<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大銀ドームが揺れる日

甲府はかなり守備的にきていた。守りのブロックを崩されないようにしていた。従って、大分が押し気味ではあった。しかし、これは甲府の戦略。それでも甲府のゴールは割れなかった。

一方、大分のゴールは、何度か決定機を作られたが、何とか凌いだ。相手のミスにも助けられたか。
それにしても松原崩されすぎだろう。これじゃあ、使えない。でも、あそこで足を引っ掛けなかったことで、却って失点を防いだのだと思う。FKを与え、イエローを貰うくらいなら、あそこでギリギリのプレッシャーをするだけのプレイで正解だった。もちろん、理想は、競り合って外へ球を出すことなのだが。安易に反則をするよりも、フェアプレイをすることで、試合の流れを呼び寄せることが出来る。逃げちゃだめなんだよ。
清水も少し安定してきた。甲府が引いていたのでそれほどの機会は無かったが、それでも、無難にはプレイしていた。多少、心は強くなったかな。もっと、声を出して良い。遠い目をするな。眉間にしわを寄せろ!!

今季の大分の低迷の原因は、自分なりには理解している。
まず、3バックにこだわったこと。これは、何度も言うが、常にサイドにスペースを空けて、そこに誘い込み、それでも凌いで、そこから反転攻撃をする力を持ったDFが居れば成り立つ戦法。それほどの力が無い中でこれにこだわった理由がわからない。このリスクを負いながら戦ったわけだから負けるのは当然。

次に、FWにスピードのある選手をあてがわなかったことで、相手DFは守りやすかったはずだ。時には高松、森島のツインタワーで戦っていた時もあった。私はこの布陣に対してかなり批判した。

この2点だけでも、降格する原因になったと言って良い。その対処法を見出せなかったこと。頑固に変えなかったことで取り返しのつかない泥沼へとチームを落とし込んでしまった。勿論、責任は監督にある。しかも、選手を競争の名のもとに入れ替えすぎて、チーム戦術と連携の熟成が果たせなかった。
現在、4バックにして、FWに後藤や、今回は林といった裏へ仕掛ける選手と高松との組み合わせで安定した戦いをしている。
守備が安定したことで、前線からの守備もできているし、中盤で囲い込むこともできている。
甲府戦は、林も良かったし、後藤も良かった。
何よりもイエローが無かったことが良かった。反則は甲府の方が多かったと思う。試合は引き分けたが判定でいけば勝ちだっただろう。

さあ、ちょっと早いが天皇杯である。Fマリである。これに勝つことしか今年の盛り上がりは無いだろう。国立までとは言わないが、せめて、Fマリには勝って欲しい。
戦い方は、「清く正しく」である。反則したいところを我慢して凌ぐ。そうすると、Fマリがイライラし出す。突っかけてくる。相手をしない。審判に抗議することも極力抑える。フェアプレイしよう。
俊輔にフラストレーションを溜めさせる。そうすれば何かやるよ。彼らは審判は自分たちの味方だという思い込みがある。それが墓穴を掘るはずだ。シミュレーションショウが始まるはずだ。それを審判がどう取るかだ。結果、負けたとしても、それは負けではない。審判だって間違うこともある。フェアプレイしよう。それが、明日へと繋がる。大分の子どもたちは見ている。全国の子どもたちも見ている。どちらが勇者かを。
結果の勝ち負けだけじゃないんだよ。でもサッカーの神様は必ず見ていてくれる。勇者に微笑むはずだ。

まあ、そんなに上手くいくかどうかわからないが、辛抱して、愚直に、魂込めて戦おう。
冷静に、冷静に。最後まで戦おう。
(ところで、マリサポだが、鼻持ちならない、筋金入りの反日なので、たとえ、天皇杯だからといって何やらかすかわからない。我々は天皇の忠実で誠実な僕であるからして、煽られても変な行動は慎むように。下手に関わるとしばかれるぞ!!041.gif

清水・安川・高木・阪田・土岐田・マンシャ・宮沢・為田・木村・後藤・高松でいいのではないだろうか。控えは上福本・深谷・若狭・松本・丸谷・西・林でいいのではないか。

ここでやらなきゃ、何のための一年だったのかわからないぞ!!!

