「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

高島屋っ!!

ロンドンオリンピックの日本代表の公式スーツについて、皆さんはどう思われただろうか?
最初思ったのは、先祖がえり。チャレンジしていない。面白くない。
しかし、よく見ると。なかなかよく作っている。

高島屋に発注しているそうだ。おそらく、採寸し、個人個人に合わせて作っているのだろう。体によく合っている。以前にも書いたが、スーツやジャケットは体に合っていないといくら良い生地を使って、デザインも凝っていようが、情けない、ダサいものになってしまうのだ。そういう意味では、今回のスーツはよくできている。批判している人も多いが、私は逆に評価したい。
中でも錦織が一番決まっていた。私の中ではベストドレッサーだ。

裾の長さ、丈の長さ、胴回り、首周り・・・・スポーツマンだから、各部の筋肉の発達が一人一人違う。そんな個性豊かな人たちに合わせてスーツを作っているのだ。
生地の色もそんなに悪くない。同じ赤のスーツの国もいくつかあったが、(スペインは3つボタンだったね・・・)日本のスーツの方が品が良い。
ノーネクタイというのもいい。帽子が無いのもいい。
アメリカのスーツ姿には悪いけど笑ってしまった。ダサい。いや本当に。ヒドイ。中国製だからというわけではないが、ラルフローレンは嫌いじゃないが、悪いけどダサい。
シドニーの森英恵のマントよりは数段マシだが、あのベレー帽は嫌だな。おまけにスーツも安っぽい。ダブルかよっ!(太めの方が多いからそうしたのか?)

あのアメリカでこれだ。フランスも思ったほど良くなかった。ベルトにフランス色を出しているところがおしゃれかなくらい。しかし、それもルコックまがいにも見えてきて、安い。

意外にも日本のスーツの方がいいのだ。西洋文化を正しく受け入れ受け継ぎ、消化、進化させ、品質を向上させたもの。そして紛れも無いスーツそのものを出してきた。保守的ではあるが、わかる人にはわかる。保守的なものを進化させることは難しい。社会レベルがわかるのだ。

開会式の演出の素晴らしさに、東京オリンピックなんてダサくて想像するだけで憂鬱になったが、事、服装となると、結構いけるのでは、と思ったね。保守的な部分でも、先進的な部分でも。ファッションでは世界レベルに達している。

いやいや、高島屋が素晴らしいのだ。これは評価すべきだろう。

背広の語源の一つとされ、もちろん、スーツそのもの発祥の地であるイギリス、ロンドン。そこで開かれたオリンピックで、日本代表の公式ス-ツは、素晴らしい出来であった、と後になって評価されるだろう。
特に英国の紳士服業界においては、開会式でスーツを着なかった自国の選手たちを嘆くと同時に日本のスーツを高く評価することは間違いない。そうすることで彼らも自らの業界の宣伝になるからね。
[PR]
by worsyu | 2012-07-30 11:50 | 時事ネタ | Comments(0)

US-2

最近、オスだかメスだか知らんが米軍の垂直離着陸輸送機の沖縄への配備についてうるさい。

ところで、日本にはUS-2(量産型)なる飛行艇がある、ということを知っているだろうか。
日本製の飛行艇は旧日本軍の頃から有名(二式大艇)で、その技術を受け継ぎ、育み、現在に至っている。
昔からある日本製の飛行艇なのだ。男の子は知っている人は多いと思う。
ようやく、インドやブルネイに売れる見込みが出てきた。

飛行艇が水面から飛び立つ様は美しくて迫力がある。波高が3メートルでも着水できるというのだからすごい。そして、時速100キロ以下で浮力技術を活かして離陸できるのだ。だから、非常に遅い速度でも空中に浮くことができるのだ。
荒波でも着水できるというのは推進力に頼らず揚力があるからだ。だから超低空飛行も失速せず、速度を遅くしても安定して空中に浮かんでいられる。まるで浮かんでいるようなのだ。そして、離陸も短距離でできる。すごいんだから!!

