<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

US-2 活躍

評論家でありコメンテーターでもある辛坊氏と岩本氏が乗ったヨットが太平洋上で遭難。朝方に浸水。ポンプで排水を試みるも、効果なく、ヨットを放棄し、救命ボートに移る。
午前7時45分に救助を依頼。
救助に向かったのはUS-2(海上自衛隊海難救助飛行艇)である。
1機目は波が高くて着水できず。燃料切れのため引き返してしまう。おそらく、波は4メートル近くあったのだろう。US-2は3メートルまでは大丈夫となっている。
第2陣のUS-2は決行!午後6時14分に救助される。
これは世界に発信して欲しい。US-2はすごい。
インドに売るのがほぼ決まりそうなのだが、いい宣伝になっただろう。
実際、インドは海上の防衛線維持のために使うのだろうけど。海上の救難に使われたというニュースを広めることで、イメージとして定着する。

辛坊氏は「日本に生まれてよかった」と言ったが、果たして一般の人が海難事故に合っても助けてもらえるのだろうか?という疑問はある。それは、辛坊氏の父親が航空自衛隊員であったという点だ。だから、助けてくれたという面がある。そして、もちろん、US-2の宣伝のため有名人を救助する。その他いろんな考えがあっての救出劇であったと思われる。
このUS-2の機体は100億円をくだらない。しかも、エンジンを4基積んでいる。当然、燃料代も掛かる。全てのシステムを維持、管理するだけで莫大な人件費と費用が掛かっている。それらを支えているのは税金である。民間で運用するのはほぼ不可能な代物だ。だから、インドみたいに、中国の脅威に晒されている国ならば使い道がまだあるかな、程度のものなのだ。

でも、まあ、US-2は夢がある。中途半端な状態ではあるが、これからの開発者がエンジンを開発し、機体を軽量化することができれば、民間運営も可能となるかもしれない。
[PR]
by worsyu | 2013-06-22 10:22 | 時事ネタ | Comments(0)

フッキになれ

コンフェデ杯、ブラジル戦の雑感。
前半3分で失点。どういう理由をつけても、これはいただけない。せめて10分は持って欲しかった。それは守備の意識が薄いからだろう。
こういう場面はよく、J2からJ1に上がって、その初戦でやられるってやつ。雰囲気に飲まれてしまって足が止まっている状況。反応も遅いってやつ。
全体の感想は、オーストラリア戦と変わらない。問題点は何度も指摘している。
巷間、実力差があった、というが、それほどでもないと思う。ピッチ状況が悪くて、日本のきれいなサッカーができなかった面もある。
前田を下げて清武を入れたのも私は共感できる。岡崎を使い続けるのはわからないが。
遠藤がビビッていた。ベテランがチームを落ち着かせるべきなのに逆に足を引っ張っていた。遠藤を後半交代させたのは、私は理解できる。
内田は結構がんばっていた。少なくとも右サイドを崩されることはなかったと思う。3点ともセンターからの失点だった。日本のディフェンス力の脆弱さが出ただけ。詰めないからスペースが生まれる。マークしないのはなぜなのか?ゆるゆる。
本田も香川も活躍できなかった。それはFWが居ないからだ。屈強なDFに対して身体を張って壁を崩そうとするFWがいない。だから、ラインは下がらないし、穴もできない。最後の最後はどつきあいなのだから。それをやってくれるFWがいない。
森島もチャンスがあると私は何度も言っているが、本人はどこまで自覚しているのだろうか?
いっそ、闘莉王でもFWに置いた方がいいのではないか?それくらい今の日本代表のFWは柔なのだ。戦うFWとは呼べないな。

日本ではファウルを取られても海外では取られない。Jリーグは何だか変な感じになってきている。だから現在のトップが横浜鞠なのだ。

森島が代表に選ばれても、ジーコの時の巻みたいになる可能性がある。世界で通用するものは無いのだが潰れ役が必要なために召集されたFW。今のハーフナーマイクでは壁を崩すことはできないだろう。

ブラジルにフッキがいるのはなぜか。彼がいたおかげで日本のDFはかなり痛めつけられた。肉弾戦で吉田、今野は体力を消耗し、後半においてパフォーマンスが落ちた要因になった。