大銀ドームを揺らしてみろ!!
[PR]
by worsyu | 2013-11-26 11:11 | サッカー | Comments(0)

大分舞鶴高校ラグビー部優勝

大分県高校ラグビー決勝。大分舞鶴が優勝した。
大分雄城台は健闘した方か。大分舞鶴の№3がやはり強い。ここを止めなければ勝機は無かったか。
全体的な力では、バックスが見劣りする。FWは平均90kg台なので、FW戦主体でいくのだろう。

最近のラグビーは、走りよりもFW力で決まる。FWもただ重いだけでは通用しない。効果的に前に進め、着実に点を重ねていく戦術を取らなければならないだろう。

現在の学生ラグビーのトップは帝京大学のラグビーだろうか。昔の早稲田がやっていたバックスの展開力で点を取るラグビーや明治の重量級FWのみのラグビーはもはや時代遅れ。

今や、高校でもウエイトトレーニングで上半身を鍛えたマッスルマンが激突しあうラグビーが主流だろう。
そういう意味では、東明高校あたりが集中して強化すればまだ可能性が出てくるが、現状のままでは、舞鶴の天下は続くだろう。

私だったら、175センチ以上の選手を集めてウエイトトレーニングばかりやらせて、コンタクト力をつける事に強化の主眼を置くね。舞鶴を倒すには接近戦に持ち込んでそれに勝つ以外にないんだよね。
バックスもFWの突進を受けられるくらいの体格を求める。展開よりも守備重視だ。攻撃のスピードよりもコンタクトなのだ。
そうすれば、3年後には、舞鶴を倒すことができるだろう。
もちろん、これだけでは勝てない。だから3年かかるのだ。

大分舞鶴高校の全国大会での活躍を期待する。
[PR]
by worsyu | 2013-11-19 12:20 | 地域ネタ | Comments(0)

浅田真央とラフマニノフ

フィギアスケートNHK杯の浅田真央の演技を見た。
一皮向けた浅田がそこにいた。

今シーズンはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を使っている。これがまず正解。
ラフマニノフの数ある曲の中から選び出した名曲中の名曲だ。これは伝説になる演技になるだろう。
振り付けも抑えていていい。どこか風格を感じさせる。無理して技を仕掛けている感じではない。

静かな曲調で流れていく。大河の流れを連想させる重厚な調べと叙情的な調べのアクセントが浅田の洗練された演技とよく合っている。

ロシアをこれほどまでに見事に表現していることに感服した。おそらく、ロシア人も、浅田を受け入れるだろうし、それを支持する日本人も好きになるだろう。
本来、日本人はロシアが好きなんだなあ。というか、シンクロできる。
今までウヨクが冷戦の影響なのか、アメリカの犬感覚で騒いでいたが、なんだかんだ言っても、やっぱり、ロシアは好きなんだ。

ロシアはヨーロッパの端っこで、ヨーロッパ文化に憧れながら、アジア的なものも引きずっている。(日本と文化的に共通する部分が多い)
ラフマニノフの曲には、特に、そうしたアジア的な叙情的色彩が強い。メロディアスな旋律は、映画、ポップス、CMに多く使われている。

ラフマニノフのこの曲を手に入れた浅田は、ソチで金メダルが取れるかもしれない。キムヨナ次第だろうが、今のところ、キムヨナを上回っている。
女王の貫禄がついてきた。
というか、キムヨナだとか、金だとか関係ない。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番で演技する浅田は素晴らしい。そして、ロシアの地で多くのロシア人に感動を与えて欲しい。おそらく、感謝されるだろう。日本人ありがとう、と。正しくロシア文化を理解し、表現し、感動を与えてくれたことに。

このプログラムを作った人はすごい。

ひ弱なひな鳥のような浅田真央はもう居なかった。力強く羽ばたき、大空に舞う鳳凰がそこにいた。何よりも品がある。そして、余裕を感じる。今回、彼女は時折変顔を見せる、そこにもどこか風情がある。
このプログラムは伝説になるだろう。
[PR]
by worsyu | 2013-11-15 13:00 | ひまネタ | Comments(0)

西川周作は大分のヒーローだ

負け犬の遠吠えではないが、勝手に吼えるんだからいいだろ。

浦和が水面下で広島のGK西川獲りに動いているそうだ。
現在、浦和の監督はペトロビッチで、元広島の監督である。そのせいで、浦和に広島の選手がワンサカ加入している。森脇にしても、槙野にしても、柏木にしても、どっぷり浦和色に染まっている。なるべくしてなったと言えよう。柏木はちょっと違うか?まあ、どうでもいい。勝手にやってくれ。
しかし、だ。西川は違う。
勝手な横恋慕?
西川は浦和色に染まらない。染まって欲しくないし、違うよ。

大体浦和色とは何か?
鹿島色とは違うのか?

