「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

走りましょうか・・

田坂監督、一日10キロ走っているって言ってた。スゲー・・・・・
すごい。まさに走力(総力)戦だ。サポも走らなければ。ゆっくりでいいから。スロージョギングでもいいし、最初は歩くだけでもいいだろう。
身体に負担をあまり掛け過ぎないように注意。でも、負荷を掛けることで体質が変わるし、健康体にもなる。

私は無駄走りが好きなほうではない。監督の話の中でやみくもに無駄走りをするというわけではない、という意味のことを言っていたので安心した。
自分でも結構走りの質は考えた。どうすれば効率よくは知れるか・・・・たとえば、100メートルを走ると、ほとんど無酸素運動だから、後半、最後の10メートルくらいになると身体が動かなくなってしまう。それは、乳酸が出て、身体に「お前、頑張りすぎ、休め」の指示が出るからだ。途中、酸素を取り入れても意味が無い。最初の20メートルで加速して、後は、トップスピードをいかに長く維持させるか。つまり、効率の良いフォームで、身体の全身の筋力をうまく使って効率よく流すか、なのだ。
簡単なことを言うと、サイドバックが駆け上がるのに、途中で流さないと、直ぐにスピードが止まってしまう。無理をすると身体にダメージが残り、後半の体力がなくなる。流すテクニックを持っていれば、ポイントで加速ができるようになる。
流すとは、これも、陸上をやっている人ならだれでもわかっていることだろうが、地面を蹴るのではなく、身体をスピードに乗せたまま筋力を使わず脚の回転だけで前に進むこと。上下動をなくし、膝から下の足の運びに気をつけて、ストライド走法に切り替えるということだ。
これで省力的な走法となる。
まあ、こんなことは、みんな知っているわけで、それ以上のことをやっているものと信じたい・・・・・
しかしながら、サッカーに限らず、球技には、陸上のような走りではない、状況に応じた動きを求められる。トップスピードで勝負するのはほんの一瞬だ。インターバルの繰り返し。スタミナを維持できる筋肉の質を変えないと無理かもね。
今年は、走り勝つという目標。これは大いに素敵だし、観客にとってはとても魅力のある試合になるだろう。期待してもいいのだろうか?

まずは、我々もいっしょに走ることから・・・・・
[PR]
by worsyu | 2011-02-25 12:02 | サッカー | Comments(0)

舐めすぎ

MAKKYがMC。ちょっと、ひどくないか?
これはちょっと醜い。
やる気があるのだろうか?
やってはいけないことの連発。
いくらローカルのイベントだからと言っても、これはひどいね。
サッカーが好きか嫌いかという以前の問題。
何か勘違いをしているのだろう。
お客様は、観客であり、その観客が支持しているゲストもまた客である。MCは基本、相手をたてなければ成り立たない。あなたはみんなの上司なのか?それとも、友達なのか?
勉強もしてきていないし、盛り上げ方もぞんざいである。
インテリジェンスの欠片も感じさせない。
どこかのアンちゃんにインタビューしているようだ。まるでリスペクトしていない。
みんな、よく我慢して聞いていられるものだ。高校生の素人MCと大差ないではないか・・・・
作田なんかは、水戸から来て、大分ではサッカーに対する感心が高いと思っていただろうが、こんな仕打ちをされると、ちょっと考え直さなければならないと思っただろう。

こういうトークショーはMCが全て。MCの出来不出来で決まってしまう。大野タカシだったら、こんなにひどいことにはなっていなかっただろうに、残念ながら彼はバサジィの最終戦のMCをやっていた。

観客の心は離れ、選手の心も離れている中で、彼は一部の熱狂的なファンの寛容さにすがって進行しているだけだった。
下手なら下手なりに、誠実さがあれば成り立つのに、それが無いために不愉快な気分にさせられた。この手合いはローカルの釣り番組あたりでバカらしく楽しんでいればいいのだ。
子供使ってごまかすしかないか・・・・・
身も心もJ2レベルに突き落とされた。くやしいね。