森林火災の時には15トンもの海水を蓄えそれを的確に落とすことができる
ロスの森林火災が起きるたびに、US-2を使えば良いのに、と思うのだ。
今回のロンドンオリンピックでも、首相がUS-2でテムズ川を北上する様を思い描くと楽しくなる。いいデモンストレーションになる。
最大積載重量は3トンである。結構積めるね。旅客機並みの豪華な内装を施せば14人ほどは乗れるだろうか。
まあ、今のところ、アラブの大富豪でもない限り商用ベースで買う人はプライベートプレインとしては無理だろう。1機:100億円だ。これを何とか40億円くらいまで下げられれば売れるかも・・・(エンジンを国産に換えるとか・・・)
まあ、現在でも救難機としてしか使われていないので、定期就航などの民間利用は無理ですね。採算取れないし。
最終的に、日本人て好きだなあ、こういうの。と思うね。商業的に採算が取れない技術を、それでも大切にして育て上げて蓄積してここまでのものができた。これをどうするか?
何とかもっと陽の目があたるようにしたい。そういった知恵がない。もっと売り出すことをすれば可能性が広がるのに。
世界中で一分一秒を争う災害で救助を求めているところはあるはずなのになあ。海に面した国に2機はあってもいいじゃないかなあ。それくらい魅力的な飛行艇なんだよね。
[PR]
by worsyu | 2012-07-25 18:22 | ひまネタ | Comments(0)

指原の踊りが好き

トリニータはなんと岐阜に引き分け。
U-23はメキシコに2-1で勝利。
バサジィは1-0で浦安に勝利。

監督に言われるがままに動き、パスを繰り返し、カット、個人技で抜かれ。
ところで、芝問題。
芝の管理会社はプロ?

業者任せは止めよう!というのがトリニータ再建のコンセプト
熱意を持った人が欲しい

「スタジアムの構造上の問題」は聞き飽きた。
非難しても何も始まらない。とにかく何か動かないと・・何か始めないと好転しない。

Notyetの西瓜Babyはいいねえ。元気出るよ。
指原のフジテレビ27時間の扱われ方がフジらしくてちょっと違うかな。わかっていないね。
指原の踊りが好きだなあ。どこか力が抜けていて自然で、でもキレがあって、ポーズの決め方が上手い。見えを切る時に決まる。
今の髪型がいい。前髪パッツンと触覚は神スタイル。離れた目とアヒル口によく合う。いかにかわいく、しかも格好良く見せるか、考えている。
今の指原は格好いい。誰がけなそうと、バッシングしようとも、見ていて格好いいのだ。時代をつかんでいる観がある。それを理解しない人は、痛い目に遭うだろうね。
どこか父性をくすぐるところがあってすごいし、女の子には共感できる部分があって人気出るだろう。

史上最強のアイドル、になれるか?・・・・
[PR]
by worsyu | 2012-07-23 12:48 | 地域ネタ | Comments(0)

がんばるっきゃない

最近AKB48のRIVERをよく聴いている。
無い勇気を振り絞って前に進みたくなる。

昨日のNHK福岡制作の「地方特報フロンティア」赤字クラブは生き残れるか~Jリーグ 20年目の試練~を見た。
九州地区限定なのでどう作っても大した批判は受けないであろう・・・・
突っ込み所満載だったが・・・

番組では、失敗例の大分トリニータ、成功例のサガン鳥栖といった対比で取り上げられ、語られていた。
私が言いたいことはもう何度も述べたのでこれ以上は言いたくない。
(ところで、湘南戦のピッチはなぜあんなに濡れていたんだろうか?もう少しピッチコンディションにしてもできることがあるんじゃないか?金を掛けなくてもできる部分まだまだあるよ。今回考えさせられた・・・)

とにかく、がんばるしかないね。言い訳したってしかたない。
笑いたい奴には笑わせておけばいいよ。自業自得と。
誹謗中傷。罵詈雑言。結構コケッコーではないか!
話題にされるだけありがたいと思わなくては。

