「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雨あがる-剣の達人

「雨あがる」という映画がある。黒澤明脚本である。死後、映画化された。よくできている。質が高い。丁寧に作っている。細かいところまで神経が行き届いている。映画のタッチが本当に黒澤が撮ったみたいで、ファンとしてはうれしくなってしまうだろう。
主人公は、剣術に優れてはいるが仕官できないまま旅から旅に流れている浪人。物腰柔らかで争いごとが嫌い。どちらかというとへぼ侍の様相。
寺尾聡(てらおあきら)が演じている。一緒に旅をしているのは、わが郷土に縁ある宮崎美子。賢妻を好演している。

あらすじを細かく言うつもりはないのだが・・・。その中のエピソードが面白かったので。寺尾が演じる伊兵衛の剣について考えさせられた。
彼は江戸に出て、名だたる道場の門をくぐり、そこで、師範と手合わせをする。間合いを計りながら、打ち合う前にタイミングを見て、「参った」と自分から負けを認めてしまう。勝った方は、悪い気はしない。後でいくばくかの金を貰うというわけだ。
ある時、高名な道場で仲代達矢演じる辻月丹という剣豪と手合わせをすることになる。伊兵衛は、当然、勝つつもりなどない。いつものようにタイミングを待っていたら、逆に「参った」と辻先生の方から先に負けを言われてしまう。
その後、「あなたには隙がなかった。勝ちたいとか、こうしてやろうとか考えていると、どこかに隙ができる。しかし、あなたにはそれがなかった。だから、私が負けることを認めたわけだ」と言われる。その後、伊兵衛は先生に付いて剣術を学び、免許皆伝を得る。

伊兵衛はその後、殿様に気に入られ、御前試合をすることとなる。彼は相手の太刀筋を見極め、かわし続け、隙を見て間合いを詰め急所を寸止めする。
痛快である。

長々と引用してきた。実際は、なかなか、こうはいかないものだが、以前のトリニータはこれに近い戦いぶりだったことを思い出したのだ。横浜マリノスにも近いものを感じる。

勝ちたい。点を入れたい。押し込みたい。そういう気持ちはもちろん大事だが、勝負に勝つということは、局面局面の勝負だけではない。流れがある。凌ぐ場面は凌ぐ。相手の隙を見つけて電光石火の速さで決める。

勝ちたいだとか、負けるのが怖いとか、人間のそういう気持ちを強く持つことは、心が乱れてしまうことになる。冷静な判断が出来なくなる。

サッカーとは、意外に剣術に似ている。
つまり、相手に隙ができ、そこをうまく付けたら点が入る。隙が出来なければ失点しない。隙を作らず、猛攻撃をかわす術を身につけたら、簡単に負けないだろう。
そして、勝つためには、点を入れるためには、相手を崩し、隙を見つけ、そこを効果的に高い確率でしとめる方法を見つける。

もう、J1の速さはわかっただろう。ここから、闇雲にがむしゃらに攻撃的に行ったら全く勝てないだろう。
まず、守備。隙をなくす。穴をふさぐ。もちろん、心の隙もなくす。

勝つか負けるかは、その時の相手とのバランスだ。無欲でやれば必ず好転する。
最終盤に向けて力をコントロールし、勝負に徹せよ。


「雨あがる」はとてもよくできた日本映画である。惜しむらくはラスト。やっぱり、殿様が来て、歓談するシーンをロングでいいから欲しかったかな・・・
[PR]
by worsyu | 2013-04-30 12:20 | サッカー | Comments(0)

かすかな光

ナビスコ杯予選ではあるが、ホームでFC東京と引き分けという結果は、一歩前進と言えるのではないか?

引き分けで喜んでいるようじゃだめなんだが、失点0に抑えたという点でDF陣に対しては評価できるだろう。

GKは丹野に戻した。正解だ。
3バックの阪田、若狭、安川。
そして、今回はサイドに松原とチェ・ジョンハン。この両サイドの2人がどれだけ上下に動けるかでこのシステムが機能するかしないかが決まる。そういう意味ではよかったのではないか?

