「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ゴールデンエイジ

昔、中国から留学生と称してアルバイトに来ていた青年に経済とは何かを諭したことがある。(私より年上だったが・・・今なら相手にもされないだろうが・・・)
「経済とは、金(貨幣)を血とすると、人間の身体に例えることができる。流れが止まると死んでしまう。死なないまでも、どこか不都合が起きてしまう。だから、経済をコントロールするには、この血の流れが滞らないようにしなければならない。そのためのインフラ整備であり、また、金融の自由化で信用経済を発達させることも必要なのですよ・・・・・」
中国がまだ社会主義を標榜していた頃の話。あるとき、日本人の旅行客がカメラを置き忘れたことに気付き、あわててツアーコンダクタに探してくれるようにお願いした。すると、そのツアーコンダクタは「大丈夫ですよ。ここは社会主義国ですから、落し物は警察に届けられるはずですから」と答えたそうだ。その言葉通り、カメラは出てきた。「さすが中国だ」と関心したという。
これは笑い話ではない。本当の話だ。(もちろん、今の中国なら身ぐるみ剥がされるだろう。そういう意味では、昔の中国として笑い話で受けるかもしれない。日本人のすぐ人を信じる能天気さという意味でも・・)
笑い話のほうは、「あまり日本人と親しく付き合うと社会主義が移るからほどほどにしておけ」と登小平が言ったとか言わないとか・・・
忘れ物で言えば、昔、ロス空港でふと荷物から目をはなしたすきに布袋を盗まれたことがある。さすがアメリカ、である。取られてもいいものだったのでどうでもよかったんだけど・・・
アメリカと中国は馬が合うと思うよ。考え方も似ているし、対等の立場で気兼ねなくものが言えるだろう。握手しながらも後ろ手にナイフを忍ばせている。それが外交というものだろうし、覇権を狙う国なら当然だろうか。

経済の話に戻せば、この金が廻るシステムというのが大切で、いくら公共工事をしたって、企業減税をしたって、貯金したら、それでおしまいなのだ。消費に波及しない。大企業は特にそうだが、バブルの教訓から、利益が出ても、そこから積極的な投資には向かわない。今までの借金を返すのに汲々だからだ。内部留保に廻るだろうし、投資するなら海外の工場(東南アジアや中国など)に逃げるだろう。生き残るためにはそうするしかないから。

それでは国民に減税措置や一時金を支給したって経済波及効果は期待できない。貯金に廻さない人にやらないと意味が無いのだ。買い替えではだめなのだ。新たな需要ではない。

現在のこの豊かな日本にしてくれたのは団塊の世代の人たちのおかげだ、と言ってもいいだろう。感謝すべきだろう。我々はそれに胡坐をかいて遊んでいるだけだ。
彼らは、これから、新たな需要を作ってくれるだろう。次の世代が安心して老後を生きていけるように、開拓してくれるはずだ。内需喚起が彼らの手で起きるのではないか?
地方の時代-活性化はこの世代の方々の力で掘り起こされるはずだ。期待してみたい。

彼らは日本の歴史においてゴールデンエイジと呼べるだろう。
[PR]
by worsyu | 2009-07-31 11:54 | 時事ネタ | Comments(0)

人間シャムスカに感涙

たかがサッカーごときで、しかも、試合で勝った負けたではないことで泣いたり笑ったり、他人からするとバカみたいに思えるだろう。
勝負の世界は勝者と敗者しかいない。結果が全てだ。
しかし、何故か涙がほほを伝って流れてしまう。ちくしょう。
泣いてるやつら、みんな大バカもんだ。

スタジアムでは「シャムスカ」となかなか叫べなかった。
この思いを最後に伝えたい。その場をクラブは作って欲しい。
国立に駆けつけた想いは、まだ生きてるんだよ。
大コールで、シャムスカが泣き出すまで終わらないコールをやってやる。

こんな人、いないよ。
就任早々の頃、PPで子供と遊んでいた姿を思い出す。まだ、認知度も低く、誰も振り向きもしなかった。
今や、大分中での認知度は70%以上はあるのではないか?

