「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バサジィのユニ

トリは連勝。響きの良い言葉だ。ずいぶん長いこと聞いていなかった。
これで勝ち点は16に。この辺りで今年のペースが決まったと言っていいだろう。このままだと勝ち点は46~50。順位は11位~8位ぐらいか。
九州ダービーも初勝利が見えてきた?
(こんなんでいいのだろうか・・・・)

---------

ところで、バサジィ大分だが、ユニフォームが格好良いのだ。去年も良かったが、毎年、良くなる。
特に今年はブラックの線が入って引き締まった感がある。クールである。
欲しい~・・・

新加入の選手も何だか期待できそうだし、はっきり言って「ライバルは名古屋」「打倒オーシャンズ」と叫んでも誰からも笑われないよ。(結果届かなくても)
上昇気流に乗っている感がある。今年ははっきり言って優勝争いに加わることは絶対条件。宣言していいと思うよ。
いっしょに闘おう!!
名古屋の壁はいつか誰かが破らなければならない。それじゃあ、誰がその壁を破るのか?
それはバサジィ大分だ!と言いたいね。

サポもなんだかんだで、かなり洗練されてきた。力になっていると思うよ。

まあ、会場の盛り上げ方が、アナウンサー、MC任せというのがまだまだ、というか、もう少し抑え気味でもいいんじゃないか、とも思うし。あの、盛り上げ方はなんだか、無理やり感もあって、今イチ安っぽくなっている感もある。いわゆる発展途上段階の娯楽的な雰囲気をかもし出している。
最近はサポの方も意識高くなってきたしね。そろそろ考えて欲しいね。
高級感を持たせることも娯楽にとって重要なことだよ。
[PR]
by worsyu | 2011-06-30 14:57 | サッカー | Comments(0)

岩渕真奈

岩渕真奈という名前を一般の人たちも覚えることになるのだろう。そう感じさせる試合だった。

会場の人たちはよく知っている。
岩渕を見られただけで来た甲斐があったというものだ。
球の扱いが柔らかい。
とにかく、一人だけ次元が違う。空気が違うのだ。まさにメッシかマラドーナ。
ドリブルで持ち込まれると相手は球を捕ることが出来ない。テンポが速過ぎて捉えられない。重心も低いので安定して方向転換できる。しかも、足から離れないのでファウルで止めるしかないのだ。
まさにファンタスティック。
そして、気持ちが強い。さばくだけではなく、自分も積極的にゴールを狙う。守備もする。サイドも駆け上がる。
すばらしい。
50年に一度出るか出ないかの選手。日本女子サッカー界にとって、世界の女子サッカー界にとっての至宝だろう。

女子サッカーというものを男のサッカーと比べてスピードや迫力などで一段低く見る人もいるが、それは違う。
限られた条件の中(それがルールだ)で優れたものに対しては称賛を惜しまない。評価すべきだ。正当に。

ただ、言わせて貰うと、日本女子のやっているサッカーでは優勝は難しいだろう。岩渕に頼ればベスト4以上はいけるかもしれないが・・・
パスサッカーにこだわりすぎている気がする。そのパスを狙われ何度もピンチを招いていた。修正できる部分は少ないと思うが、もっとパスの精度を上げること。スペースが無いのにワンタッチパスで球を浮かしてしまうと、さばくのに時間が掛かってしまい、相手に身体を寄せられ、奪われてしまう。スペースが無い時は、相手がマンマークで来ているときは、できるだけグラウンダーのパスをしてドリブルで仕掛けられるようにするほうがいいと思う。場面場面で正しいプレイの選択をすること。リスク管理。プレスを掛けられてパスミス、カウンターという場面が多かった。
GKはビデオを見直して、飛び出す場面とタイミングを考え直して欲しい。
競り合った試合になると最後はGKの質で決まるからだ。

大分からも岩渕のような選手が育つことを願わずにいられない。
[PR]
by worsyu | 2011-06-28 11:22 | サッカー | Comments(0)

