「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

組織力

日本が勝った。その必然性は何だったんだろうか?・・・
カタールはすごいね。優勝レセプションの豪華さはすごい。同じことを日本ができるかといったらできないだろう。金持ちだなあ・・・・

豪州は日本と同じくらいの得点機会があった。どちらが優位に試合を進めていたかとは断言できない。ほぼ実力は同じだっただろうか。
日本にとっても決定機が何度かあり、それを決められなかったのは、個人の力不足を感じた。香川がいたら・・と思わせる場面が何度もあった。実際、香川がいても決められたかどうかわからないが、もっと優位に試合を進めていたかもしれない、と思わせた。
日本DFは何度もミスをし、相手にチャンスを与えていた。川島はよく集中できていた。短期決戦での強さ、カリスマ性を感じた。
長友は素晴らしかった。得点の場面、最初、サイドを攻め、切り替えして後ろに戻す。そして、再び長友に球が帰ってくる。この選択はすごい。それに応えた長友の体力には驚く。豪州はこれに驚き、崩れた。
中で待つ李はもちろん、マークが引っ張られて外れたことを感じ、心の準備ができただろう。しかし、そこで決めきれる冷静さはすごい。なかなかできることではない。ボレーキックはやはり難しい。左足で、アウトに振り払う形で力を抜いて流さなければならない。しかも、芯に当てるように球だけを見る。コースは頭の中でイメージする。それらを完璧にこなした李忠成の心の強さは素晴らしいね。
ザック監督の選手の交代による戦術の変化に対応して選手たちがいろんな攻撃の形を見せ、バリエーションを見せたことが総合的に相手を凌駕したとも言えるか。
勝ちたいという想いとそれを支える技術、体力、気力の総合力。そして戦術で相手を上回っていれば勝てる。
サックには優勝が見えていたのだろう。少なくとも確率として上回っていたと思う。

トリサポには、今回の弱っちい日本代表がナビスコを制覇したあの時のトリニータにダブって見えただろう。実際、この戦力でよく勝てたものだと思うね、本当に。波に乗った感じかな。最後は気持ちか。それが豪州には足りなかったということか。

経済は退潮気味ではあるが、サッカーは発展途上、新興国ではあるね。勢いを感じる。4回優勝というのはやはりすごいことだよ。(やはり旭日旗はぴったりだね。)
今回、日本が決めた得点は皆、流れ、形が美しいよ。そこに日本の特徴があるとも言えるかな。日本サッカーの型が少し見え始めたのではないか?

それにしても、代表サポのあの自虐趣味は何なんだろうか。無邪気と言おうか、でも、それが日本人の特徴かも知れないね。ウケ狙いなんだろうが。
われわれ(自分)はちょっと違うけどね。自虐ちょんまげはどうも好きになれない。個人的に・・・それが東京の感性なのだろうか・・・(80年代から止まっている)。鳥栖の感性と大して変わらないのではないか?

松木とセルジオの解説はやはり楽しいね。
[PR]
by worsyu | 2011-01-30 22:02 | サッカー | Comments(0)

外輪型東京式アクセント

短めに。
面白いまんが見つけたので・・・
結構楽しめた。
ちなみに、大分弁といってもいろいろあるわけなんだが、基本的に豊前、豊後は同じ言語区域と考えてもいいと思われる。つまり、豊前市、北九州市(?)までは大分と同じ言語文化を共有できているということ。(大伯母が折尾にいたがちょっと筑豊が入っていたかな・・・)
北九州弁と呼ばれるものは当然あるわけで。
我々は、基本的に二次変化の少ない綺麗な外輪型東京式アクセントに属するわけで。他の九州弁とは違う。いわゆる訛りがない。へんな語彙はいっぱいあるけど・・・

北九州にシンパシーを感じるなあ~。ちょっと怖いけど・・・・・

ちなみに外輪型東京式アクセントを使う他の地域は、新潟、静岡、長野である。


ところで、指原が「それって〇〇やん」とか言うのがとてもうれしくなる。時々入れる方言がうれしいね。


今日の決戦?リードしたまま終盤を迎えたいね。同点で縺れると最後は体力勝負になるから・・・
[PR]
by worsyu | 2011-01-29 17:21 | ひまネタ | Comments(0)

