「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

代表対J選抜

代表1点目。遠藤のFKは見事。アシストは本田かな。あの位置なら本田なんだけど。裏をかいた遠藤の正確なキックは見事。それだけ。
本田はFKの見せ場なし。球が変わって本田のキックに怖さがなくなった。このままだと南アフリカW杯のみで輝いた選手になりそう。
代表2点目。本田と岡崎のコンビはいいね。絶妙。この溜めができるからまだ本田は使えるか。今のところ他にいないし。岡崎の飛び出しとループシュートは素晴らしかった。向こうではまだ合わせてくれる人がいないんだろうか・・・
このまま中弛み。J選抜はサービスし過ぎ?まあ、点が入らないと面白くないということでDFもちょっと緩いね。
後半、カズ投入。動きは悪くないが、さすがに、44歳がこのトップクラスの試合で通用するとは思えず。もし、そう見えたなら、所詮、チャリティーマッチということなんだろう、と醒めた目で見ていたが・・・
J選抜1点目。トゥーリオのヘッドで落とした球にカズが飛び出し、GKと1対1に。付いていたDF(森脇)は緩慢と言わざるを得ないだろう。(もう呼ばれないかも・・・)
カズは見事に合わせてループを決める。柔らかい。見事だ。落ち着いている。リラックスしていないとできないプレイだった。大舞台でリラックスできるというのはやはりすごいね。それだけなんだが・・・

解説が都並と城ということで、カズを褒めちぎり。

都並が言っていたが、長友は上手くなったと思うね、確かに。左足で上げるのに、きつい体勢でも正確に上げることができるようになってきた。右サイドの内田と比べればわかる。
日本人選手が世界で通用する部分である、サイドハーフやトップ下であるオフェンシブハーフ、そしてボランチなどの選手のプレイは参考になったのではないか。
とまあ、こんなもんです。見せ場はいくつかありましたが、全体として眠たくなる試合でした。俊輔が出てきたみたいだけど、あまり記憶にない。この人、どんどん影が薄くなっていくなあ・・・というか、眠っていたから覚えていないんだろうけど。

これが世界中に生中継されたと聞いて、ちょっと、ね。結局スーパープレイは無かった。ただ、みんな上手いね、というだけの試合ごっこだった。ただ、中には、日本全体が放射能汚染されている、震災で落ち込んでいると思って日本への観光をキャンセルしている人も多い中、こういったイベントを世界に発信できたことは意義深いことだよ。

こういったイベントはどんどんやるべきだと思うね。前にも言ったけど、日本全体が病人になったら終わりだよ。悪しき慣習で喪に服すというのはわからないでもないが、今の日本経済にとってはそんな余裕は無い。東日本の血(金)が止まっているのなら、その分西日本が活発に血(金)を廻さなければだめなのだ。募金もいいけど、生きた金にするために消費を活発化させて、少し無理をしてでも買物をして欲しい。今まで夜の繁華街を敬遠していた人たちも、ここは日本を助けると思って再び通い出して欲しい。
(皆さんご存知のように、電気は基本、蓄電できない。東と西では周波数が違うので今のところ融通できない。節電の気持ちは尊いが、要はピークダウンをすること。各エリアを管理して、協力を要請すればコントロールできるはず。それをやるには、地方自治体と東京電力の情報の共有と協力体制の確立が不可分だ。やる気があればできる。それができないというのも情けない話だ。つまり、もう、東京は機能不全に陥っているということなのだ。)
各国の大使館も大阪に移ったことだし、西日本は今まで以上に当分の間バカ騒ぎをして経済を活性化させる必要がある。

幸い、東京は都知事選がある。石原氏が通っても先が見えている。任期途中で辞めそうだし、東国原氏がなったら、東京も一地方になったといういいメルクマールになるだろう。原子炉と同じで東京はすでにメルトダウンしているよ。電力供給を確保するよりも、分散して比重を落としたほうが合理的だと思うけどね。企業の本社も移転すればいいのに。

