<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

愛すべき自己

去年の年末は安倍首相の靖国神社参拝で、国内外で賑った。
この靖国神社の問題はいろんな問題を孕んでおり、いかようにも問題提起できるし、解釈もできる。

私は、つまるところの話をしたい。
結局、先の大戦の最大の責任者は、日本では昭和天皇であったということは紛れも無い歴史的事実なのだということなのだ。
これは、現在、70歳以上の人たちは皆思っていることだろうし、認めざるを得ないことなのだ。

実質、開戦時、昭和天皇は傀儡状態であり、お飾りでしかなかった。政治的権力は軍部が握っており、天皇は権威のようなものでしかなかった。(今のタイ国の状況を見れば理解できるだろう。タイも日本と同じように、王族は象徴としてのみの存在にならないと、政権は安定しないだろう・・・)従って、戦争責任としては、実質上は無いに等しいものだっただろう。しかし、憲法上では最高責任者-統治者として明記されている。今の北朝鮮を見れば理解できるだろう。

戦後、アメリカは日本を統治するために天皇制を維持することにした。それは、今後、永遠にアメリカが日本を支配下に置くことを日本側に認めさせる人質-保証のようなものだった。天皇の権威を保証する代わりに、政治的権力と結びつかないように、平和憲法を作るように仕向けた。その際、靖国神社の問題も出たが、国の保護を受けないということと、憲法で十分と思ったので、問題にしなかった。

さて、戦争犯罪人とされた人たちは、天皇の名のもとに戦い、死んでいった多くの兵隊たちと同じと思えないことも無い。死んでしまえば罪は消える。贖罪はなされたと思い込みたい。それは、遺族たちの思いであっただろう。罪(濡れ衣を着せられて)を背負って処刑場の露と消えていった人たち。それを哀れむのは人の情として理解できないわけではない。本当の罪人は天皇であるからだ。
しかし、彼らは天皇に罪が及ばないことを知り、喜んで死に臨んだ。自分たちの死が天皇の身をお救いしたという満足感さえあっただろう。
「天皇陛下万歳」という叫び声を上げて死んでいった多くの兵隊と同じ気持ちだったのかも知れない。
その頃の人たちは天皇のためなら命は惜しくないと思っていたのだ。信じられないだろうが。

年を経て、遺族たち、又、ナショナリズムに溺れたい人たちの中では、故人の想いとは別に、悪いことをしたわけではない、という想いが強くなっていく。名誉回復を望む気持ちが起きてくる。更に、国を想う気持ちは尊いという気持ち。更に、歴史の再評価、再検証を望む声が大きくなってくる。(もちろん、彼らの中で、天皇の為に死ねる人など一人も居ない。これは確かなことだ。)

戦後、ナショナリズムを謳うことは、どこか罪深いことと思われていた。だから、無国籍的な文化が氾濫していたのだ。しかし、この空気を一変するある出来事が起きた。
それは、サッカーW杯である。

君が代を堂々と歌い、日本という名前を叫び、勝てば喜び、負ければ悲しむ。これはまさしく戦争の擬似体験に近いものすらある。こんな楽しいナショナリズムを忘れることなどできない。もっと楽しむために、もっとナショナリスティックになっていいし、気に入らない外国をもっとけなしてもいいんだ。煽ってもいい。これまで押さえ込まれていた感情が一気に爆発した。

さて、ここまで書いてきて、突然結論を言う。未来を見るならば、未来をデザインするならば、偏狭なナショナリズムに漬かっていてはいけないということだ。
一番大切なことは、自分が何をやりたいか、であり、何を望むかであり、そのために何をなすべきか、なのだ。自分を大切に。家族も大事、子どもも大事。でも、自分自身が一番大事。そのために、愛すべき自分になるために、勉強し、働き、善行するのだ。
私は言いたい。自己愛こそが、隣人愛にも勝る。
それが原点だろう。

ラブトリニータは自己愛の延長になければならないものだ。そのために、われわれは努力してもいいんじゃないかな。

因みに、私は、近年、春日神社に初詣に行くことにしている。
[PR]
by worsyu | 2014-01-24 12:59 | ひまネタ | Comments(0)

武田洋平に期待するしかない

大分トリニータの今シーズンのラインナップが決まった。
GKは丹野をセレッソに戻し、武田を取った。丹野には期待していたが、もう居ない。清水も福岡にレンタルである。これで戦えるのか?J1を経験した2人を放出して、武田に賭けたわけだ。もし、武田が怪我をしたらどうなるのだろう。室、上福本で対応するしかないわけだが、不安は残る。その分はDF陣でカバーするしかないか。
少なくとも、武田は飛べるのか?丹野も、特に清水は飛べなかったので、そこに期待したい。上背もあるので、DFがコースを狭めればかなり対応できるはずだ。
心は強いのか?どんな状況でも、どんなに挑発されても冷静な対応ができるのか?失点しても動揺することはないのか?等々・・・