キ・ソンヨン

昔、筑紫氏とタモリ氏と武田氏の3人が北部九州の集いっぽくトークしていた番組があった。
九州と言えば九州男児、女性蔑視という偏見があるが、それは、鹿児島や熊本などの南九州であって、北部九州はもっと繊細である、というやむに已まれぬ思いから?そういう妙な企画ができたわけだ。

筑紫氏は大分と言っても日田であり、しかも小学校3年から6年までの3年間しかいなかったわけなんだが、まあ、タモリと武田鉄矢の2人がしゃべっている傍らで笑っているだけなんだが・・・
まあ、タモリと鉄矢も博多人なので、北九州や筑豊、そして久留米、大牟田とはまた違うわけなんだが・・・

筑紫氏が口火を切る。我々には身内を徹底的にけなすことが他人へのもてなしであるという文化がある。とにかく、子供の頃、親から誉められたことがない。結構、勉強が出来たほうなんだが・・・
ここから、タモリと鉄矢のかけあいが始まる。
結納の時なんか、博多では父親は自分の息子のことをけなします。「ビンボーで育ったので何でも食います。食わないのは馬の糞と壁の土ぐらいのものです。頭はバカです。走ると必ずこけます。」と。
すると、相手の嫁側の父親も負けていません。「うちの娘は全く教養がない。箸の使い方しか教えていない。」
母親がそこでフォロー「身体だけは清かですけん。」
必要以上にへりくだった反動は相手方が去った後に噴出する。相手をボロクソにけなすわけです。延々と・・・それが楽しい。

こうした文化というのは、多少、大分にもあるにはありますが、ここまでひどくない。博多商人やなあ~と思います。自分をへりくだることを何とも思っていない。むしろ、どこまでも下になることでスムーズに物事が進む。商売が上手く通る。というわけだ。博多弁-福岡弁の何ともアホっぽい話し方にも意味があるわけです。相手を安心させ、和ませる手段でもあり、油断させる手段でもあるのです。クレームが起きても対処できる。下手に出ていればそう無茶は言わないだろうという商人気質がある。

アジア杯での日本VS韓国戦で、キ・ソンヨン選手が猿真似をするパフォーマンスをしたとかでちょっと物議になっていますね。
現在の若者にも戦争でいじめられた傷があるのでしょうか?ちょっと理解できないですね。このパフォーマンスは、白人が黒人に対して行うものなんですが、ねえ。朝鮮族から見たら日本人は猿っぽく見えるのでしょうか?わからないでもないかな・・・本田を始めとして日本代表の顔と韓国の顔を比べてみると、朝鮮族は肌が白く、鼻筋が通っていて、目が細く、眉毛が薄い。平坦で細面が多いですね。でも、それをもって差別と受け止める日本人は少ないと思いますね。ただ、侮蔑しているのだと言われたら、その時点で不愉快になりますけどね。
パク・チソンが止めに入っていることで、彼の繊細さとキャプテンとしての良識を見る思いがしますね。
日本人を侮蔑したいという欲求は、南北朝鮮、中国に顕著に見られます。これは国策であり、教育、マスゴミのなせる業でしょう。
アジアはまだ、人種の壁を克服できていない。ツチ族とフン族の争いのように見えるでしょうね。

博多商人の自虐思考でいけば、「小さい時から猿といっしょに遊んでましたから、猿そのものですわ。鼻は低いし、色は小黒いし、背も小さかでしょう。そりゃあ、間違うのも無理なかですわ・・・ハッハッハ・・・・」
そして、居なくなって、後からボロクソに言うわけです。

もっとも、それは仲良くしたいということが前提にあるわけで、それがなければ成立しませんね。日本人がみんな商人だったらそうするでしょうけどね。
まあ、あまり騒いでいないということは、韓国と仲良くしたい人が多いということでしょうね。

ちなみに、指原は既にこのゴリラ芸(自虐芸)をやっている(すごい!!手本!!)。今なら一般人がインタビューを受けてやってみるのも粋かもしれない・・・シチュエーション次第だけどね・・・
[PR]
by worsyu | 2011-01-28 12:58 | 時事ネタ | Comments(0)

