<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

どうでもいいこと

広瀬知事がポポビッチ監督招聘を拒んだとか言わなかったとか・・・そんなことはどうでもいいこと。問題は、我々がどれだけ大分トリニータを通じて共感できるか、ということ。それを同氏がどう感じているかだけ。
熱はやがて冷める。でも、炭火のようにいつまで経っても中で燃えている。大分トリニータを過小評価してはいけない。どう見られるかではなく、どう感じるかであり、それは中に入らなければわからない。自分たちで作っていけばいい。

毎年、青い姿でピッチに立つ選手たちの姿を見て、私は歓喜する。やっぱ、アズーリ。格好いいと思う。誰が着ていようとやっぱり格好いい。イタリア代表?いや、大分トリニータだ。
99歳の詩人の言葉に勇気づけられる。朝日は必ず昇るもの。

筑紫さんのエッセイを発見。小学校3年から6年まで日田のそのまた奥の村で疎開生活を送っている。帰ってきた時、大分市は焼け野原。修学旅行は大分市の県庁だったとか。石炭トラックの荷台に乗り日田市まで降りてきて、そこから汽車で・・・修学旅行というものが、その時、その小学校では初めてだったそうだ。「世の中には修学旅行というものがあるらしい」ということから始まったらしい。
もっと、エッセイを残して欲しかったね。読んでいて楽しい。日本中を駆け回り、世界中を回り、いろんな人と対談している。死期を意識してから、少し我が出てきたが、基本は世情に流されず、ジャーナリストとしての分を意識していた。聖人のように奉る必要はないが、巨星であったことは確か。戦後日本のマスメディア文化が生んだ一つの結晶のような人かな。今後も彼を上回る人はでないでしょう。当分の間。
山路氏のドタバタ不倫劇を見るにつけ、筑紫さんはやっぱりエライと思う。

ネットワンシステムズには、改めて感謝したい。ネットワークということ、ソリューションビジネスにおける繋がることの大切さ、重要性にもっと着目すべきだろう。
何も難しいことを考える必要はない。人と人とが繋がることで新たな可能性が広がる。もっと新しいこと、楽しいこと、格好いいことをしたい。繋がることでそれができる。ビジネスとして確立できるかもしれない。みんないろんな才能や技術を持っている。繋がることで新たな価値が生まれる。その手助けをしてくれる。ならば、その考え方や手法を学びたい。本筋からズレているかも知れないが、共有できるはずだ。
今の大分トリニータの状況を、決して特殊な形態とすべきではない。問題を矮小化して責任論をぶっても何も解決しない。

まずは、TAOを見て2011年の新年を祝いたいと思う。

楽しむことから全ては始まる。
[PR]
by worsyu | 2010-12-31 11:37 | ひまネタ | Comments(0)

見つけたかった

Mステ探したけど見つけられなかったね。一瞬、もしや、と思ったが・・
見つけられなかった自分はおそらく指原ファンじゃないね。未熟者ですわ。
かわいくない子を探していたのが・・・結構、かわいくなった?から見つけられなかったのか?
といった微妙な存在のサッシー。

みんな目力あるねえ。決めるねえ。媚びるねえ。思わず寒気が来る。
同じこと指原がやったら、もっと寒気がするかも?どうなんでしょうね。
あのトップラインに並ぶのはやはり無理?かも・・・・
そうなったら、AKBも終わりか・・・なんて。
トップ10の壁は厚い。
しかし、まあ、サシコのポジションは今のところ絶妙だ。この辺りの戦略はすごい。どこまでこの素人っぽい路線で行くのか。中川翔子でもなく、ベッキィーでもなく、芸人でもない。

ちなみに、冠番組ができちゃったみたい。
『さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~』
来年1月17日(火曜・深夜1時25分)TBS系列で放送される。MCは同じ太田プロの土田晃之で、指令の下、様々な試練に向かっていくというバラエティ。

