<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

協会の道理

カズがW杯に?

フットサルW杯タイ大会(11月2日開幕)予選を兼ねたアジア選手権がUAE・ドバイで行われた。
日本は準々決勝でキルギスに1-0で勝ち、3大会連続4度目のW杯出場を決めた。
日本サッカー協会は、カズにW杯出場を要請することを決めており、近日中に正式オファーを出すらしい。

ふざけた話だ。
馬鹿にするのもほどほどに。選手たちはそれで納得するのか?話題性作りのために一人の枠を潰すことになる。
大分からは小曽戸と仁部屋が選ばれている。

前にも書いたが、フットサルを応援している人たちの気持ちを無視した暴挙と言わざるを得ない。
しかし、逆に考えると、彼ら協会側がそうまでして話題性を持たせたいのは人気が低迷し、認知度が低いからだろう。
最近、オリンピックに芸人やタレントを参加しようとする行為が流行っているが、誤解を招きかねない。
カズよりもJリーグを中心に戦力になる選手はいっぱいいるはず。

無理を通せば道理が通らなくなる。つまり、協会は道理を通すことができなくなる。

認めよう。それならば大分トリニータへの融資の返済を延長してくれてもいいだろう。
いや、延長しなくてもいい。
そんなことはしたくない。ただ、所詮協会側にとって一番大切なことは人気ということがはっきりした。

われわれは、声を上げ続ければいいのだ。募金活動をすればいいのだ。アウェイに足を運んでアピールすればいいのだ。
「大分って何っ?」てね。

それで大丈夫。

日産やパナソニックが苦戦しているのは、彼らの栄光も保障されているものではないということなのだ。地域にどれだけ根ざしたクラブであるかが問われている。大企業、大都市に支えられているというメリットも安泰ではない。それは協会にも言える。

大分トリニータは核なのだ。種なのだ。
サッカーだけじゃない。ラグビー、野球、バレー、ジョギング、テニス。何でもいい。スポーツと関わっていくことのすばらしさ、楽しさを認知することで周りが変わってくる。
あらゆることを繋げていきたい。政治・経済・文化。そこから化学変化が起きるはず。

豊州再興の核とならんことを。

協会の道理を無視した無理のゴリ押しはチャンスである。

ところで、石原都知事が東京都民がオリンピックに全く関心が無いことについて「都民は見に来なくていい」と発言したそうだ。まあ、これが本音だろう。気持ちがいいね。ズバッと。大体、放射能が降り注いだ関東圏に世界中のアスリートを呼ぶなんて止めて欲しいね。まだ、くすぶっているんだし。1000年以上はかかるんだしね。
マスゴミが取り上げるスポーツにしか感心を示さない都会の大衆にオリンピックは無用の長物だろう。国家がやる事業として位置づければ、それが大分でもいいんじゃないか?盛り上がり方はすごいものになるだろう。

結局、そんなものなのだ。Jリーグにしても日本代表やヨーロッパリーグの方が人気があるから下火になりつつある。バブルに乗っかったツケが回ってきたのだ。というか、プロスポーツの法則に拠れば当然のことで、ビッグマネーが動くところに集中するわけだ。Jリーグも頭を冷やしたほうがいい。
[PR]
by worsyu | 2012-05-30 09:42 | サッカー | Comments(0)

お布施クラブの試金石

千葉戦である。
千葉という名前に負けている部分もある。苦手意識がある。しかし、いまの千葉は強い。J1 復帰に向けて着実に歩みを進めている。得失点差+18がそれを物語っている。戦力も揃っている。
腐ってもやはり鯛なのだ。

まともにやったら負ける。
唯一つけいるすきは前節熊本戦で4-0で大勝した反動。その思いが残っている心の油断を突くしかない。
今の千葉に勝てたとしたら、結構J1も可能性が見えてくる。というか優勝を狙う位置に行ける。争いに加わることになる。