勝ったね

勝負に偶然は無い。必然があるだけだ。
そろそろ韓国に勝つべき時だったのだろう。
気合が入っていたよ、代表。
本田も素晴らしかったし、岡崎も良かった。川島の雰囲気も良かった。長友は良くチャドゥリを抑えた。長谷部もパクチソンを抑えた。パクは代表最後になるみたい。パクがいる韓国に勝てておいて良かった。
同点でPK戦になったわけだが、内容的には日本の方が良かったし、結果として納得できる。
気持ちの上でも勝ちたいと思っていたのは日本の方だろう。
ザックはやはり名監督だ。
岡田ジャパンの時よりも進化している、と感じる。後はDFの整備ができればかなり上位にいけるのではないか?日本の先制点なんか、本当にお手本になる美しい流れだった。あそこで決めた前田はやはり嗅覚持ってるね。
とにかく面白かった。いい試合だった。審判笛吹きすぎなんだが・・・まあ、これがアジアクオリティなんだろうね。
[PR]
by worsyu | 2011-01-26 02:29 | サッカー | Comments(0)

1秒の奇跡を見た

残り1秒の奇跡が起こった。相手が一人退場して攻め続けるが、残り時間はわずか1秒。ディドゥダのシュート気味のFKに仁部屋がゴール横で合わせてゴール!!0.5秒の出来事だった。
こんなことがあるんだね。名古屋の方は、壁に二人。そしてリカルジーニョがその横に居たが、仁部屋のところは空いていた。どこか油断があったのだろう。しかし、まさか、こんなことが起きるとは。
ディドゥダのあの力任せのシュートに合わせるなんて誰も考えなかっただろう。まぐれなんだろうか、それでも練習していないとできない芸当だ。
これで、来季への希望が見えてきたね。絶対王者名古屋に土を付けたのだから。まあ、先のことはわからんが。

代表戦は、なんとも大味な試合だったね。確かに一人少ない中で同点、逆転したことは評価できるが・・・GKの川島は何なんだ。これじゃあ韓国と闘っても勝てないよ。って、西川が出てきて怪我するくらいなら川島のままでいいよ、と思っている人多いんじゃないか?・・・
敬愛する風間氏も言っていたが、前田がいなくなって、香川が活きてきた。つまり、前田には一人付けば十分だということ。相手は引いているのでそこにスペースを見つけることは難しい。それでも、岡崎は裏を狙っているから怖い。スピードがあるから一人では振り切られる可能性がある。引っ張られる。だからそこにスペースが生まれる。香川とのコンビが上手く機能した原因はそこにある。というか、前にも書いたが、前田が抜けることがReスタート、ギアチェンジの合図になっているような感じに見える。結果として、ね。
もちろん、韓国は別だ。スペースはあるだろう。しかし、韓国のDFは強い。足も速いから、サイドの攻防は熾烈だろうね。
今度潰される日本のDFは誰だろう。
今野、伊野波、岩政?怖いねえ・・・
でも、そこまでしなくても、今回の日本代表なら韓国は2点は奪えるだろう。守備がとにかく悪すぎる。不安定だからだ。それでは、先制されて、追いつき、逆転する力が代表にあるかと言えば、無い。
試合展開としては、1点リードのまま、追いつかれても延長に持ち込み、ワンチャンスで決めるしかないのではないか?
(しかしまあ、福田は軽いねえ。今回、あの人、格を下げたね。指導者としても、解説者としても。監督を要請されたというんだから驚きだ。彼が監督になる日が果たしてくるのだろうか?なるとしたら、どん底に落ちたチームだろうなあ。
浦和を離れて生きていけるのか?あのキャラで・・・・?都並と同じ道に乗っているようで・・・それも失礼な話か。秋田の論理も策におぼれる典型で同意できないが・・・
まあ、本当にどうでもいいことだけど・・・)
[PR]
by worsyu | 2011-01-24 12:49 | サッカー | Comments(0)

