、そろそろ、そういう時期も考えものだ。できたら、その前の時間帯にトリサポは何か盛り上げるイベントを考えるべきだと思う。せめて1時間前にはその場に居たくなるようなものが欲しい。難しいけど。型ができるまでが大変だけど、作り上げるには試行錯誤は必要だ。
とはいっても、この順位でこれだけ客が入ることはやはりすごいと思う。順位が上がればもっと入るようになるだろうが。
[PR]
by worsyu | 2007-11-27 01:18 | サッカー | Comments(0)

名古屋のヨン様

名古屋には負けてしまった。精神論はとりあえず置いといて。なぜ、負けてしまったのだろうか。
深谷が押し込んでいたら、先制点は大分だった。あそこは痛かった。失点シーンのサイドチェンジミスで相手にボールを渡してしまった。。これも痛かった。
しかし、まず、戦術として、どうやろうとしていたのだろうか、それがわからない。西川、梅崎、そしてホベルトが抜けて、戦力ダウンしている。もちろん、高橋もいない。つまり、相手にとって怖くないのだ。
そうした中で、いかにして勝負していこうとしていたのだろうか。
名古屋は、ヨンセンだけ。これに尽きる。結果論ではない。前回の対戦で良くわかっているはず。杉本のスピードは怖い。藤田も前線に飛び出して来る。しかし、ヨンセンに比べたら決定力という点で、必要以上にマークする必要はない。ヨンセン対策だけが重要だった。名古屋は、これまで、攻撃の形は作れるものの、最後の得点ができなかった、それは、相手チームのヨンセンへのマークがきついからだ。
ところが、大分は、それをしなかった。甘すぎ。

名古屋は前線からプレスをかけてきた。後ろで廻すのもいいが、押し上げていく形を作らないとだめだ。そして、上げた上で、どこかで勝負しなければならない。球を失うことを怖がって、つなぐことだけで廻していたら、攻撃の形はできないよ。辛抱していれば、そのうち名古屋は疲れてプレスが甘くなってくるはずだったのに。

正直言って、本当に勝ちたいという動きではなかった。何をやろうとしていたのかもわからない。
連携ミスも多かった。守備と攻撃は表裏一体。リスクをかけて攻撃するなら、そのケア-カバーリングも重要。それができていない。
責任のなすりつけではなく、持ち合うことができていたら、同じ負けにしても、もう少しチーム力を使った戦いができただろうに。

名古屋のヨン様か・・・
[PR]
by worsyu | 2007-11-19 18:29 | サッカー | Comments(0)

リスクマネーの収縮

サブプライムローンという言葉は、今年の流行語となるのだろうか。
要はアメリカの住宅バブルの崩壊-と一言で言えなくもないが、中身を調べていくと、複雑怪奇。

ある人は、「金融商品と日用雑貨や食品という違いこそあれ、世界はアメリカと中国の欠陥商品に席巻されてしまった感がある。」と語る。
笑っちゃいけないが、これが事実。ねずみ講と変わらんじゃないか。羊頭狗肉?

日本も1980年代後半から90年代初頭にかけてバブル景気を味わった。ブラックマンデーからいち早く立ち直り、低迷するアメリカ経済を尻目に世界中の資金が日本株に流入し、土地神話が起きた。しかし、過剰な信用肥大はいつか崩壊する。結果は、みなさんご存知の通り。
今回のアメリカの場合は、証券化して、しかも、リスクごとに輪切りにして、世界中にばらまいているので、銀行自体が倒れることはない。しかし、アメリカ経済は、信用収縮が起こり、実態経済に対するダメージも深いと思われる。FRBのバーナーンキ議長は来年前半まで、アメリカ経済は低迷するだろうと言っている。
もしかしたら、世界同時株安が起きるかもしれない。今から20年前、ブラックマンデーが起き、日本のバブルが起き、湾岸戦争が始まった。
歴史は繰り返される、違った形で。

