「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ないない

ここだけの話。1位~3位は勝ち点41点なんだよね。トリニータは31点なんだよね。

3点差までに付ければ結構まだまだチャンスあるんじゃないか?まあ、むりとは思うが。まるで可能性が無いわけではない。

上がれるかどうかは別問題だが、北Q、鳥栖に勝つことで上に行く道が見えてくる。
勝てば3点が入ってくる。

前半が終わった時点で、7位~11位あたりという予想をしたが、最近の調子を見ると、もう少し上でもありかなという気もしてくる。つまり、4位~6位。

まあ、ちょっとそれは難しいか。

3位以内に入れば借金は県の無駄遣いからちょっと融通してもらえば・・・なんてね。

まずは自力で返済しましょう。足を運びましょう。
夢を見る力がまだあるのなら。

もう、無いかい?


バサジィが優勝するのとトリニータが3位以内に入るのと、どちらが可能性があるか?

A)バサジィ
B)トリニータ


個人的には、A)60%、 B)30%


大体、こういう妄想は負けた途端、雲散霧消してしまうものなんだが・・・
勝ち続けて欲しい・・・・夢を見ていたいなあ・・・
[PR]
by worsyu | 2011-08-30 02:02 | サッカー | Comments(0)

戦術で勝てた試合

名古屋に勝ちました。
勝つつもりではいました。何となく。連勝しなければ、と書きましたが、その通りになりましたね。
試合前の選手紹介で勝てることを予感。
しかしまあ、押されっぱなし。カウンターに徹した。先制点で決まる展開へ。
あまり褒められたものじゃないが、はまればこれが一番確実になる。
守備は飛び込まずにコースを消す。当然、シュートを打たれる。
そんな中でも一進一退が続く。
ポゼッションは6:4かな。

1-0。これでほとんど勝負あり。追加点はあってないもの。
強い相手にはこういった戦い方もありかもしれない。
まだまだ連携が上手くいかない場面が多い。
新戦力の中村はいい拾い物をした。
前線での守備や背後を狙う動きが素晴らしい。
今回は戦術で勝った観が大きいが、もっとバリエーションを増やして優勝争いをして欲しい。できるよ。可能性が見えたね。
今年は絶対的な存在がいないため、上位にいれば優勝争いができる展開になるか・・・
名古屋を力で負かせるくらいになって欲しいね。
ところで、あのチアホーンはいらないかな・・
ひと皮むけてもいいころかも・・・
[PR]
by worsyu | 2011-08-28 12:19 | サッカー | Comments(0)

紳助の目は怖い

紳助について?
私は昔から嫌いだったので。
なぜ嫌いになったのか・・・・大体があの笑いが嫌いだったからだろう。ドツキ漫才というものが嫌いだったから。いわゆる関西芸人系の笑いの王道なのだろうが、私は嫌いだ。
出てきた時から嫌いだった。顔も嫌いだし。しゃべる内容も嫌い。ただ、頭の回転は速い。飲み込みがいい奴の典型。出世するタイプだ。しかし、本質がわかっていないから、伸び悩む。目移りがして、他の方面に手を出し始める。いつか転職するタイプ。芸能界では、いろんな分野に顔を出し、一応の評価が出ていただろう。でも、最終的には今回のような結果に遅かれ早かれ至ったと思われる。

ヤクザと芸能界の関係については、以前にも何回か話したと思うが、切っても切れない仲。芸能プロダクションでヤクザと関係のないところなんてないんじゃないか?と思われるくらい根が深い。
一つだけ言うと、芸能界と一般社会との垣根は低いと一般の人は思っている。実際、握手したり、会話できるし、いろんな交流もできる。考えていることもさして変わりない。しかし、一旦、一般人とのトラブルが起きてしまったら、それを収拾するのは難しくなる。なぜなら、彼らが背負っているマネーは膨大なものであり、その風評により多くの関係者が迷惑を被るのだ。それを円満に(損害なく)解決するためには、超法規的な手段によってしか解決できない場合があるのである。そのもしものための関係維持なのだ。

今回、なぜ、紳助が辞めなければならなかったかについては、今後、いろんな憶測やうがった見方が出てくるだろう。
何も悪いことをしていないのなら辞める必要は無い。多くの人は、その裏に隠されたヤクザや裏社会の存在を想像するだろう。
芸能記者はそのぎりぎりのところまで記事にするだろう。それでも真実は明らかにならない。憶測に過ぎない。藪の中に消すために敢えて彼は消えたのだ、と思うのが普通だろうか。

