「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

吉木りさの巧みさ

ちょっと気になる吉木りさ。
グラビアだけど、結構司会やレポートもそつなくこなす。
昨日、BSで足立区沿線の旅レポートをやっていた。小菅を散策。駄菓子屋を訪ねる。子どもとの会話も上手い。店は年中無休でやっているそうで、90歳のおばあさんと会話。上手いこと引き出す。聞き上手。おばあさんは東北から親戚の紹介で嫁いできたという。体は丈夫な方で、マラソン選手でもあったという。そんな話まで引き出せる吉木りさ。
西新井に移って、そこで或る男兄弟と待ち合わせ。自宅で三味線を披露。国内はもとより、世界中を演奏で飛び回っていると言う。
吉木が「実は私も民謡は小4から習っていて・・・」
「じゃあ、いっしょにやりましょうか」
「秋田大黒舞で」
そして、三味線の音色に乗っていく吉木の声に驚かされた。こりゃ本物だ。民謡の声が出てきてびっくり。しかも、なかなかのもの。三味線を弾いていた兄弟も終わった途端、感嘆の声が上がった。
この娘の評価が倍以上に上がった。
会話の中に知性も感じる。鼻に付かない。男目線で申し訳ないが、非常に男を喜ばせてくれる。

引き合いに出して申し訳ないが、指原には、これがない。一芸がない。あるのはただの勢い。今の地位を維持しようとすると、消耗するばかりで、結局はゴミのように捨てられ、過去の人になるだろう。
指原よ勉強しろ、と何度も言っている。来年、卒業でもいいのではないか?役者の道へ進むにしても、もっと人間の幅を持たないと。

吉木の巧みさはそこにある。芸能界で生き残るべきものをいくつも持っている。素を出さないことでタレント性を維持できるというのがある。男は虚実の際の部分を求め、好むというのがあるので、それを知っている吉木はすごいと思う。

 

 


 


[PR]
by worsyu | 2014-03-28 10:17 | 芸能ネタ | Comments(0)

強さと弱さ

カマタマーレ讃岐戦。
北Q戦に続いてまったりした動きである。パスが遅い。短い。細かい。狭い。それでもミスをする。まあ、仕方ない面もある。慎重になるが故なのだろうか。
このテンポじゃだめだね。今のパス速度が2倍になったら、このチームすごいぞ。
PKの1点だけだったが、強さが見えた。でも同時にこれじゃあ、まだまだだという感慨もある。
試合開始から30分間、どっちもどっち。しかし、そこから次第に讃岐の動きが落ちていく。魂が抜けたみたいに閉じこもり始めた。
当たりが強いし、ラフプレイも多い。これがJ2。醜いものだ。しかし、これに応じてはいけない。我慢しなければ。
不必要なファウルは、その場しのぎで、結局は自らの首を絞めることとなる。
讃岐のDFのラフプレイは、結局、PKという形に終結した。これは他人事ではない。大分もこの道を歩んではいけないのだ。
田中輝希のイエローは、やはりやりすぎだ。必要ない。自分をコントロールできていない。
チェの動きは躍動的で、攻撃面も守備面でもいい働きをした。しかし、あの刺青は何だ。何を考えているのだ。テープを巻いて隠せ。勘違いをしては困る。君のプレイには熱い魂を感じるが、それをコントロールできなければ、試合に出る資格はない。
阪田と高木のDFはJ2では信頼できるレベルだ。J2では、ある程度予想した通りに動く。しかし、もし、不確定な動きをされたり、イレギュラーがきた時、対処できるだろうか・・・
危険なプレイで一か八かで身体で飛び込んでくる輩は別にして、わずかな確率を求めた攻撃で破られそうになった時のリスクをどう軽減化するのか。カバーの決め事を整え、キーパーの負担を少なくする必要がある。
GKの武田は思っていた以上に安定している。技術も高い。久しぶりの逸材である。J1へ昇格するためには、GK武田の活躍は絶対に不可欠だ。彼の成長を願って止まない。そして、失点よりも怪我の方が心配である。
チームは、まだまだ連携が取れていない。細かいミスが続く。しかし、そんな中でも、可能性を感じる。熟成すればもっと良くなる。焦らず、パスの精度とスピードを上げていけば、自然と点は取れるようになるだろう。
無理なプレイをする必要は無い。反則覚悟でプレイする必要は無い。もっと志を高く持って欲しい。勝利や勝ち点はもちろん欲しい。しかし、それは手段であって目的ではない。いっしょにサッカーを楽しみ、作り上げたい。心をいっしょに戦いたい。
清く正しく美しいサッカーは見ていて楽しいし、応援したくなる。たとえ、1-0であろうと、0-0であろうと、たまに負けても、全体のサッカーを見れば、彼らが目指すものをいっしょに追求したくなる。

