<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

TAOの歩み

TAOのドキュメント番組を見た。設立当初のビデオも流れた。これではとてもだめだ。今とは全然違う。他の太鼓集団と一緒の退屈なパフォーマンスだった。それが今の状態まで変化したことにやはり驚きがあった。しかも、設立時はほとんど赤字で潰れる手前だったという事実を知り、これまた驚いた。知らなかった。それがここまで来たのはすごい。
アメリカ縦断公演で固定客が付けば、2年後、4年後、TAOのパフォーマンスが世界中に認知され、そして、ファンが増えていくだろう。
ただ、まだ物足りない部分がある。あの広いステージの中でいかに表現し、観客とコミュニケーションをとって、いっしょになって楽しむことが出来るか。言葉による意思の疎通がないところに致命的な問題がある。敢えてそれをせず、自由に受け手の観客に任せているが、それでは商品としての価値が高まらない。もっと観客のところまで降りてきてくれないと世界中の誰でも楽しめるパフォーマンスにはならないだろう。もう一度見たい、もう一度会いたいと思わせるもの。それがわかっていないと方向性を間違ってしまうだろう。
日本人なら何も言わなくとも感じることができる高揚感も、それはイメージできない人にとっては子守唄になってしまう。
前にも書いたが、子供からお年寄りまで世界中の人々に感動を与えるためには、世界中の音楽、リズムを取り入れていかないと彼らの琴線に触れることは出来ないだろう。それができるのはTAOだと信じている。

毎年、正月に行われるパークプレイスでのTAOのパフォーマンスは、その空間がTAOの宇宙になっていて、観客といっしょに盛り上がっていく。それは今までに感じたことのない、素敵な時間だ。まるでTAOの演奏者と一体になるような瞬間がある。これは、世界中のどんなに立派な会場でも実現できない、パワースポットだ。
TAOをここまで進化させたのは、目標をしっかりと持つこと。そのために必要なことを一つ一つ作り上げ、それを築き上げ、また壊し、さらに作り上げ・・・妥協のない真摯な態度で方向性を確認しながら突き進んでいく。そこには人間の情念や欲望も排除されている。金では替えられない感動を求めて彼らは毎日、過酷なトレーニングをしている。いつの日か、TAOに共感した外国人が入ってくるのかもしれない。そうなると共同体という形をとっている彼らも変化していくのだろうが。

ちなみに今晩、KBCドォーモで取り上げられるみたいだが。一風堂ラーメンとのコラボも面白い。
[PR]
by worsyu | 2010-05-31 11:50 | 地域ネタ | Comments(0)

楽しもうよ

アウェイはやっぱり面白い。どうでもいいけど来ちゃったという人も中にはいるだろうが、ここの地まで足を運んだというエネルギーがすごい。それは、愛なんだろう。それとも単純に共通の思いを持った人々と群れることの楽しさを味わいたいからなのか?
最近は試合よりも始まる前の方が楽しいという人も多いだろう。思うような結果が得られず落胆させられることが多い。
しかし、踊る阿呆に見る阿呆だ。踊らないと損なのだ。
楽しさが味わえたら、それは何物にも代えがたいものになる。
熊本は暑いよ~っ!!(市内は熱が逃げないからね~・・・)
どっこい、俺らはサッカー文化を支えている、ってとこを見せてやって欲しい。楽しもうよ。
楽しいだろ?
サッカーって楽しいんだよ!
勝って欲しいけど、たとえ負けてもやっぱり楽しかった。トリサポの群れの中に居られて歌えて叫んで、やっぱ、幸せだ~って、感じて欲しい!!