関西の芸能人とヤクザの関係は、関東とは違って、近いし、表に出て来すぎる。笑いの中にヤクザ社会を出すことに、私はあまりいい気がしない。裏は裏であり、表に出てきてはいけない。

東京も大阪に対しては否定的、格下扱いをするが、京都に対しては弱いところがある。

紳助の目は怖い。昔から。あの目は普通の人間の目じゃない。いくら綺麗な言葉を並べようと、涙を流そうと、あの目は異様だよ。
[PR]
by worsyu | 2011-08-24 12:04 | 芸能ネタ | Comments(0)

まさかね

まさか、知事がここを見ているわけないと思うけど。
昨日のニュースで大入島埋め立て問題で進展があった。広瀬知事が「休止」という方針を出したのだ。
この「休止」というのは何を意味するのだろうか?
まあ、詳しいことは、皆さん調べてみてください。

結局、去年から佐伯湾の裏山に埋めていたわけで、それでメドが立ったというのも変な話。それでも、まだ、埋めるかも知れないという。時間が経過すれば折れるだろう、という計算もあるようだ。つまり老齢化が進めば意志もなくなるだろうと・・・
事業中止ならば、沈めたコンクリート塊を引き上げるべきだろう。そんなことするわけがない。
中国の役人と大して変わりないではないか。誤謬を認めない体質なんだから。
大分県職員は恥を知れ。
ここで中止できたら、見直すけどね。
だって、ちょっと前までは見直しはありえないと言っていたんだから。
マスコミの力じゃないね。ブログ、ネットの力だね。

ここは、衛藤さんの選挙区か。この人はもともと山の人だから、海のことはわからんだろう。

私は正論を言ったつもりですので、それをどう受け止めようと勝手ですが・・・

役人の良心が痛んだか?ありえない。
広瀬さんの支持率に影響が出る?ありえるかも・・多分、そんなところだろう。危険を感じたので知事の一存で決めたのだろう。

とにもかくにも、大入島のおばちゃん、おばあちゃんたちの力を讃えたい。体を張って海を守ったのだから。
[PR]
by worsyu | 2011-08-23 18:22 | 地域ネタ | Comments(0)

さしこの生きる道

さしこに厭きてきた自分がいる。TVのバラエティに出てもどこか中途半端。
それは仕方なくて、彼女をその場に出しているのはAKB選挙で躍進したという事実のみ。何も魅力は無いのだが、どこかにあるのかもしれんというあやふやな感覚に拠る視聴率稼ぎのため。
実際はバラエティになじめない。自然ゆえにまともだけに中途半端な反応しかできない。芸人みたいにハイテンションまで持っていけない。
しかし、それでは、TVのゴールデンの常連にはなれない。でも考えて欲しい。常連なんてありえない。使い尽くしたら捨てられるだけだ。
貴乃花みたいに痛すぎる大ボケで突っ込まれるのを待つか。そこまでの大物ではないし、アホでもない。1年に1回出るか出ないくらいでいいならそれでもいいが。
多くの人はいったい、この娘は何を目指しているのだろうか?と思うだろう。
この際、正直に言うべきだろう。「私は決してバラエティには向いていない。ただ、TVに出してもらえるだけでありがたい。でも、何も芸はないし、中途半端なことしかできません。無理なんです。こんなメジャーな番組に出させてもらえていますが、私なんかにはもったいなくて・・・」
とカミングアウトした方がいい。
しかしながら、私が見ていると彼女は真面目で努力家なので、そうしたバラエティからいろんなものを得ていると思う。それをブログにかぎらず、ネットを使った媒体で生かしていけば道が開けると思う。

