<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

弱者ではない

つまらないつぶやきです。今回はパスしていいですよ。かなり偏っていますから。

私の考え方は間違っているかもしれないが・・・
いつの頃だったか、たぶん学生時代だと思うが、貧すれば鈍するという言葉がすごく気に掛かった。
人間にとって、より人間的に生きるためには、金はあるほうが良いのか、金に囚われることで却って非人間的になってしまうのではないか、と。結論として、金を持っている方が余裕がある。文化的な生活ができる。他人に施しを与えられる。心の余裕ができる。だから、貧になってはいけないということではないか、と思った。
被害者と加害者はどうだろう。どちらが人間的な感覚を維持できるだろうか。
私は、被害者の方が心が傷つくことをもってみても、トラウマとなって、結果として人間的におかしくなるのでは、という気がするのだ。
加害者の方が人間的に優れているとは思わない。しかし、加害者の心を正常に戻すのと被害者の心を正常に戻すのでは時間と金の度合いが全く違う。被害者はそのことで人生が狂ってしまう場合もある。

被害者であることを受け入れてしまうと、そこで止まってしまう。前に進めなくなってしまう。だから、東北の人が黙々と壊れた家や流されてきた木などを片付けたり、復旧に向けて一生懸命にされている姿、時として笑顔でやっている姿は素晴らしいと思う。
被害には会ったが負け犬ではない。以前よりも立派で素敵な町ができることを信じている。たぶん、素敵な都市計画の下、機能的で居心地のいい町がこれから作られていくだろう。

韓国の人々-特にネチズンたちが日本を攻撃してくるのは、自分たちが被害者であるということを認めているからだ。利用していると言った方がいいかもしれない。彼らは子どもの頃から、かつて日本に侵略されて同化されていた時期があるという教育を叩き込まれる。その屈辱を晴らす為に何か行動しなくてはならないという傷を植え付けられるのだ。
私が、今回の一連の事件や韓国側の反応を見ていて思うのは、彼らにはあきらかに人間的な欠陥部分があり、それを埋める術を知らないということだ。

日本人は「菊と刀」によって恥の文化というレッテルを貼られてきたが、果たしてそうだろうか。戦後はむしろ恥を捨てることで自由になってきたとも言える。他人に迷惑を掛けないということがモラルとされ、西洋の罪の文化との対比として語られてきた日本人論はもう古い。通用しない。なぜなら、日本は昭和天皇が「耐えがたきを耐え、偲びがたきを偲び・・・」と玉音放送で語った時点から変わっているのだから。恥を受け入れることから始まっている社会なのだ。そしていつしかその恥すら感じなくなってしまった。
昔の日本の恥の文化はここに消滅した。今の日本の行動原理は何だろうか?
私は、これからマスコミとの戦いが待っていると思う。本当の自分を取り戻すためにこのマスコミと戦わなくてはならなくなる。なぜなら、彼らは日本を戦争へ突き動かした張本人だからだ。あの時、ラジオ放送で煽りまくったことが突き進む熱となったことは疑う余地がない。
だから、彼らを信用することはできない。

昔、鹿島で勝った時に鹿島サポから囲まれ威嚇された話をしたが、その時、在京サポの方から、「大分では逆に暖かく迎えてあげてください」と言われたことを思い出します。この寛容さは美しいと思うし、大切なことだと思うよ。
その時、強く納得したことを思い出します。

つまり、自分を低めてまでやることではない、ということ。それでは意味がない。
我々は弱者ではない。
[PR]
by worsyu | 2011-09-30 18:07 | 時事ネタ | Comments(0)

全北現代サポーターがやらかしたこと

サッカーACL戦。 韓国の全北現代サポーターの方が「日本の大震災をお祝います」という横弾幕を広げ、それを前半中出しっぱなしになったという事件が起きた。
すごいですね。さすがに横浜鞠でもここまでしませんね。節度はある程度わきまえているから。赤菱だったらわからない面もあるが・・・これはないわ。
C大阪のサポが仕返ししなかったことは評価していいと思いますね。よく我慢した!!やり返したら同じレベルとして断じられてしまう。
でも、この方は日本語上手ですね。漢字、ひらがなをちゃんと書いていますよ。