さあ、盛り上がろうぜ!!勝つにしろ負けるにしろ。
千葉にしても大分戦はJ1へ向けての戦いの中で重要な試合と見ているだろう。ここで負けるようならまだまだ混戦が続くことを覚悟ということになる。

先制点は重要。千葉の裏への飛び出しに対してきっちりDFは付いていけるか。飛び込んだらやられる。DFは最後まで集中力を切らさずセーフティー優先でやってほしい。
サイド攻撃で相手を後ろにやることも重要。
最後は走力で勝つつもりで。

お布施クラブにとっては重要な試合である。
[PR]
by worsyu | 2012-05-27 11:15 | サッカー | Comments(0)

乞食クラブと呼ばれ

以前、大分トリニータの経営問題が出た時、「福岡ウラヤマシ杉」で書いたが、ホワイトナイトの出現を待つしか根本的な解決策は無いのかもしれない。
プロ野球にしても、赤字経営で悩む球団は多い。あの横浜でさえ身売りした。それでも続いているからいい。
福岡ソフトバンクホークスも、以前は消え行く運命だった。
経営母体のダイエーが破産状態で、観客を集めるためにいろんな方策をしていたが、累積の赤字は1400億円もあった(ダイエー本体は7000億円)。有利子負債だけでも700億円。しかも観客席を満席にしても年間数十億の赤字が出る。
当時は福岡の財界も手を差し伸べる力はなかった。
誰もが潰れるものと思っていた。

大分トリニータは母体となる企業が無い。敢えて言えば地方自治体が支えていると言って良いだろう。この第3セクター方式と言えなくも無いズブズブの経営感覚。
責任の所在が明らかにならないし、利益を出すために無駄をなくすとか、積極的な営業方針などは出てこない。まあ、誠実さだけが売りの社長を据えて乗り越えようとしている。今はそれしかないんだけどね。

私は、借り換えをすれば済む問題だ、と何度も言ってきた。しかし、銀行は危なくて貸さない。まあ、県が保障してくれるなら貸してやる、くらいかな?
その県もこれ以上は関与したくない。誰も金を貸さない。返ってこないから。だから、募金を募る。足りなくなったらまた募る。いつまでもやる。手を変え品を変え。今回は「昇格支援募金」ということだ。
もう、企業体としては死に体だ。しかし、地域振興のシンボルとして存在する意義を強調することで、あたかも非営利団体かのごとく存続しようとする。
信用が無いから金は貸さない。ギリシャも信用不安で取付け騒ぎ。ユーロも安くなった。信用を回復するまで地道に募金するしかない。信用ができたら金は勝手に廻ってくるよ。

このクラブにとって募金は坊さんの托鉢のようなもの。立派な寺院を維持するために必要なものなのだ。それならそれでいいではないか?いっそ割り切ってしまったほうがいい。
誰もあの托鉢している坊さんを見て卑しいと思う人はいない。募金活動をしているサポーターはえらいと思うよ。彼らは実態がわかっている。そこにすがるしかないのだ。
乞食と馬鹿にされて結構。
アウェイにできるだけ参加することでアピールできる。関東、関西での大分県出身者もしくは、つながりで結構だ。参加お願いします!!


溝畑を追い出し、詐欺まがいのスポンサーに抵抗したことを、私は、以前、「やがて彼らがこのクラブを救ったのかも知れないと言われるだろう」と言った。
現在のIT企業もこの先10年安泰とは限らない。プロスポーツを支える日本企業もいつまでも右肩上がりが続くわけではない。
10年、20年先を見て、われわれは何を目指すのか。このクラブと共に目指すのは何なのか?支え続ける意義はあるのか?

J1に上がるのは魅力的だ。そこにかつて居たんだから。もう一度行きたい。しかしそこは決して楽園ではない。地獄かも知れない。そこに行くことが目的ならばもう達成した。その先に何があるのか?何をしたいのか?

