<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花見頃だね

阪神は開幕2連勝。第3戦目は負けたが。
勝利インタビュー。城島はまるで監督のような余裕で対応する。それに対してアナウンサーの何ともアホらしい質問。それから、会場の拍手。まあ、あほらしいわ。バカッぽくて、でもこれが素晴らしいね。
これだけ頭がとろけそうなくらいバカになれる幼稚になれる阪神という存在はやっぱりすごいね。
今季から試合が終わると一塁側に横一列に並び一礼する。これはサッカーに習っているのか?
もっと、ローカルで盛り上がらないといかんな。

浅田真央が世界選手権で優勝したね。ラフマニノフの「鐘」は30才くらいの時に発表された曲なんだよね。でも作ったのはもっと若い頃だったと思う。国内が混乱しはじめていた頃、そして自らの境遇と将来に対する不安が込められている。ロシア革命前の不安な政治状況下で、没落していく貴族、終焉の時を告げるクレムリンをイメージさせる。それは、ロシアという国を思う時、タラソワコーチなどが思う「鐘」に対する感情はとても深いものがあるだろう。

浅田真央の「鐘」も見慣れてきたせいもあり、良かったね。同じメロディーの繰り返しなんだが、味が出てきた。滑っていくうちによくなってきたね。我々も受け入れるようになった。何度も見ていくうちに浅田のスケーティングの素晴らしさを実感できるようになったね。演出面で誰か有能な人がいればもっといいのになあ、とは思うけどね。

ロシア人から見れば、日本人がこの「鐘」を表現したということは驚きでもあるだろう。おそらく、ロシアの人たちはこの「鐘」と浅田真央の演技を受け入れ、愛してくれるだろう。
ロシアそのものの歴史が見えてくる。ロシア革命、アナースタシア、スターリンによる粛清、ペレストロイカ-民主化革命、そしてチェチェン紛争によるテロ事件。ロシアは常に悲劇的な事件と動乱の歴史の繰り返しだ。

浅田真央の「鍵」は歴史に残る名プログラムだ。日本のマスゴミも回転不足だのよろけただの、確かにスポーツなのだが、芸術文化として見ることを啓蒙して欲しいものだ。
[PR]
by worsyu | 2010-03-30 03:24 | ひまネタ | Comments(0)

冗談だろ

あってはならないこと。
醜態を晒す。
誰か栃木に4点もとられる理由を教えて欲しい。(いや、教えてくれなくて結構だ・・・(笑)

上位3位に食い込むチームのやることではない。

同じユニを着ているけど中身はまるで違うのか?去年の幻影を追い求めると失望するぞ、という教訓か。

J2ではよくあること。まだチームが固まっていないし、闘い方もこれから実際に体に染み付いてくる。これからこれから、と思いたいが・・・
少なからず、失望した人も多いし、ショックな出来事だったはずだ。こんなチームっだったっけ?

サイドが緩々なのは寄せが甘いから。裏を取られるのは守備の意識が希薄だから。センターが弱いのは気持ちが弱いから。

シーズン前からわかっていたこと。いかにDFを鍛え上げ、組み上げるかがこのチームの課題なのだ。厭らしさ、汚いくらいの上手さ、しつこさ、根性のないDFはいらないよ。10回大丈夫でも1回ミスしたら駄目なのがDFだ。そのミスが起きる前に何度も危ないことをやっているはずだ。決定的なミスの裏には何十回ものミスにならないミスがあり、その裏には何百回ものヒヤリとするシーンがあったはずだ。絶対の自信がなければ失点は防げないよ。
普段の練習から、1回もヒヤリとしないように、集中して精度を上げる努力をしていかないと、進歩しないよ。と言って突然上手くなるわけもなく、食らいついていく姿を期待したい。それしかないではないか。

もう、この際、両サイドは攻撃参加は押さえて守備に専念した方がいいのではないか?そして、交代枠も守備に比重を置けばパフォーマンスも落ちなくて済む。
こんな試合、2度と見たくない。
[PR]
by worsyu | 2010-03-29 10:52 | サッカー | Comments(0)

歌の力

実を言うと、最近仕事中に頭の中で流れるマーチが「オー鹿島」なのだ。ついつい「敵性国歌」を歌っている。これがまたテンポがいいのでスイスイと気持ちよく頭の中でリズムを刻んでいる。

060.gifさあ行こうぜ俺たちの誇り~ 愛しているぜ~ ララララーラ ララララーラ 前を向き突き進め rep.060.gif


これなら何とか対抗できそう?
でも、やっぱ鹿島マーチは強力だ。

受け狙いの軟い歌を歌っているところもあるが、個人的な趣向ではちょっと、ね。反対にただ男っぽく吼えているだけのどこかみたいなのもダサイし、ね。

映画でデトロイトメタルシティがあるが、あれも見直してみるとよくできた映画だ。都会ではデスメタル系か渋谷系しか受けない。そういう対峙の仕方をしている(実際、都会チームを色分けすると見事にこの2つに分かれる)。最後の場面で主人公のクラウザー2世が歌うカジヒデキの「甘い生活」は、根岸君の本当に歌いたい歌という側面もあるが、監督が受けを狙ったという側面もある。

