「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

NHKの笑い

沖縄普天間基地の爆音訴訟で2審の判決が出ました。NHKは原告の一人のおじいさんを取り上げて短いドキュメントをニュースの中で紹介していた。
おじいさんは、「この孫のためにも命を懸けて闘っていきます」と語る。しかし、その傍らで、男の子が「じいちゃん、でも、おれ、音が無くなったら寝られんかも知れん・・・」と禁句を言ってしまったのだ。困惑するじいさん。
これはコントなのか?いいネタだ。民放ならNGが出るこの男の子のコメントだが、NHKは知ってか知らずか流してしまう。すごい。ゴールデンタイムのニュースで。

都会で青年が高架下の大騒音の中で気持ちよさそうに寝ている。
友達が「お前よくそんなところで眠れるなあ」と聞く。すると、「なんくるないさー。俺爆音に慣れてるから。このくらいじゃないと安心して眠れんのだ。普天間育ちだし・・・」と笑って答える。
「いいんだよ、俺、田舎に帰れば国に建ててもらった家あるし。東京で4~5年遊んで、帰れば、職無くても生活できるし。」
「それでお前そんなところに住んでるのか。」
「ああ、静かな所に慣れたら帰れなくなるしな。できたら厚木あたりのキーンって爆音がないと本当は落ち着かないんだけどな。」
「いいなあ、俺なんか、この先どうなるかわからないしなあ。結婚できるかどうかもわからない。」
「沖縄来ればいいよ。俺んちの別荘が空いてるからそこに住めばいい。新垣系のかわいい女の子いるし。そうだ、今日からここでいっしょに生活しないか?慣れていた方がいいよ。」
「そうだな。乗った。でも、本当に何も働かないで食っていけるの?」
「基地がどこにもいかなければ大丈夫だ。そのためにじいさんたちががんばっているんだ。」

ニュースがあるたびに建前と本音が見え隠れする。
これは悲劇であり、喜劇でもあるのだ。そして、それが人間臭さなのだ。まあ、芸能界やスポーツ、政治家あたりをつついていれば安全圏なのだが。
バブル崩壊後、日本経済の停滞期-没落期に入ってから、嘘に嘘を重ねて建前で通そうとすることが多すぎる。みんな、本音はわかっているのに言えば叩かれる。
きれいな国日本をいつまでも見ていたいのだろう。
だからゴネ得の社会が生まれるのだ。

しかし、最近、NHKは面白い。W杯の時のCMなし発言も笑えた。真面目にやっているからなおさらおかしい。笑える。
[PR]
by worsyu | 2010-07-31 11:42 | ひまネタ | Comments(0)

師匠

ずっと不思議に思っているのがTVで「師匠」と呼んでいる吉本、松竹芸人たちの姿である。
桂三枝が師匠と呼ばれること自体笑ってしまう人も多いだろう。
所詮、関西落語会の内輪の話だったらまだよかった。しかし、吉本が芸人の市場を独占し、その文化も押し付けてくるに及んで、「ちょっと待て」。
その関西の芸人文化をTVで流し、それが当たり前のように押し通そうとする。芸人、芸能分野はヤクザな世界である。それは強烈な縦社会の構図による師弟関係に支配された閉鎖社会だ。人権無視の抑圧された状況下での話だ。それを一般社会と同等にTVで流されては困る。NHKはまだその辺りは分別が出来ているが、民放アナはひどい。師弟関係でもないのに、ヤクザな芸能社会の住人に対して「師匠」と呼ぶ。それじゃあ彼らの組織の中に組み込まれているということを宣言しているようなものだ。もはや、垣根がない。
相撲界の野球賭博問題で大騒ぎしていたが、暴力団と社会との垣根が低くなってきていることに気付く。昔のヤクザには一般社会の堅気の人間との境がはっきりしていて、迷惑を掛けないように節度を持っていたような気がする。しかし、今や堂々と社会に形を変えて出てくる。昔のようなギンギンなヤクザではなく、ソフトで損得計算ができる経済観念もある義理人情など屁とも思っていない輩の何と多いことか。
われわれ一般人にとって桂三枝は桂三枝であって三枝師匠ではない。(ネット的には師匠はけなす言葉でも使われるが・・・)
時折、ダウンタウンの浜田が西川きよしや先輩芸人に対して呼び捨てにして受ける場面がある。これは、芸人社会がヤクザな社会であることの裏返しのツッコミである。しかし、このやりとりの中で「師匠」文化が一般化されていくと、芸人には芸人しか扱えないという雰囲気が出来てしまう。
みなさんは芸能界と暴力団との関係をどれくらい知っていますか?多かれ少なかれ関係しているはずです。若い子が芸能界に憧れるのは結構ですが、実際にそこで働くということになると、そのことを覚悟する必要がありますね。驚く人も多いでしょう。すぐに慣れてしまいますが・・・

