「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

天王山を戦った相手と

いい試合ではあったと思うよ。
前半の身体を張った守備、エジの精一杯足を伸ばして、身体を入れて球を取ろうとする姿勢。そこから何度かチャンスも生まれた。
後半、ようやく1点が入る。先制点というのは、やはり意味がある。きれいな流れではあった。美しすぎた。ここまで苦労しなければ点が入らないのか?これで燃え尽きたとは言わないが、気持ちが緩んだ。これはもうどうしようもない。2点目を奪いに行く王者のメンタリティーは望む方が酷か・・
鹿島の反撃が始まる。押し込まれる。身体を張って耐えるが、いつまでもこんなことされていたらいつかやられる。エジの他にもう一人必要だ。ホベクラスが必要。球を上げられたらだめだ。いつか合わせられる。鹿島クラスだと、どこからでも合わせられる。飛び込む相手についても一瞬遅れてしまうときがある。上げる相手にもプレッシャーを掛けないとだめなのだ。
さらに逆転されたシーンは、もう集中力が切れた状態だった。
もちろん、鹿島に勝ちたかった。しかし、そのためには、技術的に足りない部分が多すぎた。
去年だったら、1点先制していたら、相手が諦めるか、またはあわてていただろう。今年は、その逆だ。守っていても余裕が感じられない。精一杯。もっと楽しく守りたい。去年は守っていても楽しかったと思う。
去年の天王山の鹿島戦で1点入れていたら。勝てていただろうし、優勝の可能性もあったかもしれない。しかし、今年は逆。1点入れても負ける。去年天王山を戦った相手として、意地は見せることができたかな。そこまでだったが。
見ていて、よく辛抱強く戦っているなあ、と思う。気持ちが折れたら3-0、4-0の試合が出てくるからだ。1点差負けが続くというのも、良い方に考えればまだまだ精神的にがんばっているということが言えるだろう。
最終的に監督と選手の信頼関係が揺らいできたらおしまいだろう。そのきっかけがつかめない以上、最終判断を下すしかすべは無いのかもしれない。責任は負わねばならない。本当に悪いのは選手だったにせよだ。
それで好転するという保証はない。しかし、原因がはっきりしている以上、そこを補強する以外に建て直す術はないし、選手たちがスタイルの継続をしていけばよいこと。誰でもいいのだ。
以前、前半で勝ち点が2けたに届かないとしたら降格は決定的だろうと言った。残された道は奇跡しかないだろう。奇跡を呼び起こすためにサポにできることなんて限られている。でも、今、選手は諦めていないし、戦っている。もっと楽に試合を運べるようになれば、試合の流れをコントロールできるようになれば、好転し始めるだろう。
最終的に結果がどうであれ、選手たちの戦う姿勢に、私は勇気付けられた。
もちろん、引き分ける力もなかったわけで、対等に戦えたとは思えない。ただ、気持ちはこもっていたし、感じた。
サポの応援も好感が持てた。いっしょに戦っているのは確かだ。その先に光明があるかどうか、それは信じる力によるだろう。
[PR]
by worsyu | 2009-06-29 10:55 | サッカー | Comments(0)

エヴァ:破

一昨日の夕焼けはきれいだった。大分市内から高崎、鶴見、由布にかけて沈む夕日はいつも思うけどきれい。
あの、青みがかった茜色は独特。
昨日は日田で震度4。あの夕焼けは何か関係あるのだろうか?

アメリカがコンフェデでスペインを2-0で下したとか。スペインも何だか知らないけど運がないなあ。それから、アメリカもそうだが、パワーサッカーが見直されてきているのだろうか?だとしたら、日本は考え方を変えないといけないだろうね。大体、日本は笛を吹きすぎる。

さて、いよいよ、明日は「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開される。久しぶりに日本が世界に誇れる(アニメ)映画が見れる。これを作り出したスタッフには、敬意を表したい。本当にすばらしい文化だと思う。特に、このエヴァに関しては、いろんな要素が含まれていて、アニメという分野だから表せる部分もある。
世界のオタクはこの映像にしびれるだろう。アニメの中で確かに生きている、鼓動を感じる。このパッションは衰えをしらない。
「エヴァ」は世界を制覇するだろう。何度でもリビルドアップされるだろう。そこには進化が見れる。
問題は最後、なのだが・・・・ここがいつも問題になる。今回も最後は{?}で終わるのだろうが・・・・
だから継続性を持つのかもしれない。
未完成、流動性、というものを表現しているのかも知れない。それも日本人らしいオチではあるか・・・

