「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

修羅場上等

まだまだ勝利の余韻が続いていると思われるトリサポ諸君へ。

改めて写真を見てみる。中でもダンマク、ゲーフラに想いの強さとセンスが見えて面白い。

何といっても、横断幕の「修羅場上等」が効いている。
これを作った人はエライ。というか、スゴイ。
ストレートに書いても面白くないし、ひねりすぎても面白くない。ダサくならないのは何故か?それは、真実があるからだ。本当に愛しているから、ひねる必要は無い。ちょっと洒落っ気を出せばいいだけ。嫌味にならない。

修羅場という言葉は、今では男女のイザコザ、三角関係の時などに使われる頻度が高くなり、最近では、ちょっとふざけた意味合いでも使われることが多くなった言葉だ。

上等は「喧嘩上等」「〇〇、上等じゃねえか・・」と喧嘩の買い言葉として使われる、江戸っ子の若い衆などの江戸時代の町民文化から出てきた下町言葉だ。

J2の3位を決める試合だったわけだが、Jリーグの思惑以上に盛り上がったのは、大分の存在が大きかった。
6位からの勝ち上がりというミラクル。消滅の危機にあるクラブが勝ち上がっていく姿に、弱者の希望を見る思いを重ねる人も多かったと思う。
これは天皇杯、ナビスコ杯(Jリーグカップ)とは訳が違う。ガチなんです。

一般のサッカーファンの心をつかんだのは、心からの言葉でありながら、どこかに余裕がある、遊び心。媚びていないところ。
大分とは縁やゆかりがなくても応援したくなる。好きになる。

「修羅場上等」私の今年一押しの言葉となった。

まあ、これからJ1で戦っていけば当然、風当たりも激しくなってくる。むしろ嫌いと言われることが多いであろう。少なくとも、以前のネットでは「消えて無くなれ派」が多かったのではないか?

私も多くの人々から罵倒され、非難された。

しかし、私は言った。「誹謗、中傷、暴言当たり前からやがて賞賛の声に変わるだろう」と。そして、「愛があれば絶対に潰れることはない」とも。怖いのは無関心になること。

大分トリニータという一粒の種が撒かれ、芽が出、そして死んで、さらに多くの想いが集まり、豊かに実をつけるがごとく・・・

全国のトリサポのみなさん。これからが本当の戦いです。伝説のクラブになります。伝説をこれから作り上げるんです。サポーターの力で。

100年後も愛され続けるクラブを目指して。全国にトリサポの輪を広げていきましょう。

いつの日か、加藤の巨大フラッグがスタジアムを青く染める時を夢見て。

夢は必ず叶う。その夢を見る勇気を捨てないかぎり。


PS.指原女史にも感謝しなくてはならんだろう。応援ありがとう。これからもよろしく。
[PR]
by worsyu | 2012-11-30 13:21 | 地域ネタ | Comments(0)

修羅場上等

まだまだ勝利の余韻が続いていると思われるトリサポ諸君へ。

改めて写真を見てみる。中でもダンマク、ゲーフラに想いの強さとセンスが見えて面白い。

何といっても、横断幕の「修羅場上等」が効いている。
これを作った人はエライ。というか、スゴイ。
ストレートに書いても面白くないし、ひねりすぎても面白くない。ダサくならないのは何故か?それは、真実があるからだ。本当に愛しているから、ひねる必要は無い。ちょっと洒落っ気を出せばいいだけ。嫌味にならない。

修羅場という言葉は、今では男女のイザコザ、三角関係の時などに使われる頻度が高くなり、最近では、ちょっとふざけた意味合いでも使われることが多くなった言葉だ。

上等は「喧嘩上等」「〇〇、上等じゃねえか・・」と喧嘩の買い言葉として使われる、江戸っ子の若い衆などの江戸時代の町民文化から出てきた下町言葉だ。

J2の3位を決める試合だったわけだが、Jリーグの思惑以上に盛り上がったのは、大分の存在が大きかった。
6位からの勝ち上がりというミラクル。消滅の危機にあるクラブが勝ち上がっていく姿に、弱者の希望を見る思いを重ねる人も多かったと思う。
これは天皇杯、ナビスコ杯(Jリーグカップ)とは訳が違う。ガチなんです。