都会に受けるものを狙い、媚びることは、好きでない。
そのどちらでもないものを見た思いがした。どうか、アウェイに行って、大変だろうけどどんどん参加して歌いまくって欲しいものだ。必ず地方ではこの文化が受け入れられ、影響を与えるだろう。
河野氏のように「アウェイに行かずホームだけ来ればいい」みたいなことでは地方のクラブがだめになってしまう。
ピンチがチャンスだ。新しい文化を地方から盛り上げていけるチャンスが到来したのだ。その先頭に立っている。

歌を歌うためにサッカー場に行くってのも変な話だが、今回の試合前の集会には、それでもいいかな、と思わせるくらいのインパクトがあった。続けて欲しい。楽しいし。この輪は広がるよ。
あの一分刈りの兄ちゃんが格好よく見えてくるから不思議なものだ・・・・

個人的にはこの歌で今シーズンは闘える気になってきた。
[PR]
by worsyu | 2010-03-18 00:08 | ひまネタ | Comments(0)

ホーム開幕

西口に集うトリサポの試合前の声出し集会に久しぶりにちょっと感動。とてもいいデモンストレーションになってきたね。
観客は結構入っていると感じたが、発表数は意外と少なかった。
練習をしている岐阜を見に行った。浮氣コーチが見れた。これは今回の収穫だった。
練習を見ていると、キーパーがちょっと・・・それから練習の手際がちょっと・・・おまけに技術も劣る選手がちらほらと・・・これがJ2。
青いユニが格好いい。去年と何が違うのかわからない、不思議な感覚を覚えた。アズーリッ!
試合が始まって、なかなか先取点が取れない。時々中盤であたふた。でも、全体の流れを見ていたら3、4点は取れる相手だと思った。(しかし、そうはなかなかならないところに我がチームの問題点がある。相手に「負ける相手ではない」と言わせてしまうことに問題がある。強いところと弱いところが並存しているということだ。)
ただ、心配していたのは無駄なカードは貰わないこと。そして、ミスからの失点に気をつけること。
3-1というスコアは確かにキムの存在に負うところが大きい。もっと、中盤で支配できるはず。問題は山積。ただし可能性も見えた。
カードについては、審判がルールなので、彼らがそういうサッカーを目指しているということだろう。ただし、選手といっしょに作っていこうという気持がなければ、やっている選手たちも、見ている観客も面白くない。頭ごなしに押し付けてくるやりかたに反発するのも理解できる。選手が抗議しているのは、理由があるからだ。彼らが目指しているサッカーのルールと審判の思っているルールに隔たりがありすぎることは不幸なことだ。
今日の試合。選手が不要なカードを貰ったと思ったとしたら、それは負けだ。長いシーズン。選手層が薄い我がチームにとって得失点差も大事だがカードをいかに貰わないかが重要ポイントになってくる。耐えがたきを耐えることもこれからは必要となるだろう。我慢してくれ。俺たちが代わりに吼えるから・・・

まさかJ2審判の流儀で勝ったチームにいっぱいカードを切るという方針があるとしたら、そんなこと、信じられない、ばかげたことだ。ありえない、だけどもありえる~

こんなところに長居したくない。と思った人も多いのではないか?あの味を我々は知っているのだ。残影を求めている観もある。失われた統一の回復を。これから一つずつ失ったピースをかき集めて行こう。剥がれないようにちゃんと接着剤をつけて!
今度、親でも連れて来ようよ。
昔のユニやジャージを来た人をいっぱい見かけた。戻ってきたオールドサポも見かけた。昔のやつも結構味があるね。これも歴史なんだね。いろんなスタイルのトリサポが見られて面白かった。
[PR]
by worsyu | 2010-03-15 01:27 | サッカー | Comments(0)