シャムスカの前にシャムスカはなく、シャムスカの後にもシャムスカはない。

4年間というのは長いといえば長いし短いといえば短い。
我々も、そして、その子供たちも、ずっと忘れることはないでしょう。
[PR]
by worsyu | 2009-07-28 12:26 | 地域ネタ | Comments(0)

いいものを作ろう

地方の会社-組織の悪いところは、主体性が無いということだろうか。お役所体質が沁みこんでしまっていて、活性化ができない。
トップダウンもできないし、ボトムアップもできない。2つの間に溝があるからだ。混じろうとしない。形はできてもお互いに心から何とかしようという気概が感じられない。
これは、社会風土によるもので、仕方ない部分もある。都会では競争の中でしのぎを削っているので、より効率的なものを追求する。死活問題だからだ。しかし、地方ではその必要がない。競争社会の中ではコモンセンスが形成される。たしかに競争の激化は非人間的な側面を帯びてくるが、他方で無駄な慣習や人間関係によるシステムのゆがみやかたよりがなくなる。

地方では、管理者は責任を負う代わりに高い報酬を求める。逆に部下は責任を回避し言われたことしかしない。これでは組織の力は向上しない。
お互いにより良いものを作り出すためには、意見を交換すること、競争を意識し、見える形で成果を出していかなければならない。
これは、どこかで聞いたことがあるぞ?・・・おお、一村一品運動ではないか?
地方に市場原理を導入するとどういうことになるか?やることはいっしょなのだが、都会では自然にできることが、地方では素地が無いから、高い意識を持たないとできない。方法論が違うのだ。しかも、個人のマンパワーに頼ると継続できない。でも、その人に頼らないと品質が劣化する。それしかないのだ。無償の愛を持った人しか、救うことはできない。
日本で始めて西洋音楽が流れ、医療施設ができても、その後、根付くことはなかった。しかし、数百年たった今、私たちの心には感謝の気持ちと尊敬の意は深く静かに流れ続けている。歴史と人類の発展は過去の遺徳を忘れない。

さて、大分トリニータはどうだろうか?大いなる挑戦である。この意義を本当にわかっている人が何人いるだろう。
芝の管理はどうなっているんだろう。なぜ、やるべきことをやらないんだろうか?

プロの世界とは・・・
バレエの草刈民代が言っていた。
「ロシアの関係者にロシアと日本のバレエの違いを聞いたら、ロシアではやるべき人がやっている。日本ではやりたい人がやっている。」
日本のサッカーもまだまだだな、と思った。マスゴミの空騒ぎにも辟易してしまうが・・・  
いいものを作ろうよ。こだわりをすてちゃだめだ。流されたらおしまいだよ。

みんなに言いたい。
「無知と怠慢は罪なのだよ!」
なぜ、そこまで言うのか?
それは、みなさんが世界と戦っているからです!
[PR]
by worsyu | 2009-07-27 10:26 | ひまネタ | Comments(0)

トリグッズを身に着けたい

もう、みなさんはユーチューブでご覧になっただろうか?
小笠原アナが実況で解説が岡中だった、あのゴールシーンを。

フェルナンジーニョがコーナーキックに向かう。岡中は「試合が動き出しました・・・」と解説。
そして、深谷のヘッドにはじかれたボールがゴールネットに突き刺さる瞬間。
「ドォーダァーッ!!」の絶叫!!(キターじゃないんだ。ドォーダァーッなんだよね。)
このベストタイミングで叫んだ小笠原は見事というしかない。
この人の語り口はソフトで非常に上品。聞いていてとても気持ちが良い。その人がこの瞬間を狙っていたかのように豹変したのだ。
何度繰り返し見ても痛快そのもの。見事である。遅れて叫んだらバカみたいだし、外したらそれこそバカ。反則で無効になってもバカな絶叫になる。それを見事にど真ん中に決めた。
小笠原すごいを・・・・・・・

世間では「大金星!」・・・・ここんとこ毎年勝つか引き分けなんですけどぉ・・・・・・・
さすがの赤菱も繰り返される敗戦に言葉がない模様で・・・・・早く忘れたいんだね・・・・
憑き神さまがあちらに行ってくれればいいのになあ、なんて・・・・・この感動をみんなにも味わって欲しいっす・・・
嵐は1日遅れでやってきました。
われわれが起こした嵐はこれからだ。
次節がとにかく大事。次、次。上乗せしていくためには、モチベーションをどんどん高めていかないと、緩めたらだめだ。止まっちゃうよ。

何かトリグッズ欲しくなった。
[PR]
by worsyu | 2009-07-21 12:07 | サッカー | Comments(0)

おかえりなさい

最近は私の神通力も変な形で現れるようで・・・朝方に起きてしまった方もいたようで・・・
疲れました・・・
まあ、嵐は来ませんでしたが、その分ドームで吹いたかな?

