「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Justice

NHKでハーバード大学の公開講座をやっていた。哲学的思考というやつ。思索の森への入り口だ。ご覧になった方もいるだろうが・・・

設問1)ここにブレーキが利かなくなった電車がある。その運転手はあなた。前方に5人の人間が見える。このまま行くと5人死んでしまう。しかし、ハンドルは使える。別の路線に1人いる。そちらにハンドルを切れば1人が死ぬだけですむ。あなたは、どうしますか?
(この場合、おかしい設問ではある。大体、電車にハンドルはないわけで、この設問はおかしいわけだが、それはこの際目をつむる)
ハーバード大では、学生たちは、9対1で5人を助けるためにハンドルを切ると答えた。ハンドルを切らない方に手を上げた学生の中にアジア人がいた。彼は「人間を差別することに繋がる」という意見で賛成できない、と答えた。学生の多くは、9.11事件で自分たちを犠牲にして大惨事を未然に防いだ例を出して、正当性を唱えた。これは最大多数の最大幸福が善であるというベンサムの考えに依拠している。結果から求められる正義だ。

設問2)これは実際に起きた事件から。ミニョネット号事件というのが19世紀に起きた。イギリスからオーストラリアに向けた船が難破し、救命ボートで4人が脱出できた。しかし食料が底をつき、くじ引きで仲間のために身を捧げることを決めようとしたがまとまらなかった。そのうち、年少者で家族もいなかった青年が海水を飲み衰弱したので、殺害して食料に当てたという事件だ。正当性がある行為なのかどうか?

政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業「Justice(正義)」より。

これは政治的な命題である。正義はどこにあるのか。これを正義と呼んでいいものなのか?しかし、日々生きていくためには、どちらかを選択しなければならない。
絶対の善などというものはあるのだろうか。我々が選べるのは相対的なものでしかない。

例えば、設問2)の「ミニョネット号事件」で考えると、弱りきった青年を殺して何とか生還できた残りの3人は、とても英雄的行為とは言えない。しかし、生きるためには仕方がなかったのか?同意を得ていない。それでは同意を得ていれば許されるのか?これは殺人以外の何物でもないではないか?他に道はなかったのか?

私は、講義を聴きながら、沖縄普天間基地移設のことを考えていた。

これは政治哲学の授業なのだ。個人の観念的お遊びではない。
皆さんはどう思いますか?
政治とは、そういうものだ、ということを知るべきですね。
[PR]
by worsyu | 2010-04-26 15:40 | ひまネタ | Comments(0)

負けに等しい

まさか、私が合格点を与えたから気が緩んだというわけでもなかろうが。
北Qも個々の場面では勝負できるし、勝る部分もある。しかし、千葉がそうであったように、勝負処、試合の流れを決めるところで決めるのが強いチーム。勝ち方を知っているチームだ。それをさせてもらえなかった。北Qのがんばりは最後まで続いた。気合が入っていたね。社長が「身の丈経営」と声高に対抗発言していただけのことはあるね。
必要以上に悲観することはないが、チームが成長していく上で問題点を整理し、解決策を見出していかないといけない。
(攻め急ぎのパスミスや精度の低いフィード。意図が見えない攻撃。もっと支配率を上げていかないと攻撃の厚さもできてこない。言わなくてもわかっているだろう。守備陣ももう少しがんばってくれれば、楽になる。)
柏、千葉の関東イエロー軍団は、得失点差も+9と安定している。より完成度の高い柏が今のところ首位を走っているのは納得だろう。
大分は、引き離されないようにくっついていき、直接対決で結果を残すことで士気が上がり、優位に立つことができる。そのためにも、早い時期に首位に立ち、結果が目に見える形で組織に良い刺激を与えることが大切だ。
我々は3位以内に入れば何とかなるではない。それは柏、千葉の言い分だ。我々は優勝しなければならないのだ。優勝しても、だめかもしれない。そのくらいの気概を持って欲しい。
我々は伝説を作るんだ。
北九州のスポーツ好きの市民は、ソフトバンクの試合に夢中で、誰もギラバンに関心を示さない。勝とうが負けようが引き分けようがどうでもいいのだ。
そんなところ、と言っちゃ失礼だが、サッカー愛、トリニータ愛は、やはりすごいと思うよ。
勝ち点1はホームでは負けに等しい。内容も結果も。しかし、1点の重みは重要だ。北Qの気概を見習って、挑戦者としての意識を再確認して欲しい。
それができれば、今回の試合も無駄ではない。次の試合でそれを見せて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2010-04-26 00:25 | サッカー | Comments(0)

ニータンくん?

