天皇杯3回戦を見ながら

トリニータU-18が天皇杯3回戦で横浜FC(J2)と対戦した。
0-4で負けた。試合を見られなかったので、詳しいことはわからない。しかし、TVで京都サンガと新潟のジャパンサッカーカレッジとの試合を見ながら、「たぶん4、5点取られるかな、できたら1点入れて欲しいな」と思っていた。
京都とJSCは11-2の大差だった。
いくらなんでも11点というのはいただけない。そんなにレベルが低いわけではない。個人個人の技術は優れている。しかし、結局、強さがない。貪欲さがない。打開する方法を見つけることができなかった。中盤まで球が通らない。京都は、予測して、プレスをかけてくる。取られる。カウンターからサイドを崩される。DFの陣形が偏る。ずれたところにFWが走りこみ、シュート。きれいに決まる。
大分の方はここまでの失点はしないだろうと思っていた。それは、DFの力が違うから、そして、組織の力で失点はある程度防げると思ったからだ。
サッカーって、やっぱり、流れがあるんだよね。その流れを掴むためにも、きれいな球回し、シュートエリアまでの展開力、シュートの精度が求められる。そして、守備では、比較的高い位置でのプレスによるボール奪取。相手の攻めを予測して、球を追うのだけではなく、人の動きにも順応できることが大切なのだ。
DFは特にボールウォッチャーではいけない。先を読んで、防ぐ動きができるかどうかで決まる。時として、2人を相手に守る時がある。片方のパスコースを消しながら追い詰めることも大切だが、相手の考えを読み、防げるかどうかで、攻めの守りができているかどうかが決まる。優れたDFは、それができている。
プロとアマチュアの違いは、個人技が優れているということではなく、攻撃や守備のポイントをはずしていないかどうかということなのだ。一番重要なところで決める力がある。それは集中力というものだが、経験と流れを掴む嗅覚、そして、それを決める練習量からくる正確さ。
それにしても京都の若手攻撃陣は将来が楽しみだね。原も名古屋から来ていたし。何と言ったって天皇杯優勝経験があるから、気合が入っているのかな。
来年、宇佐に九州スポーツカレッジができる。来年は、トリニータU-18、新日鉄、日本文理大の3強に食い込んでくるのだろうか。それもまた、楽しいね。トリニータとの練習でますますレベルが上がっていけば、アマチュアでの3回戦突破という悲願達成も夢ではなくなる。
[PR]
# by worsyu | 2004-10-12 17:48 | サッカー | Comments(0)

トリニータのロゴが嫌い?

トリニータサポーターなら、毎日チェックしていると思われるアズッロジャッロ。そこの投稿で、こんなのがあった。要約すると。
「トリニータのロゴがダサすぎる。FC東京みたいにかっこいいのがいい。若い世代にアピールする意味でも、10周年を機会に変えてみてはどうだろう」と。
なるほど。確かに言えてる。
賛否両論が出ているようだが、私の見解は、以下の如し。
まず、デザインが変わっていくことは、悪いことではない。変化は組織の活性化を果たす。ただし、ブランド力を高めることに繋がっていないと意味が無い。ここが重要。
ダサいという感覚を持つことは大切。トリニータはダサくない。これは根本的に守らなければならない。(私は、日本で一番イケてるサッカーチームブランドになって欲しいと思っている)
4年に一度開かれるオリンピックで、毎回、問題になる日本選手が着る服装。たとえば、今回は、高田賢三氏だった。シドニーは森英恵。確か、バルセロナはイッセイ三宅。果たして結果は、名声とデザイン力は一致しないということが証明されたに過ぎない。
ちなみに、今回はユニクロや各種スポーツ関係者が入ることによって、修正が加わり、ある程度許せる内容だったかも知れない。(私は好きではない。だって、それ着て外歩けないよ)
デザインは、大切なことだ。それは、スタイルに繋がるからだ。もっと大きく言えば、ステイタスに繋がる。
我々は、トリニータというブランドをもっと、もっと洗練されたブランドに昇華させてもらいたいと希望している。グッズ-例えばタオルも日本代表と比べると、貧相である。負けている。Jリーグはおろか、日本代表、そして、世界の名門クラブや各国代表に負けないブランドであって欲しいんだ。
小室哲也氏やソフなどの力も借りて、よりよい方向に向えばいいのになあと思う。
ちなみに、エンブレムは、好きだ。「エヴァンゲリオンの”使徒”に似ているから」というくだらない理由で。
[PR]
# by worsyu | 2004-10-09 11:48 | サッカー | Comments(0)

