<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リスクを負って生きている

先日、聞いた話。東京から大分に手紙を出そうと郵便局に行ったら、「今、大分は大変なことになっている。出してもいつ着くかわからないし、おそらく、宛先不明で戻ってくるかもしれないから、止した方が良い」と局員から言われたとか・・・・

ふ~ん世間ってそうなんだ。
というか、関東から九州ってやっぱり遠いよね。沖縄よりも近いけど、九州は遠いってやつ。
まあ、いいけど。
同じ日本にいても正確な情報というのは流れない。情報格差というのもあるが、大抵の人たちは、大分も熊本同様の大惨事になっていると思っているみたい。それ以上思考を巡らせる努力をしたくないし、別に潰れようが無くなろうが、残念ながら、痛くも痒くもない。

珍しい地震体験ができて興味深かったと言えるほどだ。アトラクションとしては素晴らしい。ただで体験できたのだから。

地震におびえながら生活なんてしたくもないし、する必要もない。
みみっちいことなんかやめようぜ。

ていうか、結局、大分市は痛くもかゆくもなかったわけなんだけど・・・・

風評被害に会われている観光地の方々は、大変だろう。打ち消したくても、正しい情報よりも受ける情報が優先され、熊本の惨状のついでに大分と言う語が付け足されている。

もちろん、大分もゆふいん、別府、日田、玖珠、竹田で被害が出ている。温泉が出なくなったりしたところは死活問題だろう。建物の被害もある。
しかし、熊本とは次元が違う。
それを同列か、いいかげんな、だろう情報で済ますとは・・・。当事者たちの怒りの声が聞こえてくるようだ。

結局、正しい情報は、本当に欲しいと思い、それを求めれば得られる。じっと待っていたらとんでもない情報にまみれてしまい、判断を誤ってしまうということなのだ。
自分で情報をかき集めて、自分で正しい情報を選別し、判断し、行動しなければならないのだ。
しかし、昔と違って、それができるということが素晴らしい。個人のレベルによって、情報格差ができる。

そこにビジネスチャンスも生まれてくる。

大体、地震学なんて学問て呼べるのか?

関東大震災だって、都市火災が被害を増大させたものだ。東北大震災は津波と原発。
地震よりも付随して起きる諸問題による被害を考えるべきだろう。
シミュレーションしているんだから、嫌なら危ない所には住まなければいいだけだ。
でも、生きるために人は海っ傍に降りてくる。
考えればわかることだ。

政府がどうのこうのの問題じゃない。リスクを負って生活しているんだから、その分のリスクヘッジを掛けておけということ。

上から水が滴り落ちてくるのを口を開けて待っているなんて、情けないね。
神戸の人たちは偉大だったね。

自分たちでできることは自分たちの手でやる。

違うか?

違って結構!

考えてみたら、東京大空襲で爆弾の落ちた穴にいるのが一番安全だったという話がある。つまり、同じ穴に落ちる確率は低いということなのだ。
ということは、東北にしろ、新潟にしろ、神戸にしろ、そして今回の熊本、大分にしろ、地震による大きな被害がでたところには、当分安全だということ。却ってエネルギーが発散されたわけで、そこに投資するということはありだと思うね。

便乗で東九州ラインの重要性をアピールすべきかも、ね。
私が提唱している神戸・大阪と別府・大分を繋ぐ航路便増設の重要性も挙げておく!!!








[PR]
by worsyu | 2016-04-26 14:43 | 地域ネタ | Comments(0)

平平凡凡と時間が過ぎていく。

別に何も書くことは無いのだが・・・
地震はもう慣れた。
慣れた頃にズドーンと大きいのが来るとたまらないのだが、そんなこと考えたってしょうがない。
揺れるのに任せて、俺は平気だぜって強がりを言っている状況。
会社が休みになるわけでもなく、道路が寸断されるわけでもなく、電気も水道もガスも普通だし、コンビニもスーパーも普通。物流にもほとんど支障なし。
私の場合、母親の親戚が熊本にいるのでちょっと心配だ(これは、戦後の事情で大分から熊本へ移住したという経緯がある。母親は大分に帰って結婚したわけだが・・・他の兄弟はそのまま居ついたわけだ。)。玉名の方は大丈夫だったみたい。大分市と変わらない程度か。熊本市に居る方はちょっと大変だったみたい。

まあ、大分市は相も変わらずである。週末どうしよかなあ、とまた頭を悩ます。
はっきりいって、地震はもう過去のことになりつつある。
もし、街頭でインタビューを受けたなら、大変でした~怖かった~って演技してみようかな?

直下型地震というのに経験無い人は、わからないだろうね。

熊本に行けなくなると、宇佐方面しかないかなあ・・・・








[PR]
by worsyu | 2016-04-21 16:41 | 地域ネタ | Comments(0)

ゆふいんは穴場かも

今年のGWは、高速はダメだし、どうしようかなあ、と思っていたが・・・・
どうやら、ゆふいんは風評被害でキャンセル続出だそうだ。
これは狙い目だろう。
たしかにゆふいんも旅館によってはかなりの被害をうけているようだが、そうでもないところもあるので、狙い目だろう。地元にいてもなかなか泊まれないゆふいんだが、千載一遇のチャンスである。
別に火事場泥棒というわけではない。いちげんさんにはわからないご当地事情というか、被害状況を把握できない人には無理な芸当である。というか、私こそいちげんさんなのだが・・・
大分市の被害は、ほとんど無いといって過言でない。別府になるとちょっと違ってくる。あのB-conなどもひびが入っているだろうなあと思われる。既にひび入っていたしね・・・・・

大分の400年前の別府湾大地震による津波が来れば、駅前あたりまで浸かるだろうね。大きさによるけど。

今のところは、踏ん張っている状況。

それにしても、この際、あの四国と佐賀関を結ぼうだなんて馬鹿な考えはそろそろやめないか?
東大出た人が口にすることではないよ。真面目な顔して。
そんな金があったら、他のことに使って欲しいね。
大分駅前通りの再工事も勘弁してほしい。そんな無駄金使って情けない。
せっかく、街が明るくなったと思ったのに、元に戻るわけ?
勝手に銀座みたいと喜んでいたが・・・

まあ、どうでもいいや。どうでもいいことだから。












[PR]
by worsyu | 2016-04-19 08:52 | 地域ネタ | Comments(0)