<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウリナラマンセー

この「ウリナラマンセー」という曲を知ったのはつい最近である。正直昨日だ。

もう、10年も前に作られたというから驚きである。
とにかく、楽しい。というか、にやけた笑いをしてしまう。

作者は「不詳」という方。右翼の方なのかどうかわからぬが、すごい人だ。
麻原音頭のようでもあり、小林あきらの音頭のようでもあり、植木等の無責任音頭のようでもある。

韓国の主張を全て入れこんで歌いあげているところがすごい。韓国側が言っていることをそのまま載せているだけなのだ。それで笑えるのだからすごい。
それから、韓国に対する愛も感じられる。最後の歌詞を歌わなければ韓国の人ともいっしょに歌えるね。


近年、韓国側からの日本バッシングが続いているが、私は、この曲を歌っていればいいと思う。この歌を歌うことが憚れるような時代の空気では却って危ない。

自由な空気の中で、尊重できる部分は尊重し、笑える部分は大いにバカにしていいと思う。

もちろん、韓国側はあまり良い気もちではないだろう。内容的には大体真実だが、なぜかチャカされている気分がする。

つまり、バカにされているのだから。

北朝鮮が軍事色を前面に出して誇張した音楽を付けてニュースを読むのと同じく、韓国側の主張もスーダラ節っぽく読んでいるわけで、同じだということに気づくだろう。

アメリカが他の民族や文化を馬鹿にして笑っている前提には、相手の国を基本的に尊重しているという面がある。
これは、福沢諭吉翁にも言えることで、唯我独尊。自由と平和を尊ぶ精神、心があれば、笑う権利は保障されるというわけである。

この曲を聴きながら、韓国人や他の国の人たちといっしょに笑いたい。東京じゃできないかもしれないが、大分ならそれができるかもしれない。

「ウリナラマンセー」は私の中では今年カラオケで歌いたい曲の一つに入った。

とりあえず、当分の間、毎日口ずさむことになりそうだ。
結構気に入っている。
旋律が頭から離れない。
[PR]
by worsyu | 2014-07-24 13:33 | ひまネタ | Comments(0)

癒しのラーメンを求めて

先日、久しぶりに福岡へ遊びに行った。

福岡空港の駐車場がいつの間にか5階建てのタワーになっていた。

夏休みで親の田舎に遊びに来ていた東京の子供が、「福岡は田舎だから暑いなあ」とほざいていた。
彼にとっては、田舎=暑いところということになるのだろう。
いわゆるクソガキである。まあ、親の教育がなっていない。福岡に行くとよくいる。しかし、こいつは福岡の親に育てられた東京っこである。だから同じか。

夜、博多と名のつくラーメン店でラーメンと餃子とチャーハンを食べた。

大分ではよく行く。ここも同じように美味しいのだろうという安心感から入った。

まず、麺は大分よりも固めである。「バリ固」などと頼もうものなら本当に鉛筆の芯が入っているのか?と思うくらいの麺が出てくるから注意。「固め」でも思っているよりも硬い。

問題は、チャーハンだ。
これはまずい。おそらく、ご飯の炊き方が悪い。水気が多すぎる。米が悪いのか?油が足りない。じとじとしている。ねぎ油でコーティングされて、ピカピカしているのを想像していたのだが、その光沢は無く、蒸された感があった。ねちねちしているのだ。舌の上で転がる快適さが無い。

これは炒飯じゃないね。

断じて言う。福岡のチェーン店でも、大分の方がおいしいということはある。

そろそろ、ここも卒業か。ちょっとあっさり感のある、大分に昔あったようなラーメンも探してみようかな。物足りなさもあるが、懐かしさがある。所詮ラーメンだし。

炒飯、餃子とセットで初めて評価できる。

まるで蕎麦のように。ラーメンもこの3つが揃ってはじめて形となる。

私のスタイルではそうなる。

そろそろ、自分に合ったラーメンを探そうかな。
[PR]
by worsyu | 2014-07-23 15:04 | 地域ネタ | Comments(0)

トンボの羽根

以前、ここで紹介した純国産飛行艇のUS-2について。
ご存知の方も多いと思うが、この飛行艇は世界最先端の技術で作られている。あの辛坊治郎が遭難した時、高さ3メートルの波に着水し、見事に救助したというあの飛行艇だ。

エンジン部分はロールスロイス社製で、4発積んでいる。強力なエンジンと機体の軽さ、揚力を作る設計の3つがあって初めて実現するものだ。

ここに、日本文理大の航空宇宙工学科教授に小幡章(おばたあきら)という人がいる。この人は、トンボが台風の時も、風の弱い時も空中に安定して浮かんでいることに着目し、その研究をしている人だ。
微風小型風力発電をペットボトルで試作したことで、多少は知られた人だが、彼の研究は、それにとどまらない。
トンボの羽根による揚力発生のメカニズムが解明されたことで、少ない風でも揚力が得られる翼を持てば浮かぶというのだ。