もし、西川が浦和に移籍したら、個人的には、Jリーグを見る楽しみが無くなってしまう。汚れて欲しくない。汚れなくてもやっていけるという姿を見たいのだ。

大分は昔、昇格争いで、浦和、東京、新潟と競い合った。この3チームー特に浦和とは、相容れない器、チームカラーなのだ。そして、そうあるべきなのだ。大分は、本来、その中に入るべきクラブなのだ。昔の西鉄ライオンズが身売りした後、福岡の地にホークスがやってきてやがてソフトバンクホークスとなって現在があるように、大分も、苦難の歴史を歩みながらもいつか本来の位置に戻らなければならない。その価値があるから応援している。その方がJリーグが面白い。このモチベーションがあるから大分トリニータの存在意義があるとも言える。
西川が示したプレイスタイルは、我々にとって範である。

大分を作り直すためには多くの問題が山積している。スタイルの確立さえままならない現状で、私は、何度も言うが、清く、正しく、美しきサッカーを目指せと言いたい。
勝手な言い分だということはわかっている。しかし、多くのトリサポも同じ思いだろう。
浦和は無い。あってはならないことだ、と。
借金のかたに売ってしまったという後悔と、同時にこんなクラブじゃ西川に申し訳ないという気持ちがあっただろう。広島に移籍ということに多くのトリサポは安心し、喜び、活躍を願った。
今も、西川のプレイに酔いしれているトリサポも多いだろう。そして、西川のプレイが多くのサッカーファンを引き付け、そして、少年少女たちに影響を与えている。
日本代表の守護神が浦和であってはならない。(勝手な思い)
私は、断固、反対したい。

浦和に西川?冗談じゃない。笑わせる。

西川は大分のヒーローだ。これは間違いない。
[PR]
by worsyu | 2013-11-12 18:06 | サッカー | Comments(0)

唾棄すべき試合

昨日の新潟戦は、醜いものだった。
J1の舞台に上がって良い選手と悪い選手がいる。それは年齢ではない。気力、技術、体力、センス等で劣っている人間は、たとえチャンスがあったとしても、その場に立ってはいけない。
松本の同点弾は見事なものだった。きれいなJ1レベルのものだった。
それでは、大分が失点した3点はどういうものであったのか?

1点目。これで試合そのものが決まってしまった。小学生低学年レベルのサッカーのじゃれ合いでは見るかもしれないくらいのレベル。

2点目。見えていないし感じても居ないのだから何も出来ない。ただ目で追うだけ。高松の寄せのせいにはできない。

3点目。見切っている。弾道をつかんでいないから、何も見えていないのと同じ。J2レベルでもなかなかお目にかかれない無気力さ加減。気が弱すぎる。

西川だったら違っただろう。我々の基準は西川なのだ。
なぜ飛ばない。飛んだら触れ。触ったら弾け。掴めるものだったら確保せよ。
確かに新潟の気合の入り方は違っていた。それ対して大分側はびびったのか。本来なら引き分けで終わる試合だった。それを自ら放棄し、自滅の道を歩んでしまった。やってはならないことをホームでやってしまった。

基本的に戦っていない。放棄している。反則するし、審判へのクレームも減らない。これじゃあ、応援する気も見る気も起きない。
君たちは何のために戦っているのか?勝つため?俺たちが勝てば喜ぶから?
岡田さんにでも来て貰いたいよ。
世界を変えるために戦っているんだ、と言ってくれよ。
ひたむきさが欲しい。
誰が何と言おうと、ひたむきに信じるサッカーをやり続ける。そんな姿を見たい。

いっそのこと、アフリカのナイジェイリア、もしくは、カメルーンからGKを連れて来たほうが我々のフラストレーションは解消されるのではないか?あとは多少クズが紛れ込んでも、気力でカバーできる。