一般のサッカーファンの心をつかんだのは、心からの言葉でありながら、どこかに余裕がある、遊び心。媚びていないところ。
大分とは縁やゆかりがなくても応援したくなる。好きになる。

「修羅場上等」私の今年一押しの言葉となった。

まあ、これからJ1で戦っていけば当然、風当たりも激しくなってくる。むしろ嫌いと言われることが多いであろう。少なくとも、以前のネットでは「消えて無くなれ派」が多かったのではないか?

私も多くの人々から罵倒され、非難された。

しかし、私は言った。「誹謗、中傷、暴言当たり前からやがて賞賛の声に変わるだろう」と。そして、「愛があれば絶対に潰れることはない」とも。怖いのは無関心になること。

大分トリニータという一粒の種が撒かれ、芽が出、そして死んで、さらに多くの想いが集まり、豊かに実をつけるがごとく・・・

全国のトリサポのみなさん。これからが本当の戦いです。伝説のクラブになります。伝説をこれから作り上げるんです。サポーターの力で。

100年後も愛され続けるクラブを目指して。全国にトリサポの輪を広げていきましょう。

いつの日か、加藤の巨大フラッグがスタジアムを青く染める時を夢見て。

夢は必ず叶う。その夢を見る勇気を捨てないかぎり。


PS.指原にも感謝しなくてはならんだろう。応援ありがとう。これからもよろしく。
[PR]
by worsyu | 2012-11-30 13:21 | 地域ネタ | Comments(0)

2012年11月23日J1昇格プレイオフ決勝戦3

千葉の方から見たらこの瞬間だけ。わずか数秒の間。しかし、ここにいたるまでにはこの試合だけでも多くの伏線がある。そして、ここに至る両チームの経過があり、また、月日があり、歴史がある。

さて、試合はこれで終わりではない。残り時間5分。アディショナルタイム(ロスタイム)もある。
ここからどう戦うか。
本当の戦いはここからだ。逃げたら負けだ。隙を見せたら負ける。
緊張の中で刻々と時間が過ぎていく。解説の小嶋氏は「千葉は落ち着いている」と言っていたが、われわれにはあわてているのがよくわかった。
そして、西村の笛が鳴る。最初は、西村じゃだめかな?なんて思ったが、最後は西村でよかったと思える試合だった。やはり、西村は名審判だ、と思わせた試合だった。

三平のライン際の持ち上がり。よくがんばりました。怪我をしているのに。
最終ラインを統率した阪田。ここ数試合で随分成長したように見える。落ち着いていたと思うよ。
安川。一番がんばったのではないか?ぎりぎりのクリアに何度も救われた。守備はこういった修羅場を潜り抜けて成長していくんだね。足は最後まで止まっていなかったよ。
丸谷。もう一皮向けたらいいのに、と思う場面もあったが、積極的球にからんでいたし、GKへの関与もイエローにはなったが、挑発に乗らず冷静だった。あれでGKの集中力も緩んだ気もする。
宮沢はキャプテンである。主に守備陣と中盤との連携で安定性を保った。
村井は最前線に絡んでいた。攻撃に積極的に参加していた。気持ちのこもったプレイは皆を勇気付けた。
チェは最近いい仕事をしている。サイドを走りこみ。起点となっていた。守備にも果敢に戻ってゴールラインまで追いかけていた。運動量はすごいし、最後まで精度を持ってプレイしていた。

森島。とうとうやった。男になった。点は取れなかったが、仕事をしたよ。勝利に貢献したし、攻撃の中心として、日本を代表する大型FWとしての存在を改めて印象付けた。あまり調子に乗って吹かないように。口が軽いのが玉に傷。成長したのを感じた。