このままいくと地上波TVを牛耳っているのは暴力団ということになりかねない。いや、実際、最近の程度の低さを見るにつけ、確信している。
そろそろ芸人を追い出したらどうだろうか・・・・
出過ぎだ。
[PR]
by worsyu | 2010-07-29 12:24 | 芸能ネタ | Comments(0)

天使か悪魔か

読み終えた。今の感想は、何とも言いようの無い虚しさを感じる。誰の責任という言葉が、この国ではマスゴミの魔法の杖のように振られる。しかしその答えは見出せない。会社経営に出来不出来はあっても法律に違反していなければ運が悪かったということになるのが常だ。(誰が引き金を引いたかは問題じゃないだろう。)
そこでスケープゴートとして溝畑が叩かれるのはある意図があってのことだろう。作者もそのことを知って書いている。県と経済界と地方マスゴミのなれあい、癒着、そして中央権力の意思が見えてくる。程度の低い茶番だ。振り回されたサポは今一度考えてみることだ。
ただ、必然ではあったと思うね。しかし、第2幕は始まっている。希望は捨てるな。

溝畑宏は天使か悪魔か
こういう疑問がわくのは普通の人間ではない超人だからだ。
いったい、この男は何者なのだ?つかみどころのない男だ。
人間には欲望がある。権力であり、財力であり、そして子孫を残そうとする名誉欲もある。そこが人間の弱みでもある。しかし、この男にはそれがない。それらを捨てることの出来る男は滅多にいない。妻に逃げられ、両親の死に目にも会えない。
サポーターからは叩かれ、県や県サッカー連盟からも無視され続ける。本来支えてくれるはずの地方紙も批判的に扱う。唯一理解を示すのが大分県オンブズマン代表という変な格好だ。
日本の社会では根回しが必要なのだが、それをやらないことで敵を多く作ることになった。
私欲がないから罪がない。それにつき合わされ、振り回された人々は、それでも、利用されたとは思っていない。それらの人々が持っていないものをこの男は持っていた。溝畑の空白を埋める渇望にも似たこの壮絶なエネルギーに触れたために彼らは踊ったわけだ。

さて、映画化というばか話をしたが、私の中では監督は井筒で決まっている。さて、それではこの溝畑を演じきれる役者がいるのか?それでこの映画の出来不出来が決まる。私の中では西田敏行の後継者ぐらいでないと務まらないと考えている。大阪ではなく京都のはんなり加減が必要だし、あの馬鹿ができて絵にならないとだめだし、しかもインテリジェンスがないとだめだし。今思い浮かぶのは塚地かな~。竹山は下品だから無理。ああ、あいつがいた。ブラマヨの小杉だ。演技力は未定だが。
この話はもちろん夢の中なので。問題はエンディング。その後、クラブは・・・・


オープニング。県庁近くの喫茶店で高級であろう背広をだらしなく着ている男。新聞を広げパンの食べかすをあちらこちらに散らかしている。そして「ちょくちょく来させてもらいます~」と言って去っていく。どこか憎めないところがある。

こんな非常識で社会性のない人間が高級官僚という肩書きを外しても支持されたことは奇跡だろう。本来なら袋叩きで追い出されたはずの人間がここまでできたというのも大分だからだったとも思う。作者は福岡だったらつぶれなかったかも、と言うが、大分だからここまでやれたのだと私は思う。