都民は税金を収める場所を被災地の東北や故郷に変えればいい。ばかばかしくて収めてられないよね。
そして、江戸弁を復活させて、東京から江戸へと文化の再構築をして欲しい。今や廃れようとしている江戸言葉や下町の風情を復活させて欲しい。本来の江戸の町を作り直して欲しいね。
[PR]
by worsyu | 2011-03-30 10:44 | サッカー | Comments(0)

れべる5

と言っても原発の話じゃなくて・・・・と。

行ってきましたよ。博多の森。
車飛ばして、下道で。家族4人で。何度も、「もう、やめようよ」とか、「あきらめたら」と言われながらも、くじけず、車を何とか留めて、歩いてたどり着きました。
何とかならないのか!駐車場!
やっぱ、大分は恵まれている、と実感!!!ワールドクラスだね。
春の陽気で、日差しは心地よい。日陰に入ると、少し寒いか。桜のつぼみもかなりふくらんできていた。

試合の方は、主力で3-1。来たかいがあった。周りの人にはずいぶんご迷惑を掛けたかもしれません。すみません、大声出して・・・はしゃいでました。

後半、勝ち越してからは、福岡は引いてしまって、大分のやりたい放題。DFもミスが多かった。体力がガクンと落ちた。足が止まった。大分は生き生きと走り回り、仕掛け、形を作っていた。

まあ、福岡だから、勝っても喜び半分、な~んて言えるのが、なんだかうれしいね。本当はうれしいくせに。
後半、30分過ぎてから、ギアが入り、攻撃に幅が出てきたのがうれしいね。精度の部分であと一歩の部分もあったが、それが課題だろう。あの勢いならもう1点入ってもおかしくなかった。チームの仕上がり具合の差が出たかな。

結果が出たことで、もっと、みんな走ろうって気持ちになったんじゃないか?走れば勝てるって。
勝負処で走る力をつけようってね。FW陣が頼もしい。前田もいるし、森島もいる。三平もいるし、西もいる。井上も上がって仕掛けていたし。
点を取ってくれることで或る程度計算できて安心して組み立てられる。
まあ、本番はこうはうまくいかないだろうから、守備陣はミスをしないように。カバーの意識、シュートコースを消すポジションの確保。状況に応じた守備の変化など、今日の反省点を持ち帰って、若手のレベルアップを期待したい。
[PR]
by worsyu | 2011-03-28 09:42 | サッカー | Comments(0)

大前研一

大前研一第2弾

ちょっと、調子乗ってしゃべっているので、話、半分でもいいかと思うが、納得できる部分が多い。
参考にしてもらいたい。

「東電の体質は腐っている!」
「自衛隊へりからの注水作業はセミのション便に等しい」等々・・・・
ジョークも交えながら余裕で話している。自分に理があるという自信があるからだろう。
(どうでもいいけど、石原都知事が泣いて感謝をしている姿は異様。選挙に向けてのパフォーマンスだとは思うが・・・・・)

今後のことについてもビジョンを示している。
安定した冷却を行う。燃料棒を搬出。コンクリートで永久封印。周辺を永久立ち入り禁止区域にする。

マスコミはさかんに風評被害を恐れて大丈夫だと宣伝しているが、それならば、キャスターはそこに行って牛乳が飲めるか?ほうれん草を料理して食べるか?若手芸人を使ってバラエティーでもするか?
生産者の方は放射能の恐ろしさを認識していない。体内に取り込まれたら、半永久的に消えないんだよ。チェルノブイリ事故では、ロシア、ウクライナでは乳がんや甲状腺がんで、今、27、8歳の女性が死んでいっているらしい。これは、日本では広島長崎で経験済みのこと。つまり、25年後くらいに発症するから、今は何を言っても大丈夫と思っているのだろうか。
放射能の恐ろしさを一番知っているのは日本人だよ。世界中にその恐ろしさを発信したのは日本なんだよ。
早くふたをしないと、漏れ続けるんだよ。