宮沢とマンシャ。この2人の息が合ってくれば、安定感が増す。宮沢がどこまで持つかという問題もあるが、現状では、バランスを保っている。木村や永芳や丸谷がもう少し使えればいいのだが・・・

FWは村井と小松、林の熟年コンビではあったが、ここのセットは迫力不足。森島、木島が出てきてようやく迫力が出た感じか。リーグ戦では、当然この組み合わせは逆になるわけで、トップ下に誰が来るかで本当の勝負が出来るようになる。
ここには、現状では松本玲だろう。次が村井。そして、故障中の為田。西はスピードと先を読む目を持たないと使いづらい。

2トップは、森島、木島。サブに高松、林。

後は試合の流れをつかみ、コントロールし、勝負どころのポイントをしっかり集中して戦えれば、勝利が転がってくるだろう。
努力を惜しむな。冷静になれ。
集中しよう。集中!集中!声出して行こう!セットプレイは特に「集中!」の声出しを徹底!!!!!

点入れて喜ぶのは勝つまで辞めて欲しい。「シーッ」でいいではないか。

まだ、光の筋は見えず、かすかに、かなたに光のようなものがおぼろげに見える。
たとえ勝ってもなぜ勝てたかわからないだろう。それでいいんだ。
勝つ理由なんてない。必然もない。ただ、負けるには負けるだけの理由があり、必然がある。
だから、何度も言う。状況判断を誤らないように冷静に。
DFがくだらんプレッシャーで堅くなるなんてのはやめてくれ。そのための練習だ。反復練習して精度を上げて欲しい。何度でも、何度でも。

まず、1勝。次はホームでの1勝。次は連勝。となる。
前半を終えた時点で勝点18は欲しいなあ。
前半残り10試合。4勝4分2敗。
そこまで勢いつけるにはサポーターの盛り上がりが必要。
勝ったらお祭り騒ぎくらいのヒートアップが必要か。それくらいやらないと選手のモチベーションは上がらないだろうね。
勘違いさせるくらいに燃え上がらないと、このリダッシュはできないよ。

そろそろビール飲みてえなあ~。酒、勝つまで飲まん!!って、別に飲まなくてもいいんだけどね。個人的には。
かなり溜まった。
[PR]
by worsyu | 2013-04-25 18:27 | サッカー | Comments(0)

山本潤子の歌声

山本潤子がコンサートを開いた。
これまでも何度か大分にも来ていたが、じっくりと聞く機会はなかった。
彼女の歌声は、これはもう奇跡に近い、癒しの歌声だ。
去年、由紀さおりが世界でアルバムが売れたと話題になったが、年代的にその次の歌い手であり、しかも、カリスマ性からしても、山本の方が上だろう。
今のうちに聞いた方がいい。誰もまだ気づかないうちに。
あと、10年もしたら、聞けないかもしれないから。

彼女はスタートからして華やかだった。アマチュア大会で優勝し、鳴り物入りでレコードデビューした。その大会にはオフコースの小田が2位であり、また、チューリップの財津も参加していたそうだ。
財津が小田を見て「負けた」と思い、小田が彼女ら「赤い鳥」を見て、すごいと思ったそうだが・・・その差を、彼らはその後しっかりと埋めていった。ものすごい高いレベルの凌ぎ合いである。
「翼をください」を世に出したことで、このグループはポピュラー音楽史に金字塔を建てたことになる。
我々はいつの日か、この歌を誰が歌っていたかを忘れてしまうかもしれない。しかし、そのたびに山本潤子の名前と「赤い鳥」が思い出されるだろう。何度でも。

グループとして非常に洗練され、完成された音楽を提供していたかに思えた「赤い鳥」もやがて内部分裂を起こす。人間関係もあったのかも知れない。2つのグループに分かれたわけだ。
彼女は当時は新居潤子であり、山本と結婚することで山本潤子となる。
ハイファイセットとして都会的なハーモニーを売りで荒井由実(松任谷由実-ユーミン)の曲を歌い、ユーミンの曲が世に広まることにもなった。
代表曲は「冷たい雨」だろう。
その後、カバー曲「フィーリング」もヒットさせ、和製ポップス界では随一の実力であることを知らしめた。