(私は、今まで溝畑氏に対してあまり批判的ではなかったと思う。むしろ応援していた観さえある。そういう意味ではトリサポの中でも異質なのかもしれない。別に実情に詳しいからではない。全くの門外漢で無知である。でも、彼の男気というか情熱に惚れた部分はあるかも知れない。
加藤雅也氏の葬儀で言った言葉が今でも忘れられない。これで3回目だが、口だけなら誰でも言える。しかし、この男は口だけではない。それを実行した。そのことは声を大にして言いたい。
坂本龍馬は思い立ってから実行までの時間が極端に短かったと言う。直進する。降りかかるいくつもの難題を情熱で跳ね除ける。
溝畑は日本を洗濯しようとしているのか?大分は少しはきれいになったのか?われわれは挑戦し続けるよ。まだ何も成し遂げていない。)
[PR]
by worsyu | 2010-07-28 10:10 | ひまネタ | Comments(0)

ネバーエンディングストーリーへ

「社長・溝畑宏 天国と地獄~大分トリニータの15年」とうとう買ってしまった。
まだ、読み始めたばかりなのだが・・・・・
まあ、面白い。奥さんも面白いと食いついてきたのだから面白いのだろう。
映画のパッチギではないが、井筒監督にこの物語を映画にして欲しいくらい場面場面が浮かんでくる。
いや、本当に。ぜひ映画化してもらいたいね。

この本は、そういうものであってもいいと思う。ただ、笑うための本であっても、それだけでも意味がある。何も考えずに読者にはまず笑って欲しい。手にして欲しい。立ち読みでさわりの部分だけでもいいから読んでみて欲しい。それくらいの価値はある本だ。
クラブがどうのうこうの、とか、溝畑がどうのこうのとか、関係ない。出てくる場面を思い浮かべて笑うことにこの本は価値がある。
トリサポの中には笑えない人も多いだろうし、嫌悪感を持つ人もいるだろう。しかし、それを吹っ飛ばして馬鹿になって笑えることが素晴らしい。
考えるのは後からでもいいじゃないか?

今、思うことは、何度も書いたことだが、一粒の種が落ち、芽を出し木が育ち、そこから林が生まれた。
みなさん、知っていますか?東京都にある明治神宮の森は人工的に造られた森なのですよ。80年前、植樹され、計画的に管理されて現在に至っています。前はただの沼地です。杉やヒノキなどの針葉樹で林を作り、その後、シイ、カシ、クスなどの広葉樹によって森ができました。
溝畑氏のような存在はやはり必要だったのです。ただ、彼が社長になった時点から、破滅への道は始まったとも言えますね。
サッカー不毛の地の大分にプロサッカークラブが出来、全国に大分の名を知らしめた功績は大きい。しかし、それで終わったら、この物語を映画化する意味はありませんね。本当にここからは、わたしたちが地道な活動や支援でこのクラブを押し上げていかないと、森にはなりませんね。

まず、この物語を読んで、笑って、そして行動しましょう。最後にはバカが勝つ。最後にバカになりきれなかった溝畑氏の代わりにわれわれがバカになってやればこの物語は続きます。そして、いつの日か、われわれは溝畑氏に感謝し、そして彼から羨望のまなざしで見られることが実現します。
[PR]
by worsyu | 2010-07-26 12:23 | ひまネタ | Comments(0)

捕鯨もうやめたら?・・・

もうそろそろ「日本人」という枠に必要以上に縛られることは勘弁願いたいものだ。
昔、女優の岩崎ひろみが「日本人ですか?」と質問され、「千葉県民です」と答えて笑いを取っていた。これは、面白いと思った。日本人である前に一県民である。だから何だというわけではないが、日本人だから、という何か変な枠にくくられることを、〇〇県民であると宣言することで一時的に解放される。選択範囲が広がるのだ。

