<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

忍者サッカーの限界

代表は残念な結果に終わりました。
感動をありがとうという言葉はただ盛り上がりたかった観客のみなさんならいいでしょうが、サッカーが好きな人にとってはそうはならない。
この試合は、壁を越えるか超えられないかの勝負の試合でした。戦術は今までの堅守速攻を踏襲。何度もピンチを迎えながらも、逆にチャンスも作り、一進一退。勝負はギアチェンジできるかどうかに掛かってきた。岡崎、中村憲、玉田と。この交代も納得できる。
私は、以前から駒野を使うことには疑問だったので、PK戦に突入して出てきたのには、正直驚いた。
試合中も、私は、駒野のプレイにダメ出しをしていた。そして、PK戦に入って、駒野の表情はいっぱいいっぱいだったし、何よりも、ムラッ気があるので、何も考えず、軽くふかしていまうのだろうと思った。実際、そうなった。その時は何で駒野?と思った。せめてサドンデスに繋げる気はないのだろうか?と。どこまでも勝利に貪欲になる気構えがない。あきらめが早すぎる。タフじゃない。甘チャンだ。勝てるチャンスはあったのに・・・これが大切!
誰も駒野を批判しない。それは美しいことだが、真実を見ることを回避することは問題を隠蔽することになる。
彼のプレイはすごく上手い部分とすごく下手な部分との差が激しく、使いづらい面がある。試合中も、何度か決定機を作られ、又、チャンスを潰した。それでも彼を使い続ける意図がどこにあるのか、正直、私にはわからない。よほど代わりに使える選手がいなかったせいだろう。
つまり、そこが今回の日本代表の弱点だった、と言える。そして、それが最後の最後に出てしまったわけだ。
パラグアイの監督に日本は強かったと言って貰って喜んでいるようじゃ情けない。パラグアイのサポーターたちはありがとう日本と思っているだろう。日系パラグアイ人の方は安堵しているかもしれない。
しかし、パラグアイ監督から、「あんなくそサッカーに負けて悔しい」と言われる方がうれしいに決まっている。もちろん、たとえ負けてもそんなことは言わないだろうけどね。
悔しくないのだろうか?・・・みんなは・・・
残念ながら、日本サッカーにこの先が見えたかというと、疑問だ。ただ、これが答えなのかもしれない、という思いもある。ベスト16を再び達成したということで、中堅の地位を固めることができつつあると言える。FIFAランキングも35位前後まで上がるかもしれない。
ただ、今後、ますます日本人FWを育て上げることが困難になってくるだろう。
岡田監督の奇策と岡田ジャパンの活躍で、FW無用論が提議されたとも言える。


この試合の評価は30点。もっとできたはず。固かった。
MVPは中沢かな?
[PR]
by worsyu | 2010-06-30 10:48 | サッカー | Comments(0)