こっそり応援

鳥栖VS札幌の試合を見た後、東京VS横浜の試合を見る。その前に神戸VS京都を見たが・・・。
鳥栖VS札幌、特に鳥栖の戦い方はJ2だなあ、と思わせる内容だった。パスサッカーなんだろうが、無理なコース、無理なタイミングでも通そうとする。形は作るが外しまくる。技術が伴っていないようだ。それでも札幌と引き分けたのだから勝負に対する気持は強いね。侮れない。
東京は、森重である。やはり、いい。存在感がある。落ち着いている。あわてず冷静に対処する。上手い。この落ち着きがチーム全体を落ち着かせる。不必要な緊張をしなくてすむ。
前にも言ったがDFにとって緊張感を90分間続かせることは至難の業だ。そこで緩急を付けてポイントを抑えれば守備は安定する。常にフラットな感覚で自然と体が反応し、無理せず守りができたら最高に楽しい。そんな光景を見てきたなあ。ああ、森重・・・
東京のカウンターサッカーの基本は守備である。そこからの変化でポゼッション、パスが繋がる。しかし、パスに拘らない。ドリブル突破をしていく石川、長友がいる。今野も中村北斗も羽生も梶山もいる。そして平山、赤嶺、リカルジーニョ。これだけそろえれば優勝争いを当然するだろう。横浜との試合でも、均衡した試合ながらも余裕を感じた。勝負どころをよく知っている石川は、最後の場面で相手DFを飛び込ませるようにわざとスピードを抑えた。そしてタイミングを測ってスピードを上げた。見事。あそこで飛び込んでしまった横浜DFの小椋は経験不足か・・・ちょっと未熟だね。というか、罠にはまったわけだが。
横浜も俊輔が入ったとは言うが、それ以外のメンバーを見ると、それほど大したメンバーではない。横浜の今季は結構苦戦すると思った。

刀根は森重になれるだろうか?始めて森重を見た時、その非凡なボールさばきと体の柔らかさ、センスに驚いたのを今でも覚えている。絶対、この子はトリニータを支える柱になると思ったが・・・・
あの落ち着きは、CBに必要。そして、それが強さになる。
刀根を今度じっくり見てみよう。
そして、やっぱり森重にはがんばってもらいたい。陰ながら応援したい。

それにしても、西川、森重、金崎(玉田くん、かなざきだから間違えないように)は3種の神器だったねえ。もう、代表でしかいっしょにプレイすることはないだろうけどね。
[PR]
by worsyu | 2010-03-09 02:40 | サッカー | Comments(2)

いつの日か

FCバルセロナってすごいよね。クラシコを見たが、これはもう別次元のサッカー。ベースボールと野球が違うように、サッカーも日本に入ってくると別のスポーツになってしまうんだねえ。ただし、これは否定的に言っているのではない。野球が本場のベースボールをある面では越えたという意味では、サッカーもまた、日本で独自の発展をしていくことはいいことだと思うよ。無理矢理当てはめようとしても、それは却って陳腐なものになる。日本にも長い歴史があるのだ。
しかし、あのカンプ・ノウの何とも言えない盛り上がり方。それは、バルセロナがカタルーニャ自治州の首都という政治的なポジションからもあるのだろう。彼らがたどった歴史、そして民族、宗教のよりどころとしてのサッカー、スタジアムがある。彼らにとって、サッカー、とりわけバルセロナは命の源とも呼べるものなのかもしれない。(スペインも今や国家財政はかなり危うい・・・ヨーロッパがアメリカのスケープゴートとして使われている面もあるが・・・)

去年、大分帝国という弾幕を嫌い、成績不振の原因と面白がって槍玉に挙げた人々がいた。私は、以前も書いたが、中央にへえこら頭を下げて揉み手をして擦り寄り、ご機嫌伺いをするような奴は嫌いだ。少なくとも、中央寄りのポジションから発せられるマスゴミに同調したような意見は大嫌いだ。だから、大分帝国というネーミングは結構面白いと思った。(彼らの意図はどこにあるのかは知らんが・・・)
闘いには大儀が必要だ。何のために闘うのか。なぜ闘うのか。単に祭りをするだけだとしても、祭りにもそれをするだけの意義がそもそもあったはず。
大分は小藩分立の政治風土があった。未だに日田、中津宇佐、玖珠九重、湯布院、竹田大野、佐伯、国東杵築、別府、等々、単純に大分といっしょにされては困るという面を持っている。これはそれぞれに独自の文化を育んできたといういい面もあるのだが、反面、足の引っ張り合いで一つになかなかまとまらないという面も持っている。
トリニータは大分を一つにした唯一のソフトなのだ。みんなが参加して文化として広がっていき、いろんなサブカルチャーも出来ていけばいいんじゃないかな。
阿部真央にしても、彼女というパーソナリティーが生まれた背景にトリニータの存在が多少なりともあったことに間違いない。私は、彼女にはスーパーフライやYUIとは違うものを感じる。それは大塚博堂を重ねてみているからかもしれない。彼は、生きていたらもちろん日本を代表する歌手になっていただろうし。でも、今でも、その歌声だけで生き続けている。吟遊詩人と呼ばれた男は夭折した。
いよいよリーグが開幕する。闘う意義をかみしめて楽しくやっていきたい。県民と共に。手を繋いで。
変化の歩みを止めてはいけない。変化し続けることで進化できるのだから。
オンリーワンヘ道は見えているか!
[PR]
by worsyu | 2010-03-06 02:14 | 地域ネタ | Comments(0)