「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

まず阿南を斬れ

阿南陸相(陸軍大将)のことについて。
年配の方はご存知であろう。終戦時、最後の陸相として、日本を平和的にポツダム宣言受諾をさせた功労者として称えられている。
阿南 惟幾(あなみ これちか、と読む)1887年2月21日 - 1945年8月15日。
阿南をあなみと読んだり、あなんと読んだりするが、いずれにしても、平安時代から続く大神一族の苗字として認識されている。また、名が惟幾(これちか)である。なかなか普通の人は読めない。これは、源平の戦いの時に活躍した奥豊後の武将緒方三郎惟栄(おがたさぶろうこれよし)からきているものだ。おがた姓の発祥は古の緒方町-緒方の庄の豪族である、この三郎惟栄(さぶろうこれよし)から始まるとされている。
阿南陸相の父親は阿南尚(あなみ ひさし)1845-1920。竹田市玉来の出である。秋月の乱で乃木希典と知り合い、西南戦争では山形有朋と知り合う。
また、廣瀬武夫は尚よりも2周りほど年下で、惟幾(これちか)が18歳の時に日露戦争で戦死している。その後、彼が軍神として崇め奉られるようになると、いっそう郷里の英雄として誇らしく思ったことは想像に難くない。

太平洋戦争終結時に大分県出身者、及びつながりのある人が多く活躍したということを大分県の人は知っているだろうか?
近代史を教えることはタブーとされてきた戦後において正当に評価されていないことは確かである。
今の日本があるのは、大分県出身者のおかげといっても良い。
8月15日は阿南 惟幾(あなみ これちか)の命日である。そして、9月2日は重光葵(しげみつまもる)がポツダム宣言を受諾し、サインした日であり、正式に敗戦となった日である。1945年の夏は大分県人にとって多くの日本人が逃げ出した時に、最後まで逃げず私欲を捨てて日本民族の行く末を守ろうとした郷土の偉人たちの夏であったと言える。

あなみと打っても穴見と出てくる。あなんと打つと阿南が出てくる。これは、世間一般に、阿南陸相が「あなん」で通っているからだろう。そして、その理由が昭和天皇が彼を「アナン」と呼んでいたからだと言われている。

彼は基本的には軍人である。陸軍の総意は徹底抗戦であった。しかしながら、彼は、冷静であり、私心を捨てて国家の難局に対峙する決意を持っていた。その大役を引き受けた時点で我が死をもって多くの軍人の命を救うことを任としていたと思われてならない。

陸軍の総大将である以上、ポツダム宣言を受諾するか否かでは、国体の護持-天皇制の維持の確約の保障をめぐり、本土決戦を唱える。
しかし、昭和天皇が「わが命よりも日本国民の命を多く救え」とのご聖断が出た後は、自らの抗戦の主張を下げ、陸軍大将として、関係書類の全てに承諾のサインをした。
そして、関係局の幹部を集め、次のように言ったという。
「今日のような国家の危局に際しては、一人の無統制が国を破る因をなす。敢えて反対の行動に出ようとするものは、・・・
まず阿南を斬れ。」と。

彼の評価はいろいろあると思うが、この一言に尽きる。
彼は彼なりに誠実に自分ができる最善最大の方法でこの難局を収めた。右とか左とか関係ない。日本民族の存亡が掛かったこの瞬間において彼のような人物が居た幸運に我々は感謝しなければならない。

最後のサムライとも称されるが、そんなものではない。しかしながら、彼の最期は、割腹自殺である。しかも、介錯を固辞し、朝方まで苦しみ悶えての末期であった。
彼は自らが贄(にえ)となることで陸軍の想いを体現したのだ。
この報に接し、日本の兵士たちは瞬時に戦うことを止めることになったのだ。

さらに付け加えれば、天皇を利用せず、誠心誠意、臣として仕えたのが大分県人であったと言える。それは壬申の乱の大分の君から既に始まっている。
これは継続していただきたい。
[PR]
by worsyu | 2013-08-26 15:25 | 地域ネタ | Comments(0)

