「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本物の瑞鶏像

新しくなった大分駅。その駅構内にニワトリ像がシンボルとなって鎮座している。
いろんな講釈をたれていかにも大分市にはこのニワトリがふさわしいと言うのだが・・・
この像、「ぶんぶん鳥」というらしい?製作者は、籔内 佐斗司(やぶうち さとし)という方で、芸大の大学院の教授らしい。代表作はあの問題になった「せんとくん」である。
奈良と大分とは古(いにしえ)の昔は歴史的に妙なつながりのある地域なのだが。

このニワトリ像、どこかで見たような記憶がある。
朝地の朝倉文夫記念館に展示されているツガイのにわとり像に酷似しているのだ。もちろん、朝倉文夫の作った彫塑の方が数段味わい深い。芸術性も高い。

パクリか?
薮内氏制作と言われる「ぶんぶん鳥像」は、まるで院生にでも作らせたかのような精緻ではあるが何の味わいも無いつまらないものだ。重さを感じない。
いくら払ったのか知らないが、JR九州が勝手にやったことなんだから仕方ない。
ありがたがっているのはJR九州なんだからどうでもいい。
我々は笑って見ていればいい。
本物の芸術品を見たいなら、朝倉記念館まで足を運べばいい。瑞鶏雄、瑞鶏雌が展示されている。昭和37年制作である。竹くしの線が絶妙で、温かみがある。
ぜひ、見比べて欲しいものだ。
[PR]
by worsyu | 2013-01-18 17:18 | 地域ネタ | Comments(0)

渡辺典子の復活を望む

最近、いや、ずっと前から気になっている人がいる。
渡辺典子である。
数年前に昼のドラマでたまたま見た。白髪交じりの女性の役をやっていた。主演ではもちろんないが、演技は前よりも上手くなった気がした。もともときれいな人なので年をとってもやっぱりきれいだった。端役ではあっても、その存在感は際立っている。何と言ったって5万人の中から選ばれた人であるから、いくら歳を取ろうとも普通ではない。いくら抑えようとしてもそのきれいさで目立ってしまう。
アイドルとしては少し大人すぎたのかもしれないし、かわいらしさに欠ける部分もあっただろう。女優としてのオーディションだったので選ばれたというのもある。弾けるような若さがなかったか。
でも、歳を重ね、人生の苦難を経験した顔はなかなか味わい深いものがある。
女優として役者として彼女に何らかのステージが与えられることを望まないではいられない。
この芸能界に何とかしがみついていれば、いつでも、何度でもチャンスは巡ってくる。きっかけさえあれば、再びメインステージに上がることもありうる。
好奇の目にさらされようと、自分を強く持っていれば必ず輝ける。
影の部分が大きいほど光が際立つ。女優としての深みが増す。

復活して欲しい人である。
[PR]
by worsyu | 2013-01-17 15:29 | 芸能ネタ | Comments(0)

パンドラの箱を開けてしまった

円安だ株高だと喜んでいる人がいる。
しかし、これは、私が以前から言っているように、円が安全通貨、安全資産から投機の対象になったということでしかない。その引き金をひいてしまった。パンドラの箱を開けてしまったのだ。
円売りドル買いが続くだろう。
現在は88円台だが、日本の国債の金利が上昇し始めれば一気に信用不安が広がり、円は対ドルで200円ぐらいではなく、300円、400円にまで上がるかもしれない。そうなれば、市民生活は大混乱する。物が市場から消えるだろう。待てばもっと高くなるからだ。1973年に発生した狂乱物価(20%以上のインフレ)以上の出来事になるはずだ。
日本経済は国債の信用でかろうじて成り立っているだけだ。その国債を際限なく空手形として紙幣(日本銀行券)を印刷し続ければ、いつかはバブルが弾ける。
円安と株高はイコールではない。どこかで株が下がり始める。円が異常な速さで安くなり始めるはずだ。
世界中のトレーダーたちは日本崩壊を既定路線として定め、それがいつなのかを注意深く見ている。特にヘッジファンドは集中して資金を投入してくるから、日本政府でもかなわないだろう。
1000万円以下なら保証されているという考えをしている人たちも、銀行が全て閉まってしまえばその保証すらされない。楽して儲けようとする日本人の総意が現政権を実現させたのであって、これは戦前と同じだ。(たとえ、前政権であっても3年持ったかどうか。それが縮まっただけだとも言えるが。遅かれ早かれ破滅は来る。どさくさにまぎれて変なことはしないで欲しいが・・・)
形は変わったが金解禁と同じ事をやっている。国民の財産の多くを海外に安価に売りさばくことになる。
金本位固定相場制の時は交換を保証したことで国内の金がほとんど海外へ流出してしまったのだ。金そのもが価値あるものだったからだ。信用が崩壊した社会では金だけが通貨としての価値を持つからだ。現在は変動相場制なので円が安い比率で海外へ流出することになる。もちろん、円そのものの価値を強制的に安くすること(つまり、原価は高いのに安く売るということ。大バーゲンをやっている状態。簡単に言えばトキハが蔵出しで高級品を投売りで安く売りさばいている状態なのだ。普通、閉店か?と思うだろう。これを見て景気良くていいねとは言わない。倒産することがわかっているからだ。)で、交換することで差益が稼げるわけだ。
今やっていることは最後っ屁のようなもの。破産する前にオートポリスを作った鶴巻さんのようなものだ。最後は中国が買い取ってくれるとでも言うのか?・・・