吉武監督

U-17日本代表が一次リーグで2勝1分で決勝ラウンド進出を決めた。
アルゼンチン戦を見た。
結果を知っていたから安心して見たわけだが、安定している。
アルゼンチンは既にこの試合に勝たなければ予選敗退が決まってしまう。一方の日本は引き分けでも大丈夫。この精神的に優位な状況で戦えたのも大きいか。
縦パスが面白いように通る。前線、サイドが球を呼び込む。そこに見事に通るのだ。見ていて気持ちがいい。
相手の集中力が緩慢になり、ミスをする。そこを逃さず得点を畳み込む。アルゼンチンが一人退場してから、もう少し有利に試合を運んでいればもっと点は取れたはずだ。
決定力という点では、まだ不満が残るが、試合の流れをつかみ、競り合いに食いつき、勝利に向かって全力を尽くすプレイは見ていてすがすがしい。
監督は、あの吉武監督だ。
このチームをここまで育て上げるまでに2年半を要している。それだけの期間が無いとこの連携プレイやチームとしての精神的な強さを育てることができなかった。
まだ、終わったわけではない。優勝。それがとりあえずの終着点。そして、この大会がみんなの新たなスタートに変わる。

吉武さんと言えば、明野中学。永井、三浦を育てた人。
ドリブルの大切さ。そして、パスすることの意味を教えてくれた人。全て意味がある。何のためにドリブルをして、そして、パスをするか。意思があり、それを共有することで戦術が生まれ、効果的な戦い方ができる。形をただなぞっているだけではいつか化けの皮がはがれる。

そういうことなのだ。
[PR]
by worsyu | 2011-06-26 01:02 | サッカー | Comments(0)

さしこ

「さしこのくせに」の収録がついに大分でやることになりそうな・・・発言が出た。
「もし、指原が総選挙で10位以内に入ったら、何かお前の願いを叶えてやろうか・・・」という土田の発言から、「大分に凱旋して番組収録」という流れになり、近日、詳細が発表されると思う。
ついに、ついに、指原が・・・
私の勝手な想像だと、指原がトリニータのユニ(背番号34)を着て、FC東京戦に現れるのだ(ちょっとスケジュール調整無理かも?)。
そして、「みなさ~ん、ただいま~!!大分県出身AKB48チームA、そして、ノットイエット、そしてそして、トリサポの指原莉乃で~す」とやってくれないかなあ~・・・
指原が来るんだったら、3万人は無理でも2万人以上は集まるんじゃないか?
なんて・・・クラブ側ももう少し動いてくれないかねえ。俺からTBSに打診しようか?
なんてね。

ところで、まあ、この指原は、不思議な魅力がある。ノリがいいのだ。順応性が高い。単なるボケではなく、ツッコミができる。そして、「破天荒」も自分のものにしようとする貪欲さ。感性がすごい。この子、やっぱりすごいわ。
幇間-たいこもちに近いものがある。古典落語に「鰻の幇間」というのがある。古今亭志ん朝の枕話が面白い。相手に気に入られることが大切。大体、相手が言ったことを鸚鵡返しに、そうですね。と相槌を打つ。でも、やりすぎると嫌われる。逆に、「そうですかあ~っ?」と反論してみる。すると相手は「ばかやろう、何を言ってるんだこうここうこうだからこうなんだよ」と。そして「ははぁ~っ」と感心してみせる。すると相手は気持ちよくなるというやつで。何事にも「程」が大切だということだ。
この程というもの、言い換えれば器量というものを持っていると思うよ。さしこは。

スタッフのみなさんも時間があればゴルフもできますよ。格安で。もちろん宣伝してくれればタダ。(東京から日帰りでゴルフなんてのもいいですよ、とCMしてくれれば・・・)温泉もいいけど、ゴルフで収録も面白いんじゃないかな?
[PR]
by worsyu | 2011-06-16 23:19 | 芸能ネタ | Comments(0)