怒り心頭

「マツコ&有吉の怒り新党」の中に新3大〇〇調査会というコーナーがある。
その中で浦和レッズの山田選手が取り上げられていた。
曰く「山田暢久の気の毒なイエロー」ということらしい。
何だかすごくレッズかばい色プンプンなのだ。
内容も醜いものだった。素人相手に微妙な判定場面を出して、さも山田選手が不当なカードを貰っているかのごとき印象をかもし出していた。
1、2は外国人審判による遅延行為に対する判定。非紳士的行為とみなされレッドカードを出されている。遅延行為かどうかの判定は、確かに審判の主観によるところもある。しかし、試合の流れを妨害する行為に対しては厳罰に処する権限を審判は持っている。
サッカーを知らない連中は、山田をかわいそうだと思うだろう。しかし、サッカーを知っている人は「バカだ」と思うだけだ。
随分レッズよりな解釈で素人に刷り込ませようとしているな、と思った。
3番目のやつは、対大分トリニータ戦だった。思い出した。
ふざけんじゃねえ。
あれは、微妙だが、あきらかなシミュレーション。審判を騙す悪質なプレイだ。
これにはその前に浦和のネネ(?)選手がイエロー2枚で退場となり、その後にこの山田選手が起死回生を狙って、と思われての渾身の演技だったのだ。
しかし、審判はそれを見逃さず、イエローを出した。この審判はよく走っている。近くで見ているのでまず、間違いないだろう。
この時の審判は西村である。国際的には評価されているが、国内的には評価が微妙といえば微妙だが・・・
この試合も浦和側に多くのカードが出された試合ではあったが、それに相当する行為があったからだと思う。
特に浦和の選手には、大分ドームのあの大観衆の中でのアウェイ体験は初めてだっただろう。舞い上がっている感じがした。

山田選手は確かに脱臼したが、それとプレイの反則とは別の話である。
こうした間違った風評を流すことで誰が得をするのか?
それは浦和レッズだろう。そして、大分トリニータへの相変わらずのネガキャンである。
意図していなくても結果としてそうなる。
しかも、西村氏に確認しているのだろうか?ジャッジがおかしいと暗に指摘しているのだから、せめて、当事者の話を聞くべきだろう。名誉毀損ものだろう。

間違った情報を安易に流すことにテレ朝はどう思っているのだろうか?
大分なら抗議など出ない、大丈夫とタカをくくっているからに違いない。
これでは、浦和以外のチームもたまったもんじゃないだろう。
強く抗議したい!!
そして、訂正を促したい!!

西村審判への名誉毀損にあたるのではないか?
日本サッカー協会に対して抗議をしている形になっている。
番組の作り方が一方的であり、事実を捻じ曲げている。
[PR]
by worsyu | 2013-08-22 10:31 | サッカー | Comments(0)

言わずにはいられない

随分じゃないか?田坂さん!!
3点リードして1点返され前半終了。この3点は何だったのか。相手が緩かった。油断していたから。アドバンテージとして貰ったようなもの。実力ではない。1点返されたことで、後半も猛追撃を受けることはわかっていたこと。
ここは4点目を狙うのではなくて、この2点差を大事にして、引き分け上等作戦で行くべきだろう。
そうすれば相手はミスをしてくれるかも知れない。そこで1点転がり込んできたら勝てた試合だった。
ゲームプランを間違えているよ。
3点目が入り、同点になった。でも、これはPK。気にしなくて良い。
問題は勝ち越し点だ。若狭はあろうことか足でクリアしようとして空振りしている。相手は頭で決めようと待っているのにだ。小学生じゃああるまいし、DFとして、やってはいけないことだろう。
頭で合わせてくるのは、コントロールしやすいからだ。目の近くの打点で合わせられるので微妙な修正も可能になる。対して足の方は、頭からいちばん遠い部分である。コントロールするのが難しい。それでもサッカー選手たちは、その難しいことを生業としているわけなのだが、それでも難しいことに変わりは無い。DFはセーフティにプレイすることが一番大事なはず。特に終了間際で試合の帰趨がかかっている場面ではセーフティなプレイに徹するということは、プロとして当然のこと。いや、セーフティファーストは小学生だって知っていることだぞ。あの地域でやるプレイではない。軽いプレイだ。
普段から、意識してプレイの選択をしないとこういうことはできない。頭を使うということはそういうことなのだ。
守り切るという意識がない。ベンチからの指示も曖昧だったと思う。だからプレイが軽いのだ。DFまでもが本職を忘れ攻撃のことを考えているようだ。