森島はもっと自分に自信を持って欲しい。器用すぎるがゆえにプレイの選択を誤る時がある。流れを見て自分にやれる最高のパフォーマンスをしていけば活路が開けるだろう。あまり周りを気にするな。がむしゃらに身体をぶつけていけばいいんだよ。サッカーは格闘技だよ。蹴鞠じゃあない。

森島よ上半身を鍛えろ!肩が触れただけで相手が吹っ飛ぶくらいの身体を作れ。それが武器になる。今までの日本人になかったフッキ型のFWになってくれ。ファウルを取られても気にするな。故意じゃなければいいんだ。

とにかく、騙されたと思って毎日上半身を鍛えて筋肉盛々にしてみろ、世界が変わるぞ!
瞬発力が飛躍的に向上するし、ジャンプ力もつく。何もかもがレベルアップし、戦う身体になるぞ!!
[PR]
by worsyu | 2013-06-19 14:49 | サッカー | Comments(0)

統一球問題

日本のプロ野球で使われているボールが、去年までは飛ばないボールを使い、今年からは飛ぶボールを使っていたことが明らかになり、現在問題になっている。
マスゴミの多くの意見は、日本プロ野球機構の隠蔽体質が問題であるとして責任の所在と原因を求めている。

しかし、考えてみると、やはり、突然ホームランが量産されてきたのはおかしいわけで、多くのプロ野球ファンはある程度わかっていたことだろう。というか、おかしいとは思っていただろう。

それよりも、真面目なマスゴミ記者およびスポーツジャーリストたちは日本には皆無だったという事実の方が問題だ。
選手の近くで見ていたら絶対わかっていたはずだ。しかし告発しない。日本のジャーナリズムは既に死んでいる。それじゃあ、あなたちは何のためにその仕事を生業としているのか?それは単に金を貰う手段としてしかプライドが無いと言っているに等しいではないか。

マスコミ、ジャーナリストたちの隠蔽体質の方が問題だろう。健全な民主主義がないと言っていい。中国政府にどっぷり管理されている中国のジャーナリズムとどれだけ違うと言うのだろうか。自らの権益や業界のために提灯記事を書き続けて恥ずかしくないのだろうか?

気づかなかったはずがない。気づかなかったとしたら、プロ野球の記者たちは、素人以下ということになる。そんなはずはない。反発力をテストしてみたら誰でもわかることだろう。

いつから日本はこんなつまらない国になってしまったのだろうか?

コミッショナーをつるし上げにする前にお前たちの責任はどう落とし前つけるつもりなんだ?
そんなことできる資格無いだろ。
隠したのはお前たちなんだから。
[PR]
by worsyu | 2013-06-14 12:50 | 時事ネタ | Comments(0)

さしこ考-幇間から皇女へ

私はさしヲタというわけではない。もちろんさしこファンというわけでもない。推しなのかもしれないが、正直言ってあの顔はあまり好きではない。
大分市出身ということで支持している面は大きい。でもかわいいというのかな?ブスだけどどこかかわいく思える。あの下品な口元がまたいい。飾らないところと飾るところのバランスが芸人とアイドルと俳優がミックスしていて、これにさらに文化人的要素が加わればもっと魅力的になる。感染しているね。それは認める。

今回の総選挙、指原女史は一位になったわけだが、指原支持派の多くは、別に一位じゃなくたっていいじゃない?といったライト感覚の人が多いと思う。結果として圧倒的な支持を得て一位になったわけだが、その魅力とは何なのか?・・・

日本にはこの女性アイドルという文化がある。それはいったいいつから始まったのか?
日本には高級クラブというものがある。その存在が世界的に珍しい文化であることに多くの日本の男性は気づいていない。
海外旅行に行くと暇をもてあました男どもは歓楽街でクラブを探しまくる。しかし、日本の銀座や六本木にある高級クラブなどはどこにも存在しない。せいぜい、韓国や中国でそうした日本人男性をターゲットにした店が少しあるくらいだろう。
高級クラブとはいったい何なのか?そこで働くホステスたちは、男性の客の話し相手をし、盛り上げ、そして、いつしか恋人気分にさせてくれる。この欺瞞に満ちた世界の中で日本の男どもは、日常のストレスを発散するというわけだ。
これは、日本の文化ではあるが、世界的に見たらやはり、女性蔑視の文化そのものとも言えるだろう。
もちろん、お互いに人間性を尊重し合いながら、酒宴を盛り上げているだけなのだが、そこはイーブンの関係性ではない。男性優位のまま繰り広げられる虚構の世界があるのだ。