ところでうちの補完計画はどうなっているんでしょうね・・・・・なんてオチをつけてみる。
[PR]
by worsyu | 2009-06-26 12:38 | ひまネタ | Comments(0)

モンスターな女

モンスターという映画がある。
これは、あまりおススメできない映画。全米を恐怖に陥れた連続殺人犯の話。

主役のシャーリーズ・セロンという女優の鬼気迫る演技がとにかくすごい。目を背けたくなる、不快にさせる映画だ。
しかし、この人の経歴を調べると、この演技力に納得となった。演技とは人間力なんだな、と。日本のTVドラマの軽薄な演技とかぶせる音楽に見慣れているところに、こういうのを見せられるとちょっとショックだ。

南アフリカ出身。父親はフランス人、母親はドイツ人。一家はアルコール依存症の父親の暴力に悩まされていた。15歳の時、酔った父親が娘に暴力を振るい、生命の危険を感じた母親が父親を銃殺するという事件が起きる。その後、母親は破産寸前だった会社を建て直し、娘はモデル、そしてバレエを学ぶために、アメリカに移住する。
とまあ、こんなもんだ。
女優になるきっかっけは、小切手を現金化するのに銀行へ行き、期限が切れていることを指摘され、切れて口論となったところを現在のマネージャーにスカウトされるという驚きの中にも、この人らしい顛末。

母国語はアフリカーンス語と呼ばれるオランダ系言語の変形だそうで、英語はTVで覚えたとか・・・だから汚いスラング英語を苦も無く、眉一つひそめず言えるわけだ。

この映画を見て、シャーリーズ・セロンという女優の本当の顔(ブロマイド)を知ったら驚きだろうね。「モンスター」でアカデミー主演女優賞を取ったわけだが、納得だ。
中でも一番すごい演技だなあと思ったのが、親切にしてくれる初老の男性を殺したくないのに殺さなければならない場面。良心の呵責との葛藤の中で泣きながら、吼えながら引き金を引く。
この演技ができる日本の女優っていないだろう。
昔なら白石加代子ぐらいかな・・・でもちょっと違う。舞台演技だし。強いて言えば藤原紀香くらい。もちろん、演技力がないからできるわけないんだけど・・・
それくらいのものなのだ。どえりゃあことなのだ。
ニコール・キッドマンと合い通じる匂いがするね。

まあ、来年のW杯の時にはおそらくこの人が現れるだろうから・・・・
[PR]
by worsyu | 2009-06-19 12:58 | ひまネタ | Comments(0)

西川よしえ

写真ってアートなんだなあと思える1枚に出会った。
それはこれだ。
撮影者は西川よしえ。このライティングの妙はすごい。私はこの人のことは全然知らなかったが、この1枚で只者でないことはわかった。
この人の個展を見に行きたい。少なくとも、これを見れば、博物館に足を運ばなくても、肉眼で見る以上に存在感と美しさがわかる。
アートを志している人は、こちらをごらんになって参考にしてもらいたい。
世界に出なければその広さも深さも知ることはできない。
本物はわかる人はわかる。
努力すること、追及すること。それには熱が大切だ。
何かを掴み取ったと思える瞬間。それは自分ではわからないもの。回りが勝手に評価する。
そして、その評価も一度の失敗とともに地に落ちることもある。
しかし、アートの世界では、男も女も学歴も人種も関係ないといえば関係ない。
人を感動させるものは、コアにたどりつくことなのだ。
それは技術や理論に裏打ちされたもの。センスではない。
勉強あるのみだ。
[PR]
by worsyu | 2009-06-18 17:09 | ひまネタ | Comments(0)

カモメも楽しむサッカー

なぜ、ケーヒルをマークしないのか?不思議だった。
阿部はどこにいたのか?
ケネディーはそんなに怖くないのに。中沢がいない、という言い訳が通用するかどうかも疑問だが、いても勝てなかったのではないか?
それから、岡崎もこのレベルだと通用しないね。つぶれるFWがいないと。矢野は何のために入ったんだろうね。またぞろ帰化FW待望論が出てくるね。いいじゃないか予選敗退したとしても。それが実力なんだから。

それにしても、いい試合だった。緊張感ある雰囲気といい、選手たちの気合の入れようといい。スタジアムは銅鑼や太鼓は無かったけれど、みんな試合に集中していたし、楽しんでいた。