サッカーを中心にした街づくりを本当にやろうとしているのなら、もっといろんなことがやれるはず。みんなで環境を育てて行こう。整備していこう。
ACミランが湯布院(由布市)にサッカースクールを開校した。これも喜ばしいことだ。国内2校目だ。これはある意味われわれが評価されたということと考えていいのではないか?
トリニータ・バサジイ・HOYO、それ以外にもサッカー文化は広がっているよ。
無理する必要は無い!
繋がって盛り上げて楽しめればいいではないですか?
[PR]
by worsyu | 2012-05-24 13:03 | サッカー | Comments(0)

スギちゃんの面白さ

スギちゃんの面白さをわかっている人が果たして何人いるだろうか?
何となくおかしいから笑っている人も多いだろう。
しかし、これにはちゃんと説明がつくことなのだ。

まず、彼が使っている語尾に「だぜ~」だが、これは江戸弁の銀座界隈で使われていた商人弁だ。
考えてみて欲しい。東京の中心はどこだ?旧江戸城-皇居だ。そこから放射線状に広がっていく。外に行けば行くほどダサくなるというわけだ。
昔、銀座、日本橋は商売をやっている人ならいつかはそこに店を出したいと思っている場所。そこに住んでいる人たちは一種独特の選民思想にとらわれる。そこで生まれたのが「だぜえ~」である。キザなのである。
粋な領域に住むプライドから、それ以外の人間に対して上から目線で物事を言うようになる。ダメだしをする。
江戸でのこの粋に関する固執は異常なほどで、山の手の外は下町であり、川を越えたらそこからは武蔵野の荒野原という感覚がどこかにある。
それがあるから、未だに郊外に住む人間をからかう事で笑いの対象にしたりするのだ。
今ではその差別というものは実態が無いから笑って済まされることなのだが。
だから、千葉、埼玉が異常にばかにされたり、栃木、茨城、群馬を途方も無い田舎者扱いすることも、実態のない中では笑いの種となるのだ。

さて、スギちゃんのおかしさだが、彼はその上から目線の「だぜ~」を使ってダサいことを堂々とやる。そのギャップがおかしいのだ。そこにワイルドという野暮ったい価値観の言葉で決める。
銀座言葉の歴史を知らないと、本当のおかしみは理解できないだろう。東京以外の人にとったら何のことやら全くわからないだろう。

同じように「だぜ~」を使う人がいる。石原都知事だ。以前にも指摘したが、彼は東京生まれでも何でもない
父親は愛媛県、母親は広島県。兵庫、北海道、神奈川と移り住み、学生時代は東京にいたかもしれない。そこで覚えたのだろうか。
私は、彼の使う銀座弁がおかしくて笑っていたが、世の中の人々は真面目にすんなりと受け入れているようである。
石原氏の青年将校気取りの右翼の火遊びに都民が手をたたいて喜んでいるのにもちゃんとした理由があるのだ。
洗練さの権威を示す言葉であるから、中身がない(くだらない)こととのギャップでおもしろいのだ。
笑われていること=受けていることにも繋がるわけで、彼が人気があるのもわかる気がする。
「尖閣買っちまったぜ。金なんかないぜ。寄付金と税金だぜ。ワイルドだろ」
(しかしまあ、いいかげんに飽きないかなあ都民も。新銀行東京が破綻すればすべては明らかになるんだろうけどね。)

わかったかなあ?
[PR]
by worsyu | 2012-05-17 18:30 | 芸能ネタ | Comments(0)

西大分港改良計画

大分市にある西大分港がやっと陽の目を見ることになりそうだ。
4年間を掛けて総額42億円程度の予算で巨大船舶も容易に通行できる港湾へと改良する工事が始まるのだ。(他の大型公共工事に比べれば微々たる物ですけどね。因みに整備新幹線事業の博多-新八千代区間は約8200億円なんですね・・・・)

