<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

落語協会次期会長

落語協会の次期会長に柳亭市馬がほぼ決定?なるかも?という噂が耳に入ってきた。
(これは噂であるから本当になるかどうかはわからない・・・)

柳亭市馬とは、大分県豊後大野市緒方町出身の落語家で、現在は会長の柳家小三治の補佐的な役を引き受けていた副会長でもあった。最近の小三治は持病のリウマチが悪化し、病気がちで、高座に上がるのも一苦労といった具合だったが・・・

市馬が、もし、落語協会の会長に決まると、もちろん、これは、九州初の快挙である。

大分県は私が何度も言うように、外輪式東京アクセントという特色ある地域である。他の九州各県が崩壊型のアクセントで、聞き取りにくい話し言葉からすると、非常に聴きやすい。しかも、小藩分立であったためか、上下の差を示す敬語形式の言葉はあまりなく、平等意識が強い。だから、他県の人が聞いたら、ずいぶん乱暴な言葉に聞こえるらしい。
博多弁と比べればわかる。博多弁は商人言葉である。回りくどく、ばかていねいで、細かく区切って、相手に本意を伝えず、ごまかす言葉である。だから、筑豊や久留米の人間からすると、女々しい言葉に聞こえるらしい。熊本弁などは、我々大分県人からすると、乱暴な男勝りな言葉に聞こえる。対等な間柄ではストレートすぎるくらいズカズカと土足で入ってくる印象もある。どこか、韓国に似た風情がある。たくましさを感じる。といった具合だ。

とにかく、大分県から、江戸の下町文化である落語の頂点に立つ人が出たことは、本当に快挙であり、彼の努力と才能に感嘆するしかない。

奥豊後から東京へという図式は今までも何人かいたが、文化面で頂点に立つということは、彫塑家の朝倉文夫以来ではあるまいか?(大分県という形では指原女史に続いてということか・・・文化人では、高山氏以来か・・・)

彼の落語については、前に紹介したが、品がある。
これは、多くの落語家にはなかなか真似のできないことである。下町口調というと、べらんめえ、すっとこどっこい、と、乱暴な威勢の良い様が思い浮かぶ。しかし、その裏に、彼らに対する愛情や深い理解がないと、味が出てこない。ただ、真似をしているだけになってしまう。
市馬ももちろん初めは真似から入ったのだろうが、勉強をし、理解し、愛し、育み、熟成させ、芸に昇華させている。

江戸落語は、もはや、東京だけのものではなく、日本を代表する文化となったということをここに私は宣言したい。
そして、その担い手にもっともふさわしい噺家は柳亭市馬であるということもここに記して置きたい。
[PR]
by worsyu | 2014-04-28 14:46 | 芸能ネタ | Comments(0)

強いボランチが欲しい

湘南戦は残念な結果となった。
今の大分のサッカーは、パスでつなぎまくって、シュートまでの形を作るところで終わりである。点が入ったらラッキーってやつだ。つまり、点取り屋がいない。
相手は、プレスを早く、強くやればいい。それでパスミスが起きる。そこを狙うだけ。
つまり、自滅するのを待てば勝てる。
昔の、堅守速攻などとはほど遠い。

これで、監督が更迭されないのが大分の現状であろう。つまり、勝利よりも優先されるものがあるから続いているだけだ。
若手育成と言えば聞こえはいいが、結局は、2軍のかき集めである。J1が見えているチームと見えていないチームの差が出たと言われても仕方がない。

このチームが活性化するための近道は、得点感覚のあるFWだろう。点を取る才能というのがあって、それは、上手いとか、強いとか、それだけではない。人に負けないポイントがいくつかあって、それを上手く組み合わせて点に結びつけるテクニックと言った方がいいか。それと嗅覚をもっているかどうかも重要だ。
しかし、それが望めないのだから、育てるしかない。つまり、1-0で勝ってきたというのは、それなりの理由があるのだ。

守備陣が崩壊の危機にあるのか?そちらの方が心配である。高木、阪田は、安定しているが、彼らに頼り過ぎだ。システムでもっと安定した守備ができないのか?なぜ、相手をフリーにさせるのかがわからない。1対1で負けなければ、それで十分なのだ。不必要なスペースを与えるのは、守備で2対1を作ろうとして自ら崩しているからだ。