このレベルだと、ミスが少ない。しかも、プレスの掛け合い。後半、いつものように日本は運動量が落ちた。サッカーは格闘技の要素があることを改めて教えてくれた。
オーストラリアのような試合をしたい。トリニータもミスを少なくし、後半でも勝負できる鉄壁の守備力が欲しい。そのためには、やはり、4バックなら、結城のような身体のがっちりした選手が1人欲しいよね・・・・それから、体力、走力も。

「NIPPON FOREVER IN OUR SHADOW」という横断幕。英語なら格好いい?こういうことするのはどうだかね。
日本はいつまでたっても俺たちの影でしかない・・・なんて。つまり、平たく言えば「お前たちが俺たちを越えるのは100年たっても無理だよ!」みたいな感じだろうか。
まあ、これに対抗しようとする輩は、あそことあそこのサポぐらいだろうか。でも、それが格好いいと思っているんだろうね?中国から「小日本」「鬼子」と揶揄されるのとどれだけ違うというのか?
日本サポも似たり寄ったりの弾幕張っていたけどね。微妙に醜いね。しかもなんだかセンスがない。つまらん。これがあるからサッカー文化なんだとか言われると悲しくなってくるね。
もっとも、必要以上に感情を押さえ込むことは、逆に傲慢だと言えるし、不自然だが。境目が重要だ。謙虚さと余裕がないと醜くなるものだ。つまりユーモアだ。単なる皮肉や嘲りに見えたら失敗になるんだよ。人間の民度の低さが見えてしまうからね。

カモメがスタジアム内を旋回していたが、ニュージーランドなんかでもよく見られる光景だ。人を恐れていないよね。南半球の楽園ぶりが垣間見えた気がした。
[PR]
by worsyu | 2009-06-18 14:28 | サッカー | Comments(0)

ひまな話

日経平均株価が1万円手前まで来た。一旦は抜けるだろう。原油も70ドルを越えた。これは底打ちしたと見て回復基調に乗ったと安心するべきなのだろうか?
一方で、アメリカ経済の不安定な動きが気になる。ロシアや中国が外貨準備のうちの米国債を削減するとか、したいとかいう報道が出る。日本でも民主党の次期経済担当大臣候補が同様の発言をして、これは面白かった。
アメリカは、すでに経済破綻をしている国といってもいいかも知れない。考えてみて欲しい。アメリカ産のもので何か欲しいものはありますか?軍事技術や宇宙工学分野かスポーツ、エンターテイメント分野ぐらい。しかし、それらを支える金が無くなれば錆びれて瓦解するのは時間の問題だろう。
そしてそれらを支えているのは、日本、ロシア、中国がアメリカの債券やドルを買っているからなのだ。最近、アメリカの低姿勢というか、媚びる姿勢が気になる。

ヒト、モノ、カネが経済の3要素とすると、アメリカはカネさえあればヒトやモノは外国から呼び寄せればいいという考え方でやってきた。グローバリズムという名目で世界中の資金を集め、支配してきた。ところが、そのカネに不純物を混ぜて-つまりイカサマをしてますます金を集めようとした。信用の拡大の倍々ゲームつまり金融バブルだ。
日本が通ってきた90年代。同じく金融バブル(信用)ではあった。しかし経済のファンダメンタルは正常で、まだまだ国際競争力はあると多くの識者が言っていた。「ものづくり日本」に固執することで、ヒト、モノ、カネの純度を上げていった。この成功体験は未だ続いている。実際、日本は立ち直った。赤字国債を発行し、財政を逼迫させたことは事実である。しかし、借金は返せばいい。返す力があれば。
アメリカに今残っているのは軍隊だけだろう。空っぽのどでかい金庫が残っただけだ。基軸通貨としていつまで持つかも疑問である。不安し始めると底なしになるのが人心の常だが・・・残された道はそう多くは無い。実際、これまでの歴史を考えれば、戦争によりリセットすることができる。これを使わない手はないだろう。正当化するマスゴミ力は持っている。一番いいのは、自分の手を汚さずに、火種のあるところに風を送り、油を注ぎ、飛び火させ、せっせと薪を供給することだろうが。
環境問題も人間の数が減れば解決する。