高松大樹

高松がとうとう東京へ船出する。
トリサポに限らず、多くの県民に知られ、愛された選手である。過去においてミスタートリニータと呼ばれた選手は何人かいたが、彼ほど大分を愛してくれた選手も珍しい。
そういう意味でも、別れが辛い人も多いだろうし、その想いを伝えたい人も多いだろう。
普通の人間は、日本代表ともなると、相手に応じて接し方が変わるものだが、彼にはそれがなかった。誰に対しても気さくな笑顔を振りまく。本当だったら怒るところも笑って過ごしてしまう。
彼を知る人はこぞって、「高松は良い人だよ」と言う。それは彼の魅力であり、また、弱さでもあるのだが、そんな彼を憎めない。物足りなさを感じる人も多いかもしれないが、だからこそ愛した人も多かった。
実力は誰もが認める。あのヘッドの素晴らしさ。空中で止まっているかのように見える。浮かんで見える。ポストプレイが本当に上手い。潰れることを厭わない。FCでは貴重な存在になるだろう。勝負処での決定力というか嗅覚もある。最近は、けがで思うように実力が発揮できなかったが、FCに行けば、調整しながら、万全の状態でピンポイントで働くことが可能となる。良い選択だったのではないか?まだまだ高松の力を埋めておくのはもったいない。

おそらく、涙涙の別れになるのだろうが、それは、お互いに感謝の気持ちを伝え合う涙だ。言葉はあまりいらないだろう。多くの人は、子供を送り出す親のように見守っていることだろう。

高松大樹は大分にとって特別な存在だよ。それは間違いないよ。
[PR]
by worsyu | 2011-01-18 17:31 | サッカー | Comments(0)

今晩に期待しよう

祝!指原莉乃の冠番組「さしこのくせに」放送開始!そして、大分も始まりますよっ!日曜深夜1時10分からです!がんばって見てやってください!
私は一足先にyoutubeで見ました。才能あるわあ。そして、努力しているねえ。あの大喜利も指原がいなければ成り立たない。頭の回転速い。そして、何と言っても事務所の先輩である土田晃之がMCをしてくれているから成り立っている番組。うまいねえ。土田も浦和を卒業して垢抜けた。幅が広がった。

我が大分トリニータは、監督が田坂氏に決まり、胸スポンサーもダイハツ九州に決まった。もっと、スポンサー付かないかなあ・・・まずは、お祝いですね。
田坂氏の就任については、走るサッカーを目指すということで、せめて、後半、ロスタイムになってからも集中力が切れない試合を見たいですね。無駄走りをすれば、その分、疲れてしまうわけで、走力が付くことと無駄走りすることとは別問題なので、その辺は勘違いしないで欲しい。上手く流れを掴んで効果的に攻守をコントロールして欲しいね。そこが一番難しいんだけど。
ダイハツ九州さんが胸スポンサーということで、これで、中津、宇佐地域にもトリニータの波が起きることを期待したい。県内の温度差が少しは縮まればいいのですが。
ダイハツ車を抜く時、ちょっと礼でもしますか・・・というより、逆に抜かれても感謝と言った方がいいか。決して「軽のくせに」とは言わないように。言えないね・・・・

高校サッカーの決勝は、さすが滝川二高といった感じでしたね。FW2人の点の取り方が素晴らしかったですね。その後は、ちょっと緊張感の抜けた展開になりましたが。
ザックジャパンは、ヨルダン戦は引き分けでしたね。まだまだチームとしては未完成ですね。失点のシーンは、遠藤(?)がブロックしようとしてスライディングしたのが間違い。これでスペースを与えてしまった。吉田は、これで一瞬遅れた。守備の意識は低かったと言わざるを得ない。
サックの交代カードの使い方は納得。前田が機能しないので前半で交代させたのは素晴らしい。そして、松井に切れが無くなったので下げる。最後は、どこか浮いている本田を下げる。
最後に決めた形が一番強い形だろう。
岡崎、李の2トップ。そして、トップ下に香川。中央のバランスを取るのが藤本。
これは私の考えだが、前田はJリーグでは、日本人FWとしては結果を残しているオールラウンダーだ。ヘッドも強いし、足元の技術もある。走るし、シュート力もある。でも、突出したものがない。
本田は香川とダブる。香川を優先させるなら藤本の方が機能する。逆に本田を優先させるなら、香川は外すべきだ。
FWにスピード系しかいないので、単調な攻めになる。それでも、2列目からの仕掛があれば面白くなる。テンポを速くすれば付いて来れなくなる。
守備陣はやはり不安だ。このメンバーでアジアカップを優勝するなんてできるんだろうか?
[PR]
by worsyu | 2011-01-13 12:02 | ひまネタ | Comments(0)

