「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おくりびと

アカデミーで日本映画の「おくりびと」が外国語映画のグランプリを獲得した。ついでに短編映画部門でもグランプリになったそうだ。
壇上に上がった日本人は、アメリカ人からどう見えただろうか?
監督は日本のサラリーマンの営業部の管理職風。広末は何だか知らないがブリっこしている子役癖の抜けない女優?本木は微笑を湛える優しい日本の好青年。短編映画の監督はただのオタク。
どうでもいいけど、もう少し英語しゃべれないかなあ。情けない。しゃべれないなら通訳ぐらいつけろよ、と言いたくなる。石川遼の方がよっぽど立派だ。テレビ的に。これじゃあ見ていてストレスがたまる。プロじゃない。(まるで、スターウォーズに出てくる熊のぬいぐるみみたいなイウォーク族のようで頼りないけど憎めないってやつ?)
日本のメディアは喝采を挙げているが、何だか胡散臭い。

麻生総理がホワイトハウスでオバマ大統領と会談する前日の出来事ということで、かなり政治的な色合いが強い。(麻生首相の英語は立派だね。発音は別にして内容が伴った英語。小泉元首相のパフォーマンスのなんちゃって英語よりも上)もちろん、いい映画なのだろうが。
日本で評価された映画をアメリカでも敬意を払って高い評価を下すというポーズが重要だったのだろう。
なぜ、こういうことを言うかといえば、アメリカ経済の危機が深刻の度合いをますます強めていることにある。救いの手を差し伸べてくれそうなのがとりあえず日本しかいないから、という状況がある。

先日、「Qさま」の日本史の問題の10番目に「金解禁をした蔵相は?」というのがあったが、大分県の人、とりわけ日田市の人ならかなりの割合でわかると思うが、答えは井上準之助である。
昔は固定相場制で、各国の通貨は金の裏打ちがある兌換紙幣であった。今でも、経済不安が持ち上がるたびに金相場が高騰するのはそうした理由からだ。
ドルの基軸通貨としての信用度が低落している今、敢えてアメリカに必要以上に肩入れすることは、日本の財産を叩き売りしているようなもので賛成できない。

井上氏は日銀総裁でニューヨーク支店にもいた国際派である。彼が目指した世界経済の再建への思いはすばらしい。しかし、実際に起きた現象は、市場の混乱と太平洋戦争への序章となった。
今の政治家は過去の教訓も勉強しなおして欲しい。重大な局面にあることを再認識してほしいものだ。
「おくりびと」は生者から死者へ旅立つ人を敬意を持って接し、再び生の輝きを取り戻させる演出をする人だ。日本も今はそういう立場でいるべきではないのか?
[PR]
by worsyu | 2009-02-25 09:28 | 時事ネタ | Comments(0)

ロスキャンプ終了

パンパシは3位で終わった。中国はJ2レベルだったかも知れない。しかし、一発勝負で、しかも国を背負っている。
国内で行われている、怪我しないように配慮した練習試合モードの調整サッカーとはわけが違う。素直によく勝ったとよろこんでいいのではないか?
評価できる点は、試合開始から攻めの姿勢を見せたこと。レッドカードは幸運だったが、それを引き出させたのも大分の攻撃が脅威だったからに他ならない。
数的に優位になり、その後、2点を入れた。相手DFの緩慢さにもよるが、この機に畳み込んだのがいい。試合の流れをよく見た卒の無さ。相手のミスが生じやすいタイミングにそこをついて得た。
後半、あと、1点がやはり欲しかった。ここで足りないものはスピード系のFWか?・・・
今年は、前半、FWに飛ばしてもらって点を取りに行き、後半は状況に応じてスピード系、ファンタジスタ系、高さ系、強さ系のFWをつぎ込んで追加点を狙える形ができると思う。
LA戦で不安視された金崎、藤田もこの試合では修正し、無難にこなしていた。Jリーグと海外との戦いの違いを感じただろう。いい経験になったはずだ。
「際」で勝負してくるサッカーに対してどう対処するか。パスで廻してスペースを探すサッカーか。それとも1対1で勝負して局面を打開してスペースを作るサッカーか?どちらも必要だと思う。そのバランスをどうとっていくのかだ。

家長については、左の鈴木のところに入れるのが妥当なところだが、ボランチに入れても面白いと思うし、もちろん、トップ下もいい。ただ、球をキープできる反面、物足りなさがあるのも事実で、そういう意味では、トップ下は、今のところ金崎が一歩リードと言えるだろうか。
しかし、これは嬉しい悲鳴とも言えるわけで、序盤戦、対戦相手によって組み合わせを変えながらポジション争いを行い、結果を出しながら固定化させていく。
開幕戦の名古屋戦では、おそらく、開始直後から攻撃的な大分が見られるだろうし、後半からはタイプの違ったFWを投入させることで相手DFを翻弄してくれることを期待したい。