まあ、どこまでもいじられ続けて、どこまで持つか、飽きられたらポイなのだが、飽きられる前に番組終わらせたほうがいいだろう。こういうものは。ノブナガの小泉エリみたいになったら終わり。結局、可愛いのにこんなことまでやる、で終わってしまう。
指原が20歳まで持つか・・・・というわけだが・・・
飛ばしまくりだねえ。秋元が言うように、人間力を磨いて構成作家というか、アイドル路線を卒業したら、裏方に行くのもいいかも知れないね。また、芸能界にしがみつかなくてもいいかもしれない。

前を向いて進んで行けば道は開けるさ。
[PR]
by worsyu | 2010-12-25 11:26 | 芸能ネタ | Comments(0)

指原マジック

休みの間、指原関係のyoutubeを見て楽しませてもらった。ラジオのDJもやっている。そのしゃべりっぷりは見事というしかない。才能を感じる。
マシンガントークぶちかましてる。
AKBの素晴らしさは、何といっても、選挙だろう。この画期的な手法は、マーケティングなのだ。つまり、コアなファンの支持率の多い娘がトップに座るという単純明快でダイナミックな手法。
選ばれた娘はやっぱり何か持っているんだね。
ちなみに指原は19位なんだが。現在、バラエティに出まくりである。この娘のハイテンションと対応力の見事さ。そして意地悪な大人のファンまでをもうならせるへたれぶり。素直さ。自虐でありながらトップを狙う超ポジティブ思考。
時々かわいく見えたり、げっ、ブスじゃね?と思わせたり。普通さとタレント性を併せ持つ不思議な18歳なりたて。
この娘がいいのは、狙っていないところ。計算でやっているんじゃなく、素直に自分をさらけ出せるスゴさ。(地方の娘って、決めよう決めようってがんばり感があって、ファッションなんかでもそうだけど、自然さがなくて、服に着られてる感じがあるね。特に大阪や福岡にそれを感じるね。背伸びしすぎて何だか変になってる人いるよね・・・・関係ない話だけど・・・・それは文化もそうなんだけどコテコテということ。楽しんでいない。)
だから、時に物足りなさを感じてしまうが、それがまた良い。
「とにかく、前に進むしかない」
これだけアホさを晒すことができて、それが素で狙っていない。泣きたきゃ泣くし、へたれる時は無理しないでへたる。やるだけやって出来ないときは仕方が無い。バカにされ、けなされ、叩かれ、否定され、それでも負けずにがんばる。格好悪い。でも、その激烈な否定の中でも光っていることの不思議さが評価される。
これぞ指原マジック!

まさに、トリニータそのもの。トリサポの鏡ではないか。魂だ。
そして、私の分身・・・?

過去を振り返るのはいつでもできる。前を見て一歩前へ。その一歩が明日に繋がる。

と言うわけで、指原を猛烈に応援してます!


今夜はニュードラゴンの激うまケーキ食うぞ~っ!!!腹下るまで・・・・・
[PR]
by worsyu | 2010-12-24 14:17 | 芸能ネタ | Comments(0)

感謝

菊地が新潟へ完全移籍することになった。
私にとって忘れられないのは、8月のマンオブザマッチにもなった草津戦だろうか。
足を引きずり、頭を負傷しながらも指示を出し、献身的な守備をしていた。藤田とのコンビがぴったりはまり、堅牢な守備が復活した瞬間を見た。
試合後、サイン入りのボールを抱えてゆっくりゴール裏へやってくると、ゴール裏がざわめいた。いつもならメインスタンドに入れるのに、菊地はここまでやってくる。どこまで来るんだろうか?と。センターまで来るかと思ったが、そこまでは来なかった。この無言の演出には正直、感動して涙が出てきた。でも、どこか恥ずかしそうにしている姿も菊地らしい。堂々としているようでどこか表舞台にしゃしゃり出てくるのが嫌いなシャイな部分があるのが彼の魅力なのだろうか。母性本能をくすぐるのだろう。主婦層で彼のファンは多い。
大分トリニータというステージは結果的に彼にとって禊(みそぎ)の場だったのかもしれない。しかし、彼も彼を見守る大分のトリサポも決してそうは思っていなかった。純粋にサッカーを楽しみ、それに打ち込んで苦悩している彼の姿を我々は見ている。
大分トリニータは今や、育成、もしくは再生の場としての魅力を未だ持ちえているのかどうかもよくわからないが、この場から巣立っていった多くの選手たちの活躍に目を細めたり、気を揉んだりているトリサポはいっぱいいる。
望むらくは、彼の人生において、この大分という地が忘れらない地として刻まれることを願っている。何かにつまずいたら、この1年半を思い出して欲しい。そこが復活の原点なのだよ。
彼のブログにはいつも感謝という言葉が書かれていた。感謝する気持ちを持っている人間は伸びるよ。
卒業したのだから拍手で送ってあげたいね。そんな気分かな。
我々も負けずにがんばるよ。