林。あの場面、たとえば途中から入った他の選手だったらどうだろうか、と考えてみる。どうなったかわからない。決まったかもしれないし、外したかもしれない。でも、あの場面で絶妙なタッチができたのは驚異的だ。下は雨で濡れているのに。普段からやっていないとできない。しかも瞬時にループを選択した。カズのループもきれいだったが、われわれトリサポにとっては永遠に忘れられない映像として残るだろう。
加入してきた林に対して冗談半分なのだろうが言った人は、今からでも遅くはない、謝って欲しいね。でもね、わかって欲しいんだけど、大分の人って割りとデリカシー無い人が多い。悪気は全然無いんだよ。林選手は多分それもわかっていると思うけど。
ああして全国放映で言われるとこちらもちょっと心が痛むね。

このプレイ、この1点を取るために居たわけではない。来シーズン、もし大分に居るのなら、もっと活躍して欲しい。トリサポはそれを望んでいるだろう。
[PR]
by worsyu | 2012-11-24 15:33 | サッカー | Comments(0)

2012年11月23日J1昇格プレイオフ決勝戦2

京都にしろ、千葉にしろ、経験豊かな選手が揃い、パス回しで翻弄されることが多かった。しかし、勝った。まさに、上手い奴が勝つのではなく強い奴が勝つという、トーナメント特有の状況で精神力の戦いが展開されたと言っていいと思う。

試合の入り方はそれなりに考えていたのだろうか、最初は悪くなかったと思う。しかし、細かなミスが続き、そこを突かれて押し込まれた。最後はGK丹野のファインセーブで凌ぐ場面も。今回に限らず、丹野には何度も助けられた。落ち着いている。無理な飛び出しがない。冷静に対応していたし、きわどいコースも体が反応し、失点を防いでくれた最大の功労者である。

目立ったプレイヤーは土岐田だろうか?何度もミスをしピンチを呼び込んだ。京都戦ではよく機能したのだが、今回の千葉戦ではあまりよくなかった。

前半を0-0で終えたことはやはり大分にとっては良かったと言える。あれだけ押し込まれ、防戦一方になったわけだが、カウンターで何度か攻め入ることもでき、決定機も作れた。私も戦前から、辛抱の時間が続くと見ていたので、これは大分の流れかなと思った。失点しなかったことは大きい。

後半に入っても攻守拮抗した状況は続く。そうした中で大分はよりプレスを強め、千葉の攻撃の芽を体を張って防ごうとする。結果イエローカードを貰うこととなったが。試合の経過とともに選手たちの疲労度も増してくる。どちらが疲れていたか?それは千葉の方だと思う。

大分は攻撃のカードを切る。
まず、木島に代えて林。木島はよく走った。点には繋がらなかったが最終ラインを攻めていた。これがボディブローのように千葉DFに効いていたのは確かだ。

三平と谷澤がやり合う場面が続いた。三平はプレイオフになり、献身的に守備をするのが目立った。バランスを取ってチームに貢献していた。
その三平だが、ついに谷澤のエルボーに掛かってしまう。大量の出血。あれは谷澤にやられたな。
しかし、この出血あたりから谷澤の個人プレイが目立つようになった。それは、その前に森島が惜しいシュートを見せ、また丸谷のイエローが出たがあわやというところまで行ったこと。そして、安川がペナルティエリア間際で止めたイエローで凌いだことで、試合が動きそうになったことを感じたからだろう。谷澤の個人の力でこの試合を何とかしようとする空気が生まれた。周りもそれを望み、頼るような空気が出てきた。
後半も残り時間が少なくなり、引き分けも考えられる時間帯に差し掛かる。