久しぶりにパークプレイスで遭遇した最低イベントだった。


ところで、中田ヒデのHPを久しぶりに開いてみたら、タイの農村にトリニータのシャツを着た女性が・・・と勘違いする写真を見つけた(ていうか、青に黄色って東南アジアによく似合うねえ。シバコがんばってるなあ。)。タイは無理でも、カンボジアとかバングラデシュとかの農村にTシャツを送ることってできないかなあ~。トリニータのTシャツを着た子供や女性、そして、じいさんの写真を見たらうれしくなるよねえ。
そんなことをふと思いました。
APUに居る留学生が音頭をとってやったら、そういうのって楽しいんじゃないかなあって思った。
[PR]
by worsyu | 2011-02-21 11:16 | 地域ネタ | Comments(0)

落語は志ん朝につきる

名古屋との練習試合に野口原に2千人が駆けつけたそうな。これは、名古屋だからというのもあるだろうし、大分の青いユニを着た戦士たちを見たいというのもあるだろう。
名古屋の選手たちにとっては、ある意味、驚きだろう。たかが練習試合に2千人集まるという不思議な現象。
お前ら仕事してんのか?って。
3-1のスコアで安心してもしょうがない。問題は90分間中、走る力をつけられるかどうかだからだ。全てはこれから。山形戦である程度の計算ができるかな・・・・・
(どうでもいいことだけど、田坂監督ってスーパーサイヤ人(、じゃなくて、ピッコロでしたね。)に見えてしょうがないんだけど・・・まあ、真面目な人なので、あまりいじるのも可愛そうだから。)

ところで、落語というものがわりと好きで、時々TVやラジオなどで楽しんでいる。最近のお気に入りの落語家は古今亭志ん朝である。ご存知の方はいわずと知れた人なのだが、知らない人はまるで知らないだろう。なにせ故人である。
彼は残念ながら2001年に肝臓がんで63歳の若さで逝ってしまう。
彼の語り口はきれいな江戸弁である。若い頃は役者を目指したというだけあって、情景が芝居仕立てのように艶やかに浮かび上がる。話のネタはそれほど面白いものでもない。しかし、彼が話し出すと、流れるように言葉が泳ぎ、江戸風情が漂ってくる。古典落語をこれほどまでに鮮やかに見せてくれる落語は、今後も出ないだろう。不世出の落語家だった。

落語は、お客との間の絶妙な笑いの掛け合いの中で面白みが生み出されるものだ。だから、最近、大ホールで1000人以上集めてやる独演会などでは本当の落語の面白味というものが出せない。むしろ、100人程度の小さな空間の中でこそ本当の落語が楽しめるものだ。

大分県と言えば、柳亭市馬がいる。小さんの最後の内弟子として柳屋一門に入り、今や江戸落語界を引っ張る実力者として君臨している。彼の魅力は声。坊さんのような低くて響く声量のある声だ。聞いていてとても心地いい。古典落語は確かに上手い。きれいだ。
ただ、上手すぎるのだ。

これは柳屋一門の流儀(小さん)なのだろうが、話をきちんとしていれば客は笑ってくれる。媚びる必要はない、というわけだ。
柳屋小三治がそうだ。飄々として、まるで客に媚びない、というか、艶も無ければ粋も無い。上手いのは認める。媚びないのも認める。しかし、それはそれで無言の媚がある。ウケを無言で求めている節があって、あまり小三治の落語は好きになれない。昔、師匠の小さんから「お前の落語はおもしろくない」と言われたことがトラウマになっているようだが、その意味がわかるような気がする。

古今亭志ん朝の父親は古今亭志ん生である。めいは池波志乃。しかしながら、彼は孤高の芸風を保ち、燦然と輝いた。誰も真似のできない落語家となった。
まあ、興味のある方は一度聞いてみてください。
私のオススメはやはり「井戸の茶碗」だろうか。今度CDを借りて聴いてみたい。探してみよう。
[PR]
by worsyu | 2011-02-16 14:46 | ひまネタ | Comments(0)