あんなサッカー

大分の方なら、岡田ジャパンが活躍しているのも理解できると思います。
2008年の大分トリニータが行っていた堅守速攻の形の進化系だと思ってもいいのではないですか?結局。「あんなサッカーに負けて悔しい」と言われたあのサッカーです。
それは闘莉雄が言っていた「へたくそなりの戦い方」という言葉にも表れています。
強者と戦うためには守備を固めて失点をなくすことが大切。そして、少ないチャンスで決める決定的な得点パターンの確立。
マスゴミやら、一般の観衆が騒いでいるのに対して鼻白む思いで眺めている人も多いはず。
流れの中での得点は、カメルーン戦の相手DFの緩慢なプレイによる1点とデンマーク戦の終盤でDFが疲れたところでの1点。本当に相手を崩して、流れの中で取った点というのはない。
しかし、これが「忍者サッカー」と私が名づけた真髄なのだ。以前にも言ったが、ゴール前で反則を貰い、フリーキックによる得点を狙う。セットプレイでも頑強なDFと競い合える大型DFを持ってきて狙う。
しかし、この戦い方にも弱点がある。それは、やはりカウンターによるスピードに弱いこと。相手が前掛かりの時はいいが、守備を固めて、一発のスピードで抜き、中で合わせられたら対処できない。気をつけなければならないことは、ゴール前での反則。逆にシミュレーションを取らせる技を持っているのなら効果的だ。審判を味方に付ければそれも可能となる。サイド、DFの裏に放り込み、消耗を狙う。終盤に体力がなくなり、集中力もなくなる。そこで決める力があれば1-0で勝てる。
日本が世界を驚かせることができるとしたら、この戦いに勝利するメンタリティーとインテリジェンスがあるかどうかなのだ。
パラグアイ戦では、その日本の進化と真価が求められる。
韓国がウルグアイに負けたのも、結局、体力負けだった。あそこまで体力を温存できるメンタリティーとインテリジェンスがウルグアイにはあった。ストーリーが見えていたのだ。
日本がパラグアイに2-1で勝つためには、先制点。そして、最終盤まで体力を温存する戦術。そして相手を疲れさせ、混乱させる頭脳的な撹乱が必要だろう。ウルグアイと対戦するよりは可能性があるね。(でも、まあ、結局はモチベーション次第だろう。勝ちたいと思わなければドアは開かないよ。その思いの差が世界との差でもあるね。ブラジル、アルゼンチンと当たらなかっただけ幸運と思うよ。まだ、運はあるね。)
今回の岡田ジャパンの躍進に大分トリニータの戦術の影響が多少はあるのではないでしょうか?ねえ。違うのは、FWを排除したことかな・・・
[PR]
by worsyu | 2010-06-28 11:55 | サッカー | Comments(0)

光明が見えた?

やってくれると信じていましたが。やりましたね。素直にうれしいですね。
これで一安心です。
採点は90点かな。南アフリカのレフェリーの質が低いのに助けられた面もある。セットプレイからの得点+最後の1点はおまけ。デンマークの方が固かった。日本の攻撃陣に余裕が見えた。冷静に対処していた。全力は出していない。できすぎ。
デンマーク戦のMVPは文句なく本田でしょう。1点目の芸術的なキックはすごいですね。レベルの高さを見せました。デンマークの守備陣を背負いながら、狭い空間でパスを繋いでいた。回りが見えていた。それが最後の得点の場面にもつながる。あそこで岡崎に横パスが出せる余裕はすごい。引き付けて出した。見事というしかない。精神力がすごい。あれで一気に本田の評価が上がっただろう。岡崎は詰めていたがまさか出るとは思っていなかったようで、少し慌てていたのが面白かった。
イタリアとスロバキアの試合はすごかった。スロバキアは上手い。ピタッと球を止める技術や体の入れ方がすごく上手い。走りまわる体力もすごい。でも、隙も見え隠れしたが・・・。
さあ、パラグアイとの決戦だ。考えようによってはスロバキアでなくて良かったのかもしれない。でも、あの破壊力、リズム、強さは南米独特のもの。日本はいかにパラグアイの流れを切って、自分たちの流れに持ち込めるかだな。ここが最大の山場となるね。
しかし、岡田さんが編み出した、堅守速攻の4-3-3-1の型がどこまで通用するのか?南米にも通用するとなったら、これは世界のサッカースタイルに変化を及ぼすものになるだろうね。阿部と本田が面白いように機能している。攻撃に関しては、高さ、スピード、強さではなく、技だったね。子供たちにも勇気を与えられる形ができたね。既に世界は驚きつつあると言える。勝ち続ければますます評価が上がるだろうか。
望むらくは、オランダともう一回対戦して勝つところを見たいね。ブラジル、アルゼンチンはちょっと、ね。
大分も菊地を阿部のポジションに、キム・ボギョンを本田のポジションにすれば面白いのになあ、と思ったりする。少なくとも、失点は減ると思うけどね。CBは藤田、ギョンジンor同クラスが居れば何とかなる。
とにかく、相手に対して試合中でも柔軟に対処できる守備がいかに大切か。再確認して欲しいね。
[PR]
by worsyu | 2010-06-25 11:15 | サッカー | Comments(0)

野口悠紀雄氏

野口悠紀雄氏が大分で講演したようだ。県内の経済界のエライおじさんたちが集まって拝聴したそうだ。野口氏は以前取り上げたが昔からそんなに言っていることは変らないと思う。
エライおじさんたちは何を思ったんだろうか。野口氏は話が上手いので、満足しただろう。しかしまあ金出して聞くほどのもんじゃないよ。