3万人越えが続く

警察庁が昨年の自殺者数を発表した。3万1560人。13年連続で3万人を越えたそうだ。
都道府県別に見ると、1位は東京、以下、2位大阪、3位神奈川、4位埼玉、5位愛知、6位北海道、7位千葉、8位兵庫、9位福岡、10位静岡、11位茨城、12位新潟となる。
九州では、1位福岡、2位鹿児島、3位熊本、4位長崎、5位沖縄、6位宮崎、7位大分、8位佐賀となる。
逆に、低い順から並べると、1位福島、2位鳥取、3位福井、4位島根、5位高知、6位香川、7位佐賀となる。
大分は低いほうだと思う。

厚労省の資料を見ると、平成10年(1998年)に急増している。1万5901人から2万3396人と6448人増加しているのだ。主な原因は多重債務、長時間労働、失業などの社会的な要因が問題視された時代だった。確かに、失業率と自殺死亡率とは連動している。だから、菅総理が「最小不幸社会(でしたっけ?)を目指す」というのは、自殺者を軽減させることに繋がるとは思う。
自殺者の年齢は、男性で見ると45歳~64歳で41.7%を占める。原因・動機は経済・生活問題が多い。手段は首吊りが多い。月別だと、3月。曜日は月曜。時間は深夜0時か朝の5時~6時。場所は自宅。

国際比較すると、日本は9位である。1位リトアニア、2位ベラルーシ、3位ロシア、4位カザフスタン、5位ハンガリー、6位ガイアナ、7位スロベニア、8位ラトビアである。日本より下位の国では、10位韓国、19位フランス、27位中国、33位ドイツ、43位アメリカとなる。これを見ても、日本(韓国)は異常なほど自殺者が多いということがわかる。これは文化的なものもあるのだろう・・・

フィンランドは、自殺者を減らす取組を国が推し進め、成果を上げている。まず、自殺者にうつとアルコール依存との関係を問題にし、それに対して組織的に活動を行った結果、10年後、大きく減少したという。

自殺は個人の問題という意識は払拭してもらいたい。大分が佐賀以下の自殺者数に抑えられるように!
取り合えず身の回りのお年寄りに声を掛けてあげることも大切なこと。トリニータをネタにすれば、話が盛り上がる。そういう意味でも大分トリニータは大切だよ。年代や職業、性別、人種も越えて話し合えるネタって重要ですよ。
例を出すと阪神タイガースが強くても弱くても支持されているのは、そうした繋がりがあるからなんだと思う。群れることの欲求というのはあって、そこを上手くくすぐってくれる良質のコンテンツがあれば、繋がることに快感を覚えるはずだ。

ちなみに、大分県の自殺者数は301人です。
[PR]
by worsyu | 2011-01-08 10:28 | 時事ネタ | Comments(0)

リッジー突撃せよ!

ところで、今年の干支はウサギ。ということは、リッジーの年ということになる。もっと顔出せよ!!露出度少な過ぎ。アピール無さ過ぎ。
へたれキャラでいいからもっと出てきて欲しいナウ。

そこで、考えた企画!

ニータンを連れて、指原のいるTBS(番組)に殴りこんで来い!!そして東京にある大分をアピールして来い!!早くしないと番組が終わっちゃうぞ!まだ始まってもいないけど。
ミルクロ、坐来、山田や、良の家等々で食事。指原に「こんなの食ったことない」と言わせる。
慶応義塾で福沢諭吉像、朝倉彫塑館で双葉山像、東京芸大で滝廉太郎像を拝む。指原に「誰、この人?」と言わせる。
そして、最後に、観光庁に突撃して、嵐を呼ぶ男-溝畑宏と対決して来い!!
リッジーはヘッドロックしろ!そしてニータンは空手チョップ!そして指原は・・・・「あんた、しっかりけじめつけてもらうよ」と啖呵切りながら、頭の毛を抜く!
「それだけは・・・」と唸る宏くん。
大分トリニータのレプユニを着せて(マルハンロゴ入りのやつ)、謝らせる!!
なかなか言うことを聞かなかった場合は、「踊るポンポコリン」を流せば良い!!
面会が実現しなかった場合は、宏くん人形で代行してもらう!
トリニータを連呼し、最後は握手しておしまい!