GKを据えてからチームを組み建てる方が近道だ。現状では丹野なんだが、丹野の動きはちょっと硬いよねえ。真面目なのはいいんだけど、もっと感情を出してもいいと思うよ。わがままであって欲しい。大分トリニータでそれなりに成長した。もっと、成長するためには、プレイに遊びと喜びを表現して欲しい。もっと飛んで良い。飛べないGKはいらないよ。

P.S。西川がそうであるように、豹のようにしなやかに宙に舞い、やわらかいフォームで球を蹴る。でも、出る時は出る。空振りはしない。そんなGKを発掘して欲しい。育てて欲しい。
西川はやっぱりすごかった。
ファンボの見る目は、これだけは、すごい。これだけで全ての罪が許されるくらいの功績がある。



[PR]
by worsyu | 2013-11-11 10:58 | サッカー | Comments(0)

U-17ナイジェリア優勝

U-17ワールドカップはナイジェリアの優勝で終わった。
決勝はアルゼンチンを3-0で破ったメキシコと、日本が惜敗したスウェーデンを3-0で破ったナイジェリアとの戦いだった。
アルゼンチンは自滅したわけだが、それでもメキシコの試合の進め方の上手さが目立った。この年代で反則やり放題というのも南米特有のものなのかも知れない。
ナイジェリアのサッカーは衝撃的だった。メキシコは球をなかなか前に進められなかった。パスを出そうとしても相手のマークがついている。前にフィードしてもすぐに追いつかれる。前を向いてドリブルしていくと囲まれて取られる。パスを出してもインターセプトされる。ナイジェリアのカウンターサッカーは攻める守りだった。これこそ私が求めている守備だった。隙が無い。
実は予選リーグでナイジェリアはメキシコと対戦している。6-1で勝利している。メキシコのパスサッカーはナイジェリアによって完全に破られていたのだ。
彼らはゾーンではない。しかし、マンツーマンとも言い難いくらいの距離を取っている。マンツーマンの変形だろう。それだけの距離を空けていながら、ボールが来るとすぐに寄ってくる。パスが出るとすぐに察知してマークにつく。だから、相手は次のプレーの選択に苦労する。苦し紛れに選択した球は相手に取られるわけだ。
これを可能にしているのは、やはり身体能力の高さだろう。これを90分間やるのだ。脅威的な能力である。しかも反則も無しに。
自陣に入ってきた辺りからすでにこの守備が始まるので、相手はバイタルエリアまで球を運べない。

日本がもし、スウェーデンに勝ってナイジェリアと対戦していたらどうなっていただろうか?いい試合になったかもしれないが、やはり負けると思う。
スウェーデン戦で負けた主な要因は、自分なりにわかっている。
DFの足が遅かったということだ。ただ、それだけだ。そこが万全であれば負けることは無かっただろう。ベスト4は行けたと思っている。

ナイジェリアのサッカーは堅守速攻のサッカーの見本のようなものだ。ただし、引きこもりではない。達人のサッカーだ。大分トリニータもこのようなチームになれば必ずJ1に復帰でき、J1に定着でき、大分のサッカーが確立されることになるだろう。とにかく、DFに足の速い選手を揃えて欲しい。
ラインを高くして、崩されても最後まで付いていくDFが欲しい。中盤で反則を犯さずにプレスをして球を奪い、前線につなぐ。相手の隙を突くサッカーの確立。相手に攻撃をさせない。

今回のナイジェリアはくじ運にも恵まれていた。メキシコはブラジル、アルゼンチンと競り勝って決勝まで来ている。疲労度が違う。
それから、ピッチの状況もある。トラップでコンマ数秒も許されない程の精度がパスサッカーが求められると、それなりのピッチが必要となる。日本のようなじゅうたんを敷き詰めたようなピッチではまた違ってくるだろうが、今回は違った。パスサッカーがなかなかできない、難しい状況ではあったか。

大分もパスサッカーよりもナイジェリアのスタイルがはまる。そのためには、DFに足の速い選手を揃えることが肝要だ。高さよりも速さだ。もっとも、そのままはまるとは思えない。90分間走りきる力が無いと無理だから、無駄走りをしないことも重要だ。日本人に合った形に作り直してやればいい。
反則は極力なくす方向で。抜かれても追いつけばいいんだから。止めなくていい、コースを消せばいい。シュートを打たせてもいい。わくを外れていれば。

達人のサッカーを目指せ。
[PR]
by worsyu | 2013-11-09 14:43 | サッカー | Comments(0)