<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新監督に望む

ファンボ監督が退任だそうだ。物は言いようだ。
これで、ようやく、来季に向けて希望が少しだけ見出せたかな・・・
監督が辞めて安堵するというのも珍しいだろうが・・

同じ監督とつくもので映画監督というものがある。日本の中で映画監督と名のつく人は星の数ほどいる。「若手の有望な監督」と名のつく人もいっぱいいる。毎年現われる。しかし、その中で生き残っていくのはほんの一握り。たとえ1回当たっても、その次に失敗したら2度と仕事は廻ってこない。短編映画やVシネなどで実績を積み、助監督で評価され、ステップアップしていく。そして、やっと、運がよければメジャー映画を撮らせてもらえる。でも、2回目が来るかどうかはわからない。そのまま消えていく監督も多い。

ファンボは1回失敗し、それでも2回目のチャンスを与えられたということが驚きなのだが、案の定失敗に終わってしまった。監督業に2回目のチャンスはないのだ。トリサポもよい教訓になったのではないか?

日本人の若手監督を探しているそうだが・・・・
やる気のある監督を探さないと駄目だろう。しかしこれがなかなか難しい。監督希望者にとってJ2であれ監督ができることは魅力的だ。しかし、失敗は許されない。ステップアップするために結果を残さなくてはならない。そのためには勝負できる戦力が必要だからだ。(返す返す、今季のこの戦力があればもう少しいいところで勝負できたのではないか・・・・・と・・・・ぶち壊したファンボの責任とクラブの後手後手ぶりにはため息が出てしまう・・・・)結局、若手監督の獲得に失敗すれば、残っているのは、過去に失敗した監督たちだ。1回の失敗が許されるんだから2回目のチャレンジをさせてくれるだろうという監督さんも多いだろう。どこも手を出さない監督たち。その中で大分に合った監督を選ぶなんてことは奇跡に等しい。
なぜ彼らが失敗したのかを再確認することになったとしたらそれは喜劇以外の何物でもない。もlし、彼ら失敗監督を採用する羽目に陥ったならば、その原因と対策を十分に話し合う必要がある。もし、就任しても、定期的にチェックし、改善の方向に向かっているかどうかを確認する必要がある。
もし、若手の監督の獲得に成功したならば、具体的にどうチームを建て直していくのか、明確な方向性を確認する必要がある。ストロングポイントはどこなのか。どこで勝負を掛けるのか。育成に対する考え方も重要となる。いっしょに成長していける人物なのか。何をもたらしてくれる人なのか?
強い意志とモチベーターでなければこのチームを救えないだろう。過去においてもそうであったように。再び憎たらしいほどに強いチームに生まれ変わるには、監督の力に頼らざるを得ない。

ファンボに関しては、監督以外なら、結構使えるんじゃないかな?とも思うが・・とにかく、理論はあるんだから、GMなんかの方が向いているんじゃないかと・・・わからんが・・・
[PR]
by worsyu | 2010-11-30 17:09 | サッカー | Comments(0)

福山龍馬

「龍馬伝」が終わった。ずっと見てきたわけではない。時々、見る程度だった。しかし、最終回は見てしまった。一人で。
福山を抜擢したプロデューサーはすごい。
最後の池田屋で、上川との二人芝居に、両者の演技の差を感じた。福山は龍馬である前に福山だった。だから、自然なのだ。演技に無理が無い。ミエを切らない。誇張しない。いわゆる芝居口調にならない。見事。
最後に死というものを持ってくるのが日本的な美意識なのだが、その場面での演出も見事だった。自然だった。それゆえ、臨場感があふれ、見ていて胸が苦しくなる。
どこまで歴史にリアリティーを持たせるか。人間くさい龍馬を描くことで現代人の情感を移入できる。
この作品がアジア各国で放映される。台湾では既に11月から始まっている。韓国は来年1月から。中国も放映する予定だという。
この作品は原作がない。オリジナルがゆえに制約がない。ドラマ性が強い。だから、多少、無理がある箇所がある。かなり視聴者を意識しながら作りこんでいる。蒼井ゆうが隠れキリシタンで海外へ亡命するなんて話もおかしいし、近藤勇との関係の描き方もおかしい。でも、その方が面白いから・・・
福山以外の俳優には不満が多いだろう。何と言っても、勝海舟役の武田には無理がある。江戸弁をもうちょっとうまく使える人はいなかったのだろうか?
いろんな点で欠点のある歴史ドラマだが、テーマがしっかりしているから素晴らしいのだ。日本人が龍馬の生き方を愛する理由は、あの時代に敵味方関係なく、日本の将来を見据えまっすぐに行動したこと。そして、その速さ。命を掛けて求めたものは、何だったのか。
このドラマが本当に中国で流れるのか?彼らは何かを感じるだろうか。
福山はすごいわ。
[PR]
by worsyu | 2010-11-30 12:23 | ひまネタ | Comments(0)