さて、AKB48において、枕営業なるものが存在するのかしないのか?それはある者はしているし、ある者はしないであろう。おそらく個人の判断でやっている者もいると思う。
指原女史がここまで上り詰めた原因の一つに、アイドルという形でありながら女芸人の分野に踏み込み、やがて、MCをするまでになったという点がある。
日本には昔から幇間=たいこもちという職業があり、旦那衆にくっついて酒宴を盛り上げていたわけである。この幇間(ほうかん)、やたら褒めちぎればいいというわけでもない。時には、旦那であっても、「私はそうは思わないねえ」と言って、旦那の気を引く。なかなかこいつ面白いということになる。そうかと思うと、芸事の世界のいろんな知識や手練手管を知っていて、楽しませてくれる。そういった実力のある幇間になると、ある種、旦那よりも上になることさえある。旦那衆にとっては却ってその方がうれしいとさえ思うようになる。この点、芸者のパトロンらによる独占欲とか見返りを求める欲望とは全く次元がちがうところにある。

おわかりだろうか。まさに指原女史は幇間の手法で登りつめたのだ。
しかし、これからは、その幇間から旦那へ、そして、皇女へと続く。

個人的には、AKBのセンターとしての仕事はドーム公演などに限定し、あまり表に出ないことでますます価値を上げていくという方法が望ましいだろう。そこにいないことでますます存在感が上がっていく。握手会の参加も限定していく。
指原支持者たちは、身近に感じたいと思う反面、もっとビッグになってほしいという願望もある。強い意志を持ったものに憧れる気持ちがあるためだ。

指原女史はその支持者を旦那の気分にさせてくれるわけだ。それが皇女となれば、われわれの旦那感は至福の時となる。世界のVIPと歓談する指原女史を見てみたいではないか・・・

そのためには、ネガ攻撃を仕掛けてくるマスゴミなどを糾弾し、排除する必要がある。
まずはやはり「文春」だろう。
[PR]
by worsyu | 2013-06-13 15:30 | 芸能ネタ | Comments(0)

皇女指原みたいな

指原女史がAKB選抜総選挙で一位になった。総得票数は15万票を越えた。
芸能誌、及び芸能マスゴミの指原女史に対する扱いかたを見ていると、ズレがあるのを感じる。その差はすごいのだ。
「私は孤独じゃないことを知った・・」という言葉に感動を覚える人が居る一方で、それを認めない人も居る。これはいつか激しい衝突になるかも知れない。
一番思うのは、どうしてもヘタレキャラの中に押し込めて、そのレッテルを貼り、いじり、面白がるところがある。マスゴミは貶し、煽り続けるだろう・・・
しかしながら、それは、東京での活動をしていた去年までのこと。福岡に活動の拠点を移したこの一年で、彼女に対する評価は違うものになった。
きゃりーぱみゅぱみゅもそうであるように、単なるアイドルではないものに魅力を求める。それに応えられたパーソナリティを持った人が支持される傾向がある。その発言力、影響力は大きいことをわかっていながら、それを否定するかのような芸能マスゴミの扱いのひどさを感じる。
私は、以前、指原は女帝になれると言った。映画の「エリザベス-ゴールデンエイジ」を観て社会を象徴する存在になることができる才能を持っていると言った。その思いはますます強くなっている。
所詮アイドル、所詮オバカ、所詮お笑い系アイドルというレッテルを貼ろうとするマスゴミに対し、それに同調するかのように彼女を否定的に扱い、評価する人も多い。
それら、否定的な見方をする人たちに対し、彼女は何かを発信し続けなければならない。人の上に立つことを宿命づけられた人間として、それに値することをし続けなければならない。
今回、指原女史に投票した中で、中国のファン6千票というものがある。これは大きい。指原を支持する想いを共有できるということは、日中であらゆる価値観の違いを乗り越えていっしょにできるという可能性を見出した。
この一点のみ合致が全ての統合を可能にする。
少なくとも指原支持者の想いはいっしょにこの価値観を共有しているということなのだ。
政治、経済、文化、イデオロギーの衝突でなかなか前に進むことができない中で、指原を支持するという一点のみでいっしょに手をつなげる。
これから芸能マスゴミ及びネットの反指原に対する迎撃が展開されることを望む。
指原は日本芸能界の宝。
彼女もそのことよく考えて、責任ある行動、言動を、でも、自分の信じるまま、無理せず、絶妙なバランスでやっていって欲しい。その道は危うく、厳しく細い道だ。しかし、考えて欲しい。空前絶後のアイドルの誕生後、これからは日本の女王として君臨してくれることを指原のファン、ヲタ、そして何よりも私は望んでいる。それが日本を救う道だとも思っている。
ばかばかしいと笑わば笑え。しかし、我々指原支持者は増殖し、変異し、世界とつながり、より高い倫理観と価値観を共有しようとしている。そうあって欲しい。