丹野も固い。今回のことを言っているわけではない。もっと先を読んでほしい。コースをある程度読むことで意識の中で対応力ができる。外れることもあるのでそのバランスは重要なのだが。もっと、相手選手のビデオを見て、研究して欲しい。自分が一番相手の攻撃がわかっているというレベルまで行けばDFに対しても指示が出せるはずだ。
柏の菅野なんかは読みだけでやっているようなものだ。そこを外せないのも情けない話だが。
余裕ができるはず。実際に体が反応するかどうかは別問題だが、自分を成長させるためにも相手を研究することは重要なことだ。
たまには笑って守って欲しいね。おっかなびっくりした顔で守られたらDF陣もびびっちゃうよ。自信を持って、自分が失敗しても他人のせいにするくらいの気持ちでやってほしいね。

トリサポはみんな3点リードしたって追いつかれることは織り込み済みだ。そこで引き分ける根性を出せるか、そしてあわよくば勝ち越し点をと思っただろう。そのためには守備をいかに意識付けさせ、ゲームプランを修正させるのかがポイントだった。それを放棄していたのだから、田坂さんの罪は大きい。

何度でも言いたい。守備の意識が無いからやられる。やるべきことをやっていないからやられる。このままだと福岡の二の舞になるだろう。

やればできるよ。やればいいじゃないか。なぜやらないんだ。個人の力の問題だけじゃないよ。ここで自棄を起こして攻撃一辺倒になったらチームは崩壊するだろう。辛抱強く、献身的に、地道に守備をして行こうよ。
[PR]
by worsyu | 2013-08-18 02:01 | サッカー | Comments(0)

森重待望!ついでにあいつも

大分トリニータと柏戦は2万3千人入った。そりゃ、ただで見られるんだから集まるわけだ。ゆるい客が多かった。

柏側の応援で気になったのは、トランペットを使用していたことだ。この辺りの観戦の応援ルールの禁止事項がゆるいので、禁止するならはっきりと明記して欲しい。
大分側も柏サポがトランペット吹くのはわかっていたことなのだから、事前に通達しておいて欲しい。初めてのJ1じゃあるまいし。
トランペットの音は不快だった。

試合の方は、梶山が入ったおかげでボランチが安定し、マンシャが攻撃参加しても守備が崩れるということもなかった。ラインを上げても、裏を取られて失点ということもなかった。足が遅いDFもいなくなり、対応できていた。

問題は、フィニッシュの部分だろう。なぜ、フェイクを入れないのか?
フェイクを入れてタイミングをズラせば入った場面がいくつかあった。騙されたと思って一度やってみろ。これができなければ、今後も勝つことは無いだろう。
それから、森島がなぜ先発できないのか?高松は上手いが怖くない。森島が先発で来た方が相手は嫌だろう。それから、裏を狙う木島や松本怜とかを先発で使って欲しいな。
それが実現すれば、勝利も見えてくるだろう。

日本代表のウルグアイ戦だが、前半に2点取られて、私は1-4ぐらいだろうと思っていた。それが、2点目を本田のFKで入れたわけだから上出来だろう。
守備崩壊については、私は前から言っている。森重を使えと。そして、西川を使えと。
吉田麻也は、高さ対策という点で必要だが、それは、リードして逃げに掛かった時の押さえの要員でいいのではないか?足が遅いCBを使いたいなら、ラインを上げるな。当たり前のことだ。猛練習して足が速くなるか?多少はね。でも、根本的には無理だろう。戦術に見合った選手を使わなければ意味ないだろ!