J’SGOALより。大体、「ニータンくん」って呼び方!初めて。フジのアナが言った「ニートくん」よりはマシか?どれだけ知らないかがわかるね。

森島、それ何?大雑把~。でもまあ、特徴は掴んでるね。なかなかここまで書けないよ。絵心あるよね。なかなかなもんだ。笑える。吊られてこちらもニンマリしてしまう。

井上。期待したいところだったが・・・・あら~っ・・・笑えない。裏切るネエ~
絵心ない。何とかしようという気持ちはわかるが、見ているこちらも何とも言えない悲しい気持ちになった。真面目なんだろうけどね。そりゃないよね。

北九州がやたらうまい。

でも、森島画伯の絵、欲しいなあ。
[PR]
by worsyu | 2010-04-22 12:34 | ひまネタ | Comments(0)

こんなとこですかね

赤坂にミルクロという店があるそうだ。赤坂駅から少し下って中に入ったあたりかな?
行ってみてえ~!アイスクリームくらいなら食ってみてえ~!そして、トリニータのリングを鼻につけて、トリニータの旗を牛のケツん穴にぶっこみてええ~!

草津戦は、3-1で勝利したようだ。これで15点。合格だ。千葉VS岡山戦を見たが、岡山の気合が勝っていたね。サポーターも気合が入っていた。終始千葉優勢のまま試合は進んでいたが、負けてしまった。最後は根負けか。走り疲れて集中力が無くなったのだろうか。何度も得点チャンスがありながらことごとく潰していく。いや、潰された。外人頼りになると、攻撃が単調になる。結局、そういうのが続くとこういう結果になるんだね。

ダウ暴落。日経200円安。これはアメリカの証券取引委員会(SEC)がゴールドマンサックス(GS)を証券詐欺罪で訴追したからなのだ。まあ、この手の話は、裁判になって係争となるのだが、ダメージは大きい。それじゃあ他のところはどうなのか、ということなのだが。まあ、すさまじいね。これじゃあ、ティーパーティー運動が盛り上がるわけだ。市場は今、震えているよ。

日本はというと、米軍移設問題でマスゴミが騒いでいるが、代案を言わない。怖くて誰も言えないのだ。それじゃあ、今まで通り沖縄で、ということになるしかない。それがアメリカの意向ならば、と。それじゃあ意味がない。
実際、候補となっている場所は、米軍岩国基地(山口県)、佐賀空港(佐賀県)、海上自衛隊大村航空基地(長崎県)、陸自相浦駐屯地(同)、海自鹿屋航空基地(鹿児島県)などなど。
これに諫早湾干拓地というウルトラCもある。

結果はどうであれ、日本の意向というものを出すことは大切なことだと思うよ。議論しないでそのままというのが一番悪い。結局、マスゴミはそうした機関ではないということだ。啓蒙もできないし、民意を汲み取ることもできない。煽ることと、アメリカの手先のような視点で論評するだけだ。

米軍移設が実施されれば、それと同時に多額の経済援助,補助金が約束される。見返りは大きい。永遠ではないし、期限を定めれば、自治体にとっては、結構、いい話だと思うが。見返りの金額が大きければ、落とし処は必ずあるはずなのだがなあ。(例えば、一人当たり1億円。税金免除とか。個人や子供らに見返りが来るようにすれば考える人もいるのではないか?リスクを負うことに対する報酬は正当な請求だ。)20年もしたら、どうせ引き上げるんだし・・・冷静な議論さえできない。まるで暴力団がやってくるみたいな騒動だ。

日本人て優しくて、頭が良くて、真面目で。でも、損得勘定ができない幼稚な子供なのかも・・つまり島国根性なのだろうか。
[PR]
by worsyu | 2010-04-19 15:00 | 時事ネタ | Comments(2)