まず、マスゴミはどう対処するんでしょうね。どう報道するんでしょうね。それをまず見たいですね。

たかが、サッカークラブのサポ一人のやったこと、なんですけどね。これを世界中に広めることで関心を持ってもらう。

しかし、まあ、サッカーって、こうしたストレスを溜めて、それを爆発させることに快感を求めるみたいなところがあって、こういうことをする人ってのは多い。
現代人にとってストレスをいかに溜めず、上手に発散させるかが重要なことになっているわけで、プロサッカーはそういう意味で、ストレスとは関係が深い。上手く発散できればいいが、逆に溜まることもある。
そこには節度、モラルが必要であり、抑制することでお互いにストレスを溜めない工夫があってしかるべき。限度を越えて応援することは人間性の否定に繋がる。

我々も注意が必要だし、こうした言葉の暴力に対してはたとえ身内であっても注意する必要がある。勇気を持って対処しなければならない。
今回、誰も制しなかった、辞めさせなかったということは、暗黙の了解、是認を意味している。むしろ支持していると見られてもおかしくない。
単に一人のサポーターの愚行とはならない。韓国人の民度、モラルが問われている。それは建前の上でのモラルではない。本音の部分でのモラルが問われているわけだ。

何でも謝れば済むというものではない。この人の問題ではないからだ。サポーターの問題、クラブの問題、企業体質の問題、地域の問題へ。最終的には韓国という国と民族性の問題へと昇華されていく。

マスゴミが反応しなくてもネットが反応するだろう。ネットで広げたいのなら欧米だけでなく中国を利用するべき、だろう。

こうした行為があったということ。それに対して日本人は悲しんでいるということ。それだけで十分だろう。外交交渉の材料にもなる。利用しない手はない。
感情的に反応したり民族主義に走ったりするのは賛成しない。それでは何も得しない。同罪になるからだ。この点は絶対に譲れない。
[PR]
by worsyu | 2011-09-28 12:45 | サッカー | Comments(0)

甘すぎな人たち

バサジィ大勝。でも、次だよね。3位に上がってからだよ。喜び始めるのは。名古屋を抜こう!!神戸に勝とう!!借りは返さねば。

ところで、とある場所での見学ツアーに参加して思ったこと、感じたこと。とにかく、福岡の親は甘い。子供にやらせっぱなし。いったいどういうことなのか信じられない。ということ。

展示されているものに手を触れないでくださいと明示されているのに触って遊ぼうとする。立ち入り禁止のロープの下をくぐっていく。(パンフレットを広げて振り回したり投げたり・・・・ってのもあった。もちろん、走り回るのは当たり前。奇声を上げていく。座り込んで何かやり始めたり・・・・)
さすがに、私も、「駄目駄目入っちゃー。駄目だよ。」と言いながらその子の体を掴んだよ。「親はどこだ~」と言いたかったがぐっとこらえた。「あんたらちゃんとしつけないと」と言いたかったよ。
たまたまこの子が、というわけではない。福岡では子供が伸び伸びとやりたい放題にやっている感じがする。何度か似たような経験をした。これは文化的なものなのだろうか。
ヤクザは女と子供にはめちゃくちゃ優しいというが、そういった類なのだろうか?

考えられるのは、親と同居しているケースが多いのか?ということ。つまりじいさんばあさんが甘えさせて育てるから子供がそうなるということだ。確かにそう考えるとつじつまが合う。福岡に限らず、3世代で両親共稼ぎとなると子供はゆるく育つ。反抗期に過剰になりやすい。その時道を外してしまう確率も高い。
そう、考えると、福岡は親と同居していることが多いということか。それにしても騒ぎすぎだなあ。

公共の場所で子供が狼藉三昧をしていたら注意してくださいね。

みなさんも他人の子供であってもしっかり注意してあげてくださいね。その子のためですから。
[PR]
by worsyu | 2011-09-26 12:43 | 地域ネタ | Comments(0)

