<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

けがをして走れない

Francfranc(フランフラン)の社長である高島氏の仕事や人生に対する考えや生き方が興味深い。
彼は、マラソン、トライアスロン、サーフィンなどをやりながら、社長業も立派にやっている。その見事さの裏に何があるのか?
遊べない奴はダメ。
遊ぶことってすごく難しい。
楽しくなければやっても意味が無い。
楽になる瞬間がある。そこからがんばればいい。無理をしない。無理をしてがんばると長続きしない。耐える時は必要。
つまり、遊ばなければいい仕事はできないということ。これはバブルの時に聞いたような話だが、実際にそれをやって会社を成功させている人がいるのだ。
そこにはやはり秘訣がある。他人が真似できないことがあるのだろう。
ただ遊べばいいというものではない。人と人との繋がり。社会を知らなければ商売は成功しない。
ただ走ればいいというものではない。楽しくなければ走る意味が無い。

ところで、川上伸一郎氏=ショーン・マクアードル川上(Sean McArdle Kawakami)の件は、第2の佐村河内事件のようで、 芸能界、テレビ界の魑魅魍魎の跋扈を裏付ける奇妙な出来事ではある。
しかし、大分県じゃなくて良かった~。
何と言うか、あそこは親切というか、サービス精神というか、ほらっちょやいい加減さを許す気風というか、愛でる文化があって、ちょっと我々には理解できない精神風土があるのか?お隣なのに随分違う。
やたら明るい。訛り言葉。卑下するかと思うと尊大であったり。自己顕示欲強過ぎ?
車も派手なやつが多いし・・・・権力志向が強いんだろうなあ・・・・逆に反発する人も多いと思うが、両極端で中庸が少ないのではないか?なんて思ったりする。


トリニータは鹿児島に辛勝。まだまだチームは発展中か。
今回のウイニングゴールは一見BE-PALかと見間違えそうな表紙だったなあ。アウトドア志向?

情けないことに、最近けがをして、走ることができない。走ろうかと思っていたのに走れない事態に。
年寄の冷や水。ゆっくりあわてずにということができないから、怪我、事故を起こす。わかっているのに、原則を守れない。







[PR]
by worsyu | 2016-03-25 17:04 | ひまネタ | Comments(0)

美しいドーム

J3開幕戦。一言で言うと。戦っていた。
守備がかなり安定している。ダニエルと鈴木のコンビは鉄壁。
問題は攻撃力。得点力。最後に決めたのは後藤。
やはり、得点を取るのは才能、嗅覚。後藤はそれをいくらか持っている。
試合はほとんど大分ペースながら、得点できないまま進んでいく。一つのミスが失点につながる。それがJ1であり、J2でもあった。しかし、ここではそこまでには至らない。
結果として1-0の試合だったが、2-0であるべき試合だった。
チームとしての連動が感じられた。期待できるチームに生まれ変わったのを感じる。3試合~5試合見れば大体わかる。
リーグ最少失点記録で行ける可能性がある。
スタジアムで観戦したので細かい所はわからない。ドームの屋根が試合開始前に閉まる。芝は濃くきれいだ。このスタジアムは世界レベル。素晴らしい器だ。次世代に残せるものなら残したいね。トリニータはやはり大分の宝ではあるね。お荷物だなんて言われたくないね。
そのためにも、健全経営と資金力確保で建て直して欲しいね。
この環境でサッカー観戦できることは素晴らしいね。同じ値段で他のスタジアムだったら、たとえ、上位のステージであっても、もったいないとおもうだろうね。
開幕戦を見届けた大分の観衆はしみじみと感じたはずだ。
日本一きれいなスタジアムで好きなチームの応援ができる喜び、そして勝利の瞬間の喜びの共有。

ここから見る夕日はまた格別の綺麗さなんだよねぇ・・・





[PR]
by worsyu | 2016-03-14 12:51 | サッカー | Comments(0)