これこそが大分と関西及び瀬戸内を結び、第2の九州の玄関となる可能性を秘めることとなる。
地震が起き、もし、関門橋や関門トンネルが不通となった時、援助物資の受け入れ先として、この西大分港がまず浮かぶ。
九州と本州との経済リスクの軽減という意味でもこの計画は大賛成だ。

昔、四国の愛媛と海底トンネルや陸橋を掛けて結ぶ第2太平洋機軸ラインの構想があったが、それは絵に描いた餅。
私は技術的にも採算的にも疑問視していた。反対だった。
今回の計画は地味ではあるが、上手く利用し、拡充していけば、おもしろいことになると思う。

今以上の巨大フェリーができれば、たとえば、神戸から深夜乗り込めば朝には九州に着く。
安全・安心・経済的ということが実現できれば、物流の移動においてもメリットがある。
関西圏で別府・湯布院に泊まりたいというご老人も多いだろう。できれば住みたいという人も。そういう人にとっても容易に行き来ができるようになる。
急ぎたい人は飛行機や新幹線にすればいい。
大人で1万円を切ればどうだろう。できたら8900円くらいにならないだろうか?パックだと8000円にならないかな?(そうすればトリの応援にも行き易くなるし・・・・)
それを実現させるためにも船舶の巨大化が必要となる。豪華客船は必要ない。巨大フェリーが必要なのだ。人だけなら高速であって欲しいな。8時間で着くくらいの。
元気がある人でリーズナブルな旅行がお望みなら大分駅でレンタル自転車を200円で借りればいい。これで大分市内は十分だろう。別府まで行ける。素敵なサイクリングロードが別大国道にできたからね。力が有り余っている若者なら山越えをして湯布院~九重大吊橋~久住高原というルートもある。

とまあ、夢のような話をしているが。不可能な話ではない。
これは呼び水なのだ。今は小さな光の筋でしかない。しかし、今後、大分の子供たちに未来の大分、九州を描いて欲しいのだ。
豊州再興の緒となればいいなあ、と思うんだなあ。
予算が付いてよかったあ~・・・今のうちにやらないと、ね。
[PR]
by worsyu | 2012-05-14 12:29 | 地域ネタ | Comments(5)

柴田アナ

NHK福岡放送局に柴田 拓(しばたひらく)というアナウンサーがいる。毎朝NHKニュース番組に出演している。
よくまあこれで許されているものだと思うくらいひどい。というか、訛っているのだ。

以前、相撲実況などで活躍し、シドニーオリンピックでも名台詞を残した刈屋 富士雄氏も一時期福岡放送局に居た。
或る時、深夜、九州地域のニュースを読んだ時、一瞬、訛ったのだ。いわゆる崩れアクセントになってしまっていたのだ。一言だったが・・・普通の人は気づかないくらい。
その時、思ったのは、あの刈屋氏も福岡になじんでしまったため、訛りが移ったのだろうと。かわいそうに・・・・

おそらく、柴田くんも福岡に赴任して訛りが移ってしまったのだろうか、と思った。しかし、訛りすぎだなあ・・・と。
そして調べてみると、福岡出身となっている。しかも、福岡大学。しかも、鹿児島、山口。どんだけ地域密着アナなのだ。
これじゃあ、訛って当然だろうし、誰も指摘しないんだろうなあ。
九州弁って、どこか知恵遅れっぽいというか、大丈夫かあ~っといった抜けた調子で聞こえる。

まあ、NHK大分の深澤 健太(フカサワ ケンタ)くんも「斜め45度」並みの車掌アナウンス読みで困ったものなのだが・・・

二人とも武田真一にはなれないな・・・

福岡は、関西や関東の影響を受けず、独自に文化をなしている稀有な存在でもある。名古屋を除くと、次に拠点として文化圏を形成していていいのは、広島、仙台、福岡。その中でトップである。
仙台はいくら大きくなっても東京のベッドタウン。独自の文化は形成できない。常に東京の顔色を伺いながら発展していくところだ。
しかし、福岡は違う。超積極的な大型公共投資を長年注ぎ込み、休むことなくインフラ整備を進めてきた。その影響で都市化が進み、韓国、中国との交流の窓口としてますます注目を集めている。
ここまで言うと良いことづくめだが、決して県の財政が安定しているわけではない。これまでの借金はこれから重くのしかかってくるだろう。中国経済がもし大きな破綻をきたしたら、その反動をモロにかぶることになる。