疲れましたU-19アジアユース準決勝

韓国は強かった。あたりまえだ。
あの足の筋肉を見たか。筋肉が隆々とし、スピード豊かで、当たりが強い。日に焼けた顔色は黒く、精悍である。一方の日本の方はというと、ナヨなのだ。みんなどこかアイドルっぽい。ピンチになると、日本人の女どもは「キャ~」っと叫ぶ。これは、大分トリニータも同様だ。やめて欲しい。情けないではないか。女子プロレスではないのだ。
ついでに言うと、惜しい場面ではずした時に、「あ~あっ」と言うのは、やめて欲しい。イングランドみたいに、「イエイッ」とか、「ウゥゥッ」とか、気合を入れる声を上げて欲しいものだ。「もう少しだよ、ガンバレ」とエールを送って欲しいのだ。
さて、アジアユースは、残念ながら韓国に負けてしまった。BS朝日では、生中継していたそうだが、私は、OABで中継録画で観戦した。まあ、試合開始早々から、韓国の怒涛の攻め。よく失点しなかったものだ。われらが西川くん(GK)の好セーブもあり、何とか凌いだ。しかし、前半、ゴール前で相手に壁パスで走りこまれ、合わせられ、流し込まれた。韓国もこういうことできるようになったんだ。
そして、後半、攻撃の枚数を増やし、相手を押し込んでいく。しかし、時間がない。もうロスタイムだ。「ここまでかな」と思ったら、なんと、平山の柔らかいトラップと折り返したフワリとした球に国見高校の渡辺のヘッドで押し込む。同点である。思わず声が出た。
(負け試合をこうして、名残惜しそうに書くのは、どこか寂しいけど)さて、延長戦に突入。
勢いは五分五分。どちらかというと、日本の方が押し気味。でも、韓国の時折見せるカウンター攻撃には、冷りとさせられる。狙っているのが見え見え。
そして、またもや、韓国に決められる。強力なシュートなんだが。「2人も付いていて、何故、打たせるかなあ。コースを塞げよ」
西川くんのダイブも至らず、ゴールポストに当たってマウスに転がっていた。ここまでか。さすがに、今度は萎えた。負けたな。先手が取れない。受身のまま、試合の流れを掴めない。そういう意味でも韓国はしたたかだったなあ。
そして、「エキストラタイムも終わりかな」と思ったら、まさかの平山電柱ヘッドが炸裂したのだ。強い。高い。この男は、ヘッドだけでも使い道あるね。アテネで最後でも使えば良かったのにね。
延長も終わり、とうとう、PK戦だ。ここで、私も含めて、多くの日本人は、油断したと思う。その思いは選手らにもあっただろう。PK戦なら勝てる、と。
ところが、実際、蓋をあけてみたら、3人がワクをはずし、3-1で負けてしまった。
われらが西川くんも、ヤマがはずれまくりだった。スーパーセーブを期待した多くの大分県人には、残念な結果だった。老婆心ながら、一言言わせてもらうと、蹴るコースは、位置である程度、右か左か判断できる。つまり、球から遠いとフックができる。近いとできない。つまり、近い場合はインサイドで来て、逆に遠いとインフロントかインステップだ。そして、GKから見て、右か左の確率は、インサイドは左で、インステップは右の場合が多い。しかも、PK戦が初めての韓国なら、安全なインサイドで左に流すことは、ちょっと考えればわかるはずなのに。キーパーコーチは、ちゃんと指示していたのか。
まあ、とにかく、疲れた。個人的に日本代表にこんなに気持ちが入ったのは、西川がいたからだろう。大分県人、そして、トリニータサポの諸君は、楽しみ、苦しんだことだろう。西川に感謝である。
彼は、やはり、グッドパフォーマンスを見せたと思う。将来が楽しみだ。経験を積み、読みの守りができるようになると、更なる飛躍が期待できよう。
[PR]
# by worsyu | 2004-10-07 17:57 | サッカー | Comments(0)

君は西川周作を知っているか?