交通の便も良くないし、駐車場のスペースもない。小っちぇえし。(KKは高体連かよ。ロアッソってそんなもんなん?)でも、来ちゃった。帰ったらバタンキューだ。負けるかもしれないし。でも、選手たちといっしょに闘える。

何物にも代えがたいものが、ここにある。見つけられた人は幸せだね。
[PR]
by worsyu | 2010-05-29 14:45 | サッカー | Comments(0)

W杯近づく

まあ、所詮壮行試合だから。前回、ドイツと引き分けても本戦では惨敗だったし、ね。本番で力を発揮してくれればいいよ。FAFAランキングでは韓国47位。日本45位なんだし。実力はそんなに変らないということ。ただ、やる気がなかっただけ、か?(例えて言えば、おいしいウーロン茶はとても高価です。香りがまず違う。入れ方も違いますけどね。安いウーロン茶は色がでるだけですね。香りなんてないし、苦いし。 我々は、壮行試合であっても代表に香りを求めていたのに・・・もしかして出がらしですかあ?観客に手を振ったりインタビューに答える様で色は出ていたと思うよ。)

さて、冗談はそれくらいにして。そろそろ真面目にW杯を真剣に楽しもう。
各グループの決勝ラウンド進出チームを予想してみよう。
A組:フランス/メキシコこの2チームだろう。
B組:1位:アルゼンチン/2位:ギリシャor韓国(ギリシャは政情不安で士気が上がらないのでは?)
C組:1位:イングランド/2位:アメリカorスロべニア
D組:1位:ドイツ/2位:セルビア
E組:1位:オランダ/2位:デンマークorカメルーン(カメルーン応援しよう!!)
F組:1位:イタリア/2位:パラグアイorスロバキア
G組:1位:ブラジル/2位:ポルトガルor北朝鮮orコートジボアール
H組:1位:スペイン/2位:チリ

FIFAランキングで32位以下で出場している国は、南アフリカを除くと7チームある。その中で決勝に進める可能性のあるチームは、韓国(47位)、スロバキア(38位)くらいだろうか?

ベスト8以降は、組み合わせによるので決勝までどこのチームが残るか判らないが、予選ラウンドの1位通過が予想される中でも、オランダ、スペイン、ブラジル、が有力なのではないか、と思う。・・・ダークホースはイングランドかな・・・優勝はオランダだろうか?この2国は南アフリカの旧支配層という意味でも地の利があるかな、と。微妙なところだが・・ちなみに日本は「名誉白人」なんですけどね。
[PR]
by worsyu | 2010-05-26 12:45 | サッカー | Comments(0)

やっぱキム・ボギョン

後半、キム・ボギョンが交代で入る。(パク・チソンの代わりに絶対出ると思っていた。)
この短い時間で存在感をアピールできるだろうか?でもその思いは杞憂だった。
後姿、そして、いつもの顔。ゾクゾクした。
ドリブル、球の扱い、ヒールパス。フリーキック、コーナーキック。思わず力が入る。そして、あの絶妙のスルーパス。
すごいわー。
嬉しくなった。
大分の誇りだね。
足りないものがあるとしたら、がむしゃらさとスピードだろうか。
韓国の選手たちの動きは素晴らしかった。

一方の日本の選手たちはまたもや練習試合モードなのか、それとも、気持ちが入らなかったのか、全然ダメだったね。よく2点で終わったものだ。
ゴールエリア近くで反則を貰い、セットプレイで点を取るという戦法が世界で通用しないということがはっきりわかったのではないか?
W杯で全敗してもわからないかもしれないが・・・
ベテラン勢が多いので、守備的に試合に入るということが、消極的な守備につながり、プレスが掛からなかった。前に圧力を掛ける闘い方ができなかった。DF陣はこのことに気づいているのだろうか?
やはり、勢いのいい若手がいないのでみんな保身に執着している。W杯出場で満足しているのだろう。勝負する前に負けている。選手らが自分のマネジメントに執着しすぎている。伸びようとしていない。
西川、槙野、香川はやはり必要だったのではないか?