深谷が戻ってみんなが生き返った。決めたのが深谷というのもわかる気がする。
基本的にはシャムスカの路線を踏襲した戦いをしたわけで、ここまで我慢して深谷を温存していたことがこの結果に繋がったとも言えようか。そして、ウェズレイを先発から外したこと。そしてパフォーマンスを維持するために交代を積極的に早めにしたこと。そして、勝つためにするべきことをやったこと、だろうか。勝ちたいという気持が見えた。
松山さんはいい思い出になっただろう。そして、いい仕事をした。
シャムスカには改めてありがとうと言おう。
これからは大分の力で戦っていきます。
もっとも、徳俵につま先でかろうじて残っている状況に変わりは無い。
今日、スタジアムで勝利の瞬間を味わった人たちは、地獄に一筋の光明を見出しただろう。
たかが一勝、されど一勝である。このありがたさは何ものにも代えがたい。
さあ、クールダウンをしよう。
ちなみに私はドヴォルザークの「遠き山に日は落ちて」を口ずさんでいる。
♪遠き山に 日は落ちて
  星は空を ちりばめぬ
  きょうのわざを なし終えて
  心軽く 安らえば
  風は涼し この夕べ
  いざや 楽しき まどいせん
  まどいせん

そして、選手たちには「お帰りなさい」と言おう。
[PR]
by worsyu | 2009-07-18 23:57 | サッカー | Comments(0)

吹けよ風呼べよ嵐 4

同じ結果論ならばプラス思考のほうがいい。
とにかく、何事もプラスに考えようというのが、私がシャムスカから教えてもらったことだ。
ここまで進退問題を引きずったのも、ここまで行かないと想いが切れなかった人も多いと思う。みんながある程度納得できる段階までいかないと、未練が残るから。だからよかったのだ。
組織というものは、権力構造の中で命令指揮が行われる。しかし、大分には共同体のようなものはあるが、主流派、反主流派のようなものはない。親会社からのご意向があるわけではないし、社長が権力を持って弄り回すことも無い。
そんな中で、シャムスカは県民からの支持を得、或る意味、神聖化されてしまった。その影響から、必然として生贄となる運命だったのかもしれない。ここで言う生贄とは、権利と同時に責任を持たされる人を指す。昔の日本のムラにはよくあった形だ。

卒業する子供たちに対して、或る先生が言っていたことを思い出す。
「これから人生に出て行くと、いろんなピンチに陥ることがあるだろう。そのときは、もがけ。じたばたしろ。そうしないと沈んで死んじしまうんぞ。みっともないとか、格好悪いとか言いよったら、死んじしまうんぞ。必死になって水面に出ろ。これが私が君たちに送る最後の言葉です。」

周りから笑われることはうれしいではないか?選手もそうだが、われわれサポももがき苦しんでいる。みっともない。それでいいのだ。苦しいから手足をバタバタさせているんだ。居心地が悪いから暴れるんだ。それが人間なんだ。そうしないと道は開けないんだよ。この道が間違っていようがどうだろうがそれは後でしかわからない。そして、このジタバタもがいたことが、後になって、いつか報われる日がくるのだ。
全てをプラスに。既に我々はいっぱい教訓を得たはずだ。

感傷にいつまでも浸っているわけにはいかない。シャムスカ氏に対する想いは今まで十分語ってきた。

浦和戦に向けて我々は戦いの準備をしなければならない。生き様を見せ付けなければならない。私は私で神通力を使って嵐と風を呼ばねば成らぬ。

ようこそ地獄へ。
[PR]
by worsyu | 2009-07-16 23:00 | サッカー | Comments(0)