エゴとエゴがぶつかり合う時、どちらを救うか。より多くの人命と安全を守るのが国の責任だ。そして、その判断を下すのが政治家だ。サンデル教授の正義の授業で学んだでしょう?それをポリシーというんだよ。

安全を確保するためには、過剰に行動してもおかしくない。あまりにも危機感が無い。マスコミにだまされちゃいけない。

日本の隠蔽体質は政府、マスコミによって形成されている。(いや、もっと言うと、沖縄の元米軍司令官が言った問題発言は、そのまま当てはまる。彼の奥さんは福岡県人。本音と建前を使い分ける。責任逃れができるから。だって、今回の東電の上層部は原子力のゲの字も知らない素人集団。謝ることしか出来ない人たち。原子力関係の上層部は事故が起きるたびに粛清された結果、現場にまかせっきりの体質になってしまった。これでは、コントロールしようもないよね。丸投げ体質というのは、日本のいたるところの企業に見られることではないか?現場のことが或る程度わかっている上層部を維持できているところは、方向性を間違うことは無いだろうが・・・・問題をはっきり正直に言うと首が飛ぶ。だから、ごまかして時間稼ぎをして頑張っているという姿勢を示す。その問題点を指摘し、指示できる人間がいない。エキスパートたちは現場にしかいないから。結果、隠蔽ともとれる結果となる。しかし、想定外の大きな事故になると、白旗を揚げる。首が飛ぶどころの騒ぎではなくなる。レベル5だとか言っている連中の頭の中はお花畑だということだ。体裁を繕うために福島県民を犠牲にすることは避けなければならない。)

大前研一氏の言動を聞きながら、つまみ食い、半分ぐらいでいいから理解すれば、目の前が開ける。霧が晴れるだろう。
目の前に現実の将来像が現れる。さて、それをどう克服するか?ということを前向きに考えられる。

今や、ネットでは時の人となった観もある大前氏。そのうち、地上波に現れるのだろうか?
以前、「大ぼら研一」と揶揄された時期もあったが、今回の出来事で失地回復か。俄然、求心力を持つようになったようだ。

うのみにするのは危険だが、そのくらいでないと、この国は動きそうに無い。維新はまだまだ先のことのようだ。

福島、茨城、栃木、群馬、宮城、千葉、埼玉、岩手。とにかく、今後、東日本、および北関東地区の経済は停滞および縮小して行かざるを得ないだろう。
民族の大移動が起きる可能性がある。
地震、津波だけだったら、復興はできるだろうが、原発事故と処理の過程での放射能汚染で、広範囲に及ぶ経済停滞地区がおきる。たとえば、東北自動車道、新幹線にしても、つながることは当分ないだろう。常磐自動車道に至っては繋がるめどもたっていないだろう。
東京が首都機能を取り戻すのを待つよりも、機能を分散するほうが合理的だと思うのだが・・・
もう、昨日までの日本ではないのだ。2011年3月11日。この日を境に日本は変わったのだ。さあ、みんなで考えよう。

大分も手を上げて日本の再興に貢献しようよ。萎縮しちゃだめなんだよ。
トリニータも同じことだった。諦めたらそこで終わり。カラ元気でいいから、イベントだらけでいいじゃないか!経済を活性化させるためには使える方の体を今まで以上に動かさないとだめ。いっしょになって休んでいたら本当の病人になってしまう。

どんどん、受け入れて欲しい。手をあげて欲しい。今まで以上に働き、遊び、考える。それが日本のためになるんだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-03-22 02:56 | 時事ネタ | Comments(0)