これをぜひ、US-2の翼に採用すれば、時速20キロくらいで浮かぶことができるかもしれない。そうすれば、エンジンももっと小型化できるし、国産エンジンでもできるようになる。航続距離も5000キロを越えるくらいになる。
1機あたりのコストが下がる。騒音も低くなる。

話は変わるが、まずは、東京オリンピックの開会式用にスタジアム外でゴリアテやギガント、タイガーモスらを浮かべてみたいね。
宮崎ワールドを作り出したいね。みんなで知恵を出し合って。これは、誰が何と言ったって近年の世界に誇れる日本の文化であるよ。
すでに長野パラリンピックで久石さんがやっているんだよね。これはよかった。オリンピックはダメダメだったけど、こちらは素晴らしかったよ。

トンボの羽根が世界を変える。空に浮かぶ一歩となるのだ。
[PR]
by worsyu | 2014-07-15 11:18 | ひまネタ | Comments(0)

台風一過ではないが

超巨大台風のふれこみだった台風8号。
大分市内では大した影響も出ず、昨日は浮き浮きした気分の人も多かったのではないか?
台風が来るとなると何だかうれしい気分になる。それは、学校が休みになったり、生温かい雨と強風に何故だか知らないが、気分が興奮してくる。
これは、台風に慣れ過ぎているなのかもしれない。ニュースで盛んに「気を付けてください」なんて言われても、平気の平左で、家の中で結構お菓子食べてテレビやビデオ見て楽しんでいる。

結局、台風は鹿児島、熊本-宮崎を横断して、太平洋岸を東上して行った。
大分の朝は一部青空が覗いていた。
まあ、完全に過ぎ去ったわけではないし、後から雨が降ることもあるので。台風一過とまではいかなかったが。
大体、大分市内は、四方を山に囲まれているおかげで、概ね守られている。内堀がそれで、外堀は英彦山から九重連山、祖母傾連山の外堀があり、天然の防壁となっている。川の氾濫と土砂崩れが怖いのだが。(東京なんかは、富士山のおかげで助かっている部分が大きい。しかしながら、一旦、水が溢れるとあっけないくらい都市機能が麻痺してしまう。東京オリンピックの際に集中豪雨が来たらどうするんだろうね。影響の出る競技も出てくるだろう。)

オランダは残念だったね。でも、試合はどちらかというとアルゼンチンが押していた。最後の2枚、攻撃的に行ったのが流れを引き寄せたか。
お互いに守備と攻撃のバランスと統率は取れていた。だから、0-0でも十分面白かった。真剣勝負だった。
体力的というよりも精神的にPKの連ちゃんは無理だったか。メッシは外すわけないし。

コロンビアVSブラジル戦で思ったのは、日本ではありえない汚いプレイでカードも出ず、試合が終わったことに疑問を感じた。日本のレフェリーなら、あそこは流さないだろう。試合には関係ないから流したのだろうが、あり得ない。線審が怠慢である。

こんなサッカーは見たくないし、こんなにまでして勝ちたいとは思わない。

オランダが優勝できないからといって、彼らのサッカーの素晴らしさを否定する気にはならない。ベスト8以上に常に入っていることはすごい。


大分トリニータにラドンチッチが入ってくるそうだ。結局、そこにすがるしかないか。

だったら、もう、最終ラインを上げ過ぎるのはやめてほしい。
高木は守備固めで使え。
後藤は後半のカウンター要員にしろ。
GKは武田に戻せ。他の選択肢はありえない。
来シーズンのボランチをそろそろ探しておけ。

千葉戦では、ブーイングが出たそうだが、そりゃそうだろ。

このままなら、松本山雅でも応援したくなる。その方がよっぽど楽しい。
「乗換歓迎」

地域密着に胡坐を組んで何の魅力も感じなくなってしまうチームには、少しずつサポーターも離れていくだろう。

舐め過ぎだろう。

ニータンを長浜神社で見かけたが、人が囲むわけでもなく、さびしい想いをしただろう。
これが現実なのだよ。


最後の拠り所としては、吉武イズムの追求と発展しかないのではないか?
吉武氏が示した日本サッカーの指針を実現させることが大分トリニータの存在意義になる。
それだけで絶対の存在になる。
ただの地方クラブじゃ満足できない。
求心力が欲しい。
[PR]
by worsyu | 2014-07-10 13:27 | ひまネタ | Comments(0)