その後、プレイが激しくなる中で先ほどの三平が負傷する。高松が準備していたが、交代するのは、前半からプレイが雑だった土岐田だった。
これで3トップとなり、より攻撃的になったし、ポストプレイからのこぼれ球も狙える状況もできた。
時間は残り5分となり、千葉は一瞬、緩むことになる。それは、谷澤が左サイドで攻めずに時間を稼ぐ動きをした時だ。それをチェックし、ボールが出た瞬間。千葉で選手が交代する。その入れ替え時に、千葉の足が止まり、選手を待つ空気が生まれた。それは谷澤が呼び込んだ空気であり、その隙はほんのちょっと、ささいな間だったのかもしれないが、緊張の糸がほんの少し緩んだのだ。
ボールは大分の安川から森島に渡り、森島は後ろ向きでボレーパスで最前線の林に渡す。林は裏を取るタイミングが絶妙である。そして、GKと1対1となり、あの芸術的なループシュートを決めて見せたのだ。
[PR]
by worsyu | 2012-11-24 12:21 | サッカー | Comments(0)

2012年11月23日J1昇格プレイオフ決勝戦1

今回の戦いは大分トリニータの歴史に、いや、Jリーグの歴史に残る名試合となる。
この試合は何度も語り継がれることになる。いくら語っても語りつくせることはないでしょう。それくらいトリサポの中では想いはいっぱいある。
名勝負と言える。死闘と呼ぶにふさわしい。

試合前から結構ヒートアップしていた。
このJ1への昇格プレイオフは今年から始められた。引き分けならば上位のチームが勝利するというアドバンテージがあった。
大分は6位、千葉は5位である。
お互いに上位チームを4-0で倒して決勝に臨んだわけだが、千葉の方にアドバンテージは付いていた。

スポーツ誌上を賑わせたのは千葉の方だった。関東チームということもあり、容易に情報が漏れる。敢えて試合前にこのことは言わなかったが、次期監督問題でロンドン五輪の代表監督である関塚氏と交渉中という話がクラブ関係者からリークされたというわけだ。それから、選手たちには勝利給として倍額の提示があったとか・・・
まさに飴と鞭でクラブ側は決戦前にできる限りのことをした形となったわけだが、これが良かったのか悪かったのか、結果から言えばあまり良くなかったのではないか?とも思える。
私も含め、多くのブログを持つトリサポはこれらの報道に対し、敢えて無視した、と思う。それは選手たちに対して無駄な考えを持たすことになり、集中できない環境を与えてしまうことを恐れたからだ。

過去の対戦において千葉との対戦成績は悪い。なぜ悪いのか?それは私の中では解決している。走り負けていたからだ。だから負けていた。しかし、今年からは違う。それはみなさんご存知の通り、大分は走るチームに変わったからだ。最後まで走る。落ちないチームに変わったからだ。それは、千葉そのものも変化して昔の千葉ではなくなったということも言える。走らなくなった千葉。後半にバテる千葉ということだ。
私は千葉は今後大分に対し苦手意識を持つだろうと言ったが、それはそういうことなのだ。
[PR]
by worsyu | 2012-11-24 11:17 | サッカー | Comments(0)

おめでとう

トリサポのみんなおめでとう!
優勝したわけではないのに、こんなドラマチックな瞬間になるとは・・・
歓喜、そして感涙。
ありがとう。
トリサポ、大分県民、その他関係するすべての人たちに感謝したい。

考えてみると、2年前、城島遊園地での感謝祭でおじいさんが「みんなで募金して資金を集めよう」と呼びかけた。
あの一言が、トリサポのじいさんの口から出てきて、それが、形を変えて今回の昇格募金につながったのだと思う。

ラブトリニータ。

この精神をもう一度胸に刻み込みたい。
[PR]
by worsyu | 2012-11-23 15:17 | サッカー | Comments(0)

神宮の森に歓声が轟く

飛行機で駆けつけたトリサポ、新幹線で駆けつけたトリサポ、電車を乗り継いで来たトリサポ、車を飛ばして駆けつけたトリサポ。
国立の空は灰色だろうか?
大分で待機しているトリサポ、仕事で見ることができないトリサポ。
不安と期待ともどかしさが入り混じる時間を過ごしているだろうか?