勇気を与えてくれてありがとう。
[PR]
by worsyu | 2010-12-18 14:46 | サッカー | Comments(1)

存在の意義

われわれは町田ゼルビアに負けたということだ。
ポポビッチは金だけで動く人ではない。クラブ側のサッカーに対する情熱、選手の育成に対する考え方、今後の方針、将来性などを考えて決めたはず。
納得するしかない。本当に必要とされているかどうか、それは単にサポだけの想いだけではだめなのだ。

「武士の家計簿」という映画が結構話題になっている。この中で問題になるのが「身分費用」というやつなのだ。武士として家柄に応じて様々な冠婚葬祭、諸行事があり、そのたびに無駄な出費がかさんでしまう。

大分トリニータも、考えてみたらこの「身分費用」というものがネックになっていたのではないか?J1としての付き合いや体裁にこだわり、出費がどんどん増えていった。どこに問題があったかどうかはどうでもいい。それよりも、この映画のように、責任者が不退転の決意を持って、あらゆるものを売りまくり、節約をする姿勢が必要なのだ。出費を制限する勇気。ルールを作ること。そしてそれを守ること。

この映画は幕末から明治にかけての激動の期間の映画である。坂本龍馬や新撰組、そして薩長対徳川幕府という政治の大混乱期にある一武士の家の小さな家計簿の話である。しかし、身分制度がなくなり、武士が武士でなくなる時代。この猪山家は維新後、算術の技術を活かして海軍に転職するわけである。

未だ大手スポンサーに見放されている大分トリニータがJ2に居ることは奇跡に近い。いや、むしろ居てはいけない位置にいる。それを支えている自治体、県民、市民、サポーター、地場企業の負担はかなり厳しいものがある。
今回の町田ゼルビアにポポビッチが監督に就任するという出来事は、大分トリニータの今ある姿を再認識させた形となった。我々はJFLモードにあるチームを愛する必要があるということだ。
それでも愛する価値があるのなら、決して潰れはしないだろう。しかし、県やクラブの動きに、やるだけやったんだから、この辺で手打ち、クラブ解散へというシナリオの下、時間稼ぎをしているだけのようにも見える。

コアサポが何か動かない限り、この泥流のように進む諦念と失望感は止まらないだろう。かすかな希望であったその鍵を手にしたと思った瞬間、落としてしまった。
来季の観客数が4000人を割ってもまだ続ける意味がありますか?(逆に言えば5000人以上集まっていれば潰されないということでもある)
サッカー好きの人たちがたまに見に行くくらいならJFLで結構。ドームでやる必要もない。

トリニータというバブルは終わったということです。

でも、バブルが終わったから全てが終わりではない。手作りでやればいいんです。これから、恩返しをすればいいのです。これまで貰った勇気や誇り、友情、絆、笑い、悲しみ、涙。運命共同体となれるかどうか試されているのだと思えば、負けてはいられませんよ。
卑屈になる必要は何もありません。
火が点けば、必ず上昇します。

とりあえず、大忘年会にできれば参加して、無理なら冷やかし半分で周りに居て乗っかるというのはどうでしょうか?
[PR]
by worsyu | 2010-12-16 12:50 | サッカー | Comments(3)

風の果て

結局、ポポビッチ監督の実現は今回は夢と消えたようだ。チャンちゃん!!
読売の飛ばし記事にやられてしまった。まあ、半分半分だったが・・・
幸い、多くの他サポマガイの方からも声援をいただき、何とか実現させたかったが、残念な結果となった。
この喪失感はでかい。
これから、来シーズンの開幕までに、どうやってその穴を埋めればいいのだろうか?
元々あった大きな穴に溢れるくらいに大盛りに期待を流し込んだため、それが泡と消えてしまうと、尚更、喪失感を感じてしまう。