大分の王子となった金崎に大分の王となるべき家長の帰還。2人の共演によるハーモニーはJリーグ注目の的となるのではないか?
期待したい。
[PR]
by worsyu | 2009-02-24 11:32 | サッカー | Comments(0)

モチベーションの違い

まあ、仕方ないか。負けは負け。ちょっと負け惜しみなんだが。
LA半端じゃない。国を背負っている感ひしひし。ホームだしね。こんなに飛ばしてシーズン大丈夫なのか?というくらい。
韓国も強豪。LAと韓国の決勝は妥当な線だろう。
3位争いとなったわけだが、中国戦は、控えメンバー中心で臨んで欲しい。怪我するのが怖い。中国の球際の危ないプレイはこれも半端じゃない。
西川はまだまだ調整が必要。試合勘もまだまだだ。
右に藤田はやはり怖い。(深谷、森重、大海のコンビはやはりすごいわ。守備の面だけならコバヒロの方が安心できる。)
金崎はプレイを相手に読まれていた。ちょっと考えるべき。幅を持つことが必要。
家長は魅せる。やはり真ん中でプレイさせたい。このままだと家長の方が先発でいいのでは?
最後に住田が出てきた。ゲーム展開でもっと早く投入しても良かったのでは?でも、動きは速いね。それも半端じゃなく。楽しみが増えた。使えるね。
国際試合が経験できて良かったのではないか?審判の笛もゆるい。Jリーグだと吹いてくれるものが吹かない。これが普通だ。試合の流れを維持しようとする傾向が強い。連続攻撃に我々は眼が釘付けだった。

前線からプレスを掛け続けたLAの戦術は見事だった。守りながらリズムを作り出し、攻撃に転じるという形は作れなかった。押された。執拗に追いかけられて、後ろと前が分断された。

まあ、この時期にサッカーが堪能できて、我々は幸せだよ。
(代表戦なんかよりも数倍面白かった。このドキドキ感が味わえるのはトリニータのおかげだろう。)
[PR]
by worsyu | 2009-02-19 15:46 | サッカー | Comments(0)

ロスはいいところだよ

トリニータの選手たちは、つかの間の休みに、サンタモニカを散策したらしい。
懐かしいなあ・・・・

まあ、せっかく、ロスに行ったんだから、郊外に出て、本物のユニバーサルスタジオに行くのもいいだろう。(時間がないか・・・半日つぶれる)
ベニスビーチを散策していると、Tシャツを売る店やら、ファーストフードの店、香水を調合している店なんかが並んでいて、見ているだけで楽しい。
大体、雨が降らないところなので、日差しがちょっときつい。車社会アメリカで特にロスは鉄道が無いから。
チャイニーズシアター前のハリウッドの俳優たちの手形にちょっと感激する。思ったよりも小規模なんだけど。山の上にあるハリウッドのでかい看板を見つけて写真を撮りたがる日本人たち。
夜のロスは危険だから、出ないほうがいいだろう。暗い路地は地元の人も近づかないところがあるから、ガイドをつけて行動してもらいたい。いいところあるんだけどね。
サンセットビーチは夕暮れになると赤く色づいてきれいだ。まるで映画みたい・・・必ずビーチバレーをやっている若い男女がいるから。まさか、そこでビーチサッカーはしないだろう?そんな時間ないか・・・日差しが和らぐ夕方を狙ってやっているから、やるならその時間に。
食事はホテルに缶詰なんだろう。チャイニーズタウンにいけば安くておいしい中華料理が食べられる。海外に行ったら、中国人街を探してそこで食べるのが一番。日本の中華の値段のバカ高さに驚くだろう。量もあるしおいしいし。日本料理は大抵がまがい物だからやめたほうがいい。
韓国料理もあるよ。おいしい焼肉の店あるよ。
リトルトーキョーは本当に街の一角。今でもオニヅカ氏の碑が建っているだろう。オニヅカ氏は日系人たちとってヒーローなのだ。アメリカに殉じた、という意味でも彼らの誇りとなっているのだろう。時間があったら、ぜひ、試合前にそこに行って欲しい。お参りすれば日系人が応援に来てくれるかもよ?・・・(ちなみに、曽祖父は福岡県浮羽町の出身。)
日本人は中国人や韓国人のようにコミューンを作って壁を作らない。地元に溶け込もうとする。
「郷に入っては郷に従え」
だから、アメリカは日本に対して好意的に見ているのだろう。文化の違いを認めつつも、それを乗り越えてくる日本人に対して。それは、フロンティア精神のアメリカ人と妙に息が合う部分がある。
さて、日本のニュースが入ってこない彼らに対して、日本は今、どうなっていると報告できるだろうか?
うずちゅう中川財務相が泥酔してG7の記者会見をおこなったとか?
劇団ひとりが結婚したとか?
まあ、ネットニュースみてりゃわかるか・・・
[PR]
by worsyu | 2009-02-17 12:50 | ひまネタ | Comments(0)