原子力発電

大前研一氏の福島原発事故に対する所見を見た。
長い番組なので興味のある方は見て欲しい。細かすぎる技術的な説明が多いので、ついていけないだろうが・・・面白いと感じる人もいるだろう。冷たく感じるのは、基本、理系の人だから。断言する。気持ちいいくらい。
まあ、よくしゃべる。よどみなく。
この人は原子力発電所のエンジニアから経営コンサルタント、そして、現在に至っているわけだが、なかなか、相変わらず切れ味鋭い。残念ながら政治家には向いていないのは見ての通りだが。
同氏が断言していることのいくつか。
1)日本の発表は独自なので世界は驚いた。死者数百人ということはないだろう。2万人は行くと思う。誤解を招いた。
2)原発の設計思想が悪い。甘い。何が起ころうとも最後の最後に食い止めることができなければ意味がない。
3)もう、日本の原子力発電事業の発展は終わった。今後数十年は世界で相手にされないだろう。
4)今後、賠償問題が出てくる。農業被害は莫大なものになる。
5)秩序ある行動をしているのは唖然としているからで、これから数週間後かに批判が出てくるはず。隣人の多くが波にさらわれたことを実感する。これから心のケアが必要。
6)枝野官房長官はうまく立ち回った。よくやっている。株が上がった。死に体の菅総理もリーダーシップを発揮するチャンスとなる。この機を生かせるかどうか。
7)消費税を1%UPして1年間限定で徴収するべき。赤字国債を発行することはできない。
8)今後の日本は25%~35%節電を目指していけばいい。
9)ツイッターが威力を発揮した。私は携帯を2機常備している。バッテリーも長時間用のものを持っている。

彼の専門分野なので達観している観もある。今後何が起きるのか。どうすればよいのか。マスコミでは報じられないことをここで語っている。

すべての電源が落ちた状態で放射能汚染の中、バルブをあけようとする職員の方はまさに決死の覚悟が必要。全国からOBの方々らが、自分の命を犠牲にしてでもこの困難な局面を打開しようとしている姿には感銘を受ける。
しかしながら、この原子力発電というものの意味は、地上に太陽を降ろしたようなもので、これを絶対悪とした故湯川秀樹博士の言葉が脳裏をよぎった。
これから再評価されるだろうか・・・

ちなみに、世界中の原子力関係の人々が技術援助の名目で日本の最先端技術を盗もうと躍起になっている。アメリカもロシアも中国もフランスも。ロシアの技術力なんか数十年前のものだから、技術を盗む以外の何ものでもないわけで、チャンチャラおかしいのだが。この件に関しては、日本政府は各国の支援を受け入れる必要はない。ハイエナどもが吼えている。門外不出の技術をやすやすと公開しては本当に日本の原子力事業は破綻し、これまで積み上げてきた財産は水泡に帰してしてしまうだろう。

冷静になることが必要。感情に流されたら損をするぞ。

世界が日本を救おうとしている?そのどさくさに紛れて盗まれようとしているんだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-03-17 02:11 | 時事ネタ | Comments(0)

ホーバーフェリーがあれば

ホーバーがあれば救助に行けるのに・・・
と単純に思ったりした。

まるで日本全体が火山帯の活動期に入ったがごとし。長いスパンで見たらそういうことなのかもしれない。大分だってわからないよ。数年後か数十年後、または、数ヵ月後かもしれない。他人事ではないね。
瓜生島があったかどうかはわからないが、1596年あたりに別府湾で地震があり、津波で多くの人命が無くなったのは史実のようだし。

改めて日本は自然災害が多い国であることを実感した。
土建屋は無くならない。

日本人の宗教観、人生観もこの厳しい自然風土と付き合ってきた中で生まれている。無常という感覚は日本人にとって需要なことだ。

災害用伝言板
NTT携帯
KDDI携帯
SoftBank携帯
[PR]
by worsyu | 2011-03-13 01:30 | 地域ネタ | Comments(0)