しかし、グループ内で大川が事件を起こしてしまう。窃盗罪で警察に捕まってしまうのだ。
これがきっかけでグループは解散。その後ソロデビュー。近年、いろんなユニットを組んで活動していたが、ようやく、一人で歌うようになったようだ。
個人的には、くくりとしてはフォークというのはあまりしっくりこない。もちろん歌謡曲でもない。
私は勝手に和製ポップシンガーという位置づけで見ている。
円熟期を迎え、今が一番味が出ている。

ここ大分でそれが聴けた。贅沢だねえ。
[PR]
by worsyu | 2013-04-24 14:59 | 芸能ネタ | Comments(0)

いっしょに目の前の勝利のために全力を尽くそう

まだ勝てない。
まず、これはリーグ戦である。そこで去年と同じやり方をしていたら、勝てるわけが無い。気長に若手育成をしながら、底上げをして、後半戦で1勝か2勝をすればいいという考えならそれでいい。
それじゃまずいだろ。
トリニータが昇格できたのは、リーグ戦ではなく、トーナメントだ。一発勝負の絶対絶命、断崖絶壁、まさに修羅場から這い上がってきたわけだ。
それを忘れちゃ困る。
普通に戦ったらJ26位のチームなんだよ。それでも、トリサポ、及び県民の熱い後押しを意気に感じ、選手らが死に物狂いで戦って勝ち取ったポジションだ。

GKは清水に代わった。しかし、清水は清水だった。1点目。一歩目を逆に動いた時点でアウトだ。
2点目は、何度かお目にかかったパターンだ。
やはり、清水じゃ無理だった。まだ、丹野の方が失点しても納得する。でもまあ、丹野にとってはいい薬、休養になったのではないか?頭を使ってプレイすることの重要さをもう一度叩き込んで欲しい。

さあ、次は勝とうぜ!
勝つためにやることはわかっているはずだ。それをやればいい。ベストメンバーを組んで、目の前の1勝のために全てを掛ける。集中力の差で相手を上回ればいいのだ。
結果は努力の分だけ現れる。勝利に原因はない。しかし、負けるには負けるだけの理由がある。いままで負け続けたのには原因がある。理由がある。それを取り除いてやればいい。
失点を少なくする。1-0で勝つ方法を模索するしか無いではないか。ツインタワーしてどうするんだ。攻撃力は増すが、その分、機動力が低くなる。バランスをとって戦わないと穴を突かれる。
1にも2にも守備だ。マンシャを前線に上げる必要はない。ポイントはボランチの危機察知力と対応力を強化することで失点は少なくなる。
無駄なファールをしない。GKが西川じゃないので(当たり前)際どいところは即失点に繋がる。J1のFKの精度は高い。壁の作り方にも問題がある。壁がブラインドになって球筋が見えていないではないか。
もう少し頭を使おうよ。
J1に長い間居たのにその経験が活かされていない。監督が代わり選手も代わったが、そうしたものは引き継がれるものだ。

一緒に戦おうぜ、勝利のために。集中しようよ。
これまでは仕方ない。負けた代償としてみんなが経験できた。ここからは違う。勝負していく。全力で戦う。
[PR]
by worsyu | 2013-04-22 10:27 | サッカー | Comments(0)

きじのいる風景

これはあまり大きな声では言いたくないのだが、大分川の草むらに雉(きじ)がいる。
朝方、時折、その鳴き声を聞くことがある。
知らない人はその音が何の鳴き声がわからないだろう。
去年の秋深い頃、私はその姿を見た。
緑色の艶深い羽と細い首。尾が長く、ピョンピョンと移動した。
雉(きじ)である。
大分川には何故だかわからないが、多くの鳥が群生している。時に、驚くばかりの鳴き声の合唱がある。
この人ごみから少し離れただけなのに、自然の恵みを感じる。よほど住み心地がいいのだろうか。