大人の文化へ

刀根のヘッドこすりゴールは練習試合でも見たパターン。得意なんだろう。
1-0という結果にはやはり不満が残る。
3位には居るが、柏、千葉と見比べるとちょっと見劣りする。これからのチームの伸びシロに期待したい。現段階では仕方ない部分はあるのだろうが、試合を重ねていくに連れて、試合運び、勝負どころ、を体感して覚えていって欲しい。このままだと4位以下に沈む可能性も秘めている。普段の練習から集中して、連携、精度を高めていって欲しい。守備力が上がってくれば、J1でも十分通用する状態になるはずだ。取りこぼしなく、上位に食いついていって欲しい。私が勝手に設定した8節終了時点で15点以上はクリアしてもらいたい。
試合後、観客の感想などを聞いても、皆、レベルが高い。なかなかのことを言う。目が肥えている。みんなのブログや意見の一つ一つが選手を育てることに繋がるし、サッカー文化を育むことになる。

大リーグエンゼルスの松井がNYのヤンキースタジアムに凱旋。ヤンキースファンは総立ちで昨年Wシリーズで9年ぶりの優勝に導いてくれたMVP男に賛辞を惜しまなかったという。
微笑ましい。感動を覚える。
これが自然な感情なのではなかろうか。サッカーでは時々、移籍した選手に対してブーイングをする場面がある。辞め方にもよるが、元チームに多大な貢献をしてくれた選手に対しては暖かく迎え入れる度量があってもいいものだ。それこそが大人の文化だろう。
大分には、まだ、そうした変にスレていない部分があると思う。ともするとTVの影響からヨーロッパサッカーを手本にしている勘違い者もいるが、流されず、自分の感情に正直になればいいことだ。
もちろん、試合となれば別である。場合によっては、大いにブーイングすべし。
[PR]
by worsyu | 2010-04-14 11:47 | ひまネタ | Comments(0)

一発レッド

横浜F鞠とC大阪の試合で問題が起きた。いや、問題にならないだろうが。主審は佐藤 隆治氏。
セレッソのボランチのマリチネスが正面からタックルに行った場面で、レッドカードが出されたのだ。
一発レッドとは厳しい。その後も不可解な判定が続いた。
相手選手が保持しているわけでもないイーブンボールに対して正面からタックルに行くことは間違いではない。ボールにいているし、スパイクの裏を見せているわけでもない。脛で良心的なスライディングである。これでレッドを出されるくらいなら、体で当たってイエローを貰う方がまだいい。
協会側が黙認するということは、今後のサッカーの考え方を変えなければ成らない。
つまり、シミュレーションとフリーキックとヘッディングが上手いF鞠のチームこそがこれからの日本選手に求められる指針なのだ。
そのためのパス廻しであり、シュートなのだ。20本打って1本も入らないチームを目指せということなのだろうか。
既にその方向で進んでいる。W杯は、そうした日本の考え方、戦術(私は「忍者サッカー」と勝手に名づけているが・・・)に未来があるかどうかを検証するいい機会だと思う。
[PR]
by worsyu | 2010-04-11 11:40 | サッカー | Comments(0)