清武フィーバー

代表の日韓親善戦、U-22のマレーシア戦で活躍した清武に対してマスコミが騒いでいる。地元の小学校や中学校に問い合わせが殺到しているらしい。
なでしこジャパンの次の目玉として清武を祭り上げようとしているらしい。
怪我をしたら、今度は「ザック困った」という題名をつける始末。ザックが困ったという発言をしたわけではない。勝手な想像、妄想でしかない。だろう?で記事を書いている。スポーツ記事なんてそんなもの。プロスポーツを愛する人たちを低く見ている証拠だ。喜んでいるんだから、売れればいいだろう的なところが見える。

清武は、これまで年代別の代表には常に選ばれていたし、その才能とサッカーセンスは昔から有名で、大分の人たちは周知のこと。知らなかったのは東京のスポーツ記者だけだろう。金になると判った途端持ち上げる。褒めちぎる。そして世間でやっかみや違和感が広がった途端、今度は逆にけなし始める。私生活や家族などを取り上げて突っ込み始める。

勿論、大分の人たちは、冷静に彼のプレイを評価して欲しいし、くだらないゴシップ記事に翻弄されはしないだろうし、愛情を持って彼を見ていくことだろう。
次の清武がいつ現われるのか?それはわからないが、才能ある子供たちが大分から育っていくことを少しでもサポートしたいね。私自身。ほんの少しだろうけどね。
サッカーに集中できる環境を作っていることは素晴らしいことだと思うよ。もっともっと環境を整備することでサッカー文化の裾野が広がることになるよ。
サッカーは自由だよ。そして楽しいよ。その中で団体スポーツだからね。共通の意志を持つことの重要さを認識して欲しいね。指導者の方々にもお願いしたい。勝つことも大切だけど、自由さと楽しさがなくなったらサッカーじゃない。清武が突然変異で出てきたのではないのならば、彼のプレイスタイルのように、特定の型に押し込めるのではなく、子供たちに選択する自由を与えた上で指導してほしいね。
[PR]
by worsyu | 2011-09-24 11:08 | サッカー | Comments(0)

出直しだね

100年経ってもニュージーランドには勝てないなんてことがあろうか。
結局はここに行き当たる。
サッカーで考えよう。ブラジルに勝つなんてことはあるだろうか?いや、既に勝っている。アルゼンチンにも勝っている。
サッカーはここ15年で飛躍的に強くなった。世界との差が縮まった。女子はついに優勝した。
パスサッカーの構築に成功したことで、世界と戦えるようになったのだ。そして、守備のリスク管理の徹底。
日本ラグビーに未来は無いのだろうか?
カーワンは地元の関係者から聞かれたら何と答えるのだろうか?・・・・

「絶対的な体格差はどうしようもない。その前では日本人の俊敏さや低く当たるタックル等の良い点が消されてしまう。日本人以外の選手を多用することでパワー不足を補おうとしたが、どうしても非力な部分を狙われた。小さなミスが多く、そこから相手に流れが行き、得点に繋がった。ハンドリングミスや消極的なプレイになってしまった。闘う気持ちを共有できなかった。」

―100年経てば日本はニュージーランドに勝てるか?―

「その答えは次の指導者に譲ろう。今私が言えることは、パワーとスピードと判断力の差が出たということだ。ニュージーランドと比べることは間違っている。」

これは勝手な私の妄想劇です。しかし、おそらくカーワンの心の中では100年経っても勝てるわけ無いという気持ちがあるだろう。口には出さないが。
でもそれでは駄目なんだ。それじゃあ勝てるわけが無い。勝つ気が無いのだから無様な試合になるわけだ。本当に勝とうとする宿沢みたいな戦略的な監督が出てこない限り日本代表はここ一番の試合で強くならないだろう。実力が劣っていても戦いに勝つことはできる。これを信じることができない奴に監督をやって欲しくない。