戯言です

毎度ばかばかしいお話で失礼させていただきます。つまらない話ですので興味のない方はすっ飛ばしてください。
戯言ですから・・・・

今、TVなどで日経平均株価が9000円割れ目前だとか、原油(先物)価格が60ドル割れ手前だとか言われています。
でも、みなさんがいつも使っていらっしゃるガソリンは何だかどんどん値上がりしていますねえ。おかしいですねえ。これは、元売の卸商が先月70ドル台で購入したため、その値段で買い入れたものが大量にあり、それを売るため高いんですねえ。どこかが下げ始めたら次第に下がるんでしょうけど。
つまり、来月、いや、来週あたりから下がるはずですから、見ていてください。でなきゃおかしいです。
10ドル下がれば10円は下がりますよ。大体、税金と為替で50円ぐらいが乗っかりますからね。足せば110円ということになります。
去年の年末には30ドル台だった原油価格も、6月半ばには76ドルまで上がり、ようやく底を脱出したかのような気配を示していましたが、結局、この高騰はファンド筋が仕掛けたものだったわけで、現在、アメリカでは規制が掛かっています。
「100年に一度の大不況」と呼んだのには意味があります。いつもの不況ではありません。出口が本当にあるのかどうかもわからないのです。
去年は7月末から年末にかけて大暴落が始まりました。現在、ファンドが吊り上げた相場は、再び大暴落が始まるのではないかという恐怖に見舞われています。
おそらく、11月までには再び原油30ドル台へ突入するでしょうし、日経平均株価は8000円を割り込むでしょう。
相場の世界では2番底という言葉があり、今回の暴落が収まれば再浮上するであろうという考えもあります。しかし、その考えは甘いといえるでしょう。
榊原氏が言うように、日本は江戸時代に戻る必要があるのかもしれませんね。今のこの高度消費社会(生活)を維持するためには、たくさんのお金が必要です。これまでは車や電化製品を世界に売っていましたが、それらの商品の覇権がいつまで続くでしょうか?
考えればわかることです。
保護主義が出てくることは新興国にとっては保身のためであって正当な権利ですよ。ブラジル、ロシア、インド、中国のBRICsは、当然そうするでしょう。かつてのアメリカがそうしたように。
それでは、日本は今後どうやって生きていくか。それは今まで稼いだ金を有効に使って生き延びるしかないでしょう。賢く。
もう、花見酒の経済はとっくに終わっていますよ。

マスゴミの言葉は信じてはいけない。政治家なんか嘘八百。官僚は無駄の集まり。
これらマスの力を利用する。個の力でマスを利用すればいいのです。
マスゴミには公平性を求め、政治家には透明性を求め、官僚には効率化を求めればいいだけです。
こんな簡単なことでずいぶん変わりますよ。
それでは誰がそれをやらせるのでしょうか?そんな力を持った人なんかどこにもいませんよ。
それはみんなの意識です。
知ること、考えること、行動することで変わっていきます。
[PR]
by worsyu | 2009-07-10 18:06 | 時事ネタ | Comments(0)

プロフェッショナルとしての仲間へ

昔、戦国時代にやってきたイエズス会の宣教師たちの話。
最初、お殿様にこの地で布教することを許してもらうために会うことになり、いつもの粗末な服装(正装)で行った。ところが、お殿様はいい顔をしない。布教活動も許してはくれなかった。日本では、身なりや服装がきちんとしていないと軽蔑されるということを彼らは認識できなかったからだ。そこには自分たちが優越した文化を持っているという自負心-ヨーロッパでは清貧な服装ゆえに精神の崇高さが認められているということをそのまま当てはめようとしたからだ。
後には日本の文化を認め、高く評価して適応する人(フランシスコザビエルなど)も現れるが、概して上から目線であったようだ。

リシャが通訳となったことで、今までよりは監督の言葉に心がこもるようになると思う。考えてみると、オシムの時もそうだが、外人監督の言葉をいかに選手たちに伝えるか、どう日本語に表すか。その出来不出来によって、監督が神様になるか素人になるかが決まってしまうのだ。
ファンボが監督の時、又は、浦和のエンゲルスもそうだったが、日本語が堪能であるがゆえに、選手たちが真面目に聞こうとしない。たどたどしい日本語を使って(もちろん、その努力は賞賛すべきことなのだが)、親切に説明されても、ありがたみがない。
外タレ同然の扱いになってしまうのだ。日本語の上手い外人さんになってしまう。

さて、リシャの場合はどうだろうか、リシャならシャムスカ監督の意図はわかるだろうし、言葉に魂をこめて選手たちに伝えてくれると思う。ただし、その言葉はリシャなのかシャムスカなのか?
通訳は所詮影のような存在。イタコではないのだ。逆にイタコであって上手くいく場合もある。矢野氏の場合、そうした面もあったと思う。影ではあったが、イタコになっていた面もある。その場の勢いや雰囲気に応じて少しアレンジして選手たちに伝える。矢野氏の個性もあって、うまくチームがまとまっていた。
もし、シーズンが終わってがんばったと言えるだけの結果が残ったとしたら、それはリシャのおかげだと思う。その時は彼を讃えたいと思う。救世者として。
すでに彼のおかげでチームの雰囲気が変わったはずだ。良い化学反応を起こしてくれれば・・・うまくいけば、今回の最大の補強になるかもしれない。去年以上に監督と選手たちがプロフェッショナルとしての仲間意識が築けたら、チームは成長するだろう。
磐田戦に注目したい。
[PR]
by worsyu | 2009-07-10 12:19 | サッカー | Comments(0)