強さを見せつけたU-21

U-21がのアジア大会で優勝した。
選手たちは走り回り、パスを廻しまくり、積極的にパスカットを試み、セカンドボールを拾いに行っていた。とても楽しそうに見えた。見ているこちらも楽しかった。
やっぱり、関塚監督はすごい。
短期間にここまでまとめ上げた力はすごいものがある。問題はこの勢いがロンドンまで続くかどうかなのだが、主力の香川や金崎、その他にもJリーグで活躍する選手がこれに加わるとメンバーは半分以上が代わってしまう。最終的にはロンドンのメンバーもこの中から半分ぐらい残るのだろうか?いずれにしても、若い世代のポテンシャルの高さを見せ付けた形ともなった。
主力が抜けていても結果を残した。しかも、図抜けた力強さを見せて優勝したのだ。
永井、水沼、東、山崎。
今大会で活躍した選手たちは、今後、ロンドンへの生き残りを掛けて、Jリーグで活躍していくことになるだろう。

関塚監督が就任し、結果を出したことで、改めてサッカーにおける監督力というものを感じた試合だった。
この人、やはりすごい。
そして、永井はすごい。
[PR]
by worsyu | 2010-11-26 08:57 | サッカー | Comments(0)

府中戦

バサジィは負け。ふわっとしたたちあがり。どこか、受けているような空気が。そんな中で2失点。これが全て。
小曽戸の芸術的なメッシばりの2人抜きのゴールは超美技。これが見られただけで満足するしかないか。
相手の気持ちは強かった。マンツーマンで激しくプレスを掛けてくる。しかし、反則は大分の方。ジャッジにも多少不満があるが・・・
マンツーマンで来るのならもっと動かないと。パスの出しようが無い。動きがない。横パスを狙われ、また、ドリブル突破を仕掛けると囲まれて取られ。府中は2点先制したことでカウンターサッカーに余裕ができた。リアクションで十分対処できる形になった。
縦のコースを消さないから、どんどん前に仕掛けられる。失点もその辺りの寄せのゆるさから生まれていた。
後半、気持ちが乗ってきて同点になったが、その時は、やはりみんな動いていた。
結果として仁部野の欠場は痛かったかなあ、と考えてしまう。先発選手のプレイのむらも気になったが、交代する選手のパフォーマンスにも不満を感じてしまった。
きれいな形を追いすぎると勝負とは離れてしまう。足りないものは勝負に対する貪欲さだろうか。場内アナウンスもあまり扇動しすぎるのもどうかな、と思うけど・・
[PR]
by worsyu | 2010-11-22 12:33 | 地域ネタ | Comments(0)

無策の策

昨日、「クローズアップ現代」で、国が新エネルギー事業で自治体に補助金を支給し進めているエコ事業の半分以上が赤字に陥っていると言っていた。(風力発電)
風が吹かないところに建ててみたり、落雷の頻発するところに建ててみたり、で、どんどん赤字が膨らんでいるところがあるようです。
結局、国が半分お金を出してくれるので自治体のコスト意識が希薄である点が問題だと指摘しています。

自治体や政府などがする事業のほとんどは黒字を出さない、赤字の温床であり、財政を逼迫化させる元凶となる。
アメリカで現在、反オバマ運動=「ティーパーティー運動」が盛んなのは知っていると思いますが、これは、小さな政府こそがアメリカ経済を健全化に保つものだという考えです。これには一理あるのです。オバマ大統領や日本もそうですが、弱者を救済するために税金を使う。しかし、それは非効率的な組織で行うためにコスト高になる。そして、それは正規の企業活動を圧迫する。経済を不健全化させるわけです。
最終的には、これらの矛盾は需要と供給の法則によって淘汰されます。つまり、利益を出さない分野はやがて縮小し消滅する、ということです。それとも、小さな需要に対して供給過多を続けていって赤字を雪だるまのように強大化させるか、だけです。それもいつか爆発します。
Jリーグというサッカーバブルに飛びついた後どうするか。バブルははじけます。大分は莫大な赤字を抱えました。しかし、早く気付いたとも言えます。後に続く地方クラブも大分の行く末を注目しているでしょう。