捕鯨問題を考える。率直に言って、海外まで行って野生動物を捕獲していることは、やはり違法なのではないか?ということだ。違法にはなっていないかもしれないが、それを推奨していることはやはり文明国としての見識を疑われるだろう。
よく、食文化だとか、牛肉メジャーの陰謀だとかいう意見もあるが、今後、中国、インドが世界市場に大きな地位を占めることになることを考えれば、日本の食料市場など知れている。日本バッシングと思って偏狭なナショナリズムに囚われている人はかわいそうだ。もちろん、国益は大切だから、守るべきことは守るべきだが。
しかし、どうにも、わからない。
牛や豚、鶏、羊は野生動物ではない。ならば、鯨を品種改良して近海で飼育すればいいのではないか?そこまでして食べたいか?戦後の食料事情が厳しかった頃はそれもありだったが、今はその状況下にはない。
既得権益を守ろうと必死にもがいている役人の姿とダブル。もちろん、反捕鯨の団体の意見は聞く必要はないが、反捕鯨国の意見は聞くべきだろう。
絶滅の危険はないから計画的に捕獲してもいいではないか?という論理を突き進めれば、世界から嘲笑されるだろう。鯨の肉を食べるという風習を世界基準にすることは不可能に近い。
負け試合を続けていることは無意味だ。
世界の良識に従うのが日本の生きる道のはずだ。
ネトウヨらが必死こいて反捕鯨の意見を攻撃しているのをネットでよく見る。ウヨは負け戦がすきだからしょうがないが・・・・TVでも、肝心要の野生動物保護の観点を言わない。
偏狭なナショナリズムにどっぷり浸かっているようじゃ、サッカーW杯誘致運動も雲散霧消となるだろう。
ちなみに今回のW杯出場国で見ると、捕鯨支持国は、日本、韓国、カメルーン、ガーナ、デンマークだけ。それ以外は反捕鯨国ですよ。ブラジルもアルゼンチンもウルグアイも。ヨーロッパはほとんどだし。中国、ロシア、韓国と共闘しても何のメリットもない。広がらない。胡散臭い連中だよ。笑顔の裏でいつこいつを殺そうかと斧を隠しているような連中といっしょになって闘えるか?逆に国益を損ねることになることは冷静に考えれば誰でもわかることだ。

もうやめていいんじゃないか?辞めれば賞賛されるだろうし・・・
たかが、鯨ではない。これは外交問題なのだ。大げさに言うと第2次世界大戦の日独伊3国同盟-枢軸国対連合国の図式が、今回は日韓中露-枢軸国となりかねない危うさを孕んでいる。
ネトウヨとマスゴミにこの国を無茶苦茶にされるのにはもううんざりだ。
[PR]
by worsyu | 2010-07-23 13:50 | 時事ネタ | Comments(1)

5Sしかないよ

やっぱ、5Sしかないんだよ。だまされたと思って5Sやってみろ?トリニータの社員たちよ。
整理、整頓。清掃、清潔、躾。これを掲げてクラブが動き出せば、共鳴してスポンサーに名乗り上げるところも出てくるかもしれん。まあ、それはわからんが。
青野さん、できるよ。あなたなら(相談してみたら?)。やって欲しいね。そして、宣言して欲しいんだ。
「大分トリニータは5S活動をやっています」と。

整理とは、とにかく不要なものは捨てること。いや、とにかく捨てること!
整頓とは、欲しいものが決められた場所にあること。
さて、ここからが大変。
清掃。思い出したようにするのが清掃ではない。毎日、毎時間、毎分清掃することを念頭において行動する。それはゴミを出さないということにも繋がる。
清潔。身なりや服装、髪型、フレグランス、化粧、眉毛等、相手に不快感を与えないことを念頭に。行動も紳士然と。
躾。人間として、社会人として尊敬される存在となれ。これは拡大解釈。狭義では、決められたルールを正しく守ること、だ。
日本の社会そのものが、この5Sの精神に貫かれている。大分市の町がきれいなのも、ゴミが少ないのも、犯罪が少ないことも。こうした5Sの精神を無意識にやっているからに他ならない。そのことが、平和で安心して暮らせるということでコストダウンになるのだ。一方で祭りの後にゴミを散らかす輩もいるのも事実だ。だれかが、それを片付ける。汚いままだとそれを見た人たちの心も汚いままだし、社会もすさんでしまう。

5Sとは、トップダウンではない。ボトムアップなのだ。上から強制されてするものではない。自分自身を見つめ、自分の回りを見回して、よりよい環境を作り出していこうという運動。精神が実践に移されたなら、組織は変わるよ。利益も生まれるよ。今まで、ただ、上からの指示で動いていたものが、自分の考えや意見、そして人生観で仕事をやり、改善していく。
だまされたと思ってやってみろ。
藁をもすがりたいのなら、やる価値はある。
最後は結局、ここに行き当たるんだし。
クラブが変われば選手たちも変わる。サポも変わるし、ファンも変わる。スポンサーも絶対出てくる。
自分たちが範となれ。支えられるに足る存在になれ。ISO取るくらいの気概を持て!