このクラブがたとえ一旦無くなったとしても、再び蘇るよ。そのくらいの覚悟は必要。
今は前を向いて一歩前に踏み出すしかない。結果を考えて悩んだってしようがない。
既に7千万円もの寄付金が集まっている。(尖閣諸島の寄付金13億5千万円超えとは訳が違う。当たり前か・・・あるところにはあるもんだ。持ってる人っているんだね。この際、心売る?・・・買い手がいなきゃどうしようもないが。どこかに尖閣我国とかなんとか入れるとか言えば集まったりして・・・冗談冗談・・・)
こんなの前代未聞だ。
1億届かなかったら云々という発言にはちょっと鼻白む思いがしたが・・・・

目の前に大きな川がある以上、それを越えるしかないんだよ。

越える意志があり、前に進んでいるのなら、ためらうことはない。

ゴール裏は燃えているよ。

笑って前へ進もう!

それにしてもひどい番組だった。まあ、仕方ないか。
[PR]
by worsyu | 2012-07-21 16:03 | 地域ネタ | Comments(0)

AKBの衣裳すごい

ネットで結構話題になっていたAKBのカバーを歌っていたGILLEなる歌手がお披露目したそうで。

最近、思ったのは、AKBの魅力はあの衣裳-コスチュームにあるということ。いわゆる「カワイイ文化」を体現していることにある。現代日本のティーンエイジに支持された衣裳であることには間違いない。
衣裳は大切だ。歌の上手さ、顔のかわいさ、スタイルのよさ、踊りの上手さ、キャラの存在感等は二の次三の次なのだ。
普通の女の子を磨き上げてどこまでアイドルに仕立てるか。外見をとことん洗練させていくと中身もそれに対応して磨かれていく。環境が人間を変えるいい例だろう。
そういう意味でも服装は大切ですねえ。
韓国の歌手や現代ドラマを見ていて気になるのが、そのセンスの無さだ。着ている衣裳がとにかくダサイ。これを受け入れられるのはおそらく50代以上のおばさんやおじさんくらいだろうか・・・どこかなつかしさを持って受け入れているのかもしれない・・・
だから、日本に来てそうした足りない部分を補修し、合体して売り出しているのだろう。

指原もHKTの衣裳がかわいそうなくらい貧弱で。見ていてつらい。AKBに入ると衣裳が変わり、人間も変わる。
前田のあの存在感はやはり絶対センターの経験からくるのだろうか。風格を感じる。
大島は確かに元気。笑顔が太陽のように輝いている。でもそれだけ。
まゆゆは面白くないのだ。かわいいだけ。薬丸の奥さんに見える時がある。(石川秀美?)
ゆきりんはどうもあのウィンクが私はだめなのだが。
まあ、みんな、どこか素人臭くて、個性があって、人によっては受け付けない部分を持ちながらもそれを個性としている。だからいいのだろう。万人受けよりもコアなファンを持つことが重要なのだ。

さて、指原だが、どこか何か持っているのを感じる。もうあまり周りを気にしないほうがいい。出すぎた釘は打たれないよ。秋元が言っていた「もっと悪になっていい」という意味は理解できる。HKTの中に順応しようとするあまり自分を殺してしまったらダメなのだ。これからはもっと自分を高めていって欲しい。HKTで埋もれる玉じゃない。AKBを引っ張っていく人だ。もちろん、多くの指原ヲタは彼女にそれ以上のものを求めているだろう。それを叶えてきた。いっしょに大人になっていく。成長していく。同化する喜びが得られる。
もう、誰もへたれを求めていないよ。福岡でそれをやっていてはダメ。
もはや君臨する力を発揮する時期に来ているよ。
AKBの枠を超えていく可能性を持っている。
これからは以前にも言ったが本当のプライドを持って自分を安売りしないで欲しい。下手をすると叩き売りされてしまうから。幸い、叩きまではいっていないので、そういう味を見せつつも別のところで勝負して欲しい。
英会話を勉強するも良し。各種の資格を取るも良し。タモリから見直されるくらいに自分を高めればいい。
知花くららがきれいに見えるのは何故か?知性は白痴美人を凌駕する。
[PR]
by worsyu | 2012-07-19 09:22 | 芸能ネタ | Comments(0)