21世紀は信用拡大の行き着く先、資産運用の名の下に、マネーロンダリングが繰り返される。金融派生商品が新たに生み出され、世界を巻き込んでいく。ババ抜きのゲーム。
「インセンティブ・トラップ」という言葉がある。個人の利益を優先させ、集団にとっては害となる。その瞬間だけの利益に走り、身勝手な行動を取る。これが21世紀経済人の行動哲学としたら、世界は破滅に向かうスピードを上げるだろうね。

誘惑のわなは、われわれの身近にもいっぱいある。その魅惑のにおいに手繰り寄せられて、とりこになったら、なかなか抜け出せない。ババを自分以外の利害関係のない人に渡せば、幸福になる。そんな時代なのかもしれない。
[PR]
by worsyu | 2007-11-16 12:42 | 時事ネタ | Comments(0)

どうでもいいことだけど

浦和がACLで優勝したようで。
途中まで見ていたが、2点目が入ったところでTVを消して外出した。
セパハン弱すぎ。1点目がすべて。もっと、つないで行かないと、相手はマンツーマンで来ているから勝負しないと。逃げてるね。何で?
しかし、まあ、あのテレビの実況でのおべんちゃら、何とかならんのか。
持ち上げ過ぎ。マスゴミ総がかりで。白雪姫に出てくる魔女(継母)症候群か。
「魔法の鏡よ、世界で一番美しいのは誰か!」
「ソレハ、ジョウオウサマ、アナタデス」

奥さんからも、「何でレッズなんか見るの?」と問い詰められる。確かに不快指数は、始まってからうなぎのぼりだったが。

まあ、選手は別にどうでもワシンとん、とぅーりを、都築、鈴木らの悪役商会で、どうでもいいんだけど。
あのサポ見ていると、気持ちが悪くなってくる。
うへ~って、胃液が出てきそう。

しかし、ポンテはすばらしいね。今年のJリーグMVPには、彼を推薦したいね。来年はワシを放出して新潟からエジを獲得するそうで、完璧な補強だね。エジは良いよ、エジは。ついでに控えに我那覇でも置いとく?

まあ、どうでもいいことだけど。

鏡「アナタヨリモウツクシイヒトガイマス ソレハ・・・」
[PR]
by worsyu | 2007-11-15 18:31 | サッカー | Comments(3)

稲尾氏逝去

稲尾氏が逝った。突然のことで驚いた。あんなに元気だったのに。
本当の神様になってしまった。
彼の話は何回か聞いたが、面白い。聞き入ってしまう。別府生まれの博多育ちと言っていいだろう。あの顔は憎めない。しかも、人柄が温かくて、面倒見も良い。偏見を持って人と接しない。周りから持ち上げられ、権威となることを拒み、みんなから愛された。
こんな人はもう出ないだろうね。
なんだか知らないが、涙がうっすらとにじんだ。悲しいというわけではない、おそらく、誇らしくて、すばらしさに感動しての涙だろう。

落合の才能を見出し、育てたのもこの人。しかし、当の落合は、正力賞をもらった直後だったからかも知れないが、稲尾に対する敬意を失した応答だった。自らが権威となったことで、周りが見えなくなってしまったのだろうね。早晩、しっぺ返しを受けることだろう。
成り上がった人はいっぱいいるが、権威に押しつぶされて本来の自分を見失う人と、勝手に付けられた権威を払拭し、本来の自分に正直に生きる人がいる。
落合は前者で稲尾は後者だろう。あるいは、同時代のライバル-スーパースターたち、長島、王、野村と比較しても、その存在と生き方は際立っている。

稲尾氏は福岡に愛された。とりわけ、博多の人に愛された。西鉄ライオンズが巨人を4-3で破った日本シリーズは、伝説となった。何度となく、ビデオ化されて、店頭で流される。多くの年配者の人だかりができる。その映像は、博多の誇りであり、何度見ても感激と喜びに満たされる。別府に足を向けて寝られない、と本当の思っている人がいる。
別府-大分が博多-福岡に親近感を覚えるのも、彼のおかげかも知れない。