「コピーはオリジナルには勝てない。我々は素晴らしいオリジナルになる。自分たちの形を作り、勝たなければ意味がない。相手の長所を消し、リアクションサッカーだけでは、後手に回る。自分達で何かアクションを起こし、相手より多くチャンスを作り出す。」

ポポビッチの言葉を書いておく。読み返して、噛みしめて欲しい。

大きな穴を冬の風が通り過ぎてゆく。この風の果てにあるものは・・・

とりあえず読売は解約だな!
[PR]
by worsyu | 2010-12-14 12:29 | サッカー | Comments(3)

シィ~ッ・・・・

シーッ。静かに~。
みんな~。あまり騒ぐと野次られたり、いじられるから。
ここからは小声で話すね・・・
決まったら小さな声でヨシッてガッツポーズしよう。
決まらずに流れたら、ガセかよ~って読売を恨むべし。
チャンちゃんっ!
今のところあまり取り上げられていないので、静かに待っていよう。
ヨシヨシ・・・
大分空港に着く日に合わせて準備準備・・・・
何だか浮ついていない?
ガセガセ。
ガセから出たまこと。


「私は世界中どこのチームにいても考えは同じだ。勝利のために神経質になるし、勝つための練習をして試合に臨む。そして決してあきらめない。」

ポポビッチ語録は私の中で生き続けている。軽い気持ちで言った自然な言葉かもしれない。彼にとっては当たり前の言葉であったのかもしれない。しかし、新鮮だった。サッカーに対する愛情と接する気持ち、人生の中での位置づけ、姿勢。それらをその言葉からびんびん感じた。

それは、去年、いっしょに闘った選手たちにも生き続けているだろう。たとえどのチームにいようが、彼が植えつけたサッカーは死んでないよ。

ついつい声が大きくなってしまいました・・・

結果はどうなろうとも、選手たちは来季に向けて身体作っておこうね・・・

ちなみに、事務所から人が居なくなっているみたい・・・ここだけの話・・・ヨシヨシ・・・
[PR]
by worsyu | 2010-12-10 14:26 | サッカー | Comments(1)

ポポビッチ復帰~夢じゃないよね

ポポヴィッチ氏が古巣指揮へ・・・スポーツ報知
本当なんだろうか?信じていいんだろうか?油断大敵。
でもこれはビッグニュースだ!
みなさん、ありがとう!
毎朝、ランコ・ポポビッチの行方をネットで捜すも手がかり無しの毎日だったが。
ついに、ついに、実現したポポビッチ復帰!
さあ、来季の準備をしなければ・・・

私の人生には3つのFが重要である。フットボール、ファミリー、フレンド。この町には全てある。」
そう言ってくれたポポビッチ。

その町に足りないものがやっとわかりました。それはあなたです。
いや、ずっと、みんなわかっていたはず。

勝利のために全力で練習し、全力で戦うチームを作り上げて欲しい。

本当に復帰してくれるのか?
嘘だったら本当に恨みますよ。

嘘だったら大分県中から報知、読売は閉め出されるよ。自分も読売辞めます!!!本当だったら、継続!!!!!

合同新聞に発表が載ったらみんなでバンザイしましょう!!!

ネガっちさんお勤めご苦労さんです

工作員の方も毎度です。ドーン
[PR]
by worsyu | 2010-12-09 11:33 | サッカー | Comments(3)

不思議な人たち

こんなこと言っちゃあ何だけど、なぜ協賛割引をしないのか、できないのかが数年前からとても不思議に思っている。
たとえば、トリニータ後援会に入れば特典として協賛企業が割引サービスをするという、どこでも日本全国やっている単純なやつ。
企業は顧客増、売上増になる。会員は、もちろん割引サービス、特典を享受できる。トリニータ後援会は会員数の増加と協賛企業の参加金による募金が見込める。
まあ、これまでできなかったのは、何かが障害になっていたんだろうけど。それともやる気がないだけなんだろうけど。
3者ともwin-winになる協賛プロジェクトをやらないのが不思議でならない。
無駄な広告宣伝も必要ない。ただ扱う商品をWebサイトに載せればいいだけ。企業や個人商店はPRにも繋がるし、地域貢献にもなる。
県民は元が取れるかもしれない。しかも支えているという満足感も得られる。トリニータ後援会は、1万人会員などあっという間に達成するだろう。うまくやれば5万、6万は当たり前に達成するのではないか?