甲本を聴きながら

リシャが通訳をやってくれるようで、ありがたい・・・この人のおかげで持っているところはあると思うよ。
下部組織ではなくてはならない人だろう。人望も厚いし・・・・

ところで、最近は、何故か甲本のCDばかり聴いている。
歌詞が身にしみる。いい歌ばっかりだ。というか、日本のロックだなあとしみじみ思う。
そういうトリニータもロック街道まっしぐら。結構、格好いいじゃないか。
トリニータの風に吹かれて・・・・ナンテネ
今年は乗れる歌がない。なんか欲しい。後半戦に向けて何か欲しいね。去年のSEEOFFみたいな・・

トーシロから、「あそこバッカじゃねえの?」と言われるくらいになりたいね。バカだの糞だのと言われながらも、どこかで認められている。一種の憧れも含まれたバカ呼ばわれされるくらいになりたいね。
甲本がバカっぽく歌う唄はロックだよ。それをバカと呼ぶか、それとも、真実を見つけて感動するか。
ちっぽけなことが大切。言葉は凶器にもなるし慰めにもなる。歌は心の叫び声でもある。
本物の声は強制されて出るものじゃない。
心のこもっていない声はたとえ大きくてもただの音でしかないんだ。

最近、無性にトリニータのTシャツが欲しいと思うことがある。オリジナルのデザインで自分なりのTシャツ。知らない人はわからないようなTシャツ。
オリジナルデザインのトリTをブログで紹介してくれないかなあ。どこか。
そして、Tシャツ好きの甲本もうならせるようなTシャツがほしいなあ・・・
[PR]
by worsyu | 2009-07-08 12:28 | サッカー | Comments(0)

本当の絆

しかしながら、正論ばかり述べたって改善しないのが現実だ。
たとえば、シャムスカ氏を解任しても、同氏がJリーグの他のチームに移ったとしたら、そのショックは想像を絶する。
つまり、大分トリニータというチーム、クラブの脆弱性はいろんな意味で持たれ合いの構図の中で維持できているわけだ。
弱い者同士が助け合い、支えあっているわけで、そんな中で正論を振りかざしてみても意味はない。
実践の中から確かなものを拾い上げて構築するしかないのだ。
組織論を語る上で精神論にあまりに比重を掛けることは科学的ではないが、機能できる組織になった上で結果を出していこうということになれば、当然、精神論になるだろう。
我々の目の前にはJ1というフィールドが広がっている。そのフィールドを駆け抜けた先にJ2が待っていたとしても、それは結果論。シャムスカのサッカーが大分トリニータを進化させたことは事実であるし、さらに進歩しようとしての苦しみだとしたら、それは受け入れなければならんだろう。
去年に比べて大分トリニータは進化したのか、進化しようとしているのか?
このクラブは日本、アジア、世界を目指すクラブに向かっているのか?それとも、宮崎の知事みたいにただの野心から出たデマゴーグなのか?
一地方のサッカークラブとしてはよくやっている、で済ませていいのか?
J2に落ちるのが怖いから、嫌だから言っているのではない。夢を諦めるのが嫌だから言っているのだ。
たとえ結果がどうであれ、大分で開いたこのサッカー文化をしぼませてはならない。この花は他にはないもの。取るに足らないものではない。
大分県民の多くの声を代弁するとしたら、クラブ側に聞く耳があればの話だが、今だからこそシャムスカ監督の更なる複数年契約を発表するべきだと思う。
そのことで、選手、サポーター、県民、クラブが再び一体化できる。本当の絆が生まれる。
その勇断をみんな拍手で迎えるだろう。
回りから笑われようが、笑われるからこそ価値がある。バカだ阿呆だ頭おかしいと呼ばれることは我々の望むところだ。誉め言葉に聞こえる。
魔女狩り、魔女裁判をしたってしょうがないのだ。建前と本音の狭間で最後に残るのは心。マスゴミどもの肝計に乗せられるな!
「俺たちは大分トリニータを支持します。勝っても負けても」と叫ばせてくれ!!
[PR]
by worsyu | 2009-07-01 12:10 | サッカー | Comments(0)