私は知花くららを見習えと言いたい。
あの人の美しさはどこにあるのか?おそらく、知性美が彼女を美しく見せているのだろう。英語もそこそこ話せ、フランス語もまあまあ話せ、ファッション界で影響力を持ち、環境活動やボランティア活動にも積極的に関与。政治的なことにも意見を言う。
顔は目はクルリと大きいがそれほどでもない。身長は高い。姿勢がいい。モデルなのでウォーキングが素晴らしい。笑顔も気品がある。つまり、さしことは全く正反対の代物だ。でも、どこかブスっぽいところが共通点だ。
なれるわけない。でも、真似ることはできる。なんちゃってでいいのだ。英語は勉強しなさい。絶対、後々役に立つから。センスがあるから英会話はいけると思うよ。今のうちから勉強すればハリウッドでインタビューということもありうる。東京を跳び越して外から見下ろすのって楽しいよ。
また、太田プロの芸人らの下準備やら小道具やら、そういう裏方を経験していきながらネタ仕込みをして芸域を広げるというのもありかな、と。アイドルに固執する必要はない。逆に利用すれば嫌な仕事は減る。TVからは遠のく。それでいいのだ。消えれば追うもの。その間に努力すればいい。無理しちゃ自分を潰してしまうよ。
好きなことをやるためには、好きになれるかもしれないような仕事、あまり他の人がやりたがらないような仕事を率先してやっていくことで道が開ける。
TVから呼ばれなくなったとしても気にしない。挫折する必要は無い。人は人。自分にとってはその仕事をやりたいからやっている。9位という順位をあまり気にする必要はない。さしはらはさしはらなんだから。自分が興味を持って全力でぶち当たれるものを見つけて突き進めばいい。自分が嫌なことを我慢してやる必要はない。
この娘は何か魅力あるよ。ちゃきちゃきしているんだけど、どこかオドオドしているし。
どこかで化けるような期待感を感じる。何なんだろう。ぶりっこしないのは女芸人だけ、ツンとすましているのは役者だけ、みたいなところがTVにはあって、その枠を度外視したところが好感が持てる、というか不思議に思われているんだろう。
でも、そんなのはいつまでも続かない。バックにAKB、太田プロがあるから出ていられるだけで、その後ろがあっても、半年で厭きられる。一度消える。
昨日、クイズ番組に「たっち」が出ていたが、芸人はすごいと思うよ。消えていない。生き残っている。数年間消えていても、辛抱してしがみついていればどこかで一度は使ってくれる。その繰り返し。
さしはらはまだ若い。恋人騒動。結婚。といったゴシップで脚光を浴びることも出来るし、転職騒動もできる。9位はできすぎかもしれないが、彼女が以前言ってように、消えないこと、芸能界にしがみついていくこと。高望みしないこと。謙虚にやること。どんな小さな仕事でも感謝すること。
真面目にやっていれば周りが育ててくれるよ。
継続は力なんだよ。やっぱり。
[PR]
by worsyu | 2011-08-18 11:00 | 芸能ネタ | Comments(0)

盛り下がった

神輿の上にあるものがガラクタになっても、やっぱり祭りは祭り。って感じですか?
トリサポは素晴らしい。「J2じゃもったいない」って言われたいね。でも、チームがいつまでもこの体たらくじゃ、これだけの人員が集まる力、熱もやがて冷めてしまいそうだ。
まあ、北九州戦の時に私の気持ちは吐露しましたので、別に今更何も言うことないですけどね。

明豊。何ともひどい試合ぶり。逆に大分県の野球のレベルを疑われる。選手個々のレベルは別にして。戦術があまりにも無さ過ぎ。育てることに徹しているのかも・・・・まあ、ピッチャーを育てるのは難しいということだ。

バサジィ・・・・・ホーム開幕で負けるか・・・・・まさか、まさかの開幕連敗。10位。これじゃとても優勝を狙うなんて言えない。次節、浦安に勝ち、ホームで名古屋を倒せば、そんな気持ちにもなれるかも知れないが・・・・奮起を期待する。
[PR]
by worsyu | 2011-08-17 10:52 | 地域ネタ | Comments(0)

清武代表デビュー

断片的感想

やっぱり香川。1点目のゴールはやはり素晴らしい。何と言ったって左右の足を同じように扱える。イレギュラーっぽい球だったが、体の進行方向に運べている。そこにはやはり左右の足の感覚のバランスが良いからだろう。スイスイと抜ける。ブンデスリーグじゃもったいない。

清武。初出場って嘘だろう。なじみすぎ。今までそこにいなかったのが不思議なくらい自然に攻撃を演出していた。2点目のアシストは柔らかくて見事だった。株が上がったな。落ち着きすぎだろう。3点目はミニゲームのようにリラックスしたアシスト。足首のスナップを利かせた瞬殺ものだった。これはなかなかできない。

本田。ごっつぁんゴールというか、落ち着いてコーナーに決めた。キープ力はやはりすごい。周りを見る目も持っている。しかし、今回、特に目立ったところはなかった。香川、清武に比べれば地味だったか。ロシアで留まっている意味もそのあたりにあるか。難しい選手だ。何か持っているんだろうけど。微妙。確立されたチームにはリスクが伴うだろう。