それは、皇女としての指原を望むということだ。皇女という言葉は畏れ多くもあるが、アジアにおいて指原は皇女となれる。
バラエティもこれからは選別して欲しいし、少しずつ距離を置くようになって欲しい。芸人ではないのだし、女優でもない。アイドルとも言いがたい。

行き着く先はある種の宗教的な象徴となるだろうか。
[PR]
by worsyu | 2013-06-10 11:10 | 芸能ネタ | Comments(0)

W杯出場決定したにはしたが

6月4日。ブラジルW杯アジア最終予選で、日本はオーストラリアにホームで引き分けに持ち込み、5大会連続の出場を決めた。

お互いの闘志がぶつかり合い、決まりそうで決まらないギリギリの戦いが続いた。
日本は、ホームの利があるとは言え、チーム状態は必ずしもいいとは言えない。一方のオーストラリアはこのグループでは日本に次ぐ実力と見られていたが、苦戦が続き、3位という順位に留まっている。残り2戦となり、負けは許されない状況に追い込まれてしまった。
前半を終わって0-0。1点を争う好試合となった。油断した方が失点する状況になっていった。
まず、動いたのがオーストラリア。中盤の運動量を確保することでカウンターからの攻めを模索する姿勢が見える。一方、日本はFWの前田を下げ栗原を投入。
これは、CDFの吉田の体調が不安だったのと、前田は既に機能していなかったからだろう。しかし、ここのDFの隙を狙われ、抜かれ、失点した。
これは個人的な想いなのだが、内田は非常に不安定。前半でも危ない場面があったし、結局はタイアップで負けた結果となった。
日本にとってのウィークポイントとして、右サイドがあると言っていいだろう。後、GKの川島も反応が遅れた。あれを防ぐのはかなり厳しい。しかし、以前に比べて衰えが見えるのも確かだ。
DFラインもスピードで抜かれるともろい。あれがブラジルだったら、絶対にやられている。ブラジルでなくても、W杯に出てくる国でベスト16以上なら決めるだろう。
日本のDF力はまだまだ弱い。
一方、FWだが、ほとんど機能しなかった。前田は去年は良かったかもしれないが、現在は、全く当たっていない。岡崎もゴール前を固められるとそこをこじ開ける力がない。
いくら、香川や本田、清武がいても、決める力がないから、得点の確率は低い。
しかしながら、香川、清武がそろうと何かわくわくする。何かが起きる。実際、何かが起きた。これは偶然ではない。
前回、南アフリカ大会で岡田監督が執った窮余の一策、本田ワントップが、また現実味を帯びてくる。他に居ないのだ。これは、以前にも、何回も言っているはずだが、日本人FWを育てることにJリーグは失敗しているのだ。
渡邊にしろ、柿谷にしろ、また、豊田にしろ、代表に入ってこない。今回のオーストラリアのDFに対して競り合い、そこで決める力のあるFWなんているだろうか?決めなくてもいいから、競り合ってこぼれ球を落すだけでいいから、そういう力を持ったFWを探さなくてはならない。
森島?それもありだと思うね。体幹鍛えて、減量して、高さに対応できれば限定的な使われ方にせよ、ありだと思うけどね。決めなくていいから競り合ってくれるFWが欲しいなあ。

おとりでいいから。リズムを崩さないやつ。しかも、空中戦で競り合える。顔中血だらけになって鼻の骨が折れても戦い続ける、そんな馬鹿なやつ。鼻血出しながら笑っているやつ。走り続けるやつ。
そして、挑発に決して乗らないやつ!・・・・・
[PR]
by worsyu | 2013-06-05 11:15 | サッカー | Comments(0)