かくのごとく、独自の文化を形成している福岡だからこそこういった芸当が出来るのだろうけどね。
[PR]
by worsyu | 2012-05-12 11:02 | 地域ネタ | Comments(0)

テルマエ

テルマエ観ましたよ。
なかなかいい作品に仕上げていますね。このまとめ方は日本映画ならではでしょうね。こなれている。ドラマ性を加味させるために上戸が入り込んだり、おじいちゃんたちがローマに行ったりする。
劇画調子の一人つぶやきのボケ突っ込みは、漫画に忠実。しかし、そこをきちんとこなせるのが阿部ちゃんの上手さでしょう。
これがデトロイトメタルシティのマツケンではだめだろう。
先日TBSドラマに犯人役で出ていたモコミチなんかじゃ話にならない。あの演技はひどかった。何か演技という行為を勘違いしているようなところがある。人間の浅さを感じた。
演技派と呼ばれる人ではこの劇は無理。渡部なんかも使えないか・・・
いわゆるベタな劇場向きな演技が求められる。そういう意味では「つか」で試練を積んだ阿部なら適役ということになる。
市村も北村もくどい演技ではまっていた。意外に友人のマルクス役の勝矢が見事にはまっていた。いわゆる日本人が考える古代ローマ人(ベンハーのどこかに出ていたような)にぴったりだった。少し入ってるんじゃないか?というか、雰囲気がもうそのもの。出色の配役だった。

ローマのセットが荘厳で見事で、コメディ作品との対比-ミスマッチ効果で作品の質を上げている。
効果音楽も日本人にはポピュラーなイタリア音楽を選んでおり、まあ、バラエティフジTVならではの洗練さを見ることができる。
広い年代に支持されるところは、わかりやすくまとめられている点だろう。
ローマで上映会をしたそうだが、それが宣伝にもなった。
日本ではクスクスという失笑に近いものが多いと思うが、ローマでは歓声や拍手、爆笑が起きたという。
例えて言えば弁当のようなものか・・・イタリア風の弁当になっていて味わい深い。本格的な料理ではない。高級感は無いが何度でも味わいたくなるもの。
それはハリウッドでは作れないもの。
日本の漫画-劇画文化の広がりは世界を制覇するかもよ・・・・・

因みに昔、フランスで日本人はイタリア人に間違われることが多かったという話を個人的に聞いたことがある。それから、仲代達也がイタリア映画(マカロニウエスタンの悪役で)に出たって話は有名ですよね。
つまり、日本人=ゆで卵みたいにつるつるした肌で髭もきれいに剃っているというステレオタイプのイメージを逆手に取ったとも言える。イカ八郎はその典型。
「平たい顔族」という言葉が笑える。
[PR]
by worsyu | 2012-05-09 10:49 | ひまネタ | Comments(2)

ニータンの呪い

「福岡ジャック」を見た方が多かったのか、ついでに「北Qの不気味さ」を見た方が多かったのか。多くの方に立ち寄っていただいてありがとうございます。

んで、その北Qのことなんですが。
問題の場所はイオンモール八幡東なんですね。
信じたくない人、信じられない人もいるでしょうが、真実なのです。
近くに行くことがあったら、確認してみてください。
3号線沿いでスペースワールドのすぐ隣ですからわかりやすいと思います。