京都、湘南、磐田。これらのチームとどう戦うかだ。そこで真価が問われる。それまでにチームの熟成を進めていかなければならない。チームも選手個人も、そして、われわれサポも成長しながら、サッカーと向き合いたい。



 


 


[PR]
by worsyu | 2014-03-17 20:06 | サッカー | Comments(0)

正しいサッカーをやろう

私は、去年から、トリニータの方向性は、「清く、正しく、美しく」だと言った。これは願望である。しかし、そうなって欲しい。
協会が指針を出す前から、私は、大分トリニータの方向性は日本サッカー協会の希望と合致するはずだと言明した。
それは、吉武氏のサッカーに対する考えの延長戦上に大分トリニータのチーム、クラブ、サポーターが乗っていけば、必ず、全てが上手くいくはず、ということを意味している。
子どもの頃からサッカーを通じて人間形成をしてきた人間が、プロになった途端、勝負のためには嘘を平気でついたり、騙すプレイばかりをしたり、危険なプレイで相手を傷つける行為をしたりして、勝負第一主義に徹してしまう。それは、本来のサッカーのあるべき姿ではない。(熊本VS松本の試合を見たが、今の熊本は、勝負にこだわりすぎて、間違った方向に向かっている気がした。ある意味、昔の大分を見ている気分もした。もう、こういうサッカーは見たくない。)

清武が対ブレーメン戦で見せたフェアプレイに対して、ブンデスリーグは、公式youtubeチャンネルで賞賛している。
スポーツマンの鏡であると。

過去において、大分トリニータはナビスコ杯を制覇し、J1で堅守速攻というスタイルを確立した。しかし、それを支えていたのは、決して「清く、正しく、美しい」サッカーではなかった。そこから抜け出さないといけない。一旦、それを忘れる必要がある。
これをやるには、勇気がいる。反則を犯さない勇気。判定に抗議しない勇気。さらに、自分たちに不利になろうとも、スポーツマンとしての誇りを堅持し、自ら非を認める勇気。すなわち、紳士たらねばならない。
平たく言えば、マスコミが作り出したサッカーに対する軽いイメージを払拭するために、努力しなければならない。「やべっち」に背を向ける覚悟が必要だ。

浦和サポが差別的なダンマクを出したようだ。これまで、私は何度も指摘してきた。彼らの精神的な表現方法のその根幹には、明らかに、差別主義がある。それは、設立当初のコアサポから始まっている。反モラルであることが粋で、格好良いという、ファッショのごとき体裁を纏うことを是としているのだ。それが、サポーターに熱を与えることとなり、又、マスゴミを使って騒動を煽る。これは、戦略であって、叩かれることが人気に繋がることと信じている。残念ながら、結果としてJリーグでは一番の人気を得ている。それは、それだけの民度なのかも知れないが、長い目で見た時、その方向性が間違っていることは必ず実証されることになるだろう。そうでなければ日本サッカー(Jリーグ)に未来は無いだろう。

私は、過去において、浦和レッズはJリーグにふさわしくないから、退会させるべきだと主張した。その考えは今でも同じだ。
選手たちは、それを是としているのであり、クラブも是としている。当然、下部組織の子どもたちも是としているだろう。そして多くのレッズサポも是としているのであるから、彼らの生命線でもある差別主義をなくすことは不可能なのだ。

 

世界広しとはいえ、差別主義を是とし、擁護するクラブなど浦和くらいだろう。



 


[PR]
by worsyu | 2014-03-11 11:50 | サッカー | Comments(0)