言いたいことは山ほどあるが・・・

選手たちだけで試合のVTRを見て、反省会をした方がいいんじゃないか?
我々がああだこうだ言う必要もないでしょう。誰が見ても判ることだから。
今回は、移動で疲れて、身体が動かなかったから、頭が働かなかったから?ということでいいですよ。取り合えず・・・
みんなで、VTRを見て、もっと、こうすればよかった、ここは、こうだろう、とか、意見を出し合って、方向性を探ることが必要だと思うよ。
そして、何よりも大切なこと。
もっと闘おうよ。

森島のコメントで救われた部分がある。それがなかったら、罵詈雑言、けなしまくっていただろう。

このチームに集まってきたことに個人個人、それぞれ全く違った事情があるだろう。目的もいろいろだろう。目指すところが違うのに、まとまりようが無い、だろうか?
それでも、まとまることができる。サッカーの本当の楽しみ方、愛し方を知っていれば。もっと純粋にサッカーと向き合うことが大切。
一人でできることは限られている。みんなでいっしょに闘わないと勝てないよ。

育成の名の下に勝負することを放棄したかのような印象を受けることは残念だ。
かつて、チームやクラブが勝つために様々な努力をしていたことを我々は知っている。我々はそれに何とかついていっていた。サポートしきれないくらい熱かった。
今はその逆。われわれが熱を失ったら、もう、2度と熱を発する事はないだろう。

ホント、言いたいことは山ほどあるが、それを押し出す力が出ないほど、ガックリ来た試合だった・・・・
京都のみなさんには見苦しい様を見せてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
[PR]
by worsyu | 2011-06-13 09:57 | サッカー | Comments(0)

サッカーの話ではありません

サッカーの話ではないので、悪しからず・・・

私の最近のお気に入りは、ビヨンセだ。頭の中はsingle ladiesの曲が流れている。
ところで、日本でビヨンセと言えば渡辺直美だろう。
彼女のブヨンセ芸は本当に素晴らしい。クオリティの高さは日本に留まらず、海外でも通用しそうだ。一部のアンダーグラウンドならば。しかし、だ。しかし、彼女のコピー芸は一種の差別に基づいている。だから、やはりこれはまずい。
ビヨンセは、今やアメリカを代表するアーチストの一人。しかも、あのミシェル・オバマの親友。肥満防止のための小学校での体操をビヨンセが作ったそうで、その彼女をからかうようなころはご法度ものだろう。グラミー賞歌手だし。マイケルとは勝手が違う。

日本人にはわからないこの差別という問題。
たとえば、「ちび黒サンボ」がなぜいけないのか?理由はサンボという名前は黒人に対する蔑称だから。設定がどこかバカにしているから。(元々はこの童話はインドの話なのに、それをアフリカの話にリメイクして流布してしまったという経緯がある・・)
ハリウッドの映画もいつの間にか黒人を多様するようになったし、悪く扱うことができにくくなった。

この黒人に対する扱い方に神経質になるのは、以前にも話したが、欧米が奴隷貿易をしたことに起因する。高校で世界史をちゃんと学習した人はわかるだろうが、欧米人はアフリカの黒人を奴隷船に詰め込み、人身売買をしてアメリカに物として運んだ。そのうちの半分は船の中で死んだそうだ。
人類が近代化への産声を上げた時、その犠牲となったのが黒人なのだ。
この傷はいつまでも消えない。白人たちは黒人に対して、頭が上がらないのだ。罪は永遠に消えない。しかし、心の底ではどこかで蔑視している部分がある。自分たち白人が一番優れている、高貴な人種だと思っている。白人の中でも、北欧と南欧、東欧、西欧で格付けすることもある。
日本人は格付けが好きだから、北欧の白人系を羨望のまなざしで見るきらいがある。

マイケル・ジャクソンもそうだが、ビヨンセにしても、まだ過渡期。黒人がアメリカの社会の中で受け入れられるために、苦闘している。彼女がウィッグをつけたり、整形で鼻を高くしているのは、白人社会に受け入れられやすいからだろう。