ブーイングだろ

このへたれぶりには参ったね。
初めて試合途中で帰ったよ。
大体、高松先発で森島と並べて何考えてんの?なめすぎちゃうか?(確かに高松上手い、形を作っていた、でもねぇ・・・)

湘南は最初っから全力で飛ばしてきた。こんなに飛ばして大丈夫?くらい。それを受ける大分。余裕ぶっこいている場合か?
チェが使えない。全く駄目。早く代えろ!!
清水。そこは我慢しろ。走り出したら止まらない。我慢して先を読む練習。イメージトレーニングが必要。
というか、周りのDF陣があまりにも〇〇だから。しかたないか。信頼していない。お互いに。
下がるな下がるな。5バックで横並びでスッカスカじゃんか。スルー決められるぞ。
後半村井が入り、少し攻めだした。というか、湘南は攻める必要ないし。引いた感じ。でも点は取れず。
まさかね、カウンターは来るよ。そんなことはわかっているよね。
2対1なのに走りで負ける。あわてて清水が飛び出す。
浮かされてジエンド。
そりゃないわ。

何だろうね、やる気がないんだろうね。
途中、建て直すことができないくらい若いチームとも思えないし。チェを早めに見切っていれば・・・というか、無理だろうそのポジションじゃ。
宮沢ももう少し動けないかな。そこで潰さないとやりたい放題だよ。
阪田、土岐田のプレイの不安定さ。
DFはいつになったら安定するのか?
これでJ1狙うだあ?金くれだあ?
冗談だろ。
森島、石神はキレていたが、むしろ好感が持てた。彼らが意外に救いかも。
そんなに甘いもんじゃないよ。
楽して勝つなんて、そんな力ないし、このままじゃ10位内もおぼつかない。
何度も言っているが守備の意識が薄すぎる。
攻撃は最大の防御だ。それはそれでいい。しかし、守備は攻撃の起点でもある。スペース、位置、状況から選択するプレイは違う。しかし、まっとうな守備をしていればそんなに失点はしないはず。
つまりまともじゃないということだ。今の守備は。

久しぶりに両膝に手が落ちた、がっくりきた試合だった。

こんな試合だったが、コアサポは進化しているねえ。これに一体感がバックスタンド側の半分くらいまで広がればもっと違った状況になるだろうけどね。

選手たちを引っ張っていって欲しいね。

このへたれぶりには笑うしかないのかね。一瞬怒って後は笑うしかないか・・・明日があるなら笑えるのだが・・・
[PR]
by worsyu | 2012-07-16 09:41 | サッカー | Comments(0)

がんばれさしこ

大人のやることじゃない。
これが芸能界。人間の欲望の尽きせぬ思いの代弁者たる芸能誌。
指原をめぐる暴露記事、写真の数々を次から次へと出してくる。
何とも悲しい気持ちになる。
日本の社会全体が沈んだ気持ちになる。
誰が悪いのか?
犯人探しをしても仕方が無い。それを望んだのも大衆。
上げるだけ上げて落とす。とことん落とす。
魔女狩りに近い。「いじめ」といってもいい状態だ。
指原はよく耐えている。すごいと思う。
普通の19歳なら自殺しているだろう。
ブログの更新が滞り気味なのが気になる。
私は「がんばれ」という言葉は嫌いだが、こういう時こそ言いたい。
「がんばれ」
さしこは一旦死んだと思え。死んだんだから、後は皆のために生きればいい。
前回、私はファンのために「ささげろ」と言った。女を捨てろと言った。
つまり、自分の人生のある部分を捨てて、それでつかめるものがある。そこにすがるしかない。
いばらの道しかないよ。それでも前に進めばみんな拍手するよ。期待しているよ。
負けないで欲しい。バカみたいにそれでも前に進んでほしい。