サッカーU-19日本代表で、GKの西川周作(18才)-大分トリニータU-18で、高校3年生。
アジアユース選手権準々決勝でオマーン戦との死闘を君は見たか。そして、PK戦で最後に日本に勝利をもたらした西川のスーパーセーブは、見事だった。
彼の何が素晴らしいかというと、抜群の運動能力と反射神経と素晴らしさ、そして、落ち着いたプレイは、風格さえ覚える。最近、日本代表の川口能活と比較されるが、潜在能力は、彼を上回るのではないか?
身長は183センチだ。もう少しあってもよい。185センチくらいまでいくだろう。しかし、キーパーは、身長も大切だが、何よりも、運動神経、反射神経、判断力なのである。彼は、キャッチング、ダイビング、キックと、3拍子そろっている。来年以降、大分トリニータの正GKとしての成長が楽しみである。
大分トリニータを優勝へ導く鍵のひとつとなるだろう。
それにしても、多くのトリニータファン、そして、大分でTVを見ていた人は不思議に思い、また、憤りを覚えただろう。あの、試合後のインタビューが、なぜか、平山だったことが。
テレビ朝日は昔から、こういった素っ頓狂なことをやる。人気選手への過度なひいき。それが、こういった形ででてくる。平山は、決勝点を入れたわけでもなく、キャプテンでもない。疑問は残る。百歩譲って、時間の制限の中で、たまたま近くにいた選手が平山だったということなら、テレビ朝日は、別の番組でもいいから、取り上げることをするべきだ。そうでなければ、偏向している、と批判されても仕方ないだろう。
大分県知事の広瀬氏は、大分朝日放送の顧問をしている。また、テレビ朝日の社長は、広瀬氏の実の兄である。この関係を誇大に強調する必要はないと思うが、このまま、この問題を通り過ぎるのならば、随分、故郷に対する思いやりに欠けると思われても仕方がない。
ぜひ、大分県人は、声を大にして、彼らに声が届くように、投書、メールで発言して欲しい。
[PR]
# by worsyu | 2004-10-04 18:13 | サッカー | Comments(3)

9.26熊本KKウィング

トリニータサポにとっては、貴重な経験となった。半分笑い話のような感じで、9.26の体験をお互いに語り合うだろう。
とにかく、暑かった。日差しが強くて、日向に出ると痛かった。こんな中で生活している熊本県人ってすごいなあ、と思った。
そして、あの集中豪雨。臨時駐車場に停めていた車は冠水したらしい。動かなくなった車もあったらしく、臨時バスで大分に帰った人もいるそうだ。
返す返す、ビッグアイがある大分は素晴らしい。
しかし、今回、もし大分のビッグアイで行われていたら、どうなっていただろう。
天気予報では、夕方から雨という情報もあったが、こういった突発的な雨の場合、判断が難しい。なにせ、入道雲がもくもくと出ていたとはいえ、その前までは、青空が一面に広がって、灼熱地獄さながらだったわけだから。
しかし、万が一、屋根を開いたままで始まっても、たとえ、開始30分前までに閉めるか開くか決定するとは言っても、この雨ならば、やはり閉めるだろう。選手、観客の安全を考えれば、閉めるだろう。去年の磐田戦でも、屋根が閉められ、外は大雨だったが、無事に観戦できた。ドームの恩恵を受けた。
大分スタジアム-ビッグアイは素晴らしい施設である。再認識した。われわれ、大分県人(トリニータサポは特に)は幸せ者である、駐車場も完備されているし。
平松前知事の功罪の中でも、この施設を建てたこと(建設費が適切であったかどうかは別として)、大分トリニータを作ったこと、W杯を誘致できたこと、は評価できるね。
熊本がうらやましがるのも無理はない。
熊本も遅まきながらJリーグをめざすチームを立ち上げようとしているが、道は険しい。
大分には、ビッグアイ、トリニータ、サポ、そして、それを支えるサッカー文化が花開いたと言える。根付いたね。我々サッカーに携わる末端の人間としては、盛り上げるよう努力を惜しまず、この先も支え続けていかねば。
[PR]
# by worsyu | 2004-09-27 10:40 | サッカー | Comments(0)