今更言っても後の祭りだが・・・・
[PR]
by worsyu | 2010-05-25 00:55 | サッカー | Comments(0)

政治に情はいらない

口蹄疫に関しては、怖いですね。延岡まで上がってきたら大変です。

以前、政治の本質について語りましたが、今回もそれを当てはめれば最善の方法が見えてくるのではないでしょうか?
ハンドルを切る勇気があるかないか、ですね。ハンドルを切れなくて、そのまま突っ込んで、いっしょに泣いてくれる人が指導者と思っている人がいるとしたら、驚きですね。
政治は時に非情なものです。それでも、多くの国民の利益を守るために執行されるのが政治です。

情に流されていては政治はできません。

韓国の畜産の専門家が言っていましたが、なかなか殺傷処分できないことで後手後手に回り、却って被害を大きくしてしまう。殺傷しなければ空気感染でどんどん広がってしまいます。生き続けることで多くの命を奪っていくのです。

家畜の命は商品化されることで価値が付きます。商品化されなければ価値がないのです。肉を運ぶ入れ物が腐ったら(汚れたら)入れ物を替えるでしょう。

速く殺傷処分して封じ込めることが緊急課題です。封じ込めに失敗すれば鹿児島、熊本、大分、佐賀、福岡に飛び火します。
そうなったら大変です。そうなったら、九州の経済全てが麻痺するか、畜産業が全滅するかの選択が待っています。どちらを取るか。もちろん、九州の経済ですよ。

ところで、一部のレッズサポの反社会的行為と多くのレッズサポの容認で、偏ったサッカー文化(差別主義)というウィルスが広がりつつある。何とか封じ込まなければと思うのですが、なかなかうまくいきません。飛び火したら大変なことになります。ワクチンが必要です。ますは、他クラブのマスコットを動員して澱んだ空気をきれいにしたいですね。そして、埃をかぶっているレッズのマスコットに脚光を当ててあげて、微笑ましい雰囲気を演出してあげたいですね。
なかなか手ごわい。
[PR]
by worsyu | 2010-05-24 17:55 | 時事ネタ | Comments(0)

レッズ・パージ

結論から言えば、浦和は早くJリーグから脱退して欲しいということだ。
もちろん、その逆で、今のままでいいというのなら、協会は羊頭狗肉の看板文句「青少年の健全なスポーツ文化を推進する」をさっさと下ろすべきだろう。そして、浦和はこのまま人気チームとしてサッカー文化を盛り上げていって欲しい。

サッカーとは、5分に1回のたびに点が入るようなスポーツではない。2時間の試合の中でスコアレスで終わることも少なくない。そういうスポーツであるから、自然とストレスが溜まる。だから、1点入ると歓喜が沸き、勝利の瞬間に幸福感が訪れる。逆に失点の際は失望感、敗戦の瞬間は怒りと屈辱感がこみ上げてくるものだ。
基本、これは戦いなのだ。戦争なのだ。甘っちょろい考えを持ち込むのはやめてもらいたい。だからそれほど高尚なスポーツではないのだ。(しかし、これに節度を持って耐えることでスポーツとしての品位が上がるということも考えて欲しい)
多くの人が婦女子も楽しめるスポーツ娯楽であることに腐心している。それは、協会もクラブも多くのサポータもそうだ。確かに文化の違いもある。何度も言っているが、都会における祭りとは基本的に祭りを使ったストレス発散の場なのだ。だから、喧嘩が華となる。男気の見せ所なのだ。ハレの場なのだ。
大分の祭りなどでは、「府内戦紙」がいい例だが、それは、見せかけであって、本当に喧嘩するバカはいない。演じているだけで相手がいないからなのだが。都会ではその一線を越えることが男だと思っている輩もいる。
浦和サポの場合はこのデモンストレーションが効果的に自らのブランド化-差別化に繋がっている(ここで言う差別とは他クラブとの差異という意味です)。若者文化のコア的な要素である部分(反道徳的行為)を時折爆発させる。それをマスゴミが取り上げ、効果的な宣伝効果となって人気を維持することに繋がっている。

問題が起きるたびごとにその内容について論じる必要を感じない。浦和サポにおいてはこれらの行動は必然なのだし、それは誰かがやらねばならない示威行為なのだから。どういう形であれ反道徳的行為をすることにより、大人たちの反感を買うと同時に若者たちの支持を得、大手スポンサーが付く。