東京で動けなくなった人へ

関東平野は沼だったため、地震が来ると地盤がゆるいため揺れる。
交通機関が麻痺してしまうと、物流が止まり、都市としての機能は麻痺してしまう。
これだけ脆弱な地域に大量の人を集めて高度な機能を持たせていることに以前から危険視視されてきた。
そのリスクを常に負っているわけで、砂上の楼閣ならぬ沼地の上に建った摩天楼なのだ。

さて、東京で足止めを食らっている人たち、大分県の人たちは何とかして大分に帰らなければならない人たちは、JRやバスなどで西へ向かおうとしている人も多いと思う。
その人たちのために、静岡や愛知にいる人は連絡を取り合って、バトンをつなぎ合ってくれるとうれしい。
絆の力、情報、ネットワークの力でこの難局から脱出して欲しい。

トリサポつながりでブログを使って、連絡を取ってくれたら解決策が見出せるかもしれない。
[PR]
by worsyu | 2011-03-12 11:27 | 地域ネタ | Comments(0)

ホーム開幕近づく

さて、ホーム開幕までカウントダウン。
FC東京の2万1千は無理だとしても、福岡の1万みたいな恥ずかしいまねはしたくないね。
せめて、1万5千はいって欲しいね。できたら、2万の声を聞いて見たい。


ホーム開幕まで96時間。
[PR]
by worsyu | 2011-03-09 12:55 | サッカー | Comments(0)

スタートしましたね

みんな好きだねえ。雨の中、集まる集まる。1200人くらいいたかな・・・?パブリックビューイング。
開幕。やっぱりうれしいね。
トリニータの選手の胸にはスポンサー名が。慣れていくうちに、そこに白い文字があれば安心する。大分慣れてきた。やっぱりアズーリ。格好イイ。
試合の方は、一進一退。お互いにチャンスを作り、潰し合った。岐阜のFWはスピードがあり、怖かった。しかし、押さえどころがはっきりしているので、注意していれば大丈夫なのでは?と思えた。大分の方は、よく走っていたよ。攻撃も積極的に展開していたし、チャレンジしていた。小さなミスはいくつもあったが、J2ならば許せる範囲でもあったか。精度を高めていかないと。守備に関しては不満が残る。がんばっていたけどね。安定という言葉からはかなり遠い。
岐阜の戦い方は前線が突破力があるので、カウンター主体の闘い方をしていたと思う。こういう場合、先取点がどちらに転ぶかで決まる。岐阜に取られるとやっかいなことになるし、逆に取れば、岐阜はバランスを崩してでも前に出てくるから追加点のチャンスも生まれるだろうと思って見ていた。
前半を終わった時点で、そんなに悪くない。対岐阜ということでは、有利に試合を進めているように見えた。これが90分持つか、というところを今回は見たかったわけだが・・・・

待望の先取点は森島。右サイドのスルーに抜け出した西がギリギリまで引き付けてエンドライン際で折り返し、ファーサイドにいた森島はフリー。基本に忠実にヘッドで押さえたゴールを決めた。きれいな形。誰も文句の付けようのないゴールだった。
その前に、岐阜は後半開始から飛ばしてきた。それを凌ぎ、森島の投入が当たった形となった。
今回の審判はよく見ていた。いい審判だと思う。あやうくPKかと思われたシーンもよく見たら掛かっていない。逆にシミュレーションかと言えなくもないが、そこまで悪質でもない、微妙なところ。
さあ、追加点も狙える体制になったと思った途端、イが2枚イエローを出して退場。いったい、何なんだ。彼は何を考えているんだ。自分本位。もし、引っ張る癖が付いているんだったら怖くて使えないぞ。
松原もいっぱいいっぱい。
終わりに掛けて、メンバーが変わったけど、こういうのは受け継がれるんだろうかと思わせる試合の終わらせ方。なかなか落ち着いていた。一人少ない中でも、慌てず試合をリードし続けた。最後まで走りも落ちたように見えなかった。
まだ、まだ。始まったばかり。まだ何とも言えない。一ヶ月ほど見ないとわからない。5節を終えた時点で勝ち点が10点以上なら結構期待しちゃうよ?FCに当たるまで負けたくないね。できたら、だけど。J1の雰囲気を味わいたいよ~・・・その思いはFCも同じだろう。「腐っても鯛」(どっちが腐っているかどうかはこの際言いっこなし)
優勝したかのようにサポーターの前ではしゃぐ選手たち。でもまあいいか。素直に喜びを共感しようよ。岐阜まで行かれたサポは大変だっただろうが、幸せ者だね。うらやましいね。
「江戸っ子だけどトリサポ」の弾幕が嬉しすぎる。
インタビューに答える森島を見ながらちょっとウルルン。