そのDFだが、当然のことながら、4バックだろう。これは決まりだ。阪田、高木が居るので、ある程度は安定する。それに、安川、若狭が延びているのでそこにこ期待したい。サイドバックに走力のある選手があまりいないので、土岐田やチェ・ジョンファンに頼るしかないか。
中盤は為田、木村を中心に両松本もいるし、ジョナサンがどこまでやれるのか?宮沢、マンシャの代わりになるメンバーはいるのか?ボランチとして据えるやつがいない。不安定さは否めない。
FWは森島が抜けた以上、得点は下がると考えていい。後藤は10点は取れるだろう。高松も10点近く取れるかもしれない。怪我さえなければ。伊佐がどれくらいやれるのか?5点くらい?西にはあまり期待が持てない。同じく5点くらいだろう。4人合わせて30点。他のメンバーで10点取ったとして、総得点は40点になる。為田や松本がブレイクしても2人合わせて10点くらいか。甘く見て、全部合わせて50点。これは、5位~15位相当になる。失点を少なくすればいいわけだが、おそらく、50点以内に抑えないと上位には食い込めないだろう。それだけ、守備的な戦いを前提にして勝負するということになる。
その覚悟でやらざるをえない。ペース配分を考えて、後半に体力を温存して効率的に試合を進めていく必要がある。またそれだけの体力も必要となる。
得点が40点で、失点が50点以上になると16位~20位に沈んでしまう。

武田が丹野のように大分で伸びれば、期待できる。素質はあるんだから。後は、読みだろう。GKの良し悪しは、この、先を読む力があるかないかで、半分以上は決まる。

ここがある程度計算できれば、DFの攻撃参加への配分が決まる。全てがセットされる。
開幕戦を見れば大体わかるだろう。
そこから、3試合くらい見れば修正能力や適応力、チームコンセププトの決定が成される。それで大体前半の勢いがわかる。

期待したい。いや、するしかないのだ。
当然だが、丹野、清水以上のものを求めていく。
(ほとんどギャンブルに近い布陣だ。)

大分王国実現のために。
清く正しく、美しいサッカーをめざして。

とは言え、正直、全く計算できない。同じく降格した磐田とは雲泥の違い。前を向き、頭を上げて、正々堂々と戦おう。日本サッカーの未来のために。
それしか無い。精一杯応援するしかない。
[PR]
by worsyu | 2014-01-20 12:27 | サッカー | Comments(0)

小野田さんの格言

なぜか朝から小野田氏の格言を読み返していた。
虫の知らせだろうか。不思議な縁を感じる。彼から私にシグナルが発せられていたのだろうか?
以前にも小野田氏のことは書いた。経歴のことはそこに書いた通りだ。所謂超人である。
私はその辺りのネトウヨではない。むしろ、逆だろう。しかし、彼の極限状況から得た考えから得るところは多い。真実があるからだ。

「世の中には出来そうにないことでも、やらなければならないことがあるし、できることでもやってはいけないことがある。この判断基準こそが、その人の価値を決める。」
安倍総理の靖国神社参拝はどちらなのだろうか?又、細川元総理の都知事選出馬はどちらなのだろうか?もっと下世話な話で、結婚の判断はどうだったのだろうか?転職の判断はどうだったのか?・・・


「生まれた時は自我ばかり、生きるためには自制と自律がなければ。」
とかく、日本人に個人主義の感覚は薄いと言われる。その点、比較的大分県人は個人主義的傾向が強いとも言われる。これは小藩分立で強い藩がなかったせいで、平等主義があり、又、キリスト教の普及も影響しているのかも知れない。しかしながら、自らを律し、社会の規範を守る意識は大切なことである。ルールには意味があるということだ。

「豊かさは自分の心で感じるもの。不便さは何とでもなる。最後は自分の五体で何とかなる。」
本当の豊かさとは何か?永遠のなぞだ。しかし、極限状況を経験している彼にとっては、どんな状況においても何とかなるという信念があるし、実際、何とかしてきたのだ。

「計画どおりにいかないことは沢山あるが、思い通りにはいくものだ。不満などどうってことはない。自分の満足度を少し変えればよいのだから。」
これもそうだ。楽天家である。底を知る人間の強さがある。不満なことなど個人の主観であって、どうでもいいことなのだ。今の状況でもある程度満足することはできる。計画をやり遂げる意志があればそれは幸せなことだ。

彼が本当に望み、やろうとしていたことは、日本人の誇りを取り戻すことだったのだと思う。それは、靖国などの小さな問題ではない。
彼の言動から真実を見出すことはなかなか難しい。しかし、その裏にこそ真実の想いが見える。