J2で十分。維持管理費がかさむとクラブ維持は難しい。選手以外の経費は極力なくすことが重要。ボランティアをもっともっと使うべき。手づくりでいいのです。J1がバブリーでJ2が手作りでいいではないですか。Jリーグのマネジメントそのものが既に破綻しています。早くそのことに気付いて手を打つべきです。
地方においての大手スポンサーは自治体しかありません。つまり県民の税金です。これを使わなければ借金返済は無理です。できるだけ長期に借りて、確実に返済する方向で行くのが賢明です。Jリーグ基金からの借金は緊急避難的なものでしかありません。モラトリアムです。だから、より安全な資金を調達して運営します。そして、絶対に返すという意地をことあるごとに見せておく必要があります。
今回、純利益が出ました。来季は、今年以上に観客は減り、スポンサーも減るかもしれません。でも、その分はコストカットで乗り切るしかないのです。覚悟はできています。
再建するためには費用対効果の効率アップが必要です。第3者を交えて、情に流されず、3年後、5年後に繋がる再構築が必要です。
継続こそ力です。
これからは生き残りを掛けた戦いになる。J1もJ2も関係ない。浦和や新潟でさえ、今季は大幅に観客数が減っていることを見ても、これからのプロスポーツ界の経営は一筋縄ではいかない。生き残るためには、成績に関係なくスタジアムに足を運んでくれるコアサポをいかに確保していくかでしょう。これからは守りの経営戦略が必要です。
無策の策もあり、ということです。

個人的には、リッジーがサングラスとって、うるるん眼でアクロバット演技にトライすることを期待している。
[PR]
by worsyu | 2010-11-19 15:16 | サッカー | Comments(0)

熱を感じたい

やっぱり、千葉ロッテサポはすごい。
このサポの力はすごい。多ければいいというわけではない。過激過ぎると一般のファンは離れる。何だか楽しそうだ。比べるのは酷かもしれないが、この熱さは、好成績から来るものもあるだろうが、彼らは去年を反省し、今年に掛けたからできたことであり、また、今までの成果の延長にあるものでもある。見事に華を咲かした。

トリニータも一時期そういう雰囲気を持っていたはずなのに・・・
成績不振だとか、経営悪化だとかという前に、もう一度、何度でも、応援の輪に入りたくなるような魅力ある応援を取り戻して欲しい、と切に思う。
新しい血を注ぎ、常に前を向いて、楽しい空間と時間を作り出すコアサポの出現を望む。足の引っ張り合いではなく、どこにも負けないコアサポの応援が出来れば、必ず好転するはずだ。まだ、何かが足りない。もちろん、他と比べてもそう見劣りすることはない。しかし、何か物足りなさを感じている。圧倒的に支持できるものが欲しい。
一歩でも前に。熱を感じていたい。試行錯誤を繰り返しながら、洗練されたものを生み出して欲しい。

何か忘れていることがあるんじゃないか?
変わるべきは、クラブだけではない。我々も変わるべきなのだ。変わらなければ前には進めない。熱を求めて。心地よい熱気に包まれたいではないか。それは伝わるんだよ。
地方クラブのサポのトップランナーとして君臨し続けて欲しい。そして、それができると信じている。
[PR]
by worsyu | 2010-11-18 01:14 | ひまネタ | Comments(0)

いろいろ

チェ・ジョンファンが出場停止。そうですか。
北九州に新スタジアムができるそうで。そうですか。
ところで、福岡戦では、FWがいないってこと?どうやって点取るんでしょうね。
東もキム・ボギョンもアジア大会で大活躍。そうですか。
U-18が弱くなった代わりに宇佐は強くなったねえ。最初の頃は見ていられなかったけどね・・・そのうち大分よりも強くなるかもね。
明日ははしごで観戦の可能性がある。せめて、バサジィで気分良くして、試合に臨みたいね。
まさか勝つことはないだろうが、引き分けて欲しいね。審判のせいでPKとか取られたら即帰りますが・・・
北九州って結構ドライブがてらに行くのにちょうど良いんだよね。しかも、勝っても負けてもどうでもいいし。高速楽しいし。大分のユニ着て観戦するのもゆるゆるでいいかも。どうせ、北九州の人は見に来ないだろうし。競輪スタジアムもそうだけど、箱物好きだねえ。市民は無関心だけど。(大分が何とか続いているのは、結構、協会のあの人のおかげなのかも・・・)

