<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マッサンが提起した民族差別問題

「マッサン」での堀内敬子演じる美紀さんの描き方には問題があった。
どうしても、このエピソードを入れたいという作者の意図はわからないでもないが、中途半端に終わっている。
あの場で美紀は反省し、民族差別の醜さに気付き、謝るという設定を持ってきたが、それはおかしい。
彼女に反省の場面を与えることで、救済しようとしているが、それはごまかしているだけだ。
あの頃は、まだ、戦局もまだ維持できたいたかもしれないが、欧米人に対する風当たりはひどいものがあった。
ドラマの中でも、石を投げられる、侮蔑した言葉を投げつけられることが婉曲に表現されたいるが、もっとひどいことがされていた。

美紀を欧米人を怨む鬼女として描くことで、本当の民族主義の恐ろしさを描くことができるところを、涙を流させて終わらせている。
人間の本当の恐ろしさ、愚かさを描いていない。
(しかしながら、日本は外国人の財産を没収したり、アメリカが行ったような隔離政策をしたわけではない。これは重要なことだ。国内と国外では違った対応をしているわけだが・・・終戦前の爆撃が行われ始め、市民を巻き込んだ形になると、対応は変わってくるのだが・・・そういう意味では、大分の竹田市で起きた米兵の治療行為は、まさに奇跡そのものである。加藤医師の先見性と人間性、及び竹田の人たちのヒューマニズムと気品にはただただ脱帽である。何度でも機会があれば褒め称えたい!)

「堀悌吉」でもちょっと触れたが、彼は反戦主義の海軍提督である。彼を含む海軍の良識派は実際にあったわけで、軍国主義に凝り固まった陸軍とは分けて考えるべきで、今回のドラマで、海軍がエリーを救うというエピソードはおかしいわけではない。
朝ドラという制約の中で、この問題に触れたことだけでも評価できると思う。多くの日本人はエリーの人間性の優しさと気高さと考えに共感しただろう。
ただ、それを美紀の口から説明っぽく語らせる必要もないわけで、しかも、美紀が語ることに違和感を感じる。

武谷ピニロピの半生の方がもっと多くの日本人に知られることになれば・・・と思ってしまう。
彼女の生き方になぞって思いをめぐらすことが、本当の日本を知ることになる。
ドラマ化が難しいのは、夫の物理学者-武谷三男の方に問題があるからだろう。反原発の物理学者として描くことのむずかしさが伴うからだ。
ジブリでアニメ化してくれたらなあ~・・・・・短編でいいから・・・
[PR]
by worsyu | 2015-02-23 12:36 | ひまネタ | Comments(0)

堀内敬子の演技力

「マッサン」を見ている。
エリーはどうなってしまうのか?
特高にスパイ容疑で連れられていくんだろうが、気になるのは、あの親娘なのだ。

特に特高に声を掛けられた中村美紀(堀内敬子)だ。
彼女の眼付が何かに脅え、又、怒りを押しこんだような表情をする。この伏線は、彼女がスパイであることを匂わせる。しかし、果たして朝ドラでそこまでやるのか?という疑問もある。

実際、ここまで描いているドラマを国営放送で作られ、流されることは、評価していいと思う。
もう、そろそろ、本当のことを描いても良いのではないか、という気持ちがずっとしていた。ヨーロッパもアメリカも戦争の真実の姿を未来への教訓として、そして、現在の自分たちを正当化するためにも積極的に描こうとしている。
そんな中でのこの「マッサン」だ。

日本が人種・民族差別に対してどういう描き方をし、それを国民がどう受け止めるか、で日本文化の民度が計られるのだ。

堀内は、例の「博多よかばい食品」の経営コンサルタントの(鼻もちならない)横浜女だ。良く演じている。
果たして、彼女に救いはあるのだろうか?

特高もそうだが、彼女をどう描くかでこのドラマの評価が決まると言っていい。

エリーを演じるシャーロットは素晴らしい。美しい涙を流せる女優である。日本人でこれができる女優はなかなかいない。感情を解放する術を持っている。堀内やデコ役の黒島結菜は、エリーらと対極にある人間であり、彼女らの演技力でこのドラマの重さが決まる。

ちなみに、劇中歌の「The water is wide」は、以前、私がトリニータが優勝した時に流してほしいと言っていた歌だ。悲劇の歌だが、希望を追い求める歌である。
私は、歌手は天使の歌声のシャルロット・チャーチでお願いしたい。(ウェールズ出身だが・・・)
[PR]
by worsyu | 2015-02-19 18:25 | ひまネタ | Comments(0)

堀悌吉-傑出した海軍人

大分に昔、堀悌吉(ほりていきち)という人がいた。杵築出身である。

この人は太平洋戦争の時の山本五十六の心の友であった人である。

とにかく日本海軍始まって以来の秀才として、その名は海軍中が広まっていた。
困ったことがあったら堀に聞けば解決する。
牧歌的な雰囲気もある初期の海軍の中で、堀の才能は皆から尊敬され、愛され、また、頼りにされた。