さしこのリアクション

指原、やはり只者ではない。
今回の「さしこのくせに」は秀逸の出来だった。TBSでもここまでやれるのか、と。制作スタッフさんの気合が感じられた。
これで、前回、井森の後を追っているという感想は吹っ飛んだ。できる。
よくある、東京の直属の上司と田舎から出てきた部下との掛け合いに近いものを感じる。現在、東京で頑張っている諸君には励みになるだろう。
「ばかやろう、このやろう」は、常套句であり、東京などでは、半分からかい、面白がっている掛け声でもある。それに対して、真摯に向かうさしこの姿は感動的だ。
「はい、わかりました。何とかします。」
この言葉が言える若者が何人いようか・・・・
しかし、あの、かえるに対する「吐きそう・・・」「ゲロ出そう・・・」「頭痛する・・・」は受ける。
この正面からぶち当たっていく18歳の大分娘の姿はかわいい・・・・・
堂々としている。できないよ、なかなか・・・地方から出てきて東京文化に対等に張り合うなんて。卑屈にならず、謝るところは謝る。出来る限りのことを精一杯やる。できなかったらごめんなさいを言う。無茶を承知で受ける。遊ばれていても、そこで自分の存在価値を示せれば、周りの他人を楽しくさせることができれば、それは素晴らしいことだ。
どこまで素なんだろうか、という疑問がこういう手合いはついて廻るが、今のところ、天然の賞味期限は継続している。引き出しはまだ残っているのか・・・・わが身を切り刻んでいく。

土田に言ってやればいいのに。
浦和はもうやめたんですか?大宮はもういいんですか?サッカーネタはもうやめたんですか?と。
私は生涯トリサポです。潰れない限り。
今はJ2ですが、必ず這い上がります。
あんなチンケなクラブ応援したってしょうがねえだろう。
でも、埼玉には負けた記憶が無いんですけど。
はい、そういうことで、このネタはおしまい。
ちょっと、ちょっと・・・土田さん・・・
ばかやろう、サッカーネタは身を滅ぼすんだよ。どこどこのサポなんて公言した途端ファンの間口を狭めることになるんだぞ。お前がトリニータのサポなんて言ったら、トリニータを知らない人は引くし、知ってる奴は反感持つだけだぞ。
それで、土田さんは、足を洗ったんですね。
違うよ、俺は、今、芸を磨いているところなんだよ。子供もいるし、生活をしていく上で芸人として不利なことはやらないことにしただけだよ。とりあえず、今は、そちらは置いといて、なんだよ。お前もよく考えろ。

とにかく、リアクション最高だった!
[PR]
by worsyu | 2011-02-14 12:55 | ひまネタ | Comments(0)

春近し

別大マラソンが60回。よく続くものだ。季節の風物詩になっている。また1年が経ったことを知る。そして、黄砂と花粉とインフルと受験の季節が春の足音として感じるのだ。

NHKで地域で守りながら使っている別府の温泉が紹介されていた。きれいな、というか、やわらかい大分弁を使う。関西(や関東)の影響からか、人当たりのやわらかい大分弁だった。棘がない。大分市よりも洗練されている。

指原はこのままだと井森になってしまう。それでも、彼女はイジラれキャラで生き残ったが・・・よくぞ生き残ったものだ。これも事務所の力だろう。
RGがクイズ番組に出てくる。これも事務所の力?そして、彼ら偏差値の比較的高い大学出身の芸人たちが、今までの変に面白いだけの人たちを駆逐していく。学歴や学閥によるコネ繋がりも多少はあるのだろうか。しかしそれは芸ではない。一種のサロンが形成されていく。おかしな話だ。長続きしないだろうが。

名古屋市長選で河村氏が再選された。議員報酬を1600万円から800万円に半減させようとして、議会から全会一致で否決された。しかしながら、これだけの高報酬が得られるのなら党派だとか思想信条などどうでもよくなる。
ちなみに大分は1200万円だ。高い。高すぎる。彼らは特権階級か?選挙の時だけ頭を下げ、声を嗄らし、「お願い」をする。その屈辱的行為の代償が1200万円なら安いよ。
それじゃあ、誰を選べばいいんでしょうね。せめて、みんなで報酬額を下げましょうと言い出して欲しいね。良識があるのなら。
学歴も信用ならず、身だしなみも信用ならず、顔の良し悪しも信用ならず、弁舌の上手下手も信用ならず、最後の残ったものは腰の低さ?これも信用ならない。
心が見えたら支持できるのだろうか?