守備陣は0点に抑えたのだから評価すべきだろう。が、取り立ててどこを評価していいのかわからない。それくらい韓国がひどかった。大丈夫かあ~といった感じだった。
震災後、だとか、松田死去の後だとか、いうのを差し引いてもひどい。若手が伸び悩んでいる。このままだと中国に追いつかれるかも知れない、と思われる内容だった。
[PR]
by worsyu | 2011-08-11 09:44 | サッカー | Comments(0)

ダウ1万割れ間近

ダウも日経もひどいねえ。しかし、まだ下げ余地がある。まだ下がる。
サブプライムローンが焦げ付き、リーマンショックで世界不況の始まりを告げた時に言ったと思うが、これは100年に一度の出来事。
少し上がってはドーンと下げる。この繰り返しだと。
アメリカ経済は既に破綻している。それを支えているのは中国、日本。しかし、中国は覇権国家。世界経済に対する責任なんか持っちゃいない。自分たちの都合のいいときに都合のいい判断をするだろう。
日本は膨大な借金を抱えながらも、経済力、技術力を持っている。しかも、最大の債権国家であるから信用度が他の国よりも大きい、だから円が買われる。
現在の77円台を予想した人はいただろうか。私は既に今回の出来事を予想していたことは皆さんご存知のことと思う。
1ドル-70円台が普通の時代になる。
日銀はどんどん円をばら撒けばいいんだ。どうせ買われるんだから。砂漠に水を撒くようなもの。それでも撒かないと草は生えてこないよ。
円は価値を生む貨幣なのだから。
東日本大震災の復興予算が20兆円だとか、いやそれ以上だとか言われますが、そんなものはたいした問題ではない。現に、円は買われている。実際の日本の予算の歳入が50兆~60兆円だとしても、実際はそれ以上の金が廻っている。92兆~98兆円として、公債で不足分を補っている。累積の赤字国債は800兆とも900兆とも言われている。毎年40兆づつ借金しているのだから、この返済に何十年かかるかわかりゃしない。そもそも単年度でゼロシーリングが達成できるかどうかもままならないのに。まともに考えたらゾッとする。
一般の家庭や会社レベルで考えたら、自殺するしかないわけなのだが・・・・
信用経済というやつは、実際に廻っている金の何十倍、何百倍、考えられないくらいに膨らんだ風船の中で動いている。100円のモノを買ったことにいろんなことを結びつけると、信用を担保に1億円が関連して動くように見える。それでみんなが幸せになる。これが信用社会なのだ。言い換えればギャンブル経済とも言える。

なぜ、日本はアメリカのようにデフォルト不安にならないのか?
日本は、走り続ければいいのだ。日本は今や世界の希望なのだ。常に新しいものを求め、自分を変えていく勇気を持っている。新しい価値を作り出す力を持っている。新しいライフスタイルを探し続ける。
キーワードは新しいものを探し、作り、使う。

超高齢化社会になれば、彼らの年金をいかに効率的に動かすかが重要になってくる。労働力としても有効に使う必要が出てくる。大都市から地方へ動いていく。
[PR]
by worsyu | 2011-08-09 11:07 | 時事ネタ | Comments(0)

肝っ玉母さん

松田の母親にはびっくりした。
普通は愛する存在のものを喪失したら、そのことを受け入れることができず、パニックになる。そして呆然とする。否定する。事実を受け入れられない。その後、うつ状態になり、何もしたくなくなる。そして、時間の経過とともにやがて初めて事実を受け入れて一歩前に人生を踏み出す。
気丈な母親である。彼女の姿を見て、初めて松田という選手のことが少しわかった気がした。
彼のサービス精神、そして、ストレートな感情の吐露、時として衝突することすら厭わない行動。でも、情に厚い一本気なところ、それをてれかくしで軽くやってしまうところ等々。