という妄想をしてみた。
[PR]
by worsyu | 2011-01-05 14:56 | ひまネタ | Comments(0)

どーんと一発来ないか?

OBSテレビで1月2日に特番をやっていた。お年玉ワイド2011「郷土愛は“おおいた”を救う」というやつだ。
結構面白かった。ゲストに南こうせつ、慶応大学心理学講師の植木理恵、柔道の穴井が来ていたので盛り上がった。
ただ、小野亜希子がどうも苦手。何だか妙なプライドが見え隠れしていやらしい。大体、OBSにはこの手のいやらしさというか、勘違いが皆付いているのだが・・・かわいそうにも思う。世間知らずなんだなあ、と。あんたらのそのプライドなんか屁にもならんよ、と、誰か言ってやればいいのに。まあ、永遠にわからないんだろうけど。

南こうせつ氏の柔らかい口調の中に真実を見る。郷土をいつくしむ心をこれほどやわらかく表現できる人はすごいと思う。今年も精力的に全国をコンサートで廻るみたいだ。未だに飛行機に乗らないんだろうか?

年末にちょっと北九州のあたりまで足を伸ばしたが、宇佐-別府間の10号線が片側1車線には参るよ。まあ、雪による自然渋滞だから仕方ない部分もあるが。大体、大分市は山に囲まれているからね。でも、せめて、早いところ北九州と中津・宇佐間の高速を繋いで欲しいね。全く。信じられない遅さ。かたや九州新幹線が鹿児島まで全線開通しようかというのに、このざまだ。民主が政権とっている間にもっと恩恵を受けたいものだ。これまでずっとないがしろにされてきたんだから、そのくらい良いだろう。ドーンと一発懸案の計画などに予算つけてくれても・・・ついでに・・・・・こっそり・・・

観光大分県としては、観光スポットへの交通網の整備が必要だ。神戸や大阪あたりからだとフェリーで別府に来るのだろうが、山口、広島、岡山あたりからだと、鳥栖経由で久住、湯布院、別府と入ってくる。中津、宇佐、国東、別府といった観光スポットに魅力が無いせい、というよりも、交通の便が悪いため、逆コースになるのだ。それでも、車で来たい人は、10号線コース及び東九州自動車道コースとなるわけで、全くもう、何とかしてくれ、である。(豊後高田の昭和の町もあるし、宇佐八幡もある。両子寺、文殊仙寺、富貴寺等々、ペトロカスイ岐部の像もあったり、大分の向こうには臼杵石仏があるし、瀬戸内の海岸沿いには、昔の栄華の名残と文化遺産がいっぱいある。昔は九州の文化の入り口は大分だったのだから・・・)
逆に、大分から島根や広島まで遊びに行きたいとなったら、当然、高速を使うわけで、車社会の大分では、高速道の整備は必須ですね。

ところで、大分市は、学生たちは車をもっていない人が多いので、彼らにとっては不便かもしれない。そういう意味では、学生をターゲットにすれば駅前はまだ栄えるのではないか?大してお金は落とさないかもしれないが、若者文化はもっとあっていいと思うが。せっかく芸短生がいるんだから・・・・・酒飲みだけじゃ情けない・・・・

ところで、ブラマヨの吉田が面白い。へたれぶりがいい。これはへたれ芸だね。指原は素だからね。へたれが受けるのは、おそらく尖閣問題が発端になっているように思える。日本政府が最初は強く出たものの、中国に脅されて腰抜けになった姿から来ているのか。怒っている人多いけど、へたれ芸を笑うってのは、裏返しなんだよね。これを笑える国民って民度がかなり高い。自虐ではあるが、健全な精神だと思うね。脅かされたらビビる、これは普通の反応だよね。

東京都ジュセヨ。どーん
[PR]
by worsyu | 2011-01-05 12:47 | 地域ネタ | Comments(0)