今回、日本代表に展開するラグビーは見られなかった。外に展開して裏に出ることができなかった。キックを使って前進しようとする意図も希薄だった。コンタクトを避け、華麗なオープン攻撃も見られなかった。パスで繋いで相手を振り回すこともできなかった。ただ、球を繋ごうとする意図だけで、攻撃が単調になった。モール、ラックでのキャリーオーバーも多く、そこからの反撃で体力と気力を消耗した。
ロースコアの試合に持ち込まない限り勝機は見出せないことは誰の目にも明らかなのに。

戦う気持ちがあまり感じられなかった。

おそろしいことに、2019年にこのラグビーワールドカップは日本で開催される。日本においてラグビーはアマチュアリズム(主に大学ラグビー)に人気があり、独自の伝統がある。ローカルスポーツの中では国内の人気も高い。しかし、しかしである。予選ラウンドで1勝もできない国で開催してもいいのだろうか?金があるなら、やりたいのならやれということか。

協会は代表強化のために更に外国人を多く入れるのだろうか?それはしないだろう。今回のW杯の結果で、批判が出るだろう。しかし、それでは、日本人だけで戦って勝負になるだろうか?これから代表は外国へ行って試合をし続けなければ駄目だろう。2年間、国内リーグや学生リーグからは抜けて外国へ武者修行する。どんな小さなクラブであっても試合をする。多くこなす。体で覚えるしかない。
そこまでやっても1勝、よくて2勝できるかどうかだろう。

その勇気があるか?
[PR]
by worsyu | 2011-09-22 12:58 | ひまネタ | Comments(0)

オールブラックスに大敗

ラグビーW杯がニュージーランドで行われている。
第2戦は地元のニュージーランドだった。世界ランキング1位である。もとより勝つなんてことは望んでもいなかったが・・・
今回の試合を見て感じたことは、ラグビーは、技術や戦術以前に、とにかく体力勝負。パワーが必要だということだった。

ただ、ちょっと違うんじゃないかと感じたことを言うとすると。
ディフェンス。
これはニュージーランドの真似をしているのか、ゲインライン近くで内から詰めて横にスライドしながら待つようにしている。これではラインの裏に出られたら対処できない。個人の力でそのラインを突破されて、裏に出られて、後はカバーについた選手に繋げていけば簡単にトライされる。今回、何度もその場面を見た。後半は相手が余裕を持ってプレイしていた。見下されてしまった。遊ばれてしまった。点数以上に屈辱的だった。
私は、ラインで待たせずにその前でプレッシャーを欠け、抜かれたら内側からフォローするという旧来の戦術の方がよかったのではないかと思っている。そうしないとニュージーランドのアタックの勢いに負けてしまう。勿論、前でタックルで飛び込んでも交わされて前に進まれることもあるだろう、しかし、勢いをそぐことができる。今回、SOと第一センターに不安定さがあったのでそこで潰すようにすればかなり相手は戸惑ったと思うのだが・・・・そこでは、飛び込まずに球を殺すこと進ませないことを優先してタックルをすればよいのである。ここはクレバーさが必要になる。ゲインライン前でプレスをかけることを放棄して1対1で勝負しても無理なのではないか?と思うのだが・・・・
この議論はもう長いこと語られていることだ。つまり、体格の大きな外人に対して日本人はスピードが乗る前に潰す必要がある。そのためには低くて早いタックルが必要だと。前半は正しい。しかし、その方法として低くて早いタックルという手段が間違えている。
どうすれば勢いを止められるか。ゲインライン突破を防ぐ方法は無いのか?ケースバイケース。状況に応じてタックルの種類も変わるだろう。前に進む力を出さなければ絶対に勝てない。

しかし、唯一救いがあるとすれば、外国人を多く入れたことによって個の部分である程度戦えた部分があるということか。
日本人の血をできるだけ薄めることでようやく世界と戦えるなんて、ちょっと切ないね。ロマンが無いね。
予選ラウンドであるので、残り2試合を勝つことで今回の目的は達成されたと見てもいいかもしれない。
ただ、団体としての力はほとんど見られなかった。残念である。
カーワン監督の戦術にはやはり多少疑問が残る。

おそらくトンガ戦ではベストの布陣で戦うだろう。ここを勝たなければ日本のラグビー界は再びアジアの壁から抜け出すことができなかったという評価に落ち着くことになるだろうか。
[PR]
by worsyu | 2011-09-17 12:29 | ひまネタ | Comments(0)