雉(きじ)は、まだ生息している。その鳴き声を聞くたびに、がんばれよと心でつぶやく。見つからないうちにもっと山奥へ行けばいいのに、とも思うが、却ってその方が危険かもしれない。
皆さんも暖かく見守ってやってほしい。

その声を聞くたびにとても贅沢な気分になる。ひばりやうぐいすもいいが雉の声は貴重だよ。
[PR]
by worsyu | 2013-04-17 14:26 | 地域ネタ | Comments(0)

10対3

鹿島戦は結構良かった。点の取り方はすばらしい。しかし、点の取られ方がまずい。10の力で取り、相手は3の力で点を取った感じだ。これは疲れる。しかし、これが現実だ。
なぜか?

1点目。シュートのタイミングを外してしまった。シュートコースを空けてしまうということは、わかっていないということだ。相手をもう少し研究しよう。わからなければ、基本に忠実に。相手よりも早くブロックを作ろう。
2点目。1点目もそうだが、丹野は、反応が遅れている。まず、ニアをケアするのは当たり前。もっと、ポジションを変えて相手の視線を読んだりする心理戦をしてもいいと思う。
3点目。集中していない。こぼれ球に一番早く体を投げ出してシュートコースをブロックしなければならない場面。体の切れだとかそういう問題ではない。だったら、試合に集中できていないということだ。あそこでこぼれ球に対して反応できないということが信じられない。

深谷が入って戦う気持ちが前面に出てきてよかったと思う。鹿島に対してここまで戦えたのは深谷の存在が大きい。最後は少しバテたかも・・・
マンシャも少しずつ周りとタイミングが合ってきたと感じる。宮沢が戻ってきてチーム全体のバランスが取れてきた気がした。

正直言って、木村と若狭、土岐田が抜けて、穴が少し小さくなった気がした。現状ではこのメンバーがベストかな。
ただ、丹野には少し失望した。硬い。読みもキャッチングもいい。しかし、反応が遅いのだ。このままじゃだめだ。決して清水の方がいいとは思わない。しかし、今の大分が勝ち点を取るにはGKの踏ん張りが無いとだめだろう。
西川と比べられたら酷だろうが、われわれはGKはああいうものだと思っている。今回の3失点の内1点は防げないか?パフォーマンスが落ちてきた気がする。おそらく多くのトリサポも感じているだろう。
もう、ベストメンバーで戦っていくしかないんだよ。
前半から10の力で行けば、最後は息切れしてしまう。鹿島は最初は3の力で、そして、試合の流れを見ながら、個人の力で点を重ね、最後は8くらいの力を出して逃げ切った。

大分は、いい勉強にはなっただろう。前半から10の力を出していけば最後はつぶれるよ。試合の流れを読みながら力をコントロールしていかないと、なかなか勝点は取れないだろう。

とくにDF陣は、これも何度も言っているが、100回やって100回失敗しない精度が必要。確実さを追求しないと。基本を何度も練習して失敗しないように。カバーリングも体が自然に動くまでやらないとそこから失点につながる。練習試合から失点しないことをテーマにやってみる。
試合前は相手チームの研究をもう少しやらないとだめだろう。攻撃パターンがあるわけで、それをケアすることは勿論のこと、破られた場合のケアも練習しておかないと駄目だろう。
1対1で対応できていても、イレギュラーの球に対して反応できなきゃだめだ。コンビとしてDFの精度を上げていくこと。声を出し続けること。苦しい時こそそれをやらなきゃ。

ジョンハン投入はわかるが、なぜ辻尾と変えないんだろうか?辻尾も微妙だった。
木島はいい味だした。自分の中ではやはり、森嶋と木島&高松と林の組み合わせの方がしっくり来るのだが。
PKを貰いにいった場面は、続けて欲しかった。もがいて欲しかった。昇格争いをした千葉戦で谷澤が逃げたように、あそこで木島は弱気になった。その反動で鹿島に流れが行った部分もある。
[PR]
by worsyu | 2013-04-14 02:35 | サッカー | Comments(0)