市原戦を前にして

浦和に負け、清水に勝った。そして、浦本はトリニータから去った。
浦和戦は、中盤でのプレスが弱く、スピードで粉砕された。
清水戦は、その中盤のプレスが効き、得点を許さなかった。
しかし、その分、攻撃の厚みがなかった。
浦本の退団は、仕方ないだろう。
さて、市原である。
前節、C大阪に3-0の完敗。しかし、実力はある、おまけに、大分
とは分がいい。大量点を入れられて負けることが多い。
清水戦のような戦い方をすれば失点は1点くらいで抑えられるだろう。
しかし、それでは勝てない。点を入れるために、攻撃に人数をかけ、
チャンスメイクをしなければだめだ。
C大阪は、大久保がハットトリックをした。彼のような爆発的なFWは
大分にはいない。高松、マグノ、吉田、西山、木島といるが、1点勝負
に持ち込むしかない。
MFの原田と小森田が走り回り、つないで、前線にパスを出しつづけれ
ば、いつか、相手も隙を見せる。後半、疲れたら、瀬戸を入れればよい。
2-0の勝利を期待している。
市原の走り回る、カウンターの高速サッカーに勝って欲しい。
最後に、松橋が決めるという奥の手もあるが。
[PR]
# by worsyu | 2004-09-22 11:58 | サッカー | Comments(0)

トリニータサテライト

先日、大分陸上競技場でセレッソ大阪対大分トリニータのサテライトの試合を見に行った。台風接近の影響で、時折激しい雨が降ったが、試合開始前になるとその雨も止んだ。観客は、2千人から3千人くらいだったろうか、よく集まったものだ。大分トリニータの人気ぶりを示している。おそらく、セレッソ大阪側は驚いていただろう。「こういう温かい声援の中でサッカーをやりたいものだ。お前たち、恵まれているよ」と思ったかどうか知らないが。心の中で「いいだろ?」と微笑んでいた。
さて、試合の方は0-2で完敗。情けないというか、攻めの形が作れない。この中で、上に上げられそうな選手は、松橋、瀬戸、山崎、三上ぐらいか。何よりも、大分県出身者の倉本、内村、浦本がだめだったのがちょっとショックだった。
来年、契約更新が危ない選手は、伊藤、金守、浦本、吉田智、江角だろうか。
噂によると、宇佐にできたスポーツ専門学校に来年、大分トリニータからGKコーチが就任するらしい。ということは、江角なのか?それとも、高崎?
彼は、どうも、球に対する反応がGKのそれではない。判断が遅い。無謀な飛び出しは最近は控えているようだが、最初の一歩が遅い。読みがことごとく外れる。キャッチングが悪い。それよりも、U-18の西川のできが良かったのに驚いた。キャチングもいいし、ポジション取りもいい。安心して見ていられる。失点したら、仕方ないかなとあきらめる。だから、尚更思ったわけなのだが。
とにかく、層の薄さを痛感した。この選手層で戦っているというのは、奇蹟だね。
MFの人材が欲しいね。フランスに行っちゃった元京都の松井みたいなのが入ると、わくわくするんだけどね。浦本は痩せろよ!!5キロ減らせばもう少しスピードが上がるのになあ。
[PR]
# by worsyu | 2004-09-07 13:58 | サッカー | Comments(1)