要は日本はこれからイギリスを目指せってことなんだな。まあ、これは私見なのだが・・・
「モノづくり日本」と言って旧来の製造業に固執しても、どうせ中国や韓国、ベトナムなどの新興国に負けるんだから。最新技術を持っていても、いつかは抜かれる。どうしても製造業をやりたいのなら工場拠点を海外に移すしかないよ。労賃は自由競争の元では価値法則に拠るから、平準化する。つまり、日本の労賃も中国の労賃も自由競争の中では同価値のものは同価格になるということだ。そこに、大学を出たからだとか、英語や数学の点数が高かっただとか、はたまた、機の利いた文章を書けるだとかいうことはムダなものになる。
これを話し出すと長くなるから辞めるけど、端的に言うと、現在、日本で普通に働いている人たちの大部分はこれから先、賃金は低下していきます。今は社会の産業変革の時を迎えているわけですから、単純労働に払う金は益々安くなるはずです。
日本は80年代に頂点を極めたのです。世界の工場はそこまで。1985年のプラザ合意で円高に移行してからは、名誉ある撤退、文化立国に移行するべきだったのです。その後のバブルは経済政策の失敗です。強引に円安へ誘導するため、金融緩和策をしてしまいました。バブル崩壊後は赤字国債の乱発で丸抱えしました。
日本はこれから世界の工場になる必要はありません。無理ですし。世界の文化を創出するユニークな存在になるべきなのです。どんどんソフトを作っていけばいいのです。次から次へと。果てしなく。もっとも厳しい目でそのソフトを評価する民が存在しているのですから。その民度を上げていかなくてはいけませんね。マスゴミに煽られて右往左往しているようではどうしようもないですけどね。
それから、民族の壁を越える努力も必要になるでしょう。偏狭なナショナリズムに固執していたら世界から孤立するでしょうしね。
[PR]
by worsyu | 2010-06-23 17:52 | ひまネタ | Comments(0)

50点以下の試合

オランダ戦はみなさんいかが評価されましたか?
私は、100点満点中49点ですね。負けたのに50点以上つけることはできませんね。その上で評価できるので49点です。結果と展開はほぼ予想通り。岡田監督は第一戦と同じメンバーで闘った。私が一番懸念していた阿部を外すことはしなかった。賢明だ。
失点シーンは、あそこでシュートコースを開けてはいけないね。しかも、GKの川島の対応も疑問。パンチングできる状況とは思えず。一瞬遅れた感もあった。ほぼ正面の球なので、体ごと、もしくは肘をたたんで面で対応して外にはじけばよかった。それがかぶって、触っていながらこぶしにかすって中に入れるとは・・・以前から感じていたが、ブレ球や強い球に対して川島は弱い(鈍い)ような気がする。運動神経、反射神経に疑問が付く・・・
大久保は仕掛けていたから評価できるのだが、シュート力が無いので、パスを出して欲しかった場面がいくつもあった。後半に入って早く外して欲しかった。チャンスを作って自分で潰していた。
岡崎は、またもや外してしまう。よほど左足のシュートで外すことに快感を得ているのだろうか。緩くても逆サイドに転がしていれば決まっていた。玉田ならあの角度は80%近い確率で決まっていただろう。そこのスペースに飛び出す力は持っているんだけどねえ。これで2度目。たぶん、何か勘違いしているんだろう。いつか決まるだろうという感覚で試合に臨んでいる時点で位負けしている。
イエローも貰わず試合ができたということは、敗戦の中でも評価できる。
私が評価できるMVPは闘莉男だろう。彼のおかげで最終の守備が保たれている。彼が目立っているということは、逆に攻撃が機能していないということにもなるのだが・・・
審判もちょっと疑問な箇所もあったが、さすがにレベルの高いジャッジをするなあ、と感心する。日本の選手のシミュレーションをことごとく見破った。すごい審判だ。
今回のW杯で、審判のジャッジについても感心することが多い。この場に立たなければ世界一流の審判による試合を経験できないし、勝ち進まなければより高度のジャッジを受けられない。
デンマーク戦は、途中からでもいいからFW2枚使った、まっとうな戦いを見てみたいね。もちろん、引き分けるか、勝たなければ意味がないので、状況次第であるが。
[PR]
by worsyu | 2010-06-21 11:58 | サッカー | Comments(0)