サポやクラブ関係者のために足を運び、感謝の言葉、そして、「ごめんなさい」とまで言う。まさに群馬の強い女を見事に見せてくれた。
上州の女だなあ~と。

松田は上州の男だよ。
母親の姿、言動で多くの人たちが救われた気がする。さりげなく関係者の苦労を慰め、感謝し、そして、松田は幸せだったと締めくくってくれた。
松田のあの軽さが、これも人生さ、とでも言いそうな雰囲気がしてくる。
母親が気丈な姿を見せたことで、松田を深く愛した人たちは、彼の存在を忘れる術をなくした気もする。通常の流れで彼を忘れることが出来ず、却っていつまでも彼の笑顔が残ることになるだろう。
松本山雅は松田の威光で上がっていくかもしれない。一方、横浜は彼の影をいつまでも引きずることになるかもしれない。
なぜ、そんなことを言うかというと、多くの人が今回の事故に対して松本山雅の環境が彼にストレスになっていたのではないか、と思うだろう。つまり、犯人探し、不幸の原因探しを始めるのだ。でも、母親はそれを否定した。そんなことはしないでくれというメッセージだ。すると、どこにこの感情が移るかと言えば、それは横浜になるからだ。
その影を払拭するためには、奥さんや子供、その他多くの悲しむ人たちの姿を見ることで、自分たちも悲しむことが可能となる。マスコミはそうしたニーズに応えて悲しみの映像を追い続けるだろう。
そして、過去の人として受け入れることができる。

泣くという行為は、自分を引き下げてその現実を受け入れるという行為だから、できれば達成感がある。スッキリする。それができないといつまでも彼の死に対して何もしてやれなかった、自分の気持ちはそんなもんじゃないという思いがいつまでも続くことになるからだ。
いつしか悲しむことを忘れ、松田といっしょに考えるようになる。そして一部のファンは松田を切ったクラブに対し逆恨みを抱くようになるかもしれない。怒りが無意識のうちに増幅されるからだ。
横浜側としてはそれは避けたいからマスコミに働きかけて悲しみの場を公開するだろう。場合によっては背番号3が永久欠番になるかもしれない。それは悲しみというよりも畏れからなのだが・・・・そして、その意味は穢れからくる。
逆に松本は欠番にせず、栄光の背番号として残した方が供養にもなると思うのだが・・・
[PR]
by worsyu | 2011-08-06 10:07 | 芸能ネタ | Comments(0)

松田・・・

現松本山雅で元日本代表で元横浜FMの松田が倒れた。というか彼はマリノス生え抜きなので、横浜の松田といった感じで横浜からのファンは多い。
松田といえば、個人的な感想では、ヨッシーを獲得することをフロントに推薦したということ。
ソフのファンであったこと。
森重に対して何だかよけいななぐさめを掛けていたこと、などかな。
代表の松田はあまり評価できない部分もある。ただ、日韓WCの時の盛り上がりの渦中にはいたわけで、サッカーバブルの頃のある意味象徴的な選手ではあるかも・・・

彼が練習中に心筋梗塞で倒れたのだ。このニュースを聞いて思ったのは、トリの選手たちのケアは大丈夫か?ということだ。練習前の身体の状態をきちんとコーチ陣は把握しているのか。チェックをしているのか。それよりも、普段の生活において管理できているか?これは選手個人の問題ではない、クラブ運営にも影響することになる。できる範囲でやれることはきちんとやって欲しい。
もし、こんなことが起きたらAEDは常に持っていないといけないよ。心臓マッサージの講習、訓練も必要だね。
心筋梗塞になると、心臓が壊死していくから、時間との戦いになる。
松田の心臓は厳しいだろうか。ただ、脳に損傷が少なければ障害が残るものの何とか・・というかすかな希望もないわけではないが・・・

はるか昔、個人的な経験で、OBの人が練習に参加していて倒れたことがあった。いわゆる熱中症による心筋梗塞だ。その方は亡くなったと後から聞いた。
松田のコンディションはどうだったのだろうか?持病があったのか?それとも、不摂生?
自分も若い時は夜飲み歩いてそのまま試合にということもあったが、そんな芸当はもう二度とできないね。
それは、ある時、熱中症に近い状態になり、死を予感したからだ。
この時期、夜更かししてから練習や試合なんかしちゃいけない。たとえ水分を十分取っていてもだ。身体がそれを廻して機能させてくれないと意味がないのだ。
それが私の経験から言えること。
過信はいけない。もう若くないんだから。身体と相談しながら、身体をいたわりながら、ここまでなら大丈夫。これ以上は無理という計算をしないと取り返しの付かないことになる。
これは、一般のアマチュアの方々に言っているわけですよ。

スポーツに限らず、たとえば「府内戦紙」に参加される方でも無理なさらないように。体調管理、コンディションを万全にして楽しく、無理なくやって欲しいね。不調と感じたら出場を辞める勇気も必要ですよ。
[PR]
by worsyu | 2011-08-03 10:00 | サッカー | Comments(0)