もっとたくさんの人に知って貰いたいね
日本一の温泉文化を持っている大分県!世界へ!
[PR]
by worsyu | 2010-07-20 00:52 | サッカー | Comments(0)

次は勝とう!

勝って欲しかったが、無理だったようで。
考えてみたら、現在2位のチームにジョンファン抜きじゃ勝負にならないわけで。それでも前半健闘したようで。
C大阪、広島などの元トリの選手たちの活躍を耳にすると嬉しくなる。
あの黄金の守備陣を叩き売りして残った面子で戦っているわけで、それでJ1復帰を目指すなんて戯言と受け取られてもおかしくない。
でも、開幕当初は意地を見せたね。個人の力に頼っていた分、つぶし所がはっきりしている組みし易いチームとなってしまった。その内、依頼心が組織力の向上を阻害しだし、現状では、戻ってきた選手たちの力も分散され、連携が取れない。
勝負する前に戦う形になっていない。戦術うんぬんの話ではない。何のためにやっているのか?
この先、順位は上がるかもしれない。最終的には5位程度までになるかもしれない。それくらいの力はあるだろう。でも、J1に上がる力はまだないね。
今回のメンバーは現状では最強に近いメンバーだ。難を言うなら、高松は前半で交代がヨロシ。控えに住田が欲しい。結果が出なければFWは交代。先発からも外すべき。菊地のワンボランチが望ましい。いつまでも下川に頼っていたらダメ。
勝負所で踏ん張れない。流れがわかっている選手は何人いただろう。まずいと思った選手は対応できるように布陣を変えるなり、潰し所を変えるなりしなければ。観客の何人かはCKで「集中!危ないぞ!」と思っていたのに選手たちは何も感じていなかったのか?サポの気持ちが伝わらない。あの鳥栖戦と同じだ。応援の仕方も変えないと選手たちの力になっていないようだ。だから負けるんだ、とも言える。

クラブは改革しなければ経営はうまく機能しない。トップダウンでの限界を経験した以上、残された道はボトムアップしかない。
ここはこうした方がいいと思っている人はいっぱいいるはず。上からの命令を口をあけてまっているようじゃ組織の力は弱いままだ。



そりゃそうだろう。
ずさんな管理。問題が起きたら隠す。責任の回避。逆切れ。そして責任転嫁!!
政治とは何かがわかっていない。政治とは時に非情なものだ。それは最大多数の最大幸福を目指すのが近代社会のルールだからだ。それを無視したらルールそのものが機能しなくなる。そのルールによって目指したものが達成できなくなる。それは多くの人にとって不幸な出来事になる。こんなことは初歩の初歩。小学生だってわかることだ。感情論でやったら変な方向に行ってしまうよ。結局、組織は旧態依然のまま・・・それでみんな満足なんだろう。
[PR]
by worsyu | 2010-07-19 11:03 | サッカー | Comments(0)

あほらしいから楽しい

ご神託(≒タコ)=パウルくん。
何と、これまでW杯でのドイツ対戦予想の的中率が100%だそうだ。6試合全てを当てる確率は64分の1らしい。つまり、この場合、引き分けは入らない。勝つか負けるかなので、2の6乗=(2X2X2X2X2X2)=64ということなのだ。
さて、そのタコ君、準決勝でドイツの負けを予想したから大変。「オゥ~」ドイツ国民は「所詮タコだから、間違うことはある」と言っていたが、実際負けてしまった。さあ、大変。ドイツでは大人げなく、「早く殺して食ってしまえ」とか、どこまで本気なのかわからない騒動になってしまった。でもまあ、そこは規則遵守、理性の国ですから。一方のスペインは狂喜乱舞。
そして、決勝戦のオランダ対スペインの対戦予想をパウルくんがするそうで、それに何と、オランダとスペインのTV局が生中継をするという事態に。
サッカーってくだらないねぇ~。そんなに熱中するなんて信じられない、と思うだろうが、これは現実なのだ。このあほらしさ、バカらしさ、くだらなさを受け入れるほどに熱中するのがサッカーの持つ一つの魅力なのだ。