不思議だなあ~
なぜ何もしないんだろうか・・・・
なぜ、頭使わないんだろうか・・・・
なぜ県内の企業は協力しないんだろうか・・・・

おそらく、このブログを見ている人たちも不思議に思っているだろう。もっといろんなアイディアがあるはずなのに。
[PR]
by worsyu | 2010-12-08 11:04 | 地域ネタ | Comments(0)

ファン感に思う

いい天気。小春日和。桜も勘違いして咲いていたよ。
このファン感も城島でやることが恒例になってきた。子供は喜ぶ。
トキノバスは良かったけど、声嗄れすぎ。聞いててつらい。
つだは一人じゃかわいそう。よくやってたが。よくまとめたと思うよ。つだじゃなきゃ無理、というのも実感したね。
77歳のおじさんの語りに聞き入ってしまった。その乗りではないかもしれないが、それもあり。なんだか、涙がにじんだよ。
あの〇〇大将ではないが、「せんとくん」がなんとなく内輪ネタでいじられていたが・・・・
森島の滑らない話は、確かにすべりはしなかったけど、そんなもん?って突ッ込みたくなるネタだった。「滑らなかったでしょ?」と聞いた時点でアウトだね。
個人的に面白かったところは、コバヒロを「AB蔵」と呼んだ時と高松の「エッ?」のところかな。
リフティングでは、小中やっていたという人はさすがにポイントを掴んでいたね。腿とインサイドで確実に返していたね。
選手のリフティング技術を見せるなら、それぞれに預けた方が良かったんじゃないかな?それを採点するような形でもよかったんじゃない?
なんだかんだで時間は過ぎるもので、終わりに、どこにいたのか、青野社長が締めの言葉を。まるで、葬式に駆けつけた田舎の教師のよう?
一人で茶色の軽に乗り込んで帰る姿はさびしい光景だったね。お付はいなかったし。
まあ、でも、これもありかな、と。言ってみれば親会社から送り込まれたコストカッターみたいなものだから、この距離間は妥当とも言える。情に流されず、きっちり仕事をやってくれればそれで良い。逆に派手な外車に乗り込んでいるような社長では今の状況を反映していない。
来季、新たな大型スポンサーが現われなくてもやっていける土台が今年できたのかな?

一人1万円で10万人が寄付すれば10億円という年寄りの発想は何ともけなげだが、問題はこの会社が利益を生み出し続けるという路線が確立されることが大切なのだ。
実際、1万円は無理だけど、何かがあれば出してもいいと思った人は多いと思う。
1万でも2万でも、価値が認められば、出したくなったら自然に出すだろう。でも、今はそれが無い。対価はやはり必要だ。それを募金だけで集めようとするのは弱者のエゴだろう。
コアサポ3000人。一般サポ6千人。ファン1万人。好意的に見ているがむだな金は使いたくない県民54万人だろうか。どうでもいいと思っている県民:50万人。潰れてしまえばいいと思っている県民:3万人。知らない県民:10.3万人?
ムーブメントを興し、求心力のあるものを作らないと無理かな・・・

(しかし、まあ、これがJ215位のファン感とは思えないくらい集まるね。1500人以上とは・・・
こんなグダグダでも盛り上がるというのも不思議だ。異常な人気だね。)

ニータン、リッジーはシーズンオフも営業して頑張って欲しいね。九重スキー場に立つ姿を想像してみる。絵になるよ。
クリスマスは街中でサイン会でもすればいい。夏は暑くてできなくても、冬は着ぐるみマスコットにとってはかきいれ時だよ。
(スケジュールを提示して欲しいね。)
[PR]
by worsyu | 2010-12-06 11:44 | サッカー | Comments(1)