「止めさせたい」と言いましたが、それよりも、多くの方に見ていただきたい。
「コーブ」の監督の気持ちに近い。
虐待の事実を多くの人に伝えたい気分です。
「大げさな」と思う人も多いと思います。
「たかが、亀のキャラのぬいぐるみではないか」と。
しかし、これは大問題ですよ。
「くまもん」「ソフトバンクの鷹」「ひこにゃん」「かんべえ」がそこにあったらどう思いますか?
それとも、それらはだめだけど、ニータンは大丈夫なのでしょうか?それは差別なのではないですか?
無知というだけで済まされる問題ではないです。

みんなが癒されるべきペットショップ。
みんな笑顔。店員も客も・・・
でも、こちらはそうではない。屈辱である。精神的ダメージを受けるでしょう。
考えてみると、どうしてニータンじゃなきゃいけないのか?わからない。

たまたま?
でも、誰かがわかるはず。わかった上でやっている。ペットショップで。
指摘しても、「それは知りませんでした」で終わるだろう。
もう少し広めて、北Qの市民の耳に入るくらい大きくならないと駄目だね。
ちょっと悪いことしたな、くらい思わせなきゃ。

これは恐ろしいことです。
屈折している。挑発している。侮蔑。

意見がある人はこちらまで worsyu@excite.co.jp
証拠写真もできたら欲しいな
掲載許可であれば、その旨を記入してくれたら、こちらで紹介します。

ニータンの呪いを受けるがいい。


やっぱ、北Qとは仲良くなれないのかなあ。
[PR]
by worsyu | 2012-05-02 11:55 | ひまネタ | Comments(0)

北Qの不気味さ

ところで、ちょっと前の話だが、北九州へ遊びに行ってきた。
昔から北九州は暗いイメージがある。博多のあのバカ明るさはない。
しかし、こちらとしては、その方が安心する。
話す言葉も、多少もぞもぞしているが、大分と同じ。アクセントもそんなに違わない。
やっぱり豊の国なんだなあ。と妙にシンパシィを感じる。
北九州市は100万都市。政令指定都市。歴史もある。でも、最近、この30年ほどで福岡のおかげで影が薄くなってしまった。
元々は豊前の国。中津も含めて。
一方の福岡(博多)は筑前の国だ。もうひとつ、久留米、大牟田などの筑後がある。福岡はこの3つがあるのに、最近では筑前が顔になっている。もうひとつこれに付け加えると筑豊がある。福岡はひとつじゃない。しかしながら、特に北九州の豊前とそれ以外の福岡地域とでは、まるで違う。日陰の身となっている。

北九州とリンクしたい。同じ豊の国同士として、いっしょに仲良くすればもっと自分たちの文化や言葉を前面に出せると思うのだが・・・
今後、北九州市に足を運んで北Qを極めたいと思っている。北Qが好きになれるかなあ・・・えへっ。殺されるかな?・・・

と、そんな思いでいたが、ショックが出来事が・・・・・
八幡のイオンモールにペットコーナーがあるのだが、犬のケースの中に何故か「ニータン」が・・・・・
これは・・・・大分に喧嘩売っているのか?バカにしているのか・・・・それとも、このコーナーの人が単に大分トリニータを嫌っているのか・・・・

ココ
これは許されざることだ!!
今度行った時にまだあったら、ちょっと聞いてみるつもり。かわいそうに、犬にガシガシやられている。北Qの人間性を疑う。ちょっと普通では考え付かない無神経さ。
これはひどい。

考えてみて欲しい。パークプレイスのペットショップに熊本や福岡、北Q、鳥栖のマスコットキャラがガシガシ犬にかじられていたら・・・と。

おそるべし北Q・・・・・・

(皆さんの中で行くことがあったら見てみてください・・・・・トリサポの力で、できたらやめさせて欲しいです!!)
[PR]
by worsyu | 2012-05-01 19:29 | ひまネタ | Comments(1)

福岡ジャックに向けて

1万2千5百という観客数は、現状では妥当な線か。雨の影響も多少あるかもしれない。しかし、ドームですから恵まれているねえ~・・・幸せ・・・・
たとえJ1に上がっても、観客数は8千~1万あたりだろう。(成績次第でそれに上積みか・・・)それ以上を望むのなら頭を使って何かしないと無理だろうね。1つや2つじゃ無理。5つ6つ。