ついでに言うと、これも前に言ったけど、柿谷や豊田は通用しないよ。上手さや真面目さだけではダメだ。日本に必要なのは、点を取ってくれるFWじゃなくて、潰れてくれるFWなのだ。身体を張って、結果を残してくれる奴。鼻血出して、歯が折れて、顔面の骨折っても、あばら折ってもがんばれる奴。そういう奴が欲しいんだよ。
サッカーはルールが厳しい格闘技なんだよ。戦ってくれないと!!
[PR]
by worsyu | 2013-08-16 18:09 | サッカー | Comments(0)

大商喜び隊

大商ブランドというものがある。(自分の勝手な思い込みかもしれないが・・・)
現在、甲子園球場に行っている大分商業の女の子は皆美人ぞろいだということだ。
大分市のきれいどころを集めたような、言って見れば「喜び隊」(もちろん、北朝鮮のようなあんな下品なものじゃない。)が集まっているのだ。
大分商業という高校の位置づけは、地方の高校にありがちな勉強できるこは進学校へ行き、そこまでの学力の無い子が集まってくる。しかも伝統があるので親御さんも安心というわけだ。実際、学校側は、実学に近い感覚で生徒に接してくるので、会社や社会の常識を叩き込む。学力も大切だが、身だしなみや挨拶、人への接し方などを自然と教え込んでいく。そうした過去の実績から、他県に比べて偏差値的にもそんなに低くない。

今回、大分商業の野球部が注目されるわけだが、彼らの身だしなみや言動が学校のブランドを引き上げていることは間違いない。同様に、女子生徒にも注目が集まるだろう。
他の高校と比べて、一番かわいい子が居るというわけではない。ただ、平均値が高い。美人らしい子の偏差値が高いのだ。
太った子がいない。ショートカットの子が少ない。化粧している子がいない(学校では)。眉毛をいじっている子がいない。髪を染めている子もいない。まあ、いわゆる女子力が高い。そしてギャル度は低い。大分商業はそういう意味では特別に囲い込んで育てているようなところだ。居心地が悪いと思っている子もいるかもしれないが、世間(市民からの)の評価は高い。他校ではギャルファッションをしていてかわいい子もいっぱいいるが、大分商業ではそうしたギャルは表向きにはいない。

なかなかテレビではそこまでわからないと思うが、球場に居合わせて、彼女らを見た人たちは、それなりに感想を持つだろう。そこから口コミで伝わるかもしれない。

大商の女子力を見せて欲しいものだ。
[PR]
by worsyu | 2013-08-09 09:21 | 地域ネタ | Comments(0)

乙津くんのけれんみのなさに驚く

全国高校野球選手権がいよいよ甲子園で始まる。
大分商業の対戦相手は東東京代表の修徳高校である。
もっと弱いところと対戦して欲しかったが、今更仕方が無い。

ところで、先日の抽選会の後のインタビューを受ける両主将の話を聞きながら思ったことは、どっちが都会の高校でどっちが田舎の高校かわからない、ということだった。
何といっても大分商業の乙津くんのしゃべりがあまりにもスラスラと訛りも無く、しかも、緊張も感じられず、落ち着いた対応とけれんみのない誠実な答え方をしていたのが見事だったからだろう。
対する飯野君の方が緊張していたように見えたし、ちょっと千葉っぽ(訛り)かったか?多分気のせいだけど。

葛飾というと、荒川の向こうは千葉か埼玉感覚でいけばその間ということになる。まあ、映画の寅さんの柴又(東京の田舎という架空の設定)ほどの田舎ではないし、浅草またいで電車に乗れば秋葉原に遊びに行けるし、十分都会といえば都会なのだが。