ご冥福を祈ります。
[PR]
by worsyu | 2014-01-17 11:17 | 時事ネタ | Comments(0)

東龍の路線は間違っていない

東九州龍谷の優勝を逃した試合は残念だった。紙一重の差で負けてしまった。
長崎の九州文化学園の田中を止められなかったことに尽きるわけだが、その策は無かったのだろうか?・・・
ブロック要員として、吉丸(181)や竹内(183)を使うことは考えられなかっただろうか?という疑問がある。
情に流されたのだろうか?
仮に入れていたとしても、止められたかどうかはわからない。しかし、ワンポイントでもやる価値はあったと思う。
ただ、敢えてそれをやらなかったのだろう。それは、ここで勝つよりも大切なことなのだろう。今後を見据えた選択だったのかもしれない。

東龍の技と九州文化の力の対決だったわけで、力が勝ったということか。彼女らの腕力はすごい。筋力トレーニングをやっているのだろう。体つきが大人である。
しかし、女性にとって、この年代で過剰な筋肉トレーニングをすることに、私はあまり賛成できない。
アナウンサーは田中に対して「東京オリンピックのエース」と叫んでいたが、果たしてそうだろうか?
今や世界は185センチ以上のアタッカーでないと通用しない。ロシアやブラジルなどは190センチ以上がゴロゴロいる。そんな中で日本は木村沙織が185センチである。新人で期待される大竹にしても183センチ。岩坂は187センチあるが、伸び悩んでいる。
そこに170センチの田中が入ってくるはずがない。仮に入ってきてもエースにはなれないだろう。
高校バレーに特化して強化してきた結果、彼女らは優勝を勝ち得たわけだが、その先が無い。
もちろん、東龍の選手にしても、全日本に入ってくるような選手は2、3年に1人居るか居ないかだろうが。
過度な筋力トレーニングを高校生に課すのは、成長期の骨の発育を阻害することも考えられ、増強剤を使用しようとする輩さえ生みかねない。

ところで、東龍はいつの頃からか、美人が多くなってきた。キャラ立ちし始めた。比金や熊本がそうだ。確かにかわいい。多くのファンが付いた。今やレッドドラゴンはブランドでもある。追っ掛けも出てくる。幸い、来年以降は今のところさほどかわいい子も居ないようなので、昔の強くて、憎たらしい、東龍に戻ってくるのではないか?と期待している。

それにしても、赤いユニフォームで長袖をたくし上げる姿は何ともクラシカルでいいねえ。

人気、実力を備えた東龍を維持するのは並大抵のことでは無いだろう。しかしながら、現体制の路線は間違っていないことを今回の大会で披露できたと思う。敢えて言うならば、やはり、力強さに欠けていたかもしれない。主砲の不在をカバーできなかったということかも知れない・・・・
[PR]
by worsyu | 2014-01-14 11:14 | ひまネタ | Comments(0)

柳亭市馬

柳亭市馬の落語を久しぶりにTVで見た。衛星放送なので、一般の人は見ていないだろう。
演目は、「七段目」と「大工調べ」であった。
去年の今頃にも、私は彼の落語を論評していたと思う。その時は「上手いのはめちゃくちゃ上手いのだが、何だかちょっと面白みに掛ける。艶が無い」みたいなことを言ったと思う。
しかし、今回、見て、聞いて、まるで違う。
一言で言うと格があるのだ。
「七段目」は、得意とする歌舞伎ものであるので上手さが光る。面白かった。結構長い話なのだが、最後までダレずに聞けた。
「大工調べ」は唸らせた。与太郎のアホさ加減と棟梁の気風の良さ。大家の意地汚いながらも貫禄も感じる微妙な風体と大岡越前守の裁き具合のきれいさを見事に演じ分ける。恐れ入りました。嫌味じゃないのがいいのだ。上品であるのだ。棟梁のべらんめえの啖呵に感激した。涙が出そうになる。美しさを感じるのだ。それを大分県出身の人が演じることが、とてもすごくて、うれしい。
この1年で随分器量が良くなった。落語協会の副会長に就任したそうだが、さもありなんと思う。
今や、兄弟子の小三治はおろか、当代落語界随一の噺家となった感がある。師匠の小さん以上の器もある。スケールの大きさを感じる。
私は、古今亭志ん朝を越える噺家はもう現れないと言ったが、今は、それに近い位置に居る。唯一、眼の肥えた客を呼べる噺家として柳亭市馬を推したいと思う。聞く価値のある噺家なのだよ。
独演会で大分に来ることも多い。幸せなことだ。この価値観を共有できる人が増えることを願う。
[PR]
by worsyu | 2014-01-06 18:24 | 芸能ネタ | Comments(0)