スペースシャワーTV見ていると、何だかとても平和な気分になるね。尖閣問題のビデオ流出だとか、政治の話がとても遠くの出来事のように見えてくる。
一応、ダブルスタンダードで、国益というものにはそれなりに守るべきことだと思うが、個人ベースで考えると、心の中では、くだらないことだという感慨もある。
国家という幻想にあまり振り回されるのも考え物だ。マスゴミと政治家とネット住民たちが遊んでいるだけのような風景もある。

スピッツのシロクマのアニメはよくできているね。ゆる~い。いきものがかりの「キミがいる」は、上手くまとめているねえ。でも魅力はないな。活動休止もうなずける。才能が尽きたら終わりの世界だから。
AIと加藤ミリアの「ストロンガー」は勇気が出る曲なんだけど、両方の魅力が半分半分打ち消しあっていて、コラボとしては失敗かな。ありがちなことだけど。でも、2人とも上手いねえ。
バンプもまたゆるゆる。あのけだるい歌い方はどこかスピッツも連想させるが、まあくりそつラッドも同類で支持されているようで。これが今の日本の若者の基本風景なんだろうな。

あべまは、独自路線でがんばっているね。続けていくこと、続けられることがすごいこと。変に媚び始めたら以外に短く終わってしまうかもしれない。

広州のアジア大会はすごいね。これからのアジアにはやはり可能性がある。否が応でも関わっていくことになる。漢字という言語はすばらしいね。そして、英語は必要だよ。
[PR]
by worsyu | 2010-11-13 10:48 | ひまネタ | Comments(0)

メンタリスト

スーパードラマTVで放映されている「ザ・メンタリスト」がおもしろい。5月26日から始まっていて、また、ファースト・シーズンを再放映している。
2008年にアメリカで放映され、去年は賞を総ざらいした人気TVドラマである。主演のパトリック・ジェーン役のサイモン・ベイカーがまさにはまり役となり、人気が爆発したのだろう。
カリフォルニア州の凶悪事件を捜査する部署:CBIが舞台。以前、霊能者を騙ってテレビで人気者だったが、連続殺人鬼のレッド・ジョンのことをからかったために、妻と娘を殺されてしまう。そして、一線から退くも、その才能を活かして、犯罪捜査の手助けをすることとなる。
チームリーダーはリズボンという上級女性捜査官。黒髪で美人。行動力があり、部下や上司からの信頼も厚い。
これに、同僚捜査官として、元軍人でクールさが売りのチョウ(中国系?)。その相棒として体格が良くてでも女性に対して不器用なリグズビー。そして、新人の女性捜査官のヴァンベルト。
この5人が難解な事件を捜査するわけだが、ほとんどが、パトリック・ジェーンの独壇場。日本語に吹き替えられると、すごく、嫌味に聞こえる。何と言う皮肉屋か、と。しかし、これが癖になる(やっぱ郷田さんすごい)。いわばコロンボみたいな感じと言えなくも無いが、全く違う。それは女性に優しく、魅力的であるという点。子供のようないたずらっぽい顔をする。母性本能をくすぐる魅力的な存在である。彼の笑顔に癒されるという人も多いだろう。しかし、真実を言い当てる才能は優れている。
ドラマの質も高く、アメリカのドラマ作りの達者さにただただ感服してしまう。凶悪な殺人事件をこうまでエンタテイメントにできるというのも、アメリカならでは、とも言える。日本ではできないね。
この主役のサイモン・ベイカーは、日本でもおば様たちを中心に人気が広がってきているようだ。DVDレンタルも出ているようなので、まだ見ていない方には是非おすすめしたい。
[PR]
by worsyu | 2010-11-11 13:01 | ひまネタ | Comments(0)

千葉ロッテ優勝!!

千葉ロッテが中日を下し、日本シリーズ優勝を決めた。4勝2負1分。見事だった。
中日の落合監督が、「3敗まで大丈夫」みたいな発言をしたことで、中日の居丈高な姿勢が鼻についた。
確か、昔、森監督が同様のことを言ったような気がするが。名監督になりたい症候群に犯されているのだろう。
試合中もじっと表情を変えず、まるで、知将を演じているような雰囲気がある。これでカリスマ性を演出しているのだろう。
しかし、同点に追いついた時に、初めてにやけて笑っていた。ああ、これで、化けの皮が剥がれた、と思った。
対するロッテの監督の西村さんは人間性溢れる表情だったり、しぐさであったり、でも、それは強さの裏返し。正直に精一杯やっていることがわかった。