前と同じことしか言えないが、監督と選手とトリサポと考えていることはいっしょ。熱い気持ちを持ち、でも冷静に、積極的に仕掛け、走り。でも余裕をどこかに持ち、最後の最後まで戦い続ける。

「背負っているものが違う・・・」

その言葉が聞けて何だかほっとした気分。ありがとう。一緒に戦おう。

神様が抱えた2点。そのうちの1点はまだ抱えてくれていると思う。
でも、自分たち、いや、みんなの力でもう1点は取ってくれ。
[PR]
by worsyu | 2012-11-23 11:32 | サッカー | Comments(0)

阿部華也子

阿部華也子を見てきた。たまたま立ち寄ったイベントだったが。
以前から写真などでは早くから知っていたのだが、実際に見てみるとこれは美形である。しかも、足がきれい。さすがはモデルである。

鈴木杏樹に似ている。どういった方向に行くのだろうか?育てる方は大変だ。
繰り返しになるが、足はきれい。スタイルがいいのでモデルは当然イケル。国内市場のみだったらこれくらいの身長で十分だろう。歌もそこそこうまい。愛嬌はある。頭も良さそうだ。きちんとした礼儀作法もできている。

これだけ揃っていても、何か絶対誰にも負けないものとチャンスがなければメジャーデビューの手前で消えてしまう。デビューしても売り方によっては泣かず飛ばずで終わってしまうこともある。
オスカーでもありかな?と思うのだが・・・今ひとつかも・・・微妙・・・。

写真で見るとちょっと大人びて見える。目、鼻が大きい。顎が尖っている。口は唇は薄い。でも大きい。上品な口だ。大きすぎると美人にはなるが、日本的なかわいさは消えてしまう。この子も遠めで見るとすごい美形なのだが、近視眼的に見るとそうでもない。外人にありがちな荒い部分が見えてくる。魔女的な美しさがある。つまり、若い時はいいのだが、歳を重ねるにつれ意地悪く見えてしまうきらいがあるのだ。

SPATIOのメンバーでは後藤亜美もなかなかいける。努力しているのがよく見える。容姿はそれほどでもないのだが、どうかするとかわいく見える。これが通にはたまらないのかもしれない。踊りは一番上手い。

SPATIOは今度、北九州(小倉)で公演をやるらしい。アイドル祭りみたいなやつに参加するらしい。「アイドル横丁祭 in小倉
5人とも個性(特色)があるので、その売りを出せばいいのになあと思うよ。ルーマニアの話や湯布院の話、かやはオーディションの話やモデルとしての経験談やら、いろいろあるはずなのに。振られたら答えられるネタとして用意しておいた方がいいだろう。他のアイドルグループ(勘違いぶりっこアイドル)との差別化だ。


PS.かやっちは大学に行きながらできる範囲で芸能活動をしていく方がいいのではないか?とも思うのですがねえ。無理しない方が価値が出る。人間としての魅力、価値を高めることの方が大切だ。今はネットが普及しているから本当にいいものは地方に居ても発信できるよ。
[PR]
by worsyu | 2012-11-19 18:28 | 地域ネタ | Comments(0)

決戦は金曜日

京都戦はみんなよく戦いました。力を出し切ったね。大体想定していた流れだったね。
勝因は、みんなのやる気だろう。
しかし、まあ、最初はガチガチ。これは修正しないとね。
1点目。FK。森島。狙うのはあそこしかないだろう。カーブを掛けて見事なシュートだ。球筋も見事だった。GKはあそこはケアするべきだろう。ヤマを掛けないと取れないかもしれないが。ニアで合わせるなんて芸当は森島にはできないよ。
2点目。これが今年の森島の成長しているところ。その前の崩しとジョンファンの走りこみは見事だったけどね。
3点目。これを取って試合は決まってしまった。レッドが出たが、厳しい判定だったね。状況としてレッドとしたのだろうか?逆の立場だったら怒るだろうね。木島は、これに限らずよく走った。
4点目。これはもう、おまけなんだが、やはり交代した選手が走り勝った結果、森島に繋がったということだろう。
木島と森島、チェのコンビが上手く機能している。中盤も永芳、三平、丸谷が攻守に懸命に走り、チェックにも行っていた。土岐田も動いていたねえ。阪田、安川も徐々に安定感が出てきたかな。時々怖いことするが・・・
GKの丹野は乗ってるね。安定感がある。浮ついていない。集中しているのが見える。

