「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

負けない気持ち

やっぱりね。
ラドンチッチが退団した。

これは偏見でも何でもなく(偏見だろ!)、ボスニアとかスロベニアだとかは信用できないんだ。
何故?
彼らは紛争で宗教、民族で粉々になった人々なんだよ。かわいそうな人々なんだよ。だから、信じられるものは家族だけ。そして、金。

ラドンチッチを責めるのは酷だろう。或る程度予想できていたことだろう。
子供が生まれ、故障している選手を獲得した。しかし能力はずば抜けている。
リスクを覚悟で獲得したはずだ。
結果はこの通りだ。

今、私がクラブに言えることは、背水の陣であるということ。もう、下がることは許されない。後ろの道は断たれた。頼るものは自分たちの気持ちだけということだ。0-0で進んで決勝点を入れる駒は無いということ。爆発することは無い。
相手が隙を見せた時に必殺で点を取らなければならない。それを見逃さない集中力とチーム力が試されるのだ。

讃岐に対して1-0という結果は、今の実力を表している。そして、最終戦に湘南に勝つ確率は低い。実力では負ける。普通に戦えば負ける。勝っても、自力では昇格トーナメントに出られるかどうかわからない。でもやるしかない。心が折れたらそこで終わりだ。

たとえ、残っても、そこから勝ち進むには、魂のサッカーをやらなければならない。それができたら、道は開けるだろう。

ここから這い上がるには、何かが必要だ。何かが足りない。何か。

みんなでできることを考えよう。

ラドンチッチが居ればJ1でも十分戦える陣容になってきたのだ。そこは来シーズン考えればいいことだ。だったら、J1に行く権利はあるだろ。

今は1-0で勝てる力を研ぎ澄ますこと。
[PR]
by worsyu | 2014-11-17 17:53 | サッカー | Comments(0)

シャムスカという夢

トリニータ再興のために、シャムスカ招聘は一つの選択肢ではある。

シャムスカ招聘基金を作るまでもなく、シャムスカが来れば、スタジアムに再び足を運ぶ人が雨後のタケノコのように現れてくるだろう。一度見れば満足するという人もいるだろうが、シャムスカのトリニータを応援したいと言う人はかなり多いと思う。

ただし、問題がある。シャムスカは、過去の栄光にとらわれてはいけない。結果を求めるあまり、有名選手やブラジル人選手を連れてくるという常とう手段を使ってはいけない。
得点力のある外人FWを獲得できず、低予算で好成績を上げるためには、シャムスカのカリスマ力しか頼れない。そんなものは、いつまでも続くものではない。すぐに成績が落ちて、過去の名声も地に落ちてしまうかもしれない。(あの時は、西川が居たし、森重も居た。エジもいた。何もかも状況が違う。)

しかし、それでも、たとえ、成績が芳しくなくても、トリサポや大分市民、大分県民はシャムスカを愛すだろう。彼は英雄だからだ。
大分にサッカー文化を広めた功労者として、永遠に讃えられる存在だからだ。

昔、アウディのフロントパネルに油性マジックペンでシャムスカのサインを入れている人がいたが、羨ましく思った。それは今でも変わらない。むしろ、今ならチャンスとさえ思う。

シャムスカグッズをクラブが出したら、すぐに飛びつくだろう。経済効果は数億円に上るだろう。
それは、日本中のどんなに金満のクラブに行っても起きない現象だろう。

久米宏から再び大佐に戻る日が来ればいいのに。いやいや、着物だってよく似合う。羽織袴も似合うだろう。大分の観光大使としてモデルになってほしいね。
別府や湯布院あたり。夕暮れ時にゆかたにはんてんを着て、下駄履きで街を散策、なんて絵になるよね。

ところで、そろそろ太鼓の応援辞めませんか?うるさい。数が多すぎ。太鼓の音で声援が消される。歌わない奴が多すぎ。楽しくない。ゴール裏に行きたくない。
松本の歌の応援を聞いていて、その素晴らしさに感動した。松本の応援は良い。いっしょに歌いたくなる。千葉は嫌い。最近、マイナー調の歌を歌うサポが多くなったが、あれは嫌いだ。

ここで再び、大分トリニータに帰ってくることは、彼の経歴の中では後退になるのかもしれない。そうさせないために、バックアップしなければならない。もし、そうなったらの話だ。
まあ、無理かな・・・・・

夢を見るのは自由だろ。

田坂氏がやるというのなら、やればいいわけなのだが。
[PR]
by worsyu | 2014-11-11 14:55 | 地域ネタ | Comments(0)

終戦

終わったな。
今まで夢を見させてもらってありがとう、ということか。

失点の場面の分析は、もう一度見ないと何とも言えない。
メンタル弱すぎだろう。こういう時はベテランが落ち着かせてやらないと。

サイドの選手の西と安川がいなかったのが、結局、穴となって埋められなかったたわけだ。
だったら、中央を人数を掛けて守るとか、やり方はある。リードしているんだから、終わらせ方をしっかりやればよかったのだか。未熟である。

今シーズンを象徴するような戦いぶりだった。勝つために何をすればいいかがわかっていない。攻撃の形や、球の流し方が上手くなっただけ。勝つことは二の次。できたら勝ちたい程度か。
高松なんかは、外から見ていてわかっていたはずだ。危ないって。

今日の試合は、GKの強さの試合でもあると思っていた。磐田、千葉、それぞれに問題のあるGKだった。それなら、大分の武田の方が上じゃないか?ダニエルさんが入ってCBも安定した。高木のチョンボもカバーしてくれる。
しかし、結局、その急造のCBに頼り過ぎて、穴をカバーしようとしなくなった。カバーの意識が無くなれば、いつかは穴が開く。そして、それがロスタイムに起きたわけだ。
武田は安定している。あまり、ポカをやらない。しかし、スーパーではない。今回3失点中、一つでも防ぎきれなかったか。ここを一つでもGKの読みで防いでいたら成長するんだけどなあ。

守備の意識が希薄すぎる。三流チームにありがちなルーズさがある。この建て直しは、守備の構築ができる人でないと・・・・・・緻密な守備の構築と練習をやれる人がいないものか・・・・
シャムスカ・・・・・じゃなくてもいいけど、誰か居ないものか。新しい監督を呼ぶほど余裕は無いか・・・・?

まだ、終わったわけではないと言うが、私の中ではもう終わった。水戸戦に勝つことは、J1への切符の一歩めだった。「資格があるよ」と言われる試合だった。その試合に負けたわけわけだから、「J1の資格無し」と言われたわけだ。

若手を育成して、やがて、みんな旅立って、また1からやり直し。こんなクラブじゃいつまでたってもJ2止まり。それでいいのなら、田坂で十分じゃないか。下手に大金使って外人選手を持ってきても、費用対効果ではマイナスだろう。ましてや、元日本代表選手なんかいらないし。

J1が益々遠くに見えてきた。それでも、千葉にしても、磐田にしても、J1に行けるチームだとはとても思えない。しかし、大分が消えたことで、磐田と千葉の決戦は、磐田が逃げ切れるかどうかの試合になると思う。

もし、万が一、チャンスを貰えたら、今度はしっかり戦って欲しい。守りはやることをやれば防げる。今のところやっていない。やる気がないのか?やらないのか?やる必要が無いと思っているのかのどれかだと思うが。
それじゃあ、だめなんだよ。
もちろん、勝たなければ上には行けないわけで・・・・・
「修羅場上等」を掲げて、勝ち進むしかない!!
[PR]
by worsyu | 2014-11-10 10:36 | 芸能ネタ | Comments(0)