この人は、戦争が始まるまで、昭和初期の軍縮会議まで表舞台で活躍した人です。
それは、あの日露戦争の旗艦であった三笠に搭乗し、東郷と共にあの場にいたという。若い頃から華々しく、日本海軍のホープとして期待され、それにまた応えていた。

彼は、フランスへ留学し、語学だけでなく、文化や芸術も理解しようと、必死になって図書館に通い、また、舞台芸術や美術館にも通ったそうである。

フランスの個人主義は、どこか大分県人の気質とも相通じるところがあったのかも知れない。

彼は軍縮会議に同行し、条約派(海軍省側)-穏健派とこれに反対する艦隊派(軍令部側)-強硬派とが対立する中、徹底した平和主義者として持論を展開した。つまり、海軍とは、平和を維持するために必要最小限の力を保持するべきで、分不相応に増強したり、ましてや、暴力で地域を獲得するなどは言語道断という考えである。
正義の戦争などはあり得ないと言ってはばからなかった。

これは専守防衛の考えであって、当時としては極めて珍しい。理屈に合わないことに身を投じることを恥じた。

「お前は口を開いても、世界と大分のことしとしかしゃべらんなあ」とからかわれると、
「郷里がまず大切なこと。郷里のことを解決できずに、世界は語れない」と言ったそうだ。

同感である。とことん、郷里のことを考えること、ないがしろにしないことで、初めて国家のことを語ることができる。郷里を大切にしない言論は無益である。

堀は、その後、海軍から追放される。「大角(おおすみ)人事」である。

心友山本五十六は、堀追放の報に接し「巡洋艦1個戦隊と堀悌吉とどちらが大事だと思っているのか・・・・」と憤慨したという。

当時の海軍の中でも、良識的な人たちは、この戦争に勝ちめが無いことはわかっていたが、一方で急進的な考えを持つ人たちは、彼らを抵抗勢力とみなした。

軍隊を追われた堀のその後は、航空機会社の社長をやり、また、戦後は造船会社の社長をやったりであった。

彼は、戦後、もし、自分が軍の中枢の要職に付いていたならば、何かしらもっと上手くやれたのではないか、と述懐したそうである。

不遇の提督と称されるが、彼の考え方は戦後日本のさきがけとなっている。

こういう人材を大分県から排出していることは偶然ではない。

近年、山本五十六の心友という位置づけでしか語られないが、彼がワシントン軍縮会議で果たした平和への想いと軍の理論はもっと評価すべきであろう。

少なくとも、大分県人は彼を誇りに思ってほしい。
[PR]
by worsyu | 2015-02-14 18:28 | ひまネタ | Comments(0)

まだ見えてこない

スカパー・ニューイヤーカップ福岡戦。0-1。

岡本がPK外して、試合の流れは福岡へ。

ダニエルが居る間は何とかしのいでいたが・・・

後半替わったキムがひどすぎ。
動きが遅いから、球をキープできない。
反応が遅いから、抜かれる。止めるために反則。
しかも無駄な独りよがりの反則。そこから失点。

若狭は相変わらず甘い。しかも、小さいところで相手に嫌がらせをする。
館内ブーイング。そりゃそうだろう。

後半はまるでやる気なし。
というか、動きが止まった上に、負けの流れの中なので、攻撃が繋がらないし、守りもクリアするだけ。
消極的。

浦和とは全く違う。浦和はGKがゴールラインを割らせず、そこから攻撃が始まる。無駄な時間を作らない。
攻撃のリズムを継続させる。考え方が違うからだろうか。

攻撃と守備は表裏一体。攻撃につなげるための守備をやらないと、攻撃にリズムは生まれない。だから、トリニータの攻撃には連動が無い。ぶつ切りだ。タッチを切ってもそこから流れをつなごうとする気持ちが無い。だから、攻撃が切れる切れる。これじゃあパスを後ろで廻していても攻撃のリズムとはならない。


DFでは新人の鈴木が安定しているので使えそう。若狭よりは安定している。

エヴァンドロ、アルメイダと点取り屋が入ったので、そこに繋がる関係が構築できれば、後は守備固めとなる。

ダニエルが潰れたらそれでおしまいだ。

DF陣のレベルが低い。失点を少なくするためには、ダニエルをCBにするのか、ボランチにするのかで全然違う。ましてや、欠場となれば、ほとんど崩壊に近い状態になる。

新人の鈴木や福森に期待する部分は大きい。又、山口にも期待したい。この3人の内、1人は確実にレギュラーに入って欲しい。

DFの構築を早急に!!

誰か教えてやってくれ!!臨時コーチ急募!!
[PR]
by worsyu | 2015-02-10 11:12 | サッカー | Comments(0)