トリもバサも勝ったね

バサジィは貫禄勝ち。試合前に子供が「6-1くらいかな」と予想していたが、子供は正直だ。
いい線いっている。
花巻はブラジル外人がいない。それじゃあ勝負にならんだろう。終始大分が押している展開へ。

トリも勝った様で、2チームとも勝つとうれしさが倍増するね。お互いに刺激しあって、上位に行こう!!
特にバサジィは3位になったわけで、トップとの点差が2点。直ぐ上に名古屋がいる。取り合えず名古屋を抜こうよ。早いとこ。

奥田は練習の時の球さばきが上手い。でも試合は別なんだよね。アンドレはやっぱりいいねえ。

今年は狙える布陣だよ。ヒーローが試合毎に変わる。チームで戦っている。これは最後の最後で差が付く。安定した力がある。
[PR]
by worsyu | 2011-09-12 17:56 | サッカー | Comments(0)

むちゃくちゃですなあ

鉢呂経産相が問題発言で辞任した。いったい何が悪かったのかさっぱりわからない。普通の人の感覚ならば、建物は何も被害を受けていないのに、人や生き物の存在を感じない街を見たら、まさに「死の街」という表現をするだろう。
いったい、それのどこが被害者の感情を害するのだろうか?
感情とは主観的なものだから、何で引っ掛かるかわからない。でも、一般的な感情で推し量ることは可能だろう。

たとえば、津波の被害を受けた街を見て、何と表現したらいいのだろうか?普通の感覚で言葉を発することは許されないのだろうか?
立場が変われば発言も気をつけなければならないということなのか。それならば、発言を撤回すれば済むことだ。これまでの大臣もみんなそうしてきた。くだらない問題だ。そんなことで大臣を辞める必要はない。

一方、自民党の石原幹事長は、9.11のアメリカ同時テロについて、「あれは歴史の必然だった」と発言した。この発言は被害を受けたアメリカの人々、及び、日本も含めた各国の被害者の心を傷つけただけでなく、アメリカという国家に対しての侮蔑的発言ではないのか?
これこそが、本当の意味で言葉の揚げ足取りではなく、思想信条としての対米感を表現した発言として問題がある。
おそらく、この発言は撤回しないだろう。なぜなら、マスゴミは問題視しないだろうから。問題になるとしたら、アメリカ国内で非難が上がるのを待つことになるのだろうが。
ネットで盛り上がるのを待つしかない。
親父の威を借りているから何でも言えると勘違いしている息子に国会議員をやる資格はないね。せいぜい、親父の後を継いで東京村の都知事にでもなるのが一番いいよ。東京村はネトウヨの巣窟だから住み心地が良いだろう。許されると思うよ。

原発反対で経産省を人の鎖で繋いだ人々は、早く、田舎に住むことを決断すればいい。地方の人口が減り続けることで、原発やら、無駄な道路、施設などが作られる。都会から地方へ人が移っていけば、日本全体が効率的で安全な分散型のエネルギー消費システムになる。

以前、東北はクレーマーと化したと言ったが、まさに、「弱者のエゴ」がまかり通る状況になっている。それを利用してマスゴミが政治家叩きをやっているだけだ。政治の貧困ではなく、マスゴミのジャーナリズムの貧困が今回のような政治状況を招いている。
マスコミの暴走を止めるにはテレビを見るのを辞めるしかない。ネットにこそ真実がある。ネトウヨたちの工作員も多いが真実を語る人たちがいる。そうした人たちとのネットワークを自分の力で作り出すこと。そして、発信することで社会は健全化に向かう。

(「弱者のエゴ」は一番性質(たち)が悪い。差別化して強者-権力者を作り上げ、そこに向けて無批判に攻撃を仕掛ける。社会的抹殺を仕掛ける。犯罪に等しい。「弱者のエゴ」という言葉を一般化させたのは筑紫哲也氏だ。晩年、彼は弱者側に立った人だとレッテルを付けられてしまったが、実際はそうでもない。彼はこの弱者のエゴを嫌った。この考え方の行き着く先が社会主義、共産主義、又は極右の全体主義に繋がるからだ。)