2006W杯で学んだことを忘れるな

アルゼンチンにまともにぶつかっていって散った韓国。
技術で勝負したって無理なのに・・・
あのレベルは別格。
同様のことがオランダにも言えるが、アルゼンチンほどの技術があるとは思えない。ドリブルでズンズン突破してくるわけでもないので、日本は頭を使えば対処できる。隙はある。
美しく闘って散るよりも、汚くてもいいから結果が欲しいというのがみんなの本音だろう。

日本がやっているサッカーは、私は勝手に名づけているのだが、「忍者サッカー」なのだ。相手に油断させ、相手に応じて戦術を柔軟に試合中でも変化させる。組織力が一番発揮されるのが守備だから、その守備は完璧にしておく。
攻撃はサイドから。
これらのことは、2006W杯で学んだことだ。
スペインに勝ったスイスに学ぶものはあまりない。あそこまで引いても守りきる強さ、そして、一発で抜き去り引きずってもゴールにする速さと強さは日本にはないからだ。
阿部が最終のキーマンになる。最後に阿部を見出したことが現在の好調に繋がっている。中盤と前線はどうでもいい。それなりにやる選手は揃っている。阿部を外すと苦戦するだろうね。

日本は1次予選突破が第一の目標なので、オランダに対し、必要以上に反則をして、勝負にこだわってはいけない。このあたりは冷静にならなくてはならない。審判を味方につけなくては勝負にならない。
世界を驚かせるためにはオランダに勝たないまでも引き分ける必要がある。負ければ、世界は安心するだろう。
[PR]
by worsyu | 2010-06-18 12:10 | サッカー | Comments(0)

奇策的中

ようやくワインを開けられた。代表の勝利にとりあえず乾杯。
これは奇策だね。まっとうな戦いじゃない。
シミュレーション、見えないところで引っ張ったり、足掛けたり。審判が審判ならOUTだったね。
そんなにバカ騒ぎして喜ぶほどのものではない。
守備を重視し、前線からプレスを掛け、奪ったら直ぐに攻撃。堅守速攻(シャムスカ時代の大分トリニータの戦術)がはまったね。
得点シーンは、松井の個人技でほとんど決まった。相手が連られた。早いタイミングで球を上げられたのでDFが空かしてしまった。その裏をとった本田もうまい。あのトラップはたまたまなのか、でもあのトラップで決まった。落ち着いていたね。見事な度胸だ。持ってるんだねえ。
2点目のチャンスは岡崎だった。あそこで決められないのが韓国との差だろう。
本職のFWが決められず、代役の本田が決めた。
このままの布陣でオランダと闘ったら目も当てられない惨敗を喫するだろう。次も奇策を講じて、相手のリズムを壊すことが大切だろうか。
ロッベンを押さえるのは誰か?駒野じゃだめだ。長友なら何とか抑えられだろう。しかし、問題はロッベン以外にも押さえなければいけないからねえ~。
とにかく、今回の影のMVPは長友だろう。
[PR]
by worsyu | 2010-06-16 12:43 | サッカー | Comments(0)