それにしてもロッテの応援はすごいね。声が出ている。音楽性も素晴らしい。マイナーがかったセンチな旋律もなく、好感が持てる。何よりもみんな楽しそうだ。おかげで頭の中にに旋律が残ってしまった。
トリサポも学ぶ部分が大いにある。教えを請いたいくらいだ。
今回の千葉ロッテの戦いは「史上最大の下克上」というキャッチフレーズが出てきたが、それを成し遂げられたのもサポのおかげだろう。それだけ応援が素晴らしかった。ナビスコを制した大分トリニータとちょっとダブル気がした。
応援の力ってやはりすごい。もっと、魅力ある応援を作っていけば、何かが変わり、何かが生まれるはずだ。求心力が生まれるのだ。

トリの今の応援にははっきり言って不満がある。乗り切れない部分がある。千葉ロッテの応援と比べて感じることがその全てだ。
今後に期待しているので、それを見せて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2010-11-08 13:29 | ひまネタ | Comments(0)

整理整頓から

青野社長がようやく記者会見で我々の前で口を開いた。
純利益が3700万円。すごいではないか。利益が出た。
大体、初年度に3億6千万円という途方も無い金額を設定していること自体がおかしい。どういう計算なのだ?

結論から言うと、一番いいのは、身売りしてどこかに親会社になってもらうこと。今年1年間で見つからなかったとしたらこれからでも探すこと。ネックになっている問題があれば、それは県と相談してクリアすること。それで、買い取ってくれるところが見つかればこの問題は解決する。

しかし、どこも引き受け先が見つからなかった場合。自力で再建していくしかない。従業員はもちろん削減だろう。20人もいれば十分ではないか?仕事がないのだから居ても仕方が無い。(離れがたいのなら出向という形でどこかに就職させてもらえばいい。)事務所もどこかに貸した方がいい。売れるものは県や市に売ればいい。そのくらいはしてくれるだろう。
観客動員のための広告費は無駄である。極力しないことで経費が浮く。新たな観客層の開拓はサポーターや県サッカー協会に任せておけばいい。
広告収入は、社長の人選で決まると言っていい。その意味でも社長選びは重要だ。来季も青野さんでいくのかなあ・・・・
全ては人つながり。純粋にビジネスライクで売れるものなどない。コネコネで引っ張り込むしかない。

来季は広告収入:5億。入場料収入:3億。その他1億。 営業費用:7億(内人件費:3億)ぐらいを目標に。
まあ、この数字がどれだけ意味があるのかどうかもわからんが。勝手な自分の妄想だから。
経営に口は出しても手は出さないのがサポの基本姿勢なので、言うだけタダということで。

監督はファンボに替わってやってくれる人で安ければ誰でもいい。大丈夫。やることはみんなわかっている。理論家はいらない。ただ、上手いモチベーターであればいい。

理想を言えば、「湯布院映画祭」のように、本当にサッカーを愛している人、好きな人が集まるクラブというものを目指していけば、手弁当でも集まってくる。そう信じたい部分はある。
「湯布院映画祭」はやはりエポックメイキングだった。素晴らしい。映画とは総合芸術であり、でも商業主義でもある。そのどちらにも偏らず、ただ単に映画が好きな連中が集まっている。映画の楽しみ方は映画館だけではない、ということを教えてくれる。役者、作り手、観客の三位一体の中で楽しむことができる空間が出来ている。ここにヒントがあるのでは?

大分は福岡のように中央からの支店拠点として発展した商業都市ではないので、巨大企業が商業のみで乗り込んでくるような場ではない。

楽しむ空間を演出するには、知恵を出し合って、楽しむことを真剣に考えなくてはいけない。特色のあるサッカー文化を作り出すことで活路が開けるかも知れない。
今言えることは、サポはサポで楽しむ努力をしなければならないということだろうか。

捨てる神あれば拾う神あり。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり。

今更ながらだが、整理整頓から始めよう。
捨てる勇気も必要だ。
(整理):無駄なもの、使わないものは捨てる。
(整頓):必要なものをすぐに使える場所に置く。
(清掃):常にきれいな状態にする。
(清潔):整理、整頓、清掃を徹底し、きれいな状態を維持。
(躾):これらのことを習慣づけるためにルールをつくりましょう。

まずは、11月14日みんなでスタジアムを清掃しよう!!
[PR]
by worsyu | 2010-11-06 14:50 | サッカー | Comments(0)