東北、東京及び関東の暴走を誰か止めねばならない。関西の力で何とかならないものか。本音で言う勇気を持った人々が出てこない限り状況は変わらない。いわゆる瀬戸内文化圏+京都の力で何とかならないか、と思ったりする。福岡やその他の九州は東京に対して劣等感を持っているから正常な批判精神が持てない。

東北(被害者)VS東京(加害者)という状況をいつまで続けるつもりなのか?それを全国に広げられちゃあ適わない。おそらく、東北もそれが本意ではないだろう。それの行き着く先は、東北=特権地域となるだろうから。

「蒲田行進曲」で銀ちゃんが「ヤス、いいかげんにしろ!」というのがあるが、それをやらないといけないのだよ。
「銀ちゃん、格好いい~っ」と言いたいのではないか?それを望んでもいるのではないか?本音では。

私の考え方は偏っていますか・・・・・?
たとえ偏っていても別に平気ですけどね。
[PR]
by worsyu | 2011-09-12 10:35 | 時事ネタ | Comments(0)

少女時代オススメシマス

少女時代。
やっぱすごい。MTVのTHE GREAT ESCAPEを見てしまった。大体、この曲はよく出来ているのだが、完成度が高い。ここまでのエンタテイメントの域に達している歌手は現在の日本人にはいない。
AKB48なんて子供のお遊戯ではるかかなたに霞んでしまう。

整形だとか、韓国人は嫌い、とかいう人もいるが、私は韓国人に対してそんなに妙な偏見を持っていない。たしかに整形はきらいだが、この少女時代の魅せる力はすごいと思う。
足が綺麗だとか、そういった低次元の話ではなく、歌唱、踊り、身のこなし、ファッション等の全てが魅力的だ。優雅で力強く、とても高貴に見える。
芸術、文化は国境を越える。

他の韓国グループにも言えるのだが、ユーロビートではないが、Kビートといっていいのかな独特のリズムがある。どこか懐かしいところもあるが。洗練されているので見ていて安心する。レベルが高すぎる。

勿論、作り出しているのは日本人でもあるわけだが。STYやHIROなどヒップホップ系のアーチストの力によって作り出される音、ビートは心地よい。

明るくて、元気が出る。

ちょうど、ジョギングやウォーキングに良い感じなのだ。
[PR]
by worsyu | 2011-09-06 12:40 | 芸能ネタ | Comments(0)

中村くん

バサジィ勝ったよ!これで4位。最下位の10位から4位へ。
一方のトリニータは・・・・・

バサジィは7-2の大勝。アウェイで見事!しかも、日本代表に2名選出され、戦力を欠いた上での結果。すごい。
まあ、ブラジル人助っ人の活躍もあるのだが、新戦力の中村が2得点というのがうれしいねえ。
現在、1位は府中(12点)。2位浦安(12点)。3位名古屋(12点)。そして4位大分(10点)、5位大阪(10点)となっている。
ふ~む。次節は花巻。勝たねば。絶対に。そして3位以内に食い込みたいね。まずは。勝っても上位3チームが勝てば上がらないわけなんだが・・・・
小曽戸と仁部屋がいない間に連勝したらたまらないねえ。今年は、みんなが活躍する。若手の成長も感じる。自分としては結構期待しているのだ。まずは、名古屋より上に行こう!!

トリニータは最後の最後で決められて・・・負け。練習試合もちょっと見たが、最後の失点は何なんだ。あそこで飛び込んだのは軽率。後ろには誰も居なかったよ。大体、あの位置でやるプレイではない。安全第一だろう。体を張ってクリアしないと・・・
なかなか縦パスが通らない。何と言うか、見えるんだよね。パスのコースや展開の仕方が。怖くない。決められない。
声が出ないねえ。GKの声はあったが、もっと声を出し合っていいと思うよ。何だか元気ないなあ。
[PR]
by worsyu | 2011-09-05 18:35 | サッカー | Comments(0)