先日、臼杵のミニコンサートであるアーティストを思い出した。大塚博堂。
別府出身で「ダスティンホフマンになれなかったよ」がヒット曲。残念ながら、若くして死んでしまった。彼の歌唱力は飛びぬけていて、いまだに彼を慕う人たちがいる。
もっと、大塚を再評価してもいいのでは、と思う。
別府には、いろんな人が訪れ、また、排出している。縁の地はいっぱいある。そういったガイドマップが欲しいね。
[PR]
by worsyu | 2007-11-15 13:05 | 時事ネタ | Comments(2)

責任

G大阪-千葉の試合を見て感じたのは、やはり、千葉には勝ちたいという気持がなかった、ということ。後半から汚いプレイをしてごまかしていたが、バレーには通用しなかった。強い。すごい。

大宮戦は、西川が先発ということで、これで負けたら、仕方ない。GKは野球で言えばピッチャーみたいなもの。エースで負けたら、仕方ない、と思った。江角と西川を比べたら、やっぱり、西川が上。江角は好きだけど、成長したけど。やっぱり、負けないだろう、とは思ったが。
試合は、開始早々、こぼれ球を小林に決められるが、次第に押し込むようになり、深谷が跳ね返りを決める。後半に入って、大宮は選手を交代していくが、攻撃という形にはならない。堅守から打開する策を狙っていたようだが。一方の大分は攻めながらもなかなか決められない。大宮の守りはやはり堅い。
硬直状態は続いたが、大宮が交代枠を使い切ったところで、大分のベンチが動き出す。流れは悪くないから、あと一押しをどうやってやるかの勝負。ベンチワークが利いた。残り15分で山崎に代わって前田を投入。引いて守る相手に前田のドリブルによる仕掛けと、瞬間の判断が使えると思ったのだろう。8分後、梅崎に代えて西山。雨の中、ミドルも打て、経験豊富な西山を入れて、相手を引き出す役目。そして、その直後、前田がとうとう決める。
2分後、痛んだ鈴木に代えて福元投入。これで逃げ切り。

NACK5スタジアムこけら落としということで、大宮サポも大挙して応援していた。しかし、大分は、そのサポの力を押しのけた。逆に、大宮は、引き分け狙いにトーンダウンした時点で、負けに向かい始めていた。
勝ち点3を取りに行った大分と勝ち点1を守ろうとした大宮との違いが出た試合だったのではなかろうか。大宮のホームアドバンテージを跳ね除けて勝った大分は大きな勝ち点3を得た。しかし、まだ戦いは続く。私の計算では、最低、後1勝。3点以上欲しい。できるだろう。できなきゃ来シーズンに繋がらない。
J1に残ることで満足しなければならないことは、やはり悲しい現実だ。西川、梅崎、そして、福元、森重、夢生、そして、まだ未知数だが、小手川、清武ら、これから日本サッカー界を支えるであろう若い才能を有するクラブとして、J2に落ちては成らぬ。それは監督の責任であるし、クラブとしての責任でもあるし、我々サポの責任でもある。

雨の中、応援された関東サポならびに駆けつけてくれた人たち、大分から応援に行かれたサポの皆様、お疲れ様でした。
「大分よりの使者」を歌って、選手と共に喜び合う姿は、一部の大宮のファンに羨望の念を抱かせたことでしょう。

券が無くてスタジアムに入れなかったトリサポのみなさんもお疲れ様でした。絶対に、気持は選手に伝わっていたはずです。
[PR]
by worsyu | 2007-11-11 18:51 | サッカー | Comments(0)

