「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トリガールのユニ

「トリガール」の存在が大切なことは、私は以前から言っていた。彼女らの存在は、サッカーのPOP化、人気の向上に欠かせない。
他のクラブサポがロックテイストで男臭ぷんぷんであるのとは少し違うからだ。
というか、大体、大分市に若い男が少ないというのがある。(ついでに言うと、九州男児=男尊女卑というレッテルは大分には当てはまらない。自由を好み、個人主義。新しいもの好きで、祭り好き。外人大好き。である)

J2からJ1への昇格や、ナビスコ杯制覇を知らない人も多くなってきた。
2012年に再びJ2からJ1に上がった時、その時に来ていたユニフォームは、それまでの黄色を加えることを辞め、白色が襟と袖に入ることにより、とても明るく、清潔感のあるユニフォームに変わった。
2014年は、その白が無くなり、ぐっと締まった青になった。少し地味であり、ちょっと大人っぽい。
できれば、再び、白を入れて清く正しいチームカラーと合致することを望む。

2012年の昇格を決めた試合のダイジェストを見ながら、このクラブはJリーグに無くてはならない存在であることを痛感した。
西村氏が主審をしていた。
まるで、大分が主人公で千葉が引き立て役になっているかのような映像であり、試合の流れだった。何度見ても気持が良い。(我々にとって)

「トリガール」と言っても、まさにトリガールと思える人たちはそれほど多くはない。
掃き溜めに鶴。たまたま、かわいい人が居ることがある。子供連れであることが多い。それでも、やはり、30代前半までは正真正銘のトリガールと呼んで良いのではないか?また、レプユニが更に可愛く見させているのだから、そこにトリガールの価値があるのだ。

2012年~2013年のレプユニを着たトリガールは本当に清潔感があり、可愛く見えるから、欲しい人は探してみたらどうだろうか・・・・・

それから、ゴール裏のおばちゃんたちの温かい母親のような包容力に、引っ張られる形でトリサポも変わってきた。
他チームに移籍した選手たちがゴール裏に挨拶に来る。
「帰ってこい」「がんばれ」などという声とともに、コール、チャントが歌われる。
これも大分トリニータゴール裏の文化であろう。

大分トリニータのコールリーダーが女性になる日も近いと感じる。

おまけの話だが、大分には「うえつふみ」という神話を記述したものが存在する。知る人ぞ知るものだが、これは、日本神話をより詳しく記述しているもので、興味深いものである。
そこにある神話は、母なる山-祖母山から始まる。
母親の慈愛に満ちた心は大分の豊の心である。

これは大切にしたい。誰が何と言おうと。

これからは、「トリサポ」同様、「トリガール」も全国的に認知させていきたい。
[PR]
by worsyu | 2014-12-27 11:23 | 地域ネタ | Comments(0)

hideの先覚性

昨日、久しぶりというか、ほとんど初めてまともにhideのPVを見た。

1998年5月に33歳で亡くなっているので、もう16年も前のことになる。
クオリティーが高いPVになっているし、勢いがある。日本が一番輝こうとしていた頃を象徴している。

あの時代、世紀末の日本でのhideは最高に格好良かったのだということがわかった。

ロックであり、ポップであり、サイケであり、パンクであり、歌謡であり、何とも言えない混沌とした中に身を置く面白さを感じる。

音楽的には、何だか幼稚な感じもしたので、ビジュアルの流行の中に生きた人という印象が当時は強かった。

しかし、今聞くと、新鮮に感じる。音楽もそうだが、衣裳、スタイルが面白い。
古くない。彼のまわりだけ、何故か時代を越えている空間に見えてくる。

後追い自殺者も出たりして、当時の若者の支持を得ていたhideだが、X-JAPANのその後の迷走を見ていると、彼の進む道に希望があったという気もする。

hideの世界観はオリジナリティ溢れるもので、先駆者としての偉大さを感じる。他人が作ったものでない、感性の強さを感じる。
[PR]
by worsyu | 2014-12-13 13:27 | ひまネタ | Comments(0)