岡野はいいねぇ~

W杯関連の番組を見る。
フランスW杯アジア予選の模様で岡野を取り上げている番組があったが、面白かった。岡野がいいね。驚くべきは、そのサッカー経歴だ。よくわからないのが、中学卒魚後、ブラジル留学を希望するも家族に反対され、島根県の松江日本大学高等学校(現:立正大学淞南高等学校)に行ったことだ。どういう伝手なんだろうか?
行ってみたら、部員は一人。監督すらいない状況。そこで、自分から部員を集め14-0で負けてたチームを0-0に押し上げる。その後、日本大学に進学するがサッカー部に入ったとはいえ、当初は洗濯係としての入部。そこからプレイスタイルをスピードで抜く技を磨くことで伸び、とうとう浦和レッドダイヤモンズに入るところまで行く。そして、何と、足の速さだけで(
もちろん、それだけではないが)代表に召集される。そして、最後の最後に彼の出番がやってくるのだ。
あのスライディングシュートも、なぜ、スライディングをしているのか?あの頃は、皆、余裕も何も無かった。岡田監督もいっぱいいっぱいのところで声を枯らして指示を出している。あの熱気は二度と訪れないだろうね。でも、それは仕方の無いことだろうね。
岡野のボケ具合が面白い。飾らない人柄と前向きな性格、信じきる力。努力を怠らないすごさ。多くのサッカー少年たちに希望を与えたことだろう。もちろん、これからも講師としてあの歓喜と熱気を伝えてくれると勇気づけられるね。

韓国は強かったね。でもギリシャはあんなもんだから。日本も勝っているし、いいグループに入ったといえるね。アルゼンチンは確かに上手いけど、後半、隙を見せるね。得点力も疑問符が付く。ナイジェリアは、守備がひどい。組織力がない、ということが一番現れるのが守備だ。これじゃ、だめだ。よく1点で抑えられたものだ。ゴール前でもゾーンでやっているから球を廻され続ける。人に付いていないのでピンポイントで合わせられるとズレができる。

今日は福岡戦。祝杯をあげることができるか?ワインは代表のためにとっているので、ビールは飲ませて欲しい!

今後、トリニータ躍進のために、カメルーンの若手FWを獲得するというのも手だと思った。プロ野球と同じで、外人助っ人はチーム力UPに有効な手だ。結果として、短い期間で移籍になろうとも、その効果は絶大だし、地方にあるクラブ浮上の処方箋となるだろう。費用対効果の面でも、16才~18才あたりから獲得し、育て上げ、20才~22才あたりで高く売る。ブラジル人はもう無理だろうが、韓国人も費用の面で難しいだろう。
監督が代われば上手く行くなどと考えている人も中にはいるだろうが、それよりも、組織的な守備力と創造的で爆発的な攻撃力を持つことが大切だ。
そんなことを思った。

福岡へ行かれたトリサポの皆様、お疲れ様でした。試合は負けてしまいましたね。勝ちどころを決めることができないというのは、どこか、心に余裕がないのでしょうね。
多くのトリサポが押しかけ、サポートしたことは、決して無駄にはならないですよ。
[PR]
by worsyu | 2010-06-13 14:00 | サッカー | Comments(0)

ポストW杯

いつの頃からか。たぶん、ロス五輪あたりからだと思うが、関係者は、スポーツが商売になるということに気付いた。放映権料を高くしても国が買ってくれるということに気付いたのだ。もっと高くしても、今度はTV局が買ってくれる。
それからというもの、マイナースポーツにもプロ化の波が押し寄せる。スポーツが娯楽として認知され、それに付属するものも相乗効果で売れるという現象が起きた。売れるためには、売れさせる必要がある。広告主に話題を提供し、TV、雑誌などの芸能、ゴシップ関係の記事にも話題を提供するために、意図的にスター選手を作り出す。そうすることで、皆が儲かる仕組みになっているのだ。
いかに付加価値をつけるかに躍起になっていく。本来の価値以上に値段を吊り上げていく。バブル状態になる。
中田はスポーツマンというよりも、ビジネスマンとして、欧州サッカーを渡り歩いた。彼に乗っかっている日本企業、マスコミのジャパンマネーが彼を支えていたと言っていいだろう。
今回のW杯は、岡田ジャパンの苦戦が予想される。苦戦というよりも、それが当然なのだが。
岡田監督が本当にベスト4を目指しているのか?また、できる可能性があると信じているのか?(せいぜい3引き分けで予選突破がいいところだろう)それが疑わしい。彼にそう言わせたものは何だったんだろうか?彼の本心だとはとても思えない。
まさか、外国から日本人の美徳とされる「謙虚さ」とか「まじめさ」とかいうものを指摘されるとは思わなかった。
もし、本当に、勝負はどうでもよく、それよりも、いかに視聴率を稼げるかだけにしのぎを削り、結果は岡田に詰め腹を切らせるくらいの考えでいるとしたら、マスゴミ、サッカー協会、広告企業、電通など、係わるものは、サッカーを舐めているとしか思えない。
フランス大会の時、マスゴミの煽り商業主義による犠牲になったとも言える城の水掛け事件。
今回は、そうしたことも起きないだろう。既に日本のサッカーファンは冷め切っているし、抗体もできている。まさか、岡田のせいで負けたと本当に思っているやつがいたとしたらおめでたい。
もう、ポストW杯に向けて視線を移した方がいい。
大分の人は既にこんなことは、気付いているだろう。
巨大メディアの力はすごい。でも、本来は多くの意思があって初めて出来るもの。メディアの意思で勝手に一人歩きしているのが実体だ。やがて、それに吊られる人も次第に少なくなっていく。価値があると宣伝されても、実際は価値のないものであることがわかるからだ。
需要と供給の法則は全てのことに貫徹する。
日本サッカーの価格はW杯後、下がるだろう。FIFAランキングは50位~60位以下へ。代表熱も下火に。Jリーグも以前のようにスタンドを埋めることはないだろう。企業の撤退が増える。広告料が減る。都市部では、よりサッカーを楽しめるフットサルに人気が移る。地方では、経営の苦しいところは、県税、市税の投入か、消滅の選択が待っている。出稼ぎ外国人は他国のリーグへ移っていくだろう。
[PR]
by worsyu | 2010-06-10 12:33 | サッカー | Comments(0)