大分トリニータは昔死んだよ。あの時死んだんだよ。それでも誰も諦めなかった。
今でも、皆が諦めたらそこで終わってしまう。クラブなんて無くなってしまう。でも、みんな信じているよ。愛があるから。
多くの誹謗中傷が飛び交ったよ。
「潰してしまえ!」
「金返せ!」
「乞食クラブ」
と言われても、自分たちの力でそうした風評は変えてみせる。時が経てば非難が賞賛に変わることをわれわれは知っている。
感謝の気持ちを忘れず、努力していけば、思いは届く。その姿を笑うものはいなくなる。

ここで諦めたら負けだよ。ひるんじゃだめだよ。笑われたっていいじゃないか。いつか見返してやればいい。笑われるって素晴らしいじゃないか。
胸を張って堂々とへらへらしていればいい。被害者ではあっても加害者ではない。
ファンを裏切ったという一点だけだ。それも裏切りとも言えないキャラゆえに生き残っている不思議な存在。だから芸能誌もさしはらとファンの気持ちを引き離さないと正当性が見出せないから必死である。

一寸先は闇。しかしその先には光が見えるだろう。

人間だもの。失敗はいっぱいする。若いときは尚更だ。でも、みんな、そこから大きく育つよ。失敗があるから人間大きくなる。

君を売った元彼はかわいそうな男だよ。彼は一生その負い目を背負って生きていかなければならないのだから。
君よりも今後苦しむことになるかもしれない。もし、まっとうな人間ならね。

指原はがんばっているよ。
がんばるべきなのは指ヲタやファンなのかも知れない。そこまでがんばって見返りはあるのか?甲斐があるのか?
愛があるならやれるよ。
「さしこじゃなきゃだめなんだ」って言えるならがんばれるよ。
前を向いて進もう。笑顔で。
[PR]
by worsyu | 2012-07-11 16:18 | 芸能ネタ | Comments(0)

横浜女がいないと面白くない

「博多よかばい食品」もちょっとマンネリ気味である。今回のコントも不完全燃焼だった。盛り上がりに欠けた。
やっぱり第3話あたりの天敵-横浜女が出てこないと面白くない。
あそこがとにかく面白かった。最高に。脚本家すげえと思う。じぇったい博多ん人たい。

先日、「マツコ&有吉の怒り新党」の番組の中で「巨人の星」のキャラの一人である左門豊作が取り上げられていた。
彼は熊本の阿蘇農林高校(もちろん架空の高校ですよ)出身である。
大体、設定が凄すぎるんだが、あれだけコテコテのスポ根漫画が受けたというのも時代でしょうね。皆、必死に前を向いて生きていたんだね。それは他の登場人物にもいえるわけだが・・・
熊本というと、こうした、煮ても焼いても食えない堅物イメージがある一方で、大酒食らい、下品、女癖が悪いという正反対のことが二律背反しているイメージがある。
最後に左門はあの京子さんと結婚するわけであるが、この、なんだろうか、バカが付くぐらいの押しの強さと恥ずかしながらも大声で自分の気持ちを吐く度胸のよさには感心させられる。まね出来ない押しの強さである。
このバカ正直な左門の愛を受け入れた京子さんもすごいね。

さすがに博多ん人はできん芸当だ。絶対けなす。
「何考えとんじゃこの女・・・」
「俺は騙されんけんね」
「博多ん女は男を建ててくれる。それが普通ばい」
とか何とか言ってしまうかも・・・・
まあ、男は基本的にバカなんだが・・・臆面もなくやれるというのは、やはりすごい。この辺のデリカシーのナサゲが微妙に九州度合いになってくる。鉄矢は少し熊本かぶれしているかな。でも、まあ、ぎりぎりセーフかも。もっと熊本はどぎついと思う・・・・・

とにかく、横浜の鼻持ちならん女が出てこんと面白くない。
この横浜、というのが重要。神戸だとちょっと弱いんだなあ。
東京だと広すぎる。東京よりも上という何だか知らない自信を持っている横浜じゃないと面白くないのだ。

続編を作るのなら、VS横浜女で作って欲しいなあ・・・・
これなら日本中の男が共感できるから・・・
[PR]
by worsyu | 2012-07-04 18:22 | ひまネタ | Comments(0)