豊の国

野上弥生子の小説で、最高傑作であるとされるものに「秀吉と利休」がある。
茶の達人であり、総合芸術家として政治的な腕も振るった千利休。それに対して、権力闘争に明け暮れて、権謀術策の限りを使って政治をつかさどった秀吉。
あることが秀吉の逆鱗に触れ、切腹を命じられる。
助命嘆願を伺い出ず、利休は切腹を受け入れる。
芸術家として、引けない部分を持った利休は見事である。
対する秀吉も政治家として、引けない部分があったのだろう。

世の中、盛り上がらない選挙である。

最近、政治家とは何なんだろう、と思う。
政治家にとって、命を掛けて守るものは信条であろうし、国の行く末を思って主張する政策であろう。
しかし、聞こえてくるのは、金の話ばかりだ。「国から貰う補助金のために清き1票を」というのは、何だかおかしい。
国のお世話になっているような感覚を押しつけられるのは何だか癪に障る。
これまでだって、無視されてきた。それでも生きてきた。大分は中央からは疎外された存在ですらあった。それでもここまで生きてきた。却って豊かさの創出を工夫してきた。

大分は豊の国である。本当の豊かさとは何か。少なくとも、品や格を落としてまで、金は欲しくない。金は欲しいが知恵を使って、誠の力で作り出したい。(大体、国は破産状態なので、今更、望んでも高が知れている・・・信じたい人はどうぞ。四国と結ぶなんてたわけ話には笑ってしまったが・・・)

たとえば、掃除である。ゴミの処理である。
身の回りの街中に落ちているゴミを拾うこと。トイレを綺麗にすること。いろんなボランティアがある。身近な年寄に声を掛けること。それだけでもいい。郷里に帰って、実家の掃除を久しぶりにやってみる。それだけでいい。
国家の洗濯はそういうことから始まる。
県民一人ひとりが掃除する気持ちを無心でやり始めることで、国が動いていく。
大分銀行ドームの掃除だって、好きでやっている。それでいい。
試合が終わって帰る時、落ちているゴミを拾う。それだけでいい。

心の豊かさを大事にしたい。それが本当の豊の国につながると思う。
[PR]
by worsyu | 2014-12-09 17:49 | 地域ネタ | Comments(0)

驚き桃の木

ジェフの気、というやつですか?
山形は見事でしたね。素晴らしい。
前線からプレスを掛ける。競り合う、走る。あきらめない。
DFの集中力も見事。カバーリングもしていたし。
大分は見習うことだらけだ。
それにしても千葉はどうしちゃったんでしょうね。

最後にはGKの差が出たね。
それだけじゃなく、DFの差もある。

そして、またしても谷澤のおかげで山形に運気を渡してしまった。
「俺が俺がプレイ」で千葉の攻撃がカッチカチになってしまった。

まったく変わっていない。

まあ、一生懸命やっているし、チームを引っ張っているのはわかるんだが、頼られて、自発性が他の選手からなくなってしまう。

山形は、最終盤に来て、チーム力が上がってきた。そのままの勢いで勝ちぬいた。しかし、問題はJ1に上がってからだ。

1-0で逃げ切れるほどJ1は甘くない。せめて、競り合った試合を拾うためのポイントとして、投入する選手を集めることだろう。

5分で結果を出す選手。決定力のある選手を探し出すことだろう。

J2降格チームは、徳島、セレッソ、大宮となった。

徳島は小林体制のままなので、昇格トーナメント狙いか・・・
セレッソはガンバのようになりたいと思っているだろうが戦力の保持が難しく、外国人に頼ることになるだろう。
大宮は、千葉に近い存在。資金力はあるので選手は集まるのだが、人気が無い。一度落ちてしまうと、なかなか上がる機運が出てこないかもしれない。昇格トーナメントには必ず絡む。