舞台が整っているのだからやらない手は無いだろう。(今回のタイミングも血気盛んな若者のウケ狙いと中断に入ることを考えての絶妙のタイミングだ。「やるんじゃないかと思っていた」と思っていた人も多かっただろう・・・)

浦和が一番怖いことは罰金を科せられることでも、勝ち点を奪われることでもない。笑いすぎて片腹痛いぐらいだろう。本当に怖いのはスポンサーに逃げられることなのだ。だから、私は彼らに広告料として活動資金を供給している企業に言いたい。
「あなたたちはそれでいいのですか?あななたちの資金が彼らの温床となっているのですよ」と。

なんてね041.gif
[PR]
by worsyu | 2010-05-20 13:47 | サッカー | Comments(0)

マスゴミたる所以

最近、官房機密費がマスコミや評論家にバラ撒かれていたということが明らかになった。
現在、マスゴミ以外のところで騒然となっている。世紀の一大スキャンダルだ。

記者クラブの記者が集まり、赤坂辺りの料亭で一席。そして、その後、銀座の高級クラブに行って遊び、お持ち帰り。(政治記者はこれからは女性にお願いしたい!)
こんなことを長年やっていたというのだから驚きだ。
しかも、評論家には札束を持って懐柔策をするという。それを年間十数億という官房機密費から使われていたというものだ。(月5千万円は掛かっていたという・・・)
政治家と御用評論家、記者クラブ、TV解説者、コメンテーター、司会者等々。持ちつ持たれつ。これじゃあ、ジャーナリズムもヘッタクレもない。

この国の民主主義の根幹が腐っている。
とにかく、マスゴミのマスゴミたる所以は、こういうところに起因しているわけだ。マスゴミの垂れ流す情報は、信用できない。ウヨネットの徘徊するネットの中に、それでも真実は転がっている。自分で探さなければ真実は見えない。
果たしてそれが真実かどうかはわからないが・・いつの日か歴史が解決してくれるだろう。ただ、騙されるのはいい気がしない。

新聞読むのもそろそろ辞めようと思う。情報に対する対価としても高すぎる。
[PR]
by worsyu | 2010-05-19 10:48 | 時事ネタ | Comments(0)

ワンマンの危うさ

新銀行東京なる金融機関がある。
現都知事が2003年に選挙公約でもあった中小企業向け融資を目的に設立された。しかし、実際は、中小企業への融資は半分以下で、利用者も少なく、業務縮小、サービス縮小を強いられている。
これは結局、餅は餅屋ということで銀行業務を甘く見てはいけないということだ。リスク管理ができていない。
都は設立時の2004年度に1千億円を出資。そのうち700億円が都債で調達しているが、2014年度に一括償還を目指している。2008年には融資が焦げ付き、都へ400億円の増資要請となった。累積赤字は膨らみ続け、引くに引けない状況になっている。2011年度には焦げ付きが600億円になることが明らかになっている。
足かせになっているのは、過大な事業計画に基づく過大なシステムにある。預金や融資などの管理システムが76億円。ATM、コールセンターなどのシステムが46億円。など総額124億円が投じられている。基幹システムは日立のメインフレームで動作している。
このシステムを運用させるコストだけで毎年10億円掛かるという。
経営再建のもと、人員整理も行われており、予定を上回る行員が流出した。(わずか1ヶ月で全正社員の3分の1の60人が退職した。)
石原氏の責任問題はやがて噴出するだろうが・・・