フジTV「人間の証明」に思う

リメイクすることに酔っているのかフジテレビ。
名作はやはりいいねえ。脚本も厭きさせないように良くできていると思う。
しかし、気になる俳優がいる。というか、質を落とさせている奴がいる。
まず、ジョニーヘイワード役の池内博之。顔にドウラン塗ってもやはり日本人には変わりない。ここは、やはり、混血の俳優が欲しかった。無理である。彼の演技には、こちらが恥ずかしくなった。まあ、なぜだか、こういう変な役が多いけどね。
次に、主人公の刑事に何かと立てつく刑事役の佐藤二郎。へぼい芝居は止めてくれ。ここは舞台じゃないんだよ。抑えたリアリティーのある演技をしてくれ。
主人公の竹之内豊は、良い。クールな役が似合う。廻りの演技者が固めてくれているから。でも、こういう役、つまり、押さえ気味の、演技しなくてもいい役だからこそ彼が生きているのだ。つまり、まだ、役者としての幅はない。でも、それでも、こういう役はこなす。いい味を出している。いける。
原作がいいから、まだ、興味ある人は読んで欲しいね。まあ、ちょっと、出来すぎなストーリーとやらせ的な展開にちょっとついて行けないところがあるが、主題がしっかりしていたことが救われるところだろうか。そういった演出過剰な点もカバーしている作品だと思う。
とにかく、70年代当時の日本とアメリカの微妙な感じ方、接し方を感じる。
音楽がいいねえ。最近のフジは音楽で引き込む。上手い。
[PR]
# by worsyu | 2004-09-03 18:53 | 芸能ネタ | Comments(0)

田舎もん

サガン鳥栖の横断幕に、「正直田舎者VSニセ都会人」というのがある。
よくわからない。何を主張したいのか。
「俺たちは田舎者で正直者である」と、それで?
鳥栖ってそんなに田舎じゃないよ。大分よりも、場合によっちゃあ都会の部分もあるし、他のJリーグのチームの中にも田舎がある。何か劣等感があるのだろうか?思っていても、プライドがあるのなら、言うべきことではない。
大分トリニータのサポとの違いが、そのまま、サガン鳥栖の致命的な欠点になっている。
まず、コアサポの年齢層は、20代が主体。それ以上に広がる魅力を持っていない。応援が青い。大人の洗練された応援ではない。学生の匂いがする。
とにかく、ダサい。子供は、遠くから覚めた目で見ている。
30代~40代が主流の大分とは随分ちがう。大分は、しかも、50代~60代までも広がる。サポーターの年齢層は、広いよ。
大分トリニータは、地方だけど、田舎だけど、世界を目指している。我々にとって、大都市の大企業にぶらさがりのチームこそ、古臭く見える。それこそ、「田舎者はそっちじゃないの?」と思えるくらい、大分トリニータのサポは素晴らしいよ。かっこいいしね。大分だけじゃなく、九州や、その他、日本中でトリニータファンが増える可能性を秘めている。
私は、そう思っているよ。
応援していて楽しいんだもん。負けてもね。
洗練されたサポーターができたのは、加藤雅也がいたからだ。
彼の功績は、今後、大分トリニータがある限り語り継がれるだろう。
[PR]
# by worsyu | 2004-09-02 12:43 | サッカー | Comments(0)

伊東美咲とマツダデミオ

もう、伊東美咲はヤラナイのかと思っていた。しかし、また、新マツダデミオで、ピンクのデミオで登場。
実際、この車を間近で見ると、振り返ってしまう。いいなあと思う。
でも、事故した時には、やはり怖い。軽は所詮軽だ。
「もしもの時は、死」を覚悟して購入するということだ。
この娘、きれいだねえ。ちょっと、鼻が変という人もいるが、あごが細くて、口がちっちゃくて、それでいて、唇は厚く、目がどきりとさせる。背も高いし、モデルとしては最高だね。
さて、彼女の出演する映画は、見ようかどうか、迷う。まあ、見ない。DVDでも出たら見ようか。それもないか。
まあ、きれいだけなら、もっともっと、いっぱいいるよね。演技ができて、魅力があって。
女優として生きていくのなら、やはり、画面の中で輝いて欲しいね。
[PR]
# by worsyu | 2004-09-01 11:59 | 芸能ネタ | Comments(0)