日本人は無邪気にそうした白人化した黒人に対し綺麗だと純粋に思い、何の意識もなく、黒い肌への憧れ、スレンダーな容姿への憧れを思う。
そうした中で、ちょっと茶化したジョークを飛ばす。これは、非常に際どい。本来、差別的言動になるものが、日本人が言うとそうはならない。
ここに差別というものの不思議さがある。つまり、歴史なのだ。(日本人の場合の差別は、血による差別という側面が大きい。穢れというものだ。しかし、これは世界的には通用しないだろう。だからといって日本の特殊性を前面に出して、論じるのにも無理があるだろうか・・・理解されない。)

ちなみに、中国人に対して「シナ人」という蔑称を連呼するどこかの知事がいたが、彼は、差別という意味を知らないのだろう。世間知らずだから仕方ないのだろうが・・・・(今でも言っているのかどうか知らないが・・・・)

まあ、この差別問題というのは多分にサッカーとは関係しているわけで・・・我々も神経質になって考えるべき問題だろう。(世界の)価値観の共有を求められる。個人の主観は問題にならない。注意すべきだろう!!
大分もサッカーと通じて世界と繋がっているよ。高度な倫理観が必要だ。
[PR]
by worsyu | 2011-06-06 16:01 | ひまネタ | Comments(0)

サッカーがある

NHKで九州地区限定番組 ASIAN PASSION「幸せの国のサッカー・ブータン」を見た。
松山さん頑張っているねえ。
ブータンと言えばヒマラヤ、チベット仏教。そして、あの独特の民族衣装。大統領の民主化政策。英語教育等々。
松山さんが行ったのは、アーリ・スカンズコーチ繋がりなのか、と思っていたが・・・

U-18の子どもたちがアビスパのユニを着ているのがちょっとショックだった。福岡、金持ち・・・・
大分はU-18に払い下げしているから・・・・
でも、昔のレプユニならサポから送ることもできるよなあ、とか思ったり・・・
繋がりが在るうちに何か交流したいよね。英語が話せるんだからコミュニケーションは取れるよ。招待したいね。福岡に招待される前に、ね。物を送るのも大切だけど、来てもらって交流して、というのが本当は大切なこと。(技術的には中学生レベルか。体力ではすごいと思うね。)
こういうことが大事なんだよ。マスメディアの力ってやっぱりすごいよ。ローカルでも、この番組は九州中に流れたわけだ。

さて、それで、何が出来るか。何をするか。何もしないか。この種をそのまま見過ごすのか。

松山さんのブログを訪問したら、シャムスカ監督の思い出話が出ていた。2007年の頃。或る試合で後半、試合終了間際、一人の選手が退場してしまう。その後、10人で闘わねばならなくなり、ロスタイム同点にされて試合を終える。後味の悪い内容となってしまった。
試合後、ロッカー室でシャムスカは選手たちに「これは君たちが強くなるために神様が与えてくれた試練と思います。」と語ったという。そして、うつむいて落ち込んでいた退場した選手に対しては「君はみんなのためによく頑張ってくれた。その結果だから気にするな」と話したという。

なんだかねえ。こういうエピソードを聞くとあの頃は幸せだったなあって。過去を振返ってもしょうがないけど。

それだけじゃ、だめだったんだけどね。あの時は負け犬根性がまだどこかにあってねえ・・。自信がなかったからねえ・・・

でも、今でも、どこかに、大分のサッカーに対する姿勢がシャムスカによって植えつけられたような気がする。どこかに残った気がする。
失敗をただ怒るのではなく、全力を尽くす経過の中で起きたことならば怒る必要はない。次に向けたステップとして前に進もうという考え方。

サッカーを楽しむということ。堅守速攻の極意。そして、ジャイアントキリングの醍醐味!