これらのことから我々が学べることは、素人に会社経営をやっていけないということ。役人なんてもってのほか。苦労してかき集めた資金を運用して利益を上げている会社はいっぱいある。しかし、逆に税金を使って何の採算の目宛も無く赤字を積み上げているところもある。そのほとんどが過大な事業計画とそれに準じた過大なシステム(ハード、ソフト)だ。
とにかく、単年度の黒字を上げること。方向性を示すことに尽きるだろう。
損益分岐点を下げること。利益を生み出す体質を作り出すことだ!
まず、出て行くお金を少なくする。コピーは自社でするな!他所でしろ!便所に行きたくなったら他でしろ!タバコは禁止!車を使うな!自転車で行け!一番大切なこと=クーラー禁止!!
それから、金をかき集める。超小口(2000円くらい?)でいいからフレンドリースポンサーになってもらえ!戸別訪問してかき集めろ!大分県じゅうから金をかき集めろ!契約できたらTシャツや手ぬぐいに名前を入れて、それをまた売れ!
嫌なら辞めればいい。好きじゃなきゃやれない。それでいいのではないか?
それがこのクラブの原点なのではないか?サポも選手も監督もそして周りで見ている市民県民も。

公務員にしたって、給料なんかもっと安くていい。彼らは安定が欲しいのであって金は本来いらないはずだ。教師にしたって、あんなのは誰でもできる。競争率が高いから無駄な試験があるだけだ。給料を下げれば全ての問題が解決する。高学歴で偏差値の高い大学出身の先生が良い先生というわけではない。


ps.今日のニュースで新銀行東京初の黒字化と発表された。でも、おそらく貸し倒れ引当金の取り崩しで実質赤字を穴埋めしているだけなのではなかろうか?このニュースを読んだ何も知らない人は再建が進んでいるかの印象を受けるだろう・・・実際どうなんでしょうね。もはやATMも撤去し、支店も閉めている現状を見れば機能しているとは思えないんですけどね・・・
[PR]
by worsyu | 2010-05-15 16:59 | ひまネタ | Comments(0)

蝿ジャパン

どうも稲垣早希ブレイク中らしい。
何と言ってもクライマックスは宮村とのご対面だろうか。

ところで、「蝿ジャパン」と名づけてしまった岡田監督。

「あんたバカァ?!」

さすがに、それは、とクレームを付けた犬飼会長。
ただでさえ人気が出ないサッカー日本代表。それをこともあろうか、闘い方を称して蝿と名づけてしまった。自虐ネタに群がるマスゴミによい餌を与えてしまった。
海外マスゴミから、「監督から蝿と呼ばれている気分は?」なんて質問されたら、笑うしかないだろう。岡崎あたりが笑いながら「そうっすね」なんて答えるのが一番似合う。

私でさえそんな名前つけんぞ。失礼だろ!というか、彼の選手らに対する見方を表している。無理矢理権威付けて上から目線。シャムスカだったら絶対言わない言葉だね。

悪気はなかったんだろうけどね・・・
私は、正面対決を避け、テクニックと組織力で戦う姿を見て、「忍者サッカー」と呼んでいるが・・・こっちの方が品があるでしょ?

さあ、これで蝿男が出てきたら受けるね。Tシャツ作ったら売れるよ。自虐ネタ真っ盛りだね。

自分で士気下げてどうする。
いかりやさんなら「ダメダコリャ」
これはコントなのでしょうか?いや現実なのですよ。(笑)

スタジアムでフマキラーの巨大オブジェが出現しないことを祈るのみだが・・・出たらアミーゴ!!だね。
[PR]
by worsyu | 2010-05-14 15:40 | ひまネタ | Comments(0)

エヴァ芸人

桜・稲垣早希
なかなかなもんでしょう
ゆうこりんのものまねもおもしろかったけど。

アスカが言う「あんたバカぁ!!」
というやつをそのまま岡田監督に言ってやりたい衝動が走る。
あれは岡田ジャパン(仲良しG)だからどうでもいいよ。
これも「ゼーレのシナリオ通り」。
あっ、わけわかんない人は流してください。
まさかあの「蛸ダンマク」出すのか?

これで、カメルーンを思い切り応援できるね。
その前にグッズを入手しよう!
[PR]
by worsyu | 2010-05-11 17:21 | ひまネタ | Comments(0)