これから起きることを目を背けないで見ていて欲しい。日本人の業が生んだ破滅への道筋を。
そして、国は破産しても個人の資産は守ることができるということも考えて欲しいね。

そうしたどさくさにまぎれて大分トリニータが躍進する芽があるというのも事実だ。
[PR]
by worsyu | 2013-01-16 12:03 | 時事ネタ | Comments(0)

青い旭日旗

年が明けました。皆様にとって2013年がより良い年でありますように。


桂文治の落語はあまり好きではない。というか、嫌いだ。でも、大分なのでがんばって欲しい。
目指す方向は4代目の三遊亭金馬だと思うのだが?無理かな?(今のままだと林家っぽいものになってしまいそう?そりゃないか。)
声の質から行けば金馬の方が近い。しかし、この域に達するにはちょっと悪戯っぽい面も必要。そういう洒落っ気というか、サマーズの三村のような面が必要なのだがねえ・・方向性がはまれば化けるかも知れないね。個人的には金馬の芸風の噺を継承してくれる人が出てきて欲しいけどね。何ていうかなあ、悪戯っぽいところはあるんだが、どこか真面目で小心者っぽいところがあってねえ。まあ、これからだね。中堅としてうまいこと若い衆や落語ファンをまとめることができているから今回の襲名となったんだろうけどね。

トヨタの新型クラウンのデザインが嫌いだ。何だか知らないけどダサイ。それがトヨタなる所以なんだけどね。オリジナリティがない。パクッてもいいけどセンスがない。毎度毎度のことながら。車はいいんだけどねえ。
この分野、工業デザイン系ではまだまだ日本は世界でトップを走れていないね。これに限らず高級分野ではやはり日本製品は見劣りする。昔のように安かろう悪かろうではない。悪くは無いが安くも無いが一番ではない。

一方、きゃりーぱみゅぱみゅに限らず、日本のPOPカルチャーはすごいと思うよ。クールジャパン戦略は確実に世界を侵食しているよ。多くのティーンを中心に成人も初老、老人も含め好きなこの文化。経済は落ち込んだが、昔のイギリスやアメリカがそうであったように、日本もこれからは文化輸出大国として世界に君臨するのは間違いない。
若者が定職に付かずこの文化に漬かっているのは決して悪いことでもない。そこから新たな文化が生まれてくるから。心配しないでいいよ。
なぜなら、一番目の肥えた消費者の子供たちが一番いいものを知っているし、作ることも出来るはずだから。

今の文化水準では東京オリンピックは寒いものになるだろうが、10年、20年後以降には、それなり熟成され、いいものができているはずだ。楽しみにしよう。

大分トリニータがJ1に上がる。来季は、あの青い旭日旗も見られるだろう。振っている方は、特別な考えもなくやられてるのではないかと推察する。あの青い旭日旗は、結構、インパクトがある。当時はそれほど気に留めるものではないし、多くのトリサポも別にどうってことないものとして、風景化していた。しかし、去年の終盤からはちょっと違った目で見られることになった。特に今年からは違うだろう。
青い旭日旗を振っている人っておそらく大分トリサポだけじゃなかろうか?青い旭日旗って、いいよね。個人的な感想、勝手な思い込みだけなんだが、好きだな。
どこかで売っていたらぜひ購入したい。車に付けてもいい。Tシャツにしてもいい。
青い旭日旗がトリサポの代名詞になるといいね。っていうか、早くやったもん勝ち。他の誰かがやったらパクリになる。他サポは真似られない。
あれ振っている人、作った人、先見の明があるよ。

そんでもって、トリサポがこの青い旭日デザインのものを持ち始めたら、面白いことになるだろうね。(ちなみに「トリサポ」って言い方を広めたのは自分だって自負、結構あるんですけど・・・ね。でも、この前、鳥取のサポーターも同じ言い方で書かれていたのを見てびっくりしちゃいました。それなら、鳥栖はどうなんだろうってことにもなるけどね。やっぱりトリサポは大分ですよね。皆さん!!)
[PR]
by worsyu | 2013-01-05 16:43 | ひまネタ | Comments(1)