中国もやがてこのサッカーの虜になるだろう。
今のうちに動いていたほうがいい。大分にいる中国からの留学生に働きかけて、大分トリニータを盛り上げて貰えるように。また、コーチなどの交流を通して大分のサッカー文化を輸出して貰いたいものだ。何らかのつながりを今のうちから作り出したほうがいいよ。


生中継見たい。まずは3位決定戦から・・・
[PR]
by worsyu | 2010-07-09 13:04 | サッカー | Comments(0)

こんなもんでしょ

決勝相手が決まりましたね。オランダVSスペイン。意外な組み合わせと思った人も多いでしょうが、私的には順当なところだ。
私が以前予想した、オランダ、スペイン、ブラジルの3強の内の2チームが残りましたから。因みにその頃の私の優勝チームの予想はオランダでしたが・・・
日本は予選ラウンドは突破できるかもしれないが、そこまでだろうと。でも、もしかしたら・・・という気持ちは当然身贔屓でありましたけど。そして、もちろん、予選敗退もありうるとも。ただ、戦術を変え、カメルーンに勝ってからは勢いが出ましたね。岡田さんのギャンブルがハマッたわけです。
オランダVSスペインは、普通ならスペインの勝利を予想するだろう。スペインのポゼッション支配による華麗なパス回しの方が体力を温存できるし、見ていて楽しい。相手を押し込んだ形の中で攻撃をする方が相手に攻撃に移る機会と意欲をなくさせていく。
一方のオランダはどちらかというとパスよりもドリブルで突破するサッカー。しかも後半勝負に持っていく試合運びの上手さと決定的なスピードと体力を持っている。得失点差を比べると、スペインは+5。オランダは+7である。オランダはウルグアイ戦では打ち合いの試合をしたが、それ以外は後半勝負という戦法が功を奏している。監督の戦術が見事。選手個人の力を上手く引き出し、しかもコントロールしている。何と言っても全勝で決勝まで上がってきた。一方、スペインは、いきなりスイス戦で0-1で負けはしたが、ほとんどの試合を無失点でやってきている。競り合った試合で勝ちきる強さ、終盤まで続く体力と集中力が共通する点だろうか。
前半0-0で終えたら、お互いに自分たちのペースだと思うだろう。オランダはブラジル戦で見せた逆転劇は見事だった。印象深い。あの爆発力はすごい。精神戦。心の闘いに勝ったんだ。
まあ、白熱した試合を期待したい。個人的には、大方の予想に反しオランダを推しておく。南アフリカはホームみたいなものだし。今回のチャンスを逃したらいつまたこういった機会にめぐり合えるかわからないし、ね。

トリニータはオランダの試合運びの上手さと、ギアチェンジの見事さとかを何度もVTRで見直して研究して欲しいね。絶対ヒントがあるよ。
[PR]
by worsyu | 2010-07-08 12:22 | サッカー | Comments(0)

藤田の復帰が化学変化を起こすか?

藤田が戻ってきた。菊地をボランチに上げた。私としてはこれだけで大満足なのだ。
これにギョンジンがCBにハマれば良しだ。

高松がまたもや先制弾。昔のトリニータだったら、これで勝ちゲームだったのに。たとえ追いつかれても追加点で最後に勝っていた・・・

高松を最後まで引っ張る意味がわからない。本番では交代させるだろうね。FWが1点取ればお役目ご苦労さんだ。高松はまだそこまでだろう。FWを大量に投入して、それで点が取れるのかね?
まあ、本番では大丈夫だと信じたいが。
何となく、後半戦は期待が持てるのではないか?個人的には、そろそろ清水か石田あたりが台頭してくれないと守備の士気が上がらない。
川島が楢崎の代表正GKの座を勝ち取ったように・・・・ただ2人とも何となく甘いねえ・・・一皮剥けてくれ・・・

2-3や1-2で負けるよりも1-0で勝てるチームの方が私は好きだ。
守備は練習で上手くなる。攻撃はもういいから、守備を構築してくれ~!!!!
[PR]
by worsyu | 2010-07-05 17:54 | サッカー | Comments(0)