我が大分なのだが、どうなんでしょう。ここ数年のDFの乱れ、低下は高木が去ったことでやり方を変える良いタイミングかもしれない。しかし、DFを組み立てる人がいない。戦術を持った指導者がいないので、今のところダニエルさん頼みか・・・
武田はいっそうのレベルアップと覇気を望む。最後は武田頼みになる。大分の守護神になれるかどうかが試される。

大分で特筆すべきは、女性に人気があるということだ。なぜだか人気がある。おばちゃんにも人気があるが若い子に人気がある。他にないのか?
でも、あのブルーのレプユニを着た姿がとてもかわいい。前から言っていたが、上手いアレンジをして、かわいく整えている。
トリガールは、美人で、かわいくて、お茶目で、優しくて、気さくで、色が白くて、スタイル良くて・・・と皆が皆そうではないのだが。この大分色を出したトリガールの存在は出色である。
ウケ狙いではなく、自然な盛り上がりを演出してくれているトリガールの存在は大分トリニータの特徴と言えるだろう。

いずれにしても、関東などで行われるアウェイの試合に、トリガールが押し寄せる光景は面白いので、ぜひそうなることを願っている。

関東在住のトリガールを大分スタジアムに招待したいくらいだ。そのくらいのことやってもいいよね。(カープ女史みたいに)


「トリガール」って勝手に名付けちゃったけど、いいのかな?・・・・

まあ、自分の中では「トリガール」なのだ。

このトリガール目当てに数少ない男どもが来るという構図も考えられなくもない。
[PR]
by worsyu | 2014-12-08 11:24 | サッカー | Comments(0)

J1昇格プレーオフ準決勝

山形が磐田に勝ちました。
これはどんでん返し、奇跡なのでしょうか?

私は、以前、磐田恐れるに足らず、と言いました。何度も磐田の問題点を指摘しました。(特にGK。今回はそのGKの差も出ました。)
特に、トーナメント、一発勝負ですからね。

磐田有利のまま試合が進み、最後の最後。ここで逃げ切れるかと思って、弱気になった瞬間、手のひらから幸運が逃れてしまいました。

山形にそこまで必死にJ2に上がろうという気持ちがあったのでしょうか?私はそこまでの物ではなかったと思います。
むしろ、磐田が墓穴を掘った観がある。
勝手に自滅したのです。

守るということを軽く見ていたからこういうことになる。
逃げ切るということの難しさがわかっていない。
これは監督の差でしょう。
だから、名波じゃ無理だと言ったんです。

それは、クラブもそうだし、磐田サポもどこかで、許す気持ちがあったからでしょう。
選手は微妙な空気を感じ取ってプレイしています。

さて、それでは、千葉との戦いで、山形は勝てるでしょうか?
それは難しいでしょう。
千葉は大分が脱落したことでほとんどプレッシャーから解放されました。
そして、磐田も脱落しました。
油断するほど、千葉に余裕はありません。
連続して昇格に失敗しているからです。
同じ轍を踏むほどばかではないでしょう。
ポイントを外さなければ、必ず勝利できます。

千葉は死に物狂いで点を取りにくるし、必死になって守るでしょう。
精神的に優位に立ち、しかも、全力で戦ってきます。
3-0くらいの大差で勝つかもしれません。

しかし、昇格できたからと言って、千葉は戦力を補強しないと降格争いに巻き込まれるでしょう。
やはり、DF力が弱いです。ここを補強しないと・・・・
ボランチも不安定。
穴だらけです。
FWの得点力も足りない。外人FWの補強は絶対ですね。

もともと資金力はあるので、しっかりと補強すれば生まれ変わったチームになるでしょう。

もし、山形に勝機があるとしたら、審判の誤審くらいしか無いでしょう。
それで、千葉が浮足立ったら、修復できなくなる。

それくらいでしょうね。

でも、今の千葉はそんな軟じゃない。
[PR]
by worsyu | 2014-12-01 17:09 | サッカー | Comments(0)