いつでもいいから、大分に立ち寄って欲しいなあ。シャムスカ。
[PR]
by worsyu | 2011-06-04 16:17 | ひまネタ | Comments(0)

こんなところですかね

今回の震災、原発騒動でわかったこと。

NHKは嘘でたらめの報道しかしない。大本営発表しか言わないと言うこと。(ネットの中にこそ真実がある)
中央の政治家は権謀術数で権力の奪い合いしか眼中にないということ。(昔から変わっていない。日本人特有。島国根性。井の中の蛙。だから別に何も怒りはない。そういう人たちなんだよ。揚げ足を取ることしか頭に無い。そのためのネタを仕入れようと目を皿のようにして相手を見ている。何とも異様な世界だ。)
原子力関係の御用学者はお話にならないくらいレベルが低いということ。(原子炉の構造を理解している人間は皆無)
日本人は名実ともに大国から小国へ向かうということ。(経済は縮小に向かう。信用危機。)
ここまで借金を抱えた国に、無駄に生きている人を養う力はもう無いということ。(つまり、政治家、官僚、役人、軍隊は無用の長物と化すということ。)
家(一軒家)を持ち、車を持ち(高級車)、結婚(美人と)して、子ども(高学歴)をつくることに夢が持てない時代になるということ。(むしろ、シングルライフの方が楽しい。)
国家のことを考えるよりも、個人の幸せを追求する方が楽しい時代になる。(ライフプランを考えて、もっと楽しみましょう。人生は素敵だ。借金は必要最低限度に抑えて。)
[PR]
by worsyu | 2011-06-03 13:19 | ひまネタ | Comments(0)

繋がっている

都道府県別苗字ランキングを見ると、九州における大分県の異常さに気がつく。
1位:佐藤
2位:後藤
3位:渡辺
当たり前。別にどうってことない。普通の名前が続く。しかし、この苗字が3位以内に入っている県は意外と少ない。
まず、佐藤は全国で見ても1位なのだが、実際に1位になっている県は、北海道、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟、徳島である。
つまり、東北に断然多い苗字なのだ。
次に、後藤。これもありふれた苗字なのだが、2位になっている県などどこにもない。岐阜で8位、山形で9位だ。他の県ではあまり上位に出てこない。(豊後の藤原氏という説もあるが、どうなんでしょうねえ)
渡辺は、山梨で1位。新潟、静岡で2位。福島で3位。神奈川4位。岐阜5位。東京6位。山形7位。
九州で見てみると、この御三家は、佐藤が福岡で7位。渡辺が熊本で8位、福岡で9位だ。

九州に多い苗字は、田中、中村、山口、古賀である。宮崎は、隣県として交流があるが、黒木が1位。後、甲斐、河野となる。鹿児島は中村、山下、田中となる。

大分は苗字から東日本型とよく言われる。昔から瀬戸内海を中心に人の交流も盛んであったためだろうか・・・

苗字は明治からつくようになったと言われているが、それ以前には名乗ることが許されなかっただけで苗字は持っていたと言う。
苗字の成り立ちを調べると、地名から来るものや、与えられたものなどがあって面白い。

今回、東北大震災によって避難されている方々で、佐藤さん、後藤さん、渡辺さんは多いはず。大分と東北は思っているほど遠い存在ではないよ。元をたどれば同じ先祖かもしれないし、そうでなくても、どこかでえにしを持っていたということを言いたい。
繋がっているんだよ。

大分は昔からよそ者を受け入れてきた処ですよ。

遊び感覚で一度でいいから立ち寄ってくれたらうれしいですね。気晴らしになるでしょう。
無料ツアーで募集してもいいのではないか?
温泉に入っていただいて、九重連山を見て、臼杵石仏、国東半島めぐり、豊後高田市の昭和の町、佐伯で寿司を食べ、イルカショーを見物。ハーモニーランドでキティちゃんに会い、城島でジュピターに乗る。
4泊5日ぐらいで計画できるよね。夏休みに向けて家族パックで募集すればいいのに。
金は何とかなるし。
[PR]
by worsyu | 2011-06-01 12:21 | 地域ネタ | Comments(0)