試合の方は、前半1点取れなかったことで勝ちから見放されたかな。高松、森島を生かすも殺すも中盤の出来で決まる。そういう意味で熊本戦では、彼らを見殺しにした試合だったかな。組み立てることのできるメンバーがいない。パスで崩すなんてできない。サイドを使いながら中でマークが外れるのを待つしかない。それができていない。何度でもそれをやらないとズレない。
熊本の守備主体で大分DF陣のミスをしつこく狙う戦術が効いた。つまり、大分の欠点はそこなのだ。そこを狙えば点が取れる。熊本はGKの南を中心に戦術が徹底していた。
ただ、それだけじゃ勝てなかったわけなんだが・・・
大分は熊本のどこを狙っているのかわからなかった。先が読めていない。だからスペースに走りこまないし、パスも出ない。意思を共有できていない。パスなのか、ドリブルなのか、フィードなのか・・・シュートなのか。もっと冷静にならなきゃ勝てる試合も勝てないよ。
前半15分を過ぎたあたりから、そろそろ大分が点を取るかなと期待して見ていた。しかし取れない。形は作っている。熊本しぶとい。このままいくとまずい。
見ていて思ったのは、このレベルなら結構安定して戦えている。でも、どこか受けている。中盤で球を奪いカウンターのチャンスなのに時間を掛けすぎて決定機に繋がらない。点を取ろうとする気概を感じない。
イージーミスがリズムを狂わせる。士気が低下する。
九州ダービーで勝てないくせに、J1へ行こうなんて言えないよ。

森島はどこを目指しているんだろうか?自分の武器が何かわかっているんだろうか?これなら誰にも負けない、他人よりも優れている部分をもっと磨いていって欲しい。今のままじゃ中途半端なままで終わってしまうよ。
可能性を秘めたまま時間が過ぎていき、結局開花せずに終わってしまうのか・・・少し考え方を変えたほうがいい。20歳21くらいの選手じゃないんだから。もう、ベテランに片足突っ込んでいるんだよ。

パスが雑。厳しいパスをしてトラップミスからカウンターの場面がいくつかあった。それから、バウンドボールの処理も下手。頂点をヘッドで抑えようとすると後ろに逸らしてしまう。あそこはバウンド直後に合わせて足元にキャッチする方が次のプレイに繋がる。なでしこに笑われてしまうぞ。
これでJ1に行くつもりなのか?

熊本の応援はまるでチキリン。そしてマーチング太鼓。
これは私見だが、大分は太鼓の音、もう少し小さくてもいいよね。トリサポ、そして、観客の反応は、やはり、J1を経験しているからか、大人だね。
チンドンシャン応援から少しずつ脱皮して欲しいね。
これも私見だが、J1のチームにもあるが、応援歌で哀愁を帯びたやつ、いらないね。うれしいことに大分にはそれがない。トリのから揚げよろしくカラッとしている。明るい。
トリサポはJ1レベルを維持している。早く選手、クラブが追いついてきて欲しい。

福岡?ジャックするさ、もちろん。
車で行かれる方は、空港周辺の駐車場に停めるべきだろうね。もしくは、地下鉄駅周辺の駐車場に停めて地下鉄で空港駅に行けばそこから徒歩10分で行けるね。大銀ドームで2キロ歩いている人なら大丈夫?ちょっと坂道。シャトルバスも出ているしね。

まあ、私は別のところを考えているけど・・・いやいやみんなと同じ考えですよ。たぶん。3千人目標にがんばりましょう!4千行ったら完全ジャックだろうけどね。
レベルファイブを征さないと九州を征したことにはならない。2勝の価値がある。

参考
[PR]
by worsyu | 2012-05-01 11:08 | サッカー | Comments(0)