イソップ童話の金の斧、銀の斧の話ではないが、あんたの資質はどれくらいのものか?と尋ねてみたい。
それでも、私は1200万円ですと言うのだろうか。
私は代償を求めているわけではありません。と言える人がいるのだろうか・・・
たとえ言ったとしても、それを信じるかどうかはわからないわけではあるが・・・
少なくとも、そんなことを言ったら周りの議員から袋叩きにされてしまうだろう。前長野県知事の田中氏がそうであったように・・・・
多勢に無勢。多数を得なければ正論とはならない。この1200万円に群がっている連中が居なくならなければ多数意見にはならないわけだ。
おかしい?でも、これが現実だ。正義とは、そういうものだ。名古屋は一歩前に出たわけだ。

これもめぐりめぐってトリニータの話に繋がりそう?それはそれとして、つまり、周りが大切だってことなんだよね。
[PR]
by worsyu | 2011-02-07 14:30 | 時事ネタ | Comments(0)

九州は二つ

北部九州人の語らいの続き・・・(20年くらい前の話)
タモリと鉄矢による福岡をのぞく他県の寸評がある。多分に福岡の博多人から見た感覚が強いので・・・悪しからず・・・

佐賀:そもそも何のために存在しているのかわからない。福岡と長崎の間の緩衝地帯という意味合いが強い。
宮崎:おとなしいわりに商魂がたくましい。便乗が好き。
大分:すべって転んで大分県と子供の頃からバカにしていた。足の引っ張り合いと遊ぶことが大好きで仕事が嫌い。
熊本:自己主張が強い。自分たちが九州の中心だという意識が強い。
長崎:ここは異質。別格。
鹿児島:ここだけは顔が違う。いっしょにされて迷惑。孫のけんかに老人が本気で怒ってくる。手打ちされる勢いでくる姿は尋常ではない。

みなさん、それぞれ思うところがあると思います。うなずく人、違う、と言いたい人。これはお遊びなのでその中に真実がちょっとでも含まれていたら笑えばいいのです。
でもなかなか真実をついていますね。佐賀は確かに福岡の「衛星国」。中国にとっての北朝鮮のような感じもしますね。福岡の人からは下に見られている感じがします。
宮崎はその通りです。
大分は、その通りです。私が感じるのは、話好き。しかもつまらない話を突っ込んで広げる。基本的にやっぱり仕事が嫌いなのだと思う。遊びの天才なのかも知れない。逆に言うと。だから、プロスポーツ団体がこんなにあるのかも知れない。
熊本はねえ。クレヨンしんちゃんの爺さんそのもの。めちゃくちゃ固いことを言う人とめちゃくちゃにくだけた人がいる。韓国人の気性に近いのでは?
長崎はよくわかりません。やっぱり。
鹿児島はねえ。濃い。血の気も。鹿児島と熊本は気が合うのではないか?勝手な想像だが。でも、沖縄とは気が合わないのだろう。その辺りがよくわからない。
とにかく、南九州になると、酒、女、博打で、やることなすことの感覚が違う。
JR九州のCMで新幹線開通で「九州がひとつ」になるそうで。はあ、そうですか、と言った感じなのだが。取り残された豊前、大分、(宮崎)は、いっしょにしないでくれと言いたいね。
これで九州のイメージが一つになるのが怖い。福岡(博多)の熊本、鹿児島化、そして、熊本、鹿児島の福岡(博多)化が起きるのだろうか。

まあ、大分は、独自路線でいくしかない。でもせめて、北九州を抱え込んで何かと味方にしたいね。違いはあるが、共通の利益のために仲良くしたい。埋没するよりはいいだろう。

ところで、パンクブーブーの佐藤なんか見ていると、もっと堂々としていいのではないかと思うね。佐藤が「自分は大分の田舎で・・」と言ってしまうと面白くなくなる。それでは黒瀬が都会っ子かというと、それほどの洗練さがない。むしろ佐藤の方が順応している。なぜなら、佐藤は訛りが無く、黒瀬には多少の訛りが残っているからだ。
ネタのキャラ的にも佐藤が都会でボケ、黒瀬が田舎で突っ込みだ。佐藤がイケイケで相手を言葉巧みに騙す。黒瀬は受身で引っ込み思案。翻弄される役だ。
佐藤は、一人で番組に出る力を持っているのだから、もっと自分を出していいと思うね。ユースケみたいに堂々としていれば人気が出るはず。勉強もそこそこできたし。もったいないね。ボケツッコミをやればいいんだよ。

というわけで、私が時々福岡やら大阪、東京をバカにしたようなことを言うのも、その方が面白いから、なのだ。(自分にとってね)
世界(自分)の中心は、ココ大分ですから。当たり前のことですね。
[PR]
by worsyu | 2011-02-04 12:39 | ひまネタ | Comments(0)