嘘も方便

見事な負けっぷりだった。1点目は縦パス、ポンで抜かれて・・・2点目なんか、みんな見てるだけ、早く笛吹けよみたいな感じ・・・
3点目、眠ってました。
セルビアの3軍にホームで0-3とは。まるで怪我が怖くて練習試合程度にしか思っていなかったんだろうね、と思わせるくらいの出来だったね。しかし、セルビア上手いわ。コースの消し方が上手い。読みもぴったり。足が出てパスカット。しっかり守って、カウンター。速い、強い、上手い。
まあ、ブーイングだね。
岡田監督は、「W杯でベスト4を目指す」と明言しているが、いったいどういう頭の構造をしているのだろうか?と思っている人は多いと思う。少なくとも世界は嘲り笑っているだろう。代表サポにしたって声高に「W杯ベスト4」とは掲げない。掲げてくれるのは相手チームがブラックジョークでするくらいだろう。
現在、政府が沖縄の宜野湾市の普天間にある米海兵隊基地の移設問題で四苦八苦しているが、それと比べてもどうかと思うが、どうなんでしょう。それ以上に噴飯ものではなかろうか?ついていけない。おそらく、岡田監督の言葉にはサッカー協会の思惑がからんでいるからなのだろう。
嘘も方便
しかしながら、代表サポの誰もベスト4発言に対して同調もしないが抗議もしない。結局、結果は期待していないのだ。祭り感覚で参加できることで満足しているだけ。結局、サッカーを舐めているよ。だから、それ以上のものを期待したって無理だろう。目標がないんだもの。
代表サポっていったい何なんだろう、って時々思うね。甘いナショナリズムに浸らせてくれる娯楽、ファッションのようなものだろうか?大企業とマスコミが宣伝して、それに群がる人々。中身は何もなくてもいいんだろうね。世界と闘っている。それを間接体験したいんだろうか?虚しくないんだろうか?おまけにユニがダセーし。
日本が4戦全敗したら(その確率は80%以上)、どう説明するんだろうか。W杯後、Jリーグの審判は少しは進歩するんだろうか?サッカー人気が地に落ち、FIFAランキングが50位以下に沈んでも、協会は責任取らないんだろうか?

日本のことわざ-:正当なる目的のためにつく嘘は認められる。
それでいいのか?
[PR]
by worsyu | 2010-04-08 14:47 | サッカー | Comments(0)

8節までに

ガンバ大阪と新潟が苦戦している。
まだ5戦目だからわからないが、もう5戦過ぎたとも言える。時間が過ぎていくに連れて修正はますます難しくなっていく。現在、勝ち点は3だ。今までの経験からいくと、第8戦を終えて10点未満だと、今シーズンはかなり厳しい戦いになると思っていい。
全34試合を4ブロックで分けると8試合+2となる。去年の大分を見れば、8節を終えた時点で4節までに獲得した4点のまま。その後も負け続け、ほぼ絶望的な状態になる。
ガンバ、新潟は、まだ勝ち星がない。しかし、引き分けでも勝ち点1はつく。引き分けることの大切さを知らなければ勝つことの重要さもわからない。ただ、新潟はFWの不振が深刻で得点力が無いので危険信号が灯っている。
+1点の勝ち点4のチームは、大宮、神戸、磐田、湘南がいる。この中で危ないのは、やはり湘南だろうか。まだ、わからないが、8節を終えた時点で勝ち点10未満のチームが降格争いになる可能性が高い、と考えていいだろう。
この中で観客動員力というかサポーター力という点では、磐田、G大阪、新潟は図抜けている。ただし、実際は、世代交代の難しさ、戦術の進化、助っ人外人の出来不出来などに左右されることが大きい。マンネリ化をいかに解消し組織を活性化させていくかということも大きい。
J2は降格組の柏、千葉、大分の力がやはり抜けている印象を受ける。大分は大量に主力が抜けたせいで戦い方がまだ未熟だが、新しく入ってきた韓国人の力がチームにフィットしてくにつれて、チーム力は上がっていくだろう。柏、千葉は、勝ち方、試合の運び方がやはり上手い。ほぼ去年までの戦力を維持しての戦いになるので、ここからどれだけ伸びるかに掛かっている。これにスタートダッシュに成功した福岡、横浜FC。やや今後に不安が残る徳島。それに熊本も好調を維持しているので、この辺りが前半戦での上位争いになるだろうか・・・
8節までに15点以上あればそのチームは昇格の流れに乗っていると言えるのではないか。

ところで、5月29日の熊本戦。水前寺だって?収容人数は15000人。これじゃあ、トリサポが押しかけたら半分近く埋まっちゃうよ。そりゃオーバーだが、土曜日ということを差し引いても本来ならKKWだったら4千人くらいは行くよね。割り当てがあるから急がないとチケットが入手できないかも・・・おまけに駐車場もないだろうし・・・舐められたもんだわ(2千~3千人くらい?)。あきれるね。それとも、策略なのか?
こりゃあまた一騒動ありそうだ。
[PR]
by worsyu | 2010-04-07 12:04 | サッカー | Comments(0)