補強内容を見た印象

山形:古橋、小林亮の加入。積極的な補強。+2
鹿島:大迫は未知数。やや身を削った印象か。-2
浦和:永井、相馬を排出。この穴は結構大きい。補強はなしに等しい。育成に力を入れているようだ。今年は上位に顔を出すかどうかもわからない。-4
大宮:大なたを振るった感じ。これだけ入れ替えたらチームとしてまとめるのは大変。前半は苦戦するのでは?+1
千葉:アレックス、中後とある程度計算できる選手を補強。降格争いに懲りたのだろう。福元も出場する機会は増えるだろう。層は薄くなりそうだ。+1
柏:育成に徹するようだ。そんなに甘くないよ。-2
FC東京:「東京ドロンパ」のみ。+1
川崎:微妙。我那覇を捨てたといった印象。後は外人頼みか。-1
横浜:どうするんでしょうか。さすがに中沢はキープしたが。-2
新潟:大宮並みに大幅入れ替え。ここも結局はブラジル人頼みなので。出来如何か。河原くんがいなくなっちゃと面白くないね。+1
清水:ヨンセン、永井と監督が好きなんだろうなあ。揃えてきた。上位が狙える陣容だ。+1
磐田:危機感をあまり感じない。落ちることはまず無いと高をくくっているのだろうか。-1
名古屋:ここも親企業の事情か。ヨンセンとダヴィじゃヨンセンの方が上だ。-2
京都:フェルナンジーニョの穴は埋まらないよ。-2
G大阪:一見上手く補強している。しかし、チョ・ジェジンが来ても、スケールが小さい。あのマグノ、バレーに比べると・・・+1
神戸:大久保の穴は大きいよ。宮本を獲得して客寄せに使うのだろうか?高原よりはましか。-2
広島:J1残留は絶対使命。山形ほどの補強はしていない。現状の路線で継続?小林さんはJ1の怖さを知っている。-1
大分:いい調整ができたのではないか?+1

大型補強をしたガンバの下馬評が高い。しかし、マグノ、バレーがいた頃と比べてレベルは下がったといえる。怖さは低くなった。伸びがない。

今の時点で上位、中位、下位に勝手に分けてみる。これは前半(17試合終了時点)までの予想としてもらいたい。
上位:清水、鹿島、ガンバ、川崎、大分
中上位:名古屋、FC東京、浦和、横浜
中下位:千葉、広島、柏、新潟
下位:京都、大宮、山形、神戸、磐田

勝手な予想だ。こればっかりはリーグ戦が始まって、1カ月経過してもわからない。ただ、今季は、上位と下位が結構離れそうな気がする。これまでリーグを人気面で引っ張ってきた浦和、横浜の凋落傾向が見られるのではないか?今のところ、中上位に位置づけているが、定点観測をしていくうちに、さらに下がる可能性はある。
[PR]
by worsyu | 2009-02-06 01:17 | サッカー | Comments(0)

これでも代表戦

申し訳ないが、途中から見て、つまらんから外出した。
「アラ~」
「そりゃないだろう」
「ヨワッ」
「やる気ねえ~」
「冗談だろ」
「つまらん試合」
「昔だったら、これでも喜ぶ人いただろうね」
日本代表の試合で、ここまでつまらなかった試合もめずらしい。スコアを見ると5-1の快勝で、日本代表の強さを見せ付けた形だ。しかし、相手があっての話。スコアよりも内容。やりたいことができたかどうか、方向性にめどが立ったかどうかが重要だ。
岡崎のセンスはいいのはわかったが、あそこをフリーにさせるDFはどうかと思うし、両サイドのDFも甘甘だ。
何よりもプレスを掛けてこないから何不自由なく楽に裏に出せる。決定機がどんどんできる。後は決めるか決めないかだけだった。バーレーンにプレスを掛けられて何もできなくなったのに対して、フリーで球を持たせてくれた。
フィンランドはJ2の湘南に0-1で負けたようだが、主力を抜いて若手主体で来日したようだ。しかも、前半の3失点で戦意喪失。こんな相手に勝ってもしょうがない。自信にはならないだろう。
今回の目的が日本代表の人気回復だったとしたら、何ともさびしい限りだ。
オージーはこんな柔じゃない。実力的にも日本とどっこいどっこい。いくらホームとはいえ、競り合いになって勝つポイントはどこにあるのだろうか?
体力勝負になると、後半、日本はバテル。
ある意味、前半で得点できるかどうかが勝負のポイントとなるだろう。
[PR]
by worsyu | 2009-02-05 17:39 | サッカー | Comments(0)