練習から意識を高く

そりゃないわ。
V戦での失点シーン。CBが決してしてはいけないプレイ。最終ラインで、相手が裏を取ろうとしてきているのに、あの軽いプレイは何なんだ?普段から何も考えていないということだ。
狙われていたんだと思う。弱点はCBというのを見透かされていた。上手く対応しようとして、空かしてしまった。あそこは、付いていって、ゴールラインを割ってもいいから、球よりも相手を押さえながら、最後まで有利な立場をキープして球を処理すればいい。前に入っているので、そのまま走っていけばいいのだ。それを安易なプレイに走ってしまう。自信過剰なのだ。
以前にも言ったが、守備は100回やって100回クリアできるまで練習の時から意識してやらないとだめなのだ。考えなくても体が勝手に動いて余裕を持って対処できる域までにならないと失点は防げない。それでも相手の創造的なプレイや一か八かの積極的なプレイに負けて失点してしまうのだ。最終ラインでのミスは即失点につながる。
中学生、高校生の諸君は、ああいうプレイはしないように!!CBはジャンプしたら絶対に球に当てるという気概で、少しでも不安に思ったらジャンプしてはいけない。より確実に危険ゾーンから球を排除する方法を選択しなくてはならない。そういうエリアでするプレイとは確実性が求められる。きれいに処理しようだとか、攻撃につなげるために、だとか、それは次の段階。今の状況はどの段階にあるのか、自分はどこまで現時点で対処できるのか。プレイの選択を間違えたらいけない。
増田は柔らかい口調で言っていたが、やっぱり、もったいない。スーパープレイでようやく1点入れて、凡ミスで失点する。
失敗しながら学んでいくのだろうが、何とも情けない。
(私が、シーズン前に問題点として挙げていたように、DFをいかに構築するかがこのチームのとにかくキーポイントなのだ。猫の目のようにメンバー、ポジションを入れ替えると連携、意思の疎通も滞ってしまう。DFはある程度固定してもらわないと安定感は出てこない。下手は下手なりにカバーリングで対処もできる。)

それから、チェのゴールは素晴らしかった。でも、もう、1点入れてもそんなに喜ばないで欲しい。サポもそうだが、今のトリニータは、1点入れてバカ騒ぎするほどいい状態ではないし、気分でもない。「喜びすぎ!速く戻って気を引き締めろ。次が大事だぞ」と、皆、心の中で思っているはずだ。サポと選手との間に意識のズレを感じる。闘っていない。
最後の笛が鳴るまで喜びは押さえておきたい。
[PR]
by worsyu | 2010-06-08 10:50 | サッカー | Comments(0)