先の戦争についても、避けられたかもしれないという人もいるが、これも必然性があったわけで。
たとえば、今後、販路を確保するために中国に肩入れしてみても、逆にアメリカべったりになってみても、結果はあんまり変らないかもしれない。
1930年代を再考してみると、今の状況と本当によく似ている。
なぜ、ドイツ、イタリアと組んだのか?という疑問も、大した問題ではなくなる。戦争をしたかったから、同盟など何処と組もうが問題ではなかったわけで・・・・もちろん、大東亜なんていう代物は眉唾以外の何者でもないわけだが・・・
[PR]
by worsyu | 2009-06-11 10:31 | ひまネタ | Comments(1)

やっぱトゥーリオ

ウズベキ戦を見て。
前半からいい感じ。無理せず戦っている。何と言っても中沢-トゥリオのセンターがすばらしい。これで勝てたようなもの。この2人がいれば結構計算できる戦いができる。
うらやましい・・・・・・・(昔の中沢は下手だったけどなあ・・・見ちゃおれんかった。上手くなるもんだねえ。)

マスゴミ的には岡崎なんだろうが、確かにあの反射神経というか身体能力とうか、勢いはすごいね。乗っている感じ。体ごと突っ込む姿勢がすばらしい。しかし、私的には、MVPはトゥリオだ。
ウズベキも決して悪くは無かった。心の弱いDFだったら入れられていたかもしれない。日本の穴は駒野、長友だった。それから中村憲剛も不安定・・・

岡田監督はベスト4を狙うというが、今回のチームは確かにかなりまとまってきたと言える。得点能力は低いながらも、勝ち方、戦い方がわかってきたみたいな印象を受ける。物足りなさは残るものの、中沢-トゥーリオは強力でアジア一の守備力があるといってもいいだろう。
予選を突破するために必要なことは、今回のような試合を冷静に無理なく戦うことだ。光が見えたのではないか?
まあ、どうでもいいことだけど。

翻ってわがトリニータは・・・センターは誰がするのか?森重が出てきても4バックでやるのか?そうしたら深谷になるのか?高さと強さと上手さを持ったセンターが欲しいなあ・・・森重は確かに上手い、先を読む力を持っている。深谷は強い。大海も上手い、スピードもそこそこ。しかし、この3人が去年よりもレベルアップするためには、もう一人必要だ。

2-0から2-2に追いつかれるとは。やはり情けないではないか・・・駒不足。穴ができる。埋められない。森重はいつまでDFなんだろうか。そろそろボランチに戻してあげたいが・・・・・それをやったらDF崩壊するか・・・
[PR]
by worsyu | 2009-06-08 11:56 | サッカー | Comments(0)

もろもろ

ナビスコVS広島戦。
先取点が取れたことは評価できる。コテのキックも良かった。家長のヘッドも巧だ。
問題は追いつかれたこと。このコーナーは防げなかったものだろうか?ここが去年と違うところだ。森重、深谷、大海のDFとエジが揃えば何とか見ていられる。ここに入り込める人材が欲しいね。

追いついたFKは見事だったが、最後のFKも枠を捉えようとする意識が感じられて、さすがにウェズレイ、と関心した。
歯車の一つ一つが上手く連動していくためには、中央の要の運動量が必要だろう。後はFW。そんなことはみんなわかっていること。去年は、ボールを奪った瞬間に攻撃体勢になっていた。それが今年はできていない。広島は戻りが速い。おまけによく走る。それも問題だとは思うが・・・

芝は根付いていない。何か方法はあるのだろうか?土と芝ロールとの癒着ができていないからはがれる。土の問題もあるのではないか?根が深くもぐれない。
安貞桓(アンジョンファン)の名前が上がった。インパクトはある。雰囲気を変える力はあるかも・・・。アンが大分のユニを着たところを見たいねえ。大分の選手たちとじゃれあうところも見てみたいね。

ようやく新レプユニを着たサポを見かけるようになった。誇らしげに。きれいなブルーだ。背番号も慣れるとなかなかいい。袖のネットワンシステムもなかなかいい。
やっぱり新しいユニはいいなあ、というのが感想だ。結構高級感があるね。

今年の太鼓は、ちょっと目立ちすぎ?焦燥感から来るのだろうか。太鼓は先導役であって、主人公は声のはず。太鼓演奏を聴いているわけではないので、少し後ろに下がってよい。

(今回は久しぶりにちょっと(かなり)良い席で観戦してみた。ここはいいねえ。まるで違って見えるから不思議だ。サッカー観戦の楽しみ方もいろいろあるもんだ。)
[PR]
by worsyu | 2009-06-05 12:46 | サッカー | Comments(0)