久しぶりの開幕勝利。やはりうれしいものだ。この感覚はやはり何ものにも換えがたい。
[PR]
by worsyu | 2011-03-07 12:52 | サッカー | Comments(0)

新妻聖子(にいづませいこ)

日曜の深夜は「さしこのくせに」を見て、それから眠るはずなのだが、今回は、たまたまBS2にチャンネルを廻してしまった。時々、この時間帯で劇場中継をやる。しかも結構いいやつを。月曜日が辛い。でも見てしまった。
「PRIDE」
見ているうちにぐいぐい引き込まれていった。主人公はオペラ歌手を目指す、有名なオペラ歌手を母に持つ資産家の娘、麻見史緒と、貧しい母子家庭に育った緑川萌とのダブルキャスト。この二人の愛憎劇が繰り広げられいく。貧富の差で人が差別されていた時代を象徴している昭和の物語。今なら中国で受けそうな題材だ。とにかく、緑川萌を演じる新妻聖子の歌が素晴らしすぎて、また演技もすごくて引っ張り込まれてしまったわけだ。
銀座のクラブで師と仰ぐ神野の前で2人が歌う歌がベット・ミドラーの「Wind Beneath My Wings」だ。憎しみ合っていた2人が歌に声を重ねた途端、素晴らしいハーモニーに変わっていく。特に新妻の英語がまるでネーチャーかと思わせるくらい完璧で、ブラボーなのだ。(帰国子女だった)
原作は一条ゆかり先生の少女マンガ。脚本の大石静はうまくまとめている。4人劇に合わせて多少ストーリーを変えている。たしか萌は留学先のイタリアで妊娠し、日本に帰ってきて地震に会うって話だったと思うが・・・
とにかく、新妻聖子が素晴らしい。この人、何を歌わせても上手い。しかし、気付いたことがある。それはコピーはオリジナルに勝てないということ。一番感じたのは、「会いたい」だ。沢田千可子のオリジナルがやはり一番。誰が歌っても沢田よりも魅力を感じない。それでも、新妻の歌は素晴らしい。そういう意味では、この人のオリジナル(「アンダンテ」)は誰も歌えないくらい素晴らしいものだろう。もちろん、カバーも素晴らしいのは確かなのだが。
もっと評価されていい人だ。紅白出て欲しいね。できたら、ベット・ミドラーのこの歌を史緒役の笹本玲奈といっしょに劇仕立てで歌って欲しいなあ・・・・
無理だろうけどね・・・・・

(この人、前に「陽炎の辻」というNHKの時代劇のエンディングを歌っていたのでその宣伝の時に見た。その時はもちろん上手かったけど、それほど印象には残らなかった。
経歴を見てびっくりするのは、音楽学校にも俳優養成所に行ったわけでもなく、大抜擢でミュージカルに抜擢され、現在に至っていることである。
大分にも芸短があるが、その中から、彼女のような逸材が忽然と出る可能性が無いわけではない。そうでなくとも、何の音楽の経験が無くとも才能があればここまで来れるということだ。まさに驚きだ。あの歌唱技術は誰に教わったのだろうか?日本人でここまで歌えるというのも驚く。)
[PR]
by worsyu | 2011-03-02 12:32 | ひまネタ | Comments(0)