まあ、言って見れば下町の外側の人たちの住む町ではあるね。ベッドタウンとしては、開けた松戸にするか、物好きな人は古い人情が残っている葛飾にするかってところだろうね。東京理科大があるのが自慢かな。

すごいのは指原だけとは言わせたくないねって、これ言ったのはマリサポだったね。
でも、大商野球部の存在を示して欲しいね。

健闘を期待している。

勝利インタビューで乙津くんのけれんみの無い話を聞いてみたいなあ・・・・癒される。
[PR]
by worsyu | 2013-08-07 17:02 | ひまネタ | Comments(2)

シャムスカ待望論

また負けた。
サガン鳥栖のサポの力も大きい。

勝たなくていいのだ。無理して勝とうとするとバランスが崩れる。そこを突かれる。失点する。
引き分け3つで1勝と同じ勝ち点が貰える。そういうシステムなのだ。しかも最下位を独走状態なのに。
私は守備の整備を何度も言っている。去年から言っている。

三平が居てくれたら、と思っているサポも多いだろう。三平が去年の昇格の最大の功労者であることは間違いのないところだろう。
しかしながら、今更いない選手のことをどうこう言ったって仕方がない。ヤンキースの松井を放出したことが良かったのかどうか?結果としてヤンキースの翌年の成績は落ちたが、松井の賞味期限も限界だったという見識は正しかったことが証明されている。

シャムスカが残したものとは何だったんだろうか、と考える。再びトリニータの指揮を執ってもらいたいという願望は無いことも無いが、それは難しいだろう。それよりも、彼が残したものを拾い上げて、クラブの財産にしなくてはならない。

西川、森重、夢生、清武らが軸になり、ベテラン勢がそこに上手く肉付けされていた。西川、森重は、日韓戦を見ても、安定している。森重はやはり良い。強いし、上手いし、速いし、読みが良いし、ブラジルW杯では必ず日本代表に入ってくると思う。
彼らが来年、ブラジルでシャムスカと会う機会があり、邂逅を喜ぶ場となればそれは微笑ましく素晴らしいことだね。

シャムスカの戦術は、森重をセンターバックにして大海、深谷の3人で3バックを敷いたディフェンスがその特徴だったと言えるだろう。森重はスイーパーとしての才能をいかんなく発揮し、西川と大海、深谷、そして、両サイドバックとの連携の妙もあり、「カメナチオ」と呼ばれた鉄壁のDF戦術を展開した。

もし、ザッケローニが3バックをやりたいのなら、森重はやはり必要になるだろう、と個人的には思う。吉田麻也が何度もスピードで抜かれるのを見ていると、森重を中心にした方が次のステップに進める気がする。

さて、トリニータだが、今の守備ではやられる。実際、やられまくっている。1対1で勝負していない。距離を取りすぎている。抜かれるのが怖いからだろう、身体を寄せない。それではいつかやられる。
私がDFに求めるのは、攻撃的な守備だ。1対1で対応し、球を奪えと言いたい。仕掛けられるのを待っていてはダメだ。自分から仕掛けていく。その技を磨き、身体を寄せていく勇気と気概と体力が欲しいのだ。

2009年に失敗したのは、その積極的な攻める守備がなくなり、受けるようになってしまってから歯車が狂い始めたのだ。

シャムスカの遺産でもある積極的守備を再構築して欲しい。我々は覚えている。当然、選手やコーチ、フロントも覚えている。後はやるだけだ。

1-0の試合でも十分楽しい。0-0でもいい。2-3で負けるよりもその方が断然面白い。

今、何をすべきか。行動すべき時なんだよ。ぶつかり、もがかなきゃ打開なんてできないよ。
ホームで未勝利だなんて信じられないことだ。

シャムスカは何らかの形で大分と繋がっていて欲しい人だ。
[PR]
by worsyu | 2013-08-01 12:31 | サッカー | Comments(0)