さて、23日は決戦の国立競技場。千葉戦だ。予想通り相手は千葉となった。みんなそうなると思っていたのではないか?
以前にも書いたが、「京都、千葉を倒さない限りJ1はない」ということだ。

今の大分は昔の大分ではない。千葉も昔の千葉ではない。特に大分は走る。後半バテることもなくなった。前線からプレスをかけてくる。裏を狙う。サイドを切り裂く。クロスに対して積極的に人数を掛ける。より攻撃的なチームとなった。

千葉戦は、京都戦で見せた試合の入り方ではやられてしまうだろう。接戦が予想される。辛抱する時間帯が続くことが予想される。そうした中で、勝負を分けるポイントはもちろん先制点になるわけだが、これが決勝点になる可能性もある中で、どこまで責め続けられるか?意識が守りに入ったらやられるだろう。
お互いにサイドの裏のスペースをどう突くか。そして、守備ではシュートコースを消すことを第一に。とにかく走り勝つこと。そして、GKへの負担をできるだけ少なくしてやること。勝たねば負けるわけだ。どこまでも冷静に。なかなか点が取れなくてもあせったら終わりだ。千葉は逃げに掛かるだろう。
後は、楽しもう。楽しんだ方が勝ちだ。千葉へのプレッシャーはトリサポの笑いに掛かっている。ラテンの血が騒ぐ?・・・
[PR]
by worsyu | 2012-11-19 14:39 | サッカー | Comments(0)

神様が抱え込んだ2点

J1昇格残り1席を争う戦いが始まる。まずは京都戦である。
監督も選手もわれわれサポもほとんど同じ想い、考えを共有している。
京都は引き分けでも次に進める。大分は勝たなければ次に進めない。このことから、京都は最初は慎重に入ってくると思われる。そこに隙が生まれる。
大分は最初から前線でプレスを掛ける。中盤も同じだ。サイドは裏を取られないようにケアしながら。そして、ショートカウンターを狙う。当然のことだが、京都もそれを想定している。裏を取られないようにラインを高く保てない。
無理に仕掛けて体力を消耗するのは得策ではない。京都はミスをする。それが来るまで力を温存する。そして、その時に冷静に着実に決めることをすればいい。そのためにイメージトレーニングをすること。そして、周りを見ること。瞬時の判断で状況が一変する。

先取点は重要である。まずは先取点だ。どちらかが1点を取る。これで試合が動き出す。
1-0というアドバンテージを得たならば、試合を優位に進める努力をしなければならない。攻撃は最大の防御だ。いろんな攻撃をすることによって、相手に攻撃と守備のバランスがくずれる。一番大切なことは流れを自分たちの方に持ってきて保つことだ。それができれば試合を優位に進めることができるはず。逆に先取点を取られても、千葉戦を思い出し、走ることを忘れず、自分たちの流れに持っていけばいいのだ。

京都の方がプレッシャーがあるはずだ。引き分けでもいいという条件は、当然、早く先取点を得て、逃げの態勢に入りたいだろう。そこには、いつもと違う戦い方をし、精神的な疲労が伴う。
大分はベストのメンバーでベストのパフォーマンスをして勝つだけだ。不安定な要素を排除し、効率的に攻撃をする。
松本戦で2点入らなかったが、あれは決戦用にサッカーの神様が抱え込んでくれているものと思いたい。
[PR]
by worsyu | 2012-11-17 10:04 | サッカー | Comments(0)