誰か、守備を教えてやれる人間はいないのか?もっと、守備の練習をやってほしい。

パスのスピードが速くなれば化学変化が起きて、すごいサッカーができるかもしれない。

パスとは、自分の保持から一旦フリーな状態になり、味方に渡す。その間が危険なのだ。それでも、確率として、70%~90%大丈夫ならパスの選択をするのは正解だろう。しかし、60%以下の確率でパスをするのは、相手に奪われるリスクを負うことになる。
苦し紛れにパスをして相手に奪われる。それならば、体を張って保持して時間を稼いだ方がいい。そこで奪われても、カバーリングができていたら守備への切り替えはスムーズである。組織で戦うということはそういうことなのだ。
安易にパスをしていたら、本当の意味で支配していることにはならない。廻されているだけだ。

急場の一策は、ボランチがもっと守備に貢献することだろう。反則を少なくすることも大切なことだ。今の6対4で攻撃に傾いている形ではなく、逆に守備的に考えを変えれば、守備は安定する。CBの負担を少なくするためにも、両ボランチの役割は重要である。

サッカーはルールの厳しい格闘技である。基本は身体をぶつけ合うことだ。基本に帰ってボールの保持と守備の重要性を再認識してほしい。
[PR]
by worsyu | 2014-04-23 10:56 | サッカー | Comments(0)

遷都 大分へ どう?

日本も事ここに到って、起死回生の一手が必要になってきた。
多くの方はご存じないか、知ろうとしないかだろうが、日本政府の財政状況は破綻寸前である。
日本経済が崩壊する前の乱痴気騒ぎで浮かれていられるのも後、何年だろうか?10年持つだろうか・・・
その時の為に、私は、今のうちに提言しておきたい。
遷都だ。
大分に遷都すればいい。

まあ、東京や大阪以外ならどこでもいいんだが、穢れていない地という意味で大分は良い地であると思うよ。
最初に言っておくが、これは私の妄想ではあるが、理にかなっている論であることを認識して欲しい。
主たる目的は、巨大化して機能不全に陥っている中央官公庁の一掃と縮小、そして機能改善にある。日本が破産すれば一番に要らなくなるのは、役人どもである。一度、解雇して、規模を大幅に縮小して再雇用する必要があるからだ。そのためには新しい地が必要なのだ。これまでも、日本の大変革の時は遷都をすることで、官僚機能の回復と経済の再生を図ってきた。そして、とうとう、その時が来たのだ。東京は江戸から平成までの400年余り、世界一の都市として発展してきた。しかし、事ここに到って、その幕を下す時が来たのだ。
東京は遷都以後も日本最大の都市として存続していく。しかし、政治機能は移すということで、日本の舵取りの使命は持たないことになる。日本再生のためには、どうしても必要なことなのだ。

まず、場所であるが、これは、宇佐平野でいいだろう。ここに、半径1kmの巨大な球状の施設(コア)を作る。ここに全ての政治機能を集める。地上に出ているのは、全体の3分の1程度、地下部分にその3分の2が埋もれている。周りを液状のもので覆い、浮かせることで耐震性を持たせ、ここを新霞ヶ関エリアとする。
国会議事堂はどうするか、最高裁判所はどうするか、天皇はどうするのか、という問題は、後回しでいいだろう。

障害となる問題は一つずつ消していけばよい。
大分は何よりも、関西、関東、九州、四国を束ねる位置にあり、言語的にも東京に近いアクセントでもある。今までの無駄を一気に解消させるには行政改革しかない。その一番の特効薬が遷都なのだ、ということを言いたい。
国民の税金を集め、配分する。その権力を一手に受けて肥大化し、後戻りできなくなった。官民の癒着も激しく、公正なビジネスを阻害し、既得権に群がる者を排除できなくなってしまった。

大分に移れば、半分は東京に居続けるだろう。コアを設けることで、肥大化を防ぐことが出来る。これはその象徴なのだ。

 

 

 

 

 


[PR]
by worsyu | 2014-04-03 12:48 | ひまネタ | Comments(0)