臼杵 竹宵

去年から、「臼杵の竹宵」に行くようになった。今回で2度目。今回は前回見られなかった般若姫の姿を見るのが目的だった。
天皇杯の結果を気にしながらも、前半を終わって3-1ならば、おそらく逃げ切れると確信し、一路臼杵へ。
臼杵も近い。30分~40分で行ける。あの山越えも結構楽しいし。長えなあ、あのトンネル。
臼杵の町並みはすばらしいと思う。石畳が良い。コンクリートだと味気ない。商家も雰囲気づくりに貢献している。活気がある。
酒蔵でミニコンサート。ギターの調べについ立ち寄ってしまった。「22歳の別れ」「なごり雪」この2曲は名曲だ。伊勢正三は、この2曲を生み出したというだけで、褒章ものだよ。心に染み入るというやつ。言葉と音楽がいっしょになって心に届く。作為が無いから自然。フォークの王道だ。フォークの頂点とも言える作品だと思う。
演者の方もすばらしかった。オリジナル曲はどちらかというと大塚博堂っぽい感じだったが。しょうやんが歌下手だから、この人の歌がとてもすばらしく感じた。衒いがなくて、自然に、うまくて、力が抜けていて、いい感じだった。
今年の般若姫は、映画「22才の別れ」のヒロイン役の鈴木聖奈さんが扮したそうだ。2002年には映画「なごり雪」のヒロイン役の須藤温子さんがやったそうで、その時は、とてもきれいだったらしい。

行列を見ながら、もう少し演出を加えればもっとよくなるのに、と思ったりした。体が冷えてきたので、早々に臼杵の町を後にした。
帰って、千葉に勝ったことを確認。ゴールの映像も見れて良かった。
森重はヘッド強いなあ。あれはすごい。
高松、得意のパターン。反転シュート。(反転のスピードがもう少し欲しいけど・・)
梅崎、落ち着いて流し込む。藤田のパスも見事。

映像では見られなかったが、西川も良いパフォーマンスをしたのだろう、と推測。彼の華麗で軽やかなしぐさを早く見たい。
すべては、大宮戦に。
[PR]
by worsyu | 2007-11-05 11:07 | 地域ネタ | Comments(0)

清武・小手川・井上・石田

U-18から4人昇格するという。彼らのためにもJ1のステージを確保してあげたいね。

今日、埼玉の友人(?)と久しぶりに電話で話した。彼の次男は浦和のU-15のセレクションで3次まで残ったそうだ。ただ、残念ながら落選。そのため、打倒浦和に燃えているという。もしかしたら、大成するかも・・・
そんなこともあって、今日のニュースが気になった。中日優勝で語る落合監督の言葉もなかなか含蓄がある。

今回、U-18から昇格する4人は、J1のレベルに十分対応できるようになるのだろうか。梅崎が昇格した時のことを思い出す。彼は、うれしさよりも、絶対に生き残るという悲壮感と決意をあらわにしていた。それは、西川の存在があったからだ。同士であり、友人であり、ライバルでもある。今は負けているが、絶対に追いついて追い越してみせる、という気概に満ちていた。

今回の人事は政治的な思惑も見え隠れする。本当に即戦力手前として必要とされ、育成コストを割り引いても十分に見合う選手たちなのだろうか?それとも、クラブ側の方針が優先されたのか。甘えがあるのか。アピールのためのものなのか?

もちろん、結果が全てだ。才能が豊かでも、故障に泣き、また、期待されながら消えていった選手はいっぱいいる。
この世界は厳しい。本物だけしか生き残れない。努力を怠った時点で、埋めようの無い差がつくこともある。それは、クラブ自体もそうだ。もちろん、サポーターにも言える。

新しく入る選手がいれば去り行く選手もいる。4人が登録されることで今までの戦力がダウンしないことを願う。育成型に徹すれば、2、3年育てて高く売るということになるが、それは、我々の望む姿ではない。その中からチームの中心を担う選手が育っていくことを切に願う。
理想は、自前の選手たちが大半を占めるチームで、しかも、優勝を狙えるチームであること。しかし、優勝を狙うということが最優先されるとすれば、自前云々にこだわる必要はない。より、強いチームをつくるために、ブラジル人を雇っているわけだし。その代償として、割安の若手を配置するというのもどうかと思うが。

辛口の言葉を並べてしまったが、彼ら4人は、少なくともあるレベルを超えた選手たちであることに間違いはない。そこから、より高いステージに上がるために、努力を惜しまないで欲しい。みんなの栄光はその先にある。
前にも書いたが、周りに流されず、常に背伸びをして欲しい。それをさえぎることは、トリニータにはない、と思う。
[PR]
by worsyu | 2007-11-02 02:23 | サッカー | Comments(0)